庭の桜 隣の犬

夫が風邪を引いたので
車があるけれど
自宅で。
借りていた本を読み庭仕事。
まさに花たちが次々と咲いて一番美しい時を演出してくれている。
その分水遣り・花柄摘み・夏野菜の準備と忙しい。

久しぶりに角田節の小説を読んだって感じ。
角田光代『庭の桜 隣の犬」

庭の桜、隣の犬庭の桜、隣の犬
(2004/09/29)
角田 光代

商品詳細を見る


記憶力抜群の子供だったなんて設定が面白い。
登場人物にそれぞれ現代的なテーマが振り分けられていて
結果としてそれが難だったのという気もするけれど
作品自体はエッセイや短編よりとっつきが良くて読みやすい。
あんまり難しいこと考えないで
いいことにしよう主人公夫婦のように。
と読み流すわけで、、、。
それにしても角田作品は若い人や中年より
中年や熟年世代が生き生きしているのはなぜ??

そして最近読んだ角田作品は
「かなたの子」
かなたの子かなたの子
(2011/12)
角田 光代

商品詳細を見る


「よなかの散歩」
よなかの散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)よなかの散歩 (ORANGE PAGE BOOKS)
(2011/03/25)
角田 光代

商品詳細を見る


「口紅のとき」
口紅のとき口紅のとき
(2011/12)
角田 光代、上田 義彦 他

商品詳細を見る



「渦巻き文様の不思議」鶴岡真弓さん

午前中高尾山中を歩いてきて
午後はNPOの講演会に。

お手伝いをさぼろうとしたけれど
先生のお相手をということで
直接先生とお話しでき、
楽しいお話を講演以外にも間近でお聞きでき役得だった。

ケルト民族・アイルランド。
日本から見れば地図上では一番端っこ。
距離的にも果ての国。
もちろんなじみもない。
そんな国の伝統的な文様に渦巻き模様があり、
それは日本の三つ巴や流れ三つ巴にとてもよく似ている。

でも先生はそういう美術的な考察よりも
我々NPOの会員の年齢をご覧になって
三つの渦巻きが
生と死が合流して再生する祈りを込めた象徴的な文様だと
熱を込めて解説された。

私はそのことに感動した。
死を身近にかなが得て生きる世代に
死は再生が約束された自己増殖の形ととらえることができれば
何だか死も受け入れやすい。

先生も最近身近な方をなくされてそのことを切に感じられたそう。
エンヤとガイアシンフォニーの1巻で共演された美しい方は
また、とてもこころお優しい方だった。
多摩美の芸術人類学研究所の所長でもいらっしゃる。

図説 ケルトの歴史―文化・美術・神話をよむ (ふくろうの本)図説 ケルトの歴史―文化・美術・神話をよむ (ふくろうの本)
(1999/08/26)
鶴岡 真弓、松村 一男 他

商品詳細を見る


ケルト 装飾的思考ケルト 装飾的思考
(1989/08)
鶴岡 真弓

商品詳細を見る







小仏城山北東尾根から小仏城山~裏高尾~日影沢

シラユキソウ
アネモネシルベリトリス:消えてしまわないかと心配していたが何とか花をつけたお気に入りの花。

アネモネシルベリトリス
シラユキソウ:この花も可愛いくて好きだけど、今や抜かなくちゃいけないほどに。
もともと野草なので楚楚とした花に似合わず強健。

朝6時半に焼けたパンと摘みたてのミックスサラダ菜とルッコラを持って
高尾山に。
先週高尾山系のあちこちで草いちごが咲いていたので
もしやもうあの「アンの小道」も満開ではないかと、、。

結果的に一部は咲いていてメインの小道はまだつぼみだった。
連休にイギリスに旅行する娘に
見せたいと思っていたけれど
ちょうどベストシーズンは旅行中ということになりそう。
小仏城山は山桜はすっかり葉桜になっていたけれど
八重桜はこれからという感じで美しかった。
富士山は全然見えずで
小仏から高尾までの道は今日は新緑の小道でした。
花も毎回同じでなんちゃって実は
カメラを忘れたのでした!!

携帯の写真もイマイチで
本日写真なしという結果に。
情けない(-_-)

ニリンソウ

というわけで我が家の小高尾!
ニリンソウとすみれ。これもだんだん増えてきて、あちこちに。
もともとスミレはこの庭に自生していたもの。





さくらの花の塩漬け

朝の窓辺
朝いちばんにカーテンを開け庭を見る。
今年はバラを窓辺に誘引したのでめざめにばらを見ることができる。
(来年はもっとうまく誘引したい、、、)

春には桜餅を作るのが恒例。
そして今年は桜クッキーも。
そこで使う桜の花の塩漬けを作ってみた。
意外と材料の八重桜のつぼみが手に入らなくて、、、(^_^;)
公園や桜並木のを失敬するわけなので。
会って手が届かなかったり、
満開でつぼみが無かったり、
会ってもそうそう公共のものを採るわけにもいかない。
散った花びらでよければいいけど
つぼみというのが心をとがめる。
でもずいぶんあちこちで八重桜のお花見をしながら
少しづついただいて
初の桜の花の塩漬けやってみました。

さくらの塩漬け
花を水につけて10分くらい置き(砂やごみを落とすため)、丁寧に優しくゆすぎます。

さくらの塩漬け3
キッチンペーパーで挟んで軽く押さえて水気を切ります。

さくらの花の塩漬け7
花に重量20gに対し小さじ1くらいの塩をジップロックに入れます。

さくらの塩漬け2
ペットボトルに水を入れて重しにします。(2~3日)

さくらの花の塩漬け4
水が出てしっとりしたら水を捨て
梅酢を大さじ3くらい入れます。
さくらの花の塩漬け8
(我が家は梅酢紅ショウガに使っていますのでそれを利用)
又重しをして2~3日。
さくらの花の塩漬け9

きれいな色に漬かったら
軽く絞って形を整えながらキーッチンペーパーの上に並べ2日ほど乾燥させます。
さくらの花の塩漬け10

乾燥したらしをにまぶしながら瓶に詰めておきます。
さくらの花の塩漬け9
ちょっと塩が多すぎたみたいです(~_~;)







ラミウム

ラミウム3
ラミウム:可愛い小花を段状にいっぱいつける

いつもはグランドカバーとして重宝しているけれど
この時期、可愛い花をいっぱいつけて主役級に。
ランもこの時期ぐんぐん延びる。
それでやむなくカットしたり、抜いたりになってしまう。

ラミウム2
グリーンスプリングのそばに
ラミウム
2年緒ののクリスマスローズの苗はすでに埋もれている

ラミウム4
花器にも惜しげなく生けられる

斑入りの美しい葉は1年中枯れない。
野草のオドリコソウやホトケノザの仲間なので強いのも納得。





車検

ミヤコワスレ
モッコウバラがふつふつと咲き出した

モッコウバラ
ミヤコワスレも


もう3年がたち1回目の車検。
すでにあちこち小傷だらけで
新車同様に無傷で使いたいと思った初志はいずこ~~~
1年目はもっと小さな傷でも修理したけれど
もうあきらめた。
夫に二男そして私。
その3人限定の運転手のだれもが記憶にないと言い張る傷が
どんどん増えていくのはなぜ???





高尾・陣馬スタンプラリー2日目 陣馬山から影信~小仏城山~相模湖

4.19陣馬3
陣馬山のシンボル 白馬の像


高尾駅北口を7時35分発のバスで陣馬高原下に。

8時5分位に着いてまずは山下屋さんでスタンプ。

ここから和田峠に向かう舗装道路を約20分歩くと、

陣馬山新ハイキングコースの登山口があります。

大垂水峠から小仏城山の急登も苦手ですが

ここから陣馬山頂(855m)までの1時間もかなりの急勾配です。
4.19陣馬5
写真に撮るとなかなかその勾配がわかりにくいのですが、、、

まだ体が慣れない朝一の登りは応えます。

和田峠からの合流地点あたりでようやく視界が開け

さくらとニリンソウとミツバツツジが美しかったです。

ここからさらに10分ほど登って山頂です。

山頂には9時25分位到着。



陣馬山のシンボルの白馬の像

お天気がさえないのでちょっと元気がなさそう。

それでも雲に隠れながらも、富士が見えました。

一休みして次は影信山(727m)です。
この間は5.7㎞、約2時間20分のコースタイムです。

全体的には下りと歩きやすいフラットが多いコースです。

この季節エイザンスミレとモミジイチゴがたくさん見られました。

4.19陣馬6

ただ飽きるほど長~いです。

11時20分に到着。
4.19陣馬

もちろんここでもスタンプをポン!
そして昼休憩。
4.19影信

この時期影信小屋では山菜の天ぷらが美味しい。

おじさんとおばさんがあげてくれます

もちろんビールつきで。
ここもさくらはの下でまたもやお花見気分。

昨日より天気が悪くて見晴らしのいい影信ですが眺望はいまいち。

休憩中に小雨までぱらつきましたが、

その後止んで雨にぬれるということはありませんでした。

でもさくらがまさに満開で美しかったです。

4.19影信2
さくらにカメラを向けるハイカーたち

さくらは大好きなのでどこで何回見てもうれしいのですが
今シーズンはきっと今日が見納めでしょうね。

ここから昨日行ったばかりの小仏城山に向かいます。

スタンプラリーのコースでは小仏城山が要となっていて

外すわけにはいきません。

5月の新緑の頃の縦走も魅力ですが

さくらを満喫できるこの時期にお花見の連ちゃんと

いうのもスタンプラリーのおかげです。

景信山を12時に出発。

これから向かう小仏から高尾山方向の山肌が

植林された常緑の杉と

柔らかな芽を吹いたばかりの雑木の新緑と

桜のやさしいピンク色が混ざって
4.19相模湖4

美しい色合いに染め分けられています。
まさに桜の花から若葉の季節にバトンを渡す一瞬の華やぎに

彩られているようです。

小仏峠を経て昨日も来た小仏城山に1時着。

4.19相模湖3

昨日よりはやや少なめですが

やはり多くの人でにぎわっていました。

もちろん桜もまだ満開です。

先週来たときはまだ咲いていなくて

また今週も来たというほろ酔いでご機嫌の方もいらっしゃいました。
4.19影信4
城山から相模湖に向かう登山口には

白・ピンク・紅色と3色の色鮮やかな桃の花が満開でした

さてここからいよいよこのスタンプラリーの終着点城山下売店 富士見茶屋

を目指します。

相模湖方面に一気に下ります。

高尾山詳細精図によると下り50分・登り1時間10分という

高低差のあるコースです。

(スタンプシートの解説には40分と1時間となっていますが、かなり健脚!!)

ワンデーパーフェクトを目指した昨年の秋は

この厳しい下りをピストンで登り返しました。

今思い返してもよくぞやったものだと我ながら

自分を褒めたいというよりあきれます。



昨日・今日とほぼコースタイム通りか

コースタイムを短縮できていたのがここで

50分のところをたっぷり1時間かかりました。

ようやくスタンプラリーパーフェクト達成です。

4.19相模湖2

達成感とともに

昨日と今日の疲れが最後にどっとでてきました。



城山下の富士見茶屋から相模湖駅までは

20号線を渡って、相模川にかかる

美しい弁天橋を経て

さらに相模湖大橋を渡って相模湖駅まで3㎞弱あります。
4.19相模湖


相模湖や相模川の景観は素晴らしいのですが

とても楽しむ余裕がなく

アップダウンとその距離がつらかったです。

相模湖駅からはJRになり、高尾で京王線に乗り換えです。

毎回スタンプラリーでは

この城山下の売店「富士見茶屋」をどういうルートでクリアーするか

悩むところです。

パーフェクトの難しさと面白さのポイントになっています。

スタンプラリーは5月31日(日)まで。





高尾・陣馬スタンプラリー1日目~高尾東山稜から大垂水峠・小仏城山に

高尾・陣馬スタンプハイクはじまりました。

昨年の秋には最終日にワンデーパーフェクトという

強行軍に挑戦しましたが

今回は2日に分けてやや余裕をもって楽しみながら、それなりの負荷もかけて
というコースを設定しました。

前半はスタンプコースではなく高尾山口駅から20号線を横切って東高尾山稜コースに入ります。

城山湖を見下ろす草戸山を経て三沢峠で

梅木平からスタートする関東ふれあいの道コースに合流します。

草戸山は364mですが町田市の最高地点となるところで

城山湖から橋本方面の景観が広がります。

4.17南高尾4
城山湖

一方で北側には高尾山のケーブルや薬王院、山頂などが見渡せます。

4.17南高尾6
新緑の高尾山。

関東ふれあいの道と合流してから大垂水峠まで約2時間強のコースで

その間津久井湖と富士山が見渡せる絶景の見晴台を通ります。
さらに桜が加われば最高だったのですが、
残念ながら桜はすでに散っていて、
富士山も春霞にかろうじてその姿を認めるという状態でした。

4.17南高尾
富士山も見えてはいるのですが、、、

でもここでは楽しみにしていた

美しいホタルカズラを見ることができました。
4.17南高尾3

4.17南高尾2

さらに草イチゴもあちこちに。
4.17南高尾8

ヤマブキも満開でした。
4.17南高尾7

アップダウンを織り交ぜてフラットな道も多く、
高尾山口から大垂水峠まで約4時間。8km。
4.17南高尾9

大垂水峠から小仏城山に登り高尾山口までがさらに8kmです。

暑くも寒くもない気持ちの良いお天気でした。

湖の景色を楽しみながら歩ける日当たりの良い道で

春のおすすめのコースです。
が、しかし問題はこれから!!

毎回書きますが

大垂水峠で20号線を渡ると

私の苦手な小仏城山までの急登になります。

約1時間ののぼりです。

高尾山系のルートにも厳しいところがいくつかありますが、

何せのぼりに弱いのでいつもここではよれよれになります。

でも登りきると別世界の美しい光景が開けました。
4.18小仏城山

茶の前も満開で、満員です(^_^;)
4.18小仏城山2

まさに桜が満開で都心の桜の名所に負けないほどの花見の宴で大賑わい。


まずここで2番目のスタンプそして2回目の休憩です。

7時に高尾山口を出発して11時半到着です。

ここから高尾山頂までのコースは

1年中で私がいちばん美しいと感じる景色の中を歩くので

夢見心地です。

4.18小仏城山4
かなりのさくらの大木も見られ、見事です

一丁平では桜の下じゃないところでも
あちこちでグループが宴のさなかでした。

4.18小仏城山3
目的は花見だけじゃない?!

さらに長い行程の疲れも忘れる山桜のトンネルが続きます。
そして毎年ご紹介していますが桜とミツバツツジの競演。
4.18小仏城山5
今年もやっぱり美しかったです。

高尾山頂もいつも通り超満員。

休憩の場所取りも大変そうでした。

もちろんここでもスタンプ。

そして薬王院・ケーブル山頂駅。

ここから琵琶滝コースを下って琵琶滝とケーブル清滝口で

本日最後の7個目のスタンプ。

(最初の1個は押印してあるので全部で8個です)

明日は陣馬山からスタートの予定です。



カミツレティー

カミツレ2
2階のベランダのトロ箱にも。サラダ菜が小さく案っている
カミツレ


カミツレが咲き出した。
可愛くて大好きだけれど
強すぎる。
庭のあちこちに出てきている。
仕方なく一か所に寄せ集めたけれどスペースはもう限界。
それでもなお次から次に。
この生命力がきっとハーブとして有効なんだと思いだし
昨年作ったカミツレの消化。
カミツレティー

味気ないティーバッグの紅茶をベースに
乾燥させたカミツレをプラスするととってもおいしい。
午後来た友人たちにも。
そろそろミント類も大きくなってきて
ミントティーも。
さわやかな季節にピッタリ。



多摩大学リレー講座 1回目 寺島学長

チューリップ
咲き終わりのチューリップ。シルエットが美しい

春季講座第1回目
講師は寺島実朗学長。
今回も資料集を下さって最新の数字で確認しながらの講義はわかりやすい。
なんとなく実感していることが
数字で的確に示されると危機感も切実。
明らかに実態・実感をともなわない株高。
やっぱり日本のGDPは昨年比の2014年実績が
大方の予想やメディアの情報よりも悪くてー0.1だという。
アメリカが2.4でユーロー圏が0.9.
ブラジルでさえ0.1。
失速したと言われる中国が7.3。
好景気かのように株高に浮かれている日本。
何だか危ないし怖い。
このままでいいはずはないと思いつつ。
誰が本気で日本お経済を立て直すのか。



ルッコラの花

ルッコラの花5
ルッコラが唯一我が家では冬野菜として活躍してくれた。
それが今花盛り。
菜の花だけど小松菜や青梗菜の花とは
趣を異にして
ちょっと大人な菜の花。
ルッコラの花2

その花がなかなか素敵でついつい咲かせてしまう。
そろそろ夏野菜にその場を譲ってもらわないと
狭い畑はどうしようもないのだけれど。

ルッコラの花


テーブルに生けても可愛い。
ルッコラの花4

生けながらまだつぼみのものは摘まんで
私の昼の食事に。

ルッコラの花7

うどんにも焼きそばにも味噌汁にも
なんにでも使っちゃう。

もったいない?
せこい?
ケチ?
みんなあたりです。



アマゾンで合わせ買い

スプリンググリーン

スプリンググリーン4 スプリンググリーン3

スプリンググリーン2


正規に買った時より二年目の球根のほうが咲き方に風情があるのはなぜ?

洗濯石鹸がなくなったので買おうと思っても合わせ買い対象。
となるとほかに買うものはと探すとこれが意外にない。
それで石鹸洗剤を4っつ。
ミヨシ石鹸 液体そよ風 詰替用 1000ml×3パックミヨシ石鹸 液体そよ風 詰替用 1000ml×3パック
()
ミヨシ石鹸

商品詳細を見る


無添加のよりこちらの方が安いので
我々二人の選択なら問題ないと思ってこちらにしたら
今見ると値段が上がっている??

カプセルを2つ。
カプセル 00号 100個入りカプセル 00号 100個入り
(2011/03/15)
日進医療器

商品詳細を見る

こんな便利なものを売っていると初めて知った。
以前から欲しかったのでためしに1箱買いたかったけれど値段合わせで2個。
唯一の常備薬が唯一の持病の便秘用のアロエ粉末。
とっても苦いのでオブラートを使用していたけど
これなら飲みやすいし携帯にも便利。

クリーナーパック
makita 充電式クリーナー(4072、4073、4076DW、4093)用 紙パック 抗菌仕様 10枚入 A-48511makita 充電式クリーナー(4072、4073、4076DW、4093)用 紙パック 抗菌仕様 10枚入 A-48511
()
マキタ(makita)

商品詳細を見る
を一つ。

実はクリーナーパックも2使うつもりだったけど
レビューに中味を捨ててリピート使いの裏ワザ。
試さない法は無いので1パックのみ。
しめて2720円。
これで送料にできた。
助かります(^_^;)








アジュガと十二単

十二単
先日買ってきた苗アジュガ
アジュガ
以前からある十二単

十二単とアジュガは同じかと思っていたが
厳密には違うみたいで
栽培品種のアジュガは最近では種類も豊富。


花として色も名前も十二単で十分気にいっていたけれど
最近庭の彩に変化を持たせることも必要だと知って
葉色の違う品種も取り入れようと新たに買ってみた、

十二単は強すぎるくらいだけれどこの品種はどうなのかな。
私は結構花の名前が気になるけれど
西洋名になると何が何だかわからない。
覚えられないし、イメージもわかなくて、、、(^_^;)





フラワードリーム in 東京ビッグサイトに

フラワーショウ5

チケットをいただいたので
都心方面には腰の重い性質だけれど
お花のイベントだしと昼過ぎ出かけた。

ところが私は田舎者で
ビッグサイトを勝手に
後楽園ドームと勘違いしていて水道橋に向かい随分遠回り。
しかも、JRの秋葉原の架線柱が倒れる事故で山手線は動いてなくて、、、。
もうよっぽど帰ろうかと思ったけれど
それにしてもここまできてと
何とかルートを確認していくことに。
結局家からは2時間以上かかったことに。

会場はフラワーデザインのアレンジが主体の催しだった。
フラワーショウ="0" width="375" height="500" />

フラワーショウ3

フラワーショウ2

フラワーショウ4



花材に指定があったのかもしれないが
同じような素材が使われていた。
表現にも流行があるのか
審査に傾向があるのか
上位の作品は写真で見ると
みんなよく似ている。

一時花に携わる仕事をしていたので
興味がないわけでもないが
最近はこんなダイナミックな作品になっているんだと
とても手におえない世界だと再認識。
小さな庭をうろうろしながら芽が出たの、花が咲いたの、枯れたのと
一喜一憂している方がよっぽど性に合っている。
単に能力がなかっただけだけど。

午前中は自治会の総会。
今年は8年ぶりに班長と役員が回ってきていて
今年は会計を務めることになっている。
夫婦で出るつもりでいたら
ぎりぎり「にいいよ僕だけで」というのでお任せして
私は家に。
男たちが地元で顔をわせ話し合う機会が多い方がいい。
よろしくお願いしま~す。



ストレス買い?衝動買い?

ミニバラ2

ミニバラ4
ミニバラとも思えない立派な花を咲かせている。
1鉢300円の鉢をしっかり2つに分けて植え、しかもすぐに花を咲かせている。

ミニバラ
もったいなくて切れない。
たけはたった15cmばかりなのに
ミニバラ3

晴れてくれれば南高尾にと思っていたけれど
予報は当たって雨。
小雨だけどあのぬかるんだ道のアップダウンを考えるとくわばらくわばら。

夫は娘よ姑とランチに。
私は本を読んだり、小やみになった時に庭に。
あんなに美しかったミモザももう手入れしないと大変。
咲き終わった花まみれになって枝を切り詰めた。
枝木は弱いけれど成長は早いので小さく仕立てておかないと
台風や強風ですぐ折れてしまう。

それに先日買ってきた苗たちもそのまんま。
植えるところも考えずに買ってしまって
植える場所探しに四苦八苦。
この買い方やばいなと思う。
ストレス食いならぬストレス買い。
まあ、高級な服でも貴金属でもないので
自覚症状ではあっても許してしまう。
いいよねこれくらい。
可愛いもんだって。
いやほんと可愛いもんだ。
占めて1823円だった。
でもほんと可愛い花ばっかりだよ。
花の苗2

姑の生前整理をありがとうもすまないの一言もなく
やり続け、そしてこれからもどんだけ~
と思う憂鬱が根にある。
結構執念深いんだよね。これが。
片づけながら
湯水のように物を買ってため込んでいて
一方で信じられないほどケチだったりという方の
後始末をするのが何で私ひとりなのという
もやもや。
私はせめて形に残るものでなく
花ならいいでしょうといいわけをして。

そういえば自分の断捨離も滞っている。
いったいどちらの生前整理かわかんなくなるよ。



クジラのコロって知ってる?

最近全然見かけないけれど
昔私は食べていて結構好きだった記憶。
とにかく貧しい食卓で
クジラが食卓に上ることが多かったのだけれど。
おでんにはよく入っていて
味が染みたものは美味しかったと思っていた気がする。

先週末和歌山串本に出張だった夫がホテルの売店で見つけて買ってきてくれた。
4切れはいって1袋1000円だったそう。

クジラ2
乾燥ものなので2日間水戻しするとのこと。

クジラ
今週はずっと夫は夕食がいらなかったので、2日間漬けこむはずが3日になってしまった。

クジラ4

3日目に結局自分用の惣菜として大根とじゃがいもと煮た。
ゆでこぼしは1回ということだったけど
なんだか随分臭みがあるので3回もゆでこぼした。
確かにこの味という懐かしさだったけど
思ったほどには美味しくなかった。
翌日食べた夫の反応もイマイチ。

クジラのベーコンも好きで今でも手に入るときは
ときどき買う。これはときどき見かける。

お醤油を付けて食べるとご飯とあって美味しい。
後、クジラでは晒しクジラ(関西ではお化けと言っていた気がするけど、、)も
酢味噌で食べるとおいしい。

もちろん鯨の肉そのものも食べたわけで
尾の身というか所は上等で
柔らかくて肉のように焼いて食べるとおいしかった。

赤身は水菜とよく煮こんで食べていた。

というわけで牛肉は特別なご馳走で
普段の食卓の動物性の肉と言えばクジラよいう時代が
わが家には確かにあった。
だからもともと狩猟民族として生きてきた人たちに
動物愛護のために捕鯨禁止と言われても
「君たちだって牛もヒツジもチキンもうさぎも食べるでしょ!」
と反論したくなる。
食料と思うので即反対という気にはならない。

いまはクジラの食品はすべて手に入りにくくてて高くなってしまった。
今では食べなくても食生活で困るわけではないけれど
あり続けてくれてもいいなと私は思っている。
それにしてもあの大きな体余すところなく
食したり油を取ったりすごいなあと思う。






着物の着付け教室に

梨の花2

梨の花

昨年お茶を習い始めたけれど
いったん休止して
先に着物の着付けを習うことに。
着物きない期間ざっと30年。
いない着物を箪笥に抱えて
すぐさま断捨離する勇気もない。
さらに姑からのお譲り分も考えると
今年は絶対着物を着る!!というわけで。
いずれ着物を着ておたyも習おうってわけで。

今日の予定は長じゅばんにつける半襟を縫って
補正用品も作るはずだったが、そこまでも行かず宿題に。
久しぶりに運針をしたら針も手も動かないうえに
何せ針の穴に糸を通すのが最大の難関。
全くとしを取るとできないことが増える(-_-)

それでも逆行してできることを増やそうっていうのだから
無理も多いけどまあ楽しみながら、、、。
さらに着物を着ることを楽しみにして。

帰りに桜の美しい川筋を通ったら
すでに桜は散って葉桜だったけど
近くの梨畑の花が満開で美しかった。








男の料理会

朝から霙。
4.8料理会6

降っているみぞれはうまく撮とれないので
車のフロントガラスを撮ってみた。
4.8料理会


桜の花に雪は記憶にあっても
葉桜に雪は珍しい気がする。

お料理会も新年度。
新メンバーさん3人が3月で終了した料理会から参加してくださった。
メニューは魚貝のローマ風煮込み・もやしとツナのサラダ・桜クッキー・茶巾ずし・豆腐のお吸い物。
メインはメンバーさんご指導で。
先月に続き手の込んだご馳走でグレードアップ。

4.8料理会2
今日はとにかく薄焼き卵2枚焼くことがノルマ。
みんなきれいに焼けた(^_^;)

4.8料理会4
チームワークばっちり!

4.8料理会3
すっかり板についてるエプロン姿。

4.8料理会9
めっちゃ真剣

4.8料理会8
難しいカオ

4.8料理会6
楽しそうになってきた

4.8料理会10
素晴らしい出来栄え!!

4.8料理会7
和洋折衷だけど孫ちゃん喜びそう!!

料理会後は妹とともに姑に桜クッキーと茶巾ずしを届けに。
随分元気そうで
最近は部活動も楽しそう。数独は何しろ一番お好成績だそうで。

その後妹のご希望で酵素風呂に。
前から関心があったそうで大汗をかいて大いに気にいって喜んでいた。





仙骨矯正

イベリス
イベリス:2013年房総に行ったときに買った苗が今も健在。大株になった。
後がきたな過ぎる((+_+)

もうずーっと以前から気になっていた仙骨のことと
仙骨の矯正の診療所。
加齢の悩みはいっぱいあるけれど
姿勢もその一つ。
パソコンをやる時間が長いので
どうしても猫背になりやすいし
それでなくても
背が丸くなってきそう。
多分3年くらい前と思うけど実は4,5年??
仙骨専門の矯正の診療所が思いがけず近くにあるとわかって一度行きたいと思っていた。
いずれはいずれで3年か4年か5年もたってしまっていた。
それが急に思い立って予約し料理会の買い物に出かける途中で寄ってみた。

やっぱり右足が左足より1cm短かった。
そして体の中央線が左にずれてしかもねじれていた。
左側に5㎏の負担がかかっているアンバランスな状態とのこと、

実は急に行く気になったのは背中に痛みがあって気になっていた。
多分、3日間の子守りの影響とは思ったが、
最近同じ個所に痛みがよく出るので気になっていたら、
夫の叔父のお嫁さんが背中の痛みを整形で治療していたら
骨がんで手遅れになって亡くなったとの報。
そんなこんなでお料理会の前など今までなら
忙しいを理由に行かなかったけれど
「今でしょう!!」

30分ほどの施術で見ごとに体の中心ラインにずれがなくなった。
これがいつまで保たれるかわからないけれど
山で左足が痛むのも、
最近よく山道で転ぶのも
背中に左が痛いのもなっとく。

背中の痛みもすっかり和らいでいた(気がする)。
もともと歪みについての自覚は無かったので
矯正されてもやはり自覚は無いけれど
今度山に登ってみればわかるかも。
左ひざの痛みがなくなればうれしい。

明日の料理のクッキーを試作した。
桜アンを練りこんだ美しいクッキー。
桜のクッキー
桜アンは白餡に桜の葉が練りこまれている
桜のクッキー
桜の花の塩漬けを飾るといっぺんにそれらしく可愛い





片倉城跡公園に

予想以上の好天に

もう一度カタクリが見られればと片倉城址公園に出かけた。

残念ながら、すでに花時は過ぎて、

あんなにたくさん咲いていた花たちはどこへ消えたのかと不思議に感じるほど。
4.6片倉城跡公園5
かろうじて咲いていた美しいカタクリ。もうほとんどが色あせているか花は見られない。
やっぱり「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)だったのですね。

もちろん実際は種を結んでいました。
4.6片倉城跡公園

この種が次に花を咲かせるのは7年後。

そして多少気落ちした気分を慰めるように

変わって春の山草たちが次々にその場を埋めていました。
4.6片倉城跡公園2
カタクリの花後の葉の間に咲く可愛いヤマルリソウ

そして丘上の城郭跡地には桜の大木が満開。
4.6片倉城跡公園8


広い緑の芝生とのコントラストが美しく、
ゆっくり語らう人がいないのが残念でした。

でも野鳥を撮っている方が飛び交うガビチョウ(画眉鳥)を
教えてくださいました。

この公園は野鳥の宝庫でもあって、
日本にいる野鳥ざっと250種のうち、50種類は見られるとのこと。

花を探して下ばかり見ている私と違って
樹上や頭上ばかりを見ている方もいらっしゃるのでした。

そういえば正門前の蓮沼にはカワセミがよく飛来するようで
待機中のカメラマンをよく見かけます。



さて本日であった可愛い山野草たち。

4.6片倉城跡公園7
ニリンソウがあちこちに。

ちょっと大ぶりなイチリンソウ
4.6片倉城跡公園6

きれいな色のイカリソウ
4.6片倉城跡公園10

石垣にはヤマブキソウとスミレ
4.6片倉城跡公園9

名前が素敵なヒトリシズカ
4.6片倉城跡公園4

先日も咲いていたバイモユリ
4.6片倉城跡公園3

高尾山まで行かなくても
京王線片倉駅から徒歩7分でこんなに種類豊富な山草が見られてうれしい。




スノーフレーク

スノーフレーク2

久しぶりのブログ。
また穴埋めの思い出し記事で順番に埋めて行かなくては、、、(^_^;)

内がブログの停滞を一気にかく気にさせるか
朝5時の庭で花を見たとき。
わさわさと春が満ちてくる感じ。
特にこの花はアップしなくちゃと感じさせてくれた。
毎年アップしそびれてしまうから
毎年この時期ガサガサと忙しくしてるんだなと思うけれど。

スノーフレーク
名前といい姿といいほんと愛らしく美しい。



この野菜なんていうの?

世田谷野菜

長男宅のある世田谷は高級住宅街の多い地域にもかかわらず
農地があちこちに残されていて
散歩が楽しい。
長男宅の前にも農園が広がっていて
そこで季節の野菜が整然と栽培されている。
さすがプロと脱帽するそのすくすくと育つ立派な野菜と
さらに感心するのが幾何学模様のような美しい畝。
そして堆肥を漉き込んだふかふかの黒い土。

そこでたまたま取り立ての野菜が販売されていたので
珍しい野菜を買った。
カリフラワーみたいな感触で柔らかくて生でも食べられるという。
長男男家族はあまり珍しいものに食指を伸ばさないので
持ち帰り食べてみたらほんと美味しい。

世田谷野菜2

葉っぱを取った残りの芯を売ってるのかと思ったけれど
しゃきしゃきの歯触りが程よく柔らかくて食べやすい。

スープに汁ものにさっと浮かし、
豚バラと炒めてオイスターソースで調味した。
葉っぱも茎も食べられた。

高菜の仲間ということで
名前を聞いたけど初めて聞く名で忘れてしまった。
今度行ったらもう一度名前を聞いてみよう。

午前中NPOの理事会。
午後映画に誘われていたけど
昨日までの疲れと
留守の間にたまった仕事もあるので
帰ることに。
と言っても結局なんにもしなかった。
来週の料理会のレシピに悩んであれこれ考えて休むに似たり。



カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ