大みそか

8時過ぎ姑から携帯電話。
何事かと思うと明日正月に着る可愛い服が欲しいとのこと。
多分姑ご愛用のブランドの服のことだと思う。
それこれ混ぜて施設には届けておいた。
ところが先日担当者から洗濯の利く着やすい服をお持ちくださいと
連絡があったので新たにユニクロのトレーナーを4着買って届けたら
あれは着にくいと昨日も電話があった。
病院を出て老健に入った途端
ファッション志向を取り戻したようで、元気の表れ。
それ自体は喜ばしいけれど
でもそこは集団だから、みなさんと同じにすることも必要だし
面倒見てくださる方々のルールもあるわけで、、、。
とりあえずブラウスと寝巻の予備も2着分。
許可をいただいて夫が届けた。
ホームは衣類は自前。
これから相当姑の注文が増えそう。
今までは料金はかかったけれどすべて病院で賄ってくれたので
何を着るかの心配がなくて
ずいぶん助かっていたけれどこれからは姑の注文と
お呼び出しの回数が増えそう。

おせち料理は出来合いで間に合わせたので
あとは多少お煮しめを作って
年越しそばを食べて、、、。
紅白は8時過ぎまで見たけど
全然面白くないので
角田光代さんの「平凡」を読んで寝た。


恒例の除夜の鐘つきも近くの神社への初詣も何もせず。








出来合いのおせち

早々と買っていたのにお飾りをつけていなくて今朝ようやく。
パック飾りのお供え餅も。
残っていた年賀状もようやく。
夫も書き上げたみたい。
それでもエンジンがかからなくてお正月準備はもうやめに近い。

夕方暗くなりかけたころ花だけは買いに行った。
さすがに一夜飾りだけは避けたくて。

夜にはネットで頼んだおせちが届いた。
自分で作らないのなんて初めて。
昨年は夫と娘が姑宅に行って
一人正月だったけどそれでも作った。
二男夫婦が来てくれて一緒に祝った。

まあ無理することもないのでこれで良しとしよう。
これに懲りたら来年は作るだろうし
これに味を占めたら来年も頼むことにしよう。





長男宅に

ママの仕事納めが今日まで。
暮れも正月も忙しい長男。
ということですでに休みになった夫とともに長男宅に孫守り。
雨と寒さで外遊びはできなかったけれど
姫と若はさほど手こずることもなく無事に5時過ぎパパとママにタッチ。
ジイジは我が家も寒いけれど
長男宅の寒さにも閉口で
床暖の上からほとんど動かなかった。
エアコンまでつけると電気代の負担がすごいので日中は床暖だけ。
子供たちは薄着でも平気だけど
昨日買ったばかりのユニクロの極暖のズボン下をはいてきたのに
最近とみに寒がりになった夫は冬眠状態。

無事1日がすんで長男がお寿司をご馳走してくれることに。
近くから娘も駆けつけた。
といっても回転寿し。
初めてスシローに行った。
一度行きたいと思っていたのだけど
おいしいネタはそれなりの値段になるんだね。
100円均一かと思っていた。
別値段のネタや別皿ばかりを頼むので長男がビビッていた(^_^;)

ここ3日連続いっしょだったので
若もすっかりジイジにもなじんで
ジイジもうれしそうだった。





京王レールランド

乗り物大好きな若が喜ぶレールランドに。
姫もいろいろ遊びの工夫が凝らされていて飽きないみたい。
そしてお姉ちゃんらしくかいがいしく弟の面倒を見ている。
すねたり、甘えたり、泣いたり、笑ったりのいつもの姫とは違う
一面を見て、またまた成長してるんだなあと感心

レールランド2
もうすぐ脱線しますけど、、、
30分の制限時間で初めてのジイジとバアバは苦戦(-_-)

レールランド3
姫の設計図はいかが?

レールランド
大好きなはずのミニ電車に乗らずに若は手を振っている。。

パパとママはそのかんいつも通りアウトレットに。

昼は家に帰ってパパが昨日の残りで焼肉丼を作ってくれた。
夜はみんなで作った餃子。

人数が多いと作って食べてばっかりしてるって感じ。



長男家族来宅

長男家族来宅。
今月はずっと会えないでいたので久さしぶり。
姫だけ一人で来た時に行った焼肉屋に長男たちも行きたいというので
私はおととい二男たちといったばかりだったけれど、、、。
その時も混んでいてかなり待たされたので
今日は私が先に行って順番待ちに先に行くよと
店に行ってみたらなんと40組待ち。
2時間以上は必至。

仕方ないので急遽おうち焼き肉。
二男夫婦も加わって。
夫はフルートの発表会で留守。
それでも打ち上げから早めに帰ってきたとかで
途中参戦。

昨日がママの誕生日だったので
タルトタタンも焼いた。
りんごがたくさんいるので昨日富士の20個入り一箱を買ってきた。
でも私の場合大き目のリンゴなら3個
紅玉で4個くらい。
正式のレシピを見ると8個とか。
その分砂糖もバターもたくさん使うので
美味しいと毎日食べ理るわけには行かない。
パンが焼ける匂いも好きだけれど
りんごをバターとシナモンと砂糖で煮詰める匂いも大好き。
姫もママも長男もおいしいと言ってくれたけど
若は初めてのお味でノーサンキュー。
生のリンゴならおいしそうに食べていた。
食の原点だよ。
美味しいとはいえカロリーと脂肪をたしまくって食べているのって
不自然ではある。
兄妹
お風呂上り
仲良しだね。



文庫本の処分

昨日最終の資源ごみの日。
ようやく処分した文庫本や新書。
文庫本処分
漱石の「こころ」や藤村の「破戒」も含まれていた。
子供や今となっては孫が読むかもなんて、、。
だけどそんなことはなくて
自分が読むには字が小さすぎるし
経年の色変わりや古っぽさも。
それなのになぜか愛着があって手離せない。
できればもう一度読もうなんて、、
本当は候補はもっとあったけれど10冊ほどはまた元の書棚に。
それでも少しは片付いた。
辞書もかなりのスペースを占めるけれど
老眼になったからは辞書が苦手。
眼鏡をかけてもさらにルーペが必要って感じで、、、(^_^;)
今はほとんどPCで済ませてしまう。
ってことでほとんど使わないわけだけれど
これもまたなかなか処分できない。
そこに知性が固まっている感じで
置いているだけで安心。
もち論わたしの頭脳には何の刺激もないわけで、、、。
今年も断捨離不発。

午後美容院に。
パーマを当てたけど
夜帰ってきた夫は一言もなし。
別に期待していたわけじゃないけど
二人暮らしなんだから気づけよって思う。
気付いていても何にも言わないってこともあるよね。
めんどくさい。いちいちそんなこと。
だからって向きになって催促するのも
メンドクサイ(-_-)



忘年会に

息子の仕事仲間の忘年会に初めて参加。
校正と会計を手伝っているのだものと
要求したわけだけど、、、(^_^;)
といっても厳選4名。
二男・嫁・スタッフ1名に私というわけで超零細。
それでも続けられているだけでも奇蹟。
彼の思いと情熱だけで生まれ、維持しているサイト。
一緒に苦労してくれる仲間と嫁に恵まれちょっぴりおせっかいな母親も加わって
もう6年。
少しも楽にはならないけれど
というよりは負担は大きくなるばかりだけれど
一度も弱音を吐かず、
私への些少とはいえ毎月のお手当の遅れも一切ない。
鉛筆を持たずに高校生活を送っていた彼がこんな風に生きるとは、、。
わかんないものだ。
好きなことに一生懸命は親はもちろん兄妹もいとこたちまでも応援せずにいられない。
という身内に支えられているだけではやばい。
盤石な基盤は無理としても薄氷の経営。
何とか少しは休みと生活のゆとりをと願うのは的外れの親ばか。
とりあえず年を越せることにカンパ~イ!!

遠慮せず焼肉をたらふく食べて、ビールも多少いただいてデザートまで。
気分良くご馳走になった。
また、来年もいっしょに頑張ります!!

午後美容院に。
いまだこれといって何も片付けていないし
年賀状も全然。

予定していた旅行がキャンセルになったり
姑の老健入居がバタバタきまり
何も手つかず歳末気分が吹っ飛んでしまった。
用意しようとしなかろうと正月は来るからと居直ってしまった。
年賀状もまあ年内には何とか。




姑の検査結果

15日に検査した検査を聞きに病院へ。
着替えを持って入院先の病院に10時過ぎ迎えに行き、
それから都立の病院に。
先日できなかった超音波の検査を11時にしてから
内科で受信と検査結果を聴けたのが1時前。
我々でさえ最近は不都合な症状を訴えるとすべて
「加齢」と診断されるので
結局のところ
今、数字に表れているとはいえ、
以前から緩やかに進行している症状で
急に発症したとは思えない状態のよう。
1種類の薬が処方され、1か月様子を見ることに。

入院先の病院に戻って
担当医と面談。
状態も緩やかなら処置も緩やかで
頭がさえ、口も達者な母の状態で
ほとんど寝たきり方々と同室の4人部屋は苦痛だと思われ、
トイレと食事時の歩行だけではどんどん筋肉も衰えるので
何とか同じ病院の敷地内にある老健施設に入所できないかとお願いする。
その場で先生が施設に電話を入れてくださって
入所の方向で検討してくださるとのことで
すぐ、その施設の担当の方と面談。

急展開でそれなら受け入れを検討して年内にということで26日か29日に。
前回明日にもという話が流れて1か月たったので
今回は是非にということでなんとか準備を間に合わせるということに。

ところがさらに帰る途中に携帯が鳴り、
できれば明日の1時にと。
ハイと言ったものの準備はできるかちと不安。
姑も急なことで戸惑うと思うし、、。
結局すべて準備は私にのしかかってくるし、、、(^_^;)
でもなんといっても会話の成立する車椅子であろうと
動き回れる状態の人たちと
お正月を迎えられる方が楽しいし
ちゃんとおせち料理やイベントやレクレーションも用意されているそうなので。
郵便局・図書館・生涯学習の事務局と
年内に立ち寄りたいところで用事を済ませるともう5時過ぎ。

ああ今日はイブだったのに、、、。
何も飾りもせず、何も作らず、誰も来ないイブだぜ(-_-)









タオルかけリニューアル

トイレタオルかけ トイレタオルかけ2

トイレのタオルかけのねじが緩んで落ちてしまった。
この家に来てからそういえばずっとこれを使っていた。
等々力に住んでいた時に作ったものだから
もう30年近く。
ねじも朽ちてゆるんで外れるってものだよ。
デコパージュの色もはげちょろけ。
忙しいはずのさなかこんなことだけ思い立ってやろうと思う。
イングリッシュガーデンの絵葉書集から1枚を選び
糊付けしてその上からニスがないのでベージュのマニキュアを塗っておいた。
うん!まだまだ十分使える風に修復できた。
海外旅行の折に買った絵ハガキ、美術展に行くたびに買った絵ハガキ
今となっては断捨離対象物だったので
1枚と言えども生かせてよかった。



年賀状購入

ようやく年賀状購入。
とりあえず300枚。
毎年600枚くらい頂きそれに相当数を出していたけれど
老後に向けてそろそろそういう習慣やお付き合いも断捨離しないと。
これがまた難しいわけだけれど、、。

喪中はがきもたくさん届いた。
昨年に続きご主人を亡くされた友人からのものも。
でも多くはそのご両親。
90代はもちろん100歳以上も多いのに驚かされる。
我々の介護も先は長い。
どういう風に折り合っていくか、
これからもその比重が大きくはなっても減ることはない。

とりあえず自分の分のデザインを決め印刷を始めたけれど
イマイチ気分が乗らなくて宛名まで書いたのは20枚だけ。
それよりも住所録の整理のほうを先にしなくっちゃと気になり始めた。
毎年年賀状を書くときに年賀状の昨年の送受信の確認をしながらついでに住所録を作成してしまう。

これができちゃうと年賀状書きは一気に進むけれど
結構めんどくさい。
そして以前は3年分年賀状を保存していたけれど
今年からは前年分だけにしようと決めた。
年賀状
夫の23年・24年・25年分。






集中力ゼロ

長男たちが来る予定が姫も若も風邪気味とかでキャンセル。
姑の見舞いに夫はもちろん二男夫婦に娘まで加わったので
私は失礼して家で年賀状作成。
夫個人・私個人・夫婦用と3タイプ。
と言いながら
ビデオに撮っていたドクターXの最終回を見たり
ゲーム(フリーセル)をしたり
またもやタルトタタンを焼いたりと
タルトタタン
まだイマイチなので小さく(^_^;)。リンゴが足りなくてシナモンを飾った。
四角のパイシートのままの形
キャラメルクリーム
娘がくれたオーボンビュータンノのキャラメルクリーム。
伊藤まさこさんご推薦のもの。
食べきったので瓶を洗う前に。
アイスクリームにかけると美味しいそうだけど
わが家はトーストに。
何だかアルゼンチンにいた息子が買ってきてくれた
ドゥルセ・デ・レチェによく似た味。
キャラメル大好きなので
今度は自分で作ろうと思う。
そういえばウルグアイ代表チームがW杯でブラジルに入国した際、
空港で39kgものドゥルセ・デ・レチェが押収されてしまって
試合で負けたのはこれを食べられなかったからだと
真しやかに伝えられたっけ。

ところで最後に摘んだミニトマトまだしっかり青いものが残っていて
とってもきれいなので
指輪にすればチョーでっかいヒスイみたい。
ひすい
という具合に遊んでいたので
ちっとも集中しない。
忙しくて追いつめられるとほかのことがやりたくなる悪い癖。

おばあちゃんはご機嫌で顔色もよかったそう。



政府の憲法解釈と集団的自衛権

NPOの講演会。
会場設営準備の声がかかったので
病院に行く夫に送ってもらって
定時の11時に着いたらもうすべて終わっていた。
久しぶりにお手伝いできると
張り切って行ったのでがっくり。
皆様なんてお早い。
夫には朝からまたタルトタタンなど焼いて
姑に届けてもらった。
美味しいと食べてくれたそう。


今日のテーマは重すぎて
どうかと思ったけど皆さん熱心に聞いてらした。
資料をどんと下さって
立法過程や憲法9条の説明から。

だけど自民党が過半数を占めて
安倍政権がなし崩しに
憲法を改正し集団的自衛権の解釈を広げることを
容易にしてしまった後ではいったいどうなるやら。

孫子の時代にあの時の投票率最低の選挙が
ターニングポイントだったと恨まれるとして
せめて私は反対票に投じたとここに明記しておこう。
この時代に生きていたことの責任は免れないとしても、、。

帰りに図書館によって予約してい角田光代さんの「平凡」と
平凡平凡
(2014/05/30)
角田 光代

商品詳細を見る

今回読めなかった久坂部羊さんの「悪医」を借りた。
悪医悪医
(2013/11/07)
久坂部 羊

商品詳細を見る

角田さんの「夜を行く飛行機」を読み終わった。
夜をゆく飛行機 (中公文庫)夜をゆく飛行機 (中公文庫)
(2009/05)
角田 光代

商品詳細を見る

参考資料
時代の正体(14)語る男たち(2)元内閣法制局長官の阪田雅裕さん 法の番人、本物の強さ
□法治国家を説く

 2006年に法制局長官を退官。昨夏、全国紙のインタビューで憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認に異を唱えた。かつての法の番人としての矜持(きょうじ)。以来、講演依頼が増え、全国を飛び回るようになった。

 憲法9条の特殊性や自衛隊を合憲とする政府解釈、集団的自衛権とは何かを正確に説明してきた。

 口調が熱を帯びるのは、法治国家のあるべき姿を訴えるときだ。

 「集団的自衛権の行使が必要なら、手続きを踏み、憲法の改正を国民投票で問えばいい。その必要性を国民に訴える労を政治が惜しんではいけない」「法律は時代に合わせ改正されている。憲法だけが時代遅れになったと解釈を変えられるなら、法治国家と呼べない」

 歯切れの良さはしかし、7月1日を境に鈍った。

 「閣議決定は、国民の生命や財産を守るために必要最小限度の範囲内でしか集団的自衛権を使わないと、従来の政府の論理を維持している。『今までの政府の解釈は間違っていて、9条の下でも集団的自衛権の行使はできる』という解釈の変更はおかしいと、私を含め批判してきた。今回の閣議決定は建前としてそれとは違う理屈になっており、非常に話しづらい」

 これまでの政府の立場は守りながら、憲法で禁じられてきた集団的自衛権行使に道を開く。その分かりにくさ。

 だが、閣議決定は取り消されない。振り向いてばかりもいられない。「閣議決定で言う『国民の生命、自由、幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合』とは一体どんな事態なのか。その当てはめが問題になる」。書かれた日本語通りに読めば、専守防衛を逸脱するとして集団的自衛権の行使を認めてこなかったこれまでと同様、外国から攻められたケース以外に考えられないとみる。

 「つまり、厳格に運用されれば発動の場面はほとんどない。言葉通りに運用される担保を取っていくことが大事だ

 思いは後輩たちの立場にも向く。「行使容認に首相があそこまで執念を燃やしていた以上、『何もできません』というのは政府の一部局である法制局としてあり得ない。どんな知恵が出せるか、ぎりぎりまで考えた結果だと思う。批判はあろうが、論理は評価できる。よく頑張ったと言いたい」

言葉通りに運用される担保を取っていくことが大事
う~ん誠実すぎて心配な解釈だよ。
相手はなんとでもゴリ押しする方々なのに!!



最高のダイヤモンド富士

お料理会の有志の方と高尾山に。
高尾山のダイヤモンド富士を見にここ数年欠かさず来ている気がするけれど
最高に見れたのは最初に見たダイヤモンド富士。
その後雲がかかっていたり
富士も太陽も見えなかったり、、、。
それが今日は雲一つない青空。
ドキドキするくらい。
それでも富士山頂に雲一つあるだけで見れないし、、、
などとあまりに期待してはやる気持ちをみずから抑えるのに必死。
2時に高尾山口。
稲荷山コースから山頂に3時20分。

12.19高尾山
稲荷山コース登山口スタート14時3分。
12.19高尾山2
4合目の四阿展望台からの素晴らしい眺望14時38分。
12.19高尾山3
真っ青な空を西に進む太陽と追いかけっこ。
12.19高尾山4
まだ日が丹沢にあるうちに高尾山頂に15時20分、多分大室山(?)あたりの上に。

約1時間の待ち時間をベンチでしゃべりながら。
今日のメンバーさんは誰一人アルコールを飲まないので
静かなもの。
それなのにいよいよという段になって
あろうことか私は富士と太陽に背を向けておしゃべりに夢中になっていた。

気がついて振り返ると
まさにダイヤモンド富士のクライマックス。

12.19高尾山5
おおまさにダイヤモンド富士!!!16時11分
ダイヤモンド富士2
するする落ちてゆく16時14分
ダイヤモンド富士
残光に富士の美しいシルエット

ええっという間にダイヤは消えて
富士の形の良いシルエットが、、。
日没ってこんなに早かったっけ?というほど。
でも最高のダイヤモンド富士だったことだけは確か。
12.19高尾山9
山頂からの夕景16時23分

下りは1号路から。
薬王院を経てケーブル山頂駅へ。
天気がいいせいかケーブル山頂付近についてもまだほの明るくて
皆さんは徒歩で下山。
なぜか私だけがケーブルで。
1号路の舗装された下りはひざに負担が大きくて苦手なので
片道分買っておいたけど
意外にも他の方はみなさん徒歩で。
今回は健脚がそろったみたいで置き去りにされた気分(-_-)
12.19高尾山10
ケーブル山頂駅展望台からの眺望16時49分。
12.19清滝駅
高尾山清滝口駅17時10分。

5時のケーブルに乗って高尾山口駅で待っていると
5時半には合流。
打ち上げの話がまとまったみたいでいつもの蕎麦屋に。
この時間の楽しさもまた格別。
稲荷山コース組5人、
ケーブル組2人
先行組1人総勢8人でした。







土着のこころ

ミモザ
ミモザ:もうすっかり来春の準備ができているみたい。花芽が大きく膨らんでいる。

西宮の小学校時代の東京クラス会。
たった5人の懇親会。
同じクラスでない私まで参加することに抵抗があって
いつもぎりぎりまで迷うけれど
それでもお声をかけてくださるお世話役の方に感謝して結局参加。
昨年は知らない方に緊張して落ち着かなかったけれど
ことしは気持ちも少し打ち解けて厚かましくおしゃべりにも参加。
半ズボンをはいていた悪がき(?)時代しか知らない男性のその後のお話は面白い。

阪神間は教育については独特の土壌だと思うけれど
有名私立学校の密集地帯。
転校ばかりの転勤族だった私はその後すぐ
大阪の堺に引っ越して
逆に公立優位の学区に行き文化的ギャップに驚いた。

貧しいサラリーマンの娘なので
もともと私立は望んでも行けなかったので
公立校で伸び伸び中高生活を続けられてラッキーだったけど
お育ちのいい西宮の方々とのその後の交流もまたなかなか味わい深い。

つくづく育ちってあるなあと今もその差を思うけれど
西宮の山の手の環境の良さこそ私には忘れがたい。
逆に環境は劣悪だった堺の中学、
そのエリアでは有名な進学校での高校生活。

今となってはすべてなつかしい。
学生生活もだけど
最近とりわけ堺の風土・歴史に巡り合えたこともすごくよかったと思える。
堺という独特の自主独立の気風に満ちた場所で暮らせたことが、、、。
転勤族・引越し族で土着の思いや幼馴染と呼べる友人を持たずに生きてきたけれど
移り住んだまちまちに今愛着が。








新興なし


久しぶりに友人の来宅。
大きな新興梨を手土産に.
1kg近い大きさ。
新興なし
まだ少し歩くのは不自由そうなのにわざわざありがとう。

この間夫の友人から送って頂いた安納芋をスイートポテトにした。
焼き芋が美味しいというので焼き芋にしたけれど
あまりに色気がない気がして
中味をくりぬいてバターや蜂蜜をたしてバニラ少々もいれ
練り上げオーブンで焼いた。
裏ごしはしない手抜きで生クリームも抜き。
それでも焼き芋よりはかなりお上品になったと思う(~_~;)
う~んでもやっぱり芋は芋かなと
そのあとでタルトタタンも作った。
また今回もかなり焼きが甘かった。
でも彼女がお土産に持ち帰るというので半分を。
車で送りがてらついでに彼女の近くに住む二男宅に半分届けた。



断捨離は体力・気力・脳力勝負

さざんか
赤のさざんか(雨に打たれえくたくただけど今が盛り)
さざんか
白のさざんか(すでに終わりの時期に)
ことしはさざんかが茶毒蛾の被害にあわなくて葉っぱをたくさんつけているので
とても美しいと思うけれど写真はあまり撮れてない。

残りのカーテンも洗おうと思ったら
なんと冷たい雨。
でもやっぱり洗って脱水したら
さほど重たくないのでそのまま元に戻してかけてしまった。(^_^;)

明日には晴れそうなのでレースのカーテンの残りも洗ってしまいます。
姑の荷物や衣類がかなり増えたので
そのスペースづくりに断捨離や片づけをしているけれど
だんだん天井裏の収納や天袋なども使わなくて済むようにと考える。

夫も私も高いところへの収納は危なっかしくて。
使い勝手のいいところに使うものだけが理想!!!
老後に使おうと思っていたものなど
まだまだ処分すべきものだらけ。
だってよく考えれば
老後は今でしょう???
今使わなくていつ使うというの???
それにしても処分てエンルギーがいる。
体力も気力も脳力も。





姑が病院で検査

老健に移動できるかと楽しみにしていたら
移動の前に体調の確認のための検査に引っかかった。
肝臓の指数がよくないとのこと。
もっと大きな病院で再検査をしてもらうようにと担当医から指示。
姑は療養型の病院に入院しているので
治療や検査は一般の病院で受けることになる。

予約していた都立の病院に午後夫と二人で付き添い。
姑の介護は俺が責任持つからと
豪語した夫はできるのは一人でお見舞いに行くくらい。
何かと言えば出番。

娘もママが行かないとパパ一人じゃだめだよなんていう言葉を盾に。

母が胃ガンで手術を受けることになった時、
大阪の病院に行って話を聞いたのも、
東京の近くの病院に転院させることにしたのも、
さらに大学病院で手術することに決めたのも
みんな私一人でやったよねと嫌味を言っても全然応えない。

11時に迎えに行って検査後お腹が空いたと
ラーメンと餃子を食べたりしてから病院い送り届けるとすでに4時。
最もそれから仕事に出かけた夫も大変。
24日には超音波を取って検査結果のお話を聞くことに。

病院食ではあまり食欲のない姑が
温かいラーメンと暑い焼きたての餃子とふかしたてのエビシューマイが
美味しいと喜んだ。
入院している姑を見ていて
本当に病院食はつらいだろうなあと思う。
食べることが人一倍好きな私は
多分それが一番の悩みになりそうで今から心配。
元気で自分の歯で食べたいものを美味しくいただける
今こそが幸せとつくづく思う。



カーテン洗いました!!

いよいよ年末が近づいて来るのに何だかちっともそんな気がしない。
いいお天気だし
洗濯機も買ったことなので
せめて大物のカーテンでも洗おうと
夫にはずしてもらった。
大物洗いはやはり1時間はかかるし
その前に
レビューにつられてつい買った
アルカリウォッシュ で予洗い。
40度のお湯で5分ほど洗濯機を廻し、
そのまま30分ほど浸け置き。
そして本洗いをするとレースのカーテンも入れると
5回分でほぼ1日かかってしまった。
その間夫にはガラス拭き。
普段手を抜いているのでちょっとやったくらいでは全然きれいにならないけれど
まあやったということで、、、。
午後には早々にフルートの練習に逃げられた。
そのあと姑の見舞いに来た娘が寄るというので
タルトタタンを焼いた。
お味はまあまあだったけど
作り方をすっかり忘れて
うろ覚えで作ったら
カラメルにならずに白っぽいまま。
タルトタタンはもともと失敗作だけれど
それをさらに失敗するのはねえ~(-_-)

帰ってきた夫がやっぱりカーテンきれいになったなあと
驚いてくれたのでやりがいがあったというもの♪
正月にちょびっと近づいた感じ。






忙しかったの言い訳

夫は昼時に姑の病院へ。
すると二男も夕方病院に行くと立ち寄った。
部屋が散らかっていてお小言。
毎日忙しくてなどと弁解しながら
それでもすぐには体も気持ちも動かない。
何と暦には「忙しいということをいいわけにつかってはならない」の言葉。
そういいわけは二流の人間の武器。
わかってる。わかってる(^_^;)

何とか片づけて
帰りにも立ち寄った息子にローストビーフを持たせた。
彼女が試験やレポートだのと忙しいので
一緒に夕飯食べると聞いたけど断られた。

神の手下巻も読み終わった。
内容が濃いのでしばし放心状態。



東京会館からハイアット

柴又での食事を終えて日比谷の東京会館に。
高校の同窓の方の個展。
東京会館は平成27年1月末日のクローズと建て替えが決まった。
由緒ある建物がまた一つ姿を消す。
そして彼の東京会館での個展も最終となるとか。
5時に夫と待ち合わせ。
彼は私の同窓生たちを友人と思っているのか
自分も同窓生の一員と思っているのか
何時もうれしげに同伴する。

相変わらず美しい色の饗宴。
赤いトーンの絵を買おうかどうかということになってしまった。
軽いノリで買える値段ではないけれど
普段あまり物を買わないので
夫も反対はしない。
まあ一晩考えることに。

そのあと新宿に出てハイアットで食事。
娘も呼んで3人で。

最近孫たちとのファミレス会食が多いので
たまにはホテルで大人時間。
12.12ハイアット4
もうすっかりクリスマス気分
12.12ハイアット3
ディスプレイも
12.12ハイアット2えエレベーターから

ホテルと言ってもカジュアルなイタリアンのパーティプラン。
飲み放題つきの軽い食事。
12.12ハイアット

落ち着いた空間と時間で楽しかった。






葛飾柴又散歩と川甚のランチ

料理会の元メンバー有志で行くB級グルメ。
今回は葛飾柴又の川甚。
柴又というのがえらい遠かった。
何回も乗り換えているうちにどの辺をうろうろしているのかわからなくなった。
やっとたどり着くと
駅前から帝釈天まで続く商店街の懐かしい風情。
寅さんじゃないけど数十年ぶりに舞い戻ってきたかのように
なじみがある気がするたたずまい。
12.12柴又5
外国人も楽しそう。寅さんはそっぽ向いてるけど(~_~;)
12.12柴又4
10円や5円で買い物を楽しんだものだけど、、。
12.12柴又3
お団子屋さんに佃煮やさん、、。
12.12柴又
帝釈天
12.12柴又
山本邸の冬支度の庭
12.12川甚4
この部屋は洋風で調度も壁紙なども洋風
同じ一画に寅さん記念館に山田洋次ミュージアム。
じっくり男はつらいよシリーズや山田作品を見ようかって気になった。

12.12川甚3
江戸川川べりの川甚
12.12川甚2
ランチコースの小鉢2品
12.12川甚
鯉の洗い
12.12山本邸
鯉こくと小うな丼
おかげさまで自分ではいかない場所や食事体験。
本当は矢切りの渡しも体験のはずだったけど
冬場は土日のみとのこと。







多摩大学リレー講座  多摩大学教授徳岡晃一郎

午前中お茶のおけいこ。
そして帰りに姑の病院によって
そのまま多摩大学に。
タイトルは「成長戦略を実現するコミュニケーション戦略とは」
~企業コミュニケーションの最前線から~
といってキーワードは
抽象的な「思い」という言葉だったような、、、?
そしてそれの実行。
確かに。
矢沢永吉とイチローの対談のビデオも見せてくださったが
やはり思いを実行して実績を上げている二人はインパクト大。
そして思いを実行に移すためにInspireすること。
私自身今後何を実践するためにどうInspireするか?
確かに課題!
不安は姑と母とそして夫と自分自身とってつながる介護の連鎖。
それを最小限にして最大限何をしたいかって考えている。
家族だって最小の企業だって思う。



男の料理会

今年最後の料理会。
お忙しい方や風邪をひかれた方など参加者は総勢12人。
2班でやるか3班でやるか悩んだけれど
結局3班で。
メニューはローストビーフ(ニンジンのグラッセ添え)・里芋と手羽中の煮物。高野豆腐と小松菜の煮物・サクサクスノーボール。
ローストビーフは妹の得意料理でお任せ。
メンバーさんが野生のクレソンをたくさん取ってきてくださって
ホースラディッシュも添えて引き立った。
スノーボールは最新のレンジが使いこなせなくて焦げてしまったのがショック。
12.10料理会5
ローストビーフは輸入牛(OGビーフ)を使うと気軽に作れるごちそう。
12.10料理会2
煮物がそろそろ出来上がり?
12.10料理会3
スノーボールに粉砂糖を絡めて
12.10料理会
さあ盛り付けの準備です
12.10料理会4
ローストビーフを切り分けます、、、(^_^;)

人数が少なかったけど何とかほぼ時間に仕上がりました。
来年も楽しく続けたいものです。

そのあと妹と一緒に姑の病院に。
また喫茶店に行ってひとしきりおしゃべり。

さらに妹には自宅に寄ってもらって着物の整理。
この30年くらい全然着る機会のなかった着物。
確か子供たちの小学校化中学の卒業式??
姑の着物を持って来たこともあって
新たにたとう紙を購入しておいた。


手入れの行き届かない開かずの和ダンス整理を手伝ってもらった。
着物好きの彼女は手際よく
使い勝手よく片づけてくれた。
感激~~~!!

来年はいまさらだけど
着物を着る回数を増やして
着物元年にするぞ!!






最後の収穫 青いトマト

急激に冷えた日が続き
しぶとく植えたままにしていたミニトマト・長唐・なすを抜いた。
葉が霜でやけて縮れてきたので仕方がない。
12.9最後の収穫
まだ随分実をつけていた。
青いトマトをどうにかして使えないかと思って
口に入れてみたらまずいというより苦かった。
調べたらトマチンという毒素だった。
未熟なトマトは虫に食べられないように
ジャガイモの芽のソラニン同様
毒素を持っているらしい。
アルカロイド系というからトリカブトとも同じらしい。
もっとも虫たちは
その毒素の解毒作用を持っていて毒性があっても食べるらしいので
自然界の仕組みの不思議さ尽きることがない。

ネットでは漬物やサラダやピクルスなど料理法もたくさん。
塩漬けならいいかと思って麹漬けにしたけど
夫はやっぱり苦いと言ったので私は食べなかった(^_^;)

加熱すれば毒素がなくなるのかいまいち確認できなかったが
実が熟せばその含有量は一気に下がるというから自然って本当にすごい。
しかもその毒性のあるトマチンが
トマチンについての最近の研究では、毒性よりも抗腫瘍活性、LDLコレステロール低下、筋力の向上や筋萎縮の予防などのいろいろ役に立つようで、まだまだ研究が進められているようです。(太陽とトマト畑
しばらく青いトマトと向き合ってみよう。







角田光代さんと久坂部羊さん

角田光代さんの本を読んでいたけれど
図書館では人気本で最近のものはなかなか順番が回ってこない。
それでその間久坂部羊さんの本を読むことに。
今度借りた「神の手」は読むのをやめられないくらい面白い。
神の手(上)神の手(上)
(2010/05/25)
久坂部 羊

商品詳細を見る

特異なジャンルの作家に思われていたのが
今や高齢者も医療も私自身ももちろん多くの方が
現実に身につまされる状況に追いつめられているので
内容にひときわ関心が高いようで
いつの間にか人気作家に。
この間読んだ『嗤う名医』には
嗤う名医嗤う名医
(2014/02/26)
久坂部 羊

商品詳細を見る

この本は人気本なので読後は速やかに返却するようにとの
レッテルが貼ってあった。
だけど作品は短編集だったので
「神の手」のほうがずっと読みごたえがある。

あんまり本ばかり読んでいるのも気が引けるので
姑の衣類の整理をしがてら
自分の衣類も整理。
着てない服の多さに改めて驚く。
着てないからってじゃあ捨てようとストレートに行かないところが情けない。
もう残された日々は少ないのだから
お気に入りのものだけで居心地よく暮らせばいいと
わかっているはずなのだけれど、、、。



ぐうダラ曜日

誰も来ないどこにも行かない日曜日。
料理会のレシピを考えてメンバーに送信した後は
買ってきていたパンジーやビオラを植え、
本を読んでテレビ見て、、、。
クリスマス用のクッキーの
スノーボールを試作し、
夜はシーフードカレー。
やんなきゃいけないことは山とあるけれど
いいんじゃない、こんな日も。




三つドッケ(天目山)に

12月6日
日曜日の膝の痛みと疲れがとれたかどうか、、?
しかも今週は忙しかった!
でも先月26日行く予定が雨で流れた三つドッケ。
迷惑を顧みず急遽参加させていただくことに。
しかし、何と今日のパーティの最高齢者でもあることを昨夜のメールで知った私。
内心すご~いプレッシャー(ー_ー)!!

6時20分に家を出てJR奥多摩駅に8時20分。
12.6三つドッケ2
途中多摩川の陸橋からは富士がばっちり!!
ちょうど2時間。
さらに8時35分のバスで東日原に。
登山口9時10分。
同行のメンバーは私より若い健脚の男性5人。
私も不安だけどきっと皆さんのほうがもっと不安(^_^;)

12.6三つドッケ3
三つドッケって天目山や一杯水とも。

12.6三つドッケ4
朝日に輝く御岳山・大岳山方向

と好天に機嫌がよかったのもつかの間、
雲取山あたりに雪雲が見えているなと思いきや
急激に気温が下がって指先の冷たいこと。
視界も一気に狭まってしまった。

明らかに体調不良&上りに弱い私のせいで
予定時間を10分くらいオーバーして山頂に到着。(12時15分)
約3時間。
12.6三つドッケ5

三つドッケというくらいで山頂付近は急登の登りが。
しかもそこに雪があって緊張した。
12.6三つドッケ
雲取方面もすっかり時雨れている。
12.6三つドッケ8

と、思っているうちにこちらも雪が降ってきた。
奥多摩の12月はやっぱり冬だった(?!)
早々に下山して
山頂手前約30分にある一杯水避難小屋で昼食。

12.6三つドッケ6
トイレもありきれいな小屋。

と言ってもほぼ食事時間約10分??
1時10分出発
帰りのバスが2時50分。
上りに3時間かかった道を1時間半で下りるわけ?
下りも弱く、膝に時限爆弾。
とにかく行くしかない。

12.6三つドッケ7
鼻歌混じり?楽しそうに軽快に先頭を行くリーダー。
植林の杉・裸木の林がの間の落葉の小道。
細いところもあったけど整備されて歩きやすい道だった。

しかし必死に追いかけてもなぜかすぐ距離があく私。
途中まではは何とか付いて行ったものの
勾配がきつくなる2/3あたりで最後尾に。
膝の痛みが気になりだした。
バスに間に合わない覚悟をして
皆様には先に行っていただくことに。

おかげさまで何とかついていけて
無事予定のバスにも乗れた(^_^.)
4人の方はこの後温泉に入り
御岳駅前で忘年会とか。
すご~い元気に圧倒される。
オープン参加の私ともう一方はそのまま帰宅。
奥多摩駅から東京まで直通の快速(ホリーデー特別快速15時26分発)に乗れて快適だった。








男の料理会

12月5日
また退会者が出て17人。
一人欠席者がいらしたので今日は16人で。
4班に分けると4人なので5品のメニューは厳しいかもと言いながら、、、。
きのこの煮込みハンバーグ、ポテトサラダ・りんごきんとん・高野豆腐と小松菜煮物・みたらし団子。
なぜか時間余裕でできるグループと
時間オーバーのグループが。
皆さん、最初に随分分担と進行について綿密な計画をされるみたいなんですけどね。
その間私は昨日の買い物で2つも買ったマヨネーズを忘れていることに気づき
近くのスーパーに走ったりするわけで、、、(ー_ー)!!
12.5料理会6
元小学生(小学校)の調理室は使い勝手も設備も悪いけれど
たっぷりの日差しが気持ちいい

12.5料理会11
誰も気づいたり見たりしないけど窓からは富士山も。

12.5料理会5
こっちの班はすでに食べ始めているけれどあっちの班は、、、?

12.5料理会5
ハンバーグが存在感のあるメインです。

12.5料理会4
量が多いので皆さんお持ち帰りで奥様の批評を仰ぎます(ビビるけど、、、)

12.5料理会3
美味しい!!と声に出してよね。

帰りにまたセレサモス(川崎農協)により又。パンジーの苗を購入。
ついでに吹雪饅頭も。
姑の病院によって朝作ったみたらしと吹雪まんじゅうと
今日の料理会のハンバーグとりんごきんとんを届けたら
先日の大学イモの残りから食べ始めた。
ハンバーグときんとんも一口。
冷蔵庫に入れておいてと言われたけれど
何かあったらいけないのですべて持ち帰った。

そのあと予約を入れていた歯科に。
定期検診。
と言っても治療無しだったほうが少ないけれど。
珍しく今回はスルー。
でも、一か所毎回削られる箇所をまたぎこぎこ。
また虫歯が進んだのかと憂鬱だったが
歯の形状による磨き残しで
ここは仕方がないとのこと。
喜べないけどとりあえずほとんど歯石もなくてよかった。
ありがとうございますと言ったら
「これは歯科医じゃなくてご本人のお手入れによることですから、、」と。
なんかテレビのコマーシャルで聞いたようなセリフ。

私にとっては過密なスケジュールでぐったり疲れたので夫に忘年会の予定が入っていてよかった。
早々に寝たら12時過ぎにご機嫌でご帰還の夫に起こされてむかついた(+o+)
本人は明日全然覚えてないんだから、、、。




多摩大学リレー講座第10回

12月4日
法政大学教授 山口二郎
「戦後政治の遺産をどう引き継ぐか」
こんなに混乱した状況のこれからについてどう解説されるかなと
思ったけれど具体性のない無難なところで
堀田善衛の「出エジプト記」から
「自由と解放の後に幻滅が来ないとしたらそっちの方が不思議、、、
その後にくるものが
耐えることのない政党間の抗争であり、裏取引であり、不決定であり、旧悪の暴露合戦であったりしたとき、
幻滅は不可避である。」
丸山真男「政治的判断」から
政治はベストの選択であるという考え方はともすると政治というものはお上がやってくれるものである、という権威主義から出てくる政府への過度の期待と結びつきやすい。
、、、、
政治というものは我々が我々の手で一歩一歩実現していくものだというプロセスを中心に思考していったものでなければ
容易に過度の期待が裏切られて絶望と幻滅が次々にやってくる」
とまとめられていた。
なるほどいま絶望と幻滅のはざまなんだと理解すればまた次に輝かしい未来は訪れる???
ところで山口氏も民主党のブレーンとして政権奪還の説は欣喜惹起された模様。
しかしその後
その政権の理念的機軸の空白
政策を支える知的基礎の空白
政権運営を支える千恵の空白
を身を持って体験し
民主党政権のブレーンとして政権を支えたその後、民主党政権が公約を実現できずに批判されたことについて「(政権交代を支援してきた自分は)リフォーム詐欺の片棒を担いだ詐欺師の気分で身の置所がない」と発言した(ウイキペディア)
というところでは笑ってしまった。
他にも批判よりもされることのの多い方みたいだけれど
すべて知らない無知な私にはいろいろ興味深いお話ではあった。





読書がマイブーム

午前中久しぶりに買い物・
パイシートが欲しかっただけだけど
たまに行くとつい買いすぎてしまった。
塩気のおかきやチョコレートにのどあめ。
うどんに焼きそば。
麺類が切れるとだめなんだよね。
それにおやつ。
適当に手づくりするけれど
ビデオでカウチポテトって気分のときは
やっぱり市販品のお菓子をポリポリ。
ポテトチップスなら最高だけど
さすがにハイカロリーと酸化した油を思うと手が出ない。
本当は大好きだけど、、、。
ダメヨ~ダメダメ  「健康は知性」なのだ!!!!

そして一人ランチはほとんど麺類。
早速ランチに食べて
午後、生涯学習の発表会の打ち合わせ。
参加するかどうか迷っているけれど
とにかくスペースは確保。
帰りに病院によって姑にみかんと昨日作って置いた大学イモを届けた。
さらに図書館にもよって予約していた
久坂部羊の「悪医」と
悪医悪医
(2013/11/07)
久坂部 羊

商品詳細を見る


角田光代さんの「夜を行く飛行機」
夜をゆく飛行機 (中公文庫)夜をゆく飛行機 (中公文庫)
(2009/05)
角田 光代

商品詳細を見る


まだ、久坂部羊さんの
「神の手」上巻の途中なのでさらに
こんな分厚い本大丈夫かなと思うけれど
とにかく面白い。
日経の「禁断のスカルぺル』を読み・テレビの失敗しないのでの「ドクターX]を見、そして久坂部羊を読みながら
姑のいる病院に通うと医療現場って大変だなあとつくづく思う。
医者も患者も看護師も家族もそして常に生と死にさらされてその周りに
緊張したもろもろの社会的な要素が絡んで
しかも組織やの人間関係やの、、、。
書きつくせない素材の宝庫って感じ。

最近本が面白いので待ち時間が全然苦痛ではなくなった。
山のリュックにも地図を入れずに本を入れていたので
夫があきれていた。

今日は父の命日。
1日の結婚記念日に電話がなかったので
母に電話したら
両方とも忘れていたと驚いていた。
気にしていながらその日になると
忘れてしまうって私にだってよくあるので
それほど大したことじゃないけれど
88歳の母にすれば認知症になるのではの不安が
絶えずあるので気がかりなこと。
でも元気で11時半に見えるお掃除のヘルパーさんに向けて
お掃除しているみたいだった。
まだまだ大丈夫だと思うけど、、、。



カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ