母と二人で考慮中

5月31日
妹は母の引き出しを片付け
同じものの多いことにぶつくさ。
すると母も負けじと
もう少しやせた方がいいと。
毎度のうちわ喧嘩のような会話を聞きながら
まだまだ母も元気だとほっとする。
明日から予定のある妹は午後帰宅。
その前に家から持参した
葛餅を作った。
娘が奈良の土産にくれたのを持ってきていたのだけれど
さすがに本葛で美味しかった。
葛餅

妹が帰ったあと今度は私が母の衣類の整理。
前回もずいぶん整理したはずが
何と処分せずに考慮中という袋を作って物置に。
すでに1年近くたつので
もう一度見て考慮してもらった。
やっぱり私も
「考慮中』じゃなくて「拘留中』だねと嫌味。
それでも惜しそうにそれはまだ新しい、
それは普段着ならまだ着られるとあいかわらず。
無視してさっさと以前ブログにコメントしてくださった
豊能作業所に送るべく段ボールに詰めた。

> バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
バザー品の送り先:豊能障害者労働センター

差し上げられない状態と判断したものは
次回の資源ごみに出せるようビニール袋に。
多分もう一度考慮するかもしれないけれど
まあとりあえずだいぶ片付いた。

夜は交流戦が始まって待望の阿部が復帰し
絵で描いたようにツーランなど打って母は超ご機嫌。
阿部サンキュー!
ちなみに私はどちらかと言えばアンチ巨人で
まあどこかと言えば阪神びいき(^_^;)



高野山から富田林経由

5月30日
朝6時半から朝の勤行に参加して
朝食。
高野山5.31

雨模様だったので
行ったことのある妹と母は部屋に。
私一人で奥の院散策。
高野山5.31-2

しっとり濡れた杉木立と林立する墓標群。
戦国武将たちも死しては安寧な極楽浄土等しく願うものなのですね。
同じ地に眠っておるというのも不思議。
歴史で名を知るその方たち間に現代の企業や多分地方の財閥と思われる方々の墓所。
生きても死してもお金がないと彷徨を続けるのかしらと、、、?

あとは弘法大師におすがりするのみ!

高野山5.31-3
奥の院弘法大師御廟

10時にチェックアウトして帰路に。
帰りは橋本から河内長野経由で富田林に。
知人が一昨年事故で脊椎損傷で歩行困難に。
直接会ってのお見舞いには伺ってなかったので立ち寄ってお見舞いに。
ちょうどリハビリを終えた
リハビリセンターで一緒に昼食。
車椅子姿になった彼を見るのは初めてだったけれど
電話では何度か話をしていたので
お互いにいつも通りの会話が始まった。

一人で車を運転してリハビリに通えるようになっているだけでも
その間の彼の心身の苦痛と克服のための努力は察するに余りある。

途中和歌山名物柿の葉寿司やサバずしを。
両方とも美味しかったし
もちろん彼もすごく喜んでくれた。
母や、妹も過去にもあったことがあり、
とりわけ若い頃(痩せてた&美しかった??)の妹を知っていてくれることを
喜んでいたのは妹の方。

そのあと路面店のユニクロに。
母は一度もユニクロに行ったことがないというので
エアリズムの下着やTシャツなどを買った。
我々も便乗してお揃いのリラコなど。

そして時間通り5時に車を返却。
渋滞もなくスムーズなドライブで無事でよかったよかった。
父がにぎやかな3人の道行きを見守ってくれていたかも。






母娘で高野山に

5月29日
昨夜遅くに来た妹もそろって3人で高野山に。
駅でレンタカーを調達。
90歳の母をドアツードアで。
よく考えると私は高野山は初めてかも。
往きは高速で阪南ICまで行き紀ノ川沿いに。
今日のお宿は妹の紹介で宿坊一乗院。
10時半ごろ出て、途中渋滞もなく12時過ぎにはもう宿坊に。
一乗院5

車を駐車させていただいて昼食。
そのあと歩いて散策に。
近いとはいえ往復すれば1km以上の距離を母も一緒に。
見どころは金剛峰寺。
蟠龍庭の日本一広いと言われる石庭や豊臣秀次自刃の間など見どころ一杯。
一乗院4

読んだばかりの最後の将軍の内容と重なって歴史がそのまま息づいている感が妙にリアル。

さらに壇上伽藍まで行き
昨年の開創1200年を記念して、172年ぶりに再建された中門を通って
一乗院3

金堂や三鈷の松を見てから宿に。

妹のご縁でお部屋は奥の書院という貴賓室。
あまりのおもてなしに腰が浮いちゃう感じでしたが
厚かましくご厚意に甘えて。
一乗院2

雨が本降りになってきたものの
美しい庭を眺めながら丹精込めた精進料理の数々に舌鼓。
一乗院

母と妹3人そろってこられたことの幸せに感謝のひと時でした



京都に


5月28日
友人が今日会おうよと電話。
11時に河原町で待ち合わせ。
ランチにまで少し間があるので高瀬川まで歩き
そこのベンチに座っておしゃべり。
こんなところでと思ったけれどなかなか落ち着くスポット。
それから鴨川べりを散策し、
彼女の知るそばやに向かううち
途中木屋町ににあった明太子のやまや直営のお店に。

個室風の空間に案内されて
明太子・高菜食べ放題付きのランチに大いに満足。
5.28京都
博多郷土料理がめ煮(筑前煮)
5.28京都4
じっく漬け豚しょうが焼(国産豚使用)
5.28京都3
明太子・高菜
5.28京都2

ひじきの小鉢もついて各定食1000円。

ごはんもお変わりできるので
大好きな明太子と高菜だけでお替りしてしまいそう(^_^;)
控えるのがつらい!

いいお店見つけたとご機嫌。
そのあと錦小路を抜けてドトールに。
彼女の予定がある3時過ぎまでおしゃべり。
中学時代の同窓生だけど
中学時代は話をしたこともなかったのに
今こうしてともに時間を過ごせるご縁の不思議。
それに今日は彼女のごくプライベートなことまで話題に。
さらに親密度が増したようでうれしい。

帰り道実家への道すがらマンションの林立でほとんど消えてしまった畑に
まだ少し残る水田に水が張られ
田植えの済んだ風景が懐かしかった。
水田

新幹線からも
水田の広がる風景がとても新鮮な気がした。
水田が空を映して景色が倍になるせいか
いつも見る風景と違って
最近私の生活の中で水田の風景が遠のいていることを
改めて感じた。
夜にはカエルたちの泣き声も聞こえてきた。
多摩は全然都会とは思わないけれど
水田はずいぶん少ないということらしい。






大阪に


5月27日
昼過ぎ家をでて7時頃着。
母はかなり痩せたみたい。
歯が悪くて固いものが食べられないし、食事にも時間がかかる。
そのせいかと思うけれど、本人はダイエット成功と喜んでいる。
母は大の巨人ファンなので滞在中は私もにわかファン。あいにく阪神戦で連敗更新。
あきらかにご機嫌斜め。
そうそうに早寝。
写真はベランダで母が育てているあじさい。花をたくさんつけてこれにはご機嫌。



存在感ありすぎ

5月27日
スカシユリ

すかしゆり


今日から大阪に行くので待望の雨。
庭やベランダの苗や鉢物に水をやってねと言っても
責任を十分に果たす気がない夫に頼むだけイラつく。
雨がしっとり降ってくれればこれで2,3日は大丈夫かと。

雨の中スカシユリが咲き出した。
オルラヤもちどりそうも大事なバラを席巻して咲き誇っているけれど
その花たちをさらに蹴散らかして
スカシユリが咲く。
その大きさとはでな色味にはとても太刀打ちできない。

新聞のプレゼントでいただいた球根一つが
こんなに増殖するとは。
来年はもう少し場所を替えようと思う。
だけど日当たりのいい場所というのが
わが家は少なくて持っていき場所がないんだよねえ



久しぶりのはがき

5月26日
ジューンベリー
ジューンベリー:実が赤く色づいて黒みがかったのは食べごろ。
ジャムを作るほどもないのでつまんではそのまま口に。
甘くておいしい(~_~;)

最近個人名義の手紙はとんと来ない。
それが珍しく2枚も。
1枚は友人からの絵手紙。
やっぱりいいねえこうしていただくと。
うれしい。

そしてもう1枚は悲しい。
友人の娘さんからの死亡通知。
年賀状くらいしか交わさないお付き合いになってしまったここ数年。
でもよく思い出してはいたのだけれど、、、。
ご病気だったなんてちっとも知らなかった。
一緒だった時間の面影やしぐさ、言葉しっかり覚えているよ。
もう会えなくなったなんて思えない。

またねなんて言葉がそろそろ通用しなくなっているお年頃。
会いたくて会える機会があるならやっぱり会うに越したことはない。
元気なうちに面倒がらずに会いに行こう。

午後は多摩大学リレー講座
日本政治の近未来とメディア環境の変化
日本テレビの粕谷 賢之さん。
真摯で紳士すぎるという印象。
大学時代は早稲田大学雄弁会に所属していたにしては
お話に特別の内容がない場合少し抑揚を付けないと
視聴率低下につながるでしょう?
マイクはしっかり使ってくださったけれど
口調が淡々としていて聞きやすいけれど飽きる。
メディアの中枢人物なんだもの
政治権力とテレビメディア
放送法
新聞・テレビメディアに何が起きているか
などテーマは面白かったのに。

もっと裏や暗部を教えて!!











浄水器のカートリッジ交換

5月24日
片づけていたら鈴木その子さんの本が出てきた。
「痩せる水・太る水」

ダイエット法で一世を風靡した鈴木そのこさん自身が68歳とまだお若くて急逝されたので
その健康法もイマイチ下火になったかも。
わたしの料理法のバイブルでもあった
システムクッキングの著者丸元淑生さんも74歳でがんで亡くなった。
健康長命の食事法を研究実践されていたので
「なんで?」と思ったけれど
そのお仕事の忙しさやストレスが食事でカバーできないこともあるとして
とにかく知人の紹介のこの本は「へ~そうなんだ」と目からうろこ。

今でも私は大好きな鮭は水分交換のため水に浸けています。
まあ他はやってないのですが、、、。
鮭はチリ産の養殖物の油が気になって。

その本にまずは選ぶべきは浄水器とあり
慌てて浄水器を調べて見た。
まあ、やっぱりわが家にある日本ガイシの浄水器は間違いないということで
とりあえずとっくに期間が過ぎていたカートリッジを替えた。
液晶表示の水量ではまだ大丈夫となるけれど目安の1年はとっくに過ぎて正直2年は経過しているので。




カートリッジは前回替えたときにあたらしいのを買い置きしていた。
今回は買い置きは止めて必要になった時点で買うことにする。

カートリッジは日本碍子が無料でリサイクルのため引き取ってくれる。
いいシステムなのでゆうパックの着払いを申しこんだ。

たまにこういう本を読み返すのも私にはいろいろな動機づけになっていい。





メダカ孵化作戦


5月23日
ニゲラ2
ニゲラ:頂いた種からようやく咲いた

ニゲラ
同じくいただいたギリアも。セラスチュームとジギタリスはまだ花が咲かない。

先日小鉢の方のメダカも孵って喜んでいたら
いつの間にかいない。
次つぎ、卵を抱いたメダカを隔離していたので
どうも食べられてしまったみたい。
メダカ小鉢

仕方なくまた新しい隔離場所を用意して
布袋草を買ってきた。
もう器がないので発泡スチロールの箱に。 
メダカ隔離2

布袋草のついでにユーフォルビアの苗も。
昨年のは消えてしまった。


午後は歯科医に。
最近は月1回清掃に来るように言われる。
以前は2,3か月に1回だったので
歯医者も乱立気味で不景気なのかなあとと思いながら
でも清潔に保つことはいいことなので
素直に行くことに。

そしてようやく見たかったビデオ
ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアムを見た。
メイン以外に監督の解説付きも特典でついていて
2度楽しめた。
ストーリーを知らなくて映画を最初に見ただけで
内容がすんなりわかるのかしらと思うけど
逆にストーリーを知っていると
常に原作を思い浮かべながら見てしまうので
それもよし悪しかもという気が。



隠れ家カフェ[ローズ亭」


5月22日
友人とバラの咲くお庭の隠れ家カフェに。
ローズ亭

お天気が良くて日陰に入ると心地よい風だけど
陽射しはすでに夏のよう。
バラも例年より開花が早いそう。
ローズ亭2

すごい。お一人でこれだけの広い庭に
こんなにたくさんのバラを育てるって至難の業。
しかも病虫害なしの
きれいでたくさんの花とつやのある緑の葉。
ローズ亭3

数本しかなくてもその半分は黒点病に
他のもチュウレンジバチかバラゾウムシにやられて
つぼみ半減状態の私。
この差はひとえにお手入れと愛情の差でしょうね。
でももうちょっとがんばってみるかって前向きな気持ちに





てんこ盛り土曜日 三菱一号館美術館


5月21日
7時前姫からの電話で夜のお食事のお誘い。
もちろんこの1週間彼女の負傷の責任を痛く身に染みていた夫は
その元気な声に大喜びで二つ返事。

先週はその大事件のことがあってかなくてか
すっかり忘れてサボってしまった筆ペン文字の講座に。
けしてけしてお世辞にも上手とは言えない悪筆の二人。
60というより70だけどそれでも手習いに。
結構新鮮なのか夫も楽しげに文字を書いていました。
こといsの年賀状が楽しみと言っても
講座はあと1回を残すのみ(+_+)

そのあと夫は姑のところに
私は娘と待ち合わせて三菱1号館美術館に。
「パリオートクチュール
世界に一つだけの服」
明日までなのでと出かけたら20分待ち。
話を聞きつけた姫もご一緒にということで
血のつながった3世代の女性陣で。


案の定姫は30分が限界で
娘と早々に会場外に。
私はとりあえず全作品絵を。
その後プレタポルテで有名デザイナーの作品を
セレブじゃない人たちも着る機会が出来たわけだけれど
初期のころの一点ものの展示。
しゃぶ葉2
女性らしいだけでなくエロチックでもある

完全にデザインもサイズもその人のためだけに作られた
渾身の作品にため息。
そしてそのウエストの細いことにもドット溜息。
無理無理無理の3乗でした。
三菱の美術館は中庭のバラが素敵なので
こちらを見るのも大きな楽しみ。
しゃぶ葉

三菱1号館3

そのあとに長男家族や夫と合流して
しゃぶしゃぶの食べ放題というのも
色気のない話ではありましたが。
夢のサイズは夢ということで
しっかり現実の食べ放題と向き合って
たらふくいただいちゃいました。
三菱1号館2

庶民はここぞとばかりにもとを取る気で
妙に頑張るものなんです。
それにしてもけがれなき孫たちの欲のないこと。

三菱1号館

カレーとふりかけご飯と少しのおうどんで
ほとんど肉は食べていないのはなぜ??
あとはデザートのアイスとゼリーで大満足している。











止められない・止まらないミレニアム

5月17日
更新が途絶えて2週間。
いろいろあるにはあったけど
主たる理由はミレニアム。
ミレニアム4
冷凍していた葛桜・いただいたお新茶、ミレニアム
最強です!1(何が?)






ブログを更新するより読んじゃおう。
止められません。
朝一段落したら
お茶を入れてまんじゅうを用意してテーブルに。
ああ~とうとうミレニアム3の下巻も読み終わっちゃいました。
最後は読み切るかどうか迷いました。
だってミレニアム4を予約したらなんと44人待ち
これじゃあ2,3か月は無理というものです。
別にほかに読む本はあったり、
することというかしなきゃと思うことは山のようにあるのですが
つぎ読みた~い!
まずは続きを読みたくなってしまう本でした。



前転が暗転

5月14日
カルミヤ
カルミヤ:なんて精巧な花なんでしょう。蕾も開花してからも
オルラヤ
オルラヤ:憧れて2株買ってから3年目。今やわが庭のあるじの風格

久しぶりに長男家族が午後からくるので
その前に鶏糞と牛糞を買いにホームセンターに。
45lの牛糞を3袋買うと重くて運べないので
色男でもなく力持ちでもないけれどやっぱりいるときは使わないと。

そのあと夫は姑とランチ。
私は若の誕生日のお祝いのケーキやごちそう作り。
簡単に済ませようとすしやを予約したら満員で断られてやむなく。
バナナケーキとババロアケーキを2つ。
最近の定番の大学イモも。
姫の誕生日祝いもしていなかったので飾りつけは3台分用意したわけで。

早めに帰って生きた夫は
角上魚類まですしを買いに。
あとは唐揚げや冷凍の鉄なべ餃子に若の好きないくらと鮭を用意だけの手抜き感満載(ー_ー)!!

待望の一行がおつきになると
早速公園に行くの声にジイジが応じてお出かけ。
その間にパパとママはお買物。
私は準備。

ところが30分もしないうちに電話で
しかも夫の声ではなく見知らぬおばさんの声で
姫がけがをしたとのこと。
そのあと夫が「すごい血や、歯も抜けた、医者、医者、すぐに迎えに来てくれ」と
うろたえた声。
とにかく帰って来ればというと
べそをかいた姫とうろたえたまんまの夫とイマイチ事態の呑み込めない若の3人と
迎えに出た私とすぐ行き逢った。

鼻も腫れていたけれど
乳歯が抜けかけて動いていたのが1本すでに抜け
もう1本も抜けそうにぐらぐら。
口からかなりの血が出たようで
あわててたまたま私のかかりつけの歯医者が土曜日も診察していたので
電話でお願いして駆け込んだ。

残りの1本も抜いてもらったけれど
腫れている鼻が気になるから救急病院に行った方がいいということで
さらにそれから府中の小児病院に。

なんと鼻梁骨折とのこと。
きゃ~!!知性と美貌が売り物の姫なのに。
7歳にしてじいじとバアバのせいで(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
だけど救急なので所見は出ても処置はできないとのことでそのまま帰ってきた。

見るも無残な前歯が2本も抜け、鼻やほほをすりむいて、鼻梁から目の周りの腫れあがった姫。
高鉄棒で前周りをしてから飛び降りたときに勢い余って前につんのめったそう。
夫に抱き上げてもらわなきゃ届かない高鉄棒からだったからかなりの重傷。
夫も十分気落ちしていることもあってか
姫はもちろんパパとママも一言も責めないし、
もちろん誰が悪いのでもないけれど、
姫の傷の痛みとともに
周りのみんなにもそれ以上の痛みが残る事故だった。
御誕生日祝に駆けつけるはずの
二男夫婦も娘も見合わせることになって
盛り上がらない夕食になってしまった。












お米もブランド志向?

5月12日
木曜日の午前中は生協の配達。
お米や卵・牛乳などはもっぱら生協。
それで注文書を見て気になったのが
同じ宮城登米市産の無農薬玄米なのに
ササニシキが2㎏1680円
ひとめぼれが2kg1380円
1㎏について300円も違う。
玄米2 玄米

登米市の農業産出額は弘前市の371億円に続いて303億円となり東北地方第二位である。
一帯が田園地帯であり「ササニシキ・ひとめぼれ・コシヒカリ」等の有名米の産地である。


登米(とめ)市という名前からしてお米の山地らしいけれど
同じ土地でお那j無農薬農法で育ててこんなに価格が違うなんてと驚いた。

玄米で食べるなら
無農薬でないと意味がない気がして
いつも無農薬のものを注文していたけれど
精白米より高くつくのが腑に落ちなかったけれど
改めて銘柄による値段の差に驚いた。
今まで銘柄を選んで買っていなかったものだから

これからは我が家は安いひとめぼれ御用達にきめた。
玄米はそのまま玄米として炊いたり、
炊飯器の機能にある活性玄米にしたり、
おかずや孫たちが来た時には
精米機で5分や7分づき米にしたりと使い分けている。
最近は普通の精白米のように炊けるロウカット玄米なるものも出ているので
それも買ったりしている。

生協に問い合わせると
本当は1680円にしたいけれど
人気の差があるので仕方がないとのこと。
人気のその差はなんなんでしょうね。
さほど違いがわからない私は値段の差で決めることにしたけれど。



男の料理会

5月11日

なんだか今日は忘れ物が多く
申し訳なかった。
いつも何度か確認しながら用意するが、
なかなか準備万端という具合に行かない。
朝までレシピを見ながら試作を続け、
調味料を使ったりしてそのまま忘れてしまう。

用意しているのにもう一度買うので
ますます予算オーバーにもなる。

今回のメニューは
サバとキャベツの重ね蒸し
カツオのイタリアンタタキ
蕗といかの炊き合わせ
ピースご飯
さっぱりヨーグルトムース

盛り付けは楽しい作業なんですね。
5.11料理会
ンニコニコされているとこちらもうれしい。
5.11料理会5

どれも簡単メニューだったけど
それなりに時間がかかってちょうど12時ごろに出来上がり。
5.11料理会4
カツオのたたき ムース
イタリアンたたきってつまり国旗のようにトッピングするわけ(^_^.)
ムースの上にはマンゴーを載せました。

5.11料理会3
いつも量が多すぎると言われるだけに
皆さんお持ち帰りも結構多い。






バルサミコ酢ってなんで高いわけ?

5月10日
カクテル
カクテル:強いバラのはずなのにいつまでも危なげ早く大きくなってほしい
カンパニュラ
カンパニュラ:矮性でこじんまりしているのでもっと欲しかったけれどピンクは1鉢しかなかった
ペチュニア
種まきのペチュニアの花が咲いた。そばによく似た雑草が生えているのがおかしい(^_^;)

レシピをようやく決めて
お料理会準備の買い物。
午前と午後2回に分けて。
魚ばかりのメニューだったけど
野菜・調味料・デザートの材料など微妙に高くて
予算オーバー。
バルサミコ酢とかってなんであんなに高いのかな。
今回のデザートのかんたんムースはゼラチンでも早く固まるので
扱いやすそう。

ネットでバルサミコ酢調べてみた。やっぱり
使いこなせてないのは私だけじゃないみたい(^_^;)
ぶどう果汁+ワインをさらに長期熟成して作るのがバルサミコ酢ということで高いわけか

バルサミコ酢:果実酢の一種。原料がブドウの濃縮果汁であることと、長期にわたる樽熟成が特徴である。 イタリアの特産で、アチェート・バルサミコや短縮してバルサミコとも呼ばれる。なお、イタリア語で「aceto」は酢、「balsamico」は「芳香がある」という意味。
オリーブオイルと並んでイタリア料理には欠かせない調味料といえば「バルサミコ酢」。
長期間熟成させたワインを原料にしたイタリア独特のこの果実酢は、肉や魚料理のソースにしたり、ドレッシングに使ったりと、ごく少量でも料理の風味をグッと豊かにしてくれる名脇役です。

とは言うものの、うまく使いこなせずに冷蔵庫で眠らせている家庭も多いのでは? 素材と調理に応じたバルサミコ酢の活用法を教えます。

ぶどう果汁+ワイン=バルサミコ酢

バルサミコ酢の有名な産地は、北イタリアのモデナ地方。原料はぶどう果汁にワインを加えたもので、樫の樽の中でゆっくり発酵・熟成させて作ります。熟成期間は普通は3年以上ですが、15年、30年以上熟成させる高級品も! 長期熟成させたものほど、酸味、甘味、旨味、コクのバランスがとれたまろやかで奥行きのある味わいになります。

赤ワインを煮詰めたかのようなこっくり深い色味が印象的ですが、最近では酸味が少ないホワイトバルサミコも人気。こちらは通常のバルサミコ酢(赤)より熟成期が短く、色が淡いのが特徴です。


まずは+オリーブオイルで簡単ドレッシングに

バルサミコ酢の最もお手軽な使い方といえば、やはりサラダのドレッシング。バルサミコ酢に塩を溶いた後、オリーブオイルを加えて混ぜ、コショウで味を整えるだけで本格イタリアンドレッシングのできあがり。レタスやベビーリーフをちぎった生野菜サラダによく合います。もちろん生ハムとも相性抜群!

バルサミコ酢+オリーブオイルだけでも十分においしいのですが、醤油を加えるとさらに親しみやすい和風テイストの味わいに。お好みでハチミツやすりおろしにんにくなどを加えると味にぐんと奥行きが出てきます。

また、白身魚のカルパッチョには、色味を損なわず、刺し身をきれいに見せてくれるホワイトバルサミコがおすすめです。





三浦散歩

5月9日
お料理会の有志メンバ―でのグルメの会。
と言ってもB級グルメだけど。
今回は京急のお得切符を使って
三崎のマグロと温泉を楽しむ企画5人の方とご一緒に。
三崎口まで行ってバスに乗り引き橋下車。
そこから小網代の森を散策。
小網代の森は、三浦半島の先端にある、相模湾に面した約70haの森です。
 森の中央にある谷に沿って流れる「浦の川」の集水域として、森林、湿地、干潟及び海までが連続して残されている、関東地方で唯一の自然環境と言われています。
 森、川、海のつながりが必要なアカテガニをはじめとして、希少種を含む多くの生き物たちが、多様な生態系を形成しています。森の中心にある散策路を通って、森林から干潟へと続く自然の移り変わりをお楽しみください。
小網代の森について:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p820028.html

海辺の整備された遊歩道を小1時間。
あいにく花の数は少なかったけれど
珍しい鳥が見られた。フクロウとたかかとんびかわしかはよくわからないのだけれど、、、。
小網代の森4

小網代の森3

小網代の森2

小網代の森

そして油壷観潮荘でマグロ丼を食べ、
城ケ島京急ホテルの温泉に。
観潮荘でお風呂も入る予定がボイラーの故障とかで
急遽城ケ島に。
雨が降ってきてあまり美しい海は見られなかったけれど
森にマグロに温泉に海。
盛り沢山な1日でした。




カーネーションとビールとケーキ


5月8日
娘からアレンジの花。
母の日


長男からビール。
母の日2

二男からケーキ。
母の日3

満ち足りた母の日でした。
ありがとう。

それなのに母にも姑にもプレゼントなし。
電話だけすると
大阪の母は娘から花が届き
姑は
お弁当を持って娘が訪問してくれていた。
でき過ぎの娘!
産んで育てたのは私だけど・・・。



バラの季節


5月7日
あちこちのお庭で美しいバラが咲いている。
わが家だってと言いたいところだけど
アイスバーグもイントウリーグもオルラヤやユリたちに埋もれて全然咲かない。
ピエールドロンサール


ピエールドロンサールはそれでもまだよく咲いてくれていると思うけれど
やっぱり今年のたびたびの強風で形がうまく整わずにお見事とはいかない。

マチルダ
やっと咲いたマチルダは黒点病にやられて葉っぱなし。

素敵な色のエバンタイユドールは今や瀕死状態。
頂いたカクテルも本枝は完全に枯れて脇芽で何とかそれとわかる状態。
カクテル

昨年買った苗のなかでは
ブーケパルフェだけが元気で次々花を咲かせている。
ブーケパルフェ

ブーケパルフェ2



自然てすごい


5月6日
昨日よく遊んだので今日は家でのんびり。
1日中庭に出てた。
カルミヤのつぼみが美しい。
カルミヤ

カルミヤ3

カルミヤ2

オダマキもほんと不思議な形
ミヤコワスレ

カルミヤ3

ミヤコワスレも美しい
ミヤコワスレ

そして鮮やかなひなげし
けし

花の美しさにも見とれるけれど
ちょっとというかものすごく気持ちの悪い虫を小さな体のありたちが
運んでいるのには感動見とれてしまった。
カルミヤ2
でもやっぱり気持ち悪いので今日の写真のサイズは小さめにした(^_^;)

そしてまた卵を抱いたメダカたちを隔離。
おめでたのメダカはことしも多いけれど果たして何匹孵るのでしょうね。
カルミヤ

庭にいても一人ごちながら眺めてばかりいるので
さして庭仕事ははかどっていない。








塔ノ岳へ(ヤビツ峠から~塔ノ岳~大倉尾根)


5月5日
早朝から奥多摩の大岳山に登るつもりでスケジュールを立てていたら
起きだした夫が『やっぱり塔ノ岳にしようぜ』と言い出した。
ちょうど2年前になるけれど
やはりヤビツ峠から塔ノ岳そして鍋割山後沢乗り越しから大倉におりた。
思い出したくない頬dの強行軍だったけれど
その分景色は抜群とりわけ富士を見ながらの上りは忘れがたい。
でもあの長丁場のしんどさも忘れてはいない。

まあ機嫌よくその気になっているので
従順な妻はさっそく予定を変更して
スケジュールの練り直し。

秦野発のバスは7時35分が始発だけれど混雑を見越して7時9分着。
臨時便が出ていて間にあったけれど
座れそうもないので定期の7時35分に。
その間に私はもうすこし水を持っていこうと改札口前の店に。
何とその間にもう1台臨時便が出たそうだけど間に合わず。
結局7時35分のバスに。

ヤビツ峠には8時過ぎ着。
登山口には8時半過ぎ。

登山道からの登山開始は8時50分
ヤビツ峠

約1時間で視界が開け二の塔に。
ヤビツ峠5

10時10分三の塔到着
三の塔2


ここまで来るとアップダウンがあっても展望が開け美しい富士が見えて
楽しい尾根歩きになります。
マメザクラと富士山

三の塔は休憩場所が広いのと富士の眺めがすばらしいのでついのんびりしてしまいます。
三の塔

だけどまだ序の口。
それにしても行く手はまだまだ遠い。
塔ノ岳

下に見えるのが鳥尾山荘で遠くに見えるのが大日山荘でしょうか?
ここから鳥尾山荘までは鎖場ありの急坂になります。
塔ノ岳4

何と大渋滞です。
通りぬけに2,30分かかりました。
まあゴールデンウイークなので仕方ないです。

下って登り返して新大日山荘に着いたらなんと12時を回っていました(12時20分)
P1090669.jpg

ここから真上に見える小屋が頂上のような気がして登ると
それは木の又小屋。
だんだん言葉数も少なくなって
ひたすら最後の40分を登ります。

塔ノ岳は階段だけとか思いながら・・・

1時過ぎようやく山頂到着です。
4時間以上かかりました。
我々にはちょっと厳しいけれどやっぱりいいお山です。
P1090671.jpg

何回富士山を取るんでしょう???
P1090673.jpg

もう帰りはひたすら馬鹿尾根を下ります。
出発は13時50分
P1090675.jpg

鍋割山に寄ろうなんて夫も一言も言いません。

は~い大倉到着は4時37分でした。
P1090676.jpg

バスで渋沢駅に。
長い1日でしたが充実感もたっぷり。

2014年5月17日の塔ノ岳の記事
憧れの鍋焼き頂きました!塔ノ岳の表尾根コースから鍋割山~後沢乗越~大倉


#ゴールデンウィークの思い出



短・近・安のゴールデンウイーク


5月4日
車があるので近場に。
詰め放題の販売が気になっていたパン屋さんと
お立ち寄りポイントグリーンギャラリーガーデンと初めての平山城址公園に。
天然酵母パンのパン屋さんの詰め放題というのがどんなのかなと。
昔等々力に住んでいたころよく、二子新地にあるサンジェルマンの工場にパンを
買いに行った。
前日の売れ残りを格安で売ってくれるので
山ほど買ってみんなで分けて
食事にもおやつにもバクバク食べたもの。

給料の安い公務員の狭い官舎暮らしだったけれど
子供3人育ち盛りで
今でいうママ友たちと思い出せば楽しい日々。

今日行ったパン屋は天然酵母パンで雰囲気はちょっと違ったけれど
当時を思い出して懐かしかった。
500円で二人では食べきれないほど。
平山城址公園2

次男宅にも届けた。

公園は片倉城跡公園が気に入ったので
平山城址公園はどうかなと。
連休のさなかでも空いていて木々の中軽い散歩程度に歩くのと
グリーンガーデン

展望台から富士山が見えるのがよかったけれど
花は期待したほど咲いていなかった。
買ったばかりのパンと家で淹れてきたきたコーヒーだけのランチを
富士山の見える展望台で。
平山城址公園


近くの長沼公園にも行くつもりだったけれど
あまりに天気がよく温度も高くて
疲れてしまいそのまま帰宅。
まさに短・近・安のゴールデン・ウイーク。

ところで今朝水槽に動くメダカの赤ちゃん2匹発見。
よかった!よかった!
これからもどんどん生まれるかな。
お待ちしています。




何をする?

5月3日
山鳩
早朝のお客様。畑を物色する山はと。
山鳩は多摩市の市の鳥。

ひなげし
紅一点:白とブルーに偏った色味の少ない庭でひときわ鮮やかなひなげし。
2輪咲いても紅一点だよね。
上に咲くのはオルラヤ。
ずいぶん大きく育ってきた。

本当なら今日から関西に行く予定。
海南の姑宅の片づけとともに
できれば伊吹か大台に登りたかったのだけれど、、、。
夫は熊本地震の復興に向けて
俄然仕事に熱が入りそれどころではなくなってお流れ。
まあ、ことがことだからがんばってとは言えてもやるなとも言えないので
一人くすぶっている私。
庭いじりと読書でそれなりに充実しているけれど。

それにしてもこの時期
こんなに風が強くて雨が多かったっけと思う熊本の空。

車やテントでの寝泊まりを2週間も続けておられる方が多いのに
何とかならないかと思う。
テロの危険性は少なくても自然災害がテロ以上の被害をもたらす日本。
ブラタモリでちょうど水の国熊本と言う番組を見て、
美しい地下水が豊富な地盤が
地震に対してどうなんだろうとふと気になっていたのが
現実になって液状化も起きているとか。
普段は恩恵ばかりに甘えてしまうけれど
自然の怖さと言ったらない。
自分たちがどう備えるか?
そして今何ができるか?
なんにもできてない自分に後ろめたさ。
せめていい仕事しろと夫に託す。







エアーバッグ取り換え、午後はご近所とお茶

5月2日
菜の花
小松菜と高菜の菜の花。
夏野菜のために抜いたので最後の菜の花

バラ
四季咲きのバラたち
すみっこ今年のだるま(^_^.)


午前中はかんたん大学芋を作り
タケノコご飯を炊いて
そのあとピンク色に着色したもち米を仕掛けて
買い物を済ませてから
ホンダに。
わが家のフィットシャトルもタカタのエアーバッグのリコールの対象車。
交換に。
1時間半くらいと言われていたけれど
1時間弱で済んだ。
早く済んでよかったと言ったら
我々も慣れましたのでと作業員の方。
全くこの手間とコストの夥しい無駄。
しかもアメリカが震源地。
日本車の安全と信頼を失墜して、、、。
と思っている間も三菱自動車の燃費偽装。
最近の企業の無責任さには目を覆う。
でも意図して偽装した三菱は論外として
タカタの場合車が使用される過酷な条件すべてを盛り込んで
安全を補償
安全を保障するというのも際限なく困難なことと同情もする。

さてかえってすぐ桜餅を作り、
タケノコご飯をおにぎりにして高菜をまいて
さらにバナナケーキを焼いた。

タケノコご飯 桜餅 大学芋
タケノコご飯のおにぎりに木の芽を載せさらに高菜の漬物で巻いたら好評だった。


いつもお世話になるご近所の方4人をお呼びした。
昨夜思いついてメールしたのに
連休の谷間に何と全員が集合。
思いがけず楽しいひと時になった。
同じ年代で孫と介護が話題の中心ながら
つぎに行く旅行の計画も。
厚かましくお仲間に入れていただいたので
お近づきとお礼を兼ねて。
2馬力で仕事をされてきた女性ばかりなので
愚痴だけで終わらない話の内容の積極性がほぼ専業主婦の私には
いまさらだけど刺激的。





稲城散歩

5月1日
せっかく山でも行こうかと言われたけれど
1日は調理室の申込み日。
スマホからでも申し込めるけれど
イマイチ自信がないので自宅待機で9時ジャストにPCから。
あまりにいい天気なので
それじゃあということで
ゆっくり行きたかった稲城散歩に。
姑の施設があることと着物の着付けを習ったり、お料理教室をやっていたこともあって
図書館やセレサモス(農協)など、
稲城に行く機会は多いけど
ゆっくり時間を過ごすことがなくて。
近くのスーパーでランチのお寿司を仕入れお茶を持って。

一度歩きたいと思っていたクジラ橋。
クジラ橋

こんな大きな歩道橋ってなかなかないと思う。
緩やかでどっしりした今日曲線が好き。

クジラ橋2
本当にクジラのお腹を思わせるデカッサと膨らみ

橋を渡った公園でランチ。
子供の遊具のある公園と野球場があった。

そのあとやはり大好きな上谷戸の親水公園に。
里山の中に沢山の鯉のぼりが泳いで何とものびやか。
掘りたて・ゆでたてのタケノコ販売もしていて
ニュータウン近くとは思えない風景と暮らしに出会える。
上谷戸

そしてもう一つ。
ずっと行きたかった隠れ家喫茶店ローズ亭に。
ローズ亭2 ローズ亭

5月中旬ころからはお庭のバラが見ごろ。
ぜひそのころにもう一度。
素敵な1日になった。




いまだ孵らず

4月29日
4.29メダカ3
またまた大きくなりすぎたスイレンを今年は3つに分けた。
大きな火鉢にはメダカとともに。
4.29メダカ2
今年新たに陶器の鉢にもスイレンを入れそこに
卵を抱いたメダカを隔離することに。
4.29メダカ
そして大きな鉢カバーにもスイレン鉢を沈めた。
ここはメダカがいないのでボウフラがわいている。
やっぱりメダカがいることで水質は保たれるみたい。

ところですでに水槽にも何匹も
卵を抱いたメダカたちを隔離したけれど
いまだに一匹も孵らない。
老眼の一番きついのをかけて
さらに虫眼鏡で覗き込んでも
動く小さな生き物は確認できず。
どうしたんだろう???・
新しい家族が増えないと君たちはじり貧だよ。
日本の経済みたい(ー_ー)!!
打つ手がない!



どこにも行かずに

4月30日
4.30窓辺2
朝一番、窓を開けてみる景色。
お隣が目の前だけどそれは見ないというか見ぬふりです。
4.30窓辺
ナニワイバラ・シキザキノバラ・モッコウバラ・トキンイバラ、、、
それに葉が多くなったハナミズキ。

せっかくの3連休。お天気も良かったけれど
どこにも行かず。
だって我が家の庭の花たちも十分美しいので。
何かしら庭いじりをしていると1日がすぐ。

ほかの方に声をかけるほどでもないし
花を見においでと娘に電話。
夫は姑とのランチに。
我々もあり合わせでランチ。
焼きたてのクルミと干しブドウのパンに
いただいたママレードとこの間作ったイチゴジャム。
それにもう小松菜も高菜も抜くので最後の
蕾の名の花と柔らかい葉っぱでスクランブルエッグ。
朝食みたいでした。

娘は夕方から仕事で
明日には大阪の母のところに行ってくれるみたい。
母はうちに来てていいの?
せっかくの連休に!!
なんていったそうだけど
そこが気になるところだけれど
とにかく優しいいい子なんですけどなんて
ここで売りこんでもねえ、、、(^_^.)





カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ