ひさしぶり読書三昧

6月30日
大阪に帰る車中と実家で本が3冊読めた。
持っていくつもりの
三浦しをんのエッセイ「悶絶スパイラル」は



面白くてて行く前に読んでしまった。
そして新幹線車中では
三浦しをんの「月魚」

実家で以前借りたものの読み終えられなかった
角田光代の「笹の舟で海を渡る」を最初から読み直した。


そのあと小池龍之介の「考えない練習」


久しぶりにゆっくり読めた。
相変わらず母に食事を用意してもらう好環境。
介護のために帰ってるrなんてとても言えない。




有馬から六甲山に

6月29日
朝風呂もいただいて10時にチェックアウト。
有馬温泉
バッチリメイクの母は89歳にはとても見えない(~_~;)

そのあと天気がいいので六甲山に。
昔西宮北口に住んでいたので
わたしにはなじみの山だけれど
母は当時何回くらい来たのかしら。

夜には百万ドルに輝く景色が広がって
六甲山3

ちょうど大好きなピーターラビットたちが紹介されている英国フェア開催中。
六甲山
いまだにピーターラビット大好き

六甲山2
二人たしてアラ160!!

六甲山4
六甲ガーデンテラスの展望台から

母のご所望でソフトクリームを食べて帰路に。
時間も距離もちょうど良くて出不精の母にも喜んでもらえて何より。

夜は堺まで出かけて中学の同期と4人で超ミニ同窓会。
先日の同窓会をドタキャンした幹事へのお詫びのつもりだったけれど
全然お詫びにはなっていなくて
却ってお忙しい思いをさせただけかもという後ろめたさはあるけれど
会えてよかった。
場所は同じく同期の方の中華料理店だったので
実質5人の同窓会。
4人は中学だけでなく小学校も同じで思い出話は尽きることのない様子。
転校ばかりして幼馴染もふるさともない私にはうらやましい限り。
次回の同窓会は3年後。
そんな不確かな時ではなく
今日会えたことに感謝。
林修さんじゃないけど我々には「いまでしょ」が切実。









有馬温泉に

6月28日
母が有馬温泉なら気軽に行けるとわかったので
今回もいろいろ企画してみたけれど
最終的に有馬温泉に。
前回は13年の12月だった。
さらに年を重ねて89歳。
なるべく無理のないように
レンタカーを借りることにした。
これが大正解で
母は午前中リハビリに行って1時前に帰宅。
それで出発は3時ごろ。
1時間半ぐらいかかるかと予想していたら
何と39分で着いた(ナビが所要時間を教えてくれる)。
最も高速代が1970円とえらく高かった。
今回はお風呂も金泉も銀泉もあるので両方楽しめ
しかもお料理も良くてかなり喜んでもらえた感じでよかった。

花結び3 花結び2 花結び

特にお肉が柔らかくてお口にあったみたい。
私は鱧の柳川風。

前菜だけでもうお腹いっぱいなどと言いながら
しっかりいただきました。
いつも宵っ張りなのに8時過ぎにははやばやと床に就いた。
私は一度見たいと思っていた「天皇の料理番」をみた。
そして本を読んで11時過ぎに。
上げ膳据え膳の温泉付き。
母と一緒にゆったり・まったり。





草津白根山に


6月21日
ペンションプモリ
パンとコーヒーの朝食を優雅にいただいてペンションを7時30分ころ出発。
次なる白根山草津に。
白根火山ロープウエイ山麓駅に10時前に。

ここでもロープウエイ。
なんのプライドもポリシーもないので
楽にお山に行けるとあらばロープウエイでもリフトでもケーブルでも。
天候が不安定なので
ロープウエイが動いてなければやめようと思っていたが
おかげさまで我々のためだけ(?)のように小雨の中動いていた。
全長2400m。片道10分。往復1500円。

草津白根

山頂駅はすでに2027m。
それなのにコマクサリフトまで動いていてさらに高みに。
クサツロープウエイ

白根山への眺望があるはずなんだけどさらに五里霧中。
こんな中でもひるまずに出かけられるのは
もちろん高低差ほぼ150mというハイキングコースだということと
進化したレインウエア―のおかげと
グレートトラバースの田中陽希の天候をものともしない山歩きの影響が大。
危険は無謀だけど
眺望がないだけのことなら我慢する!

そして山からの眺望をあきらめてもおつりがくるほど
花たちが大歓迎してくれた。

最初のコマクサ。雨にしょぼくれていたけれどさすが高山植物の女王の美しさ
草津白根8

そして多かったのがマイヅルソウ
草津白根3

ところでコマクサは初見で感動している場合じゃなかった。
草津白根10

もう本白根への最高地点へのルートには
これでもかこれでもかと咲いている。
草津白根7

こんなにたくさんのコマクサを見たのは生まれて初めて!!
時期的には4分咲きということだったけど満足を超えて満腹になるほど。コマクサ
てっきり自生したものと痛く感激していたけれど
実際は地元の方々や小学生たちによって植えられ、保護されているそう。
それもまた、それでありがとうと感謝。
こんな厳しい条件のなかで5年もかけてようやく咲く花たちを
植えて見守ってくれたなんて。
小学生には本当にいい自然教材だったよね。

そして可愛いコケモモ
草津白根9

右に左に花を見ながら歩いていると本白根最高地点に。
あまり頂上を極めた感はないけれどとりあえず48座達成!!
雨に濡れそぼったすっぴんはとてもアップに堪えない(+_+)

草津白根6

最高地点は噴火口を1周するルートから外れて万座温泉に抜けるルートを15分ほど行ったところに。
また元のルートまで戻って
展望台からロープウエイの山頂駅まで約1時間。

そこがまたイワカガミ街道と呼びたいイワカガミの群落地帯。
元白根2

コマクサも可愛いけれどイワカガミも負けてはいない
元白根3

そしてイワカガミに負けずにたくさん見られたのが愛らしいツマトリソウ
元白根4

花の百名山でもある草津白根を堪能できて幸せ。

途中にあった鏡池
元白根

亀甲文様が珍しいとか。
元白根5

ロープウエイの山頂駅からは白根山を見るためのシャトルバスが無料で出ている。
ちょうど雨も上がって何とか白根山と湯釜を見ることができた。
(シャトルバスの中から見るだけで降りることはできない。白根山は警戒レベル2。
白根山
天気がいいともっと山肌は白く見え、湯釜も美しいブルーに見えるそう。
それで夫は昔子供たちが小さい頃一度来たよねと思い出した。
私もすっかり忘れていたけれど、長野方向から確かに来たことがあった。
(その道路(国道292)も今は朝8時から夕方5時まで制限付きで通行が許可されている)



午前中は見れなかったのでラーッキとガイドさん。
このガイドさんは白根山だけでなく火山にも造詣が深く詳細で熱のこもった説明に感心していると
テレビや新聞で随分有名な人気のガイド山田さんという方だった。

運が良ければロープウエイの下にニホンカモシカやクマを見ることができると
教えてくださったので下りのロープウエイで
目を凝らしていると本当に小熊がいたのでびっくり。

よく考えれば熊やかもしかにとってはずっと森や山が住処なのだから当たり前のこと。
私たちがお邪魔しているのだった。

雨に降られたけれど風がなかったので
さほどその天候が気にならないくらい楽しい山歩きだった。
標高差150mでつらさはないのに2000mの山歩きと高山植物を楽しめたわけで
とっても得した気分。

帰りには素通りできるわけないでしょうってことで名湯草津温泉の露天風呂に。
草津温泉
洗い場もなくまさに露天風呂だけなのにはいささか驚いた。

草津を3時前に出て5時過ぎに高崎駅に。
高崎駅構内にある「おぎのや」で食事。
オギノヤ
やっぱり釜飯は美味しかった。
充実の2日間でした。


















奥(日光)白根山に

6月20日
8時半、群馬に出張だった夫と高崎で合流。
レンタカーで丸沼高原に。
この1週間、二転三転する天気予報に雨覚悟で出発したけれど
東京はばっちり晴れたので何とか今日は持つのではないかと草津白根の予定を奥白根に。
最近群馬は荒れ模様なので集中豪雨と落雷が気がかり。

丸沼高原のゴンドラ山麓駅10時半着。
奥白根ゴンドラ2
丸沼高原で標高1400m。
ここから一気に2000mまで運んでくれる。往復2000円。

奥白根ゴンドラ
目指す奥白根山。
ムム、怪しげな雲行き!!

高低差600mを15分で。
もう2000m!
奥白根2

ここにはシラネアオイの群落が。
奥白根4

この山の名前にちなんでつけられた美しい花。
花音痴の夫も感動していた。

奥白根5

山頂駅近くの二荒山神社(白根山神社)の安全祈願。
奥白根3

ここから登山道。
11時スタート。
ここでも鹿の食害が多いとのことで登山道入り口にはゲートがあった。
可愛い鹿の目を見ると切ないがシラネアオイだけでなく山草や住宅地の庭までも
食害の被害が大きいと聞くと複雑。

早速イワカガミが。
奥白根

天候が心配だったので約2時間30分の行程を休憩は1回2時間で。

残念なことに頂上近くでとうとう雨がぱらつき始め
ガスの閉じ込められて眺望ゼロ。(13時)2578m。
関東以北最高峰からの眺望は素晴らしいはずだったのですが、、、。
奥白根8

それどころか慎重派(小心者)の夫は食事もせずにすぐさまピストンで下りるつもり。
食事はスルーでもいいけどピストンはパスとごり押しで
周回コースに。
ガスの中急な岩場を下りると
ちょうど視界に弥陀が池が入るころには雨もやみ、ガスも晴れて、、、(^_^;)

奥白根7

水の色がヒスイ色の五色沼も見えた。
奥白根6

このくだりはハクサンシャクナゲの群落で来月には見ごろのはず。
シャクナゲ大好きの夫は残念がったけど
来月登る山で見ることにして(?)
シラネアオイが見れたので良しとすることに。
菅沼に下りる弥陀が池コースとの分岐当たりではチングルマが見られた。

奥白根9

我々弥陀が池には下りずに座禅山のコースで。
もう一度登り返すのかと思いきやうれしいことに
ほぼ平坦なルートで直径200mという座禅山の噴火火口が見られた。(14時10分)

奥白根座禅山
と言ってももう自然に埋もれて危機感のない低地というだけの景観。
日本の山って至る所火山なので恐ろしいと言えばいつもどこでも危険だらけ。

その後はうっそうとしたダケカンバの林の中。
眺望は無いけど整備された山道。
七色平を経て登山口に。13時30分。

又雨が降り出したけれど
ロープウエイは4時半最終なので
安心してここで昼食(?)

夜は丸沼高原のペンション村のペンションプモリ。
山小舎と違って暖炉のそばでおしゃれな食事。
ペンション ペンション2

ペンション3

何とか不安定な天候の中一つ目の白根山をクリア。
良かったよかった(~_~;)




















 









多摩大学リレー講座  17世紀オランダからの視界 寺島学長


6月18日
アナベル
アナベル:挿し木しておいたものを昨年定植したら今年はちゃんと咲いてくれた

ブログが滞りがちで
遅ればせながらアップしているけれど
ネックは木曜日。
多摩大学の講座の内容をアップしないで1週間、2週間たつと
もうほとんどその内容を思い出せなくて、、、(^_^;)

何のために通っているのやらと自分でも情けない。

今日は寺島学長。
「17世紀のオランダからの視界~近代を再考する」
この講義は世界史と日本史を知っていなくてはいけなくて
アンチ歴女(?)の私にはとりわけ苦手の分野。
でも寺島さんがいつもの日本や世界の現況について解説されるときとは
ちがっていかにも楽しげな自分の研究テーマと取り組んでおられる
感じが聞いていて楽しい。
連載もすでに30回。
まだあと10回は連載の予定で
終わりがないほど長編になり、後になるほど難解になった
中山介山の「大菩薩峠」のようと自虐。
また一方で
キッシンジャーの「World Order: Reflections on the Character of Nations and the Course of History 」
において同じ見解を持っていると分かったと嬉しそうに述べられた。
いつかゆっくり読み返せばわかるかしらなどと思いながら今読み飛ばしている(-_-)
何時かなんて来るはずもないのに。

最期の30分で近く発刊される観光日本についても述べられた。
貧困化する日本の中堅・中年世代を何とか心豊かに経済的にも豊かにと
願って観光こそがその救世主になるのではの思いが熱かった。
誠実な危機感に共感する。

そのあと大学内で新井由佳梨さんのピアノコンサート。
親しみのある曲・やさしい曲、ダイナミックな難局まで取り混ぜて
手抜きのない演奏が感動的。
いい日だった。

午前中は免許の書き換え。
右折ラインで直進してしまった違反で一瞬にしてゴールド免許ははく奪。
一般講習、1時間。
5年も持つのだからすこしでもましにと
昨日カットに行っておいたけど
何のことはないちゃんと5歳年老いた自分が写っていてがっくり。
次回は高齢者講習を受けなくてはいけない。
車を自由に運転できるのも何時までかななんて思う今日この頃、、、。





ウイリアム・モリスの生地で椅子の張り替え2


6月17日
椅子の張り替え6

椅子の張り替えを続行しなくてはと思いつつ、
そうだ免許書の書き換えも行かなくちゃと思いだし、
その前に夫に頼まれた宅配便の手配をして荷物も箱に詰めなくちゃ。
と何かやりだすとほかのことがきになる悪い癖。
それ以外に土日の山行きの段取り。
夫の周長と合流しようってわけ。

中学の同窓会に行く予定を昨日やっとキャンセルした。
自分も幹事で苦労していたので
欠席の返事をするより先に出席の返事をしてしまう。

だけど今回はもう年齢制限がかかっている
山行きを優先すべきかと
はっきりしない天気予報をにらみながらずっと迷っていた。
でも行くことにしたからには登る山を決め、ルートを決め、列車の時間を決めて、レンタカーを予約し、
宿も予約する。
全部私が決めるので夫はどの山に登り、どこに泊まるか当日まで知らない
ミステリーツアー(~_~;)

まだ土曜日の降水確率は40%。
でも60%から傘マークが消え、曇りマークだけになった。
小雨決行ということで。

宅配の集荷の時間が午後なので
免許書の書き換えは明日にして
とりあえず
カットだけでもして来ようと午後一で美容院に。

ついでに帰りにホームセンターに園芸土を買いに。
赤玉土とブルーベリー用土。
この間松本で大好きなフランネルフラワーを見つけ
お持ち帰り
でも一度枯らしているので
育て方をネットで調べたら酸性土が合うとのこと。
ブルーベリー培養土がいいとか。
リベンジを期して苗より高い土を買ってきた。

そうこうしている間に夕方だけど
残りの椅子3脚の張り替え。
椅子の張り替え3
道具はホッチキス

椅子の張り替え
裏を見せるとしろっとぽいね。生地が足りないのでギリギリなうえに3枚も重なっておさまりが悪い[弁解)。

椅子の張り替え2
お役立ちグル―ガン

最期の難関は生地が足りるかどうか。
意外にコドーをくるむテープに記事が必要で
かなりつぎはぎで何とか。

椅子の張り替え4
残った端切れはこんだけ~!!!

ほとんど残り切れもない状態で完成!!
椅子のことより最後は生地が何とかたりたことに達成感!!
何時のまにか本末転倒というか目的ずれている??

ところで朝採りの夏野菜。
夏野菜6.17

上の方ばかりに目が行っていたらしくよく見ると下にお化けキュウリが
4本も転がっていた(~_~;)






ベルガモット

6月2日
ベルガモット

夫がようやくその名を覚えたピエールドロンサールの花期は終わり、
次に見ごろなのがベルガモット。

何年も苗であったけど花が咲かなくて、難しい花なのかと思っていた。
今年思い切って株分けしあちこちに移植したらそれぞれが見事に咲いた。
しかも思っていた緋赤ではなくて紫系。
その複雑な形が面白い。

そしてジャコウソウもどんどん大きくなって花数を増やしている。
じゃこうそう

透かしゆりも入梅前の気持ちのいいお天気に
際立つオレンジで見事。
すかしゆり2

すかしゆり


花たちを見るだけで元気になる。
夫はさらに花にメダカ。
小さな群れが疲れないのかと思うほど
元気に泳ぎ回る様に癒されるとか。
花もメダカも全然世話はしないんだけど、、、(^_^;)



ウイリアム・モリスの生地で椅子の張り替え


6月16日
新年の初売りで買ったウイリアムモリスの端切れ。
120cmあったので何とか椅子に使えるのではと思いながら
早半年。
思い切って鋏を入れることに。
以前大塚のカーテン生地で張り替えたのは
2008年の何と6月だった。
随分汚れてきたので気になっていたら7年目。
椅子の張り替え

椅子はアメリカのETHAN ALLEN(イーサン アーレン)。
やはり大塚家具の本店まで行って買ったもの。
本体がいたってシンプルで丈夫。
座面の構造も同じくシンプル。
椅子の張り替え4

全く素人の無手勝流だけど
前回何とか張り替えられたので今回は憧れのウイリアム・モリスの生地で。
定番のウイローボウ。
地味目だけど飛び切りお買得の端切れ。
今年いちばんのうれしかった買い物。
端切れで宝石以上に喜ぶ自分が哀しい(-_-)
(宝石を買ってもらったわけでもないし、、、)

ところがいざ始めてみると
挟み込むコードを縫おうにもミシンの調子が悪くて悪戦苦闘。
何度ミシン調節をしても針目が飛んで縫えない。
2時間ほどやってみたけれど埒があかないので
ひょっとしてと購入したミシン店に。
ミシン針を取り替えてみたら嘘のように快調に。
工業用ミシンなので工業用ミシン針を
使っていたら、このタイプは家庭用でいいそう。
随分手間を食ってしまったけれど
何とか1脚ができた。
下手だけどまあそれなり。
椅子の張り替え2

今日は夫の誕生日だったのに、
てっきり食事を済ませて帰ると勘違いしていて
椅子と格闘していた。
早めに帰った夫の顔を見てから
ありあわせの夕食になってしまった。
まあ娘や長男と食事会もしたことだし
結婚後40年も過ぎればこんなもの(~_~;)
なんて全然思ってなかったよ。
ごめんなさい<(_ _)>






スカシユリ増殖 咲き出したベルガモット

5月30日
スカシユリ2
スカシユリと千鳥草とオルラヤ
スカシユリ
2球しか植えてないはずだけど今年は5,6本咲くみたい

ユリも自然に増えるみたいで
今年はスカシユリが何本も花をつけている。
うれしいと言えばうれしいけれど
思いがけないところで鮮やかな花を咲かせる。
ナチュラルガーデぽさがさらに強調されて
わが家の庭では悪くない。

そしてあの気仙沼大島の震災後の更地に咲いていた
ジャコウソウが次々花を咲かせている。
ジャコウソウ

そしてもう1種類の種からは薄紅葵が咲いた。
ベルガモット2
ウスベニアオイは我が家にもともとあるけれど
全く違う素性なので大切に育てなくては。
2種類とも葵の仲間の強健な種類なのでこれからも毎年咲いてくれるといいなと思う。

ことし新たに花をつけたもう一つの花がベルガモット。
花が咲かなかった3年目の苗をことし株分けしたらようやく大株になって花を咲かせた。
ウスベニアオイ
ベルガモット。和名はタイマツソウ
ベルガモット
香料に使われるかんきつ類のベルガモットに似た香りのするハーブ。
アールグレイの香りはベルガモットの香りだそう。
名前も香りも好きなので大切に咲かせたい








長男家族と

6月14日
アナベルとイタリアンパセリ4
風で折れてしまったアナベルとイタリアンパセリの花
アナベルとイタリアンパセリ2
自然の造形って精密な機械よりも精巧だとつくづく見とれる

アナベルとイタリアンパセリ3
夏野菜の収穫♪ささやかだけどうれしい(^_^;)

梅雨に入って嫌なのは蚊対策をしないと庭には
でられなくなったこと。一方でときどきの雨は
朝晩の水やりを省いてくれて大いに助かる。

夫が頂き物のスイカをスイカ大好きな姫に届けたいと

言い出して4㎏もある箱を手持ちで届けることに。
和歌山県の方が送って下さったもので
小玉スイカよりは大きく
普通のものより小さく、
味も良くて小学生になった姫が独り占めでかぶりつけそう。

結局買い物に出た長男家族と途中駅でおち合って
夕食を共に。
やはり誕生日や父の日ということもあって
長男のおごりで。
ステーキとハンバーグの「けん」という店に。
味の素スタジアムのそばなので
たまたまビーズのコンサートとかち会って周辺も店もめちゃ混み。
20組待ちだったけど
開演時間が近かったせいかすくのが早くて助かった。
姫も若も最近は食欲があって
かなりの量を食べるとかで痛しかゆしだとか。
何しろ経済的負担が特にエンゲル係数が、、、。

さてとみんなが食べ終わって
席を立つ頃
それまであちこちうろついていた
若は急に最後のデザートにフルーツゼリーを食べだすと言い出して、、。
一人でマイペースで食べている。
この協調性のなさはだいじょうぶかなあ(^_^.)
まあいまはかわいいかわいいですませられるけどねえ。
約1か月ぶりの二人の孫はまた大きくなって
それぞれの成長ぶりで喜ばしてくれた。
育てる親は大変だけど
本当にに孫ってかわいいなあと思う。
蒼祐6.14



福山に登る? 夜は父の日&誕生日のお祝い


6月13日
今日は福山に。
と言っても奥多摩でも丹沢でもなく都心に。
初めての有明コロシアムまでおでかけ。
あの福山雅治さまにご対面。
と言っても8000分の1ですけど。
出していた葉書が当たって
アサヒスーパードライのCM撮りに参加。
好感度の高い「雅~!!(とみんな呼んでいる)」を1度生で見たいものと
娘とのこのこ。
アサヒビール

お席は抽選で何とか雅とわかる位置に。(会場は撮影禁止)
マイクの方向で常に歌うときは正面から見れるので良かったけれど
屋根をオープンしてからは西日とライトがまともで結構忍耐の場所にもなった。
何しろくそ熱い中、日本全国から駆け付けたファンの熱気むんむんのスタンドに4時間。
拍手、手を振り、腰を振って雅とアサヒスーパードライと雅の新曲ミュージック・クリップ撮りに協力。
8000人の熱視線(私も?)を一身に浴びて、
日差しも、ライトも浴びて
新曲を何度も何度も歌う雅を思えば
にわかファンだって協力を惜しまないというもの。
まあミーハーに取ってはおもろい体験ではあったので
7月放映のCMが楽しみ。

そのあと娘が父の日と誕生日のお祝いを兼ねて
食事を予約してくれた参宮橋のレストラン「イルヴィスキオ」に。
イルビスキオ

ほんとに駅前なのに静かで
こじんまりといい雰囲気のイタリアン。
お味も旬の素材と有機野菜でいい感じ。

イルビスキオ3
前菜:柔らかく煮たタコとセロリのサラダ&とうもろこしの冷製スープ

(ここでカメラの電池切れ、、、(ー_ー)!!)

フォカッチャも美味しくて
メインの前にお腹いっぱい。
メインは青森県おいらせガーリックポークの骨付きロース肉のグリルでしたが
とても食べきれないボリュームでした。
イルビスキオ2

添えのアスパラソバージュってのは初めてでした。
アスパラと同じユリ科だけれど
オルニソガラム属で歯ごたえはありながら
ちょっとぬめりもあるという新食感でした。

体調がいまいちで夫は節酒中。
我々はすでにアサヒドライ1缶摂取済み。
ということでワイングラス一杯程度。
お料理中心のお食事でしたが
うちわの楽しいひと時、娘にごちになりました。









多摩大学リレー講座 情報通信機構の富田二三彦理事

6月11日
アナベル2
アナベル
アナベル
あまりに素敵と褒めていたらお向かいの奥様が小さな挿し木の株を下さった。
そして3年目わが家でも見事な花が咲き始めた。
さらに挿し木を増やして今や4株になっている。
これ以上増やしても植えるところがないんだけど、、、(^_^;)

午前中着物着付け教室。
今日は文庫結びなどの半幅おび。
つまり帯を結ぶところまでは着れることになっているはずなのですが、、、。
それがなかなか。
今頃というか今さらに
私って頭が悪いんだとつくづく。

そのあといつもの料理屋が臨時休業だったので
先に農協へ行って
新たにインパチェンスなど花の苗を買って
その途中で見つけたビッグボーイでランチ。
サラダバーが食べ放題でまた食べ過ぎ(-_-)

蒸し暑い部屋での着物の着付けの練習と食べすぎで
案の定多摩大学のリレー講座は
最初から眠かった。

講師は情報通信機構の富田二三彦理事。
ところどころおぼろげに聞いて感じたのは
もちろんICTが進化することで受ける恩恵は素晴らしいものがあると思うけれど
それでみんなが幸せに案るとは一概に言えない気がするってこと。
いまだに携帯を持たないでゆうゆうと暮らしている同世代もいるし
さらに高齢の世代ならもっと。
総ての人が望むと望まないとにかかわらず
そういうシステムでしかサービスを受けられないのって
逆に不公平で不自由で不幸ってこともあると思う。

これでもかこれでもかって進化する家電でも
複雑すぎたり、不要な機能が満載だったり
実際にに毎日使っている人の声が反映されているとは思えないものも多い。

世界の競争に伍してゆくためには
やむを得ない、、、
そうかなあと思う。今起きている地球規模の変化も
進化しすぎた文明のもたらした結果だということを
考えなくていいのかな。
人間として生きていくとにときに根源的に求めているものって
先端技術の中にあるのかなと
ふつふつと夢見がちに思ったのでした。



らん鉢おあつらえ


6月9日
料理会のメンバーさんが ランの鉢を作ってくださいました。
植木鉢

料理会のメンバーさんたちはそれぞれ多才で 多趣味ですが 陶芸をやっておたれる方も多くて プロ並みの方も。
らん鉢が割れて困っていたところ 作ってくださるというので 楽しみにしていました。
今までにもお茶碗や湯飲みもいただいていますのに厚かましいことです。

植木鉢2
折鶴らんとマネッチもぐっとグレードアップしました。

昔は陶器同様植木鉢も買うのが好きでした。
ことしのらん展で買った小さな胡蝶蘭に買い置きの鉢がぴったり。
植木鉢4

ストレプトカーパスにの鉢はフリーマーケットで買った記憶が
植木鉢5

何年も 大きくもならず枯れもせず。紅葉もしない。 ヘンリーつたに似た蔦の種類?
植木鉢3
木製の糸巻を台にしてちょうどいいバランス。
植木鉢も気に入ったものに巡り合えるとうれしいし
その鉢に合った花を探すことになるのも楽しい。



更新記録を更新???

たまりにたまってきたので
雨も降ったことだし、できるだけやってみようと思うけど
今日も映画も見ちゃったし、友人宅にも行かなくちゃではある、、、。
と言っても更新記録て言っても今までの最高がいくつ何だかの記憶も記録もないわけで、、、(^_^;)
というわけで実は初挑戦??
何気にいつも後追い更新はやってはいるけれど。
と言いながら時すでに9時を過ぎてしまった、、
もうそろそろいつもならお風呂に入って寝る時間だ。



今年最初の百名山 乗鞍岳


6月1日
上高地までくればどれか一つは登らなくちゃ
というわけで残っているお山乗鞍岳に。
スキーや近くを何度か訪れていても山頂を目指したことはなくて
3人とも初めて。
朝食をホテルで取って
8時40分のバスで乗鞍スカイラインの畳平まで。
5月15日に開通したばかり。

6.1畳平
畳平スタートは9時45分。
コースタイムは1時間30分。
まだお花畑には早いけれど
ハクサンイチゲが咲き出していて、途中ハクサンシャクナゲも数輪見ることができた。
6.1乗鞍7
登りは富士見だけをまいて肩の小屋に直行。
途中の雪渓で人生初のアイゼン体験。
3人共です。
6.1乗鞍4
娘とわたしは新規購入。夫は名古屋時代にすでに購入していたものの装着は初めて。
ということで15分はかかりました。
特に不器用な夫が、、、(^_^;)
肩の小屋の手前ではずして
またつけてとこれがなかなか面倒でした。
肩の小屋にはトイレがあります。

6.1乗鞍3
剣ヶ峰への登山口
すでに10時40分。
ここから一般のコースタイムは50分

6.1乗鞍
本当に馬の鞍のような美しいラインの稜線です。

6.1乗鞍2
11時45分剣ヶ峰(3026m)山頂到着です。

ずっと休憩していたかのようなスローなペースでしたが
ほどほどに天気に恵まれ、
慣れぬ雪山で2時間もかかりましたが何せ3000mを超える百名山です。
アイゼンデビューもできてご機嫌でした。

山頂はガスっていてあんまり展望は効かなかったのですが
3人共見えたとしても山の名前もよくわからないので、、、(^_^;)
まあ槍や御岳ならわかるかなと思ったのですが見えませんでした(-_-)
乗鞍1
火口湖の権現池が青味を帯びて目玉のように見えます。
雪解けのせいか水が美しいブルーです。

山頂にはほかに3人の方がいらして6人占め。
のんびりとパンやおやつとコーヒーで30分休憩しました。
下山は12時10分。

乗鞍2
お二人の方は下りは一気にスキーで降りられました。
めちゃくちゃ気持ちよさそうでうらやましかったです。

下りは我々もアイゼンもつけずスムーズに降りれました。
それで往きにはカットした富士見岳(2817m)に登ることに。

6.1乗鞍6
確かに眺望はよさそうでしたが、やっぱり富士山は見えませんでした。

畳平には13時40分着。
肩の小屋のトイレ休憩、富士見岳にも登って1時間30分。

畳平には鞍山頂簡易郵便局が設置されていて7月1日から9月30日の期間限定で
営業しているそうです。
日本で一番高い郵便局かとおもい、
自分あてにカードを出しました。
でも富士山にも同様の郵便局が設置されているそうです。
6.1乗鞍8
13時50分のバスで平湯温泉に。
日帰り浴場ひらゆの森でもう一度温泉にゆったり浸かりました。
ここはいくつもの露天風呂があって白濁のものと透明のもの湯種も違っていて
楽しめました。
昨夜宿泊した平湯館で購入できる割引券が200円でとてもお得でした。
そしてレンタカーで松本まで。
松本でおそば食べ、18時35分の梓に。
9時過ぎには最寄駅に着きました。

2日間の天候も良くて一泊2日てんこ盛りの旅行&登山でした。


3日にはちゃんと届きました。
しかもうれしいことに6月1日の消印でした。

乗鞍郵便局


















カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ