FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

オーバーな悩み

午前中保険の外交の方の来宅。
そろそろ老後の生活設計を真剣に考えなくては、、、。
年金暮らしになる日も近い。
定期でかけていた保険が終了し
新たに生涯保障や終身タイプをかけなおさなくてはいけなくなっている。
安全や補償はのぞめばきりもなくて
何事もなければ無駄な気もして、、
極めどころが難しい。

午後、もう着ないから処分しようと思うオーバーと向き合ってしまった。
妹が買ってくれた高級プレタポルテのオーバー。
外国有名ブランドのオーバーなんてそれまで着た事なくて
シンプルなデザインだけどさすがのカットで
いまだにふるさを感じさせない。
材質もまた復活しそうなウールモッサ。
裏地もとてもしっかりして傷みはない。
難はオーバー自体が重いこと。
ここ数年きる機会がなくて眠ったまま。
もう30年前くらいの品だと思うけど。
そして20年前くらいのオーバー。
最近は手軽に手に入るカシミヤは当時まだ少なくて高かった。
50%カシミヤ混のウール。
仮縫いつきのオーダーメードで。
当時の我々の経済状況ではとびきりの贅沢。
夫が自分のものは頼まずに私のオーバーとスーツを
注文してくれた。
それで長く着る気で一生モノとかいいながら
ごくごく定番のらくだ色のラグランのテーラーカラーのダブル。
確かに今だって充分着れる。
それでも
やっぱり重いし軽い100%のカシミヤのコートを数年前買ってしまった。
他にも姑のお古のコートも3着。
そのうちの一つは20年来ずっと着続けている。
でもそろそろかさばるし
ダウンのコートも買ってしまったので整理しなくては。
みんなどうしているんだろう。
私は体型が変わらないので
サイズ的には問題ない。
デザインもシンプルなものが多いのであまり流行に左右されない。
材質や縫製がいいと手入れさえ良ければ何年でも着れる。
だけど新しい素材やデザインにも目移りするし、
新調もしたくなる。
イギリスではいいものを代々譲って着ると聞いたことがあるけど
今もやはりそうなのかしら。
ユニクロの安い商品の処分が簡単というのも問題あるけど
高価なものの処分は難しい。
長くきた分愛着もまた深い。
正真正銘の貧乏人の貧乏性で悩みは尽きない。
関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ