小学校のミニ同窓会

9月24日
小学校を4回転校して卒業したのは西宮市。
その小学校は3クラスしかなかったけれど
東京在住の方々でのミニ同窓会を6人で。
私は別のクラスのお集まりだけど
お声かけをくださって
毎年厚かましく参加させていただいてもう4回目?

遠慮は不要です。あと何年元気で会えるのかわかりませんので会えるうちに会いましょうと
お優しいお言葉。

だんだんなじんできてしまってクラスの別がさして気にならなくなりつつ。
同じ時代のある時を共有して
同じ時代を生きてきて
今再び会うようになって
いつまでとそれぞれが確約できないお年頃。
会えるならあった方がいい気はする。




私のお気に入り

9月23日
西洋朝顔9.23
西洋朝顔:なんとか毎日いくつかの花を咲かせています。
2階の窓から覗き込みました。まともには全然見えない。

発芽
小松菜の発芽:密植しすぎ。ある種みんな蒔いちゃったもので。なんだか蕁麻疹みたい。
9月14日にまいて約10日。すごい発芽力。

ペンダント

先日から留め金が壊れて使えなくなっていたペンダント。
昨日買い物に行ったついでに手芸屋さんによってカンを買ってきました。
無事修理完了。
どうっていうことのない銀製のペンダントだけど
買ったのはメキシコのティオティワカンの銀細工店だったとずっと思っているのだけれど
今考えるとそんなお店がティオティワカンにあったっけ?
記憶がいまいちでひょっとしたら違うかも??
ペンダント2

とにかくシンプルなペンダントはお気に入りで
しょっちゅうつけているので壊れるのも無理はない。
多分ペンダントそのものは3000円くらい。
リンクがブルーで1000円くらい。
トータル4000円くらいだったと思うけれど
気に入れば値段に関係なくのべつつけるので
高価な宝石なんてもちろん全然持ってはいないけれど
私には全然必要ないなってつくづく思う。

午後NPOの講演会。
講師は防衛大臣政策参与・拓殖大学総長の森本敏さん。
テレビでもよく拝見するお顔だけれど
なんとなく立ち位置が分からなくて
どんなお話をされるかと思っていたが
80分の予定をオーバーして90分以上講演され、
さらに質問も受けられて
ずいぶん誠実なお人柄だと思われた。
沖縄の基地問題の質問に対してもウイキペディアによると
米軍普天間飛行場の辺野古移設に関しては、軍事・地政学的なものでなく政治的な移設であると見解を述べており、防衛大臣退任前日の会見では「政治的に許容できるところが沖縄にしかない。軍事的には沖縄でなくても良いが、政治的に考えると沖縄がつまり最適の地域である」と発言している
反対賛成ではなくちゃんと立ち位置を明らかにされていた。
今度からはしっかり耳を傾けよう。





牛筋っておいしい

9月22日
シュウメイギク
シュウメイギク:西側のものがようやく咲きだした。
かりん
かりんが色づき始めた。最近はかりん酒もはちみつかりんも作らないのでもったいないけれど花も実も可愛い。

ご近所の奥さんが肉屋でのまとめ買いを仕切ってくださる。
最近は出かけることが多いので
受取日にいなかったり、
肉料理とまともに取り組むってこともなくて
まあ生協で事足りてる。
でも今回は牛筋を1kg(2200円)お願いした。
安いか高いかよくわからないけれど
アメリカ花オーストラリアもの。
安い肉より結構高い気もする。

1度か2度湯でこぼして
圧力釜で火を通しておく。
それを冷凍にして
単品で牛筋の煮込みにしたり・肉じゃが・カレーなどに。
牛筋は夫の実家のおでんに入っていてその味を知った。
小さいころ我が家ではクジラのコロを入れていたけど牛筋は結婚してから初めて。
クジラはその後とんと見かけなくなってしまったし
見かけてもうそでしょうというくらい高い。
クジラのベーコンも私は好きだけど
昔はうんと安かったのに今は高級品。
でも見かけはどう料理しても筋肉もクジラも庶民的。

鶏の軟骨も好物だし、堅いおせんべいやおかきも。
少し堅めで歯ごたえが楽しめる食品が
いつまで食べられるかなあといつも思う。
柔らかいものも好きだけど
堅いものも格別。
柔らかいものしか食べられなくなったら
柔らかいもののおいしさも半減しそう。
そのために歯だけは丈夫で長持ちさせないと。
食いしん坊でい続けるために・・・。




やっと咲きだした西洋朝顔

9月21日
西洋朝顔9.21
ヘンリーブルーとパーリーゲイツ
もう全然咲かない。
歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に
捨てましょか♪~
それなら咲くのを忘れた朝顔は
引っこ抜きましょか♪~
って
どこかの女性議員のように
ミュージカルじゃなく童謡で脅迫していた。

それがなんともう10月になろうかという頃になってやっと咲きだした。
抜かなくてよかった(^^♪
まあ目の位置では全然見えなくて2階の窓あたりで咲いているので
写真もいまいちだし、アラも写りまくりだけど。

今更調べてみたら
◆開花期間
気温によってどうとでもなってしまうのですが、基本的に種まきは5月の連休頃に蒔くのが一般的ですので、関東で5月初 に種まきすると大体花期が8月初~10月末位で約3ヶ月間楽しめます。ヘブンリーブルーと比べると咲き始めがやや遅いかな?
◆種が採れにくい
パーリーゲートは・・・日本では花が咲いてからの期間が短い為に種の形になっても、ちゃんとした種にならず未熟種子で 終わってしまうことが多い。
②窒素系の多い肥料を与えると・・・・つるばかり伸びて・・・花付が悪くなる(又は蕾が付かない)

そうなんだ!我が家は購入して施肥するのは牛糞と鶏糞がメインでほかに
アイリスオーヤマの ゴールデン粒状培養土 のみ。
後は生ごみとアスカマンだけ。
鉢やプランターには生ごみは使わないので
基本的に窒素は過剰になりそう。
カリ不足だったんだねえ君たち。
ごめんなさい。悪いのは私だった!!

だけど道路沿いに植えた琉球朝顔もまだ一つも咲いてないよ。
あれこそ引っこ抜きましょか~♪
いえいえそれはなりませぬ~♪
と一人芝居(^^♪

今日新たに着物の着付けに申し込みに。
去年結局全然着れなくて
今年のワンチャンスには着付けを頼んでしまった"(-""-)"
それでも自分のものだけでもカビが生えているのに
おばあちゃんの迄増えた着物。
捨てるにしても一度くらい袖を通してからというケチでいじましくも涙ぐましい根性。
せっかく習ってもいざ着ようと思うと忘れてる?
頭に入るより忘れる方が何せ早いときている。
年のせいにしておこう~♪



ジギタリス植え付け

9月20日
ジギタリス植え付け

ジギタリスのこぼれ種からの苗と
今年の株から出ていた脇芽を挿し木することに。
わき目は堀り上げてみるとほとんど根がついていなくて
着くかどうかはどうかよくわからないけれど
着けばラッキーということで。
こぼれ種の苗と合わせるとかなりのかずに。
これなら何本かは無事に来年花を咲かせてくれるはず。
あんな小さな種を2年間育てたものの今年限りは寂しいと思っていたけれど
これでうまく活着してくれればこれからも
ずっと咲いてくれるかも。

自分の命の補償もない年になって
来年咲く花
再来年もと花に託すのも妙だけど。



ジギタリスのこぼれ種

9月19日
ジギタリスのこぼれだね4

フルートの合宿から帰ってきた夫は今日は熊本に出張。
10割引き(無給)の割には機嫌よく働いています。
やることがある方が彼の元気につながるのは確かなので
職場ではかえってご迷惑かもと思いながら出勤を止めはしません。
私だって亭主は留守がいい派です。


それでもって
私ははかどらない庭仕事。

ジギタリスのこぼれだね5
こんなに大きな苗になるまでに
種から育てだと翌年の春から夏までかかったもの

ジギタリスのこぼれだね2
金魚草とジギタリスの間でジギタリスの苗によく似た雑草も。
本当に眼鏡をかけないとよくわからなくて結構大きくなるまで
雑草も大事に育てたりします。

私は根っからの怠けものらしく
やることを決めてどんどんやるタイプではなくて
へえ~とかやっぱりとかあれこれ独り言ちながら
眺めているだけだったり、考えているつもりだけだったりの時間が多いみたいです。
ジギタリスのこぼれだね3
キンギョソウやパンジーも芽を出している

そして今日はこのこぼれ種からのジギタリスに感動。
ジギタリスのこぼれだね
こちらはバラの鉢に。

目を点にして小さな種と格闘しながら苗育てをしたのは2年前。
ジギタリス苗
10月にまいた種は12月でもこれくらい。
ジギタリス苗3

発芽率は十分よかったけれど
鉢あげ4

それを一本ずつミニ紙コップに植え替えた(10月29日)
鉢あげ3

今年2年目で見事な花を咲かせてくれたけど
あの作業はもう二度としたくないと思っていたら
あちこちの鉢でなんとこぼれ種からどんどん大きくなってくれている。
うれしすぎる。
まあジギタリスもルピナスも私の憧れの花たちだけど
イギリスでは自生している野草なんだから
強いのは当たり前なんだよね。
一本が大きくなるので
我が家で欲張ってもそんなに植えられるわけではないので
こんなにあれば十分だよ。
来年が楽しみ!楽しみ!






一人食はどうする?

9月18日
夫の留守を楽しむ間もなく(?)もう今日には帰ってくるわけですが
一人ご飯てどうなのかなあってよく考えます。
自分が一人になったとして(仮定)
ちゃんと毎日作るかなあと思うわけで
夫の出張や合宿の時、一人で食べる食事はその練習かなと。
姑も母もすでに一人になって30年以上です!!
今も独り暮らしの母ですが
よく一人で頑張っているなあと
食に関して一番気になります。
でもあまり手を抜くということはなく
何かしら毎日作っています。
えらいです。
ただし歯が悪くなって
あまり堅いものが噛めないのが一番の悩みのようです。

私は麺類が好きなので
もともと昼のひとり食はうどんが多い。
でも夜まで麺類ということはなく
根が食いしん坊なので思いつくままにやっぱりちゃんと作ったりもします。
基本的にレトルトは使わなかったけれど
最近は生協のレトルトの餃子を使ったりも。
今日は庭でとれたピーマンのレシピを探していて
タモリさんの「一番美味しいピーマンの食べ方」というのをやってみました。
超簡単!
材料
ピーマン   5個

サラダ油 小さじ2
◎醤油    大さじ1
◎みりん   大さじ1
◎酒     大さじ1
◎水     50cc
◎だしの素  適量

カツオ節少々
<作り方>

1.ピーマンは洗って種やヘタを取り   
  4~6等分に切る

2.鍋にサラダ油を熱し
中火でピーマンに軽く焦げ目が
付くまで炒める

3.◎の調味料を全て加え
ピーマンがくたっとなるまで3分ほど煮る。

ピーマンだけでなく一緒にとれたナスも使いました。
タモリのピーマン タモリのピーマン2

あと、豚トタマゴのとろとろ煮を作るつもりで買っていた豚バラを圧力鍋で普通の角煮にしました。
豚角煮 豚角煮2

最初に表面を焼いたせいか、国産じゃない豚を使ったせいかよくわかりませんが、
トロトロどころかなぜか今日のは堅かったです。
一度半熟卵と豚バラのトロトロ煮を作りたいと思っているのですが
ゆで卵の殻をむくのがどうも面倒くさくて、、、。
一人食の場合この辺りが壁になりそうです。















植物たちのの七変化

9月17日
この連休夫はフルートの合宿に。
唯一の趣味であるフルートと数少ない気の置けないお仲間であるフルートのお仲間。
待ち遠しくて仕方なかった4日間。
さぞかし楽しくすごしていることでしょう。
その間私はといえば
一人で羽を伸ばすすべもなく、
あなたのお母上(姑)のお品の数々の片付けと取り組みながら
庭に出たり
本を読んだり
テレビを見たり、、。
ところで
ブルースター(オキシペタルム)ってとってもかわいい花があるんですけど
ブルースター
(写真はやさしい園芸より)

割と寒さに弱いその去年の苗を何とか年越しさせて今年も咲いたんですけど
それが花に似ない大きな実をつけてました。
ブルースター種
(写真はやさしい園芸より)

さらに驚いたことにそれが
はじけるとこんな風に。
ブルースター


冬の高尾山を歩くとキジョラン(鬼女蘭)の綿毛がよく飛んでいます。
キジョランの綿毛

鬼女蘭の実
鬼女蘭の実
鬼女蘭の花
鬼女蘭の花

(写真は高尾山とその周辺の植物ほかhttps://blogs.yahoo.co.jp/mtjm3467/10732189.htmlより)

それによく似ています。(両方ともガガイモ科と記されている出典もありました)

高山植物のチングルマの可愛い花も種の姿からは想像できない。
チングルマ チングルマ秋(写真はウイキペディアより)

植物ってホント思いがけない姿に変化します。
こんなこと思いながら庭の花と遊んで
ネットで次々調べていたら1日はあっという間です。



器はセットのほうがいい?

9月16日
9.16収穫
相も変わらずだけどミニトマト・ピーマン・しし唐類・ミョウガ・エンサイ・3時草

整理してまだ使えるのではと思う捨てかねるものは
市のリサイクルショップに。
寄進や寄付というのもおこがましい。
もらってもらう。無料で引き取ってもらう。
もちろん仕入れが無料なので
一般のリサイクルショップよりも価格が安いのでお店はいつも繁盛している。
私など持って行ってついでに買って帰るなんて
何をしているかわからないときも時々(*_*;

お願いすると集荷もしてくれる。
何時もはその時々にたまったものをもっていくようにしているけれど
今回はその気で用意してかなりの量だったので集荷をお願いした。
わざわざ来てもらうのだからと
これもあれも出しちゃいましょうと断捨離は進んだかに。
ところがなんと一部は断られてしまった。

食器類はセットものじゃないと
売れないので引き取らないとのこと。
確かに1枚が破損し、4枚になってしまったセット崩れも何点か。
でも1個買いしたものもた
1つは使って残りは新品のままというのもあったんだけど。

寄付じゃないにしてもいささかただで差し上げるのだからと
私におごった気分があったんでしょうね。
結構むっとしてしまった。
言い訳めくけれど
我々のように二人世帯になると
2枚で足りることが多くて5枚セットが必要と思うことのほうが少ない。
2枚や二個で種類が多いほうが料理にも使い勝手がいい気がする。
独り暮らしの娘など徹底しててお気に入りでもセットの中から1客しかもっていかない。

使い方はセットより個使いでは・・・?

だからって断られたものは仕方ない。
ごみ処理場の横のエコセンターのリサイクル食器用に提供することに。
もう2度と本来の器として使われないというのは
もったいないし器に申し訳ないけれど、、、。
割れてしまったお皿に割り切れない気持ち







秘密

9月15日
ルリマツリ
ルリマツリ
ルリマツリ2
花が少ない時期に咲き続けてくれている

だってあんまりなので
自分自身でもなかったことにしたい。
でも仕方ないので出かけました。
免許証の再交付です。
この間出てきたばかりというか拾っていただいたばかりなのに
なぜかここ2,3日見つからない。
車はどうしたって利用するので
なくては困るので出かけました。
実は先日大手町での受け取りの際
2度と繰り返したくない過ちと心に深く反省したはずがまだわずか1週間でしょう。
誰にも言えない。
魔がさしたというか、、?悪魔の導きか、、?
とにかく弁解を探してもしようがないので3500円を払って再交付。

そして大手町に出かけた帰りにはパスポートも申請したのでした。
これも10年目の誕生月を大いに過ぎてしまっていたのですが、、。
その際とった写真がすぐさま生きたという皮肉。
もう人並みな社会生活が維持できないんではなんて不安・・・
別にそこまで深刻には考えてはいませんけれど
情けないなあと落ち込みはします。



種まき

9月14日
スイレン
スイレン:忘れたころにまた花を咲かせている。

ミニトマト
いよいよミニトマトも最後

山から帰り、お料理会もすんでほっと一息。
たまっている仕事もあるけれど
ひさしぶりに庭仕事。
はかどらないけれどやっぱり土を触っていると
私にはすごく精神的にいい状態にリセットできる気がする。
土を掘り返して
牛糞と鶏糞を混ぜて耕し
小松菜と高菜とノラボウナの種をまいた。

ところで涼しくなってちょっと油断して
短めのパンツをはいて作業していた。
長靴とパンツの間に少し隙間があったら
なんとそこをぶよに刺された。
今年初めて!
悔しい。
また1週間から10日はかゆみに苦しめられる((+_+))



男の料理会

9月13日
もったいないほどの上天気。
足元が悪いのも気を使うけれど、、、。

今日のメンバーさんは14人。
忙しくてお昼のランチだけにいらっしゃる方もいらして総勢15人。
何年ぶりかで復帰のメンバーさんも。

レシピは酢豚・コーンとジャガイモの煮込み・オクラのコンソメスープ・零余子ご飯・ヨーグルトチーズケーキ。
酢豚はヒルナンデスで紹介されていたもの。
酢豚はたぶん家庭では敬遠されがちな料理。
油で揚げる・あんに絡めるの2手間は
時短好みの風潮に合わない。
特に油を使う料理はきれい好きの奥様には嫌われ者。
でも高齢者だって油の摂取は必要です。
とりすぎはいけないけれど。
9.13お料理会


卵・片栗粉・サラダオイルを使ったねりこを試してみたくて。
さほど時短ではなかったけれど確かに味の辛みがよく彩も美しかった。
9.13お料理会3

レシピとにらめっこしている3人。文殊の知恵はいかに?
9.13お料理会2

11時半には手際よく3品が出来上がってしまった
9.13お料理会5

盛り付けも手馴れているでしょう♪
9.13料理会6

はいすぐさま試食タイムです!
この笑顔がたまんない。
9.13料理会7

まだチーズケーキと取り組んでいる方もいらっしゃるんですけど、、、。
小さな丸いケーキ型がなくてパウンド型で。
9.13料理会8

やっぱりクリームチーズを入れてかなり味が良くなった気が。

ヨーグルトチーズケーキレシピ

プレーンヨーグルト400g
ホットケーキミックス 100g
好みのジャム     70g
卵            2個
クリームチーズ    100g
すべての材料をボウルに入れてよく混ぜるだけ。
オーブンシートを敷いた型に流し込むだけ。
予熱したオーブンで60~70分。
お試しあれ。

さて、料理会終了後久しぶりに妹と酵素風呂に。
山の疲れが取れるかと思いきやちょっと疲れた。
ヒノキのぬかの重みと熱さが10分以上は持たなかった。
でもたっぷり汗をかいてさっぱりと気持ちよかった。
もうちょっと頻繁にいかないとそれ以上の効果はないかもだけど。













料理会準備



9月12日
9.12収穫
収穫はナスとピーマン・しし唐・長唐。
これだけでも二人暮らしにはちょうどいい。

昨日の夜帰って明日は料理会。
かなり追い詰められた気分。
まあ山の達成感もあるので機嫌よく動けるけど。

朝からレシピの整理をしながら明日の準備。
昼から買い物に行き
試作。
明日のメニューの酢豚と
チーズケーキ。

チーズケーキはホットケーキミックスと卵2個とヨーグルトという
超簡単レシピで材料も簡単・格安。
チーズケーキ
メンバーさんが教えてくださった。
予想通りお味もそれなりだったので
明日はやはりクリームチーズを加えることにした。

国民保険を受けるようになってから
定期的に受けていた検診を自分で申請したり申し込んでいかなくてはいけなくなった。
やはり気になるので内視鏡の胃がん検診を申し込んだ。
2年に一度しか受けられないし、抽選みたい。
田部井淳子さんもあんなに山への熱情をお持ちだったし
体力もおありだったのにがんで倒れられた。
最後の富士登山の様子をテレビ放映されたビデオをNPOのメンバーさんが下さった。
体力がなくても山を目指したい私は
とりあえずできる健康チェックは怠らないようにしないと。








茶臼小屋~畑薙大つり橋

9月11日
今日はもう下山だけなのでゆっくりといっても
山小屋の朝は早い。
5時には朝食。
聖3日目1

今回は全然富士山が見えなかったなあ
とつぶやいてふと窓の外を見れば
富士山が見えているではないか。
周りの皆さんも一気に撮影ムード。
聖3日目2

聖3日目3

聖3日目4
南アルプスの山々も富士山には勝てない?

食後あわただしく次々にみなさんは出発。
バスは2便で10時40分と1時40分。
今日下山される方のほとんどが午前の便らしく
午後の便を予約した我々は
またもやしんがりをつとめて6時過ぎに出発。

聖3日目5
昨日到着の時は疲れて取らなかった茶臼小屋
こじんまりとした小屋で比較的すいていてゆっくり眠れました。

横窪沢小屋には8時18分に。1時間40分のコースタイムを1時間50分で。
聖3日目7
すでに8月末で営業は終了している。
トイレにもカギがかかっていたのはショック。

聖3日目6
下りのコースタイムは170分。

急げば午前の便に間に合うかもという気がしないでも、、、。
でも下りを急いで足をくじいたり、転んだりしてもばからしいし、何より私は膝の痛みが心配。
急ぎの用事もないのでやっぱりゆっくりにしようということに。
何せゆっくりなら得意だけれど急ぐのはとんと苦手というかできないわけで"(-""-)"

うそっこ沢というユニークな名前の流れは結構急。
聖3日目8

その上に架かるつり橋は下を見れば怖いかも。
聖3日目9


そのうそっこ沢を上がりきるとうそっこ小屋。9時47分。
聖3日目10
ここでも休憩。
フシグロセンノウが咲いていた。
ここから畑薙大つり橋までは80分。
この80分がいつも曲者。
最後の上り返しもきついという話だし。

そのうわさのヤレヤレ峠には11時22分。
聖3日目11

峠自体はさほど急でも苦しくもなかったけれど
やっぱりいやになるほど長かった。

ここでも休憩。
何しろ急いでも1時40分までバスは来ない。

いよいよ最後の畑薙大吊橋。
ここは180mもあるので行けども行けども川の上。
途中下など見ているとくらくらしそう。
聖3日目12

でもわたりきるともうそこがバス停だった。
ジャスト12時着。
1時間40分も待つことに。
歩いても同じ時間で駐車場に着くそうだけど
もちろん待つことに。
聖3日目14

ここで次々に下山してこられた方のお話が楽しかった。
けた外れの方バッカり。

北海道の方は車で本州から九州まで
のぼれる百名山はすべて上るという壮大な計画。
その間各地の友人たちとの再会も果たされるそう。
東北から信州そして南アルプスと。

香川からいらした方は聖で百名山達成とのこと。
おめでとうございます。
やはり2週間で信州と南アルプスの残っていた10座をこなされたそう。
73歳。
今朝は聖平小屋から上河内岳を経てここまで一気に。しかも12時半にはバス停に。
我々の倍のスピード??

毎日近場の標高200mの山を10往復3時間かけてのトレーニングを欠かさないとのこと。
20代の若者と抜きつ追われつだったとか。

もう一方は97座達成の倉敷の方。
残る3座の一つが伊吹山。
最後は家族とともにを楽しみにされているとか。

2泊ご一緒だった二組のご夫婦も素敵だった。
一組は都下の隣の市で全く同じコースだったけどすでに84座だったと思う。
お二人で完登を目指しておられる。
朝も早く出られて午前のバスで帰られた。
我々よりお若くてお元気なのがうらやましい。

もう一組はご主人がやはり97座。
奥様はすでに完登されていて
ご主人に付き合って2週目とか。

今朝も易老岳から光岳そして易老岳に戻り
易老渡に下りる強行軍。
大丈夫かなあと本日は半日仕事の私はおっせかいにも心配しきり。

会う方みんなベテランばかりで刺激的だった。
山そのものも素敵だけれど
山で会う方もまた魅力的。

定刻に来たバスに乗り駐車場まで。
すぐ近くの白樺荘の赤石の湯に。
つるつるすべすべのとても気持ちのいいお湯だった。
3日間の山行を終えて帰路に。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ




聖岳~上河内岳~茶臼小屋

9月10日
朝食をお弁当に変えてもらって朝4時出発。
3時ごろ雨が降ったので夫は「それでも行くんか」と言いたげ。
「行くにきまってるでしょう?ここまで来て」
「財布落としても・携帯落としても前に進む私なのだから!!」(?)

ヘッドランプ歩きにも多少慣れて小聖岳(2662m)には5時39分に。
聖岳2日目5

まだ薄暗いけれど目指す前聖が見えてきた。
聖岳2日目

暗いしガスっているのでひたすら登って前聖(3013m)に。
聖岳2日目3

とうとう南アルプスの百名山巡りも終わりです。
聖岳2日目2
まあいつでも付き合ってくれるこの方のおかげがあってこそです。
口には出さねど感謝!感謝!

そして余勢をかって奥聖((2978.3m)にも。約20分です。7時35分
聖岳2日目4

三角点はこの標識の奥のケルンのそばにありました。
聖岳2日目6

そして時折見える赤石・荒川岳方向に向かって
お弁当の大きなおにぎりをほおばりました。
南アルプスの奥深く3000mの山頂に座って朝弁!
おおまさに私にとっては至福の時でした。

そしてゆっくり前聖への道を戻りました。
ガスっていて奥聖をカットされた方が多かったのですが
チングルマのお花畑が広がっていてちょっとした空中庭園の趣でした。
まあチングルマが咲いて居ての話ですが、、、。
それでも花後のチングルマの綿毛もピンク色に風に揺れて
それはそれで風情のある風景でした。
聖岳2日目7

そして再び前聖に戻り下山しました。
聖岳2日目8

往きはあまりよく見ずに登ったコースは岩稜で
結構怖そうなところもあり、その岩場には美しい花たちも咲いていました。
ピンク色の花はイブキジャコウソウ、そしてその横にトウヤクリンドウ。
聖岳2日目9

そして小聖に戻るころにはかなり青空も広がってきて
聖岳もその威容をばっちり見せてくれました。9時16分
聖岳2日目10

そして名前の通りアザミがたくさん咲く薊畑経由で再び聖平小屋に。10時半ごろ。
聖岳2日目11


昼食にはまだ早いので私はカップラーメンを頼み
夫はおにぎりの残りと手持ちのもので休憩。
またもやフルーツポンチもいただきました。

実は
聖岳に戻ってから上河内岳に登りたいと思っていましたが、
それならピストンよりも茶臼小屋泊にした方がということでコース変更しました。
昨日からお話が弾んだ同宿の人たちも皆さん茶臼小屋泊の予定だということでしたし。

それで11時過ぎに聖平小屋を出発。
まず南岳に向かいます。
これが意外にアップダウンの繰り返しとガレ場ありできつかったです。
聖岳2日目12

南岳2702mには13時16分着。
聖岳2日目13

すっかり晴れてきて聖の展望もばっちりです。
聖岳2日目14

ここから上河内岳に。
その間、お花畑が続いて
久しぶりに好天のもと、ゆっくりお花たちと向き合えて
私はすっかりご機嫌ウハウハでした。
何しろ大好きなマツムシソウの群落、
聖岳2日目15

聖の登山路ではなぜかリンドウがみんな枯れた様な色でしたが
ここでは生き生きしていました。
聖岳2日目20

聖岳2日目19

聖岳2日目18

聖岳2日目16
ミヤマナデシコ・マツムシソウ・ウスユキソウ・ウメバチソウなど
聖岳2日目17

そして上河内岳肩に。14時頃。
リュックをデポして上河内岳に。
聖岳2日目25

肩からは15分と書いてありましたが
まあ私たちなら20分かと思いきや案外10分ほどで登れました。14時20分 2803m
聖岳2日目21

ここは360度の眺望が楽しめる200名山です。
南アルプスの山々や中央アルプスなど知ってる山がわずかの我々でもうれしかったです。
聖岳2日目22
畑薙ダム湖も見えています
聖の向こうは荒川三山でしょうか?
聖岳2日目23

歩いてきた方向には南岳と聖平小屋も見えていたのですが、、、。
聖岳2日目26
我々はまたここでもおやつを食べながらしばし休憩。
だって南アルプスでも極上の場所ですものね。

肩まで下りていよいよ最終行程です。
この辺りはすべて東海フォレストの所有地だそうですよ。
聖岳2日目27

ずっとこの自然を守り続けてほしいです。

途中面白い岩がありました。
聖岳2日目28

タモさんじゃないけど
もう少し地形や岩に興味があれば南アルプスはまた違った意味で
さらに興味深いでしょうね。

またもや朝4時から12時間労働になろうとするころ
疲れてなんだかなかなか距離がはけません。
嫌いなガレ場ではしばし座り込んでしまいました。

ようやく茶臼岳と小屋の分岐に。16時10分。
聖岳2日目29

ここから10分で茶臼小屋です。
我々にとっては長い行程でした。
お疲れ~!
でも聖沢のコースをピストンしなくてよかったです。
午後からはお天気も良くて変化のあるコースを存分に楽しめました。



南アルプス聖岳に

9月9日
いよいよ南アルプス最後となる聖岳に。
夜11時前に家を出て圏央道から新東名に。
新東名の新静岡で下りて畑薙第一ダム駐車場に。
一度来たことがあるといってもやはり新静岡から夜道を畑薙ダムまでは本当に遠い。
これで本当に着くのかしらと思うけれど、
不思議なことに
3時過ぎに駐車場に着いてみればそこには満杯の車。
聖平

予約の山小屋は聖平小屋なので
今日は井川観光協会の送迎バス。
1便は6時45分。
しばし毛布をかぶって仮眠。
6時過ぎるとあわただしくなって
次第にバス待ちの行列が。
慌てて並ぶとそれは東海フォレストの椹島行きの列。
ほどなくしてきた井川観光協会のバス。
予約していたのですぐ乗れました。

約1時間15分で聖岳の登山口になる聖沢に。
聖平2

ここからコースタイムは小屋まで5時間半。
我々なら6~7時間かな。

8時過ぎ初めから最後尾をお引き受けでスタート。
1時間ほどで7まず立派なつり橋が。聖沢つり橋 9時36分。
聖平3

この標識を見るとほぼ半分くらいはきたみたいです。
時間は書いてあるけれど場所の表記がないので地図上のどこなのかさっぱり??
11時9分。約3時間立っています。
聖平5

コースタイムは椹島から3時間ですので聖沢から来た我々はかなり遅れておることに。
まあ今日は小屋までなので明るいうちにつけばいいので焦らなくて済む。
(夕食は4時着まで)

クマ出没注意の看板
登山口にもあったけど、どう注意すればいいんだか???
聖平4

途中お花畑というようなカラフルさはなくて
トリカブトだけがあちこちに咲いています。
鹿の食害の被害で高山植物が減ってしまって
鹿が食べないコバイケイソウやマルバブキタケのような花ばかりが目立つ気がする。
聖平6

またつり橋。
聖平7

日当たりのいい沢の河原でランチ12時49分
聖平8

日差しのない山道が続いたので
日焼けを気にしながらも
日差しのある眺望もある水場が気持ちい~い。
聖平10

4時間は歩いたのでゆっくり休憩。
もう小屋も近いかと思いきや
それからがまた結構な距離でした。

30分ほど歩いて、ヒョっとしてあれが聖岳かも  わくわく
聖平9

するとさらに歩いたところでこの標識。14:00
聖岳11
なにまだ80分もあるの"(-""-)"

もうやけくそで歩いたらようやく見えました。15時3分。
聖岳12

今日の泊りの聖平小屋です。
聖岳13

そして噂のフルーツポンチ。
噂にたがわず超美味でした(^^♪
聖岳14

休憩を入れてですが7時間たっぷりかかりました。
ちなみに速足の方は
同じバスで登山口について8時出発で12時46分についておられました(ヤマレコ)。



琴と尺八の演奏会

9月8日
TCC講演会
写真はHPよりお借りしました。

NPOの講演会。
今日はレクチャー公演で「和の音を楽しむ」と題し、
生田流箏曲演奏家の安嶋三保子さん、伊藤江里菜さん。都山流尺八奏者の田辺しおりさんの三人がゲスト。

第一部では、レクチャー公演の名の通り、スクリーンに画像を写しての箏や尺八の説明と演奏。
第二部では、なじみの曲も交えた演奏。
日本の伝統的な楽器の演奏は古典だけでなく
ビートルズやラテンもそのレパートリーに。

芸大出身の才女たちはそれぞれ美しく
しかも特技を持って活躍。
すごいよね。

10月7日には「最後の秘境芸大」の著者の二宮さんの講演があり、
芸大界隈訪問の1日課外授業の企画も。
私は予定が入ってしまって参加できないけれど
次々好企画で参加者も増えているみたい。
来年の閉校が決まってしまったけれど
今更に惜しまれる。









カード再発行

9月7日
カードを停止してしまったので
再発行の依頼や引き落としについての連絡など
半日かかってしまった。
これが面倒で
カード停止をためらっていたけれど
夫や次男のいう方が正論なので
反論もできずお任せしたけれど
出てきてしまうとね。

でも銀行と違ってカードは競争が激しいので手数料もかからず手続き自体はスムーズ。
ましてや新規発行すればポイントもついて却ってお得?

実際はカードが送られてくるのには1週間から10日かかるので
自分で使うことはできないけれど
継続についてはスムーズで一安心。

包丁立てが壊れてしまったのであちこち探したけれど
適当なのが見つからず
結局ニトリで。
凶器を目に見える場所に置くのは嫌で
包丁立てはキッチンの流し台の中に取り付けていたけれど
今回は流し台の横に置くタイプ。
もう以前タイプは全然なかった。

ところでニトリで買った時計がもう壊れた。
1000円前後だったと思うけど

その前の時計は20年以上は持ったはず。
全然お値段以上じゃなかった。
それ以外の時計も時を同じくして壊れた。
舅が生前にくれたものだから30年以上も使ったはず。
それぞれ消耗品価格のチープな感じのものではあったけど
ちゃんと電池交換さえすれば動き続けた。
今度買うなら
死ぬまで使えるものがいいけれど
デジタルのものは外見と価格と品質とで判断できないので困る。

追記あり




→続きを読む




東京大手町に

9月6日
早速昨日のうちに連絡を取ってポーチを受け取りに。
何しろお金は別としても私個人の個人情報の塊。
そんな貴重なもの普通忘れたり落としたりするか!
はい!それがたびたび…"(-""-)"

ということで勤務地近くの指定場所大手町の某所にお昼休み時に。
大都会のど真ん中に久しぶりに行くと
いや~その生活リズムや行動やスタイルやファッションや、、、
山から下りてきたばかりの都下のベッドタウンに暮らすおばちゃんには
すべてが別世界で・・・

こういう方々で日本は動いてるんだとひしひし。
うちの父ちゃんも現役時代は霞が関でその一翼を担っていたはずだけど
今や隣に座っているとただの田舎のおっちゃんで、、、。

一昨日は南アルプスの山奥深く歩いていた方が
昨日も今日もこの大都会の真ん中でビシバシと働いておられるのかと
妙に感動してしまった。

おかげさまでいい方に回収されてポーチは無事帰ってきました。
三伏峠で私がお声をかけたお二人は
なんと我々が2時間かかって下りた2合目までを
45分で走り下りられたそう。
もともと健脚な方たちだったとしても
ポーチのためだとしたらあまりに申し訳ない。
もう一方は徳島の方だったとか。
本当の本当にありがとうございました。

これが骨身にしみてこのうっかりの物忘れを
繰り返さなければいいのですが
そこんところが何んとも自信のない私。

体力・気力も記憶力も能力も老化とともに落ちるけれど
それによって生活全般の管理能力も落ちているわけで。

それでも山に登るならそれなりの覚悟が必要と改めて。















塩見岳下山

9月5日
塩見岳2日目2
朝5時15分:塩見小屋から左から仙丈そして北岳・間ノ岳・農鳥(多分)

塩見岳2日目3
昨日よりも天気がよさそう

今日は下りだけ。
気持ちにも時間にもゆとり。
6時過ぎにスタート。
昨日よりもはっきり見える気がする塩見岳。
おお!あの稜線を全部歩いたんだ。人間の歩く一歩ってすごいなあと思う。
たとえヘロヘロ・よれよれだって(*^_^*)
塩見岳2日目6

本谷山に8時40分到着。
塩見岳2日目5

昨日見えたと同じ山でもビフォアー・アフターでは愛着の度合いが全然違う。
塩見岳2日目

夫のビフォアー・アフターもなぜか全然違って昨日の山頂では写真を撮らなかったのに
ここではVサインなどして( `ー´)ノ
お仲間にラインで送るつもり。
塩見岳2日目7

そして昨日は見えなかった富士山をようやく見つけ~♪
塩見岳2日目8

今日は北岳と仙丈の間に甲斐駒もくっきり。山頂の花崗岩の白い山肌が確認できます。
塩見岳2日目12

そういえば昨日我々がまたビリだねと言いながら
塩見岳を下っていると
誰もいないはずの後方からおj一人の方が。
なんと北岳からの縦走だとか。

すごい健脚かつ強靭な肉体&精神力に
ひえ~!!とおったまげました。
南アルプスは縦横に健脚を発揮できるのも
我々では味わうことはできないけれど、深く大きな魅力なんでしょうね。

さて、無事三伏山に戻って南アルプスの絶景をもう一度堪能。10時20分
塩見岳2日目9
あの山頂からここまで全部ありてきたと夫は終盤になってますます元気&ご機嫌。

よく山の男性のお仲間からも、本人自身からも
仕方なくわたしの護衛とアッシーためについてきてるかのように言われるのですが
本当は本人もかなりかなり楽しんでいます(*_*;

10時43分三伏小屋。
塩見岳2日目10

ここからはあまり眺望のない下りですが
テカリの易老岳から易老渡への下りを思えば楽なもの。
ただしこの2合目は生涯忘れないでしょう。
2合目塩見岳2日目11

実は昨日からの思いもよらないトラブルはここで起きたもの。
昨日ようやく明るくなってヘッドランプを外し、
汗もかいて来たので
ダウンジャケットも脱いで
二つともリュックに入れて
リュックを担ぎ出発したのはいいけど
その時一緒に外したウエストポーチをその亜bに置き忘れてしまった。
中には財布・携帯(9月1たちに買ったばかり)・が入っていて
その財布にはカード2枚と保険証・運転免許証・山の救急救援保険証などが。
山に入るときは山用の財布に必要最低限のものだけを入れているのだけれど
それにしても…・((+_+))
それも気づいたのは10合目の三伏小屋。
休憩してトイレ使用料を払おうとしてやっと・・・。

すぐ戻ればあるとは思うものの
往復する気力がなくて
とにかく先に行きたくて。
たまたまこれから下山される方に
もし2合目か3合目にポーチがあれば
駐車場の車の下に投げ入れてくださいとお願い。
2人の方がみてくださることを引き受けてくださった。

そのあとも数人の方やグループにお願いして
そのまま塩見を目指したわけで。
根が楽天家の私はなくなる気はしなかったけれど
三伏小屋のスタッフはもうないでしょうと言われるし、
電話した次男はすぐ戻れというし、
夫はカードをすぐ止める手続きをしろというしで、、、。
まあ当たり前なんですけど・・・。

それで悶々と死ながら先に進んで本谷山のところで
次男に連絡をしとりあえずカードの紛失届の手続き。

その後塩見岳の天狗岩に上る途中で
お願いしていたお二人の方がご一緒に無事回収したからとの
メールを受信。
電話も通じて一安心。
ラッキーなことにお一人は隣の市にお住まいの方で
そのまま持ち帰ってくださった。
ポーチは2合目の標識にかけてあったそう。
(多分6時間あまり)

もう私のあほさ加減は論外としても
山で行き交う人への信頼はポーチが出てきた以上に
うれしくて。
つらい思い出は一気にいい思い出に。
もちろん誰にも真似はおすすめしませんが、、、。

何事もなかったように無事登山口に。13時30分。
昨日は暗くて写真が取れなかった登山口。
塩見岳2日目13

それから駐車場までが意外に長かった。14時25分。
往きは暗くて上りにもかかわらず速足で40分だったのが
帰りはたらたらと55分。
かなり隙間だらけの駐車場に。
塩見岳2日目14


塩見岳は山容も行程もそのほかも印象深い山となりました。



















南アルプス塩見岳に

9月4日
塩見岳
塩見小屋からの塩見岳

懲りもせず、あきらめもせずまたもや塩見岳に挑戦。
1度は塩見から変更して光岳に。
1度は雨が降り出して八王子ICで引き返してしまった。

そしてこの1か月ほど
毎日天気とくらすで天気を確認する日々。
でも天気がよさそうだと夫のスケジュールが合わず、
週末は車を息子が使うと言ったり
その間には和歌山や大阪行きもあって
結局8月は高尾山しか行けずに終わってしまった。
7月の光岳から早40日以上。
その間ますます体力落ちが心配される状況。

今回はとにかく早くスタートしたいので
昨日は午後10時ごろ出発。
2時過ぎには鳥倉駐車場について
1時間ほど仮眠。
4時前にスタート。

もちろん真っ暗。
ヘッドランプの使用は初めてとビビる相方とまずは登山口まで。
我々にしては意外と早く40分で着いた。

登山者カードを書いて準備して登山口出発は4時50分。
5時を過ぎると
なんとなく薄暗さに目も慣れて足元も見えるように。
三伏峠までは10分割の表示があって目安になっていい。
2合目(5時40分)になると暑くなってダウンを脱いでヘッドランプもリュックに。
IMG_0884.jpg


光岳の急登に辟易したことに比べれば多少の急登くらい何のその!

IMG_0886.jpg
花は割と少なかったが 途中てサラシナショウマの群生

IMG_0887.jpg
5合目には6時半に。

5合目を過ぎると水場。
ありがたい仏の水と書いてあるので山の水を飲まない夫も水ごごろ(?)
IMG_0888.jpg

塩川ルートとの分岐でようやく視界が開け多分北岳方面の連なりが。
IMG_0889.jpg

8合目当たりの山道
塩見岳


そして日本三大峠の一つ三伏峠に(8時5分)
コースタイム3時間45分のところ休憩も入れて4時間20分なので我々にしては上出来!
塩見岳2

ちなみに 日本三大峠とは、北アルプス越えの針ノ木峠 (2541m)、南アルプス越えの三伏峠 (2580m)、奥秩父主脈越えの雁坂峠 (2082m)だそうです。

三伏小屋
塩見岳3

ここでまず休憩。
ほっこりしたところでなんと私は身も心も凍る失態に気付いたけれど
とりあえずその件は後回しにして山行のみにて。
かなりジタバタ・ドタバタに時間と気力を吸い取られたものの
先を目指すことにして出発。

30分ほどで三伏山(2615m)。9時9分。
塩見岳4

ここは眺望が開けようやく目指す塩見の山容が。
まだまだはるかかなたですけど。
塩見岳6

一方で南アルプスの主峰北岳、間ノ岳、農鳥も見えています。
塩見岳7

ここから1時間余りで本谷山(2657m)10時18分。
塩見岳9

塩見岳もかなり間近に迫ってきましたが、、、。
いや~まだまだ遠い
塩見岳8
右から東峰~西峰~天狗岩~その稜線を下った台地のところに塩見小屋
ここでもまた私のトラブル処理のための時間を要してスタートは1040分ごろ?

歩く分だけ塩見は近づきますが
それでも歩いても歩いてもなかなか。
塩見岳10

あさの出発が早かったので
ただ歩くだけの行程が続くとなんと私は眠気が"(-""-)"
途中沢のあたりでランチ休憩。

まだかまだかと思いつつようやく小屋に到着が12時49分。
宿泊の手続きをし、リュックをデポしていざ塩見に。
1時20分ごろ小屋を出発。

でももうすでに鳥倉駐車場を出発の4時からは8時間越え。
正直体力気力の限界越え。
さらに私はトラブルで心も折れて((+_+))もうよれよれ。

塩見岳12
ここからあの手前に見える
天狗岩を超えて山頂までのコースタイムが1時間20分。
大丈夫かなあと思いつつも一歩ずつ上るしかない。


ところで30分ほど登ったところで気になっていたトラブル解消の電話。
やっぱり山ではドコモですね。
格安スマホに変えなくてよかった!!

心は軽くなったけれどさすがに足は重いままそれでも天狗岩に。(13時52分)
パッケージ

なんとそこからは岩場の連続。
やっぱり百名山は簡単に登らせてはくれない。
どちらかといえば単調に続く急登より、ややスリリングな岩場好きの私。
反対に苦手の夫が今度はごねだした。

「もうええやん。もう帰ろ。」
「俺が山頂まで行ったって証言したるから。」

「なんやそれ!、ここまで来てそれはないでしょう」
「ふつうここまで来たら這ってでも登ろうっていうでしょう?」

確かに3点確保で登っているので
すでに這っているのと同じだけれど(*_*;

何のかんのと言いながらようやく15時西峰ゲット(3047)
塩見岳15
正真正銘の証拠写真だけれど
あまりによれよれなので連続5枚シャッターを切ってもらったなかでようやく選んだ1枚。

そしてさらに高い東峰に(3052m)15時10分
うれしいことに移動に5分ほど。
塩見岳16

視界は不良でしたが
そんなこと全然気にならない。
もう頂上にたどり着いたというだけで満足。
でもたまさか北岳方面、荒川方面も。

下りは5時の食事に間に合うかしらと心配でしたが
無事1時間ほどで下りて来れました。
塩見岳18
よく見れば結構恐ろし気な山でした。

朝4時出発の夕方4時小屋着。
12時間労働です。
山ではよう働くなあ~マッタク!!



お風呂フィルター交換に取説&保証書整理

9月3日
ずっと気になっていたお風呂のフィルター交換。
24時間風呂はとにかくこの日以外は風呂釜の掃除をしないで
1年中きれいなお湯にいつでも入れるという結構なお風呂。
いつも夏場に交換しているが今年は
暑すぎるか、雨かで延び延びに。
ようやく午後晴れ渡ってきたので決行。
夫はフィルターを交換して
濾過用の麦飯石をきれいに洗いそして日差しに当てて乾燥。
その間私は風呂釜を掃除して
ついでに
浴室の掃除も念入りに。
カビの生えている目地を漂泊してたわしでこする。
普段は風呂釜にお湯が入っているので
できない個所も。

もう一つこちらは長年の懸案事項
保証書と取扱い説明書の整理。
とりあえず保存はしているものの
いざというときに捜さなくても分かるようにしたいことと
もう処分した機器の書類や期限切れのものは処分しなくては増える一方。
ここ3日ばかり取り掛かっていてようやく3冊のファイルに収まった。
そこで改めて気が付いたけど
我が家って物持ちがすごくいい。
今も現役の扇風機がなんと昭和63年購入の29年物とわかった。
扇風機

すごすぎ!!
しかも同時に2台買って
1台は子供が家を出るときに持って行ったはず。
扇風機2

全然どこも傷んでないしまだまだ現役で頑張ってもらいたい。
サンヨーっていい製品作ってたんだと
今更に惜しまれる。
単純な機能だけでシンプル。
しかもボタンが大きくて使いやすい。
もっともここんところ東京は涼しくてあまり出番はないんだけれど(*_*;



姑を囲んで

9月2日
ひ孫に
頑張って車いすのおばあちゃんを押しています
ひ孫に2
おばあちゃんもうれしいよね(^^♪

土曜日は施設の姑との会食が恒例。
夫を中心にその時同伴できる家族も。
今日は久しぶりに長男家族がそろってきてくれるというので
娘も加わって8人の大昼食会。
といっても孫の希望優先で馬車道でのピザ食べ放題。

でも姑もそれなりの食欲でご機嫌でした。
そのあといつもなら喫茶店ですが
ここはフリードリンクにデザートピザまであるので
ここだけでOK。
時間制限もなくてゆっくりできます。

まあ孫たちが飽きちゃってゆっくりというわけにもいかないけれど。
そして近くの蔦屋に。
ほな勝手ならいいけど
若の目的はガチャガチャ。
もう線路しか出ないのに毎回トーマスを狙っては200円を要求。
パパ側の厳しいジジババはなかなか甘くはないわけで。
夏休み優しいママのジジババのようにはいかない。

自分の子供たちにもずいぶん厳しかったので
孫にだって我慢させなくては。



アイフォンデビュー

9月1日
アイフォン

毎度一日は緊張する。
9時ジャストに調理室申し込み。
セーフ。

そのあと10時に昨日予約したドコモショップに。
1500円割引該当機種のガラケーのつもりだったけど
なんと気の迷いからアイフォンに変更してしまった。
アイパッドを使っているとはいえ料金のみの支払いで
夫が独占状態。
つまりマックはお初。
らくらくホンから変更する人などいるかなとは思うけど
らくらくホンの機能不足にイライラしたので年寄りの冷や水。
まあ脳トレにはなるでしょう。
色はピンク。
悪い??


結局手続き終了には12時を過ぎた。
ほんと携帯って面倒くさい。
それに通信料が全然縮小せず
固定電話代を入れると夫婦でまた2万円弱。
年金暮らしで突出した経費だよ。
若者世代と共通の悩みで食事がお粗末になりそう。
何とかせねば。

でもまあ私はパソコンお友達だし
夫はアイパッドお友達。
趣味も兼ねてということにすればまあいいか。

ところで腹立つのは9月にアイフォンオの新モデルが発売されるそう。
まあどうせそんなのは必要ないけど
手続き済んでから言うのって失礼でしょうって思わない?
でも長蛇の列か予約ですよだって。
そうだよね。やっぱ無理!!





カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ