巻機山に

10月31日
虎視眈々と狙っていた巻機山。
ようやくアタックできました。
今年を締めくくるにふさわしい素晴らしい山でした。
2時に出発。
南魚沼桜坂駐車場には5時半に。
すでに3台、同時刻に2台我々の車を入れて6台でした。

明るくなった6時にスタート。
もちろん危険の少ない井戸尾根コース。
待った甲斐のある上天気。
温度もさほど寒くないし、何よりありがたいのは風のないこと。
登るにつれて見えるきれいな山容の山はなんという名前なんでしょうか?
巻機山5
まあ自分が目指す山のピークがどれかさえ定かではないので、、、(^_^;)

約1時間で5合目。7時5分。
巻機山4
ここまで来ると視界が開け
ようやく偽巻機や米子沢が見えました。
巻機山3
偽巻機
巻機山2
難コースの米子沢
さらに40分ばかりで6合目に。7時47分
お花が飾ってありました。
巻機山
ここからは沢コースの天狗岩や割引岳が見えます。
遭難事故の多いヌクビ沢・割引沢はちょうど眼下にありました。
巻機山10
ヌクビ沢と割引岳(ワリメキだけ)1930m

ここからはガレ場になってきて7合目には8時26分。
巻機山9

ぐっと眺望がよくなって偽巻機はもちろん見渡すぐるりには多分谷川岳・苗場山・雪の妙高か黒姫山など
巻機山8

そして8合目には9時3分。
巻機山7

ここからは広々とした視界と緩やかそうな階段で
走り出したいような心地よさ。気持ちだけですけど、、、(^_^;)
巻機山11

向うの山肌の木々は霧氷になって美しい。
自分では写真を撮らない夫が「早よ写真撮れ」と催促するほどです。
巻機山12

そして9合目が偽巻機山頂です。9時28分。
巻機山13

いよいよ山頂目指して気持ちの良い尾根歩きが続きます。
巻機山14

山頂1960mには10時8分に。我々にしては順調なタイムです。
巻機山16

巻機連峰の最高峰はこの先10分ほど牛ケ岳ほうこうにあります。
草や木々には霧氷が付いて美しい。
よく整備されていますが木道は凍って滑りやすく要注意。
巻機山17

昨日は雪も降ったらしくあちこちに吹き溜まって残っています。
池糖は氷もしっかり張っています。
もうこれ以上寒くなると我々に登山は無理というぎりぎりです。
最高地点を表す指標は無く、このケルンあたりが目印でしょうか。
まきはたやま18

それにしてもいつ思うことですが
登ってこその景色が広がります。
巻機山21

同じ時間に登ってこられた方とも
指し示す山の名前で話が盛り上がり、
今はGPSですぐ確認できたりもするのですが
意外とそれもなかなか確定できずに
人工知能と人間の視力や感がせめぎ合い揉めたりします。
巻機山22
でもとにかく今の時期山に来られているのは
それぞれ本当に山が好きで
山頂に立った達成感と壮大な景観に高揚している気分は共通で
妙に連帯感があるのです。

ここから割引岳には20分ですが我々はパス。
すこし下った場所から
先週登った越後駒ケ岳・中の岳、それに八海山と並ぶ越後三山を見ます。
巻機山23

最後にもう一度山頂で今度は二人の記念写真。
巻機山24

そして11時半下り開始です。
ずいぶんゆっくりしてしまいました。
巻機山25
正面の小屋が避難小屋です。
入口もトイレもすでに閉鎖されていました。

温度がかなり上がってきたらしく
霧氷がすっかり溶けてしまいました。
巻機山26

登山口には2時46分帰着です。
いつの間にかいつも通り(?)びりになっていました(^_^;)
巻機山27

帰りは町営の駒子の湯に入ってから
前回とてもおいしかった湯沢駅前の中野そばに立ち寄って
またもや天ぷら盛り合わせとへぎそば。
あとは一路自宅まで。
いよいよ今年最後の百名山山行も終わりました。





































自然栽培とは

10月28日
万願寺とししとう2
万願寺とししとう。

万願寺とししとう
まだしっかり実を付けている。
トマトやナス・大葉はみんな抜いたけれどこの2本はいまだに抜けない。
この狭い場所にミニトマト8本、ナス3本、こぼれだねの大葉多数が植わっていた。

田舎のパン屋が見つけた「腐らない経済」を読み終えて
気になったのが自然栽培。
自然栽培とは、「化学肥料を使わず、農薬を使わない」ここまでは有機栽培と一緒です。
加えて「動物性有機肥料・堆肥も一切使わない」といった特徴があります。
要は、農地に養分供給を目的とするものを何も持ち込むことなく作る方法なのです。
(自然栽培とは ハーモニック・トラスト

「自然栽培」とは自然の力をいかんなく引きだす永続的かつ体系的な農業方式の呼称です。 肥料・農薬には頼らず植物と土の本来持つ力を引き出す農業です。 自然栽培は、一切の肥料・農薬を使用しません。 「自然栽培」の定義は自然界を教師にして、自然から学び、自然を尊びながら自然に添っていく。(自然栽培とは_自然栽培全国普及会)


やっぱり自然栽培は無農薬・無化学肥料だけじゃなく、肥料もやらないで育てるってことなんだ。
牛糞や鶏糞ならいいでしょうと思っていたけれど
それは有機栽培であって自然栽培ではない。
自然栽培を目指したいけれどそこまでは無理。
それならなるべく肥料を減らして自然に近い状態まで土を育てる。

生ごみとアスカマンはどうするか?
今はまだ動物性の生ごみも一緒に埋めてアスカマンで発酵を促しているけれど、、、。
そういえば森や草原にそんなに動物性のものがうめられるはずはない。
なるほどね。
山に育ち、草原に育つ草木を見ればそこに答えはあったんだ。

考えたって仕方がないような畳2畳分くらいの野菜畑。
何を悩むことがあろう。
それでも肥料なしで大丈夫かなと考えてしまうのだから
生活の糧となる収穫を揚げる農業として取り組む大変さはすさまじいはず。

でも、私はできなくても日本中の農家の方にはぜひ取り組んでほしい。
20年、30年事業だけれど、、、。
自然を健康にし、人間を健康にする唯一残された方法だと思う。
どんなに人間が知恵を絞っても
自然を自然じゃないものでコントロールしていく方法は最終的には
自然を破壊し人間を破壊すると思う。
ネットを読み本を探していたら
またここで木村秋則さんの本と出合った。



30年自然栽培を信じて頑張った方が今自然栽培のリーダーとなられていた。
そして過去の農法と言われた方法を今や最先端農業と自負して自ら先頭に立って広めておられる。
確かな実践と実際の結果ほど強いものはない。
そんな信念の人がいてくださって本当によかった。

午前中は久しぶりに庭の手入れに精が出た。
その割には片付かないけれど、、、。
遅くなっている種まきもしなきゃと
種まき用の用土を買いにHCに。
でも予報通り雨が降ってきて今日の畑仕事は終わり。

3時からは予約していた歯医者。
毎月の歯の定期健診だけど
また、穴が開いているところがあるので来週行くことに。
以前治療したものがいつの間にか取れていたみたい。
がっくり。
定期健診は以前は2,3か月に1回だったのを
最近は月1回に。
面倒だけど食い気だけは人生の最後まで全うしたいので
歯はそのための一番お武器。
大切にしたい。

今日は急に冷え込んだので
夫にストーブを出してもらった。
左手の骨折で扇風機も片づけてなかったので
リハビリを兼ねてということで。
はい扇風機・ストーブの出し入れは彼の仕事です。
天井収納庫もだんだん高齢者には
危険で使い勝手が悪くなっている。










多摩大学リレー講座 志賀敏弘多摩大学教授

10月27日
何だか今日はとてもあったかい。
というより25度にもなって夏日とか。
やっぱりあったかい方がいいなあ。

ところで今日のタイトルは
「イノベーションの力  世界は何処へ」

最近よく使われるけれど
実際よくわかってないという言葉が増えてきて困っている。
その一つが"イノベーション”

おかげさまで今日の講演でやっとわかった。

イノベーションは革新のこと。
それも
全く新しいもの・新しく見つかったものなどに
人に役立つなどという何らかの価値があるもの。
さらにそれが普及していくもの。

なるほどね。
命を救う
生活を楽しく便利に変える
仕事の質・効率を高める

そのことでイノベーションは経済成長の原動力になる。

例えばトランジスタ<半導体)
例えばペニシリン
そしてコンピューター

それらは予測のつかない発見や発明でその普及や性能の進化については
予測もつかない。
でもってイノベーションは世界をどこへ導くのかも予測不能???

一方で自然の摂理に沿った自然栽培が頭を占め
一方でイノベーション。
私自身が頭のなかが予測不能状態ではあるけれど
残念ながらなんら役立ちもせず価値がないからただの混乱?

講演ちゅう新たなわからん言葉の追加
セレンディピティ・・・
セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。
(ウイキペディアより)

それでセレンディピティはイノベーションの典型ってわけか。
言いにくいし覚えにくい(^_^;)






天然酵母と自然栽培に挑戦するぞ(予定篇)

10月26日

田舎のパン屋が見つけた腐る経済を興味深く読みました。
とても共感できました。
その読後感が尾を引いています。

なぜなら自分でも発酵や菌が食のみならず、自然界でとても大切だと思い続けてきたからです。
でも私の発酵は発酵食品を利用したり、
せいぜい乾燥麹を買ってみそや塩麹をつくるところまで。
28年前引っ越してきたころはまだ
麹やさんが1軒残っていて
生の麹を買うこともできましたが
その麹やさんも間もなくなくなりました。
そしてパンは2日に一度は焼いているけれど
ドライイーストの利用だし。
それでも見えない菌たちと
毎日話をしているつもり。
それは家や料理会で出る生ごみはすべて庭に穴を掘って埋め
アスカマンをふりかけ、
その上に土をかぶせながら、、、。
野菜や花が終わって抜いた葉っぱややわらかい茎も
全部はさみで2~3cmに切りながら埋め込んでいます。
小さいほど菌たちが食べやすいと思ってのこと。
ドクダミや藪からしやヒメシバなど強靱な雑草は
ゴミに出していますが、、、。

だけど気持ちの深さと徹底具合が全然違いました。
もちろん知識も。
本を読みながらそわそわ庭の土を触りにいったり、
もうちょっと本物に近いパンを焼かなきゃと思ったり。
お金は特別増やさなきゃとは思わないけれど
老後子供たちに迷惑がかからない程度は欲しいと思っています。
もう稼げない、生産手段を持たない都会に住む老夫婦としては少ない蓄えは腐らないでほしいと。

でもできることは積極的にやってみたい。
興味があるのは天然酵母。
そして自然栽培。
私は化学肥料や農薬は使わないけれど牛糞や鶏糞は利用していました。
多くはないけれど夏野菜はその収穫で大いに助かりました。
でも日当たりが悪いので葉物の冬野菜はあきらめています。
だけど動物性肥料も自然界ではないものだとは目からうろこ。
できるかどうかわからないけれど
ミーハー的にそのことを考え、試行錯誤しながら
パン作りと庭づくりに取り組んでみたいなと思い出しました。
やってみたいと思う新しいことに
であえていい本でした。
仕事じゃないのでいつと期限もなく
誰にも迷惑をかけずに取り組めるのっていい。
まあそのぶんいい加減になるわけだけど
ただ今実験中って楽しい。
熱しやすく、冷めやすく、影響されやすい(^_^;)つくづく・・・






越後(魚沼)駒ヶ岳に

10月24日
今日はばっちり0時の目覚ましで起きて
1時前には出発。
圏央道~関越の小出インターまで。
出口のセブンイレブンでおにぎりとサンドイッチを調達。
さらに奥只見シルバーラインで銀山平に。
そして登山口のある枝折峠駐車場に。4時半ごろに到着。
しばし仮眠してから準備して出発は5時45分。
多分この時間が日の出時間だと思うけれど
薄暗いけれどライトを使うほどではない。
20分ほどで10合目の大明神に。
魚沼駒ヶ岳5

次第に明るくなって来て紅葉の山脈が姿を現し、
奥只見方面からは朝日も。
残念ながら有名な雲滝は見られない。
魚沼駒ヶ岳

アップダウンを繰り返しながら
紅葉の山道を気持ちよく歩く。
魚沼駒ヶ岳4

ようやく小倉山に。(8時8分)
結構遠かった。正味2時間だけどコースタイムより早いという不思議。
魚沼駒ヶ岳3
陽射しが強くなって温かい。

さらに百草ノ池に8時48分。
魚沼駒ヶ岳2

もうすこしフラットに見渡せる池糖や湿地帯かと思いきや
熊笹が茂って池は全然見えず。
ここで前駒に向かうルートがばっちり見えてきました。
が、本命の会津駒は見えない。
魚沼駒ヶ岳6
高妻山に比べればかなり勾配は緩い?
しかしかなり長そうではある。

おっよく見ると紅葉の木々に霧氷が。
魚沼駒ヶ岳7

先ほど流れたガスが凍ったみたい。
ガスや雲がその時々流れるので気にしていなかったけれど
天気の良さとは別にかなり冷え込んでいるみたい。
魚沼駒ヶ岳8

と紅葉や霧氷に見とれている間に
岩場も過ぎて
魚沼駒ヶ岳11

気が付けば駒の小屋に10時。
魚沼駒ヶ岳9

何と雲もガスもすっかり晴れて信じられないくらいの青空に
バッチリ魚沼駒ヶ岳の山頂が。
しかももうここからなら20分足らずとか。
リュックをデポして身軽になれば走り出したいくらいの気分。
魚沼駒ヶ岳10
直進して分岐を右側に尾根を登ったところ駒ヶ岳の山頂。

ところでその分岐を左に行くと越後三山の一角中ノ岳 (2085m)
魚沼駒ヶ岳12

二百名山で標高も魚沼駒ヶ岳より80メートル以上も高い。
姿も凛々しいけれど岩稜でかなり険しいとか。
魚沼駒ヶ岳13

ちなみに三山のもう一つが多分いちばん有名な八海山。
標高は1778mと低いがやはり岩稜険しい二百名山。
いや~百名山でなくて良かった。
そういえば同じく高妻山の隣の戸隠山こそ
ビビりの連続の超難関の岩稜帯。
ほんと百名山でなくてよかった。

駒ヶ岳山頂(2003m)には10時30分に。
魚沼駒ヶ岳15
間近に八海山を見て
中ノ岳方向には
燧岳、平ケ岳、至仏山。
魚沼駒ヶ岳16
雲の動きで見えたり見えなかったり。写真には双耳峰の燧岳が。

とうとう今年も残してしまった平ケ岳。
来年は登れるでしょうかねえ?

おにぎりとサンドイッチも持参のミニトマトも食べて
あまりに気持ち良くてのんびりしてしまった。

駒の小屋で再びリュックを背負って下山は11時半。
魚沼駒ヶ岳17

下りには百草ノ池もしっかり見えました。
さらに正面にはやはりニ百名山の荒沢岳が見えます。(写真には写ってないけど)
魚沼駒ヶ岳21

百草ノ池標識通過は12時24分
魚沼駒ヶ岳18

途中我々と同じペースで登ってらしたご夫婦が
至仏山や日光白根山の確定のため地図やコンパスを見ながらもめてらして
一緒に山と地図をにらめっこしました。
意外と同じ風景を見ながら違う山を至仏山と言っていたのが面白かったです。
男性陣(ご主人と夫)は日光白根山を至仏山と思っていたようです。
思ったよりコースタイムが順調なので余裕ぶっこいていましたが、
つらくて長いのは実はその先でした。

そして小倉山に12時59分。
魚沼駒ヶ岳19

ここからこんなに歩いたっけの
長いアップダウンの繰り返し。
小倉山と明神峠で休憩して
登山口に帰り着いたのは15時24分。
下山にほぼ4時間かかってしまいました。
魚沼駒ヶ岳20

それでも明るいうちに無事下りてこれてよかったよかった。
実は明日もうひと山狙っているので
今日は南魚沼の清水集落の民宿で泊まります。
民宿到着は5時。
宿泊客は私たちだけでゆっくりくつろげました。





















近場で

10月23日
夫は午前中には出張から帰宅。
そのままランチにということで三越に。
ヤギ除草
駅前の駐車場でスポーツカー大集合のイベント

そこから三越に向かうとその駐車場の斜面ではヤギさんが除草作業中
スポーツカー
同じ駅前の風景とは思えない

少し時間が早いので食事の前に
またドコモによって機種変更を相談したけれど
やはり私の残債がすんでからの方がいいということで、
夫のファミリー割引の手続きだけ済ませた。
これで娘以外家族が全員仲間になって電話が双方向無料に。

ついでに愛用のユニクロのライトダウンのベストをもう1枚と夫のフラノのシャツを購入。
ユニクロの定番は我が家でもしっかり定番・定着。

亡くなった舅も外食好きだったけど
夫も外食好き。

ランチは食べ放題のすき焼き&しゃぶしゃぶやに。
すき焼きにして980円で1時間。
夫は肉を大盛りにして1280円。
牛肉は輸入肉だけど野菜がたっぷり食べられるので
野菜高騰の折コスパがいい。
姑の土曜日のランチに一度来たこともある。
夫も姑も大の肉好き。

と久方ぶりののんびり休日。
でもまた明日は山へ行くぞ!!
山は休日じゃないんだっけ??






ドタキャンに大人対応

10月22日
20年地域の生涯学習の活動に参加してきたけれど
こんな体験初めて。
講師の方が開始時間になっても来られなくて
講演会は急きょ中止。
その理由は告げられず中止とのみ。
スタッフとして開演1時間前から参加したわたし。
今日の講演を楽しみにいらして講演者の登場待ちあぐねた参加者は200人余り。
でもそれ以上に半年前から今日の準備にあたられたり、
昨日から講演者接待の準備、
会場の設営。
マイク等の調整。
多くの方が多くの時間を費やして迎えた今日なのに・・・。

遅刻やドタキャンてそんな多くの方の気持ちと時間を奪う行為。
何とも腹立たしいけれど
芸能人としてそれなりの活動をされている方なのでと
事情を伏せて中止とのみ言われた理事長の判断。
軽率にもなじって吹聴したい気持ちを抑える。

三方良しとはいかないので神対応とまで行かなくても大人対応でした。



ルンバ全快

10月21日
アップルシート
昨日生協で紅玉が届いたので
アップルシートを作って一人で全部食べた。
紅玉半個
バター・シナモン・パイシート1枚。
生の紅玉を薄切りにして冷凍のパイシートに並べるだけ。
簡単だけどそれなりに美味しい。
紅玉を見るとパブロフの犬のように
アップルパイがすぐ食べたくなるので
煮りんごを作れないときにはこの時短メニュー。
アップルシート2

オーブントースターで2枚分焼いて残りは明日また一人で。

レンジすればまた美味しく食べられる。
夫は日曜朝まで出張中(^_^;)。

ところでさすがアマゾンプライム便、翌日にはバッテリーが届きました。
うれしいことにバッテリーを入れ替えると
無事快調にスタートしてお掃除はじめました。
良かった!よかった!
ブラシはプライム便じゃないので23日着の予定だったのが
何とかそれらも今日届いてブラシ3種も交換するといよいよ完全復活。

もう掃除機でやる掃除が仮掃除のような気がして
すっかりルンバに頼っていることにいまさらながら気づいて感謝・感謝。








多摩大学リレー講座 辻村清之さん

10月20日
朝資源ごみに文庫本を20冊くらい出した。
久しぶりの断捨離。
文庫本の断捨離
絶対捨てられない赤毛のアンシリーズ。
かなり古いし汚れてしまっているけれど。

文庫本の断捨離2
丸元淑生さんのこのシリーズは食や料理や健康のことを考えるきっかけになった

残るは赤毛のアンシリーズと丸元淑生さんのシリーズ。
両方とも十分読んだけれどまだ大切な本。

タイトルはデジタル時代のビジネスモデル・イノベーション
講師は東工大大学院特任教授辻村清之さん

タイトルからしてなんかわかりにくい。
そうだからと言ってまだ10年単位で生きるとすれば
知らないあわからないで済ませるわけにもいかない。
人類は例えば西暦2016年の歴史曲線を描くとすると
ここ100年での進化は残りの1900年に匹敵するとか。
蒸気機関車の発明による産業革命から
飛躍的に進化を遂げたが
その後さらに自動車・そしてパソコンと
第2次・第3次産業革命が続き
今やスマホと人工知能による第4次産業革命の時代に突入。

すでに2045年には人工知脳が人間の英知を超えると予測されている。

それってどうなるの?
ロボットには人間が命令されて働かせられるようになるのかしら・・・?
まあ生きてないからいいやともいえない。
というかちょっと見てみたいかも。

そんな楽観的な状況かどうかわからないけれど
辻村さんは人工知能が人間を超えることはないと言われていた。
それにしても介護現場には介護ロボットが
自宅に帰ると家事ロボットが
職場には仕事ロボット?
どうなるんだろう。
人間はどこで何をなんてことに。

全然わからない。

帰りに松茸を買ってまったけご飯。
まったけご飯>
まったけご飯2

カナダ産なので量だけはたっぷりだけど香りはイマイチ。
一応秋の味覚は賞味しないとね。



ルンバがダウン

10月19日
ミル、玄関の蛍光灯や電話機の子機に続いてとうとうルンバまで。
赤いランプをつけて充電しなくなった。
しかも実はこのルンバずっと言語はスペイン語。
日本語から何かの拍子でスペイン語になったままで
別にさして困ることもなかったのでそのままに。

動かなくなってその原因を考えて
初めてあんなに愛している(?)と思っていたルンバのことを
愛しているどころかただ単に便利だとこき使っているだけだったと
大いに反省しました。

だって置いたはずのところにルンバの箱がない。
その中に解説書やフィルターなどの部品が入っていたはず。
でもその後どこに置いたかさえ記憶にない。
原因は多分バッテリーだと思うけど
仕方なくサービスセンターに電話。

何とメンテナンス料はバッテリー交換も含めて27000円。
新規の購入はキャンペーン中で38000円からとのこと。
一考しますと電話を切り、
いつも通りにアマゾンで検索。
欲しい必要部品は全部あった。
そう4年も使って一度も交換しなかったバッテリー・


3年の長期保持用なら

わが家はバッテリーよりもと本体の寿命が危ういので普通バージョンで。
そしてついでに

ブラシは一応掃除をしていたのでそんなに傷みは気になってはいなかったけど
エッジブラシは3本のうち2本もぬけていたのに気づいてなかった。
自分の粗忽さ加減に辟易。
お試しプライム会員になってすぐさま申し込んだ。
これですべて回復すれば5000円弱で済む。
うまく行きますように☆彡 




子供の誕生会

10月18日
10.18ケーキ
予約が遅くて丸型のバースデーケーキは間に合わなかったけれど
プレートに名前や文字入れはしていただけたので仕事のストレスが飛んじゃうと嫁が喜んでくれた


10月は二男とその嫁の誕生月。
子供の誕生会と言っても
もう十分な大人なのですが
子供がいないので
自分たちがおねだりすることで
親孝行のつもり???
まあとにかく外食・会食好きの夫は
たかられても充分それで喜んでいるわけで。

みんなの都合の良い日と時間と場所ということで調布のイタリアンを予約。
気軽な店で予算も軽めに済んでよかった。
とにかく仲が良い努力家の二人。
身近で応援し続けている親の存在をアピールしておかないとね。
子供がいくつになっても「家族という病」に罹患中(^_^;)

10185 10184

10183 1018.2

1018

お店は調布駅から徒歩7分くらいのイル・キャンティ












登山後遺症

10月17日
だんだん足の筋肉痛がひどくなってきた。
階段もひーほーはーほ―
それに頭が無性にかゆくて髪の毛をぼりぼり。
暑かったので帽子をかぶりたかったが
汗疹とむれを警戒して汗よけのターバンを巻いただけ。
そのターバンを巻いた部分に汗疹。
舞いあがるほど天気が良くて
最高の登山ではあったけど
このイタタタ!!とかゆいは毎度とはいえなかなかつらい。

図書館に青春の門を返し
6月に予約してい田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」を借りた。
4カ月待ちの人気本。
夫がガラケーからスマホに変えたいと
ドコモショップにも。
6月に会社の携帯を
個人名義にし、電話のかけ放題契約。
それにアイパッドも買って
5ギガのネット契約。
さらに今回はスマホにすると。
でもドコモは1時間待ちの上
さらに経費はかさむということで早々に退散。
ほとんど手つかずのアイパッドをもう少し使いこなせるように
してもらうということで落着。
私もそれの方がいいと思う。
アイパッドできなきゃ
スマホもねえ(^_^;)




高妻山に

10月16日
今日も天気がよさそうということで朝早々に。
と言っても0時出発のはずが寝過ごして1時半に目をさまし
大急ぎでと言えども2時近くの出発に。
戸隠牧場駐車場には5時半ごろ。
準備して牧場の登山口入口出発は6時すぎ。
今日はなんと私一人の単独登山。
高尾山の一人登山は何度かあるけれど、
百名山お一人登山は初めて。ドキドキ

夫は車の運転を引き受けてくれて
この山麓で待っていてくれます。

本当は他人様より所用時間が多いこと確実な身としては、少しでも時間を稼ぎたいので
ショートコースの新道を何度も検討したのですが
何を調べても、いくらヤマレコを読んでも
芳しい情報は無く
しつこく今からの登る方にコースを尋ねても皆さん不動小屋経由。
もちろん一人で往く勇気はなく皆様とともに。
登山口入口出発は6時5分
高妻山5

渡渉が何回かや、鎖場もあったりしても何とか不動避難小屋まで(7時50分)。
先ずは登頂しないとお話にならないので写真が極端に少ない(^_^;)
高妻山2

ここから苦手なアップダウンの繰り返しとなります。
登りばかりが続くのもつらいけれど
登ってはその分下りるを繰り返すのもさらにつらい。
先ずは往く手の山を登ります。
高妻山3

くっきり晴れた空に美しい紅葉ですが楽しむ余裕はありません。
長丁場は緊張します。
高妻山2

一不動・二釈迦・三文殊という風に信仰の山らしく仏教にちなんだ数字の塚が。
山頂近くの十阿弥陀まで立っていて励みになるというか今はまだ二なのかとがっくりもするわけで。
し、しかし三文殊手前で何と凛々しい高妻山の山容がすっくっと見えて感激。
いまだはるかかなただけど。
高妻山6

三文殊・四普賢を過ぎてようやく五地蔵に(9時)。
高妻山9
山道の横に山頂があり、五地蔵山は1998m。
高妻山も見えて下には戸隠牧場や山麓が一望。
すでにコースタイムを10分ほど遅れているけれど
これからの遅れはそんなもんじゃないと居直って座り込んで休憩。
バナナのマフィンが美味しかった。
高妻山10


気を取り直してまた本体じゃない山のアップダウンに。
次の六弥勒というところが新道との合流地点。
そこから七薬師・八観音とアップ・アップ・ダウン・ダウンすれば
正面間近にようやくご本尊の高妻山が(10時)。
高妻山8合目

残すは天下の急登のみ。
満員電車に立ちっぱなしの時はシルバーバッジをつければシルバーシートに座れるかしらと思うけど
苦手な最後の急登の際もシルバーバッジを付ければシルバールートにどうぞってのがあればいいのになあと思う。
普段は自分の足だけを頼りに登るのが登山の醍醐味とかほざきながら(-_-)

しょうもないことを考えながらひたすら自分の弱足頼りにひーほーはーほーと一歩ずつ。
山はとにかく一歩ずつ前に進めばいずれは山頂に着くから好き(^_^;)
はあやっぱりここだけで30分もオーバーして山頂に(2363m)11時30分。
高妻山14

携帯電話が通じて夫に連絡すると
時間がかかりすぎててびっくりしてた。
まあね下で待ってるぶんには10時半には着くと思っていたでしょう。
そんなもんじゃないんだ。この厳しさはといってもねえわかるはずもなし。
疲れなど素知らぬ顔で登って下りる人の方が多いわけだし。

それでもあまりにも天気はいいし
日本アルプス(多分白馬や・剣や・槍や穂高や・・・)

高妻山15
富士山までもうっすらと。(写真では確認できないけれど、、、)
高妻山13

この山に登ろうと決めた火打山や妙高もばっちり(多分?)。
高妻山12

時間は押していてもすぐ下山というわけには行きません。
またもやどっかり腰を据えておにぎりにみかん。
それがまた、ただの梅干しとおかかのお握らずのおいしいこと。
これだから痩せないんだと思いつつ疲れを上回る食欲に一安心。
それにしても長居して下山は12時10分。

高妻山下山
急登は急坂。疲れの取れない足にはこたえる。

登りが楽だと思えたのはいくつまでだったでしょう?
登るのがしんどい山はそれ以上に下りがきついと思い知らされたのはいつのこと?
とにかく膝の痛み覚えた槍の下りから
膝をかばいつつ降りなくてはいけないことを思い知りました。
HPを見るとそれは2003年の夏のこと。ざっと13年まえだすなあ・・・)

高妻山下山2
あの道を引き返すわけだ(+o+)

やっぱりあれは昨年登った火打山と妙高だよね。そして焼山も。そんな気がする。
高妻山下山3

振り返ればおお、高妻山が。だいぶ下りてきたぞ。13時6分
高妻山下山4

再び五地蔵山で休憩14時15分。
夫には2時か3時には下山とか言ったっけ?
だいたい山を下りるときすでに山頂はすいていた。
しかももう登ってくる人には会わないので
どんどん追い抜かれている状態ではそろそろしんがりに。
高妻山下山6

それでもけなげに歩き続けて不動小屋に3時過ぎ。
ここで早池峰山で買った携帯トイレを使うことに。
早池峰ウスユキソウのラベルが可愛くて今まで使わなかったけど
すでに9時間超え。
まだ2時間もかかるとすれば我慢も限界と携帯トイレブースとやらを初体験。
なかなかエコで快適。
だけどまた時間を食って下山は3時10分。

夫に連絡すると明らかに私より焦っている。
暗くなるから気を付けろよはいいけどさっさとは無理!
まあ何とかライトを使わずに下りれそうな見当がついて
私も内心ほっとした。

鎖場の写真なども撮ってみました。(15時25分)
結構怖わそうでしょう?
高妻山下山7

もっと怖いのが滑滝横の鎖場。(15時40分)
高妻山下山8

私は長い登りよりはハラハラドキドキコースの方がどちらかと言えば好きですけど。

それを過ぎれば約1時間の下り。
リュックの中では夫からと思われる携帯の呼び出し音が何度も。
そんなのに出てたらまた遅れる。
なんて馬鹿な夫なのだ!!

というわけで私にしては早足で牧場には4時半にたどり着きました。
高妻山下山9

オオトリを務めたかと思いきやおj一人後から下りてこられました。
何しろ無事でよかった。
時間には追われたしんどい山行でしたが
素晴らしい天候に恵まれ
夫の理解に支えられ
また素敵な百名山ゲットが叶いました。

帰りは横川PAで休憩し釜飯を食べ、
しばし仮眠を取ってから
それでも15日中に家に帰り着きました。



































若の運動会

10月15日
夫も娘も動員して総勢6人の応援団。
3歳になった若の運動会は見ごたえがかなり。
てこでも動かなかったという昨年に比べてのことで(^_^;)
もうすっか1人前に参加していて一安心。
10.15若の運動会2
帰るの帽子が可愛いお遊戯

保育園の園庭は狭いうえに樹齢何年かの立派な枝ぶりの桜の木がどでーんと存在感たっぷりで
視覚的には見づらいんですけど。
10.15若の運動会

春には通勤列車の京王線からさくらの花がとってもきれいに見えると娘。
邪魔でもさくらの下で大きくなる園児たちにきっと優しさや美しさが沁みこむかも。

「帽子にトンボが止まっているよ」とそばのちびっ子がおしえてくれた。
「木と間違えて動かないよ」
じゃあ「写真に撮ってくれる?」とカメラを渡すと
バッチリ撮れました。
10.15若の運動会3

都心に近い保育園だけど
小さな子供たちの可愛い演技と
大きな桜とトンボと男の子。
真っ青な秋空。
なんだかのどかな気分にさせられたひと時でした。

昼食は夫はトンボ返りで姑と。
いまどきのジイジとバアバはひっぱりだこ(?)で忙しい。

我々は若の健闘をたたえて駅チカのファミレスで。
かけっこは確か4人中4番でしたけど、、、(^_^;)







玄関にセンサーライト

10月14日
最近壊れたり機能が怪しいものが多くて。
玄関の蛍光灯もそろそろ変え時だけれど
補助的に欲しいなと思っていたセンサーライトの簡易型を買ってみた。
もっと本格的なものも取り付けてはいるけれど
風に揺れる木に反応してのべつついたり消えたりで
あまり用をなさないので
最近は電源コードを抜きっぱなし。
それでいて遅く帰ってきたときなどやっぱり不便で。
LEDライトのの電池式に。



一緒に電話の電池切れしていた子機の電池も注文。


純正品は1600円と高いので同等品で。
何の問題もなく復活した。
交換部品がネットですぐ注文でき、すぐ届くのって本当に便利。



多摩大学リレー講座 薬師寺執事 大谷徹奘さん

10月13日
たしか2度目。
テーマは心のしくみ。
とってもわかりやすかった。
心は
体験・経験がもとになった
価値観によって
生まれる生き方や考え方。

その固有の価値観が自分すなわち我。
我が独善的で傲慢になると孤立してしまう。
それは身勝手で不平不満批判ばかりが多くなり、
人の話を聞かない態度。
一方共栄を心がけ謙虚に人の話をよく聴くことで
周りと調和する。
調和はすなわち聴和で
調和の条件は
礼儀
尊敬
丁寧
熱心
なるほどと思い当たることばかり。
心は常に動き変わるものだから常にこの4つを忘れないようにしなくては。
早速夫に教えたけれど
そやなと素直に反応しながら
深く心にとめてあまり聴和している風でもない。
でも私の側にも夫に対して
そっくり4条件がかけている気もする(。-_-。)



ベネッセスタードームに

10月10日
多摩センター2
ベネッセから見る多摩センター駅かいわい

朝の散歩を終えた夫が公園でなんかお祭りやっているみたいと
姫を呼び出し。
自分で最寄駅まで迎えに行き、
自分で彼女の面倒を見て一緒に遊び、
自分で送って行くとのこと。

しばらく留守にしていて家事が山積の私は忙しいから一緒に遊べないよと念押し。
それでもいそいそと出かけ
姫を連れてきたのはいいけれど
公園の催しは子供向けでなくて
大人用のものだったと公園から電話。
今家に向かってるからねだって。

いつも詰めが甘いんだから、、、。
とむかついても姫が悪いわけじゃないので機嫌よくお出迎え。
夫のつくるパスタを戴いてから
持参の漢字の勉強なんかもして。

今度はベネッセスタードームに。
縞次郎の短編映画を見るのと
真頭で一番高い場所からの展望をということだったけど
さほど喜んだふうでも(^_^;)
多摩センター
ベネッセから東側サンリオが見える。

わたしは多摩ニュータウンの全貌を見下ろして
結構楽しかったんだけど。

そのあと姫を送って行った夫は
若やママそれに娘も合流してのレストランの食事が大いに楽しかったそう。
まあ終わりよければということで、、、。



帰京

10月9日
昨夜のお祭りの後再び茨木の母のもとへ。
今日は帰らなくてはいけないのであわただしい。
それでも母の胸中を思うと帰りそびれてお昼ご飯も一緒に。

結局2時前に実家を出て
8時ごろ帰宅。
まだしばらく関西の2軒めぐりは続きそう。





堺・鳳・だんじり祭り

10月8日
3時過ぎまで姑宅の片づけ。
今回はキッチン用品や食器類を中心に。
食器棚、もの入れなどに戴きもの、買ったままのものなどびっしり。
人一人日常に使う食器などたかが知れているけれど
その持ち数は必要数の何倍なのかと考え込んでしまう。
買って、持っているだけで幸せという姑なので
今更どうしようもないけれど、、、。
じゃあ全部捨てましょうと割り切れない
もどかしさがストレスに。
私も戦後生まれとはいえ
もったいないや始末や節約を身上としてきたので。
3時過ぎ海南から鳳へ。
途中ちょうど泉南はお祭り日らしく
いくつかの駅近くでだんじりやおみこしやお祭りの提灯が。

10.8鳳
毎年10月の初旬に行われる堺市・鳳神社のだんじりまつり。
その近くに家があるからと毎年高校の同期に声をかけてくださる。
毎年はいけないけれどちょうど小学校の同窓会もあって久しぶりに参加。
お祭りや地元や幼馴染に縁の薄い流浪の民(?)の私にとって
町を挙げて老若男女総動員の行事はうらやましい限り。
岸和田ほど派手でも激しくもないけれど
それぞれ氏子の町が繰り出す神輿に特徴があって
その神輿の不安定な屋根の上で掛け声をかけつつ飛び跳ねるさまを見るのが好きだけど
危ないからかあまり見ることはできない。

10.8鳳2
お弁当を用意してくださって
ビールやお酒を飲みながら盛り上がったけれど
話題の中心が病気のことばかりなのは何ともいただけない。
それにしても心臓や頭の致命的な病気を経験した方が多くてびっくり。
幸運にも回復されて元気でお会いできているからよかったけれど。
1回、1回会うことを大切にしないと、、、。




海南姑宅に

10月7日
昨日連絡したら
早速ケアマネージャーさんが来てくださって
手すりの取り付けの相談。
場所を一緒に決めて見積もりに来ていただけることになった。
手すりは高齢者の補助で10分の一の費用で済むとのこと。
ついでに和室のフローリングの見積もりもお願いしたけれど
母は多分反対するはず。
見積もりだけということで。

午後は早々に海南へ。
8月末には押し入れなどを整理したが
夫の骨折などであまりはかどっていない。
今回はキッチンや水回りにもの入れ。
使っていなくても使えるものや使ってないものがびっしり。
果たしてどうするか・・・???
とりあえずもの入れはほぼ空の状態に。

姑がこの家を出てからもうすぐ2年。
その間この町はさらに寂しくなった気がする。
夫が決断しないけれど
家の価値や価格は下落して
維持にはお姉も労力もかかり
全く負の遺産(遺産じゃないけど!)そのもの。
元気なうちに自分のものは自分で処理できるように
したいとつくづく思う。
すでに気持ちばかりで行動は停滞気味の私。
ここにきて片づけているときはひしひしとそう思うのだけれど、、、。



母と

10月6日
1日位は母とゆっくりしないと。
ひたすら食べてひたすらしゃべって・・・。

いつもお世話になっている民生委員さんのお宅にあいさつにゆき、
和室の蛍光灯を取り換え、
朝食には今月のお料理会に予定している
ホテルオークラのフレンチトーストを。
そして先日転んで頭を打って
頭に内出血をしたこともあって
手すりを付ける相談。
帰ってきても1時間もあれば済むようなことで
あとはただ一緒にいるということだけ。
あとは持ってきた
高田郁さんの小説。


あっという間に読み終えて次出るまでが待ち遠しい。

母も元気で私も元気なので持てるひととき。
なるべくその時間がこれからもたくさん持てますように。



小学校のクラス会

10月5日
確認したらいつの間にか記事が消えている。
間違えて削除してしまったのか??
2度目に書くとどうしても省略形になってしまう。
広田クラス会

午後2時阪神御影駅前の居酒屋「なだ番」で。
16名が参加。
毎年東京で身にクラス会をしている仲間は
私も含めて東京組が6人全員参加。

私たちの小学生のころは戦後ベビーブーマー前期。
すし詰め学級での受験戦争という新たな戦争の渦中に。

地域の3つの小学校の3年生から生徒を3クラス分集めて
2学期から新たに授業を開始した変則的なシステムの学校だった。
新学年には低学年が入学してきたけれど
常に我々は最高学年で最上級生。
しかもその間に私は香川県の高松に転向して
5年生でまた同じこの小学校に戻るというさらに変則的な体験。

できたばかりの学校はまだ整備中で校庭の隅ではまだブルドーザーが動き、
朝礼のたびに我々は運動場の石拾い。
お昼の休み時間に裏山に遊びに行って叱られたり、
聖蹟の悪い答案は3回の校舎から下の中庭に投げられたりもしたなんてエピソードも。
60年近くを経ると話題は確かに隔世の感がありますが
全く抜群の記憶力の方がいて
超リアルな話にみんな一度にそのころを思いだし半世紀はぶっ飛びました。
広田小クラス会Ⅱ
卒業以来の方も数人いらして元気でさえいれば
こうして再び会えることの不思議。

会場を提供してくださったのは当時はお転婆で鳴らした
今や名実ともに評判の美人女将。
店主の味の良さ、店のサービスの良さと相まって界隈で人気のお店です。
そのため引退できないのが悩みどころとか。

ここが基地になって
また動機の方々とお会いできればうれしいことです。





大阪に

何となく自分の顔に戻ってきたような気がして
大阪行き。
それにしても腫れが引いてきた気はするけれど
元の顔が、、、?
もっとすっきりした顔のラインだったような気もするけれど
こんなものだったっけ?と
いまいち完全に治ったという確証がbもてないのが我ながらおかしい。
読み終わった2冊の本を返却して
時間の7巻挑戦編上下を借りに行ったら下巻だけで
上巻は貸し出し中。
それで娘が貸してくれた高田郁さんの「あきない世傳 金と銀 」Ⅰ源流編と早瀬編を持っていくことに。
6月に出た1巻も同時に貸してくれた娘の深慮に感謝。
やっぱり覚えているようで忘れていて
新幹線のなかで退屈せずに読めた。
やはり4,5日家を空けることになると
気になる家事も多くて家を出たのは4時過ぎ。
実家に着いたのは10自前
新幹線と言えどもジパングを使うのでひかりに乗車。
結構時間がかかってしまう。



ひきこもり

まだ顔の腫れはひかずにいるので
外出は図書館のみ。
予約していた青春の門
望郷編と再起篇。
1日1冊のペースで読めるようになってきた。
読書にはまっていてよかった。
5日が同窓会なので
それまでに顔が治るかどうか微妙。
50年ぶりで会う方もいるのに
わざわざチンケな顔で行くのもね。



姫の運動会

10月2日
せっかく書いた記事を保存しそこねたのかぶっ飛んでしまい
一気に書く気消滅。
ふてくされている間に10日以上もブランク。すみません。
(誰に謝ってんだか?)
さっきこの記事を書きあげたところで
読書ノートに間違えてアップしていたことに気づいた。
げっっ~とせっかくの更新の機運がまたもや消沈

1日寝たらの期待は裏切られ
ますますひどくなって目の周りがさらに腫れて目が一文字状態。
昨日も結局雨は降らなかったけれど
今日は昨日よりは気持ち良く晴れた運動会日和。
日光アレルギーもある私には最悪!!
でもせっかく晴れた待望の姫の運動会。

サンガラスかけて帽子を目深にかぶる怪しい風体で出かけました。
可愛い孫の出番も楽しみだけど
小学生それぞれの懸命の演技は
見てるだけで涙ぐましいいじらしさ。
それなりに結構楽しみに見てしまう。

10.2運動会2
1年生の可愛いダンス

10.2運動会
5・6年生の組体操や騎馬戦も迫力があっていい。
最近は危険だからと種目から外す傾向だけど世の中に危険はなくならないのだから
危険なこともやった方がいいと思うけど、、、。私はけがもしない方を怖れる。
危険な考えかなあ…?

10.2運動会4
3年生のエイサー。この沖縄の舞踊も大好き!

10.2運動会5
4年生のソーラン節。
最近はどこでもこれが定番。自分でも踊りたいと真剣に考えたほど好き。

10.2運動会3
2年生の踊りもリズミカルでよかったよ。姫も頑張って踊ってた(^_^;)

昼食はママが作ってくれたご馳走を体育館で。

午後ちょっと早めに失礼して娘宅で一休み。
娘は今日はフラの発表会の予定が風邪でダウン。

夕方まで休憩して5時から新宿でオリンピックのトークショーに。
リオで現地取材したスポーツ記者やカメラマンにパラリンピックの高跳び
5回連続出場という鈴木徹さんがゲスト。
鈴木さんが自らの記録に挑戦しながら一方で
障碍者スポーツの認知や理解を率直にアピールする姿勢に感動した。
10.2オリンピックトークショー
鈴木選手は競技用の義足と装着していた義足を外して普段用のものとを見せてくださった。
熱しやすい(冷めやすいのが欠点だけど・・・)私は
パラリンピックへの新たな視点を得た気がして
東京大会が楽しみになった。
願わくば東京大会まで元気で生きてますように、、、。










油断大敵

10月1日
カリン
カリン:実がかなり大きくなってきた
西洋朝顔
西洋朝顔:今日はヘンリーブルーだけが咲いている

昨日のうちに今日の姫の運動会は明日に延期の連絡。
雨予報だったけれど朝のうちは雨も降らず。
朝、先日買ってきた
コスモスの苗と色つき唐辛子を植えたり
紫蘇を掘り上げたりといつもの庭仕事。
すっかり涼しくなったので
いつもの虫よけのネットをかぶらないで
帽子と長袖長ズボン、長靴といういでたちで。
ところが顔半分出ている目の周りをぶんぶん蚊が。
やばいと思いつつ
7時過ぎの食事まで庭に。

そのあとサワコの朝とトト姉ちゃんを見て
9時からは調理室の申込み。
ところがその間だんだん顔が腫れっぽい。
蚊に刺されたくらいなら
我慢すれば1~2時間でそのあとは消えるだろうと思っていたのに。

10時半からはNPOの理事会。
帰りに図書館で予約していた本を借りて帰ったものの
何だかだんだん目の周りが熱っぽい。

さては蚊ではなくぶよだったのかと
いささか不安になっては来たが仕方なくそのままに。

なんと夜になるころには芽がふさがるくらい腫れてきた。
今から思えばそれが
あまりに数多く蚊に刺されたからなのか
ぶよに刺されたからなのか
あるいは何かの植物にアレルギーなのか
木についた害虫の毒なのか
特定できずに不安になってきた。

やっぱりあの防虫ネットって
私には必需品なんだ。



カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ