意気地なしじゃないぞ

3月31日
さくら2

20163.31さくら

さくら3

乞田川の桜が満開に

朝から気になってネットで調べて
結局まとめることにしたぞ!
吉田羊がエネオスの宣伝でいっているように
意気地なしを決め込んで
しばらく検討しようかと思っていたけど
領収書が一つでも減るのはありがたいし楽なので
東京ガスに。
ウエブ会員になるとクックパッドの順位別でみられる特典もいい。
きっと混んでいるので手続き完了はもっと先になりそうな気はするけれど。
ネットで調べて気になったのが
ループ(LOOOP)という企業。
自然エネルギーとの取り組みが素晴らしい。
応援のためにも聞いたこともない会社だけど
やってみようかと心が動いた。
でもわが家の40Aの使用量では東京ガスのほうがお得感が大きい。
確かどこかやはり参戦していた企業の撤退があったとのニュースもあった。
わざわざベンチャアー企業にすることもないかと。
でも検討しながら注目して行こう。



断捨離進行形

3月30日
遅々としてだけど断捨離進行中。
今日は本箱を捨てた私の寝室を掃除して模様替えもした。

実は壁にカビらしいシミがいっぱいついて
もう触るのも恐怖だったけれど
先日本箱を捨てた際に試しのその部分を拭いてみたら
結構落ちて目立たなくなった。
何だ結局サボっていたからで
ふき取れば落ちたんだ。
紙がボロボロになって余計汚くなったり、
水ぶきが余計にカビの原因になる気がしてみて見ぬふりだったけど、、、。
レースのカーテンも取り替えたいし、
ものが少なくなると嫌でも壁が目立つ。
25年もたったのでそろそろ壁も張り替え時かと思っていたけれど
拭いてみるもんだね。
結構きれいになったし、
以前買ってきていた壁紙のロールも一度貼ってみようかなんで思うもの。

三面鏡の鏡も磨いたり、
カーテンレールも洗おうと思ったり、
やっぱり断捨離の効果はおおきいものがある。



メダカの水替え

3月29日
この冬中水を替えずにいたので
いかにもどろどろでメダカが上に上がってこないと見えない。

そろそろ替えたげなくちゃと思いつつ、、。
何白鉢は重いし、水を搔き出すのが面倒で、、、(-_-)
思い立ってやっと替えてあげた。
この火鉢の容量は思いのほか大きくて
1日くみおきしていたバケツ2杯の水じゃ1/5程度だった。
一緒に入れていた睡蓮鉢もコケだらけでどろどろ。
掃除して鉢も大きなものにとり替えなくては。
メダカ2
見える?
メダカ

水草も睡蓮もないといやに殺風景!

また明日たす分をバケツに置き水。
引っ越し作業の途中で初めて数を確認したけれど23匹だった。
今年はどんだけ増えるやあるいは減るか?
こんな小さな生き物でもけっこうわれわれにとっては愛玩の対象で
癒し効果大。
旅行から帰って鉢を動き回るメダカを見ると
ホットなごむ。
もう、犬や猫は飼えないのでメダカはわが家の小さな家族の一員。
お散歩もうんちも鳴き声の心配もないのが助かる。
けしていやだったわけじゃないけれど
でもだんだんこれからは負担が大きい。
今年も卵を産んで孵ってくれればその間のお世話も楽しい。
まあこの程度の世話ならまだできる(^_^;)





ご近所さまと目黒川・隅田川クルーズ

3月28日
目黒川と隅田川クルーズに。
ご近所の方お二人とのお出かけ初デビュー。
だからお花見クルーズだったってことはあきらめる。
ほんとほとんど咲いてなくて想像力が試されただけ。
天気もうすら寒くて雨が心配されたけど
何とか傘はささずに済んだ。

浅草を久しぶりに歩いた。
外人がますます多くなって
レンタルらしい着物姿が多いことや
人力車観光が増えていて京都と変わらない。

地元に帰って乞田川の桜を見て
きれいとほっこりしている始末。

でも普段お近くでもお見かけしたり、ましてやゆっくりお話しする機会もない方と
ご一緒できてお話もたんまりできてよかったよかった。
これからご近所こそが頼り。
ご近所大切。
仲良くしていただけるとありがたい。



長男家族ご来宅

3月27日
大人3人でのんびり日曜朝食していたら
突如孫からの電話で長男家族のご来宅の報。
ご夫婦は近くのアウトレットに行きたいので
要するの二人の孫をお守りしろってわけ。
夫は望むところでいそいそと到着までもう一眠りと盤石の準備態勢(?)
そう、結局、忙しいのは私。
パンはちょうど焼きあがったけれどご飯を炊いて
冷凍のいくらや手羽元を出して急速解凍。
一挙に7人分のランチになるわけで。

11時近くご到着になると
ご夫婦と娘はショッピングに。
夫は孫二人と公園に。
私はランチの準備となるはずが
孫たちは「バアバも一緒にi行こうよ」とうれしいようなつらいようなお誘い。
お天気もいいのでご一緒に。

さくらもまた一段と開花が進んでこれからしばらくは毎日が楽しみ。
3.27乞田川桜3

3.27乞田川桜

乞田川

姫は鉄棒や縄跳びやと我々より上手で頼もしい。
若はシャボン玉に興じてご機嫌。
やっぱりこんな時間を一緒に持てることが幸せと実感。

ランチは若の大好物のいくら、それにたらこ、沢庵の手巻き。
手羽元のから揚げ。それ以外は
皮つきポテトのフライ、焼売、枝豆と冷凍食品大活躍!!

最近は家族全員が忙しいので3時過ぎにはご帰還。
来てうれし、帰ってうれし。ばあばの本音も実感。




サービス過剰?


3月26日
今日は姑とのランチに久しぶりに
二男夫婦も付き合ってくれて
姑も大いにご機嫌。
まあお迎えに上がってお送りするわけだけど。

ランチは和幸のとんかつに。
とんかつ和幸2

姑はヒレカツがお好き。94歳食欲はまだ大丈夫!

そしてドトールでお茶。
くもりから雨の天気予報がうそみたいに
暑いほどにいい天気に。

夕方には仕事帰りにお風呂に入りたいと娘が泊まりに。
孫が来ないのかと大騒ぎしていた夫も
子供たちが来てくれてご機嫌回復。

近づくリタイヤ後の二人生活を視野に
何でも自分でを調教中だけど
たまたま夜に刺身を買ってくると買い物に出かけ
娘の好物のハタハタも買ってきていたので
いそいそ焼いて供していた。
私は私で魚と肉とどちらがいいなんて娘に聞いて
肉がいいなんて言うものだから
焼肉の用意なんかして。
何じゃこの子供へのサービス過剰は。
極力相手へのサービスは手抜きしようとしているのに!!



勝手に桜開花宣言

3月22日
乞田川の桜2

「気象庁は21日、東京でサクラ(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。」

ここ4,5日、1本の桜と一人の人の周りに報道陣がわんさと詰めかけて

まだかまだかと見守るようすはちょっと度が過ぎて滑稽な気がしましたが、、。

これは靖国神社の境内にある基準木の桜(ソメイヨシノ)が5~6輪咲いたと気象庁の職員が確認して
初めて東京の桜の開花が発表されるそうです。

その夜は東京タワーのライトもそれに合わせて

ピンクのヴェールでライトアップアされるとか。

つくづく日本人て桜好きって思います。

もちろん私も人後に落ちないわけで!!

この時期あちこちの桜だよりに気もそぞろ。

そして自称乞田川の桜守り人は

乞田川の基準木を勝手に決めて(毎年変更有り)

多摩だってもう桜は咲いている!と

さくら宣言しちゃいました。
乞田川の桜4

春色の光にあふれた青空に初々しい初桜
乞田川の桜3

両岸の桜の何本かにちらほら咲きが始まっています。

でもまだ全体としては蕾かたし、つぼみ膨らむ程度でしょうか。
乞田川の桜

今週末頃からそろそろ3分咲き?

ちなみに乞田川沿いで行われる桜祭りは

今年は4月3日です。

満開の桜の下のお祭りとなるでしょうか?

大丈夫かなと

なんだかこれまた勝手にドキドキしてしまっているのです。



ごちになりますアクアパッツア

3月21日
3月は誕生日や結婚記念日など家族記念日が集中しているので
この連休はてっきり全員集合するかと思いきや
長男家族からはなしのつぶて。
同じく待機中の娘が手持無沙汰でご来宅。
珍しく彼女がランチを供してくれるというので
3人で角上魚類まで。
てんこ盛りの新鮮な魚を見たら食欲も出て元気も出た。
ホタルイカ・タラ・殻つき牡蠣・ほうぼう・ナマコのお買い上げ。
帰りに農協にもよって野菜も仕込み、
途中お彼岸だからとおはぎについでにいなりまで買って
どんなけ食うんやという具合。
夫婦も母娘も食い気という絆だけでつながっている(^_^.)

さてさてかなりのお待たせはあったけれど
(だっておはぎもいなりも帰ってすぐに食べてしまい、
それからお二人は仮眠の時間も撮られたので、、、)
彼女の初披露のメニューは上出来。
安めの白ワインとよく合って美味しかったです。

安めのワインてすが料理用にも惜しげなく使えて
残りは美味しく飲めると娘オススメのワインだったのですが私も気に入りました。
飲んでもおいしかったですよ。

1500円以下の安ウマワインで1位に輝いた実績もなるほどでした。
チリワイン人気も納得です。

ところでアクアパッツアもまた美味しかったです。
アクアパッツア4
骨のある魚を骨ごと使うのがいいみたい。ほうぼうはピッタリ。

アクアパッツア3
やっぱり緑がなくちゃ。と摘んできたイタリアンパセリ。途中からですけど、、、。

先日イタリアのアマルフィー海岸のレストランでも紹介されていましたが
やっぱりお魚のスープって美味しいです。
ブイヤベースとイマイチ違いは分からないけれど。
ほうぼう・あさり・ホタルイカ・ミニトマト・にんにく、それに白ワイン、あればイタリアンパセリ。
本当に材料はこれだけで良くてあとは塩コショウであじをととのえればOK。
そういえばバスク地方も魚のスープも絶品でした。
改めて新鮮な魚介の美味しさに目覚めました。
いやいや彼女もお料理の腕を上げたということで、、、(^_^;)

ところでほうぼうの背びれ〈むなびれ?)を開いて目を瞠りました。
何と!!あでやかな蝶々の羽でした。
アクアパッツア2
アクアパッツア



甘夏収穫

3月20日
ストレプトカーパス
ストレプトカーパス:庭に花が増えるころ窓辺でも可愛い花が咲き出す。
甘夏2
古い株がずいぶん傷んできたので新たにさし芽をすることに。
2,3年前に挿し芽にした株にも花が付き、姿かたちもいい。(上)

ずっと眺め続けてきた甘夏を収穫した。
そろそろ今年の花が咲くというのに
実をいつまでも付けているのはよくないはず。
それに完熟にしたところで甘夏が甘くなるわけもない。
甘夏
全部で14個。あっという間の収穫でした。
ストレプトカーパス2
こうすればてんこもり(^_^.)

酸っぱすぎて1個を一人で一度には食べきれない。
全く性格と一緒で舌も味覚も甘いものに慣れて
酸いを噛み分けられない(+_+)
ただし毎朝ニンジンジュースを作るときに
一緒にジュースにしてしまうとさわやかに飲めてしまう。
柚も甘夏も無駄にしなくて済むのでうれしい。



街をたたむ 首都大学東京 饗庭 伸准教授

3月19日
人口が減少する時代にあって
肥大した都市をどう縮小していくか?
そのまま今ある機能を失わずにスケールのみを相似的に縮小する
コンパクトシティが探られているようだが
実際は虫食い(スプロール)的な状態と隙間があちこちにできるスポンジ状態が
同時に起きている。
それをコンパクトシティに移行するために行政が区画整理や再開発といった公的資金を投入して早急に実現するには
税収も縮小している現状では無理がある。
民間や住民の建て替えや住み替えを中長期的なビジョンでコントロールしていくべきではとのこと。

「『都市をたたむ』の英訳は『shut down』ではなく、『fold up』である。」
そこに畳みながら作る新しい街の形態を探る前向きな姿勢があるという。




でも実際に地方の空き家率はすざまじい。
駅前すぐに閑散としたシャッター街を目にするとき前向きな姿勢を
取り続けられるかと不安になる。
成功例をどんどん提示していただきたいもの。
と言っても20年も30年もかかるとすれば、、、。

でも悲観論じゃ無い話が聞けてほっとした。



ポリアンサ

3月18日
ポリアンサ
ポリアンサ:やさしい黄色で春を告げる可愛い花

すっかり春めいて庭に出ても寒くないのがいい。
いくらでも庭にいたい気分だけれど
断捨離がとどこおって
それどころではない。
私の寝室の本箱ひとつを処分することに決めた。
と言っても息子の漫画が主で置いといてくれときた分だ。
それ以外のものは処分できたけれど、、、。
でもとっ散らかってなかなか収拾がつかない。
それで先に市の粗大ごみ収集の担当課に予約。
月曜日が休日なので火曜日に焼却場に直接持ち込むことに。
布団とカラーボックスも依頼した。
そうだ、外堀を埋める作戦!
これはなかなか効果がありそうだ。



友人と高尾山に。ハナネコノメ咲いてました!

3月17日
三寒四温の波が大きすぎて体調管理が大変です。
でも17日は本当に暖かく雲一つない上天気でした。

ちょうど友人の希望もあって迷わず高尾山に。
今日にして本当によかったねと八王子で待ち合わせ。
と言ってもこの時期は私はハナネコノメを見るため
裏高尾コース。

まず、今年初めてのハナネコノメとご対面。

高尾山3.17-2
まさに満開の見ごろです。
3.17ハナネコノメ
今年も見れてよかった。

今年は1月は暖かすぎて
2月は大雪で
とうとうシモバシラヲ1回も見ずじまいで悔しさが今もじんわり。

チャルメルソウも地味だけどやっぱり
満開(?)でした。
3.17ちゃるめるそう

よく見るとチャルメラの形!
高尾山3.17-5

平日のせいかカメラマンはいましたが

込み合うというほどでもなくて

ゆっくり見ることができました。



そして日影沢に沿って

日影沢林道から高尾山山頂を目指します。

期待したニリンソウはまだ少し時期が早いみたいで

数輪何とか見つけましたが一面に咲くにはもう少し時間がかかりそうです。

替りにキクザキアズマイチゲをあちこちに見ることができました。
高尾山3.17-4

アズマイチゲはニリンソウのように群生しないみたいです
高尾山3.17-3

そして山頂では富士山がばっちり。
3.17高尾山頂
やっぱり山頂から富士山が見えると気分の爽快さは倍って気がします。

そして高尾山初めての友人のため、

1号路を薬王院まで下りて参詣しました。
高尾山3.17薬王院

彼女はとっても信心深くきちんとお詣りされて、
慣れきって素通りの私はちょっと反省。

そのあと浄心門からつり橋を通る4号路を

いろはの森への道の合流点まで登り返し、

いろはの森を下りました。

春恒例の田子ガエルの合唱も聞きました。

やっぱり高尾山にも確実に春が近づいていました。

お昼も食べずにおもてなし過剰&自己中の私はさらに片倉城址にも。

残念ながらカタクリはまだ数輪。
かたくり

でもユキワリソウを見つけました。
ゆきわりそう2
白色も
ゆきわりそう

彼女は歴史にも関心ありで住吉社もちゃんとお詣りしていました。

片倉駅まで送って別れました。
ごめんどこかで美味しいものと思ったけれど
時間がなくて高尾山頂で
お手製のチーズケーキと
彼女ご持参のチョコレートを食べたきりだったね。
でも最近は平地しか歩いてないからと言いながら
さすが元ワンゲル十分健脚でした。
彼女とは学生時代御岳にも登ったことがあり、
一昨年は一緒にマチュピチュに。
今もこうしてお付き合いが続いていてうれしいです。






バッテリーチェッカー

3月16日
結局買ってしまった。
先月くらいから乾電池の残量計が調子悪くて。
まだ1年半くらいなので
壊れるには早すぎると思って
あちこち触ってみたけど
つくり自体がちゃちいので修復しようもないみたい。
(見えないけれどハンダ部分が外れちゃうとからしい)

2014年11月12日に973円で買っていた。
値段が200円以上安くなってる!!

でもまた買い替えるというのも全然エコじゃないなあと
ためらっていたら
そのあとに電池が切れて動かなくなったり、
電池切れ?故障かわからないこともあって
やっぱりないと不便でアマゾンで注文。

アマゾンで796円

早速来たけれど
思ったより大きくて今度は単4の電池挿入タイプ。
止まってしまった単1を4個も使う電波時計の電池を調べてみたら
1個はゼロ、もう1個はプア。残りの2個は
もう少し使えるとまだ使える。
何と残量はバラバラで量らなければ全部捨てるところだった。
やっぱり残量がチェックできることは
私には精神衛生上もいいみたい(^_^.)



ホームドクター

3月15日
夫が風邪でダウン。
週末からだけど月曜は休み、昨日は出勤し、今日また休むという具合。
出張の疲れや気温差の激しい天候のせいだとは思うけれど
最近とみに体力の衰えが目立つ。
彼は高血圧など成人病予備軍およびまさに成人病で
虎の門病院に定期的に通う患者ではあるけれど
風邪などですぐ見ていただくお医者様がそういえばない。
もちろん私も含めてだが。
近場で行くのは私の場合歯医者と皮膚科と時々整形外科。
夫も同じくで内科医に心当たりがない。
それでご近所の元看護婦の方に相談。
彼女が勤務されていたクリニックを紹介していただいた。
良かった。
これからはここにお世話になることにしよう。
ところで帰ってきた夫は
何とお薬を6種類ももらってきた。

処方薬

夫も薬局で思わず、こんなに飲むんですか?と聞いてしまったらしい。
薬剤師は「私はなんとも・・・」

そして薬代が590円。
こんなにたくさんで!
安すぎる!!

先日医療費控除の申請の際、
姑の都立病院での検査・治療費が毎回70円だったのに驚いたけれど
夫は3割負担で590円。
税金と保険でどんだけ負担しているのかと気が重くなった。

薬の適量処方と適正価格、もちろん治療費も。
我々団塊前期世代が70代になって1割負担になる日も近い。
それでなくても破綻している日本経済。
応分の負担はやむを得ないのじゃないかと思う。
その分悪しき習慣は徹底的に排除してほしい。




医療費控除

3月11日
東北の震災5年というニュースでもちきり。
我々にはあっという間と言えても
被害者の方々にはどんなにその間の1日1日が長かったことか。
そしてこれからも。
何ができるかもっと考えなくては。

昨日息子の確定申告を済ませたので今日はわが家の分の医療費控除に。
昨年は扶養家族になっている姑の入院費用などの経費が発生していたので
合計すると医療費は28万くらいに。
還付金はさしたることはなくても
無給の私にとっては貴重。
昨日よりもっと混んでいるかもと思ったけれど
管轄税務署が違うこともあってか意外とすいていてスムーズに手続きできた。

交通費や時間を考えると時間給0だからできるってくらいのもの。
それでもやっぱり一仕事すんだ心地。
帰りに整形外科に。
1週間前に転んだときに小指や手の平、膝小僧を強打し
予想通り内出血して腫れていたけれど
1週間でその青味も痛みもほぼ終息したものの
胸も打ったらしく胸の痛みだけはまだ消えない。
咳やくしゃみの時や寝起きのたびにかなりつらい。
ひょっとしてと気になっていた。
レントゲンを撮ってもらったら骨には異常がなかったので一安心。
胸は絶えず呼吸をして安静にすることができないので
打撲の回復も遅いとか。
なるほどね。
山に登れなくなることのないよう体調は万全に。
山でこけるのは覚悟だけど、
舗装された道で躓いて医者にかかるほどというのは情けない(-_-)



確定申告に

3月10日
IMG_20160302_160744.jpg
梅(おもいのまま)も満開というよりもそろそろ終わり。

着付けの先生の体調が悪くてレッスンは延期に。
発表会も不参加とのこと。
気が重たかったけれど
やらないとなるといよいよ着物を着る機会が遠のいてそれもちょっとさびしい。

それで気になっていた息子の仕事の確定申告に。
今年は早めにと思っていたけれど
一応できたところで息子に確認してもらっていたりしたら結局いつものようにぎりぎりに。
やっぱり税務署はすごい混みようで
手続きまでに1時間半もかかった。

でもとにかく済んでほっと一息。

息子宅に資料を取りに行ったので
近くの友人宅とにミモザ花を抱えるほどに届けた。
友人は大いに喜んでくれたけれど
息子は「花はいらないよ。
花粉が飛ぶんじゃないの」ときた。
そりゃ飛ぶでしょうが
新婚(でもないか)の家庭に花も生けてないなんて
と思うけれど
それよりまずは花粉症か、、、。
色気のないことこの上ない。




似たもの同士?

3月8日
インフルエンザの姫との2日目。
と言ってももうすでに完全に回復しているので
元気はつらつというより学校へ行けずにその元気をもてあまし気味。
例によって録画の「初めてのお使い」を見ているうちに
手羽先が食べたいと叫びだした。
わかりやすい子だぜ!
まあ私もその気持ちはよくわかるわかりやすい大人なので(^_^.)
でもまあスーパーが開くまでということで
おはじきをやることに。
おはじきやビー玉ってなんてきれいなんだろうっていつも思う。

姫は負けん気が強くて勝つためには
手段を選ばずルールを替えたりずるが常套手段。
だけど私も昔取った杵柄、子供時代の遊びはめっぽう強い。
お手玉、おはじきなど手加減してもつい勝ってしまう(^_^;)
左手でお相手をして負けた。
おもちゃだらけの部屋にこんな昔ながらの遊びも混じっているのにほっとする。

が、しかし
おはじきを床に並べると床のきたないのが気になって
俄然掃除をしたくなった。

姫はルンバが嫌いだし2階の掃除機は持ってこないので
大ゲンカ。
姫はちゃんと
お掃除をするとママが気分を害すことも心得ていてママの味方をしている。
2階のプライトゾーンに立ち入るのは私も気が引けるし、、、。

専業主婦だった私でもぐちゃぐちゃの家で子育てしたのだから
忙しい働く主婦のママが朝掃除できないのなんて当たり前。
でもキッチンもリビングも帰ってきて
きれいな方が気持ちいいでしょう。、
なんたって私は暇を持て余しているのだし、、、。

そんなまどろっこしい説明通じるはずもなく。
それでも強引にルンバをかけ、拭き掃除も。
私の気は済んだけど。
これってばあばのわがまま?
てことは姫の性格と似たり寄ったりか?


昼は姫は宣言通り手羽先のから揚げを6本も大食いして、私も4本。
夜も分もで20本も揚げた。

せっかくきれいにしたコンロはまた油だらけ。
そうだよ家事なんてどんなに頑張っても一瞬で元の木阿弥だよ。
ママ気にしなくていいんだよと言いたいけれど。

放課後寄ってくれたお友達と生き返ったように姫が遊んでくれたので
私も思いっきり掃除ができてご機嫌。

家に帰ると掃除もせずに飛び出した散らかったままの家だったけど(^_^;)
掃除どころではなく、明日は料理会なのでその材料調達と準備。
夜でも一応明日の材料の野菜がそろって一安心。









姫はインフルエンザ

3月7日
先週の木曜日から姫がインフルエンザでダウン。
今年は冬休み以降お呼び出しがなかったのが
とうとう。
連絡がうまくつかずに木曜日にサポートに行けなかったので
今日と明日ということに。
朝7時に八幡山に駅に。
つらい早朝出勤だけど
長男家族はこの時間フル稼働なんだから
文句は言えない。

雨なので、ママと若を保育園に送る車でついでに姫と私をのせて小児科に。
もううそのように回復しているんだけれど
明日までは有無を言わさず出校停止。
帰りは姫とバスのものらずゆっくり歩いて来た。
おんぶとせがんだ彼女がすんでの違いでバスに乗り遅れると
歩こうよと言ったのには驚いた。
もちろん異議なしだけれど大きくなったものだと感慨深い。

外食希望の姫の要望も入れて
お昼には近くのドミノピザを買いに行った。
1枚買うと1枚おまけという訳のわからないサービス。
先日宅配ピザの特集をテレビで見たものだから
一度食べてみたいと思っていたもの。

貧困の5人家族で高い宅配ピザをたらふく食べるなんて
ありえなくて私はほとんど食べたことがない。
ピザは面倒でもいつも手づくり。
少なくとも我が家で頼んだことは(多分)記憶にはない。

ドミノピザ
サクサク生地タイプ。サラミだけのシンプルなもの。塩っ辛いけど二人で食べきった。
もう1枚もちもちタイプにしたのはもうお腹が大きくて食べれなかった。

我々はサクサクタイプが好みだねと確認した。
昔より値段が半分になったとしても
いつも長男家族と行く馬車道にピザに比べたらやっぱり高い。

ほぼ居眠りしながらテレビばっかり見てた。
ビデオに撮ってあった初めてのお使いシリーズ。

涙ぐむ子供あるいは母親たちは
どうして泣いてるのかしらと聞くと
難しい感情を説明して
その気持ちの理解の的確さに驚かされる。
やっぱり子供って何でもよくわかっていて恐ろしい。

今日は喧嘩もせず穏やかに過ごせた(^_^;)



高菜

3月6日
高菜3

高菜2

冬野菜で元気なのは高菜のみ。
昨年の野菜の種をまいておいたら高菜ばかりが育っている。
でも漬物意外に利用の方法を思いつかなくて。
漬物は塩分を控える夫が食べないので
私一人となるとなかなか大量に消費もしないので
ということでまだ1,2回しかつけていない。
古漬けにして高菜チャーハンや
ラーメンに刻んで入れるのは大好きだけど、、、。
山に行く頃であればおにぎりに包んでもおいしいし、、。
そのまま放っておくとそろそろ菜の花が咲きそう。
ネットで生高菜の利用法は無いかと探したら
簡単なのが載っていて
マヨネーズが難だけどおいしく食べれた。
高菜
かけすぎの胡麻は金ゴマ醤油味。
高菜を湯がいてシーチキンと和え、金ゴマを振るだけ。

丁寧に湯がけばさほどあくも気にならずに
美味しく食べられた。

ささやかに育っていた小松菜や青梗菜は
ヒヨドリとムクドリがせっせと食べつくしている。
あくの強い高菜だけは手を出さないのが小憎らしい。



街をたたむ・活動グループをたたむ

クリスマスローズ3
地味目の赤が素敵

クリスマスローズ2
わが家で一番美しい品種、八重の白

クリスマスローズ
お待たせと気を揉ませながら、わが家で一番遅く咲く


3月5日
NPOの理事会、
来期の活動予定と今期の活動の経過が話し合われたけれど
やはり今後が大きな課題。
3月の講演会のテーマは「都市をたたむ時代のまちづくり」
このニュータウンはまさにそのモデル都市ともいえそう。
だけど20年以上活動を続けてきたこのグループも
運営側と会員の高齢化はいかんともしがたく
さりとて後継者は育たずいづれ近い将来のたたみ方について
語られることが増えてきた。
これは何も多摩とその中で活動してきたグループに限らず
全国的な問題みたい。
なんか世紀末的な様相で深刻な事態。
新世代はグループ化することを嫌い
団体行動を避ける傾向が顕著。
その狭間の世代で頭としっぽが別々のような団塊の世代。
両世代の特徴を持ち、両方にくみして楽しみながら
両方の世代に責任を持たないでこのまま高齢化するとしたら、、、。
サスティナブルとか絆とか言いながら
個々に生きてゆく?



達磨○○○○○○が転んだ

3月4日
だるま市5

昨夜、留守電が入っていたので
朝、今日が誕生日の娘に電話をしたら、
てっきりお祝いの食事でもというのかと思ったら
「深大寺のだるま市]へのお誘い。
昨年買った達磨に目を入れてもらいに行くとか。
わが家にも家内安全ということで1個くれていた
「ええっ」私まだ望みがかなってないからいいよと言ったら
1年間無事だったでしょうと言われなるほどそういうものかとご一緒に。

昨夜夫婦でひな祭りというのもなんだけど
バラ寿しを作ったので
それを慌てて詰めて弁当にして10時半に調布で待ち合わせ。

だるま市って初体験。
日本っていろいろ面白い行事があるものだと感心。
結構混んでいる。

屋台に達磨の大小が山摘み。
そしてそれぞれの店によってお顔が違い
高崎系や多摩系や浅草系やとあるみたい。
昨年買ったという同じ店にいって
今年は自分でお金を出して2個買った。
だるま市4

家内安全と
娘のための願掛け用。
えげつない色のピンクにたじろいだ。
昨年もご利益なかったけれど、、、(-_-)
ここまで来て500円をケチってもね。

買うと昨年の買ったダルマに目を入れて返納し、
今年の分に片目を入れてもらうという段取り。
だるま市3

買ったときは阿吽の「阿」で満願の時は「吽」の字。
深大寺の僧侶が次々に書いてくださる。
そして昨年の分は返納所に。
ゴロゴロところがって落ちてゆく。
何だかだるまやさんと深大寺の敷いたコンベアーに乗っている心地。
まあいいかこれで家内安全うまくいけば娘に良縁!!

そのあとすぐそばの神代植物園に。
梅がまだ満開で楽しめた。
だるま市2

見事な白加賀の下でビニールシートを広げお弁当。
だるま市
昨日の残りのバラ寿し、青木屋の黒糖どら焼き
、朝焼いた食パン、、八朔とキヨミ、実家から持ち帰りの黒棒、、、手当たり次第持ってきた(^_^.)

穏やかで暖かい陽射しが気持ちよかった。
半ドンの娘は時間切れで会社に。
私は素通りできなくて園内の園芸ショップをうろうろ。

だ、だけど車で来てないし、転んで両手に負傷の身で苗木を持って帰れはしない。
眺めるだけで帰ってきた。

そう私は自宅を出て駅に着くまでの路上で小走りに走っている途中
思いっきり転んでしまったのだ。
何で転んだかとよくよく見ると
わずか1cmばかりの段差しかその要因は考えられない。
嘘、わずかの段差で転ぶようになるって・・・!!
考えたくない事実を目の当たりにし、恥ずかしさもあってそそくさと
また駅までびっこの小走りで駆けたけど
いまだにショックと痛みは隠せないというかじわじわ効いてきている。

ところでタイトルの○○はだるまさんが転んだじゃなくて
だるま市に行く途中で私が転んだ。
そうだよなんにも面白くない!!












ひな祭り

3月3日
おひな様
雛壇を出さずに玄関にいただいた陶器のおひな様と紀州の塗り雛を飾った。

ひな祭りと言えども段飾りの雛壇を飾らなくなって久しい。
出そうかどうしようかと迷っているうちに2月が過ぎてすぐ3月。
もう夫と二人じゃおひなさまも張り合いないかもだし、、、(ー_ー)!!


それでも雰囲気なりともと夜はバラずしに。
夫の大好物。



春めいて

3月2日

IMG_20160302_160844.jpg
沈丁花の花の香りははるですねえ
IMG_20160302_160826.jpg
椿:大ぶりな美しい花なのにちっともこっちを向かない
ミモザ
ミモザがもう最高




探し物


2月17日
のべつ探し物をしている。
大概こんなところにあったと出てくるのだけれど
全然出てこないのがガーデニング用のはさみ。
ここ2カ月ほど探せども全く見当たらない。

よく切れて手になじんでいるので
あれがないとさっぱり。
結構あの鋏が私の庭仕事の
動機になっていた。
あれを手にしながらうろうろすることで
何気にはかどっていたんだと今頃しみじみ。

ひょっこり出てきそうな気がして
庭のあちこち、台所やベランダや窓辺など
ひょいと置いてはそのまま忘れそうな
気がするところを
探してはみるけれどとんと出てこない。




カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ