青唐辛子とゴーヤ

8月31日
帰ってきて庭をうろつくと帰ってきたなあってうれしくなる。
8.31収穫
6日間いなかったので
ししとうもピーマンも色づいて
ミニトマトは雨にあたって割れが入ってしまっている。

最近はまっているのが青唐辛子を使ったピリ辛炒め。
青唐辛子はあまり売ってないので見つけたら買う。
安曇川の道の駅と海南の市場で見つけたので買ってきたものと
やはり海南で買ったかえりちりめんも混ぜて。
わが家産の万願寺とししとうを輪切りにし2,3本の青唐辛子の輪切りとともに
ごま油でいためてからラー油を入れて醤油も少し。
今日はゴーヤも入れた。
8.31.青唐炒め

これが汗が出るほどピリ辛でご飯に合う合う。
私は卵かけご飯の上にこれを載せて食べるのが好き。
冷奴にも合いそう。

それに採れ過ぎのゴーヤを天日干しにした。
行く前の日にやはり干しておいたものはからからに。
乾燥ゴーヤ
何に使えるかはこれから考えることに。

そういえば夫は
午前中こちらの整形外科に。
手術はしなくてもいいけど
本ギブスで固定して全治10週間だと。
重傷じゃん!!
これで登山絶好シーズンの数々の企画はぽしゃげた。
なんと言ってもいつでもどこへでも二つ返事でついてきてくれるのは
貴重な存在だったのに(+o+)

わたしのハートも重症だぜ。
この年になると
私を山に連れてってとお願いしても
全然可愛くないしねえ。
足手まといになるだけだし、、、(-_-)







帰宅

8月30日
朝、和歌山市内まで所用で出かけ
そのあと市のクリーンセンターにごみの持ち込み。
心残りのものも一瞬にして焼却炉の奈落の底に落ちて行くんだよね。

ということで昼食後の1時過ぎ今回の予定は終了。
帰りに山に登ることもかなわなくなったばかりか
運転も危うい旦那さんを連れて帰京の途に。
と言いながら男気出して
高速に入って1時間もしないうちに眠気を催した
ばあさんを見かねて
爺さんが運転を名乗り出てくれた。

途中は交代はしたけれど
運転距離は夫の方がかなり多くて
私はほとんど爆睡。
流れはスムーズで8時ごろには自宅に。

やっぱり自宅の布団の上がいちばん。




横転で暗転

8月29日
昨夜また夫が骨折した。
その理由が
夜7時過ぎ買い物に出かけた
おばあさんを迎えにいって
その途中で車止めに張っていたロープに引っかかったというもの。
私はスーパーに行っていて
慣れないスーパーで置き場所がわからずうろる押している間に
思いが得ず時間を食ったなとは思ったけれど、、、。
それでも30分ほどでしょう。
夫はもっと近いコンビニに行ったと勝手に勘違いして
遅いと心配になったとか。
その動機が信じられない!1
だってうら若くないどころかうらぶれたばあさんだよ。
まあ転んでいることはあるかもだけど、、、。

簡単に飛び越えられるつもりで
飛んだら引っかかってこけた。
まさに正真正銘の高齢者&老化。
しかも今度は左手手首とあばら骨。

昨夜日曜の夜という間の悪さながら
整形外科がマンション横という好立地(?)で
救急をお願いしてやっぱり左手首骨折。
簡易ギブスの処置で固定。

今日は昨日刈った雑草を市のクリーンセンターに運び込むことになっていたのに。
仕方なく姑のいとこの方に応援をお願いして
女性陣二人でレンタルの軽トラに運び込んだ。
それでも運転は右手と不自由な左手でなんとか夫が運転してくれた。
2往復で済んだけれど2回目には雨が降ってきてびしょ濡れの作業。
申し訳なかった。

着替えてランチ。
そのあと部屋の片づけを見てもらいながら
もしいるものがあればとお声をかけたら
姑の衣類やまだ使えるかと選り分けたものを
かなりもらってくださった。

姑と仲が良かったので
姑のものには愛着を感じてくださって
捨てるには忍びないと思われたみたい。
でも、家具と食器類は要らないとのこと。
残念!!

私はお土産に梨を持ってきていたけれど
彼女はスモモを下さった。
それが大きくて甘くてとてもおいしかった。
和歌山はみかんだけでなく
桃もすももも生産・出荷しているみたい。
大台が原からの帰りには途中梨農家もあったりして
随分栽培フルーツの種類も多いのだといまさら知った。
彼女を車で自宅まで送り届けると
今度は胸も痛いと夫が言い出して
もう一度整形外科に。
なんとあばら骨も骨折していたそう。
処置の方法がなく自然治癒を待つしかないそうで
固定ベルトだけしてもらったそう。

今回はタンスや小物家具の処分も考えていて
箪笥と引き出しなどいくつかの収納用品を処分できる状態にしたのに!!
色男でもないのに金も力もないなんてとぼやいても
まあお気の毒でもあるので今回は処分するものはゴミ袋につめられるものだけに。
それが、もう刷り込まれてしまっていて
プラスチック・紙・缶・衣類・燃えるごみ・埋め立てゴミと分類するものだから
ゴミ袋がゴロゴロ。
でもまだまだ手つかずの天ブクロヤ、物置や食器棚が。
ものをため込んでいる人って家の収納スペースが多いだけでなく、
さらに収納用品を買い増しているんだよね。

自分の終活だけは迷惑を最小限にする心づもりをしようと思える。












姑宅の断捨離


何や今日も天気やったら大峰山行けたやん
とか思いながら
そもそも姑の家の片づけという目的が本命で家を出たのだった。
ということで
かんかん照りの中おじいさんは倉庫の周りの草刈りに
おばあさんは洗濯と掃除という具合。
今日は押入れと天袋を主に。
戦争体験者は物が捨てられないというけれど
どんだけためてるねんと次から次へ
今となっては何の役にもたたないけれど
姑が大事にないしは仕舞い込んだままあることさえ忘れたものが・・・。

おじいさんの幼少の頃の写真や学生時代のものも。
懐かしがってたらあかん。
処分!処分!

まあここ数年断捨離の掛け声は大きいけれど
なかなか片づけがはかどらない自分でもあるので
あまり大きな声では言えないけれど、、、。

未使用のままのものも多いので
すぐに捨てるというのも気が引けるし、
だからと言って迷っていると片付かない。

昼は帰ってきたおじいさんとランチに。
ゴミの山と雑草の山にいたので気分を変えてホテルで。

午後もまたそれぞれしこしこ。
夕方かなり遅くなったけれど
それでもおじいさんは予定終了だと。
おばあさんの方はあまりはかどった爽快感は皆無。
でもでも桃は流れてこなかったけど
袋に入ったままの現金など見つけてしまった(^_^;)

姑が住まなくなってまる2年。
売るか貸すか何とかしなきゃと言いながら
具体化するのはまだまだ難しそう。
この家は舅がなくなってから姑が一人で住んだ家。
広くはないマンション住まいだけれど
それでも20年以上、人、一人がすんでいた場所を
片づけるのは容易ではない。

どうしたもんかねえ??
ととねえちゃん助けてくれえ!!



大台ケ原に


8月27日
姑の留守宅に直接行く予定を変更し大台ケ原に。
帰りに寄るつもりが天気予報だと雨になりそうなので
とりあえず今日行っておこうということに。
8時過ぎにに実家を出て美原ジャンクションから
吉野川沿いに169号から大台ケ原ドライブウエイに。
新しいナビを山行のために4月に買っていたのに
そのまま放置していて今回初使用。
使い慣れていず
トンネルにはいったところでGPS圏外になったまま作動していないのに気づかず
大台ケ原への道を通り過ぎてしまったりもしたけれど
何とか11時半にビジターセンターに。
8.27大台ケ原5

最初に最高地点の日出ケ岳(1694m)に。
8.27大台ケ原4
整備された遊歩道でしかもほとんど高低差わずか125mなのでお散歩気分30分で日出ケ岳に。

8.27大台ケ原

山頂からは熊野灘、富士山、南アルプス、御岳。乗鞍まで見える日もあるそうだけれど一面のガス。
なにせ日本一の豪雨地帯しかも台風シーズン。
雨が降らずにいてくれるだけでも感謝。
8.27大台ケ原3

ちなみに西側も金剛、葛城に大峰山などが、、、。
8.27大台ケ原2

展望台でガスを見ながら昨日買ったサバずしや栃餅のランチ。
そして正木峠~正木が原~牛石が原経由で大蛇嵓に。
またもやよく整備された歩きやすい木道や階段です。
8.27大台ケ原6

でも見える景色は苔むす深山の森だったはずが
ミヤコザサの中に立ち枯れの樹木、倒木が広がる痛々しい光景。
8.27大台ケ原7

ドライブウエイの開通によって始まった開発と
伊勢湾台風の被害
それにシカの食害などがかさなって
自然破壊が進んだ結果がまざまざ。
今はこの景観も含めて
大台ケ原として多くの方が訪れる観光地になっているわけで
私もその一人。

牛石が原を突き当たると大蛇嵓に約10分。
大蛇嵓は今までの平坦な景観から一変して
800mの絶壁に立つスリリング体験と絶景が。
8.27大台ケ原8

うれしいことにここではすっきり晴れて西大台や大峰の連山などを見ることが
出来ました。
滑りやすい大蛇の背を歩きながら絶壁の景観を楽しめます。
8.27大台ケ原9

楽しめない夫(やや高所恐怖症)は先端には行かずに写真を撮ってくれました(^_^;)
8.27大台ケ原10

大蛇嵓からは多少アップダウンのあるシオカラ谷コースで。
岩や石もある山道になりますが、
両サイドは
花の季節に来ればどんなに美しいかと思うほどのシャクナゲのトンネルです。
P1110442.jpg

シオカラ谷の渓谷
P1110444.jpg

吊り橋がかかっています
P1110447.jpg

駐車場には3時過ぎに。
P1110450.jpg

ランチ休憩も入れて3時間半の周回でした。
事前に予約すれば深山の雰囲気が楽しめる西大台コースも歩けます。
次の機会にということで。

帰りは五條から京奈和道路経由で和歌山に。





















伊吹山に

8月26日
年甲斐もなく甲斐駒日帰りピストンに車中泊という強行軍。
実は続けて伊吹山に登ろうという魂胆のため。
もちろん疲労は色濃いので手抜き・足抜きのドライブコースで山頂まで。
8.26伊吹山5
伊吹山1377mの1260mに駐車場はあります。

百名山ハンターの風上にも置けないやつと自分でも思います。
でも3090円もしたけれど価値ありのドライブウエイでした。
天気にも恵まれていましたし、独立峰で山麓から山頂まで17kmの長丁場。
(同じ長丁場でもあの皇海山の林道の15kmとは雲泥の差!較べるものでもないか)

8.26伊吹山4
西登山道コース
標高差117mの登山です。
こういうのも嫌いじゃないですというより好きです。
その登山道がお花畑と来ているのですから。
伊吹ジャコウソウ・伊吹トラノオ・伊吹フウロ・伊吹レイジンソウ・伊吹トリカブト・伊吹ココメグサ・・と
伊吹を冠した高山植物の多いこと。
いうなれば伊吹山は高山植物のふるさと。
もちろん高山植物の宝庫です。
それにしてはちょっと季節が中途半端で残念でしたが、、、。
夏の花は終わり、秋の花はこれからという端境期?

8.26伊吹山3
イブキトリカブト

8.26伊吹山2
サラシナショウマが美しい

8.26伊吹山
稲が色づき始めて初秋の気配

8.26伊吹山6
イブキコアザミ

8.26伊吹山7
シモツケソウはあちこちで見られました

8.26伊吹山10
名前がわからない花(-_-)

8.25伊吹山11
ワレモコウも咲きだしていました

花を見ながらゆっくり歩けるなんて楽しい。
そして汗もかかないうちに山頂!
8.26伊吹山9

下りは東登山道コースを下りて約2時間で登山は終了。
帰りは一度行ったことのある長浜に。
夫は初めてで駅前の再開発を見たいということでした。
でも近江牛の牛丼にはもっと関心が(笑)
8.25長浜

そういえば琵琶湖の北から西側は通ったことがないので
琵琶湖の西側を通って帰ることに。
途中安曇川の道の駅で鯖寿司をお土産に。

東山の父のお墓にも寄って行こうと思いましたが
夫が道を間違えて高速に入ってしまったのでそのまま大阪の実家に。
同じ時刻東京から来た長男たちがやはりお墓参りをしてくれていて
それから実家に来てくれたので
気恥ずかしいことでした。

2年ぶりということですっかり大きくなったひ孫たちの成長ぶりに
母は目を細めていました。
長男家族と一緒でにぎやかに母を囲むことができ、私もうれしいひと時でした。













念願の甲斐駒に


8月25日
夜中の1時ごろ家を出発。
夫は助手席で寝ていらして
昨夜寝てないわたしが運転。
九州出張の後飛行機が満席で
大阪で一泊してさらに早朝新幹線を乗り継いで直接仕事に。
非常勤になったというのに何たる働きぶり。
でもってしわ寄せは私にというわけで
一回も起きもせず隣で熟睡。

無事3時半ごろには何とか芦安駐車場に。
何回か来たことはあるけれど
夜の道と駐車場はドキドキものだった。
そのために早く来たのに
1時間ほどの仮眠をしている間に
タクシーは全部出てしまって
5時50分始発のバスで広河原に。
さらに北沢峠行のバスに乗り継ぎ。
平日とはいえ2台のバスが出て後ろのバスに乗ったので
広河原着はほぼ7時30分。

実は大胆にも日帰りをもくろんでいるので
10分、20分が惜しいところだけれど、、、。
予定は登りを双児山~駒津峰~甲斐駒
帰りは駒津峰から仙水峠経由仙水小屋ルート。
登りも下りもコースタイムを大幅に上回ることの多い軟弱ものの二人が
通常のコースタイムでもぎりぎりの日帰りが可能か
初めから無理・無謀な計画!!

北沢峠バス停前の双児山登山口7時40分発。
8.258甲斐駒5

視界のない樹林帯をただひたすら登って40分で2合目
8.258甲斐駒4

ほぼコースタイムの2時間で双児山に。
8.258甲斐駒3

ようやく視界が開け次に目指す駒津峰が眼前に。
8.258甲斐駒2

ザラ場の急登を駒津峰には10時30分着。
ここまでもまずはほぼコースタイム。
すっかりお腹が空いた私はここでおにぎりにトウモロコシも。
しかしここでの標識で山頂までの時間と帰りの時間を計算して
ようやく本日の予定を理解した夫は急に食欲をなくし気ばかり焦るよう。
8.258甲斐駒

荷物をデポして出発。
11時6分8合目に
8.25甲斐駒6

ここから次第に大きな石がゴロゴロ
8.25甲斐駒7

このでっかい岩が六方石?
8.25甲斐駒8

いよいよ分岐。
もちろん我々はまき道で。
だけど巻き道とはいえかなりの岩場。

それでも何となく岩に白みが増してきた
8.25甲斐駒9

大きな花崗岩を縫いながら足元は砂礫で滑りやすい
8.25甲斐駒10

この標識あたりから摩利支天が近くに
もう摩利支天に登るなんてさらさら考えない。
反対方向にやっと甲斐駒の山頂が見えてきたけれど
ザレ場の急登がまだまだかなりかなり・・・

8.25甲斐駒11
私はこの山頂近くのザレ場にものすごく弱い。
それを知る夫が後ろから「とっととットと登れ」発破をかけてくる。
ヘロヘロ登っていてふと後ろを見ると
何とえらそうにのたもうた夫の足が止まっている。
ウシシ気付かぬふりで笑いを噛みしめながらそのまま山頂に。
12時7分到着です。
8.25甲斐駒12

はあ~やりました!!
4年ぶりのリベンジ。
8.25甲斐駒山頂
やっぱり来てみないとわからなかった甲斐駒山頂。
天気は悪くないけれど
視界は良くなくて見えるはずの南アルプスの雄たる山々はガスの中。
でももうみんな登ったわけでこの甲斐駒にさえ登れればいいのだ!!
8.25甲斐駒14

山頂まで大きな花崗岩がゴロゴロしていて
それらが海から隆起したものだなんて信じられない。
しかもいまだに年間0.4mmずつ高くなっているそう。
この先3000mの山になるかも(^_^;)

とはいえそんな感激に浸っている暇はない。
持参のミニトマトなど食べてすぐ下山。
もちろん摩利支天への登山道があるまき道から。
8.25甲斐駒15

再び駒津峰に13時37分。
8.25甲斐駒16

仙水峠コースの予定を変更して
コース時間が10分少ない双児山のピストンに変更。
以前撤退した場所から下りて見たかったけど
4時のバスに間に合うかどうかの瀬戸際。

転げ下りるように必死で下ったけれど
本当にここを朝、登ったっけというほどに遠いのなんのって、長いのなんのって、、、。
いや~それでも15時51分にバス停に到着。
8.25甲斐駒18

無事広河原行最終バスに。
非常食だけは持ってきたけれど
山小舎は予約してなかったのでヒヤヒヤものだった。
でもバスに乗れたら本日の行程はすべて良しということで。
さすが名にし負う名峰ではありました。
行った甲斐がありました。

帰りは芦安の金山沢温泉に立ち寄ったら6時で終了ということで
もう少し下ったところにある天恵泉白根天笑閣に。
ここは8時まで営業で地元の方でいっぱい。
市外の人も600円では入れる。

夫はまたここでビールなど飲んで運転を放棄。
私はぶつぶつ言いながら諏訪湖インターまで。
ここで初めての車中泊。
そのために買った車だけど
まだ一度も寝たことはなかったので初体験。
疲れていたので何とか寝れたけど
荷物が多くて前の座席を倒すだけの仮眠だったのでイマイチ。
次回はシュラフ持参でちゃんと後のの座席を倒してスペースを確保してフラットで寝てみたい。

ところで甲斐駒にチャレンジして雨天と強風のためあえなく撤退したのは
2012年の9月12日のことでした。
その時はちゃんと仙水小屋で泊まっったというのに、、、。
http://merienda07.blog95.fc2.com/blog-entry-2106.html



帰阪準備

8月24日
サザランディ
留守にするのでトマトはちょっと早めのものも収穫

8.24収穫2
ゴーヤは採れ過ぎても喜んでもらってくださる方が少なくて、、、(^_^;)

1週間家を空けるとなるといろいろ準備が。
生ものは極力減らして冷蔵庫やキッチンの掃除。
新聞の配達止め。
畑へのたっぷり目の水やりと収穫。
植木鉢ものを雨のかかる日陰に。
そしてお世話になっている
姑のご近所と親戚の方にお土産。
ちょうど稲城の梨が出回っていると教えてくださったので
稲城まで。
幻の梨といわれるこの時期だけの「稲城」と「みのり」。
そのついでにいつもの花屋に立ち追って
留守にするというのに手ぶらでは帰れずについ1鉢。

8.24収穫
サザランディ―:秋海棠や木立ベゴニアの種類かな。オレンジの小花が可愛い。
大丈夫かなあ??1週間無事でいてくれるかなあ?

そして冷蔵庫の生ものとゴーヤと梨を届けに二男宅にも。
だ、だけど一番忙しいというか
時間をかけているのは山計画。
今回は車で行くので
できればその間に行きたい山が4つ。
それらの山の地図とコースと宿泊についてあれこれ検討。
2つは楽々コースだけれど
一つはリベンジ。一つは全く未知の山なので、、。
イメージがある程度できるまで
ヤマレコやヤマケイや個人の山ブログをサーフィン。
問題は体力とお天気。
台風がらみの不安定な天気が山ではさらに不安定に。
逆に真夏日のかんかん照りのなかを行くのも消耗する。
雨も嫌だけどもっと怖いのが風。
週間予報を見ながら大阪に立ち寄り、和歌山の仕事を片付け
あわよくば山ものよくばりスケジュール。
旅行前はこうして眠る暇もないくらい忙しい。






ぎゃ!!あっという間の食害

8月23日
先日朝ふと気が付いて柿の葉を窓ガラス越しに
よーくよーく見たら何かしらの幼虫が。
ええっやばいと思っていたけれど2,3日そのままにしていたら
何と柿の葉は丸裸に。
8.23柿の木

その食欲の威力と食欲のすさまじさに感嘆。
多分その害虫は
イラガと思われるけれど
接触するととんでもなく痛いそうなのでそばにも寄れない状態。


 ドクガの仲間は毒針毛の毒物質による“かゆい毛虫”の代表ですが、イラガの仲間は毒液の注入による“痛い毛虫”の代表で、刺されると、 電撃的な痛みが走ります。刺すのは幼虫だけで、成虫などは無毒で、また、刺されたあともドクガの仲間よりは回復が早いのですが、刺された瞬間の痛みは二度と忘れられないほどです。 イラガの幼虫はいろいろの樹木の葉を食べますが、とくによく見られるのはカキ・サクラ・ウメ・アンズ・ケヤキ・カエデ類・ヤナギ類・クリ・クルミ・ザクロなどです。

それでなくても渋柿で実はあまりならないのに木ばかり大きくなってと
いつ伐ろうかと思っていたところなのでまあちょうどよかった。
今度こそバッサリ伐るぞ!!
でも今はまだ怖くてそばにも寄れない。
とはいえ狭い庭なのでその周りを通らないわけにもいかない。
長袖長ズボン帽子の完全武装で庭に出ることにしているのを
さらに徹底して。
成虫になると害はないそうだけど
すでに葉っぱは丸坊主で
まだ孵ってないとしたら
姿の見えない
エサのなくなったあの幼虫たちはどこへ行ったんでしょうね。

愕然としていたら
何と今度はオリーブの枝先の葉っぱがなくなっている。
8.23オリーブ

まさかとよく見たらなんと丸々太ったアゲハの幼虫が3匹も。
そういえばお向かいのご主人がお孫さんの学習教材にアゲハの幼虫いりませんかと
先日聞いてくださったけれどきっぱり断ったのに。
無許可で侵入してくるなよ。
お箸でつまんでビニール袋に入れたら
ずいぶん大きくて気持ち悪かった。
蛾にしろチョウチョにしろ私は成虫も好きではない。

ガーデニングをすれば
ミミズやムカデ類、コガネムシの幼虫にダンゴ虫など
けして可愛いと思えない虫たちとも付き合うことはやむを得ないけれど
蚊に毛虫は直接人体に危害があるし
花や樹木にも大きな被害を及ぼす。
退治以外に道はない。
今年はまだチャドクガを見てないと思っていたら
伏兵が。
チャドクガもしっかり見張らないと。
全く油断も隙もない!!








台風上陸と夫源病

8月22日
朝4時前に起こされた。
今から調布まで送ってくれ
ほんとに寝耳に水。

まだ覚めやらぬぼんやり状態をせかして
4時半のリムジンに乗るという。
4時半なら最寄駅からも出るのにというと
それじゃあ間に合わないとか。

8時に乗る予定の飛行機の便を
始発便の6時半に変えたらしい。
今朝は熊本までの出張。
まあ台風の影響が心配されるので
欠航にならないうちに早い便で出かけるのはいいとして

あまりにドタバタが過ぎる。
本人も寝過ごしたらしい。
二人ともいつもは起きている時間なのに
私も珍しく早起きせずに寝ていた。
大丈夫かなナビだって到着は32分と出ているし
調布は意外と距離があって遠い。
ハラハラドキドキで出かけたらなんとか28分に着いて
4時30分のバスに間に合った。
ひょっとして空港まで送ってくれということになるのではと
思っていたので助かった。

6時過ぎても電話はかかってこないし
テレビでは羽田発の欠航便の情報が次々。
こちらから電話すると
搭乗手続きを待っているところで
間にあったみたいだし、飛行機も出るみたい。
まあそれなら電話の1本ぐらいよこせよと思っていたら
何と次男から電話。
二男にも明日の朝送ってと夜中に車を返しに来た際に頼んでいたみたい。
誰にでもなんでも人の迷惑顧みず頼むんだから、、、。
この自己中のYKは年齢を加えるにしたがって
ひどくなっている気がする。
ここだけの話母上によく似てきたようで、、、。

その後についてはもちろん連絡がないので
何とかうまく運んでいるのでしょう。
昼過ぎまで強い雨と風で上陸した台風に落ち着かなかったけれど
早朝の豆台風の方が影響が大きくて
また体調が悪くなった気がしてやる気のない1日になってしまった。

先日友人に『夫源病』じゃないと言われたけれど
なるほど、なりそう。
家にいるようになった夫に翻弄される妻の多くがかかる病だと。
いちいち思い当たる
これから先が思いやられる。




庭に除草シート

8月21日
裏庭の草抜きまでなかなか手が回らないので
数年前に一人で除草シートを敷いてその上に砂利を敷いていたけれど
いつの間にか強い雑草とホタルブクロや
隣家のアガパンサスやンノウゼンカズラが繁殖してきて
何の効果もなくなっている。
山に行けなくなったことだし
夫に手伝わせて
何とかシートの交換をしてしまおうと取り掛かった。
先ずはそのエリアに映えている雑草を抜いた。
まあその生命力の旺盛なこと、
目を瞠るばかり。
除草シートの裏に縦横に根をはびこらせていた。
アガパンサスも掘り上げてみると
重たいほどの球根が4塊も。
ノウゼンカツラは見逃すとすぐにあちこちに根付いてしまうので
気が付くたびに抜いていたけれど
それでもまた、あちこちに。
ホタルブクロも何本かは別の場所に移して
残りはすべて抜いた。

午後からいよいよ砂利をのけて
土を慣らし除草シートを敷いて砂利を敷く作業。
ところが私は今までの砂利には随分土が混ざって
雑草が生えやすくなっているので
一度全部土を洗い流して再利用するつもり。
ところが水道の蛇口がないので
表まで行って洗うか
風呂場か洗面所からホースをひいて
バケツなどで洗うということに。
その面倒さに値を上げた夫は
一気にやる気をなくし、
石は洗わずにそのまま使えばと言い張る。
ご近所にまる聞こえの大声で喧嘩したけれど
結局生えてきた雑草の草取りはすべて夫が引き受けるということで合意。

それでも思っていた場所の全部はできずに途中で終了。
残りはいつになることやら、、、。
庭の手入れや始末やの外回りの修理などはすべて私に任せていたので
なんにも知らないくせに!
やってもらおうじゃないのと居直ったけれど
多分そうそうに音を上げるはずと
妥協しない方がよかったのではと不安半分。

どうなることでしょう?



TPPどうなるの?

8月20日
午前中久しぶりにユニクロに。
急に強い雨が降ってきてびっくりした。
帰りに三越の地下で握りずし1人前を調達。
車を待ってるはずと急いで帰ってみると
夫は昼は姑とランチで出かけると思いきや
雨が降ってきたからやめたそう。
確かに時々強い雨が降って車いすでの外出は大変そう。

一人ランチでたまにはすしをと思ったのに、、、。
午後は講演会なので、時間もないしと
結局ほとんどを私一人で食べてしまった。
夫はラーメンを作って食べていた。
うしろめたく気まずかった。

講演会はキャノングローバル研究所の山下一仁さん。
タイトルは《TPPと農業立国」

アメリカの大統領選や
担当大臣だった甘利さんの金銭授受問題からの退任・やる気のなさげな後任の石原伸晃氏。
参議院選挙ではあまり争点にもならず、
石原氏の留任で先行き・雲行きが怪しくなってきたような・・・

さてさてどんなお話と思っていたら
一般的なTPP論と違って
元農林水産省のキャリア、
内情をよくご存じで面白かった。
それぞれの関連企業・関連組織・農業関係者などの
直接的な利害関係はもちろん
日本の農業政策の行き過ぎた保護政策や
農協についてなど
甘利さんがはめられるほどに
そこに絡む根深い問題が幾重にもあるらしきことが、、、。
同じようなことが各国であるわけで
一筋縄でいくことなどあろうはずもないにしても
マスコミも
もうちょっと本当のところ、本質を、明るみに出してほしい。
とりあえず山下さんの著作を読んで勉強しないとという気になった。





むかつく


8月19日
8.19収穫

昨日の高尾山登山からからなんとなく体調が悪いのは確か。
だけどむかつくのはそのせいじゃない。
ミニトマトはそろそろ盛りも過ぎたけれど
ゴーヤはこれからという感じで
食べきれるかなと心配していいるというのに
今日、肉が食べたいと自分で買い物に行った夫は
きのこやレタスとともにゴーヤを買ってきていた。

我が家のはこぶりで辛みも少ないという品種だけれど
一回り大きい。
しかも50円だったとか。

そりゃわが家で採れるときは出盛りの一番安い時。
だからってわざわざ買うことないでしょう?
我が家でも食べきれないで困っているものを。
ゴーヤ

苗は1本しか買わなかったけれど
なぜか元気がいい。
同じネットに這わせた
2本買ったキウリは1本は枯れ、もう1本もあまり収穫もなく終わってしまった。
このゴーヤだけが実のなるのは遅かったけれど、
いまごろ
ネットを超えてミモザの上に這い登って
あちこちに実をつけてぶら下がっている
(写真に写っているのは2個)



高尾山に

8月18日
夏山シーズンだというのに全然行けてない。
夫が非常勤になったはずなのに仕事仕事というし、
息子は車を貸してというし、
たまに夫もいて車もあれば天気が悪いと来る。

性懲りもなく山計画だけはいくつも立てている私。
とりあえず夫がイタリアで買った山靴のためし履きだけはということで
高尾山に。
8.18高尾山
清滝口6時に到着

雨予報で今にも降り出しそうだけれど
降ったらすぐ撤退ということで
往きは6号路の琵琶滝から1号路に抜けるコースで。
8.18高尾山2
6号路登山口

8.18高尾山3
琵琶滝

8.18高尾山4
このコースは意外ときつくて上級コース向けになっているので
トレーニングにはいい。


1号路と合流して薬王院山門の横から4号路に。
山門の横に4号路ルートの入り口がある

8.18高尾山6

つり橋を渡って高尾山、山頂下に。
8.18高尾山7

山頂も平日、早朝、雨予報とという条件がそろって
ほぼ人の気配なし。
8.18高尾山8

晴れた土・日の混雑ぶりがうそのよう。
もっとも見晴らし台からも何にも見えず
8.18高尾山9

コンビニで買ったサンドイッチにお茶で朝食。
人はいないけど代わりに子猫が一匹いました。
8.18高尾山10

下りは6号から。
結局雨も降らず無事に下山。
清滝は8時半。

9時半には自宅で風呂に。
夫は最初は靴が当たって痛いとか言っていたけれど、
しばらくしてなじんできたようで
やっぱり上等の靴はなじみが早いとか言ってご機嫌。

できれば行きたい山のコースを念頭に
いつもよりピッチを上げて歩いてみたら
山ではなんともなかったけれど
帰ってから気分が悪くなった。
曇っていたけれど湿度が高かったのでてひょよっとして熱中症かも。
やっぱり年齢と実力相応のペースがいちばん。
高尾山だからよかったけれど、、、。

昼前に代休で休みが取れた娘が来て
イタリアで買ってきたトリュフのオイル漬けを使って
スパゲティに。
うんまあそれなりにという程度だけれど
そこそこトリュフの香りがして美味しかった。
トリュフの入った塩も買ってきたけれど
こちらは香るというほどではないような、、、。
でも気分で料理によって使いわけてみている。

午後保険屋さんに来てもらって
彼女の保険の見直し。
未婚なので医療保険とともに年金タイプの加入の見直し。
いままでほとんど私がやっていたが、
そろそろ本人に責任を委譲して
老後設計してもらわないと。
我々も年金暮らしが始まって
いまだに公的年金の手取りがどの程度になるのか
把握できてないけれど
個人年金に加入しててよかったと思えるので
彼女にもぜひにと。
元気であっても想定外に延びている寿命と、
今後の公的年金がとても期待できないので
蓄えについてはしっかり設計してほしい。
もちろんご承知とは思うけど私たちは残せはしないので。



ハラペーニョ届きました!夏野菜便第2弾

8月17日
京都からの夏野菜第2便が届きました。
トウモロコシとハラペーニョを催促していたので(^_^.)
8.17京野菜2
トウモロコシ・ブルーベリー・モロッコインゲン・キウリ・ミニトマト
8.17京野菜
そして辛みの強いハラペーニョとまさに激辛そうな赤唐辛子

夏だからと言って食欲がないわけじゃないし、
とりたてて激辛好きというわけでもないけれど
つーんと鼻から頭のてっぺんに抜けるような辛味にこわごわ挑戦するのも
結構楽しい。
クックパッドを見るとハラペーニョのピクルスなども紹介されていた。
手袋をしないと触った手がヒリヒリするというくらい。

それでも激辛のハバネロと比べると
唐辛子の辛さの単位であるスコヴィル値で比較した場合、
・ハバネロ:約300,000スコヴィル
・ハラペーニョ:約2,500~3,000スコヴィル
だそうです。
ハラペーニョの100倍って
ハバネロってどんだけ辛いねん??

食べるラー油・サルサ・そしてピクルスにも使ってみたい。








はあ内弁慶です

8月16日
8.16収穫
当たり前だけど同じよう庵ものが取れているわけで、、(^_^;)

本当はこの4日間は夫が休めるので
海南の夫の実家の整理に行くか山に行くかと心づもりしていたけれど
二男夫婦が二人で車を使いたいとな。

仕事は名目上非常勤になった夫と
年中暇で遊びほうけている私が
やっと二日ばかり休んでドライブしたいという
その要望を却下できるはずもなくて。
いいよいいよゆっくり行っておいでと聴きわけよく送り出した。

それで彼らが出発する前に
慌ててマンションの改修工事が始まるので
その前にベランダの鉢苗と空鉢もらってくれると言われてた
鉢を受けとりに。
本当はもう植える場所もおける場所もないのだけれど、、、。

ほんと調子ばかりいいんだから~。
東京は曇り空の蒸し暑い日だけど
松本は快晴で暑いんだと。
良かったじゃん(^_^.)
山もきっと快晴だろう(-_-)



頭が痛い!滞ったブログの悪循環

8月15日
イタリアに10日間も行ったのはよかったけれど
そのあと富士見高原から木曽駒で3泊、
そのあと赤石と荒川で4泊5日
そのあと夏休みの孫守り
それに自慢じゃないけれど
滞っているのはブログだけではないので
引き続きパソコンの断捨離の継続
二男の会計の整理
などなどと
言い訳ばかり100ほど並べて
要するに
ブログが滞ってしまってめちゃくちゃ。
ところが妙に
律儀というか
きちんとした性格というか(絶対そんなことはない!!)
いまさらだけど
イアタリア旅行の日を追いながら思い出し書きしては更新している。
忘れていたり、もともとよく知らなかったりを
調べたり、写真を見たり、パンフレットを見たりしていると
1日分のブログを書くのに二日も三日もかかったりして、、。
それでも何とか書き上げてみると
やっぱり自分のなかではそれなりに整理ができた気がして
ほっとする。
と言ってもまだほっとしてない旅行は
昨年のニュージランド、一昨年のマチュピチュ…そういえばベトナムもオランダもと、、、。
いつになることやら???
そうこうしている間に書きそびれている
赤石や荒川岳のことも日々のことなども忘れてしまうわけで、、、(^_^;)




究極の安・近・短

8月14日
8.14収穫
ジャガイモの大きいのが取れてびっくりした
生ごみからだからただの皮だったはず。
ゴーヤ・ナス・ミニトマト・みょうが・ししとう・ピーマン・万願寺
これだけ採れれば上等(^_^.)

借りてきたミレニアムのDVDの見直し。
180分の長編の途中で居眠りしてしまった。
どれくらい眠っていたのかわからないけれど
そのまま見終わってさして問題はなかったような。
もともと劇場版より30分ほど長い完全版なので
なんて言い訳にもならない(ー_ー)!!

気になってもう一度全部見た。
やっぱり二度目の方が面白かった。
これが1泊2日108円で見れるなんて。
私には究極の安近短のエンターテイメント。
シリーズものを複数回見ると
愛着の度合いが濃くなって
それもまた新たな楽しみ。



お盆に

8月13日
8.12庭2
るりまつり
8.12庭
バーベナ(ピンクに写っているけれど本当はパープル)

夏の陽射しに負けないで涼しげな色で咲いている。
百日草の原色もいいけれどブルー系の花にも癒される。

息子が車を使っているので
夫は姑との会食は電車で。
娘と待ち合わせて二人で行ってくれた。
外出には暑いので
お弁当持参で訪問の予定。

月命日のお墓参りを済ませてきたと
午後友人が来宅。
未亡人になってもう4年目かな、、、?
趣味に忙しくて普段寂しさは感じないけれど
それ以上はわからないし聞きもしないけれど、、。

母も帰省した妹と一緒に今日はきっと父のお墓参り。
舅のお墓には知人や親せきが花を供えてくださったそう。
お盆だものね。
それでいて東京にいて何もしてない。

先日古希を過ぎたというと
古希高齢者なんて言われたけれど
ほんと戦後生まれも高齢者の中核を担うことに。

経済的にも肉体的にも若い人に
迷惑や負担をかける世代にはなりたくない。
戦後世代であっても団塊世代には入れてもらえない微妙な世代だけど
新しい老い方をしていきたいよね。







オリンピックたけなわ

8月12日
8.12庭4

8.12庭3
夏に強いジーニア。ひょろひょろに徒長して1株50円もしない特価だったのが
うまく定着してくれてうれしい(~_~;)


まだパソコンの断捨離は途中だけれど
気になっていた息子の会計の帳簿にようやく手を付けた。
平成8年バージョンをいまだに使っているので
ウインドウズ10で使えなくなりそうなのが心配の種。
結局バージョンアップしないでそのまま使うことに。
新しいソフトを買うほど息子の仕事も利益は出てないし
それほど大きな数字や複雑な操作もいらないので
パソコン同様このまま使うことに。
彼はまたこの夏仕事で大きな決断を迫られて
さらに困難な状況ではあるけれど
実質独立してから10年に。
一筋に続けてきたその努力は親ばかにしても見上げたもの。
ボンタンはいてタバコ吸って学校の廊下に数人で座り込んでいた
彼の中学時代の記憶がまだあるので、、、。
本人はとっくに忘れたか
親が思うほどの記憶ではないかもしれないけれど、、、。

オリンピックたけなわ。
メダル争いのひのき舞台に立つ選手たちを頂点に
そのすそ野にはどれだけ努力し汗を流している多くの選手たちがいることか。
そしてまたそれをサポートし応援する家族や友人や地域の人や。
それらすべての人を元気にするのがオリンピック。
何もしてない我我だって。
夫など負けても勝ってもうるうるしながら
感動をありがとうと言っている(^_^;)







山の日

8月11日
8.11スイレン
スイレン:今朝は2つ咲いている
8・11ミニトマト
ミニトマト:色づいたトマトが可愛い。
狭い庭なので連作・密植だけれど生ごみ・アスカマン・牛糞・鶏糞だけで何とか収穫できている
8.11ししとう
ししとう:いくつなっているでしょう?というくらい保護色。


めでたい山の日なのにずっと家にいた。
禿げて白髪の夫の頭の散髪。
イタリアでは禿げたらみんなスキンヘッドということなので
夫もかなりご自由の身になられたことだし
坊主にすればと言ったけれど日本人のこだわりゆえかノーとのこと。
さすれば日本の理容室も
こういう方も散髪すればいいのに
「どうされますか」とか手の施しようもないと言わんばかりの対応をされてから
2度と行かなくなった。
超簡単&時短で同額稼げるっていうのに。
そしてテレビでサッカーや福原の敗退に消沈していたら
自分も美容室を10時に予約していたことをすっかり忘れていた。

午後にしてもらってついでに買物とビデオショップに。
シネマのブログサイトを1か月以上更新してなくて
広告が入ってしまった。
以前借りに行ってないと言われたミレニアムⅡを検索してから借りに。
タイトルの打ち間違いだったみたい。
178分の長編だったけど
退屈せずに見れた。




昼寝で爆睡

8月10日
8.10収穫

朝6時前から庭に出て8時過ぎまで
あれこれ手入れをしたつもりだけれど
結果としてさほど目に見える成果がないところがつらい。
野菜は在庫があるので
採らないつもりがこれ以上置いておくとダメというのがあって
やっぱりすこしだけ収穫。
見逃してしまっている間に大きくなったり熟れすぎたり。
赤いししとうは泣きそうなくらい辛かった。
辛いとわかっていれば別の料理に使うけれど
グリーンのものなど外見からは全然わからずに辛いものがあって
本当に困る。
大人でも辛いのに子供だったらと思うと、、、。
夕方強いにわか雨が降ってくれて水遣りを免れた。

最近長袖シャツ、長ズボン・雨靴、それに防虫ネット・さらに農作業用の帽子・軍手

そして腕にはどこでもベープ未来と完全防備。

お値段も安くなってきたみたいだけれど
私は3年目で取り換え用を交換しながら。

ただし私にはベープだけでOKとは行かないので重装備。
でもたぶんないよりまし!?

他人様に見られたら何者といういでたちだけど
虫だけには好かれるタイプなのでこの格好をするようになってから
蚊に刺されずに庭仕事ができ快適。
でも細かい作業でつい軍手を外すと
待っていたかのようにすぐに刺されてしまう。
でもおかしい。ベープもしているのにと
思ったらスイッチを入れるのを忘れていたりして、、、(+_+)

そのあとなんだか疲れて気力落ち。
朝からベッドに横になると
起き上がれなくてそのままお昼まで爆睡。

孫たちは今日朝早くから
保育園や学童に行ったかと思うと大丈夫かなと気になった。
きっと同じように疲れているはずだけど
十分若いからきっと大丈夫だよね。








京王レールランド

8月9日

今日のお二人のご希望はレールランド。夫が荻野の200m決勝を見たいというのでかなり、出遅れた。
予想以上に込んでいて
若一番希望のプラレールは40分並んで整理券をもらってさらに30分待ち。
遊ぶ前から疲れるぜ

8.9レールランド2

8.9レールランド

でも充分に遊んで2時ごろまで。
帰って食事をして
今度はまたプールに。

それでいて夕方には帰ると言い出す姫。
若は全然平気だけど
一度里心のついた姫は夜になると落ち着かないみたい。
それでまたもやご指名でママが迎えにくる最寄駅まで送りとどけた。

いても楽しいし、帰ればさみしくてもほっとするわけで。
一泊二日お互いにちょうどいいかも。





ちびっ子ギャング再襲来

8月8日
朝7時半に夫がお迎えに。
8時半にはご到着。

さっそくプールに行こうコールはいいとして
若の浮き輪を忘れたそう。
トーマスのついたいかにもお高い浮き輪だったのに。

以前やはり姫の浮き輪とゴーグルが無くてプールで買ったら
結構な値段でびっくりした。

今回はそんな散在したくない。
わが家はすでに年金暮らしに突入したんだぞと
説明してもわかるはずは無いけれど。

確かにこの間まで子供たちの浮葉を保存していたはずと
探したけれど
ビーチボールは出てきたけれど
浮き輪は出てこず。

仕方なく百均じゃなく300円均一店に見に行った。
そしたらなんと売れ筋ナンバーワンという風に
大量に置いてあった。
素材にはやはり薄さを感じるけれど
この夏使えればいいということで即購入。
プールでは大いに役立って楽しく遊べた。

何とご近所の方もご夫婦で孫づれで来ておられたり、
やはり孫とお付き合いのお知り合いの方にもおあいして
夏休みの孫守りで忙しいシルバー世代の実態が浮き彫りに。

夜は姫の好きなトリノ手羽先と手羽元を揚げ煮したもの。
また、二男夫婦も来てくれてにぎやかだったけれど
なんだかイマイチ食欲もなく元気もないと思いきやホームシックだった。
若は疲れたのかグーグー寝てしまったけれど
姫はママ・ママとぐしゅぐしゅ。
いまどきは携帯があるので
すぐさま電話できたりするけれど
その分思い切りが悪いかも。
ママに勝てる武器などないので
様子を見ながら小一時間。
ようやく泣き寝入りしてくれた。





夏野菜豊漁

8月7日
京都でリタイヤ後500坪もの農場を一人で取り仕切っている友人が
今年も夏野菜を送ってくれた。
テントウムシだましの発生でナスやトマトが被害を受け大変だったそうだけど
何とか回復したとのこと。
松本野菜8.7
トマト・ナス・キウリ・ズッキーニー・オクラ・ブルーベリー

ちなみに5坪あるかなきやのわが菜園も収穫期。
収穫8.7
ナス・トマト・ゴーヤ・万願寺・しし糖・みょうが・シロナ

お野菜がいっぱいあるとあるだけで豊かな気分で
身体の元気までも保証されたって気がするけれど
うまく料理して無駄のないようにしないとね。












健康寿命

8月6日
8.5野菜
ゴーヤが3本目
茗荷がたくさん取れて先日妹にもあげた
ししとうの中に混じる大きいものは万願寺とうがらし。
来年はもっと植えたい。

最近夫は朝の散歩を復活して
6時前から小1時間歩いてくる。
散歩から帰ると庭で朝の野菜を調達してから風呂に入る。
だいたい6時50分に焼き上がるようパンはセットしているので
7時には飯!飯!ということに。
はい、おかげさまでコーヒーまで入れてくれて。

盛夏の間は無農薬ニンジンも手に入らないので
ニンジンジュースは
1日分の野菜というパックもので済ませているので
ニンジンジュース専任の彼も時短です。

秋になってもニンジンが出回ってからも
このままパックにしておこうということにならないかと心配。

ところで野菜はバルサミコ酢で生食に凝ってらしたが
いつの間にか
炒めて食べるパターンに。
イタリア人の元気で長生きはオリーブ油を使って
炒めているから
野菜はいためて食べた方がいいらしい。
それに量もたくさん食べられるし美味しいとか。
彼も少しは考えているようで、、、(~_~;)
元気で支障のない日常生活を送れる平均年齢は男性は71歳やと
元気で長生きへの関心も高い。
何しろあとがない年齢になってしまったので。

午前中NPOの理事会だったけど
車を二男が使っていたので歩きで会場に。
暑すぎて汗が噴き出すので、日傘をさして走ったり、早歩きもできずに
普通に歩いていくと30分以上もかかった。

ランチは久しぶりに誘われて日野の小さなレストランに。
相談相手になるほど頼りがいは無いけれど
話し相手ぐらいは、、、。
若夫婦が手掛ける感じのいいレストランで美味しかった。
アン プティ シャンス 2

アン プティ シャンス

アン プティ シャンス 3


”アン プティ シャンス(Une Petite Chance)”
東京都 日野市 南平 4-3-24



パソコンディスクの断捨離

8月5日
睡蓮
睡蓮:今年もよく咲いている。
メダカ
メダカはかなり大きくなって色もついてきた。
何とこの暑いのにまだ卵を抱いているのまでいる。

ブログが大いにとどこおっていて気になるけれど
もっと気になっていたパソコンの掃除にようやく着手した。
先月遅まきながら
ウインドウズ10に乗り換えようかと迷ったが
5年物の本体の寿命を考えると
たまりにたまって整理できていない写真とその他のドキュメントファイルを整理することが先決。
そう思って取り掛かったら時間のかかることおびただしい。
今回の旅行でも700枚も写真を撮ってきたけれど
だいたい1日で百枚以上も撮ったりしている写真が
2000年分からたまっている。
さらにコピーしたり、外付けのハードディスクに保存したりで
夥しい量になっている。

重複しているものやいらないものは削除してすっきりしたいと思い続けていたわけで。
でもまあいざ取り掛かってみるといやー大変。
部屋の断捨離も大変だけどパソコンも想像以上。
まあの近かった舟で降りるあわけにもいかない。
これさえすめば細身になっていまより早く稼働するかもと期待しながら、、、。

衣類や本と同じですべて削除しても
だれも困らないし泣きもしないことに
時間をかけているあほくささはまあ問題外として、、、(+_+)



新聞習慣

8月4日
新聞

山に行っていた間と
その後のあわただしさの中で
読めなかった新聞がたまっている。
私が日経で必ず目を通すのは
私の履歴書と新聞小説。
それから1面に戻ることもあれば
後から順番に読むことも。
それが1週間分も溜まって
どさっとテーブルに載っているだけで
やり残した仕事を突きつけられている気分だし
テーブルの上も全然片付かなくて気持ちが悪い。
だけど忙しいときに新聞を読まなきゃって言うのも結構ストレス。
朝仕事が片付いて
テーブルにゆっくり座り、お茶でも飲みながら
新聞の隅まで目を通しながら思いがけない記事など拾って
「へ~」とか思うのは快感だけど
読まなきゃというのが1週間分も溜まるとすごい量。
結局一面と最終面だけでOKということに。
イタリアに行った10日間にもテロが2件も発生し
参議院選挙。
山に行っている間には福祉施設での大量殺人に
都知事選挙。
知らずに済ませられない事件や世情・政治。
暇な主婦でさえこうだもの
仕事を持つ人たちってどうしてるんだろう?




高尾山ビアマウントに

8月3日
久しぶりの高尾山。
料理会のメンバーさんと恒例になっている高尾山ビアマウントでの暑気払い。

その前の耐暑訓練(?)の高尾山登山参加者は7人。
3時に集合して6号路から。
8.3高尾山5

谷あいのコースは緑陰とひんやりした風が心地よいけれど
さりとて真夏日の酷暑は避けがたく汗が滝のよう。
まあそれも気持ちいいともいえて、、、。

心配した標準体重オーバーの妹も無事頂上に。
平日午後4時半の高尾山は
土日の高尾山とは思えないほど静か。

8.3高尾山4

あいにく富士山は見えなかったけれど
都心方向はすっきり見えた。

5時集合なのですでに遅刻が確定してしまっているので早々に下山。
すでに閉鎖してしまっていた薬王院の境内も帽子を取って拝礼のみ。

8.3高尾山3

ケーブル山頂駅で直接ビアマント組の方2名と合流して会場に。
5時前なのでまだ席も9人バッチリ座れていざ。
2時間制なのでおしゃべりに専念すると元が取れないので
先ずは生ビールで乾杯。
この1っパイのために大汗をかいた人と
ビールは汗をかかずにじっくり楽しみたい派も
とにかく乾杯。
8.3高尾山2

後は食べ放題の料理と飲み放題のアルコールを好きなだけ。
いっしょに南アルプスに行ったか方や貸農園で作業されている方など
共通の話題も個人情報もそしてちょっぴり料理の話題も加えて
大いに盛り上がった。

8.3高尾山

元気で毎年参加できるだけでいいよねを合言葉に
また、来年も来れるといいなあ。



孫守り2日目

8月2日
今日は夫もいて孫守り2日目。

昨日同様
10時からプールに外食ランチ。
プールから帰って昼寝をしたのは夫だけ。
相変わらずよく遊ぶけれど
うち遊びだけだったので助かった。

明日高尾山に行く予定なので一緒に行くつもりが
ねえねが行かないというと
若も同調し
結局夕方お帰りになることに。
ママの待つ最寄駅まで送る役にご指名。
無事送り届けて後は
こちらが爆睡。
可愛いとはいえお付き合いするとヘロヘロ。
ちょっとさびしくても体力も気力も限界に近い?
きっとお二人も今頃

来週も襲来予定です!



カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ