6月の終わり

6月30日
野菜
トマトとピーマン

今年はまだ収穫が少なくて。茂っているのはシソばかり。
植えてはいけない植物の何番目かにシソも入っていた。
我が家で茂っているのはほっといても茂るものだけってこと"(-""-)"

6月も今日で終わりで
今年も半分が過ぎた。
姑の終活というか夫の実家処分で何度和歌山に通ったことか。
そしてだいぶ先が見えてはきたけど
まだ終わりではない。

兄弟がいないので大変だけれど
仕方なくともすべてやらなければいけないことが
結構幸いしているかも。

そろそろ親の終活は返上して
自分の終活に専念したい。
片付けもだけど
山行きや旅行、庭、洋裁、読書、映画・・・
日がな好きなことだけ。
でもいざそうなると好きなことってなんだっけみたいになるかも。
やることに追われているほうが結局はよかったなんて。

何回も昨日見たマララのビデオを見直している。
何度見ても14,15,16,17歳とは思えない。
確かに無防備でやんちゃな年齢相応の表情を見せる時もあるけれど。
だけどこんな少女の登場を待つのではなく
ごく普通の生活が故国で過ごせる時代を作らなくては。
教育を受けた人間がまず率先して。
無関心でマララに任せておけばいいってものじゃない。
役に立ってないなあ私の受けた教育は!!
なんて他人のせいにしてもいけない!
できることは何か。
まず投票には絶対に行こう。
都議選の投票日は2日だ。

新しいページをめくるように7月を新鮮な気分で迎えよう。
ハーフお正月だもんね。(?)






家族はつらいよ~多摩大学~マララ~居酒屋


6月29日
moblog_4f04b65b.jpg
ミニバラフェアリー:もっときれいな時期に撮れればよかった。明日花ガラをカットしなくちゃ。
moblog_2818094f.jpg
最後のスカ朱里:それぞれずいぶん派手な色で咲くもんだ


なんだか落ち着く暇のない1日。
朝9時15分からの映画に友人と。
「家族はつらいよ2」
内容的にはさほどではないけれど
面白おかしくほろりともして
さすが山田洋二監督映画のツボは押さえているって感じ。
ただ高齢者のテーマの扱いが安易すぎて
高齢者の私には納得できない。
結局運転免許は返上するんでしょうかねえ・・・。

そして午後は多摩大学リレー講座。
国立科学博物館の海部陽介さん。
700万年の人間の進化の超あらましと
「3万円前の航海徹底再現プロジェクト」について。
壮大な人類誕生の歴史を聞くのってつくづく楽しい。
700万年を80分の授業の50分で語るとして
どんだけ早送りなんだ!!!

でも一直線に進化したのではなく
多様な変化と絶滅を繰り返した結果の今の人間。
決して絶滅の方向へ向かってないとは言えない。
草船で沖縄の島々をつないで行く試み。
大きなロマンだけど
本当に古代人があんなに幼稚な手法だったのかなあと
気になった。
天文学・航海学・地理学
現代が果たして一番優秀なのかどうか??

でも面白いのでぜひぜひ実験は続けてほしい。

夕方借りていたDVD「 私はマララ」。

素直に感動した。
16歳のジャンヌダルクだった。

夫が食事がいらないと出かけたので
早々に食事を終え風呂に入ろうかと思う頃
次男夫婦が近くの居酒屋にいるとの電話。
合流して焼き鳥と銀杏。

そういえば家族はつらいよでも
銀杏が大活躍してた(^◇^)






十二の巻の花&ドライヤー購入

6月28日
12巻2
12の巻:久しぶりに咲いたらなんと前回の記事と写真は3年前だった。
アロエ科 ハオルチア属
12巻

6月12日(2014年)
十二の巻
十二の巻2

十二の巻
十二の巻(じゅうにのまき) :何年かぶりで咲いた花は待った甲斐もなくとっても地味だった。それにしても不思議な名前。ネットで調べてもみんな不思議がっているけれど名前の由来については不明。

その時の写真をすぐ見つけてこれるなんてブログの検索機能ってすごいね!
3年たっても何にも変わってない1階のトイレの窓際
でも確かに株は大きくなって増えているね。
何もしないのに。3年分の成長!


まだ壊れてないけれど新しいドライヤーを買った。
自分い誕生祝じゃないけれど
この年になると
基本的に髪の毛・お肌・歯・目・耳など大切にしたいと思う気持ちが切実。
白髪になって自然素材のヘナで染めているけれど
やっぱり髪には負担だと思うので
最近はシャンプーやトリートメントを使うのをやめた。
お湯洗髪だけ。

2,3か月に1度パーマをかけその間に一度カット。
ずいぶん前に友人が必要経費でしょうと言っていた。
納得してあまりみっともなくないよう心掛けることに。

だけど髪のお手入れが苦手でほとんど手櫛。
ドライヤーもほとんど使わなかったけれど
最近は洗髪後はドライヤーで乾燥だけはするように。

子供の置いて行ったものを長く使っているけれど
ふと気になってこの間いった美容院で聞いたら
このドライヤーをすすめられた。


へえ~と思ってネットで調べたらなんとドライヤーも幅も広けりゃ奥も深い。
とにかく髪の毛に良さそうなので想像外の高価格だったけど買ってしまった。
私はすでに一度髪の毛のトラブルを経験済みなので
ケチっている場合ではない。
使い心地はこれから。
楽しみではある。



雨が似合う花と玄侑さんの講演

6月27日
雨予想がくもりになってそれでも降るような降らないような・・・。
この季節雨に濡れて美しい花が
アジサイ
ピンクのアジサイ
墨田の花火
墨田の花火
アナベル
アナベル
スイレン
そしてスイレン
メダカたちは全然見えなくなっている

午後NPOの講演会。
講師は芥川賞作家の玄侑宗久さん。臨済宗妙心寺派・福聚寺住職。
一般の方にも公開しているので準備は10時半から。
私は11時半から参加。
一般の方はほとんど1時間前くらいから見える。
前回の舞の海さんの特別講演会でも一般の方が70名いらしたが
今回も関心が高く100名を超えた。
私も芥川賞作品「中陰の花」


「光の山」

読んで楽しみにしていたが
演題が「鶴と亀の生き方」という抽象的なものだったせいか
文学的な話は皆無。
しかも仏教的でもなく
なぜかイスラムの世界とイスラム教についてのお話が主だったのは意外。
フセインが前身は小説家だったというお話は初耳でウイキペディアをつらつら読んでみた。
確かに小説4篇に詩は多数ということだった。
しかしそれが職業だったとは思えなかったけれど。
イスラム国やイスラム教についてのお話にどういう意図があったかは分からないけれど
今日玄侑さんの話に期待していた方々の意向に沿っていたとは思えないのが
私的には肩透かしで残念だった。









帰宅

6月26日
センニチコウ
センニチコウ:色も形も可愛い

チドリソウ
二度咲きでまた咲きだした

ジーニア
ジニア・インパチェンス・スーパーアリッサム・ヒューケラ:出かける前にあわただしく植えたのでぐちゃぐちゃ。
何とかついていた。百日草は随分おしゃれになったなと思う。姿も色も。


朝食をいただいて8時過ぎに家を出て東京に。
新横浜に着くと
またもや人身事故で横浜戦が不通。
地下鉄で中山まで出て乗り継いだ。
最近本当に事故や異常気象が多くて延着や不通は覚悟して時間設定しないといけない。
まあ我々は取り立てて急ぐわけではないのでいいけれど
時間で約束事のある方は大変だと思う。

家に帰りついてやっぱりほっとした。

何度か雨が降ったみたいで庭の花や野菜が枯れてなくて一安心。

あれもこれもと思いながら
やっぱり早々に寝てしまった。
なんといっても寝るのが一番。
最近は明日延ばしになることがどんどん増えている。



何がめでたい!誕生日

6月25日
実家での誕生日。
まあ娘が元気で生きているということで母の心づくしのケーキ。
時に作ることはあっても
普段あまりケーキを買うことがないけれど
妹も母もときどき買うみたい。
妹も先日夫の誕生日に葉山のケーキを用意してくれた。
誕生日
母は91歳だけど
遠目にはまだまだお若い。
負けてはいられない!!
(足マッサージなどしているのは母ならぬ私でした"(-""-)")


それにしても今日のケーキは大きすぎて持て余した。
もう今日の3人は全員高齢者及び上級高齢者なんだから
そんなに食べれないよ。
いまだに母にとっては我々が大きけりゃ喜ぶ子供みたい。

昼には母の所望で回転ずしに。
ネットで探して最短の1キロばかりのところにある店に。
タクシーを呼んで行ってもらったんだけれど
途中渋滞でなんと降ろされて300mくらいは歩いた。

独り暮らしの母は普段はスーパーの寿司を買うくらいなので
やっぱりおいしいと喜んでくれたけれど
もっとおいしいお店に連れて行きたかった。
今度また東京に来てくれればねといったら
案の定断固拒否。
まあ5月に奇跡のように来てくれたので
しばらくは無理でしょうね。
帰りも渋滞でタクシーは走ってもいず
最寄り駅まで歩いた。
足元不如意の母には気の毒したけれど
でも無理すればまだまだ歩けることが分かった。
私もだけど母にも元気で長生きしてもらいたい。






倉庫の整理

6月24日
昨夜来た夫とともに8時過ぎに和歌山に。
舅の商売で使用していた倉庫の整理。

30年近く放置していた在庫品の整理。
息子である夫が仕事を継がずにそのままになっていた商品を
組合の方が手伝ってくださって片づけてくださった。

何回も通っては整理してきたけれど
我々では何ともしがたいそれでいて捨てるには忍びないものを
商品としてまだ価値があるもの
もう処分するしかないもの
組合員のどなたかが引き取ってくださるもの
など一つ一つ確認しながらより分けて
組合のほうで一括して引き取ってくださった。
倉庫

蒸し暑い屋外で埃まみれの古い商品を点検するのは
予想以上に面倒で疲れる作業。
しかも休日の日に。

この地の伝統産業で
理事長として長く貢献した舅の貢献と実績
その舅の死後も30年間営業はしなかったけれど
組合員として組合費を負担してきたのだからと
皆様でお手伝いくださった。

もうこういう商品を作る技術者はいないと評価される品もあったり、
傷や傷みで捨てるにしてももったいないと惜しんでくださる声が上がって
同業の方ならではと
舅も納得してくれている気がして心から感謝。
終えるのに9時から昼過ぎまで
たっぷり3時間かかった。

昼食を食べその後の後片付けをして私は4時前の黒潮で。
夫はさらに打ち合わせがあって1時間後に。
ヘロヘロに疲れた。
母が夕飯とお風呂を用意してくれていて大いに助かった。
91歳の母にまだ頼って甘えている情けなさとうれしさ。
人様にお世話になるばかりの1日ではあった。




六甲山に

6月23日

六甲山高山植物園に。
笹百合が美しかった。

まつむしそうも。

珍しい食虫植物も。
そのあとはオルゴール館に。
ここも美しいお花とアレンジが。


古い大きな演奏楽器の演奏も楽しかった。
ここのレストランで食事。
私はフォカッチャのサンドイッチ。

3時過ぎには実家に。
通過した豊中あたりは本日日本の最高気温を記録したとか。
確かに暑かった!
元気な同期と楽しく遊びました。

高山植物園での花たち
ウスユキソウ
エーデルワイス

オオヤマ蓮華2
大峰山で見損ねたオオヤマレンゲがちょうど花時だった

オオヤマ蓮華
オオヤマレンゲ

食虫植物
食虫植物

ヴぉーリーズ
小学校の同級生が主催するナショナルトラストが保存するヴォーリズ六甲山荘がこの近く。
土日祝日しかオープンしていない。



有馬に


高校時代の同期と有馬に。



大阪に

6月21日
ベゴニア・サランディ
ベゴニアサランディ:昨年美しい色と風情に衝動買い。。
そのまま枯れてしまったと思いきや春先から小さな芽を出し再び花をつけた。
ほったらかしが功を奏した怪我の功名?

1時間余裕見て家を出たけれど、案の定人身事故で遅れと大混雑。
時間的に通勤時間とも重なって久しぶりのラッシュアワー体験。
ぎりぎり予定通りの新幹線に。
豊橋当たりでは大雨のため徐行運転に。

今日はバスケットの同期3人と大阪で女子会。
東京組二人と大阪組二人。

12時集合でホテルの食事と喫茶店で3時間余り。
子供や孫の話は多いけど夫の話はほとんど出ないなあ。
なんでやろ??



1日延ばし

6月20日
鉄線
鉄線
ミニバラ
ミニバラ

今日大阪に行こうと準備していたけれど、
留守にするには片付かなくて
仕方がないので明日行くと母に電話。
留守にすると思うとやりたいことややらなきゃと思うことが
いっぱいで
無理してバタバタと出かけると
ストレスが最近は体に症状となって支障が出る。
それでなくても人より遅いは怠けもんだわだけど
そういう自分と折り合うしかない。

先日買っていたヒューケラやスーパーアリッサムの苗を植えた。
雨が降りそうで降らないので留守中が心配。

ゆっくりと冷蔵庫なども掃除した。
野菜がいっぱいあったので
次男宅に届けた。
ついでに
この間作った梅ジャムも。
ちょっと砂糖を少なくしたらかなり酸っぱいけれど。
梅

梅ジャム












妹宅に

6月19日
夏野菜
夏野菜がようやく落ち着いてきた
ナス3本しし唐2本ピーマン1本長唐2本、それにエンサイ3株。
トマトは買ってきた苗3株にこぼれだね育ちが何本になることやら。

インゲン
インゲンやしし唐が少し取れだした。

夕方から横浜の妹宅に。
1時間で行けると思ったら意外と16号に出るまでが混んでいて1時間半くらいかかった。
車内でブームの曲を聴きながらいったら
沖縄に行きたくなった。
夫は仕事から直接電車で。
5時とか言いながらやっぱり6時に。

妹宅の庭は整然としてやはり美しい。
雑誌にも紹介された程なのでジャングルの我が家とは雲泥の差。
お料理も素晴らしかった。
5月の旦那の誕生日に招待したので
6月の我々の誕生日祝いということで。
葉山牛のステーキは
一回でするりと切れると夫はうれしげに何度も繰り返した。
何しろ最近の我が家では力を入れてナイフを2,3度ひかなきゃ切れない
筋付きのアメリカやオーストラリア産のステーキばかりなので。
鱧のお吸い物やとろろも。
ケーキもちゃんと用意してくれていた。
器もメニューもすべてが我が家よりリッチ。

ご機嫌で酔いしれている夫を乗せて
また帰りも私が運転。
16号がずいぶん整備されて渋滞が少なくなって走りやすい。
帰りはほぼ1時間で着いた。




NPOの総会

6月18日
スカシユリ2
スカシユリ:なかなか梅雨に入らずに夏のような日差しに映えている

NPOの総会&理事会。
総会といっても社員会員さんと理事だけのごく内輪の淡々としたもの。
そのあと理事会。
来年には活動を停止することが決まっているので
約30年に及ぶ活動をいかに有終の美で飾るか?
終活というところ。
特別講演会に続々と豪華講師との交渉が進んでいる。
会計も登記もすべて抜かりなくやってくださる
理事長と側近の理事や会計、監査役の方々のおかげ。
参加だけしていて役立たずの私は話を聞いているだけ。
女性理事が一人しかいないので存在意義はあるかも。
とでも思わないとね。
とにかくつつがなく済んでよかった。
金曜日に梅の実をたくさんいただいたので
先日の料理会で作ったジャムを作った。
昨日も作って娘に持たせたが
強も残りの2kgで。
梅
水につけてあく抜きをしてから60度くらいで3回湯でこぼした、
青い実があまり黄色くならなかったので最後は沸騰させた。
皮がむけて柔らかくなってしまった。
種を取ってから砂糖を2回に分けて加えて煮込んだ。
10個分くらいの種はお茶パックに入れて一緒に煮込んだ。
種のペクチンが必須だそうなので。
梅ジャム
全部で6瓶できた。


きゅは残りの2kgで。
いっぱいできた。
砂糖を少な目にしたらやっぱり甘みが足りなくてすっぱかった。
次男宅、そして明日行く妹宅にも。
姫や若にはちょっと受けそうもない。



父の日&バースデー

6月17日
娘が夫の誕生日と父の日を兼ねてということで食事に誘ってくれた。
姑も加えて4人で三笠会館に。
久しぶりに目の前の鉄板で焼いてくれるステーキや海鮮、ハンバーグに
ちょっとリッチな気分。
娘の心づくしに夫は感激のご様子。
moblog_1035715e.jpg

moblog_00b8d635.jpg
夫はそのあと仕事で都内に。
娘と私で姑を施設に送ってから
稲城のローズ邸に。

お茶とケーキでゆっくりしてから
庭を見せていただいた。
バラは終わりだけれど
いろいろな花が咲いていて
初めての娘は隠れ家の雰囲気をとっても喜んでいた。

そのまま帰ると思っていたけれど
やっぱり家によるということで自宅に。
NHKのみおつくし料理帖を見てから帰宅。
娘と何となく一緒に過ごす時間はやっぱり気兼ねなく楽しい。






除草シートで除草対策


6月16日
ようやく裏庭の除草もすんで
家にいた夫に手伝ってもらって除草シートを敷いた。

IMG_0173.jpg

IMG_0174.jpg
幅1メートルなので50㎝幅のシートを重ねて、ガムテープを張った。
シート止めは百均で4個108円。
水栓やら下水栓があって結構難しい。
反対側もやるつもりだけど
こちらはミョウガやニラが植わっている。

途中で上に敷く砂利を買いに。
シートも足りなくなってさらに10m追加。

そのついでにまた花屋によって苗を買い、
そのまましゃぶ葉でランチ。
別に旦那様のお誕生日というわけではないけれど
ここはしゃぶしゃぶ以外に夫の大好きなソフトクリームや
私の大好きなかき氷があって恥ずかしながら子供のようにおやつ目当て。

かき氷に小豆に練乳に白玉にソフトクリームをのせるとウシシとなる。

午後からもひと頑張りして
暗くなるころようやく終わった。

裏庭

石は全然足りなくてまた追加で10袋。
裏庭4

結局30袋に残っていた8袋とで38袋。
でもまだまだシートが見えるくらいの薄さ。
どうせまたサイドもやらなければいけないので
シートも石もまだまだいりそう。
でも何とか形になってよかった。






多摩大学リレー講座「人工知能と機械学習」

6月15日
ロンサール
二番手のピエールドロンサールが咲いていますが、位置が高すぎて見えにくい。
風で外れてしまった誘引を直さなくてはと思いつつそのままになっているので、、、。

多摩大学リレー講座。多摩大学久保田貴文先生

いや~聞いても人工知能って私の知能では
全然理解できないよ。
この間も
世界最強とされる囲碁棋士・柯潔(カ・ケツ)が、グーグル傘下のDeepMindによる囲碁の人工知能(AI)「AlphaGo」 と対局した2017年5月23日。“見えない”相手と対峙していた柯は、AlphaGoの「普通とは違う」囲碁のスタイルを逆手に取って打ち負かそうとしていた。ところがこの策は、19歳の最強棋士が思っていたようには運ばなかった。4時間15分を経て、AlphaGoが三番勝負の初戦を制したのである。

というような記事を読んだけれど囲碁もAIも理解しがたい世界なわけで、、、。
でもすごいことになってきていると言う怖ろしさだけはひしひし。

それとは別に27連勝の若干14歳の藤井4段
卓球の13歳の張本君
さらに12歳の女子の木原美悠など
若いというよりまだ若すぎるくらいの男女中学生が大人を負かす活躍。

どうなるんでしょうねえ。
お天気だけでなく異常とも思える知力・体力分野の新現象。
跡は衰えるだけの知能・と体力のわが身が恨めしい。
でも伸びる力はどんどん伸びてと応援はしている。
人工だろうと人間だろうと。
ただし人間や自然や地球のためにその知能を生かしてほしい。



男の料理会

6月14日
スカシユリ赤
1本遅れて咲き出した赤のスカシユリ

雨が降らずによかった。
6月のお料理会。
メニューはとうもろこしの鶏つくね・しょうがとミョウガご飯・焼きナスの煮びたし・トマトとえのきのスープ・コーヒーゼリー。
それにキュウリの漬物2種に生梅と梅酒の実のジャム。

料理会6.142
着々と出来上がってます

料理会6.14
結構真剣!

料理会6.143
結構早く出来上がりました

料理会6.144
生梅と梅酒ジャムの食べ比べ。
生梅のほうに軍配が。

料理会6.145
コーヒーゼリー。砂糖を少なくして手作りのコンデンスミルクをかけました。

夏らしいメニューでした。
中でもフレッシュなトウモロコシを使った鶏つくねはおいしかったです。
朝イチで紹介されたメニューです。













思い出が絵になる

6月13日
ベルガモット
ベルガモット:大きく花を広げて大輪のたいまつに。最近はモナルダという属名で園芸店でもよく売られてる。

お料理会のメンバーさんがアクリル画の作品展に出品されているので稲城まで。
ご一緒してみたことのある風景が絵になっている。
すごいなあと感心。
お料理会のメンバーさんはそれぞれ多趣味で多才。
製作中の充実した時間が思われ、うらやましい限り。

アクリル画

アクリル画2

アクリル画3



それにしても無趣味で無能な我々夫婦はこの頃感心することしきり。
とりわけ有能な方の多彩さ。
日経連載中の谷口さん。
先日読んだ芸大ルポ(夫にも回し読み)
テレビの佐和子の対談の五嶋龍。
磯崎(新)さんの本を読みながら
「意味が分からん!」とぼやいている。
確か彼も専門は建築なんだけど、、、。

今更真似もできないけれど
生まれた時から時間の使い方が全然違う。
天才と凡人の違いはあるにしても
天才が恐ろしいほど努力されているのに
あほが遊んで寝て暮らしていたわけで、、、"(-""-)"
せめて余生は人の邪魔や迷惑にならないよう暮らしたいものです。

雨の中そのあとは材料の仕入れに。
私は私のできることを精一杯!
あれっ❓これってどこかで聞いたセリフ。
そうだ、「ハチドリの一滴」
(辻真一)さんのお話で聞いたっけ。

けなげないとおしいハチドリ。
それもおこがましいっけ?





試行錯誤のレシピづくり

6月12日
墨田の花火
墨田の花火:本当に花火のように咲く美しいアジサイ。今年は挿し芽で増やした株も大きくなって花も咲いた。
だからと言って増やしてばかりもね。すでに狭い庭はぎゅうぎゅう詰めで庭というよりジャングル状態。

昨日までに料理会のメニューを決めたけれど
まだ迷っている。
季節的に夏野菜が増えてあれもこれもと。
コーヒーゼリーとコンデンスミルクの試作をして
ナスの煮びたしも。
二品をメンバーさんが引き受けてくださったので
手抜きもいいとこ。
ところがメンバーさんが
から何か作ってくださいと電話があり、
そのあとすぐに梅の実をとどけてくださった。
ゲッ~追加で急遽何か考えなくては、、、。
昨年の料理会で梅酒の実ゼリーは作ったし、
生はやっぱり少し寝かせないと飲み物もということで
ジャムにすることに。
自宅でも梅酒の実でジャムは作ったけれど
生は初めて。
レシピをいろいろ探して作ってみると
色もキレイし香りもフレッシュ。
これはいいかもとレシピに加えることに。
もう今年からは梅酒も梅干しも作らないと決めていたのが
梅ジャムを作る羽目に。
もともと作るのは好きだけれどぐうだらも好きなので
後押ししてくださったメンバーさん感謝。
ついでにお願いしていたツタンカーメンのえんどう豆の種も届けてくださった。
来春が楽しみ。






久しぶりに草取り

6月11日
アナベル
アナベル:美しいアジサイと思っていたら
あっという間に人気品種であちこちで見られるように。
強くて挿し芽でもよくつくので株を増やすのも楽。
我が家でも3か所に。

梅雨入りしてから雨は降ったっけ?
今の間に草取りをしておかないと
雨が降ればあっという間にジャングル化しそう。
珍しく夫も手伝ってくれるというので裏庭に。
除草シートを敷くつもりですでに買ってきているので
その前に草取り。
ネットで調べたら除草シートの敷き方も本気でやるとやらないで
その効果は歴然。
庭仕事に本気を出す気のない夫の
仕事量を上げるのには一苦労。

まあやらないよりはまし程度と期待はしないけど。
とにかくドクダミ・カタバミ・スギナ・ヤブカラシは根こそぎ8抜いてねと。
「わかってると返事だけはいい」

ところでそれ以外にも雑草のようにはびこっているのがミント。
なんと植えるべきじゃない苗木のトップスリーにはいっていた。
確かに増えすぎ。カミツレも。i
とにかく狭い庭なので強い雑草や苗には遠慮してもらうしか。
抜きながらなんで君たちだけが嫌われるわけって
人間の理不尽さも思い、
それをはねのけるだけの強さをどんどん蓄える生命力に舌を巻き・・・。

→続きを読む




高齢化時代の社会保障~シルバー民主主義を超えて~


6月10日
ベルガモット
ベルガモット:たいまつ草。増えすぎたのでかなり抜いたけれど咲くと可愛い。やっぱり残しておこう。

NPOの講演会。
講師は昭和女子大学グローバルビジネス学部長 八代尚宏さん

ネットで見ると御用者としてかなりあちこちに。
お話を聞いてどこがと思った。
わたしも同感・同意見案ですけど、、。
私ごときがおこがましいとは思うけれど
払った以上にもらい続けて
若者の将来の分までも使うってのはおかしいでしょう。
そもそもこんなに国民が長生きするとは思わずに
60歳で定年。
その後の生活を年金で支えるなんて
こんなに高齢者ばかりになって継続できるシステムとは思えない。
早く修正しなければ破綻は自明の理なのに
選挙民の大部である高齢者におもねるばかりの政府。
年金の支給額を減らせや
支給年齢を上げろというのは反政府的な見解でしょう?
元気な高齢者はどんどん働いて現金収入を得たほうがいいし、
医療費を膨大にする通院回数や薬投与の多い病院治療をやめさせなくては。

ちなみに先日95歳の姑が大きな病院で
血液検査をしてもらって診察もしてもらって
その治療費が70円だった。
医療費が高くて病院に行けない若者や
仕事が忙しくてビ病院に行けない人が多いというのに。
どうなってるのと娘も付き添った夫も今更に驚いていた。

地域や家庭で元気で生きられる方法を高齢者も身に着けるべき。
借金に依存した補償をのうのうと受けとる高齢者がすます増えて
ますます長生きするとしたらというより
多分、絶対そうなるでしょう。
体力的に自立するだけでなく
経済的にも自立を促さないと。
高齢化社会のトップを行く日本が
欧米の国々より年金の支給開始年齢が早いなんて。
したがって当たり前だけど受給期間もダントツ。
しかもGNPは今や同じ国々と比べてびりだっていうのに。
どう考えても計算が合うはずがない。

マスコミも老人破産や老後破壊を仰々しく話題にする前に
日本破産や日本崩壊があることをもっと仰々しくいってほしい。
真実や現実を知れば
戦争と戦後を生き抜いた強い世代の人々が
つけだけ残して若者に尻脱ぐいをさせて死ぬことなんて
潔しとはしないはず。
…と思うんだけど。



カメラをおニューに、おさがりだけど

6月9日
ついに壊れてしまったデジカメ

以前のデジカメのチェンジはとブログを検索すると
デジカメの断捨離
2015, 01, 06 (Tue) 21:10
キャノンデジカメ
珍しく箱から解説書、保証書、レシートまですべてそろっている。
現在使用機(夫が使わないで放置状態のルミックスDMC-FS1)で撮った。
愛用機器交代。なんかお葬式のような儀式の気分。

キャノンIXYデジタル510IS
購入日2009年7月20日。
購入価格は本体・SDカード・5年間保証を付けてトータル25000円。
歩いていけるカメラのキタムラで買った。
その間2度の修理。
その修理費だけで購入価格を上回っていると思われる。
(一回の参考修理価格は13020円)
何しろ修理費は高いので。
そして、昨年の10月に登った会津駒ヶ岳の途中で完全ダウン。
とにかくカメラは山行きの必携品。
そういえば買ったのは鳥海山に登ったあとだった。
一緒に登った友人の忠告を受けて地元路面店で買ったのだった。
近くの店で買うことと5年補償。
ほんといいアドバイスだった。
最後の写真も何とかPCに取り込めたのでお役御免。
本当に長い間ご苦労様。そして夫がzほとんど使わないからと
譲ってもらったナショナル違ったパナソニックののルミックス

山にガーデニングにと大活躍。
すでにアルバムは作らないと決めて10年ほどになるので
パソコン保存し、ブログにその一部を使うことに。
携帯のカメラで済ませる人が多いけれど
やっぱりカメラのほうが好き。
といっても高級カメラで本格的にというのではさらさらなくて
撮れりゃあいいレベル。
でもいよいよまた、落として電源も入らなくなってあきらめが付いたところで
今度は次男が使わないデジカメをくれた。
今度はパワーショットA3500ISだと。

1代前に使っていたのもキャノンだったけど。
高性能なのに定価はずいぶん安くなっている!
まだ説明書も読んでないけれど
使いながらおいおいに。
よろしくね。

って言って記念すべき最初の写真はしなびたなすびと今日獲れのなすび。
ことしの初収穫なので写真を取りたいとそのままに。一昨日のものだよ。
まあ一番果と二番果。
なすび
苗を弱らせないように早取りで貧弱なうえに古くなって、、、。
正直にそのまんま撮れている(^_-)-☆





若とワンダーランド?

6月8日
若

若が熱を出して保育園おやすみ。ばあばの出番です。
といっても
一人遊びで結構ご機嫌。
熱も下がったみたいで
お守りもずいぶん楽になりました。
レールランド・レゴランド・ディズニーランド?
部屋中おもちゃだらけですが。

整理した本を今日はかなり断捨離できました。
こうしてみると何年もよく読みもしないのに
おいていたものだと思います。
断捨離

子供のWEB関係の参考書は
日進月歩なのでおいていても仕方がないのですが
確認しないと捨てられないものが結構ありました。
先日ようやく許可が下りて処分できました。


まだ豪華装丁本は捨てられないでいたりします。
ケチな勿体ながりやなもので高価なものってそれだけで捨てづらいです。
いまさらながら買わないのが一番と身に沁みます。




Lineに参画

6月7日
スカシユリ
スカシユリ:1株で7つもの花を咲かせる。
クレマチス
クレマチスキャッツアイ:もっと勢いがついてほしいけれど美しいラインでついカメラに。

昨日の食事会で娘と次男の嫁のラインに登録。いよいよラインデビュー。
といってもいまだ仕組みがよく理解できていないのでぼちぼち。
すでに一足お先にデビューしている夫もフルートのお仲間と連絡を取り合っているみたいだけれど
それ以上はわからないみたいなので聞くこともできない。
必要性が高まればおのずとと・・・。




よかったよかった

6月6日
ダリア
ダリア:最近は矮性で可愛い品種がいっぱい出てきてつい買ってしまった。植える場所がなくてプランターに仮植え中。

ヘブンリーブルー
ヘブンリーブルー:今年もグリーンカーテン用に西洋朝顔2種。もう一つは白のパーリーゲイツ。


次男の嫁が仕事をやめて看護大学に通い始めて4年目。
希望の病院への就職内定。
それに学費免除の優秀な成績。
お祝い好きの夫がほっとくはずはない。

ようやく彼女の時間が取れて
次男夫婦・娘と5人でお祝い。
以前も一度行った調布のイルキャンティに。
どういうわけか火曜日はピザが半額にも関わらず
客数が少なくて
我々だけの貸し切り状態でのびのびと
しゃべって、飲んで、食べて。




お花との出会いは七夕と同じ

6月5日
すかしゆり
明るすぎて写真が白ボケ。それでもスカシユリが存在感バッチり。

ミニバラ
ミニバラ:小さな苗の寄せ植えを分けて育てるとそれぞれが育って大きくなってきた

鉄線
クレマチスキャッツアイ:やっと咲いた。新枝を間違えてバッサリ切ってしまってからの再生。これからたくさんの花を咲かせてほしい。
強剪定品種といってもやり過ぎってもの"(-""-)"

3日間留守にしただけでもなんだか庭の様子が違う。
花を順番に追って写真を撮るけれど季節なのに全然咲かないものも多い。
バラはレオナルドダビンチ・インツーリーグ・それにエバンタイユドール、、。
これらは虫や病気で瀕死状態。
昨年切りすぎたのかハナミズキもヤマボウシもブルーのアジサイも。
日陰に植えたスイートピーも期待外れ。
クレマチスミセスブッシュも。
七夕じゃないけれど1年に一回会えるあかどうかなんだから結構気落ちしている。



大峰山に

6月4日
朝3時に起きて4時前に出発。
毎回詰めが甘くて参道到達までに迷って時間を食うので
今回は慎重にルートをナビで確認しながら行者還トンネル西口の駐車場には6時前に。
やっぱり10度以下では寒くてウインドウブレーカーも着た。
昨年末にできれば登りたかったので何度もイメージした登山口にようやく。
大峰山

登山者名簿に記入して出発は6時20分。
大峰山2

めちゃ元気な小学生低学年と思われる兄弟とそのお父さんと一緒。
もちろん最初から道は譲ったけれど。
きっと彼らの下りで再び会うはずなどと思いつつ。
我々は抜かれることはあっても追い抜くことはないという
謙虚な山行きを心掛けているので(*^_^*)

とにかく上りのみでアップダウンが少ないのは効率いい。
ほぼ1時間で出合に。(7時16分)
大峰山4

少し勾配が緩やかになって
美しいシロヤシオが満開。
大峰山3

弁天の森には7時40分に。
大峰山5
修験道には昔はいくつかの宿もあったみたいでここはその跡地の一つ。

大峰山6
すっかり晴れ渡って新緑と青空の美しいコントラスト

大峰山7
理源大師像のある聖宝の宿跡(8時20分)

大峰山8
そこからは階段が多くなるけれど約1時間で弥山(1895m)に到着(9時19分)。

大峰山9
弥山神社には美しいシャクナゲが。

ここからはなんと目指す八経ヶ岳が間近に。
大峰山10

小休止してから勇んで出かけたら
なんとひどい急降下。
間近に山頂が見えているのに下るってことは
いささか意気消沈したけれど
難コースではなかったので
無事10時9分には八経ヶ岳山頂(1914.9m)に。
大峰山15
今年初めての百名山!うれし~い!!

大峰山11

早朝は風もきつくて寒かったけれど
ヤッケを脱いでゆっくり食事をしても全然寒く無くて近畿一番の高峰からの360度の眺望を存分に。
そして向かいの弥山と神社。

下りは11時半ごろに。
山頂でまた一緒になった小学生たちは
昼食も取らずに下山してしまった。

往きは6か月以上ぶりの山の割には順調だったけれど
やっぱりくだりには
膝痛が出てかなりつらい下山となり、時間もかかった。

時間に余裕があったのでよかったけれど
これからの山行が思いやられる。
それでも行くつもりには変わりないけれど。

天然記念物のオオヤマレンゲはまだ時期が早かったのか
見れなかったけれど
石楠花とシロヤシオがきれいだった。
大峰山12
おttpはこの花がお気に入り。
時々名前を忘れるけれど、、、。

大峰山13
珍しくはないけれどギョウリンソウも咲いていた。

大峰山14
登山口近くには見事なヤマツツジ。

大峰山16
そして登山口には14時18分。
例によって早めに止めた駐車場に遅めに帰着。
車の数はかなり少なかった。

かなり距離は長いけれど道がいいというので
行者還トンネルを抜けて東口経由で169号線で。
途中大台ケ原に行った時に見ていた杉の湯に寄ったら
日帰り入浴の時間は過ぎていて
仕方なくその先の道すがらに探しながら
大宇陀公園内のあきのの湯に。
薬湯温泉などがあっていいお湯でほっこり。
私は昨夜ほとんど眠れなくてもう眠くて眠くて。
夫が頑張ってそのあと遠州森サービスエリアまで走ってくれた。
でも楽しみにしていたとろろそばはすでに閉まっていて振られっぱなし。

ここでようやく運転を交代。
駿河湾沼津あたりまで。
また眠くなってそのまま自宅までお任せ。
大峰山に登って東京までの強行軍。
無事で何より。



人生何があるかわかんない

6月3日
昨日とりあえず何があるか確認した在庫を
自宅で処分できそうなもの、
同業の方に使ってもらえそうなもの、
組合の展示品として使ってもらえそうなもの
ごみとして処理するものとに大雑把に分けて
整理した。
何しろ手がかかっているものなので
使わないまま処分するのは忍びないけれど
手入れもせずおいているだけでは傷みや劣化は防げない。
舅がなくなってからの歳月が思われる。
サラリーマン育ちなので
商売っていうのもほんと大変だなとも思う。

一段落ついたところで
今日は親せきに泊めてもらうことにして橋本に。
ご主人をなくして一人暮らしになったおばさんは前回お会いした時は
さっぱりと踏ん切りがついたようで
とてもお元気だったけれど
思いがけない身内の不幸が続いて
今回はやり場のない怒りと悲しみ慰めようもなかった。
でも心づくしのお料理で歓待くださって
お話の聞き役だけでもと話し込んだら
私までなかなか眠れない夜になった。
明日は大峰山に向かう予定。



京奈和道路で

6月2日
早朝家を出て和歌山に。
順調に走って西名阪から京奈和道路に。
3回目ともなると
一般道に出るのが煩わしいのか
夫はやっぱり阪和道のほうが早いなあとぼやきだした。
私は里山風景が続く景色が間近いおまけにただなこのルートが気に入っているけど。

前回は休憩がてら道の駅「かつらぎ西」で和歌山ラーメンを食べたけれど
今回は道の駅「青洲の里」に。
なんと和歌山県人の夫が華岡青洲も有吉佐和子の「華岡青洲の妻」も
知らないというので驚いた。
青洲が全身麻酔の研究をし、実際に全身麻酔による乳がん手術を成功した住居兼病院兼医学校である
春林軒塾が公開されていた。
青洲の里2

青洲の里

初めて知ったばかりなのに
青洲の業績や生き方に和歌山県人として大いに誇らしいらしく
彼にとっては偶然のこの立ち寄りがお気に召した様子。

併設の地場産の野菜がメインのレストランでランチバイキング。
青洲の里3
地元の方が頑張っている感満載

青洲の里4
ほんとうに家庭のおもてなし料理って感じでおいしかった

青洲の里5
ベランダからの緑の景色も素敵!
というか京奈和はずっとこういう景色ばっかりではあるけれど、、、(^^♪

前回は舅のお墓参りができたし、京奈和はなかなかいいということに。

倉庫では前回刈った草をクリーンセンターに持って行ったり、
在庫が30年近くそのままになっていたものを埃まみれで掃除。
姑宅がなくなったので夜は和歌山のホテルに。
だんだん夫の和歌山との縁が薄くなっていくのは
彼にとってはやはり寂しいことなんでしょうね。
私はひたすら早く片付けてしまいたいけれど・・・。







カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ