天候不順余波

8月31日
う~んとっても楽しみにしていた明日からの山行きが延期。
久しぶりにお料理会のお仲間と行けると思っていたのに。
今度行く予定の2山はすでに夫は登っていて
出来れば皆さんと行ければいいなと思っていた。
台風が来なさそうなので
後は天気次第。
ところがなんとぐずつく天候は長引いて
予報では3日間とも雨。
山ほど天候に左右されるところはないので
やむを得ない。
こんなのん気なことで雨を恨んでいる場合じゃないほど
ところによっては被害が大きい。
でもほんとつゆ以上に湿気て来て
あの焦げる様な夏の日差しが恋しくなる。



2日間限定ですから

夜中に泣いて目を覚ました若。
ママがいてもよくあることなので
やっぱり抱っこしてトーマス・トーマス。

6時半にセットしたパンがまだ焼きあがらない、
6時前から二人は起き出し、全開。
全員睡眠不足。
ママは毎日がこうなはずだから大変だよ。

10過ぎに昼には都心で食事会の予定がある夫が送って行き
家は一挙にがら~ん。
私は久しぶりに昼寝をぐーすか。

疲れたけれど
なんてかわいいんだと思える二人とのちょうどいい時間の
孫守り。
体力気力の限界を感じるので
「ゆっくりできたよ。またお願い」なんて言われても
1週間なんて無理無理!だからね。







初・二人だけのお泊り

8月29日
長男家族が姑と一緒に食事をしてくれるというので
夫が姑を迎えに行っている間に
私はいつもの「馬車道」に席取りに。
12時前に着くと意外にも空いていて
30分テーブルについて待つことに。
姑と夫、そのあとに長男家族がついて総勢7人。

パスタとピザなんて糖質の塊だけど
ここのピザは薄くて食べやすい。
食べ放題となるとやっぱり食べ過ぎた。
以前にはなかったと思う
チョコレートの生クリームの載ったデザートピザなんて言うのまである。

姑は毎週すしやとんかつやウナギやすき焼きやと
お好みのランチを楽しんでいるけれど
ピザだってパスタだってOK。
にぎやかに囲まれてご機嫌。
先週は娘が来てくれたし
こちらに来て毎週可愛い息子や孫やひ孫にあえ、
本当に幸せなこと。
馬車道
面倒見のいい ねえね
姑はとても元気だけれど
行動はすべて車椅子になってしまった。

仕事が忙しい長男の都合で
今日はお泊りできないのでランチ後はそのまま帰るということに。
ところが姫が泊まりたいというので
じゃあ姫だけと泊まればいいよと言ったら若まで泊まると言い出して。
6歳の姫は大丈夫だけど若は???
でも勢いでお二人さんのお泊りということに。

不思議なことに初めて若はママと別れてのお泊りだというのに
ず~っとご機嫌。
夜は大阪の母のところと和歌山の姑の留守宅に行ってくれていた次男夫婦が帰ってきたので
急遽呼んで一緒に食事。
姫はまた、この二男夫婦も大好き。
若も同じように甘えてはしゃいでいる。
姫&若

急展開のことで買い物にも行けずにメニューは
姫も手伝ってくれて餃子メイン。

ずっとハイテンションだったけれど
さすがに若は寝る前にシーンとなって
ママとママと連呼して泣き出した。
ありがたいことに
若には神頼みならぬトーマス頼みが効いて
録っておいたトーマスの録画を見せながら
抱っこしているとすぐ笑顔を取り戻し
無事おやすみに。
姫も弟がいるといつものわがままは影をひそめ
とってもいいお姉ちゃんでいるのが健気なほど。

思いがけず二人だけのお泊りになったけれど
何とか無事乗り切れた。

一人っ子の夫は
兄弟っていいねえとしみじみ。
気味の子供たちは3人兄弟だったんだけど、、、。
じっくりそのころの子供たちをみたこともなかったんだよねえ。







花の種のプレゼント

8月28日
郵便受けに見知らぬ方からブルーの封筒が。
全然心当たりがなくて
不審に思いながら開封したところ
たくさんお花の種。
きゃ~!当たったんだとびっくり。
確かにすぐに応募したけれど
発表を見ると150人以上の応募者がいて50人に分けてくださることに。
競争率が2倍を超えたら当たることのない私。
やっぱりあたってないわとその当選者の名前を斜め読み。

あらためてその日のブログを見ると
ちゃんと名前があるではないの。
初めからあたってないものと思って見たせいなのかなあ。
とにかくガーデンブログダントツの1位の方からのプレゼントが届いた。
庭の美しさも広さも較ぶベくもないけれど
その生活スタイルにも共感至極。
ブルーミントさん3


ただただ朝一に訪問してはため息をつきながら
美しい花たちに見入るのみ。
どう考えてもあれだけの広さの庭の
多くの花たちを
素敵に咲かせ続けるなんて奇跡。
ブルーミントさん2

でもガーデンブログはそんな奇跡の方々のショーウインドー。
毎朝見るだけで幸せ気分に満たされる至福のひととき。
とても真似はできないけれど
それでも同じ花好きの方が
大勢いらしてそれぞれ花に向かい合って暮らしておられる
そのことに励まされる。
ブルーミントさん


同じブログでも1日10人の訪問者のあるやなしやの当ブログに
ひきかえ週間27000、月間10万を超える訪問者を数える神様のようなかた。
そう、ガーデンブログで不動の1位を長く維持しておられる
そのごご本人が
こんな小さな種を小さな袋に入れて50人分も発送してくださるなんて
その中の一つが
我が家に届くなんて、、、。

でもでもここで心配はさてさて
このうちのどの花がどのようにわが庭に芽をだし花を咲かせられることか、、?
それを考えると急に腹痛と頭痛が、、・
大好きなジキタリスの種はこんなに小さかったんだ。
1m以上ものびて可愛い大きな花をたくさん咲かせるなんて信じられない。

うれしいが大丈夫かなの不安に変わってしまったけれど
風でも虫でもなく人の思いが運んでくれた種。
何とか大きく咲かせたいもの。
ガーデンブログのサイトは
http://blog.with2.net/rank1341-0.html
そのナンバーワンブログのミントさんのブログ
ようこそブルーガーデンへ







8月27日
着物の着付け。
今日は袋帯だったんだけど
持って行った帯は名古屋帯だった。
全通ですべて袋に縫い込んであるので袋帯だと思っていたのだけれど
長さがたりなくて名古屋帯だとわかった。
そんな区別もつかずに着物絵おきようとしているのかと
情けなくなった。

お料理だってそんなことと思うことが
わからない男性も多いはず。
もっと気を付けなければ。
反省しました<(_ _)>

昨日着物用の腰ひもを塗ったので
ミシンを出したついでに
夫の枕カバーと座椅子のカバーを縫った。

枕カバー

ついでに例によってうすい温泉タオルで布巾と雑巾も。
得意の直線縫いシリーズ。
枕カバーにした生地は
多分友人と行ったベルギーで
たまたま開いていた市で買ったものだと思う。
旅行に行ってもファブリック用の生地をついつい買ってしまう。
なんとなくもったいなくて仕舞い込んでいるものも多いけれど
断捨離対象になるくらいならと思い切って使うことに。
まあ何の変哲もなくて
夫が気付くはずもなく
ただ私があのときあそこで買ったんだよって思い出しているだけだけど、、。



福島産のお野菜買おう!!

8月26日
トレニア
雨が続いて
トレニアとコリウスが元気。
雨のおかげで挿し芽がすぐ着くのでどんどん増殖中。

雨が多いのと急に冷えて日照時間が全然ないので
お野菜たちの収穫がぐっと減ってしまった。
ミニトマトも雨に会うと実割れしてしまうので
そろそろ抜いて冬野菜でも植えてみようかと思う。

それでも出荷されている野菜たちは選別されているからではあるけれど
みんな美しい。
つやつやのナスが4個で100円だったので
思わず買ってきてしまった。

収穫
もちろん手前が私のナス


夫が気配りもなく「えらい違いやなあ」
なんだと!!
無農薬で有機肥料で頑張っている野菜だぞ
と言ってみても見てくれの悪さったら、、、。

ところで見てくれはちっとも変わらないのに
いまだに福島県産のお野菜はまだ、他県のものより安い。
最近は産地表示が当たり前になっているので
その価格差に胸が痛む。
みんな優しくきずなや復興やと声をかけているけれど
安全が確認された野菜ならまず福島産から買おうよっていう
運動をしてほしい。
一生懸命な農家の方々を思えば
市場の冷たさは耐え難い。





たまには雑誌・たまには書店で 又吉効果

8月25日
頼んでいた文芸春秋が店頭に届いた。
今回ばかりは
図書館でも相当待たされるはずだし、
以前は芥川賞発表の時期はいつも買っていたので
たまにはいいかとその気でいたら
店頭でもアマゾンでも楽天でもヤフーでも品切れ中。

在庫なしでも唯一注文を受け付けてたのがセブンネット。
入荷して近くのセブンイレブンに着いたのメールが土曜日にあったけど
忙しくてそのまま取りに行けずにいた。

今日ようやく取りに行ったら
表紙がビニールコートされておおっとかなりの隔世の感。
又吉氏はこんな読者層も掘り起こして購入させたのだからえらい。
しかもセブンネットで初取引。
経済効果は大きい(と思う)。

文芸春秋

と言いながら何と巻頭から興味深い記事が多くて
まだ受賞作までは行けてない。
最近エッセイを立て続けに読んで
勝手にお友達感覚の
三浦しをんさんのインタビュー記事なんかも。
やっぱり雑誌は雑誌で面白いなと再認識。





坂巻貝退治

8月24日
メダカの火鉢の中で暑さの中
異常に増えていた藻と坂巻貝。
藻は割箸で掬い取って減らしたけれど
坂巻貝は割り箸で取ってもおっつかない。

メダカは食べないし藻を食べてくれるということで
あまり気にしていなかったけど

その増殖ぶりが気になって
ネットで調べていたら
駆除にキャベツの葉がいいと書いてあった。
坂巻貝2 坂巻貝

ためしにキャベツの葉を数枚
入れておいたらなるほど随分とれた。
これは楽チンでいい方法。

このままビニール袋に入れてゴミと一緒に廃棄。
坂巻貝はメダカを食べないということだったけど
日本の侵略的外来種ワースト100の
オオキンケイギクを調べていたら
なんとこの坂巻貝も剪定されていた。

北アメリカ→全国 淡水巻貝。1935〜40年頃に日本で定着が観測された。水質汚濁に強く、汚れた水の指標生物として知られる。固有種のモノアラガイと同様に、肝蛭の中間宿主としてヒトに媒介するほか、ヘイケボタル幼虫に捕食されるなど共通点が多く、モノアラガイを駆逐して入れ替わっている。有肺類ながら溺死しない性質や汚染に強い性質のため、根絶が難しい。 (ウイキペディア)

使命感を持って駆除することにした。



恵那山 恵那山 もうえ~な~さん

8月23日
7月20日に膝痛のために撤退した恵那山。
何とか日帰りでもできると再チャレンジ。
朝3時前に家を出て
中央高速に。
前回諏訪湖まで休憩しなかったのに
今回は八ヶ岳でダウン。
運転を交代したら爆睡。
まあ日々お疲れなのでやむを得ないけれど。

記憶なんて曖昧なもの。
(我々だけの老化現象?)
前回飯田山本で降りたのに
私は飯田で降りてしまった。
それからの道も覚えていると思いきや
二人とも全然。来たような初めてのような、、、。
と言いながら結局間違っては引き返し
広河原駐車場には6時過ぎに。

登山者名簿を書いて駐車場出発は6時半。
恵那山1

そして落石の心配のない道路が復旧するとは思えない絶えず危険な道をゆき約30分。
恵那山2
本当に本当に危険な道
恵那山3
登山道入り口7:00
ここで水のきれいな本谷川にかかる丸木橋を渡って対岸に。
恵那山4
よく整備された山道を20分。
1合目の標識。
恵那山5
そして2合目には7時40分位に。
恵那山6
きちんと300mごとに標識がある。

また、20分で3合目
登山道の両側は植林されたカラマツ林。視界がなく花も少ない。
足元は熊笹。
恵那山7

同じような景色の中4合目に
恵那山8

5合目には8時30分に。
ひたすら一本道が続き、視界も開けないのでここまで休憩なし。
恵那山9

5合目を過ぎるとようやく視界が開けるけれど一面の熊笹
恵那山10

ときに背丈くらいもあり、視界は熊笹のみ状態。
6合目を過ぎてようやく眺望もある休憩場所が。
天気はいいけれどよくわからない南アルプス方面?
恵那山11

カラマツがブナに変わったけれどやはり視界のない山道になって
9合目は10時ごろ
恵那山16

山頂(2191m)到着は10時15分です。
恵那山12

展望台に登っても殆んど展望はありません
恵那山14

さらに最高地点が奥にあるということで、山小舎、バイオトイレなどからさらに恵那神社本社・3乃宮あたりまで
行ってみましたが確認できませんでした。

山頂に戻り、昼食を食べ、同じルートを11時半に下山。
本谷川で顔や手を洗ってほっこりしたのが2時45分。
往きも帰りも3時間15分。
下りに登りと同じ時間かかるのが高齢者の兆候とか。
なぜかドンピシャ!!

帰りは夏休みも終盤の日曜とあって
例の魔の大月~談合坂~小仏間4時間という
もう二度と日曜日には中央高速を走らないと
ぼやきまくる大渋滞のまっただなかに。
着たくは8時を過ぎてしまいました。

山もいささか百名山の魅力に乏しい単調さで
帰りの大渋滞もあってもうえ~な(恵那)となりました。
ただし、前回リタイヤして馬篭塾で遊び、
中津川経由で帰宅した途中で見た
恵那山は堂々と立派な山容で魅力的であった。
たまたま我々の登ったルートと季節と天候のせいだと
思うので恵那山はなんも悪くない!!
















「人は生きてきたように死んでいく}

午前中、先週取り寄せをお願いしていた
夫の登山用のアンダーウエア-を買いにモンブランに。
ついでに登山用のシャツも。
結構な値段い驚いて引いてしまうけれど
姑は80になっても万のつくブランドを
せっせと買っていたことを思うと
毎週介護にいそしむその息子がそれくらいのこと安すぎるくらいのものと
私が思っているとは言わないけれど、、、(^_^;)
ついでにストロベリーフィールズによって私もスカートを1着。

そのあと夫は姑のところに行って一緒に食事。
私はNPOの講演会の準備とお手伝い。
2,3日涼しかったのでひときわ応えるこの暑さ。
会場は坂が多いうえに階段も。
高齢者が多いので1時半開演という時間に
参加くださる方々にせめて冷たいお茶出しを。

講師は淀川キリスト教病院理事長 柏木哲夫さん。
2500人もの死を看取ってこられた結果が
今日のテーマ
「人は生きたように死んでいく」
救いは最後の1か月でその生きようを変えることも可能だと
おっしゃっていたこと。
多忙な中多くの死と向き合って
なお今日も大阪からいらしてトンボ返りの77歳。
そのお元気さに驚嘆。



最近のやばい兆候

銀行と郵便局の通帳の打ち込みに。
ほとんどカードやネットで処理するけれど
たまには通長記入もして確認して、
家計簿と照合する。

その銀行でバラのボランティアのメンバーさんにお会いした。
ずっとオヤスミしていてご無沙汰だけど
とってもお会いしたかったのでうれしかった。
まずいことも一つ。
ときどきブログをチェックされていて
「夏のバラは咲かせちゃだめよ」と念を押された。
「へへっ_!」

オールシーズンささやかにしか咲かない
わが家のバラたちなので
季節を問わず咲いたら大歓迎してしまう。
本格的なロザリアンとただのバラ好きとの境界線は厳しい。

ついでにデパートにより帽子とベルトをバーゲンで。
そしてグロサリーのバーゲンでお茶の葉。
いつも送ってくださった鹿児島の伯父さんと叔父さんが相次いで亡くなって
もうお新茶も届かなくなった。
早くして亡くなった父の兄弟は男ばかり6人で父は5男。
皆さん長生きだったけれど
とうとう今年二男の方と6男だった方がなくなって
父の郷里の鹿児島との縁が薄くなった。

お茶だけのつもりが
カステラに焼き菓子におかきのセットとおやつの爆買い。
ここ数日せっかくおやつなしで暮らせていたのに
正直ストレスになって渇望していたのかパタパタと。

最近ストックのおやつが多いうえに
スナック菓子まであるのに
子供たちにあきれ驚かれている。

子育て中、私がスナック菓子を買うことはほとんどなかったし、
おやつも手作り的なものが多くて
それが当たり前と子供たちはあきらめていた。
その私がおやつを買い占めている!!

今でも孫たちが食べるスナック菓子は気になっているけれど
口出しはしないことに。
そして孫守りに行くと一緒に頂いている。

もう子供に責任もないし
自分の身体や食生活についてもさほど神経質にならなくても
と思えるようになって
まあタガが緩んでいるわけで。

でもいい加減にしないと
あるのに食べないようにするのは
無い時よりストレスかかるよ(^_^.)










眼鏡調達

8月20日
アイガモ
春に生まれた雛たちはもう親とほとんど区別がつかないアイガモ
いややっぱり全然違う!!
何だかデザインのようにならんでいて思わず見とれてしまった。


午前中着物の着付け。
約1か月間が空いたので
予習も復習もするはずが
暑くてそんな気には一度もならず(+_+)

全部忘れていた。
一応名古屋帯は終了ということになってしまった。
着れるんかいなと大いに疑問。

帰りにこの時期2週間だけしか出回らないという稲城という梨を生産者のところに。
進物にならない規格外しかないけどと言われた。
私はそれで十分というかそれを目当てなんですけど、、。

もう梨の季節。

午後眼鏡を買いに。
レンズに傷がついて視界不良。
新しいのを買うつもりで行ったのに
レンズだけ替えるのなら7000円でと言われた。
何と良心的な。
それじゃあそれでと即決。
今のフレームはもう6年も使っているというのに
形状記憶なので使いやすくて気に入っていたけど
まだ使えるとは。

そういえば前回夫のめがねを買いに行ったとき
気にいったフレームだったので
新しい眼鏡を買って
その古い眼鏡もレンズ交換をしていただいた。

夫はその後結局新しい方は全然使わず
古い方をそのまま使い続けている。
この間どうしてと聞いたら
始めはもったいないからみたいだったのが
今じゃ新しい眼鏡があることすら
すっかり忘れてしまっていた。
ケチなのかあほなのか???

無くさないとわかっていれば
高いのもいいけれど
私の場合消耗品。
かけたり外したりが頻繁で
すぐあちこちに置き忘れて紛失してしまう。
このめがねはたまたま比較的高かったので
無くさなかったのかなあ。
私もやっぱりケチだから。



メールの断捨離

夏のバラ4
ミニバラの花の方がりっぱ
夏のバラ3
ミニバラ
夏のバラ2  夏のバラ
イントウリーグとマチルダ
夏のバラたち:咲かせちゃダメと教えていただいたけれどやっぱり剪定などできない。
でもずいぶん貧相で可哀そうでもあるんだけど。

スマホも買ったことだし
メールアドレスやメールを断捨離しようと手を付けたら
メールアドレス変更時の引越しの仮置き場から1年半になろうとするのにそのまんまのメールと
ここ1,2年のものが数千通も。
友人や知人やサークルの連絡用よりも
ネット買いやネット利用の登録等のメールの処分の方が
手こずった。
実際、ネットの請求書や領収書の類の整理も難しい。
修理や補償についてその時々で整理していないと
いつどこでなんてことすっかり忘れている。
一つ一つ見直すのもね。
大手は購入履歴などの表示もしっかりしているけれど
お取り寄せ的なものや、個々の店舗で購入したものは、、、?
もう一度簡便なシステムを考えなくちゃ。




メダカたち

8月18日
睡蓮
睡蓮:雨の日にはなんだかとってもみずみずしくて美しい

メダカ
睡蓮と水草より繁茂した藻にさえぎられて見えなかったけどエサをやると小さなメダカたちが集まってきました。

随分きれいに掃除したつもりだったけれど
暑さにかまけている間に藻が異常に繁殖して
坂巻貝もうじゃうじゃいる。
藻は何とか取り除いたけれど、、、。
それでなくてもメダカ密度が高いのに
酸素が足りなくなりそう。

頼んでいたニンジンが到着。
今回はまたずいぶん小さい。

ニンジン

わけありと了解して注文しているけれど
つい大きいの小さいの(^_^;)
この暑さの中品薄のはずなのに
無農薬のニンジンが届き
毎日夫がが作ってくれる
おかげで何とかニンジンジュースが続けられている。

もう十分飽きているし、おいしいわけでもないので
一人なら缶詰やパックに切り替えていると思う。
きっと今頃、、、。
いいとわかっていても続けるって難しい。











東京選抜が関東ブロック代表に

8月17日
8.17朝顔
朝顔:ようやく1階の部屋の窓から見える位置に花が咲きだした。とてもグリーンカーテンとはいかないけれど、、。


本格的な雨で暑さにうだっていた花や野菜たちが一息つけそう。
こっちも水やりから解放されてうれしい。
それにしてもお天気がどんどん極端になってきている。
陽射しはやけどするくらいに暑い。
たまに雨が降れば豪雨。

今日はあちこちで雷雨や豪雨や竜巻。
台風だって9月や10と相場が決まっていたのに
今や5月や6月から目を剥いて来る。
ほどほどというかごく普通っていうのがない。

この雨の中和歌山国体に出場する成年男子のサッカー関東代表に
3番手として東京代表が名乗りを上げました。
J2や関東リーグの選手で構成される各県の代表チームに比べると
さらに下部組織の東京社会人チームの選抜メンバーが多い
東京代表にとってはかなり厳しい道のりでした。

神奈川代表との第1戦は延長戦の後のPK戦での勝利。
第二試合の群馬とは3-0の完敗。
そして今日埼玉との第三代表決定戦ではじめての貴重な得点を挙げ
1-0で勝利しました。
学生やプロと違って仕事と両立させながらの厳しい条件での
社会人サッカー。
でもどんなくくりであろうと
サッカーが好きでたまらない方々が戦っているのってすがすがしいです。
内心とても無理じゃないか(ど素人の私の判断ですが、、、)と思っていた
国体出場券を見事手にした東京選抜チームに拍手
http://www.tokyofootball.com/
ご縁があって東京社会人サッカー応援しています。
できれば国体も応援に行きたいくらい。
ちょうど夫の実家のある和歌山なので。
誰も住まなくなった実家は負の遺産だよと
先日知人から指摘された。
片づけだけでも考えると頭が痛い。



夫もようやく山支度

8月16日
百日紅2
さるすべり
さるすべり
盛夏の花って感じ


午後からフルートのレッスンの予定があるので
午前中のうちにと南大沢のモンベルに。
夫がようやく山用のパンツと帽子を買った。
彼はサポートタイプのタイツも買ったまま穿かないし、
パンツは綿パン。
ストックなしで百名山の数々をこなしてきた。

それでもそろそろ膝の痛みが気になり、
ストレッチの利く素材のパンツを買い、
日焼けや虫対策も必要と感じ出したみたいで
私より防備万端の帽子も購入。
サイズ切れだったアンダーウエア―も予約した。

先日の東北では日焼け止めも塗らずに
キャップ帽をかぶっていたら
耳の日焼けがひどくて驚いていた。

しっかり日焼け止めを塗った私も
唇の日焼けがひどくてやはり
夏の日差しの強さを思い知った。

技術や体力の不足をカバーしてくれるものは
利用しないとね。
年寄りが山に登るのなら金を使わなければなんて
どこかの山に登っているときにすれ違ったグループの方が
話しておられて
なるほどねと思ったものだった。
できる範囲でしかできませんけど、、、(^_^;)



大人ランチ

8月15日
夫と長男が新宿で会う所用があるというので
娘も呼んで
久しぶりに4人で食事。
というかこの4人で食事なんて
長男の結婚以来一度もなかった。
長男の嫁と子供たちが
里帰り中でたまたまお盆も休めない彼がひとり。

大人ランチなので
落ち着いた場所でということで
小田急14階新宿なだ万賓館で。

ボリューム重視の長男や夫のために
中華やステーキ屋のプランも用意していたけれど
意外や長男が和食を希望。
普段はファミレスばかりなのでと最もなご意見。
なだ万2
娘のレディスーコース
なだ万
天ぷら御膳

落ちついた空間での久しぶりのもと家族との食事は
うんと和やかで楽しかった。

何とその長男がここ1カ月で激やせ。
仕事が激務に変わったからと心配したら
本人はダイエットが成功中とのこと。

結果が出ると楽しいそうで
帰りもわざわざ最寄駅の京王線を使わず
小田急線で帰るとのこと。

私もあと1,2キロとは思うものの
それが果たせないここ数年。
運動と食事とか言って実行して結果を出している彼に
驚きと刺激。

夕方スマホのネット利用がいまいちよくわからないのと
注文したはずのケーブルが入って無かったりで
もう一度ショップに。
今日はあまり待たされることなく対応してくれて助かった。
使いこなしにはまだまだ時間がかかりそう。
それにスムーズなネット利用のためには
もっと契約の容量を大きくしなければいけないそうで
いろいろ初期にサービスがあったとしても
最終的にコンスタントに通信料は高くなりそうな予感(-_-)やばい!!

収穫8.15
今日の収穫。
毎日おんなじですけれど、、、(^_^;)
茗荷は今夜はイカそうめんと。





スマホデビュー

8月14日
ラクラクフォン
ドコモHPより

近くのドコモショップでらくらくフォンの講習会の案内。
そろそろ買い替え時だと思っていたところに
13時52分に3時からのコースに欠員ありのメール。

今頃??
じゃあと行くかと出かけてみた(えらい暇だったわけ)

まあ何とか使いこなせそうかなあと
薄らぼんやりと考えていたら
何色にしますと聞かれた。

「え~っ今日買うわけ??」
と思ったけれどいずれ結局買うなら別に今日でもいいわけで
そのままホイホイと手続き。

でも最優先と言われても1時間半以上の待ち。
ドコモショップってなんでいつもあんなに混んでいて
待たせるのかしら、、。

といらいらしたけれど
いざわが身になると
操作も、支払いの仕組みもわからなくて聞くことばっかり。

何とか安くしたいと思っても
何だかあれこれ経費が掛かる仕組み。

10年前はラクラクフォンなんてと思ったのが
はい今回は全然抵抗なく、、、(^_^;)

だって目・耳・頭・ついでに関係ないと思うけどお肌まで
老化はもれなくついてきて日々更新中。

脳トレ用のおもちゃとしてもちょうど適当かも。
維持費が今までよかなり増大するけれど、、、。

明日からちゃんと空白の多い太字のガイドを読みながら
使いこなしの特訓するぞ~!!!





ストック購入

8月13日
マダガスカルジャスミン
マダ゙ガスカルジャスミン:つぼみは一斉に開きだしてにぎやかになった。
長年花が咲かなかったのに今年あまりに見事なのは
我々が朝飲むニンジンジュースを洗う時の
ジュースが残った容器の水をかけてあげるようにしたからじゃないかな。
そういったら夫は『お前は単純だな』と小ばかにしてた。
そうかな~。効果があったような気がするけれど、、、(^_^;)

百名山の50座達成を記念してというわけではないけれど
ストックの調子が良くないので新しいのを買った。


先日モンベルの店頭で
最近の皆さんが持っておられる
小さく折りたためるものが欲しいと言ったら
レキのを持っているならそれの方が丈夫でいいですよと言われた。
それでその日は買わずにいたのだが、
確かにストックで膝を保護し、時に転倒を防いでくれることを考えると
もち運びには長くて邪魔になるけれど
機能中心で選ぶべきだなと考えなおした。

ただリュックに入らずに手に持っていると
私の場合よく置き忘れてしまうのが困る。
那須岳ではケーブルカーの駅に
山では休憩場所に
ひどいときは家の玄関にという具合。

ところで古い方は
今回使っている間に何とか治ったので
夫が使うことに。(もともと彼のものだった)
彼は今までストックなし。
そろそろ口に出さないけれど
同じようにひざに痛みが来ているみたい。
どうもあの空木岳の長丁場が
二人とも応えているみたい。

いちばん気軽な同行者には
元気にしていてもらわないと。
何しろ登山に膝痛は致命傷なので。
(自分だけおnewっていうのもどうなのよって感じだけど)









今年のグリーンカーテン

8月12日
朝顔2
朝顔:今年はプランターに植えた朝顔と鉢植えのパッションフルーツでグリーンカーテン
朝顔
うまくネットが張れたと思って今年のグリーンカーテンを楽しみにしていた。

ところがつるが登るのに任せたために上の方にばかり花がついて
なかなか咲いた花たちをみることができない(~_~;)

パッションフルーツもこの暑さですぐ水切れになって
せっかくついた花芽も実も落ちてしまう。

来年はもうちょっと仕立て方を考えなくては。

ヒアルロン酸の注射4回目。
実際には普段の生活に痛みや支障がるわけではないので
その効果のほどはよくわからない。
副作用が皆無というわけでもなさそうなので
注射が痛いのが嫌というより、治療すること自体ちょっと心配。

とりあえず東北の山は行けたことだし
5回だけは打っておくかなと思う。
でも基本的には自分の身体は自分で何とかしたいなと思う。

文芸春秋が増刷されたと新聞に出ていたので
病院の帰りに本屋によったら
入荷のめどは立たないとのこと。
ネットでも売り切れ中で
仕方ないのでネットで予約しておいた。
想像以上にすごいことになっている。




ナスの煮びたし

8月11日
収穫8.11
留守にした分収穫は多くてナスは5個も。


いまだに筋肉痛の足を引きずりながら
山のような洗濯。
衣類はもちろん、リュックやポーチや靴も。

そして久しぶりの庭仕事。
留守中の水やりを二男に頼んでいたら
ちゃんとやってくれたみたいで
お花たちは無事。
良かった。

ナスに茗荷にと来ると煮びたしでしょうと
ししとうも入れて煮びたしに。
ナスが苦手で今までほとんど収穫は0に近かったtのに
自分が育てたナスだけで煮びたしができるなんて感激。
しかも茗荷もししとうも。

ナスの煮びたし

昼前に作って一人ランチには温かいものを
残りは夜にしっかり冷やしていただいた。
くたくたに柔らかく煮た味のしみたナスはほんと美味しい。





岩木山に

8月10日
8時半開店の弘前駅トレンタくんでレンタカーに。
今日ははっきり言って登山というよりドライブです。

八幡平でさえ3時間越えのトレッキングをしたのに今日は
8合目までは岩木スカイラインを
さらにリフトにも乗って9合目まで。
岩木山5
この長いリフトを見ると、乗ろうと決断するのに時間はかからなかった二人(-_-)

そのあと山頂までは30分ということでしたが
今日も筋肉痛の足を引きずる身にはしっかり1時間かかりました。

岩木山2
鳥の海噴火口は結構きり立っていて火山の厳しさがひしひし。
山頂はまだまだ先のよう。

岩木山3
30分じゃ行けないでしょうという急坂の連続

岩木山4
山頂は1625m。
ガスが晴れたり又かかったりの状態。

岩木山
スカイラインの駐車場に戻ったところで
岩木山山頂が見えました。

噴火口と山頂というハイライトだけいただきの
横着な山行でした。

そのあとスカイラインを下りてナビには竜飛岬を入れました。(12時7分)
午後は津軽半島に。

学生時代に恐山のある下北半島には行きましたが
竜飛岬に行ってなかったので
今回時間があればと思っていました。

走行距離は竜飛岬までほぼ100km。
所用時間は二時間半でした。

鰺ヶ沢川を経由して十三湖から日本海岸沿いに。
津軽半島6
何となく名前や位置から行ってみたいと思っていた。
想像以上に大きな潟湖だった。

津軽半島
十三湖といえばシジミでしょう。
頂きましたシジミ汁。

そしてひたすら北に。
とうとう着いた竜飛岬灯台
津軽半島2

向かいには北海道。
でも近いのは函館ではなくもう少し西側の待つ前に近い方ですね。

津軽半島3

でもこの海の下にトンネルを掘って
列車を通そうと考えるなんて人間てすごいなあと思います。

ここには日本で唯一といわれる階段状の国道があります。

津軽半島4
国道393号が行き止まりになったところで下の道と
階段でつないでそこからまた393号の道路です。

津軽半島5
それにしてもユニークな発想。
このあたり一帯はたくさんおアジサイが植えられていて
海の色に映えて美しい景観です。

楽しみにしていた本州最北端の海鮮丼orうに丼orホタテ丼は
すでに昼食時間を過ぎていて食べられませんでした(-_-)

高倉健さんが亡くなったあと
追悼番組で映画『海峡』を見ましたが、
あの青函トンネルを
今や北海道新幹線が通ることに。

 平成27年度末(2015年度末)に予定される
北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)の開業に向けて
東北新幹線の恩恵を直接受けないこの地域の方がたは新幹線の本州最終駅になる予定の
奥津軽いまべつを中心に北海道新幹線歓迎ムードが高まっているようでした。
地の果てと思われた最果ての地に
東京から新幹線で直接降り立つことができるなんて
不思議です。

帰りは国道339号から280号線を通って新青森に。
予定していた時間より早く着いたので
指定席券を切り替えて17時22分のハヤブサ30号で帰路に。
駅弁で津軽の幸をいただきながら、、、。
津軽半島9 津軽半島10
にんにくのコロッケとホタテがまうrまる1個入ったコロッケ
そして夫が買ったアワビの弁当
青森駅弁 青森駅弁2
わたしの買った五能線弁当。

弁当もてんこ盛りだけど
山と観光てんこ盛りの3泊4日でした。
今度来るときは東北時間でゆっくりしたいものです。







八幡平に

8月9日
リゾートホテルはちょうど見ごろのゆりが
沢山植えられていた。
八幡平2
レストランの窓から、昨日登った岩手山もばっちり。

八幡平は学生時代に友人と
八甲田山に夫と二男と登った時にも立ち寄った記憶はあるけれど
山頂に立ったという記憶はなくて今回3度目のトライ。

しかし車がないと随分不便なエリアであることに
今回計画しながら気づいた。
路線バスの回数が少なく、最初の1便が10時以降だったり、
山に登ると帰りのJRと接続する便に間に合わなかったり、、。
花輪線がまた本数が少なく、しかも恐ろしくゆっくりと走る。
乗るべき便は1本しかない。
八幡平は県境にまたがっているので
岩手側と秋田側で全く連携がなくてんでバラバラの運行時間。
地方の観光の難しさを思い知った。

それなのに百名山ゲッターの端くれとしては
何とかトレッキングコースは210分の黒谷地湿原・茶臼岳コースをとりたくて、、、。

同行の方たちのレンタカーで茶臼岳入口まで送っていただいて
おかげさまで予定のコースを歩くことができた。
お二人はそのまま花巻空港から帰路に。

八幡平3
正面が茶臼岳。

ようやく茶臼岳入口に着いたけれど
私はすでに昨日の後遺症の筋肉痛で歩けやしない。
しかも、リュックは三日分の荷物が入っている。
前回の空木山で土砂降りを経験し
着替えを多めにした。
テント泊のように(やったことはないけれど)重たい。

高低差がないフラットな道と
タカをくくっていたけれど
思った以上の石だらけの歩きづらい緩やかな登りで
暑い・リュックは重たい・足は筋肉痛の3重苦にあえいでしまった。

茶臼岳登山口に避難小屋があり、
そこで荷物をデポジットできて一息つけた。
八幡平5

茶臼岳からの眺めは素晴らしかった。
八幡平

でも小屋と茶臼岳山頂は片道10分ほどで、、(^_^;)
その後はまた眺望のない石がゴロゴロの登り。

しかも黒谷地湿原は思ったほど花が咲いていずがっかり。
八幡平7
咲いているのは擬宝珠(ギボシ)が多かった

八幡平11
遊歩道にはリンドウとアザミ

源太の森を過ぎて八幡沼湿原あたりで
視界も開け、ようやくそれらしい風景に。
八幡平8


八幡沼あたりではニッコウキスゲも咲いて
尾瀬みたいいやなあと気持ちの良い歩き。
八幡平10

そして八幡平山頂。
フラットな道では山頂とわかりづらいとの配慮か
標識だけはドデカかった(~_~;)。
八幡平19

無事山頂をマークし頂上駐車場に。
12時50分の路線バスでJR花輪線の大更まで。
途中松尾資料館(もと松尾銅山)で乗り換えて14時10分ごろ駅に。

盛岡と花輪線の間には
岩手銀河鉄道線というロマンチックな鉄道が乗り入れているので
いつかは乗ってみたい。
ところで花輪線は十和田八幡平四季彩ラインと呼称が変わったみたい。
(誰も呼んでなかったけれど、、、)
岩手は啄木と賢治と遠野物語、そして豊かな自然。

そんなところで時刻表とにらみ合う
旅行をすること自体が間違っている気はする。

それにしても大更14時25分発で大館に17時3分着。
97.9kmを2時間38分。
東京~盛岡535.3㎞は2時間14分。
故郷の緩やかな時間が恋しくなったら
東北新幹線に乗って
銀河鉄道と花輪線に乗りに来ればいいかも。
2時間ちょとでタイムスリップできる!!

17時59分にようやく今夜の宿泊地弘前に。
弘前
いっぺんに観光地に来た気分。
残念ながらねぷた祭りは8月1日(土)~8月7日(金)で終わったばかりだけど。

一気に都会。
泊まるのは駅前のビジネスホテル。
コンパクトでリーズナブルな現代に逆戻り。

夜は津軽三味線のライブハウス[山唄」に。
その迫力ある演奏に
フルーティスト(?)の夫はいたく感動。
八幡平17

中でも年齢不詳の女性奏者の演奏は素晴らしかった。
八幡平21

メニューも郷土色豊かなもので素朴で新鮮で美味しかった。
八幡平20

八幡平の雄大で美しい自然にもいたく感動していたので
今日は良き日ではあった。
満足しても満腹にはならなかったようでさらに中華料理屋で酸辣湯と五目そば。
八幡平18 五目そば

ホテル代を浮かせた分はすべて飲み食いに。

いくら山を歩いても痩せないはず。
金もたまらんはずやな~。










岩手山に 50座達成です!!

8月8日
朝食もしっかりいただいて8時出発。
天気予報は曇り。
岩手山は雲のなかです。

岩手山を八幡平散策に切り替えられた方のおかげで
車で柳沢ルートの馬返し駐車場まで送っていただいた。
馬返しキャンプ場登山口8時30分。
岩手山5

ここから4時間半のコースです。
岩手山4
旧道と新道がつかず離れず平行しています。
距離が一緒なのでとりあえず新道で。

岩手山3
9時13分。ほぼ40分でまだ1合目です。

岩手山2
標識が随分しっかりしていて1・5合目までありました。
約2時間で5合目です。(10時38分)

11時50分ごろようやく視界が開け
同時に目指す岩手山が眼前に。
何だか予想外になだらかでやさしい曲線。
霧も晴れてよかった!良かった。
岩手山


土曜日でしたが比較的人が少ない静かな山行でしたが
8合目でようやくにぎわいが。
岩手山6
トイレも水場もあるとてもりっぱな岩手山8合目避難小屋。

そっからは気持ちのいい登山道というより
草原の趣をハイキング。
ミヤマシシウドが傘のように大きく花を開いていて壮観。
岩手山7

そしてすぐに不動平。(奥は不動平避難小屋)12時30分
岩手山8
御神坂コースや網張コースとの分岐になっている。

遠目になだらかに見えたものの
近づくと火山礫のガレ場で歩きにくいうえに
晴れてきた分てんこ干しで暑い!!
でもでも可愛いコマクサが点々とお励まし。
岩手山9

案の定登り詰めてみれば頂上は外輪山の反対側(-_-)
岩手山10

またまたガレ場をもうひとガンバり。
やっとこさの山頂(2038m)到着は13時。
ほぼコースタイム通りなんて画期的!!

岩手山11
ご注目
Vサインじゃなくて手の平広げてパー出してるでしょう。
そうなんです。記念すべき50座目です!!!
膝の痛みに耐えかねて
リタイヤした恵那山から持ち越してようやく。
やあおめでとうございます(自分に)
お付き合いくださった皆様本当にありがとう。

岩手山12
いつもお尻を眺めながら後を着いてきてくれる夫に感謝です。

岩手山13
今回ご同行くださった福岡のYさん。
大雪山も槍ヶ岳も宮之浦岳もご一緒させていただきました。
ありがとうございます。

その気になって気力と体力の続く限り
行けるところまで行くつもり。
これからもよろしくお願いします。

とはいえ乾杯もせず
コンビニで買ったおにぎりと水だけの
ランチ休憩30分。
岩手山14
噴火口の中の隆起がやさしいふくらみのおっぱいに見えます。
なんだか乳首まであるのがエロい(~_~;)

ヘロヘロでたどり着いた私など目じゃないよと
山頂にはアゲハチョウが3頭ひらひら舞っていました。
岩手山15

ほぼガスもとれて外輪山の向こうの眺望もくっきりしてきた。
岩手山16

なだらかな曲線が多いけれど火口の風景はやっぱり
御岳を思い出してしまう。
岩手山18

下りは焼走りのコースから。
一時四〇分下山開始。

外輪山の途中に分岐点
岩手山19

頂上を極め下りになった安心感から我慢していた花の写真がようやくとれた。

岩手山17
イワブクロ:トムラウシでもたくさん見かけた気がする

岩手山20
コマクサ:多分もう終わりの時期だと思うけれど、山頂から八合目あたりまでかなりたくさん見られた。

岩手山23
ミネウスユキソウ:群落が美しい

岩手山22
イワギキョウ:この花も愛らしい。ガレ場のあちこちに咲いていた。

岩手山24
ヤマハハコ:圧倒的なボリュームであちこちに。
        ここはヤマハハコ街道って感じ。

岩手山25
ミヤマハンショウヅル:大好きな花だけど、もう花は少なくて、すでに果実になっていた。
日本原産のクレマチス。

40分ほどで平笠不動避難小屋(14時20分)
岩手山26

ここから上坊コースとの分岐点ツルハシの分かれまでが遠かった。
いつも感じるけれど下りは長くて遠い。

第一噴出口や第2噴出口を経て樹林帯までは
ほとほといやになる長いがれ場にザレ場。
疲れた足に踏ん張りが利かなくて
3人とも交互転んでしまった。

つくづく焼走りのピストンでなくてよかった。
でもこの溶岩流の流れを目の当たりにするコースは
やっぱり岩手山のハイライトなので
往きか帰りには通りたいとも思う。

岩手山26

結局焼走りの登山口には17時30分に。
3時間50分かかった。
自慢じゃないが登りには弱いし
下りは苦手と来る。
まあ想定内というより私にしては上出来の部類のコースタイムでした。
膝の痛みが出なかったのが何より。

焼走りの駐車場は溶岩流観察路にもつながっている。
火山の噴火のすざまじさを体感でき、景観としても
一見に値する。
岩手山27

天然記念物の岩手山の噴火によって吹き出した熔岩が、
山肌を流れるままに冷えて固まってできたものが焼走り熔岩流で、国の特別天然記念物です。
扇状に広がる黒い岩石帯は、長さ約3km、最大幅約1kmに及び、
緑あふれる周囲とは全く別の荒涼とした風景が広がります。

迎えに来てくださっていた車で今日のお宿リゾートホテルに。
またもや私は風呂・食う・寝る




























八幡平山麓へ

8月7日
夫が福岡に単身赴任時代のお仲間と東北に。
すでにお二人は今日早池峰山に登られて明日は岩手山に。
我々は東北新幹線で盛岡に。
駅で合流してい八幡平のふもと「いこいの村岩手」に。
岩手いこいの家

周りの山はそれなりに見えるけれど肝心の岩手山はガスの中。
まあ天気は明日でなきゃわからないので
今夜は温泉に入ってのんびり。
岩手山はかなりの強行軍になりそうということで
すでにお一人は予定を八幡平散策に。

それなのに脛に傷を持つ弱足の私が、、、。
内気で弱気な私は早くもかなりビビっているけれど。
久しぶりの再会で盛り上がって酒を飲んでいる3人を置いて
早々と床に。
眠れないということがないところだけが
全く取り柄だよ(使用頻度が高いマーク)



ブラックタピオカ

8月6日
ブラックタピオカ

生協で頼んでいたブラックタピオカの冷凍品が届いた。
これはすでに茹でたものを1回分ずつ(25g)パックにしてあって
レンジで500Wで40秒レンジすればすぐ使えるすぐれもの。
10袋で698円。
ブラックタピオカ


すぐ作った。
容器に紅茶のティーバッグと小さじ1杯の蜂蜜と100㏄位の水を入れてレンジで1分ほど。
濃いめの紅茶が出たら、グラスに入れ、好きなだけミルクを加え(あればココナッツミルク)、
良くほぐした(くっついているので)ブラックタピオカを入れ、
適当に氷を入れる。

タピオカ・ナタデココ。くずもち・葛饅頭・寒天・ところてん・葛きり。
似たようなものだけどみんな食感が違ってそれぞれに好き。

はまりそうなので早速アマゾンでブラックタピオカを注文。
生協の次回の注文がいつだかわからないし
此方の方が断然お得。
自分で湯がかないといけないけれど。


これだけあればこの夏は十分足りそう。
いや多すぎるけど
私が美味しそうに飲んでいると
絶対夫も欲しがるに違いないから
何とかはけそうな気がする。

思いついてしばらくはまるマイブーム。



高尾山ビアマウントに

8月5日
恒例になっているのかいないのかとりあえず今年も行きました。
お料理会のメンバーさん有志10人と。
高尾山登山組7人はうんざりするほど暑い2時半に集合。

私は午前中膝にヒアルロン酸の注射3回目。
まだまだ安静にするようにと言われたのだけれど、、、。

6号路で山頂に。
木陰が多くいちばん涼しいはずのルートだけれど
それでも汗びっしょり。
でもまあクーラーを効かせて汗もかかずに過ごすより
気持ちいいかも。
高尾ビアマウントに

真っ青な雲一つない青空なのに富士山のところだけ雲がかかり
影すら見えない。
丹沢の連山はくっきり。
高尾山頂
高尾山山頂

先の予定があるので余りゆっくりもせず
高尾山薬王院を通らずに吊り橋のコース
4号路からビアマウントに。

ケーブル利用の3人の方と合流して
5時に入場。

まだ陽射しが明るすぎるし、
全然納涼とは程遠い暑さ。
ビアマウント
結構西日がまぶしかった

それでもビールを飲み
食べ始めるとすっかりその気になって
明るいのも暑いのも忘れて話が弾んだ。

黒川さん
ビアマウントは今年50周年ということで抽選会が。
幸運にもメンバーのお一人が10人の当選者の一人に
さらに抽選で2等を引き当てられた

2時間の制限時間頃には
ちゃんとコーヒーや
デザートを楽しむ方もいて
ちょうどいいころあい。

5人の方はそのまま徒歩で下山。
その他の方はケーブルで(私も)。

何と徒歩の方は15分で降りてこられた方もいらした。
酔った勢いだとしたら却って危ないけれどお若いということで(~_~;)

久しぶりにお会いした方もいらして
やっぱり楽しかった
来年も行けたら行くことにしよう!!



       



旅行企画・運営

8月4日
8.4収穫
収穫:茗荷がなかなか取れないと思っていたら裏庭の方ではもう花が咲いていた。
    早速昼は素麺に夜は冷しゃぶの薬味に。

週末の東北と
9月の連休の旅行計画について
あれこれしているとあっという間に1日がたって
膝にヒアルロン酸を打ちに行くのを忘れてしまった。
暑いからと夕方になんて後回しにしていたせいもある。
日中はもう絶対外に出たくない暑さ。

35度なんて人間の住む環境じゃないでしょう?と思うけれど
何時の間に日本はこんな熱帯みたいな夏になってしまったのか。

それにしても9月は4連休になってしまっているので
飛行機の便が全然取れない。
夫も私も早めに手を打つことができないタイプで
後手後手に回って計画に四苦八苦。
来年になれば夫も退職してフリーになるのではとも思うが
その分又高齢化が進む体力が心配で
つい行けるときに行っておかなくてはと急かされる。

とにかく旅行も登山も企画・運営はすべて私となっているので
列車や飛行機・ホテル・レンタカー・ルートまで全部独り決め。

昔から時刻表を見るのは松本清張の「点と線」なみに大好きだったけど、
時刻表1冊で事足りた時代ではなくなって
今は手段が多くてネットを調べながら決めていくのは結構時間がかかり疲れる。

もちろんしかも安くという必須条件を付けるからが主な要因(~_~;)








どんだけ~!!蝉とコガネムシ

8月3日
8.3収穫ht="375" />
収穫:今年はゴーヤが全然ダメ。2階のベランダにプランター植えしたものの
この暑さで水も肥料も足りないようで小さいまま色がついてしまう。

セミの抜け殻
ジンチョウゲの葉に残っているの蝉の抜け殻たち

ひとマスにたくさん入れようと思って撮ったらすごいピンボケ。
でも、とにかく写っているだけでこの空間に5匹はいる。
何だか今年はセミの抜け殻があちこちに。

いったい狭いこの庭の地下にはどんだけの
セミの幼虫が埋まっていたことやら。
そしてこれから生まれる予定の蝉たちはいったいどんだけ~??

だってウイキペディアによると
幼虫として地下生活する期間は3-17年(アブラゼミは6年)に達し・・・だって。
今年飛び立った蝉の10倍くらいはいるってこと??

まあ蝉は害虫ではないみたいだけれど
今年異常発生しているのが害虫のコガネムシ。
幼虫も腹立つけれど
成虫もインゲンをボロボロにしてしまっている。

何がコガネムシは金持ちだ~♪
幼虫は大事な苗を根こそぎにし、
成虫は葉も花も実も何でもがじがじ食べる。
君が太ると野菜と私が痩せて貧乏に!!
(う~ん、私は痩せないし、貧乏は君たちのせいぐらいのやわなものじゃないけどね)

以前は見つけてはごみに捨てていたけれど
最近はときどき即捕殺(いまだに全部捕殺はできてない(情けない)。
甘い顔していたら夜のうちにゴミ袋からみんな逃げだしている。
幼虫までまた土に戻っている。
ずっと寝てました。なんにも知りません。
みたいな形で土の中にいるのに実に素早い行動力。
油断も隙もない。

一生懸命生ごみを埋めて
アスカマンで発酵させていい土になったと思いきや
コガネムシのいい住処になったいた。
油断も隙もない。














姫と熱海に(2日目)

8月2日
熱海から朝日
ホテルからの朝日5時24分

前回の記事を書き終えたところで
保存する前に
他のページに移行したら全部ぶっ飛んでしまって
その後更新気力ゼロに。

何度も経験していてもその瞬間忘れて時間も記事もパーに(+_+)

6時から温泉に入り
8時か朝食。
9時からプール。
プール合宿みたい。
この間まで水を怖がっていた姫が
こんなにプール好きになるなんて
さすがにプロのレッスンは違うと納得。

混んでいて洋室を1泊しか取れなかったので
今日はもう帰らなくてはいけないのに
姫は午後も泳ぎたい、
もう1泊したいとご所望。
帰りの渋滞が心配なので
昼食後に帰路に。

しかし、その間帰ってからもう一度
近場のプールに行くと妥協案。
海側は混むので帰りは芦ノ湖スカイラインから
御殿場経由圏央道で自宅に。

疲れ知らずの姫はまたもや本当にプールに行き
ご希望の外食をし
電車でパパが出迎える最寄駅まで送り届けました。
汐音
ず~っとハイテンションでご機嫌な姫

ジイジ&バアバはリフレッシュできたかどうかは疑問ですが
姫が楽しんでくれたなら満足ということで、、、(^_^;)

覚えていてくれるかしらね。今日のこと。








カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ