クリスマスローズアップで

2月28日
クリスマスローズの開花が始まったけど相変わらず
お顔が見えない。
それでアップしてみました。

クリスマスローズ開花5
とってもかわいいメイクをしています。
クリスマスローズ開花

同じように見えるけれど
クリスマスローズ開花3
ちょっと違う
クリスマスローズ開花8

白い八重クリロは
クリスマスローズ開花6
お顔も素敵
クリスマスローズ開花7

クリスマスローズ開花4
今年初めて出会う花はどんなお顔でしょうね

クリスマスローズ開花2
一番の古株なのにお顔を取り忘れちゃいました、ごめんなさい。
明日アップします(^_^.)

今日は期限切れのポイントが多くて
JTBは流してしまった。
ANAはぎりぎり特典チケットを予約した。
美容院のポイントも今日までなのでカット&パーマ。

マイレージのポイントは必死で溜めても結構無駄にしてしまったことの方が多い。
美容院で読んだ雑誌にカードもポイントも少数限定にしろって書いてあった。
そう思うんです私も。
結構手続きが面倒だったりして使わないことも多いので。

そういえばETCのマイレージは
最近よく車で和歌山に行ったり、山に行ったりで
遠出することが多く
いつの間にか溜まっていたポイントで
自動的にその分が差し引かれていてとってもお得。

まあ各種クレジットカードとポイントカードでお財布がパンパン(^_^;)
それってお金がたまらない症候群なんですって。
何とかしなきゃ!!



ミモザの開花

2月27日
ミモザ

結構寒かったりもするけれど
やっぱり3月が近づくと庭にはぐっと春めいた気分が。
わが家の春告げ花のミモザがすっかり黄色を濃くしている。

昨年強風や、一昨年の台風で随分枝が折れて小ぶりになってしまった。
その分、すぐ大きくなるとは思うけれど
今年もまた台風や強風の被害がないとは言えないので
それだけは心配。
想定外や50年以上なかったとか、観測史上初めてとか
最近の異常気象は桁外れ。
穏やかな四季が楽しめますように。










断捨離前進

2月26日
姑宅から持ち帰った食器棚を活かして
結婚以来使ってきた大き目の食器棚を処分することに。

朝からそのためにわさわさやっていると
子供の学習机のお下がりと
ライティングデスクと
居間のテーブルと
そこかしこで
散らかし放題だった夫が
ここ2,3か月とりあえず引き出しの壊れた学習机を処分すると
整理を始めていたのが
「おまえ大胆やな~」
と刺激を受けたのか急に片づけ始めた。

なんと私より早く2階からその机をおろしてしまった。
食器棚
全部入っている状態を取り損ねた。
40年以上共に暮らしたことに。

私も一応食器は全部取り出して
一緒に食器棚を庭に。
しかしもちろん全部は入りきらず
とりあえず欠けのある食器はすべて処分することに。
あとは使用回数の多いものを残すことに。
断捨離
捨てるのがこれだけじゃ無理だよ~!

新食器棚

ここだけ見ている分にはすっきり感が。
荻須のリトグラフも飾れそう。
でも部屋全体でのバランスがイマイチ。
この家は手持ちの家具のサイズに合わせて設計してもらった(夫ですが)ので
逆に新しい家具は落ち着きどころがないかも。

ということで1日では終わりませんでした。
まだ必要でしまう場所の決まらないものがかなり。
もう一つの食器棚も片づけて何とかしなくては。

断捨離の連鎖ですなあ。
いいことです。



アースビジョン多摩


2月25日
img001.jpg

友人とアースビジョン多摩に。
2005年から毎年開催されている自然との共生をテーマにした映画会。

12時過ぎに会場で落ち合って6時まで。
持参御おにぎりを食べる暇も
トイレに行く暇もないほどの強行スケジュールだった。

その分内容は充実していて大満足だったけれどさすがに帰るころはぐったり。

メインは山口放送60周年記念作品の「ふたりの桃源郷」
山口放送が23年にわたって取材を続け、
2002年以来、継続的に特集・番組を制作・放映され感動を呼んだ作品の最終章として映画にまとめられたもの。

田中寅夫さん・フサ子さん夫妻の山で生き抜くその生活ぶりと深い信頼関係に圧倒されました。
さらにその二人を見守り続ける娘夫婦の温かいみまもりが
いつしか23年前の両親の姿に重なって家族の絆の強さにも胸を打たれました。

続いて生命誌研究館長の中村桂子さんのメッセージ映画『水と風と生きものと』が上映。
映画の中で先生にとって東日本大震災が大きなエポックになったとわかりますが、
「今必要なのは、『生命』に基盤を置く価値観への転換である。
今や化学も生命論的世界観を描き出しつつあるので、
この転換は新しい科学を踏まえた新しい科学技術を生み出すはずである」と熱く繰り返されます。

私は先生の講演をいままでに2回聞いていて、1度は震災前で、2度目は震災後でした。

震災によって考えが変わったというより、震災によって先生のお考えの根本が確認されたということで、
生命科学者としての使命と責任感のようなものを強く感じます。

世の中の情勢が必ずしも先生の目指す方向ではないことで
今も精力的に活動に活動を続けておられるるようで切実感がひしひし。

映画上映の後、実際にゲストとして登壇されトークを聞くこともでき感激でした。

映画の中よりももっと若々しくとても81歳とは思えませんでした。

入場無料・出入り自由という催しですが

それぞれ満員になり、6時からの2回目上映の「ふたりの桃源郷」の待ち行列も長蛇の列でした。
いい企画が今回で終わるようで残念。
中村先生のおっしゃる命より経済が優先される時代がの傾向が
さらに強くなっているようで、、、。




孫守り最終日

2月24日
2.24ブーケ

すっかり元気になった若と1日。

できなかったはずのことが
いつの間にかできるようになっていることが多いのに目を瞠る。
いつまでおむつをしている気と思っていたけれど
もうすっかり一人でトイレに行ける。
いつになったらお話しできるかしらと心配だったのが
ねえ、聞いてよと
帰ってきた来たママにしがみついてしゃべっている。
バアバには「ママに内緒ね」なんてねえねの常套句まで。

何より足がしっかりして
どこに行くのも自分で歩いてくれるので大助かり。
高尾山に登れて感激したけれど
もう十分その力は備わっていたんだ。

まあ一方で知らなくてもいいことや
やらないでほしいと思うことまでどんどん身に付けてしまうけれど。
ねえねも相変わらず面倒見が良くて
ねえねには絶大な信頼。
でもねえねはおけいこだけでなく塾まで始まって
スケジュール満載。
私にはよくわからないけれどどういう未来につながるのかしらと
ただ見守るだけ。
今日はママと入れ替わりにそうそうに帰宅。

そういえば夫は今日はお仲間が受賞のお祝いをしてくださる日だった。
有能で美人の後輩との写メールを送ってきたり
電話をかけてきたりとご機嫌。
みなさまから私にと花束を持って帰って来てくれた。
2.24ブーケ




3歳だってもう天使じゃない

2月23日
今日は妹の誕生日だけど
今年こそは出すはずのカードも出せずじまい。
ここで大きく
お誕生日おめでとう
まあそんなにめでたくもないお年かもだけど
でも逆に今まで元気に生きてこれたことこそ
おめでたいと言えるわけで

6時半に家を出て
7時20分には長男宅に。
もう昨日と違ってかなり元気回復。

インフルエンザは家でおとなしく過ごすために
バアバまで来てるわけだけど
元気になった子供をおとなしくさせる術は
3人の子供を育てた実績のあるバアバにもできん!

またビデオのお世話になりながら
だけどビデオで見た初めてのお使いに刺激されて
一人でお使いに行きたがること。
まずねえねが忘れた携帯(実はおいて行っただけだったんだけど)を届けに小学校に。
一緒についていくと
一人で行くから「バアバはここにいて」との仰せ。
まあ1丁ほど離れてそろそろと。
いやあちゃんと10分ほどの距離を学校まで。
つぎはスーパーにらあめんを買いに行くとのこと。
マルちゃんとブランドまでご指名なのでお任せしたら
かえって来たママはラーメンで鍋用のちびまる子ちゃんのラーメンだったとのこと。
おつかい3

5食も買っちゃってどうしよう(-_-)
夕方もう一度今度はカレー用の肉。
豚肉をどっさり買ってくれたけど
これもカレーは牛肉だって。

ところで彼が3歳と言えども油断できないとびっくり。
何と帰りに勝手に自販機でジュースを買おうとしている。
おつかい
(後ろをずっとつけていたので)

いくら入れたかわからないけれど
どんなに頑張っても背が届かないのに必死。
おつかい2

仕方なく飛び出して抱っこすると
130円のりんごジュースを
ねえねの分もと2つボタンを押している。
局部的にチョー可愛い。
お金はなんと10円しか入れてなかった。
これじゃあ買えないと説得して1本だけ。
もちろんこれもママに叱られてしまった(バアバが)。
基本的にインフルエンザなので
外出禁止だし。


てな具合で今日も無事(?)ママが帰るまでお留守番して
5時半にはママのご帰還。
豚肉入りのカレーを食べて
今日は泊まることになっていたので
若とお風呂にも入って
そのままバタンキュー。
姫と一緒に寝ることになっていたのに
布団のど真ん中でのうのうと先に寝てしまったらしい。
御免なさい。
バアバは疲れがピーク。







インフルエンザ

2月22日
お雛様と桃
和歌山で買ってきた桃と菜の花。
随分開いてきた。
同じものを母にも届けたけれど3日まで持たないかも。
ちなみに桃と菜の花で400円。
安かった(^_^.)

朝6時30分に家をでて長男宅に。パパもママももう家を出てしまって姫とふたり。
8時には姫も学校にいって今度はばあばとふたり。
以前姫のインフルエンザのおもりでは、ばっちりこっちまで移ってお守りもしてもらえず2ー3日高熱で結構つらかった。
若もかなり熱があるらしくごろごろ。
いつものようにトーマスやサザエさん、初めてのお使い、アメトークなど見慣れたビデオを繰り返し。
食欲もなく、こちらも手持ち無沙汰。
仕方なく流し台やコンロ周りの掃除
夕食は姑宅の近くで買ってきた備長炭焼きのうなぎと手羽先。
おいしくて次男と私のお気に入り。
5時には帰ってきたママと一緒に食べて6時30分にはお暇。
実はそれなりに急ぎの用もあったりして。
夫はフルートの練習と復習の飲み会で深夜のはず。
お先に失礼してまた、明日に備えないと。




ばあばはお忙し

2月21日
一応捨てずに持ち帰るものを段ボールにつめ、処分場に運ぶ物は運んで、
何とかめどが着きそうかと思う暇もなく、長男からの電話。
若がインフルエンザだと。つまりはお呼び出し。

母のところで1泊の予定を変更して帰宅することに。

荷物を車に積み込むのに結構時間をとられ、結局出発は5時半ごろ。
泊まれないにしてもクリスマスローズの苗やゆずなど母への届け物もあることだし、
1ヶ月前には血痰騒ぎもあったことだしと茨木にも寄ることに。
7時前に着くと、あったかい味噌汁とご飯とお風呂のおもてなし。
何より。

慌ただしく8時過ぎには出発。
全然交代も仮眠もとらずに途中休憩を増やして、無事吹田からは6時間で帰宅。
夫はお片づけでのぐうたらを挽回??



イライラが募るお片付け

2月20日
当たり前なんだけど
すべてに準備不足で
急に電話しても回収業者なんて来てくれない。
仕方ないので自分たちで運んで
タンス一棹と鏡台、金属製のラックなど大物も処分場に。
ここでは持ち運びさえすれば
すべて無料で処分してくれる。

ゴミは有料化され、資源ごみは分別が厳しい地域とは随分違う。

もうひと箱ダンボールに食器類をおば宅に梱包して送り、
電話したらすぐ来てくれた
姑のいとこの方にもまた、いくつかのものをもらってもらった。

お二方とも本当に必要かなと気になるけれど
気持ちよく引き取ってくださったので大助かり。

夫はここまで来てパソコンに向かって仕事をしたり
電話をしたり。
君の家を片付けてんだよとその無責任な態度にむかつく。

お昼には近くの店にうなぎと手羽先を買いに行って
腹の虫を押さえた。
備長炭で焼いた鰻と焼き鳥は私のお気に入り。

家具を処分すると壁のきたなさが目立って
壁拭き屋戸棚拭きも。
私は引っ越し歴24回を誇るけれど
最後の引っ越しからすでに30年近くになって
今更ながら引っ越しの大変さをつくづく。

そういえばあの時も夫は全然手伝わなかったなんて
思い出して妙に腹が立ってきた。
女は昔のことでも何度でも腹が立つわけで、、、。



おひな様










また、週末から姑宅です。片づいたような片づかないような。

心が痛むような人気の少ない駅周辺です。
でも駅構内にはおひな様がいっぱい飾られて華やかに賑わいを演出。

その駅前すぐに貸し農園があって、菜の花が花盛り。



クリスマスローズ

2月18日
地上近くにうつむいていたクリスマスローズが
だいぶ立ち上がってきました。
それでもうつむいていてなかなか顔を見せないのですが、、。
そこがいまどきの女性が失ってしまった
奥ゆかしさを感じさせて愛されているのかもなんて、、。

クリスマスローズ5
一番大株の我が家のあるじ。

クリスマスローズ4
唯一の我が家の八重咲。色も形も極上。

クリスマスローズ3
こぼれだねから3年目。立派ン株になりました。

クリスマスローズ2
この間買ったばかりの新参者。

クリスマスローズ
よく似ているけれどちょっとずつ違う。蕾の色と風情も格別。

お高い高級品種や特別珍しい色や形はないけれど
大好きなクリスマスローズたちです。






春一番


春一番と聞くと勝手にキャンディーズの歌が出てくるお年頃。
な~んちゃって
もっと古いわけで、、、(^_^.)

でも春一番なんて名前程よくはなくて
あまりに強い埃を巻き上げた風に
目がびしびしやられてしまった。

それにしても自転車で全然寒くなかった。
自転車なのに積み切れないほど買い物をしてしまい
その上また花の苗まで買った。
豆乳2パックに大根が重かった。
それにしても大根大きいのが128円になっていて
思わず買ってしまった。

買った苗はこの間留守にしている間に枯らしてしまった
オステオスペルマムとクリスマスローズニゲル。
クリロはもう十分あるけれど小さめの花が横向きにたくさん咲くのが可愛いので
ついまたまた思わず買ってしまった。
先日きっと苗が欲しくなるからとクリロ展に誘われたのに行かなかったというのに。
まあたかが花の苗を買うぜいたくなんて
今許されないでどうするのよって自問自答。
もちろんOK!OK!の答え(^_^.)




お気に入りの断捨離

2月16日
トレドのスープ碗
写真で撮るとそのひどさが際立つ!!
というか今日までこれを使っていた神経を疑うというか(+o+)

40年以上前の新婚旅行で行ったスペインのトレドの町で買ったスープ碗6客セット。
今だって大好き。
行く機会さえあればもう一度買ってくるつもりでいたけど
結局行く機会もなくてそのまんま使い続けていたわけで・・・。

仕方なくとうとうニューワンの碗をネットで買いました。
それでこのセットも処分することに。
と言いつつプレートは植木の受け皿なんかに
未練たらしく使いまわしたりもしてますが(^_^.)



ネットショッピング

2月15日
ネットショッピングがもう日常的に。
生活用品で重いもの家かさばるものは本当に助かる。
とりわけ5のつく日にはポイント還元が増えるので
ヤフーカードでヤフーショッピングをすることが多い。

だけどおまけや限定に弱いという弱みがもろ。
帰るたびにあなた使わないと
おまけがついていていつもより屋鵜s買ったからと
余分に買ったクリームを押し付ける母を責められない(+_+)

在庫がもう1つある状態なのに
ロハコでリステリンを買ってしまった。


薬用リステリン(LISTERINE) オーラル3ステップケアセット(リステリントータルケア+歯ブラシ+フロス) ジョンソン・エンド・ジョンソン
販売価格(税込):¥848
250㏄の見本瓶とリーチにの歯ブラシとフロスがついていてポイント還元が80ポイントだとすれば実質768円。

試供品は旅行用に重宝する。

それ以外には純パルプのロングのトイレットペーパー2つ。
1階と2階に1袋ずつ。
すぐ届くので買い置きをしなくてもいいしこれでしばらくは大丈夫。

ヤフーではコーヒーの豆を。
いつも500gを4パック。
2パックは次男宅に。

ただし送料無料を意識してつい余分を買うのが難。
一品買いでも送料無料が多いアマゾンはやはり利用価値大。
でも、送料無料のためにどれだけ運送の方が無理をしているかと気になる。
過剰な価格破壊や無料サービスの増大は
その商品にかかわる誰かにしわ寄せが行っているはず。
消費者も適正価格・適正サービスを受け入れないと。
だからと言ってみすみす高い方を買うわけもないので、、、(^_^.)



どこ吹く風

2月14日
世はバレンタインデーですね。
息子と孫には送りたい気持ちもあるけれど
具体的な行動はゼロ。

夫にチョコなんてそんな気はさらさらなし。
最近は収入がゼロになったせいか(?)
金の切れ目が縁の切れ目となりつつ、、、。

とにかくいてもいなくてもむかつくことが多くて。
姑の荷物とかかわる時間が多くて
そのストレスのために
夫に八つ当たりしているのかな。

つくづく心の狭い情けない人間だと思うけれど
私だって時間は有限だもの
もう自分の為に使ってもいい時になっていると思うと
なんだかやっぱり現実が腹ただしい。

とか言いながら今日は
ロクヨン(64)3部作を全部見てしまった。

映画版上下を見て
さらに300分の3部作。
それでも途中でやめられないでしょう。
昭和天皇の崩御で7日間で終わってしまった
昭和64年。

そのタイトルの映画のおかげで
私は2月14日が映画だけで終わって消えてしまったかも。
でもよくできた原作なんでしょうね。
読むべきかどうか迷いますが、、、。





おひなさま

2月13日
おひな様
お雛様を出した。
と言っても段飾りではなく
小さな漆器の紀州雛とお飾り。
これで十分だよ。
あんなに大きなのを買うんじゃなかった。
といってすぐに断捨離ともいかなくて・・・。

鶏の置物はそのまま出しておくことに。(なんかかわいい)
鶏の置物

お料理会のメンバーさんからいただいた
手づくりの焼き物のおひなさまも出した。

姑の荷物であちこち家の中がひっくり返っているけれど
季節のしつらえを楽しむ余裕すらなくなるのも寂しい。
ちょっとほっこりした。






2月12日
シモバシラ
お昼過ぎまで残っていた。水道につないだホースから水滴が落ちていたのかな。
12時半ごろ撮影。

寒いとはいえ東京は晴天が続きすごしやすい。
鳥取の大雪のニュースには心が痛む。
我々が2年間過ごしたのはもうかれこれ30年前だけど
あんな風に大雪だった気がする。
3階建てのマンション暮らしだった。
積もった雪がまあるく軒に垂れ下がって
通りに除雪された1m弱の雪の堤防とともに
1月中は消えなかったものだ。
1月のうち28日はお日様を見なかった記憶が。

鳥取も次第に温暖化で雪の量が減っていたのが
ここにきて急に何度もの大雪。
東京に近い対応ぶりが余計にお気の毒。

今日も東京は日中は暖かいと思う陽射し。
それなのに我が家の庭でこんな光景が。
今年は高尾山に霜柱を見に行ってないので
気になっていたからわが家で、、、??!!
シモバシラ2
自然現象ってときどき不思議な光景を見せてくれる。




沖縄について

文字色
2月11日
暮らして見た普天間―沖縄米軍基地問題を考えるの著者植村秀樹さん


内容紹介
私たちにとって、沖縄とは、基地とは、政治とは、安全保障とは…。安保専門家による普天間「見聞録」。基地問題を考える第一歩。
「米軍基地のそばで暮らすとはどういうことなのか、身をもってそれを知り、そこから考えてみようと思った…」(本書より)
「沖縄の基地問題に関しては、特に本土の国民のあいだに多くの誤解や疑問がある。それらをひとつずつ解くことなしには、解決への道は始まらない」(本書より)

一見誠実そうに見える動機だけれど
読んでもいないのに
たった6ヶ月で沖縄の基地を知ったことにして
本を書くのってなんかうさんくさい気がして
最初からあまり好感が持てないというのは私の性格に問題あり?

沖縄の基地は沖縄出身の友人と
沖縄に行くたびに連れて行ってもらったり、話を聞いたり。
どうして沖縄にという根本的な疑問は
その理不尽さは私が島民なら許せない
あなただって許せないでしょう次元。
「沖縄」が抱える基地問題について、7つのポイントでわかりやすくまとめた「#知らない沖縄」
https://youtu.be/2xUhXj0UVuM


そもそも米軍基地はなぜできた?
沖縄には現在34の米軍施設があり、その土地面積は日本にある米軍施設の約75%を占めています。これは沖縄がアメリカの支配下にあったことに加え、1952年に結ばれた日米安全保障条約が改定され、本土の米軍基地の多くが沖縄に移った結果でもあります。1972年に沖縄が日本に返還された時も、本土の米軍基地は減らされたものの沖縄の基地が縮小されることはなく、日本国内の米軍基地が沖縄に集中する結果を生み出しました。

日本政府・アメリカ政府・沖縄政府三つ巴も沖縄島民が加わって
どうしたいのか、どうすればいいのか、解決策が示されないまま
ずるずるとなし崩しに結局基地は沖縄に集中したまま時ばかりが、、、。

基地が無いのが一番だけど
武器を持たないままで
中国や韓国や北朝鮮の脅威がすぐそばにあって
本当に大丈夫と言えるのか。
今まで反対とさえ唱えていれば
良かったけれど
最近その疑念を払拭できない






ゆずまるごとつかい


2月10日

ゆず化粧水3
ゆずがいっぱいなっていて、ここにきて鳥たちやられる前に使わなくちゃと。

野菜たちが犠牲になってかなり恨んで被害妄想になっている。
P1130165.jpg
はこべを残しているところが憎らしい

だもんで最近プルーンにゆず果汁を加えることに。
ゆず化粧水4

ゆずは種を切らないように外側だけに包丁を入れる。
そして出てきた種たちを、紅茶濾しに受けて
水に浸けて洗ってそのあとペーパーや布巾で軽く水分をふく。
ゆずを軽く持ってゆず果汁をあっためたプルーンジュースに入れる。
ゆず化粧水

種は可愛い瓶に入れて焼酎を3倍くらい入れて冷蔵庫で保存。
時々かき混ぜると約1週間で出来上がり。
とろみがしっかりつくのでコーヒーフィルターペーパーで濾すと
1日仕事。
茶こしでいいかも。
保水力たっぷりのゆず化粧水。
ゆず化粧水2

そして皮は白い内皮を取って
半分は大まかに切って乾燥。
乾いたらミルサーにかけて七味唐辛子に入れたり。塩に混ぜたり。
半分はは生のまま細い千切りにし冷凍庫に。
うどんや吸い物に適宜使います。
おうちで採れたゆずの皮から種まで100%使い。

ゆずも喜んでくれるでしょうし(?)
ケチな私も全部使えてうれしい。
ゆず化粧水が効いて美しくなればもっと嬉しいんだけど、、。




介護保険入りました


2月9日
姑と母の介護をしていて
最近つくづく我々もひょっとしたら
長生きするかもと
気になりだした。
美人薄命との冗談も通用しない年齢になって
いつ死んでも老衰??
まあ元気で頃里なら問題ないけれど
その間に期間があることが心配。
95歳の姑でさえ介護1
91歳の母は要支援1
その子供である我々が
先に介護を受けないと誰が言えよう。
老老介護をしながら一番に思うことは
子供たちに負担をかけずに生きていきたいということ。
でもそれも運がよけりゃなので
もしもに備えて勧められるままに
介護保険に入った。
今までそれは大丈夫でしょうと避けていたけれど
老老介護の現実に直面すると
避けてばかりもいられない。
問題は保険の支給が介護2からなんだよね。
姑でさえ介護1.
それ以上の障害というのを考えると哀しいものがある。
さらに我々の頃には基準はもっと厳しくなるはず。
でも考えていても仕方ないので
入っておくことに。
保険は脅迫だよねって言われるけれど
もしもを否定できる確証がないからねえ。
そんなこんなで我が家の保険の経費は
エンゲル係数かなり高いはず。
でも使わないで済むことを願って、、、。






男の料理会

2月8日
寒いけれどなんとかお天気でよかった。
今日のメニューはお助け3品で私は2品という手抜き。
全部メンバーさんがという日も近いかも(^_^.)期待している私。

そのメニューは油淋鶏・サバとひじきのうま煮
リンゴと豚肉の春巻き、蕪汁、ココアのダイヤモンドクッキー。

メインの3品がメンバーさん。
油淋鶏は私は作ったことがない鳥料理なので
教えていただいたという感じ。
2.8料理会4
これでいいのかな先生!
2度揚げしましたけど?

たれがさっぱりして美味しかった。
サバ缶は安くておいしくDPAもとれる最強の保存食。
うめぼしをいれてさっぱり。
それに新年会で好評だった春巻き。
それにかぶをすりおろして片栗粉であんかけ風に。
かぶはれんこんでもOK 。
バレンタインを意識してココアのクッキー。
2.8料理会5

材料がいいのでお味はばっちり。
形はイマイチ?

2.8料理会2
段取りよく進んでいるみたい

2.8料理会
いつも美味しいとしか言わない最強の助っ人妹にはいつも助けられています。

2.8料理会3
つくるのも楽しいけれどやっぱり食べるときでしょう(^_^.)

2.8料理会6


♪りんごと豚肉の春巻き(4人分)
豚小間肉   200g
りんご     1/2個 *1
バター      20g
白ワイン*2     大さじ1
醤油       大さじ1/2
塩・こしょう   少々
溶けるチーズ   適宜
春巻きの皮(大)  5枚
水溶き小麦粉   適宜
油        適宜
A
 片栗粉     大さじ1/2
 水       大さじ1/2
<作り方>
1. りんごはよく洗い、縦4等分して種を除く。5mmほどのいちょう切りにする。
2. 豚肉は白ワイン、塩、こしょうを揉みこむ(わりと強めに塩、こしょうをふる)。
3. フライパンにバターを熱し、りんごを8割がた炒める。豚肉も炒める。
4. 色が変わり、りんごに火が通ったら、醤油を加える。
       混ぜ合わせたAでとろみをつけ、粗熱が取れるまで置いておく。
5. 春巻きの皮を三角になるように対角線でカットし、
       4.と溶けるチーズをのせ両端を折りたたみ巻いていく。
       巻き終わりは水溶き小麦粉で止める。
6. 刷毛で油を全体に塗り、グリル皿に乗せる。
7. グリルの機能できつね色の焦げ目がつくまで加熱する。



姑95歳

2月7日
娘が振り替え休日で休みが取れたのでと
姑の誕生日祝いのランチ外出のお誘い。

京王プラザのランチに。
姑のご所望はステーキ。
明日めでたく95歳を迎えられるけれど
お肉好きは相変わらず。
全く親子で好みは一緒で
牛肉、中でもステーキ好き。
ご飯はほとんど残してお肉は完食。

ケーキも頼んだけれど
甘党とはいえ洋物はあまり得意じゃなく
ちょっと手をつけただけ。
そういえば気軽に行ける甘味どころって少なくなった。
京王プラザ
モンブランと紅茶のセット

姑はあんこ物がなかでも
あんこだけと思われる 亀山が大好物でした。
最近はそれほどではないみたいです。

施設の食事はやはり変化が乏しいので
食べたいものをいろいろ考えて楽しみにしているみたいですが
実際にはそれほど食べられなかったり
想像していたほどおいしくなかったりみたいです。

でもやさしい娘の心遣いに楽しいひと時が過ごせ
午後には風が冷たくなって寒かったですが
ほっこりとご機嫌でした。

私や夫だけではとても及ばない孫という存在の演出なので
子供たちが折を見ては姑を訪れては食事も共にしてくれて
本当にうれしく、助かります。

そのあと姑と娘を送ってから
明日の料理会の買い物と準備。
ほぼ昨日までに済ませていたので
何とか間に合ったと思います。
とはいえいつも忘れ物が多くて、、、(-_-)










クリスマスローズの散髪


2月6日
クリスマスローズ2

クリスマスローズが目立たなくて気になっていたので
思い切って大きな葉をカット。
花芽だけにしてみた。

クリスマスローズ3

クリスマスローズ

アンスンエンシスも無事花がすべて開いて随分長く楽しませてくれた
アンスンエンシス2
そろそろ散り始めたけれど寒い中よく咲いてくれた
アンスンエンシス

今頃だけど百均で鳥よけのネットを買ってきた。
なかなかよくできているのであと2枚買い足そう。
そしてスイートピー用のネットも。
まだヒョロヒョロだけど
初めてのスイートピー育てきれいな花を咲かせてほしい。

実際は料理会の買い物と図書館に行ったのに
ついつい寄り道。
バターが品薄なうえに高いのでいやになる。
料理会のメニューにデザート一品つけているが
その材料購入に手間とコストが意外とかかっていることが気になりだした。
最近参加者が減っているので材料費の賄に四苦八苦。
全く野菜の下見を5軒はする。
どこも値段が違って鮮度・大きさ・個数と悩ましい。

帰ってから疲れて試作もせずビデオ。
「ハドソン川の奇跡」
休みだった夫も見て
随分感動していた。
もちろん私も。
さすがクリントイーストウッドにトムハンクス。
だけどこれは実話。
一番すごいのはアメリカ市民。
そのアメリカ魂が揺らいでいて情けなく悲しい。

そういえば節分の日の豆で豆ご飯を炊いた。
黒豆ごはんもいいけど大豆のいり豆ごはんも美味しい。
料理会に入れたかったけれどおかずに合わなさそうなのでパス。
煎った大豆を塩少々と普通に炊くだけ。
福豆ご飯
高尾山の福豆ご飯







こぼれだね育ち

2月5日
矢車草
矢車草

春めいてそろそろ庭の草花もそれらしい動き。
こぼれだねがそれとわかるくらいに育ってきた。
ムクドリやヒヨドリが
野菜の苗は食べても
花の苗を食べないのも不思議。

昨年ブルー系という漠然とした種を植えたら
矢車草らしい芽ががたくさん出た。
それに昨年御矢車草からのこぼれだねもいくつか。
好きな花だけど徒長しすぎてクタクタで扱いに困った。
今年は矮性に育てたいけれどうまくいくかなあ。
ニゲラ
全部ニゲラ

それに同じく種とこぼれ種が重なっているのがニゲラ。
なじみのない難しい花だと思っていたのが
咲きだしてみるとよく咲いて種もわんさかとれた。
それを蒔いて育てていたらこぼれだねからもびっちり。
どないしようというくらい。
ちどりそう
千鳥草ところによってオルラヤ

期待に反しているのがオルラヤ。
強いので今年は種をまかずにこぼれだねに期待していたら
ほんのわずかしか出ていない。
昨年の夏の雨や日照時間の少なさが影響しているらしい。
薔薇育てのお上手な方もやはり出てないとおっしゃっていた。

その代りと言ってはなんだが
狭い庭中お前がひとり占めするんかというくらいの勢いが千鳥草。
可愛い花だし、小さな種で繊細そうなのに我が家に合うのかいたるところで芽を出している。
春にはどうなるんでしょうねえ。

やっぱり暖かくなると庭にいる時間が長くなる。
夫はフルートの方々とのお食事会。
私は午後はクッキーの試作のはずが
のんびりビデオを見てしまった。
「ちはやふる」の下の句。
漫画原作だから当たり前だけど漫画チック。
広瀬すずの演技も漫画チック。
でも百人一首の世界はいいなあ。
もう少し大人の世界で描いてもらいたいものだと思う。



春たちぬ

2月4日
ルピナス
ルピナス:大好きな花だったけれどニュージーランドに行ってイメージ一新。
野草としてならいいけど外敵のいない大地と川辺を恐ろしいほどに席巻。
エニシダも全山埋めるかと思うほど広がっていて
可愛いを超えて恐ろしかった。
でもまあ多種多様な花が咲く日本、しかも日当たりの悪い我が家では咲かずに枯らすことが多くて
苗を見るとついついまた買ってしまった。

NPOの理事会に出かけるときに歩いていたら
ダウンのコートなど着ていて
汗が出てきた。
もうすっかり春の陽気。
さすが立春。
そして父の誕生日。
毎年数える父の年齢はすでに97歳だ。
本当は66歳で終わってしまったけれど。

会議の後図書館で借りていた本を返し、
ビデオショップにビデオも返し
新たにまた5本借りてきた。
珍しくバスで聖蹟に出かけ、料理会の試作ために
富澤商店でアーモンドプードルとココアを購入。
帰りに友人宅にもよって
久しぶりにかなりの距離を歩いてバスに乗って市内と隣の市までうろうろ。

帰ってから早速「ロクヨン後編」を見た。
本は「角田光代の「彼女の献立帖」
彼女がベターホームに連載の
お手軽内容だけど
でもうまいよなあとおもわせられ、
紹介されているレシピに食欲ムラムラ。
角田さんにであった最初も料理本だった。
芥川賞や直木賞受賞作家がや有名タレントが
料理本や旅本で稼ぐのは
安易なテレビ番組みたいで好きじゃない。
手抜きで間違いなく稼げる方法という感じ。
テレビも本も。
でも角田さんの読む本がなくなってきて
つい借りては手軽に読んでしまった。






キャンベルのスープ缶

2月3日
最近重宝しているのがキャンベルのスープ缶。


近くのスーパーで安売りしていたのがきっかけ。
キャンベル缶と言えばアンディウオホール。
とってもアメリカっぽい。
キャンベル缶


コーンとマッシュルームとクラムチャウダーとパンプキンを試してみた。
すべて缶と同量の豆乳で溶きながら温める。
朝二人分のスープにちょうどいい。
最後はパンでお皿を拭きとるように食べる。
できれば二人ともお替りしたいくらい美味しい。

ランクを付ければクラムチャウダーが一番。
そしてマッシュルーム、パンプキン、コーンの順。
コーンこそアメリカの味って気がするけれど
なぜかコーンそのものが硬くて美味しくない。
クラムチャウダーは具のジャガイモとよく合ってボリュームもあって美味しい。

スープが濃厚なのでパンは最近シンプルなフランスパンバージョン。
ずっとクルミとゴジべリーと干しブドウを入れたドライフルーツの重いパンだったけど
白いパンに返り咲き。

そういえば最近ニンジンジュースを飲んでいない。
昨年の悪天候で無農薬ニンジンがどこも品切れになってしまって
購入できなかったので
その間のつもりで買った野菜ジュースが


あまりに簡便で
夫が元のニンジンジュースに戻ると言わなくなった。

確かにジュースを作るのも使った後の掃除も
10kg分の野菜室のスペースを開けるのも
ニンジンを注文するのもすべて面倒。
楽になじむと元の面倒な手順にはなかなか戻れなくなる。
身体も脳も。
4万円も投資したジューサーの処分をどうするかが悩みどころ。

夜は以前のボランティアグループの方々と飲み会。
久しぶりにあってそれぞれの話が盛り上がって
あっという間に3時間を過ぎていた。
30年もボランティアを続けられる仲間に
限りない信頼。
いい方たちと巡り合えてよかった。



ルンバのへなちょこ部品

2月2日
先日ネットショッピングの折りに
ついでに頼んでおいたルンバのクリーニングブラシが届いた。
なんと今回は10月17日に頼んだものが2ヶ月でもう折れてしまった。


2013年に我が家の一員になってから
部品を一度も替えていなかったというのも
みっともない話だけれど
2ヶ月で折れるというのもねえ。

しかも毛先が取れるのではなく根元が折れた。
なんじゃこれは!!
ルンバ


それで今回は3つ入りを注文。


取り替えるときに羽の部分を接着剤で強化しておいた。
今回も別に羽が抜けたのではなくて
羽の根元が折れているのだけれど。
原因がよくわからない。
強化タイプで60日間保証というのだったけれど。
今となってh60日は過ぎてしまっている。

今日は野のなななのかを見直した。
たしかに2回目はかなり良く理解できる。
1週間位ビデオ5本借りて
2本は2回見るって私はどんなけ暇なんじゃ!!

春らしい日差しが明るく差し込む部屋で
ビデオを見るのはなんかやっぱり後ろめたくて
仕事しなきゃと思うところなんぞはつくづく貧乏性なのだ。



クリスマスローズの開花

2月1日
クリスマスローズ2

クリスマスローズ
ガーデンブログではクリスマスローズの話題が増えているのに
我が家では全然咲かないと思っていたら
大きな葉をかき分けてみるとすでに咲いていた。
葉の下でしかも下向きに咲くなんて慎ましすぎるでしょう!!

8時50分からPCの前にいて9時きっかりに調理室を申し込んだのに
なんとキャンセルされてしまった。
同時に申し込んだ方がいてタッチの差だと思うけど、、、愕然。
仕方なく1週間前の水曜日を予約。
皆さん移動連絡しようかと思うと憂鬱。

1日中気分悪かった。
ついでにツアーの申込みもしたら
こちらももうキャンセル待ち。
出遅れ感ひしひし。
よく考えればもう2月。
やることやんなきゃと
持ち帰った段ボールにようやく手を付け始めた。
もちろんすぐうんざりして
ビデオの6・4の見直し。
緒方直人が出ているっていうけど
全然記憶にないんで気になって。
また居眠りしてたのかなあと。
なんと後篇の予告編に出ていたのだった。
わかってスッキリ(しょうもないことで)
でもそれでようやくこの映画の全体像がつかめてきた。
すると急に後篇が見たくなった。
次回借りれるかな。
この間は全部貸出し中だった。

今日は午前午後一人ずつの来客。
部屋も片付けてようやく日常が戻ってきた感。






カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ