姫と若の見守りデー

12月29日
今日は姫と姫の自宅に移動して
若とお二人の孫守り担当。
パパもママも今日もお仕事。

姫との2日間ですでに疲れが出ているばあやは
今日から休みの娘を助っ人に。
さすがに娘が張り切ってくれて
結構長い間公園での外遊び。
寒いのに水や砂でどろどろびしゃびしゃ。
二人はすっかりおばさんになびいて
若までバアバはあっちにいってと来る。

喜んであっちに行ってテレビを見たり
本を読んだり
床掃除をしたり。
すっかり楽をさせてもらった。

早めに帰ってきた長男と
ママと駅で落ち合って

慰労のためにスシローに連れて行ってくれたので
先日に続いて回転寿司。
ここは特別メニューなどもあるので
結構おいしいネタも選べる。

帰るころには待ち行列がすごい。
長男は駐車場にはベンツが並ぶんだけどねと皮肉。
8時前には家に帰り着いてホッ。
気力も体力も3日が限界の孫守り。






姫と二人

12月28日
夫は今日まで仕事なので1日姫と二人。
一人で太刀打ちできるかと心配だったけれど
まあ何とか。
午前中はスーパーに買い物。
そして午後は正月用の花を買いに行く。
ついでについつい冬咲きのクレマチスなんかも買ってしまった。


帰りに姑のところによって
姫ともども喫茶店に。
デイサービスに参加する方や入居者の多くの高齢者を見て
最初はかなり動揺していたけれど
車椅子、杖で歩く人、しっかり自立歩行する人、
いろんな状況の方がいることを理解したみたい。
いつも外で姑だけを外に連れ出して一緒に食事をしているので
多くの方との共同生活の場はかなりの驚き。

子供たちにもしっかり見せておくことも必要。
彼女の高齢者はジイジ・ばあばだけれど
その一世代上の世代もまだしっかり社会構成員なんだものね。

帰ってクリスマス用のクッキーハウスキットを使って
クッキに挑戦。
クッキー自体はうまく焼けたけれど
実際にハウスを組み立てると
重さや厚みの加減でアイシングではとても組み立てられなかった。
それでも味は良くて姫も夫もパクパク食べていた。

始めからジンジャークッキーにすればよかった(+_+)

明日若へのお土産にしようと思ったのに、、、。

夜は鉄板を出して
お好み焼きと焼肉。
姫は肉食系女子なのでこれもパクパク。
1日ご機嫌で過ごせてよかった。





姫御来宅 かにで歓迎

冬休みにはいった姫がお一人でご来宅。
と言っても夫が最寄駅まで迎えに行くわけだけど。

でももうママとママと泣くこともなくてずいぶん大きくなったと実感。
まあ相変わらず要求も多いけど
宿題をしたりドリルをしたりは自主的に。

今日に合わせて
かにを注文していたのが着いた。
12.27かに2

12.27かに
ネット注文すると翌日には着くのでほんと便利。

二男の嫁も好きというのでまたもや二男夫婦も呼んで食事。
姫は二男夫婦も大好きで
甘え上手。
しっかり二人の間に陣取って
かにの身を要求する。
だいたいかには男どもはめんどくさいとか言って
あまりライバルにならないけれど
女性は無口になって必死に食べる。
ところが姫もすでに充分ライバルで
しかも身を食べやすく出してと要求するものだから
嫁はあまり食べられなかったのでは、、、。
お気の毒。






スターウォーズ 初見

スターウオーズ
12月26日
珍しく映画館に。
と言っても歩いて行ける距離に
イオンシネマがあるので行こうと思えばいつでも行けるのですが、、。

たまに見るとやっぱり楽しかったです。
字幕版を見る気で行ったのですが
字幕版は3D画面じゃないそうなので
やっぱり3Dで見たいと吹き替え版を見ることに。
結果としてやっぱりせっかくだもの3Dで見てよかった。

本当は前作6作品をすべてビデオで予習してからと思っていたけれど
先日ぽろっとスタウオーズ見に行かない?と言ったら
夫がすぐに食いついてきたので新作から、しかも今日ということに。
ストーリー自体はよく理解できていないけれど
大抜擢というヒロインのレナがとっても良くて
この作品が初めてでもそれなりに楽しめた。

さあてこれから6作品を見るぞ!!





忘年会

二男のお仕事仲間の忘年会。
と言ってもスタッフ1名にバイトスタッフの私にお嫁さんの4人。
それを聞きつけて強引参加の夫が加わって総勢5人。
近くのスペイン料理店で。


多摩市内ではしゃれたオーナーシェフの店が少ないので人気店の一つです。

テラス席ではおとなしい大型犬2匹のお出迎え。
アットホームな雰囲気です。
ウンべシート6

鎖をしてなくても大丈夫なんてすごい!!
店内もスペインを思わせるインテリア。

この時期は夜はコース料理のみ。
前菜は定番のスペイン風オムレツにパテとサーモンのマリネ。
ウンべシート2

大きなガーリックトーストも。
ウンべシート3
フレッシュサラダはニンジンのドレッシング。
ウンべシート4
メインは牛のほほ肉のワイン煮込み。
ウンべシート5
ほろりと崩れる柔らかい肉にとっても濃厚なソースが絡みます。

そしてボリーミーなパエージャ。
ウンべシート8
ウンべシート7

すでにお腹いっぱい状態でしたが
やっぱりスペイン料理の醍醐味はこれでしょう。

若い方もいらしたので完食でした。
最後はデザートとコーヒーのセットをいただきました。
ウンべシート

ワインとともにちょっぴり異国情緒も味わって
素敵な年忘れのひと時でした。



取り残されたクリスマス

12月24日
クリスマスってなんなのさというほど何事もない1日。
子供も3,40代になれば
こちとらも60,70代になるわけで
その高齢者が向き合ってメリークリスマスでもないでしょう。

これまたせっせと年賀状を書きというのではなく
PC頼みで摺り終えて私の分は一段落。
夫の分のデザインⅡ種を一応考えて置けば
あとは印刷をして彼がせっせと宛名を書くということで。
いくら25日までと言っても一切耳を貸さず、やる気もないのであとは年末仕事。

だんだん季節の行事に疎くなるうえに
新しいイベントにはなじまず
季節に鈍感なまま1年があっと言う間にすぎるということに。

せめて庭だけでも季節感をと思うけれど
それも思うほどはかどらず。
沢山いただいた種が見事に発芽したのはいいけれど
今度は植える場所もないのが悩みの種。
無理やりご近所3軒にもらっていただいた。
ジギタリスと繁殖しすぎたベルガモット。
ジギタリス苗4
ジギタリス・ルピナス・千鳥草・オルラヤ
ジギタリス苗3
シランやノコンギクを抜いてジギタリス
ジギタリス苗
矢車草にジギタリス

種から育てるのも久々。楽しい作業だった。
最も一度成功すると千鳥草やオルラヤはこぼれ種だけで十分というくらい生えてくる。

そういえばやはり強すぎて
わが家の庭からは駆逐したリュウキンカ。
近くの線路沿いの空き地に植えておいたら活着していた。
きれいに咲けば電車の窓から見えるかも。
勝手にひとりで楽しみにしているけれど、、、。






モンベルアウトレットショップに

12月23日
モンベルのトレッキングシューズをの靴底がすっかり傷んできたので
南大沢のアウトレット店に。
何と修理費は1万円。
ちょっと待てよと
店内を覗くと
ちょうど同じシリーズの型落ちの靴がアウトレット価格に。


裏だけでなく、上部もずいぶん傷んでいますねと言われれば
まあ十分履いたので
リタイヤしてもらうことにして新調するかと試し履き。

このデザインと色が気に入っていたので
すぐさま買う気になっていたら
何と店員さんが
私の足はさほど広くも厚くもないので
此方の方が合うと思いますと定価品の紹介。
ASOLO(アゾロ)クンブ
ASOLO

「へ~」とまあ試し履きだけならと
履いてみると
これがまたシンデレラの靴のようにフィットして履き心地満点。
ところがお値段は倍以上。
モンベルじゃなくイタリアのメーカー。
なるほどデザインも色も素敵。

気持ちは十分その気になっていたけれど
ちょっと待てと2週間取り置きしてくれるというのでそのまま帰ってきた。

よく考えると同行してくれている
夫の靴も十分傷みが来ているので彼のも買わなくちゃって気にも。
ところが逆に彼の足は超幅広でまた靴を選ぶ。
遠慮しているのかケチなのかあまり欲しがらないので
試し履きもせず。

欲しがっていたスラックスだけはゲットしてにこにこ。

帰りに二男夫婦と落ち合って回転ずしに。
彼らと食事するときは自分たちでも行ける寿司屋じゃなくて
回転しないすしやがご所望なのに珍しく近場で。
ここも人気店で帰るころには待ち行列。
価格を気にせず食べられるのはほんといい。
だけどお寿司はすぐお腹いっぱいになってしまう。
私はもちろんマグロ大好きだけど
はずさないのがわさびなす。大好物。
声をかければすぐ一緒に食事できることが
いちばんうれしいわけで。




2度目の高尾山ダイヤモンド富士

12月22日
あまりの好天に勇んで出かけましたが、、、。
今日はお料理会の有志の方とご一緒。

いつも通り清滝口は2時過ぎ。

稲荷山コースから。

4合目の展望台から都内の景色を眺めてスカイツリーを探します。
歯っきりそれとわかりませんでしたが、
冬の空気は澄んで視界良好です。

高尾山頂まで天候自体は問題なし。

いたって順調でした。
12.22高尾山

例によってすでに立派なカメラを携えた人たちで
好位置はばっちり埋まっています。

でもでも浮かない顔。

16時10分:あの雲さえなかったら、、、
12.22高尾山2

ムム!!よく見ると富士が見えない。
残念ながら富士山頂には厚い雲。
12.22高尾山3

太陽は雲に隠れてその光の筋が四方に明るさと
夕日の赤い色を配しています。
.:雲の向こう側ではダイアやモンド富士なんでしょうね。

まあそれはそれで十分美しい夕景ではあったのですが、
今日は「ダイヤモンド富士」こそが目的。
といった意味では完全にアウト。
12.22高尾山4



ほぼ日没でしょうか?
富士のシルエットが一部確認できます。
12.22高尾山5
この夕景を見に来たことにする??

毎年その時期に2,3回と足を運ぶとはいえ
やっぱり見えないとがっかり。

薬王院を経てケーブル山頂駅へ。
そしてケーブルで清滝に。

早々に山を下りてまたもや高尾の湯に。
そしてまたもやの飲んで食べてのひと時には
この極楽湯の建物は高尾山口駅とともに
国立競技場のA案の設計者である隈研吾氏の設計によるものでなどと
話題を変えて盛り上がりました。


その時は当日すでにA案の採用が決まっていたことを知らなかったのですが、
これからまた、この国立競技場の建設がすすめば、
その類似性など
高尾の湯と高尾山口駅の話題が提供され続けることと
何だか楽しみです。





やっぱり健康がいちばん

土日に何とか体調が復調したと思いきや
また今日は38度の熱。
なかなかすっきりしない。

天気が悪くて高尾山行きを明日に延ばしたけれど
天気はさほど悪くはなくて
午後回復基調なのが微妙。
ひょっとしたらダイヤモンド富士が見えたかも。

午前中、何とか自分の分の年賀状の印刷をしたものの、
あとはぐうだら。
明日また、高尾山い行くつもりなので
どうしても熱だけは下がってほしくて
午後はテレビを見ながらうとうと。
年末とは思えない時間の過ごし方。
ほんと、健康はすべてではないけれど
健康をなくすとすべてを失う。
先ず時間。
何もしたくなくなるし、何にもできなくなる。
たかだか微熱でさえだから、、、。



年末の憂鬱

12月23日
年賀状を印刷するため娘が帰宅。
先日のニュージーランドの写真交換も。

同じ所に行っても写真の対象が意外に違って面白い。

ちょうど頼んでいたアクリル板が届いたので
娘と額を分解。

あまりに大きな額なので壁にかけるのが怖くて
直置きにしていたら
ルンバが何度も倒して
とうとうアクリル板が割れてしまった。

もちろんルンバを責めるわけにはいかないので
新年を前に
今回新調したけれど
額の表面から何とかおしこめるかと思いきや
なかなかそう簡単ではなくて
結局額を全部解体しなければいけないことに。

とてもひとり仕事じゃできないので娘に手伝ってもらうことに。
やっと分解できたと思いきや
アクリル板が縦・横とも!cm大きくてどうしてもうまく収まらない。

カット量を取られるというのに
のこぎりの厚み分と大き目のほうが安定するかと安易にプラスしたのが大間違い。
やむなく中断して
すぐさまアマゾンで
アクリル用のカッターを注文した。


額の解体の上にアクリル板のカットいう
この忙しい年末に随分手間取りそうな仕事が増えて憂鬱。






高尾山ダイヤモンド富士

12月19日
今年も出かけました。1回目は19日です。

今年のダイヤモンド富士は19日~24日までとのことです。

天気の良いことが必須条件。
18・19・20日が絶好の晴天予報なので19日の土曜日に。
姑と食事をする夫に
1時過ぎに帰ってきてもらい出発です。
私は午前中は年賀状の準備です。

高尾山清滝口には2時半近く。

冬の午後は稲荷山コースと決めています。

西日が射して日足の早い冬でも明るくて暖かい。

4合目四阿あたりでは西に向かう太陽と追いかけごっこ。
12.19ダイヤモンド富士5



8合目あたりになると天気とともに富士山が見えているかが気がかりです。

天気が良くても富士山だけが見えないってことはよくあります。

それに周りがいくら晴れていても、富士山頂に雲がかかっていてもダメ。

結構ダイヤモンド富士が見られるかどうかは

ドキドキ・ワクワクする運だめしです。

山頂には3時45分ごろ。

もうすごいにぎわいで見物する場所の確保も大変。

富士山がいまいちはっきりしません。

特に日差しが強すぎて目が痛いほどでよく見えません。

日食用サングラスを持ってくればと思いました。

とりあえずその方向にシャッターを押し続けます。

16時にはいよいよ太陽は富士山頂に近づいて

12.19ダイヤモンド富士4
16時5分いよいよ日没が始まりました。

12.19ダイヤモンド富士
そしてゆっくり富士山頂で太陽が下から欠けて沈んで行きます。

12.19ダイヤモンド富士2

だいぶまぶしさが和らいできました。
12.19ダイヤモンド富士3

その分だんだん暗さがまして富士のシルエットが浮かび出てきます。
12.19ダイヤモンド富士9
いよいよ最後です。
私はその日没後の瞬間がいちばん好きで美しいと思います。

今年もまた元気でダイヤモンド富士を見れたことに感謝。
帰りはいつものように1号路。

薬王院からケーブル山頂駅まではまだかなり明るかったです。
すこいs暗くなり始めたころ
1号路は随分ライトが設置されて安全に下山できるようになっていました。

そして今年の冬は比較的暖かくて鑑賞の間も寒さが気にならないほど。
これは大きな問題かもだけど、、、。

下山後初めての高尾の湯にも。
思ったより、湯船がたくさんで変化に富んでいて楽しかった。
12.19ダイヤモンド富士6
12.19ダイヤモンド富士8 12.19ダイヤモンド富士7

やっぱり下山後に温泉でほっこり、そしてビールとそばでゆっくりなんて
癖になるコースじゃない?





加齢ですから

21日の予約を変更してもらったせいか 
まさかそんなことはないと思うが
あまりの体力落ちにステーキなどと
昨夜、生協で買っていた国産牛のステーキを食べていたら
そんない堅いとも思わなかったけど
先日治療が完了したばかりの上の奥歯の詰め物がスポッととれてしまった。

もうこの歯は次に取れたら抜くしかないと言われていたのでショック。
今日こわごわ歯医者に行ったら歯は折れてないのでということで
元通りスポッと収まった。
よかった~。
右の上の奥歯も今年抜いたので
左右抜いてしまうと顔の相も変わるんじゃないのかと
心配になっていた。
まあとにかくこれでしばらく様子を見よう。
それで磨いてもらう予定の歯は
前歯の上下だけになってしまって
来年一月早々まで持越し。
ほんと加齢で気を配るべきところが多いのにはうんざり。
でも昨日より熱は下がったみたいで少し楽になった。
下がってみれば何でもなくても
さしたる症状もなく微熱が続くというのも気持ちが悪い。

 



体調不良

今週初めからどうも調子が悪い。
いよいよ年末の忙しさに追われるときなのに
何もする気の起きない状態。
胃腸が重い。偏頭痛。のどに痛み。37~8度の微熱。
毎日12時間ぐらい寝てる。
それでも目を覚ませば一向に良くなっていない。
病院に行くほどの決定的な症状がないので
しんどいとただダラダラ。
頭が痛いと本も読めなくて
ビデオもホビットの日本語版まで見てしまったし。
他に見たいテレビもなくて。
とりあえず年賀状にはそろそろ手を付けなくては。





フルートの発表会


12月13日
夫のフルートの発表会。
長らくご無沙汰していたので久しぶりに。
神楽坂の箪笥ホール。
オーケストラだったので
夫のドキドキ感もかなり水増しされてしまうので
見る方としては楽だった。
私は耳は悪いし音痴だし
語学と楽器演奏や歌はあきらめの境地に近いけれど
楽しめる人は心底うらやましい。
何年やっても埒が明かないように見える夫が
とにかくお仲間と先生とのレッスンを楽しみにして
続けているのでぜひぜひ続けて欲しい。
「ありがとう、ありがとう」と随分久かたの応援がうれしかったよう。
たま~に行くに限るな(^_^.)



富沢に


富沢に強力粉と料理会で使う米粉を買いに。
米粉ってなんだろうと思うけれど
厳密にこれっていうものはないみたい。
上新粉も・白玉粉も道明寺粉も、、、って具合で。
うるち米だけに限っても
上新粉のほかにパン用・菓子用とあるのだけれど
果たしてどう違ってシチューには何がいいのかわからない。
まあ、一応一番細かく引いているという菓子用を。
強力粉はいつものようにフランスパン用と食パン用を2.5kgずつ。
とにかく富沢は種類が豊富で見ているだけでも興味深い。

そしてユニクロで古くなったものをリサイクルボックスに入れ
ちいロバ(障害者がスタッフの市のリサイクル施設)にもそれ以外の衣料や雑貨を持ち込み。
でもまだまだ断捨離は進んでない。
まあちりも積もればの反対で
少しだけでも処分すればの気持ち。
部屋も身も心もすっきりするとわかっていながら
はかどらないのは何故??




若一人のお泊り

12月6日
案の定、ずっと一人でもご機嫌だった若も
眠くなった頃にはママ~・ママ~と大泣き。
なだめようもなくてこっちが泣きたい気持ち。
泣き寝入りしても
夢かうつつかまたもまたもママを呼んでいる。


多分寝たりないはずだけど
早朝から大好きなトーマスのビデオを見ながら
遊び始めれば
またいつの間にかご機嫌に。

2歳半で一人お泊りの初体験。
わたしまでドキドキだもの彼だって。
昼過ぎに出かける夫が最寄駅まで送りました。
12.6waka 12.6waka 2 12.6waka 4
12.6waka 3


電車の中ではすぐ眠ってしまったとか
ママが改札口までお迎えに。
きっとうれしかったでしょうね。






下流老人

12月5日
急に冷え込んできて風が冷たい。
そういえば師走なんだ。

そんな時にいよいよ背筋が冷たくなるような講演会。

久しぶりに超満員で
レジメが売り切れて足りなくなるほど。
関心の高さに驚き。

「老後の貧困にどう立ち向かうか」
講師は下流老人の著者藤田孝則さん。
1982年生まれ。埼玉県越谷市在住。社会福祉士。首都圏で生活困窮者支援を行うソーシャルワーカー。生活保護や生活困窮者支援の在り方に関する活動と提言を行う。NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学客員准教授(公的扶助論・相談援助技術論など)。反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。著書に『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新聞出版 2015)『ひとりも殺させない』(堀之内出版 2013)共著に『知りたい!ソーシャルワーカーの仕事』(岩波書店 2015)など多数。

収入がない。
貯蓄がない
人がいない。

寿命が延びることで
収入のない期間がどんどん延びて
蓄えが底をつき
面倒見てくれたり、相談できる人もいない。

そう高齢者はその現実におびえている。
私だって、、、。
だからって解決は生活保護を受けることっていうのもね。
下流日本はその時どうなるわけ??



焼肉屋に

12月5日
講演会から帰ると
携帯に長男家族が夕飯食べに行くのメール。
予定してなかったので
夜は焼き肉屋に。
二男も呼んで7人で。
二男のお嫁さんは風邪をひいいてダウンとのこと。
こうして今のところ家族と焼肉屋に行けるとして
これがいつまで??
長男が払ってくれるようになるのはいつ??
下流老人の講演後に気掛かりなこと。
下重さんの「家族という病」の講演といい
人生の下流はとてもおだやかというわけには行かなさそう。

帰りになぜか若だけがお泊りすることに。
これもまただいじょうぶかなあ。



ニュージーランド・クイーンズタウンに

11月27日
11.27クイーンズタウン7
湖と山と壮大なスケールの自然

今年初めてのそしてきっと今年最後の海外旅行。
山に魂を奪われて海外旅行が減ってしまった。
娘とニュージーランドに1週間。

そのために必死こいて「ロードオブリング」見ましたよ。
彼女の目的はロードオブリングの撮影セットやロケ地であるニュージーランド。
私はその壮大な自然とルピナスの花。

最初は南島のクイーンズタウンに。
現在ニュージーランドには1日1便、成田~オークランド間のみ。
昔は福岡や大阪からも飛んでいたし、他都市にも飛んでいたそうで
その分日本人旅行客やビジネス客は減っているそうです。

夕方6時半に成田。4時間の時差でオークランドには9時15分着。
12時5分の国内便に乗り換えて13時55分にクイーンズタウン着。
ほぼ1日移動日にかかってしまうのがもったいないけれど
夜9時過ぎまでは明るいのでその分行動時間には余裕が。


3時前にチェックイン。
空港にもホテルにもJTBのスタッフがいてくれるのですべてスムーズ。
ところが部屋で娘のスーツケースのカギが壊れていて開かない。
外見上は問題なかったので空港ではスルーしてしまった。

すぐJTBに電話したけどそういうことはあまり例がないみたいで
結局ホテルのスタッフにスパナでこじ開けてもらうことに。
あまりに大きなスパナにビビりましたが
かかったままの鍵をこじ開けて切ってもらって無事開梱。
何とか帰りの荷物もそのスーツケースを使って運べました。
ガムテープの補強が多少みっともなかったのですが、、。

さてその後20分で1周できると言われるクイーンズタウン中心街の散策に。
ホテルはその中心街のはずれ湖畔に近いノボテル。

11.27クイーンズタウン3
右側の建物がホテル、湖側から。正面のレストラン「ボツワナ」には29日に。
人口密度が超少ないので平屋建て中心の風景がリッチ!

今回は朝食すらついてないのでとにかく町に近いホテルをということで。
気温や天候がめまぐるしく変わるし、
買ったものをすぐ置きにも行けるので
街に5分の至近距離のメリットは絶大。

先ず明日の朝食のためのパンをゲット。
11.27クイーンズタウン
菓子パンもボリュームたっぷり

11.27クイーンズタウン5
我々はサーモンのサンドイッチとラム肉入りのミートパイ

隣のバーガーやさんは世界一美味しいと評判の店。
いつも長い行列。
この時間は多分いちばん空いている状態。
11.27クイーンズタウン4
5時半だけどまだ充分明るくて夕食はだいたい8時過ぎごろから。
店も10過ぎまでほぼ開いている。

夕食はこの空いている時間帯にガイドさんオススメの「ブリタニア」に。
ニュージーランドのオススメは
ラム、生のサーモン、ムール貝に似たマッスル貝、生で食べても安心な鮭、そして鹿肉。
先ずブリタニアではラムとマッスル貝。
11.27クイーンズタウン2

ビールだけ2つであとは一皿ずつをシェア。

11.27クイーンズタウン10
すごいボリューム!

味は美味しかったけれどやや薄味で塩をたしてちょうどよかった。
貝は身がぷりぷりで大きくて食べごたえあります。

ラムは42.5ドル。貝は14ドル。
ニュージーランドドルが約90円として約5000円です。
2人でシェアしているので安いけれど、、、というところです。
全般に物価はやや高い目という感じです。

食事を終えて7時過ぎでもまだ十分に明るいので
一度ホテルに戻り寒さ対策をしてから
クイーンズタウンガーデンを散歩。
公園や民家の庭を眺めながらそぞろ歩き。
バックは湖と雪をまだ残している山々という絵ハガキさながらの光景です。

11.27クイーンズタウン9
可愛いお庭と素敵な家

11.27クイーンズタウン8
湖沿いに不思議な木。誰かのいたずらかと思いましたが
ちゃんと根を張ってびくとも動かない小さな松の木!!

11.27クイーンズタウン13
空木の仲間だと思うけれど満開の優しいピンク。
そういえば名残の八重桜も少し見たので季節的には5月頃の感じだけど
夜は10度以下なので寒い。

11.27クイーンズタウン12
おお!!ルピナス。
そう、ニュージーランドでは雑草なんだよねとこの時は憧れの花が野に咲く様に感動したけれど、、、。

11.27クイーンズタウン11
このままクリスマスツリーにしたいモミの木(?)

散歩の後また街に出てクッキーやさんでアイスクリームを。
アイスクリームに生クリームにクッキーという
めちゃおいしそうだけれどめちゃカロリー高そう。
ニュージーランドは世界有数の肥満大国なのも納得!納得!
帰るころはきっと我々も・・・   (~_~;)

11.27クイーンズタウン14
アイスクリームに生クリームを添えてさらにクッキーも。
この店のクッキーも有名で原宿に出店していま日本でも人気だそうです。


ホテルには9時過ぎに。
9時半にかかる電話を待ちました。
今夜はまだ終わらない。
さらにスターウオッチングのナイトツアーにも申し込んでいるのです。
9時半ちょうどにかかってきた電話では10時まで天気の様子見ということで
再度10時の電話で決行ということに。
良かった。明日の天気が全く読めない国なので。

10時過ぎに車で街の明るさのない郊外に。
キャンセルが2組あって参加者は我々だけのプライベートツアー
ガイドは日本人の米戸さん。
もったいないくらい詳しく楽しい星空講義でした。
私は何度か南十字星ツアーなるものに参加しましたが
今回初めて確かに南十字星がはっきりと確認できました。
多分今までで一番近い場所に居たんだと思いますが
南十字星は実は年中見える場所は限られているそうです。

残念ながら影ができるほど明るい十六夜の月夜で
思ったほどの満天の星ではなかったのですが
教えていただく星座や星雲はすべてわかる星空ではありました。

それに天体望遠鏡で月も見せてくださいました。
もちろん日本で見る月のさかさまの。
この国ではうさぎさんはかにに見えるというそうです。

実は米戸さんは天文写真では相当な有名人みたいでした。
しかもお話は専門的。
熱っぽいお話は二人だけで聞いているのがもったいないほどでした。
それにオーロラや彗星やと話題も豊富で
お写真もいっぱい見せていただきました。
星に夢中になって生きるのも素敵だななんて思いました。
その場所としてニュージーランドの南端を選ばれたのも。

星は無理ですが
月はデジカメでもこんなにきれいに撮れました。
11.27クイーンズタウン6

帰るともう1時でお風呂に入って早々に寝ました。
明日は集合が7時です。

ちなみに写真でこのツアーを楽しめますよ。
米戸さんのブログには南半球の天体のショーが満載。

やる時はやりまっせ!http://blogs.yahoo.co.jp/camelcamel
ツアーに行ったような気分じゃなく絶対行きたい気分になると思います。
サザンクロス☆スターウォッチングツアー


















好感度アップ田中康夫~多摩大学リレー講座~

12月3日
昨夜帰ってきて早速講座に参加なんてかなりの勉強家っぽい(^_^;)
珍しく全然眠くもならずに聞けた。

講師は長野県知事・参議院議員・衆議員議員を歴任。
今は捲土重来を期しておられるのか、在野からの活動に徹すおつもりなのか
そこのところは語られなかったけれど
作家と『Y&T研究所』代表の肩書。

なんか怪しげと疑ってかかったけれど
案外そうでもなかった。
随分先見力や洞察力がおありで
知事としての実績も自己評価は高い。

でも結局のところ肩書なしになってしまうのはなぜ?
評論はできても政治家にはなれないってこと??
理想を掲げても為政者としての実権を握ると
実行や実現はただ理想論だけではうまくいかない。
政治はそれ以外の手練手管根回しなどという
理想論の反対の極致みたいなものを使いこなせないとダメなんだよね。
そして何より、配下の職員や県民に愛されて賛同されないと。
それはかなり忍耐や時間が必要。

今ここでレジメを読み、講義を聴いていると
「真の豊かさ・確かさ・美しさとは何か!」
~地域から日本を変えるために今、できること~
とっても賛同できる。
できることを実際に形にして変えていくこと。
これが難しい。








帰国してまずやることって??


昨日タクシーに乗り込む前にスーツケースを押しながら
うどんを買いました。
疲れたときや外国から帰ると真っ先に食べたいものは汁もの。
中でもうどん。
そして今朝はいつものようにレーズンとクルミのパンを焼いてこれもやっぱりおいしい。
午前中に来た生協の商品の中に
ウズラの卵があったのを見て
まだお昼でもないのに
納豆が食べたくなって冷凍のご飯をチン。
そのまま梅干しもお茶漬けも食べたくなって
午前中に食べ過ぎでお腹いっぱい。

1週間の間に師走になって
それでなくてもやらなくちゃって思っていることが山積なのに
とりあえず食べたいという食欲優先ってどういうこと!!!

情けない(-_-)
でもあと塩じゃけも食べた~い。



カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ