ニゲラそして衣替え

5月28日

ニゲラ:昔からあこがれていたけれど種から育ちが定着するとこぼれだねであちこちに咲いてくれる。
ニゲラ2

もっと広い敷地なら思う存分咲いてもらえるけれど
ぎゅうぎゅうキツキツなのでみんなもやしのように育ってしまうのがかわいそう。

そろそろ衣替え。
姑の衣類がどっと増えて収拾がつかないけれど
その分自分の分は思い切って断捨離。
人の分は思い通りにはいかないので
その分自分の分は踏ん切りつくってもの。


冬物のセーター類は収納ケースに
コート類は押し入れに取り付けたハンガーパイプに。
押し入れをクローゼット代わりにしている
押し入れに平行にパイプを2本取り付けて
冬物を奥にかけ、代わりに夏の衣類を
前のパイプにかけるだけ。
そして防虫剤を新しく入れ替えた。
といっても我が家場合
特別仕様ものを買わずに
すべて引き出し用の防虫剤の大袋でまかなう。
P1140337.jpg
それを排水口のゴミ取りネットに小分けしてハンガーに取り付けるだけ。
P1140338.jpg
押し入れ用・クローゼット・引き出し・洋服ダンス・収納ケースすべてこれで。
以前はいろんなタイプをそろえていたけれど
これで十分な気がする。














フランネルフラワーがようやく

5月27日


フランネルフラワー:大好きで何度も買ったけれど何度も枯らしてきた。
酸性土壌がいいとわかってブルーベリーの土で育てたらようやく花をいっぱいつけた。
雨の当たらない玄関の軒下に。

そういえば夏用のクレマチスの苗も4種類ほど植えたのに
ようやく咲いたのはサニーサイドだけ。
一つ(ミセスブッシュ)は冬クレマチスに覆われてしまい
一つ(エミリアプラッター)はなにわいばらの中に紛れ込んでしまった。
あと一つのキャッツアイはあろうことか雑草といっしょに
新芽を折ってしまった。
なんだかなと思っていたら今日2階からなにわいばらのアーチの上で咲いている
エミリアプラッターを見つけた。
ウシシこんなところで咲いていたのか・・・。
エミリアプラッター

昨日の雨でしっかり雨水がしみこんだのはいいけれど
風でヤグルマギクやチドリ草がくたくた。
庭の様相が違ってくる。
今ごろになってトマトのこぼれだねがあちこちに。
一番いい条件の中で芽を出したはずなので
本当は自然界では今が適期と思うけれど
連休過ぎには苗が入荷しないといわれるとついつい買ってしまったからねえ。
と言って無視できない我が家産のトマトたち。
かくして毎年我が家の夏庭はジャングルと化す訳で"(-""-)"








お引っ越し騒ぎと北辺の機関車たち

5月26日
シャクヤク
シャクヤク・ジギタリス。タチアオイ:偶然同じ色味の競演に。

新しいパソコンを有線ランに。
古いほうを無線ランに接続してしばらく2台使うことに。
ところがずっとアナログのはずの夫が早々に無線ランに接続したのに
私は何度同じキーナンバーを入れてもできない。
仕方なくバッファローのサポートセンターに。
ところがそれでもうまくいかない。

キー番号の入力が間違っているしか考えられないということに。
ところがキー番号の入力は間違ってないのはたしかで
新しいほうではちゃんとつながった。
でも、古いほうでは認識できないみたい。
それはそれとして
なんとルーターはバッファローではなくてヌーロから借りているものだった。
そのシリアル番号とキー番号をバッファローのエアーステーションの函に入れていたので
ややこしくなった。
結局、新しいラビを無線に、古いのはそのまま有線に接続して使うことに。
それで用意していた置き場所をとっかえひっかえ1日何をしていたことやら。

それでも並行して姑の荷物の片付けもぼちぼちと。
まあ姑の分が入り込んできて我々の荷物や
子供たちが置いたままのものなども同時に片づけることに。
それでもって引っ越し前か、引っ越し後かというありさま。
パソコンも部屋もお引越しで大わらわ

ところでそんなことで押し入れにしまっていたままの本も処分することに。
永井荷風全集はあることすら知らなかったのに28巻全巻そろっているのを見ると
夫は急にもったいなくなったようで[読むから捨てるな]とのご託宣。
死ぬまでに読めるのかな❓(^◇^)
私も仕舞ったまま読むことのなかった本をペラペラ。
そのうち昔いただいた写真集にくぎ付け。

ええっ!この写真ってこんなに素晴らしかったのか。
機関車と冬と北海道
その美しさと・厳しさと・強さと・やさしさと・・・
「北辺の機関車たち」


そういただいたのは初刊のころだから46年前?
どんなふうに見たのか全然覚えてないけれど
捨てずに今までおいていてよかった。

すっかり蒸気機関車を見れなくなって
今ごろにその光景に魅了されるなんて、、、。
ごちゃごちゃ空間とはかどらないいらいらの時間が
一瞬にしてその空間と時間を静寂の中に放って止まった。

気になってその後この本は、、とネットで検索すると
なんとまた、偶然とは思えない事実に唖然。
この写真集が今年46年ぶりに復刊されることになったそう。
それもまさにこの5月27日に。

私はたまたまほぼ46年ぶりに開いてじっくり見ることになったけれど
46年間復刊を待っていた方々がたくさんいらっしゃるほど
この写真集は素晴らしかったんだとさらに感じ入った。
しかもこの写真集は当時早稲田の学生だった3人の手になるもの。
みずみずしいけれど幼稚ではない。
素直で直截的だけれど稚拙ではない。
どうして高々20歳そこそこの若者にこんな写真が撮れたのだろう。
私などなくして、しかも年を取って気づくその価値を
46年前に北の大地を驀進する機関車と自然と人を切り取っていた。

それがまた大いなる不思議。
いまから思えばその時代にはなんか清冽な感性とパワーがみなぎっていたのかも。

ついでに鳥取時代の家族のアルバムも出てきた。
35年ほど前だよ。
子供たちが「こんなに可愛かったのか」と
当時子育てお任せ、子育て放棄だった夫が今頃しみじみつぶやいている。

はかどらないけれど
たまに押し入れの奥の片付けもいいものだと思えた。







多摩大学リレー講座 寺島実郎

5月25日
カルミヤ
今年は花数が少ない。枝を切りすぎたのかな?

雪の下
ユキノシタ:花は楚々としてかわいい。ドクダミと一緒。強いのも。でもすぐ抜けるからこちらのほうが扱いやすい。

スイレン
スイレン:雨だといまいち。メダカがだんだん見えなくなる。




雨もよい。
天気のいいのはもちろん好きだけど
夏野菜の苗や花たちのことを考えると
雨も好き。
小雨が降っている間に車も雑巾がけ。
雨が上がるとちょっときれいになってる気が。
お隣に以前住んでいらした方は雨が降ると
網戸を雨に当ててらした。
それが本当にきれいになるのでびっくり。
お手軽エコな掃除。

午後雨もやんで多摩大学に。
寺島学長の「日本経済及び社会構造の変化・シルバーデモクラシーへの視座」
寺島先生は出し惜しみせず昨今の話題からストレートにはいられ広範なテーマ。
トランプ大統領についての見解を
5日のテレビで放送されその内容についても。

いま世界中のリーダーが一体どうなるんだろう的な人ばかりで恐ろしい。
国民投票という方法がうらやましくもあるが
ベストでもないと感じさせられる。
日本だけでなく空気というのはTPOに大いに左右される。

そんな話はなくて私の講義中の妄想"(-""-)"
先生はシルバー・デモクラシーを提唱されていて
多摩地域でその試みを実践されようとしている。
まさに高齢化社会最先端都市としてモデルにはうってつけ(?)
この28日には山梨に田植え体験も。
具体的にはともかく
老人の老人による老人のための政治。
何しろ有権者の5割が高齢者で医療費の59%を高齢者が使っている現状。
私は老人の老人による若者のための政治にしてほしい。
もう自分たちのことはさておいて
我々の医療費を払い続けさせられている現役世代をこそ
優先して守るべきだしさらに若者や子供たちに支援を向けるべき。
老人の介護医療ばかりに税金を使うべきじゃない。
長生きするなら長生きする経費を自分で稼ぎ出さなくちゃ。
若い世代におんぶするなんておかしいって思うんですけど。

世界各国GDPが伸びている中で
1%に満たない数字で低迷し、来年も再来年もさらに1%以下という見込みは日本だけ。
高度経済成長を謳歌した日本にはもう戻れないとしたら
それって謳歌して撃沈した我々世代の責任じゃない?
2000年以降日本人の消費は通信と調理済み食品の項目と諸雑費のみが肥大して
衣服も教養費も住居費もすべてマイナス傾向。
つまり衣食住すべて貧困に。
とりわけ交際費や学生への仕送り、穀類・魚介類の食費など極端に減っている。
どんどん薄っぺらな国になりつつあるような・・・。
杞憂であってくれ!!








鳥ハムサラダ

5月24日
バーベナ

バーべナ:花数がそろってくるときれい。ポピュラーで強い花はついあまり構わないけれど、、、。
サニーサイド
サニーサイド:ブーケパルフェに絡ませている今年ようやく花をつけた。

冷蔵庫に生協の鳥胸肉がダブってきた。
作ろうと思いながらそのままになってしまっていた鳥ハムを久しぶりに作った。
鳥ハム
ブラックペパーとローズマリーバージョン。

夏野菜の苗とともにサラダ菜ミックスの苗を植えていたのがかなり大きくなってきた。
100円の鉢で何回食べられるかしら・・・?
サラダ菜
今朝はレーズンとクルミ入りのパン。
昨夜眠くて仕掛けなかったので朝2時間で焼ける手抜きの早焼きパン。

朝食
あとキャンベル缶のスープか淡路島おとり寄せの玉ねぎスープの素を使ってまたまた手抜きスープ。
夫の入れたコーヒーで熟年カップルの朝食の準備OK。









Windows10デビュー


5月23日
アルペンブルー
アルペンブルー:どうしてこんなところにと思うけれど抜きもせずおいていたらとうとう花まで咲いた(5月20日)

アルペンブルー2
どんどん花数が増えている(5月22日)




ようやWindows10デビュー


実際は枠のフレームは以前のものと同じ赤。
フレームが細くなった分画面は大きくなってここまでとは思うけれど
デスクトップにこだわると
売ってないんだよね小さいタイプ。
以前のでも1回もテレビもビデオも見なったのでここまで大きい必要は全然ないけど
自分のHPでも見るか(#^.^#)
moblog_8365230b.jpg

ついでにブログも(。-_-。)





















午後からちょうどNPOのWindows10講習があったので参加。
ちょうど初心者の基本だったのでよかった。
何がって?
同じような初心者の方がおられるという安心感が。
私はまだようやくネットがみられるようになたっというだけで、、、。
まだお引越しが、、、(´・_・`)
活用するまでには道は遠く果てしない。

でもとりあえず滞っているブログを書き始めただけでもえらい!!



メダカ誕生

5月22日
アマリリス
アマリリス:よれよれだったけど何とか4つン花を咲かせてくれそう。
さらにもう1本花芽が上がってきている。

小さな火鉢に卵を抱いたメダカたちを隔離して約1か月。
そして小さなメダカがちゃんと生まれたよ。
ようやく私のカメラでもその姿が何とか判別できるほどに。
メダカの赤ちゃん


小さいながらに成長は早い。
10匹くらいはいる感じ。
それにしても
最近は爽やかというより暑いという感じ。
5月とは思えない日差し。
小さい八なので直射日光浴びすぎかと
ちょうど日陰になる場所に移した。



そしてよく見たら2番目の鉢でも動くものが。
2匹だけだけど孵っていた。
見てるだけで可愛くて笑えて来る。
やっぱりペットを飼うって精神衛生上とってもいいような気がする。
少なくとも気の休まらない私には。

犬や猫は年齢を考えるとどちらが長生きするかわからない状態で
もう一度という気にはならないけれど
メダカと小さな庭は私の心のお休みどころとして大きな貢献。
ありがとう。



なかなかエンジンが

5月21日
シャクヤク
シャクヤク:毎年存在感たっぷりなのに今年はジギタリスやタチアオイの陰でこじんまり。
でも華やかさはさすが
アルペンブルー
アルペンブルー:こんなコンクリートの隙間に生えてどうなるのかしらと
思っていたらちゃんと花まで咲かせた。すごい!!
ブーケパルフェ
ブーケ・パルフェ:蕾が開いて白みがかった花に。
バーベナ
バーベナ:縁取りには強い花を植えておかなくては。足元締めてくれていい仕事。

車もないしパソコンはすでに17日に届いているのに
まだセットできてない。
引っ越しの面倒を思うとなかなか手つかずで。
朝から二宮淳人のびっくりマーク謎読んでしまった。

後期の講師の一人なので予習ではあるけれど
なんでこんな本というような内容。
若者には受けているらしいけれど
ばあさんがわざわざ読むかなって思いつつ
読み終えてしまったわけで。
肝心なおはこれから読む予定の
「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」


これは文句なく面白そうだ。
つくづく段取りと踏ん切りの悪い奴だと割れながら思う。





遅ればせの母の日

5月20日
アグロステンマ
アグロステンマ:植えた覚えがないけれどヤグルマギクによく似た姿で大きくなって
我が家では初めての花が咲いた。
サカタの花絵具シリーズのブルー。(324円)

育てて見ないとわからないので手持ちの種や苗とかぶるものも多いけれど
咲くまでわからない、咲いてもわからないものもあったりして、、、。
結構楽しい。
今年も別カラーかミックスに挑戦するかな~


メダカの赤ちゃん
メダカの赤ちゃん
随分大きくなってようやくカメラでもとらえられるように。
隔離してからすでに約1か月。
第2、3弾も隔離中。
花も眺めていて飽きないけれど
メダカも眺めていて時を忘れる。

午前ちゅう夫は都庁に。
夫の実家を整理中でてきた刀の鑑定に。
といってもボロボロで
値打がなければ早々に引き取ってもらおうと思っていたわけだけど
ひょっとしての下心を読み取られたのか
登録書を発行されてお持ち帰り。
なんと「0円ではない」という鑑定結果なのに(。-_-。)
まあ限りなく0円に近いということでしょう。
ちなみに手数料6300円は徴収されました。

夫は夢破れ早々の帰宅。
そしてちゃんと姑とのランチに。

そして夕方には娘が招待の母の日の食事会の同伴とフル活動。
6時に千歳烏山の「赤錆ホテル」に。
私が一度行きたくてリクエストの店。
思ったより簡素な古いアパートの2階。
広さもさほど。
カウンターとテーブル2つ。
赤錆ホテル5

料理はおまかせ。
4
エビとそら豆のトマトソースの煮びたし
赤錆ホテル3
白エビのおろしあえ
赤錆ホテル2
マグロの刺身
赤錆ホテル
桜エビご飯

旬のちょっと目先の変わったあしらいでおいしかった。
一番乗りでゆっくり沓折りだと気が過ごせた。
ありがとう。
もちろん夫は自腹。
来月は父の日に父&母の誕生日と娘には物入りが続く。












しまむらでジーンズお買い上げ

5月19日
ばら2

ばら
薔薇は何株が育てているのに、全然まだ咲かないカブのほうが多い。
ガーデンブログや通りがかりのお宅で見事なバラの花盛りを見ると胸がキュンキュンと痛む(ー_ー)!!


お料理会にはいて行ったジーンズが屈んだ時に
スーッと横に膝が抜けた。
まあ流行りのダメージ加工が自然に。
でも、古希のばあさんが膝を出してもね。
お気に入りだったというか
今やジーンズは全部処分してこれ1本のみ。
断捨離が唯一成功していたわけで。

1本はないのも困るので
久しぶりにユニクロに行ったら
なんともう綿100%のジーンズってなくなっていた。
仕方なく何本か試着したけれど
伸縮は効いて肌触りも確かにやさしい。
でも妙にピッツン・パッツンでお腹が出ておしりの弛んだ体型に
如何にもそぐわない。

もうジーンズは穿けないかもと悲観とあきらめ。

帰りふと同じショッピングゾーンのしまむらに立ち寄ると
かなり緩い体型にフィットしそうなものが。
今までしまむらは入ったことも
もちろん買ったこともなかったけれど
確か最近コマーシャルで
ジーンズの宣伝をやっていた。
まさにその夏用ジーンズ。
ジーンズ

お値段も3割引きの特価。
ウエストは伸縮性があるので61。
前のジーンズほどではなくても
その後の体形の変化を考えると
妥協も受け入れられる範囲のものが見つかった。
良かったよかった(^_^.)

ユニクロも高齢者に対応したデザインも増やさないと
今後の伸びは期待できないかもよなんて(^_^;)
それでも価格については無印良品よりは明らかに安い。
この間MUJIで買ったスカートと同じタイプが2000円も違う。
やっぱりユニクロはすごくはある。

帰って調べてみたらなんと愛用のジーンズは
パラグァイに行った年にユニクロで買ったもの。
訪ねた友人が随分こだわりの人で
ジーンズのウエストは指1本入る余裕じゃないとだめとか…の薀蓄。
そんなものかとMかウエスト63あたりで妥協していた私は
旅行から帰ってすぐに新しいのを買った。
そしてお気に入りの1本になって数年後には
持っていたそれ以外のジーンズすべてを処分した。
それは2005年のことだった。
すごいねえ、12年近くも履き続けていたんだ。
大体気に入ればいつまでも手離さないタイプだけど
よく貢献してくれた。
しみじみありがとう。







多摩大学リレー講座 下斗米伸夫法政大学教授

5月18日
ジギタリス3
妙な咲き方のジギタリス
ジギタリス
シャム双生児みたいに茎がくっついている

そんな話をしながら妹が花を触ったらぽきりと半分に折れてしまった。
ひどい!!

その妹宅では昨年あげた同じ苗から
2mにもなる巨大な花に育ったそう。
全身毒だというしすごい生命力旺盛な花なんだ。
種は恐ろしいほど小さかったんだけど。

テーマは「転換期の世界と日ロ関係」
とはいえロシア・ソ連政治史の泰斗と言われる先生のこと
先日来マスコミをにぎわせているトランプ氏の機密漏えい問題について
どう説明されるかと思ったけれど
軽くスルーしてしまわれた。

今年は廬伊佐革命100周年らしい。
そういえば
冷戦と民主主義・共産主義が熱く問われた20世紀だった。
ソ連が崩壊してそういえば鉄のカーテンなんて言葉も聞かれなくなった。
それでもソ連はロシアとして再び台頭し
トランプ政権にプーチン政権。
なんとも得体のしれない今後の米ロ関係。
今後が見えないのは
ヨーロッパ然り、韓国・中国・北朝鮮・そして日本。

この現状を希望ある未来につなげるのは誰でどこの国。
誰でもどこでもいいからこの閉塞感を何とかして。
こんな他力本願ではだめだよね。





男の料理会 大失敗

5月17日
けし2
朝7時ごろこぼれだねで1本だけのケシが咲きだしそう
けし3
まだシャッポをつけている
けし
でかける9時過ぎにはもう柔らかく開いていた

今までも信じられ無いことはいっぱいあったけれど
今日は3班ともうまくいかなかったので
明らかに私の説明不足と思い込み。
本日のメニューで明らかに一番簡単と思っていたのに。
それは徹子さんのマリービスケットケーキ。
マリーを牛乳に10秒くらい浸して
泡立てた生クリームを挟み込んでさらにまわりをなまくりーむでつつむだけ。
黒板家まで書いて説明したけれど
まずは牛乳に漬けすぎて
びちゃびちゃで崩れてしまった班。
生クリームを泡立てずに
牛乳に浸けたマリーをさらに生クリームに浸けて
この班もぐちゃぐちゃ。
そして泡立てた班も泡立てすぎで
生クリームが分離しちゃってどうにもならない。
てことで全滅。

マリーと生クリームでしめて1600円が
泡立たずに水の泡。
頑張って乳死亡100%の生クリームにしたのに。
とぼやいても悪いのは誰あろう私。
生クリームを泡立てるという説明をしなかった。
レシピも見返せば生クリームを挟むや塗るとのみ。
もう私の中では生クリームは泡立てて使うものとの思い込み。
みんなは液体のまま塗るなんて想定外!!

説明とれしぴをもう一度。
11年目にしてこれだもんね。
慣れってのは恐ろしい。

ところで今日は素晴らしい貢物。
メンバーさんがツタンカーメンの豆を持参くださった。

古代エジプトのツタンカーメン王の墓から出土した豆の子孫といわれています。1992年にカーター氏がツタンカーメンの墓を発掘した際に数多くの副葬品の中から見つかったとされ、それを持ち帰ったカーター氏が発芽、栽培に成功し、「ツタンカーメンのエンドウ豆」として各地に広めたとされています。
ツタンカーメンのエンドウ豆/古代エンドウ豆
日本には1956年にアメリカから伝わり、、、
(旬の食材百科より)

5.17料理会6
名前も容姿もロマンいっぱい

5.17料理会5
持参くださった方とご一緒にご機嫌の妹

5.17料理会2
真剣と余裕
5.17料理会
真剣そのもの
5.17料理会3
今日のメニューは鶏のチーズ照り焼き・エビとブロッコリーのうま豆腐・徹子のビスケットケーキ・病み付き春キャベツ・
ピースご飯・三つ葉と卵のお吸い物

5.17料理会4
ただの湿気たマリービスケットと化したデザート(T_T)

ところでツタンカーメンは用意したエンドウ豆と一緒にピースご飯に。
すぐ食べたのでやや色味は着いたもののさほど色の変化は確認できなかった。
持ち帰ったものも色の変化なし。
保温した状態でしばらく置くと豆もご飯も赤飯の様に色づくそうです。













パソコン搬入

5月16日
ブーケパルフェ
ブーケパルフェ:2年前に神代植物園で購入。ツルも伸びて花芽もついて存在感が

マチルダ
マチルダ:同じときに購入したけど、バラゾウムシ・チュウレンジバチ・黒星病ぜんぶにかかっているような・・
やっと最初の一輪

ミニバラ
ミニバラの鉢から独立してちょっと大きめに。花も大きめに(^_^;)

ピエール
ピエールドロンサール:今年は花数がイマイチ。絡めていた冬咲きのクレマチス・アンスンエンシスが今や侵略状態に絡んでしまった。まさに鉄線状態。来年は対策を講じないと

カクテル
カクテル:お向かいの方に戴いたけれど消滅寸前。再生するか!


7時過ぎに車を返しに来た二男と朝食。
夫は周長でいないので差し向かいで。
キンドルを持ってきて、食事中でもちらちら。
会話が少なくなるでしょうそれでは!!
久しぶりの親子二人で向き合えば会話も少ないにしても
夫婦でもそうなのかと心配に。

それを見るためにアマゾンプライム会員になったのか。
動画や本を見るにはいいよね。
買い物しか利用しないアマゾンだけど
そろそろ私もプライム会員になって使ってみるかな。
携帯も2世帯でシェしようということにも。
こういう話はやはり息子としないとすすまない。
アナログな夫じゃね。

ところで注文していたパソコン2台が届いた。
ビスタのサポート切れの夫のノートパソコンと
わたしのデスクトップそれぞれ新調した。
2台メルマガサイトに注文すると
何にも言わないのに
どんどんサービスを付帯してくれるので気持ち悪くなるほど。
詐欺かもと心配になったけれど
日本工場でこれから組み立てるというので
どんどん容量や保証機能をランクアップしてくれて
しかも色まで好きな色に変更してくれた。

明日お料理会なので今日開梱している暇はないので
明日帰ってきてからゆっくり。
段ボール3っつというので
もっと大所帯で来るかと思ったけれど
梱包がコンパクトなのにびっくり。
いろんなことがすべて進化しているなと感心。
パソコンは6年で更新というのは
私にはちょっと早い気もするけれど
ほぼ一番の親友で
ほぼ一番お付き合い時間が長いので
まあいいかということに。
ビスタの緩い機能で我慢してくれていた夫と一緒に買いかえることに。
何しろたちあがりや操作が遅くて
冗談じゃなく絶えず文庫本をそばに置いて読みながらという状態。
どれくらいスピードアップするか楽しみ。

午後は料理会の買い物に。
随分やりくりしたけれどまた予算オーバー。
おまけに久しぶりの買い物で
わが家の分もあれこれ買いすぎた。
やっぱりスーパーでお買い得価格を見ると
つい買ってしまう。
日々苦労して片づけをしているというのに
断捨離はなかなか身についていないようで情けない。








とれとれ野菜

5月15日
ジギタリス
ナニワイバラもピンクのバラもモッコウバラもすっかり終わってしまったけれど
ジギタリスとオルラヤと毎朝眺めるのが楽しみな大好きな光景

アマリリス
アマリリス:外に放り出していたので昨年は咲かなかった。今年一鉢が咲いてくれた。
リビングに格上げ?!周りには紫蘇がわさわさ。
咲かない鉢を調べたらなんと植木鉢が蟻の巣化していた。

午後、料理会のメンバーさんが収穫したてのお野菜を届けてくださった。
野菜
掘りたてタマネギ。採りり立てサラダ菜・きぬさや・スナップエンドウそれに今日が初収穫の結球レタス。
ほとんど毎日丹精された貴重な農園の収穫物。
本当にうれしい。

サラダ菜レタスは早速作り置きサラダに。
これで冷蔵庫で1週間新鮮なママ保存できる。
スナップエンドウはさっとゆでるだけでおいしい。
きぬさやは卵とにつけてもおいしいけれど
私は味噌汁に入れるのも好き。
新鮮なお野菜って満ち足りたしあわせ気分になる。
全く私は安上がりの女にできているってもの。

ところでわが家の復活きぬさやもようやくささやかに収穫できるようになったけれど
なんか大きいなあと思っていたら
そういう品種だった。
百均で買った2袋100円のものだけどちゃんと収穫できた。
キウリも期待できるかも。





野菜苗をベランダにも

5月14日
睡蓮
睡蓮:今年初めて咲いた。葉も大きくなってメダカたちの領分がどんどん狭くなる。

ベランダにも野菜苗を植えた。
種から育てていた地這キウリとバジル。
キウリ
百均の2袋100円の種だけど大丈夫かなあ?
バジル
バジルは昨年の採取しておいたもの。
紫蘇はこぼれ種でわんさかしているけれど
バジルは蒔かないと出てこないみたい。

それに先日買ってきたゴーヤの苗2本。
ゴーヤ

今夏の収穫はいかに??

昨日の雨で昨日の朝植えた
ピーマン・ナス・ししとう・アマ長唐も無事着いたみたい。
トマトは多少水やりをさぼれるかと
奥に植え今年はホースの届く範囲にナスとピーマンを植えた。
菜ものはエンサイ。
野菜苗

母の日なので二男夫婦が小さなブーケを届けてくれ、
長男はビールを送ってくれ
娘とはレストラン予約。
子供たちは気を遣ってくれるのに
私は母には電話だけ。
姑は夫と娘が訪問&食事。
母には娘が花を贈ってくれたとか。
よくできた娘の娘(^_^;)







同窓生の作品展

5月13日
リュウキュウツキミソウ
リュウキュウツキミソウ:植えてるわけでもお世話するわけでもないけれど
咲きそろうと可愛くて抜き去る気にはなれない。
コンクリートと砂利の間にしっかり根を張っている。

朝から小雨。
昨日買った野菜苗の植え付け。
午前中いっぱいかかった。
どんだけ収穫できるものやら、、、?
すっかり本降りになってきたので
水遣りを免れて私的にはうれしかった。

その雨の中武蔵小金井に。
普段行ったこともない駅だけれど
先日母と一緒に府中で落ち合った叔父が小金井からのバスに乗ってきたと言っていたので
意外と便利かもと利用。
聖蹟から府中~小金井と乗り継いで。
こじんまりとしたギャラリーに
大作と小品がちょうど良いバランスで。
作品展

昨年脳出血で入院をしながら
リハビリを経ての完全復活。
現在も売れ続けている数少ない画家のひとりの
明るい色彩に輝く作品に癒される。
齢同じの大阪の高校の同窓生のもう一人と3人。
現役で活躍し続ける彼とともに
元気でここで出会えることの喜びも噛みしめる。






ようやく夏野菜の苗購入

5月12日
ジギタリス
2年ごしで種から育てたジギタリス。
今年は大株になって存在感バッチリの艶姿。
ジギタリス
こちらはあまり大きくならずに白色

憧れの花だったので何度も名前を呼びながら育てたせいか
夫も名前をちゃんと覚えた。
「お~咲いたな」と声をかけたけれど
「よく見ると気持ち悪い」だと。
確かに微妙かも(^_^;)

先日来菜の花を抜いてようやく植えられそうになったので
野菜苗を買いに。
ゴールデンウイーク明けでも苗がそろっていると
買いに行っていたと思うのに
いつもの店に行くともう数が少なくて、、、。
もう入荷はないと言われとりあえず
ナスと・トマトとピーマンにししとうを。
慌てて別の店に行ったら
まだまだこれからも入りますとのことで
苗も安かった。
ついまたトマトと甘唐辛子とゴーヤを買った。
どんなけ広い畑なんじゃ!!
早めの苗より
遅めの大きめの苗のほうが育てやすいので
やや遅めに買う方がいいと思っていたけれど
これもまた微妙ですね。
と言ってもきれいな菜の花を抜きそびれて
いつだって植え付けは遅れ気味だけど、、、。

朝5時半から9時過ぎまで
また夕方から2時間ほど。
どっと疲れた。
明日は雨予報なので植え付ける予定。






百歳過ぎても歩きたい!


5月11日
ピエールドロンサール
ピエールドロンサール:なんて美しい!しかも丈夫で育てやすい。私にうってつけのバラ。

百歳過ぎても歩きたい!
まあ百歳まで生きる気?って言う疑問がまずあるけれど
とにかく生きている限りは
自分の足で歩きたいと自分で作って食べたいものを食べたいというのがのぞみではある。
厚かましいタイトルは本日の講演会のタイトル。
講師は健康運動指導士の黒田恵美子さん。
ただ歩くだけじゃだめで
ケアウオーキングを提唱されている。
歩く歩数は8000歩が目途。
それに筋トレとストレッチをプラス。
正しい姿勢で体を傷めない歩行が大切。
靴の選び方とはき方も。
知っているようで知らなかった基本を押さえられてとてもよかった。




おしゃべり6時間

5月10日
ルピナス
ルピナス:ニュージーランドに行くまでジギタリす同様憧れの花だった。
だけどニュージーランドでは浸食帰化植物以外の何物でもなかった。
黄色のエニシダとともに野生化して繁殖し続けるルピナスにイメージ一新。
日本で繁殖し続けるオオキンケイギクや今増殖しているナガミヒナゲシ状態。
でも日本でみるとやっぱり可愛くてついついまた買ってしまった。
やばいほど増えることもない。

先日道ですれ違ってご近所の方とお茶の約束。
新年会やBQQにいつも誘っていただくのでたまにはわが家で。
何しおrメインお方がお忙しい方で彼女中心に日程を決めて
お仲間3人もお誘いしたけれど急なことで都合が悪くてお二だけ。
たまたま夫もご主人お一人も在宅ということでお誘いすると
お茶のはずが昼からワイン会になった。

カツオのたたきに豚肩ロースの紅茶煮、大学芋に豆ごはんと
簡単なメニューでお茶を濁して予定していた料理会の試作のつもりのエビ料理はカット。

差し入れのキッシュや菓子パン、お漬物、オレンジピールに
先日いただいたダックワーズに娘の英国土産のショートブレッド
そしていちご。
充分お腹は満腹。
10時から初めて散会は4時。
何をしゃべったんだか???
でもお近くの方とこんな時間が持てるのはうれしい。
暇を持て余しているらしい男性も入れてあげないとね。
今日二人の男性はそれぞれご予定があるとかで途中で退座。
まあ女の熱気に圧倒されたんでしょうが、、、(^_^;)





カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ