西沢渓谷に

料理会のメンバーさんのお誘いでハイキングクラブの方に同行させていただいて
西沢渓谷に。
好天の天気予報が日が近づくに連れてどんどん悪くなって
しかもその予報は外れなくて、、、(ー_ー)!!
午前中は何とか持ったけれどどんより。
今日は我が家のお粗末な車と私の危うい運転。
8時半に同乗の方々をお迎えに行って出発。
スムーズに勝沼まで走ってランチまでの時間に
恵林寺の見学に。
いつも山に行くときに横を通りながらも立ち寄ったことはなかったけれど
とても広い境内の立派なお寺だった。
臨済宗 妙心寺派. 開山夢窓国師 武田信玄公・柳沢吉保公菩提寺。
さらに窪八幡神社に。
桧皮葺の横に長い本殿はとても珍しいとのこと。
窪神社2

窪神社

窪八幡の建造物は本殿をはじめとして、建造物9棟11件が国指定重要文化財に指定されていて、この他に4件が県有形文化財に指定されています。
さらに大鳥居  天文四年(1535年)  武田信虎 建立は現存する最古の木造両部鳥居だそうです。
さすが甲州を行くとそこここに武田家の権勢の跡を見ることができる。
山梨って山ばかりじゃないんだよねえ、、。
同伴の方が山梨出身の方で専任のガイドをしてくださってラッキー。

そのあとランチに酒蔵のレストラン(:山梨のちいさな酒蔵 養老酒造&酒蔵櫂)。
先発隊のグループと合流し総計12名に。
酒蔵2
2階のレストランの窓から
私は鮭の粕漬けセット(1230円)・他に豚の角煮セットや蔵元ごはんセットなど。
1時過ぎに出発し、西沢渓谷に着く頃には
いよいよ雲行きは怪しくて、、。
西沢渓谷
曇りだと紅葉の輝きも少し彩度が落ちる気がする。
でも紅葉はまさに見頃
西沢渓谷-2
七ツ釜五段の滝

西沢渓谷-3
七ツ釜五段の滝

とうとうハイキングコースの折り返し点でレインコートを装着。
帰り道は歩きやすいトロッコ道なのでよかった。
一周3時間強。

帰りに日帰り温泉ほったからしの湯に立ち寄り。
すっかり日が落ちた暗い道を
随分高さのあるところまで上り詰めるのでびっくり。
夜景がきれいだった。
富士山が見える好天の昼時にまったり入るのも良さそう。
帰りは運転を変わってくださったので
安心して眠りこけているうちに自宅(^_^;)。






旦那様は一人っ子

お料理会がお世話になっている生涯学習の理事と講師の交流会。
10周年を経て市民の市民による市民講座にということで
越境講師の私はクビに。
住所を変更する気はないのでやむを得ない。
それだけのことなのに、市の課長補佐がずいぶん気を遣って
そのいきさつを弁明してくださってかえっていたたまれない気分。

少しはお役にたつことができたとして
それ以上のご褒美を私自身もいっぱいいただいたのだから、、。

そのあと図書館により、ビデオを借り、角田光代さんの本を5冊。
角田さんは今年であった作家だけれど多作で人気作家。
最近作はかなりの順番待ちなので書架にあるものだけ。

読みやすいので手当たり次第に読んでいたら
ブログの横のフリースペースに張り付けているブログラム(ブログランキング・成分解析サービス blogram.jp)の
角田光代さんのカテゴリーで1位になってしまった。
それほどファンでも、数を読みこなしたわけでもないのにと
あわてて借りて読もうとしているわけで、、。
不純な動機にせかされて、、、(^_^;)
まあ動機は何であれ読書は楽しいので。

そのあと姑の病院に。
夕飯の時間に食堂に同席したけれど
お仲間は3人だけ。
随分元気になってきた姑には
少し物足りないかなと感じる方々だった。

ところで姑は先日の日曜日に
夫が来なかったことで
怪我でもしたのではないかと心配で
一睡もできずに、泣き明かしたとのこと。
出張で福島に行くので来られないと連絡をしていたし、
その間長男家族や次男が見舞いに行ってくれていたのに、、。
なんといっても一人っ子の長男が可愛いそうで心配とのこと。

環境の変化でナーバスになっているにしても
私は3人の子供を産んでいるからいいけれど
姑は一人しか産んでないから心配で、心配で、、、。

お義母さんの息子は齢70に近いすでにれっきとした高齢者なんですけど、、、??
夜一睡もせずに大声で泣いて看護士さんに慰められたと聞くと
そのご迷惑をおかけしたことの方が申し訳け無くて、、、。
もちろん姑にそんなこと言えるわけもないけれど。
看護士さんには平謝り。
個室でよかった。

介護ってこういうことが繰り返されていくんだなと
これからが思いやられる。
それを受け止める度量を持ち合わせていず、
そういう姑に動揺する自分にさらに落ち込む。





我が家のルビー

ニンジンジュース2
相変わらずミニトマトが獲れている。
つくづく美しい赤だなと思う。
輝くその色はルビーに勝るでしょう。
もともと持っていない宝石だけどそんな気がする。
それをぱくりと食べられる幸せ。
ルッコラとサラダで。
私は野菜だけのサラダは物足りなくてシーチキンも一緒に。

それにまだ獲れているのがしし唐と長唐。
それにスロージューサーで作るニンジンジュースも思いがけずいまだに続いている。
ニンジンジュース

なんと夫が野菜を準備し、自分で作ってジューサーを洗うところまで。
にんじんがすりつぶされる瞬間の鈍い音が気にいっているとのこと。
彼がジュースを飲みたがるところまでは想定していたけれど
自分で作ったり、
器具を洗うまでするなんて全くの想定外。
でもとても助かっている。
生協の無農薬のニンジン・わけありのリンゴ
そして海南で買ってきたレモンがメイン。

ニンジンジュース
にんじん2本とりんご1/2個、レモン1個でこんなに絞りかす

その絞りかすをどう利用すべきか
パンに入れたり、お好み焼きに入れたりして見たが
パンは結局うまく焼けなくて
今はもう生ごみと一緒に庭の土に。
新鮮な酵素が豊富で
きっといい肥料になる気がする。



スーパー歌舞伎に

妹が慰労にとご招待。
一度は見てみたかったスーパー歌舞伎。
新橋演舞場で11時から。
スーパー歌舞伎3


昼の部
俊寛(右近・笑也)
金幣猿島郡(きんのざいさるしまだいり)(猿之助・門之助・猿也・米吉)
双面道成寺

宙乗りのシーンは思ったほどではなかったけれど
意外に面白かったのが早替わりの踊り。
猿之助が出ずっぱりで頑張るのにはもう脱帽。
観客は応援と拍手は惜しまない。
妹のお知り合いに偶然お会いしたが、
一度見てまたチケットを買って今日も来たのよと言われていた。
その気持ちすごくわかる。
一度見るとまたすぐもう一度見たくなる。

だけどしばらくするとそのまんま時が過ぎてしまう。
結局は見たいと思いつつ、猿翁(3代目猿之助)のスーパー歌舞伎を見る機会を失ってしまった。
いつかとかしばらくという長い間を作らないように
近いうちにまた見たいもの。
妹は灘万のお弁当もご持参で至れり尽くせり。
スーパー歌舞伎2 スーパー歌舞伎

おかげさまでくつろいだ楽しいひととき。
さらに姉妹の良さも楽しみましょうってことに。
肉親の温かさが今更に身に沁みて、、。
今日は本当にありがとう。




会津駒ヶ岳に

5時半出発。
宿には朝食でなくお弁当にしてもらった。
まだ薄暗いけど道はわかるのでちょうどいい時間。
駐車場には5時50分着。
登山口スタートは5時53分。
だったけど登山口での車上荒らしの注意書きを見た夫がもう一度駐車場まで戻ったので
結局6時過ぎ。(もちろん窓も締め鍵もかけていた(^_^;))
10.26会津駒ヶ岳5
駐車場は20台分くらいですが6時前でほぼ埋まっていました。

10.26会津駒ヶ岳4
駐車場から約3分ぐらい。
美しい紅葉の木立の中、最初から急登が始まります。

10.26会津駒ヶ岳3
水場の標識で休憩。7時22分。夫は水場まで、私は手持ちの水で。5分ほど下ったところのようです。

10.26会津駒ヶ岳2
さらに1時間20分ほどで熊笹の道を抜けて一気に展望が広がります。

空気が澄んで山並みの重なりの美しいこと。
名前のわからないところが難ですが、、、(ー_ー)!!

1026会津駒ヶ岳6
右手が目指す会津駒ヶ岳の山頂ですがあまりに優しげでなだらかな丘のようです。
2133mの百名山の一つとは思えません。
木道がずっと続きますが、好天で乾いていたので
滑ることもなく昨日の転倒の痛みを抱えながらも気持ちよく歩けました(^_^;)

10.26会津駒ヶ岳
5分ほど行くと今度は駒の小屋が見えてきます。(8時50分)
夫は映画サウンドミュージックの世界(オーストリアの風景?)だとご機嫌です。
駒の小屋には9時に着いたもののここでとうとうカメラがブロークン!!
シャッターの調子が悪いのをだましだまし使って来たものの
いよいようんともすんとも。
随分使ったとはいえそれだから手になじむ愛着はひとしお。
スマホを買って打ち捨てられている娘のカメラに乗り換えたものの
なかなか慣れずについこちらを持ってきてしまっていた。

こんな美しい風景をオンボロ携帯で取ることに(ー_ー)!!
駒ヶ岳10.26-10
駒の小屋から山頂までは0.7km。険しい岩場じゃなくて緩やかな湿原が続く。

駒ヶ岳10.26-9
山頂の三角点。9時20分着。休憩やカメラのトラブルでもたついたので正味は3時間くらい。

駒ヶ岳10.26-8
山頂は狭くてあまり展望はよくない。2132m。
駒ヶ岳10.26-7
そのあと1時間ほど湿原と美しい池塘が散らばる尾根伝いの木道を中門岳方向に。
燧岳や至仏山、尾瀬ケ原まで見渡せる。

だけど湿原と池塘の風景は全然変わらなくて飽きてしまったのでUターン。
途中で引き返してきた。

駒の小屋でお弁当を開く。(10時30分)
なんとめっちゃ大きなおにぎりとおかずまで付いていた。
朝5時に用意してくださった民宿“清水”のおばあちゃんに感謝。
駒ヶ岳10.26-5

梅干しと昆布だった。お米も美味しかった!

駒ヶ岳10.26-4
ウインナや焼き鮭、お漬物にチーズ、、、。

駒の小屋
駒の小屋の前は気持ちのいい休憩スポット。

10時55分下山。
駒ヶ岳10.26-2
水場12時
駒ヶ岳10.26
登山口13時7分。
下りは2時間10分ほど。

帰りは桧枝岐の尾瀬の郷交流センターの中にあるレストラン「水芭蕉」でもう一度裁ちそばを。
本当に滋味あふれる美味しさ。
裁ちそば


JAストアにも立ち寄り新そばを2kg調達。
来月のそば打ち会にいいお土産。

村のほぼはずれになるというか入口の民宿『清水の写真を撮ってから
一路那須塩原に。
日曜日の午後でやはり塩原温泉郷はかなりの渋滞で返却の5時を20分ぐらい過ぎてしまった。

途中、夫の要望で前原の曲家集落に立ち寄った。
国の「重要伝統的建造物群保存地区」。
資料館になった曲家以外の建物は現在も居住中。
自然の厳しい環境で古い住居の形態を維持しながら住むのって
どうなのかしらって気になった。
前沢集落

時間がなくて立ち寄れなかったけれど、
他にも南会津に江戸時代の宿場町の大内宿など古い街並みを残す集落が保存されている。

那須塩原駅18時2分の新幹線で。
指定席は全部売り切れていたけど
自由席は十分空いていた。
百名山2つ、走行距離300㎞の目いっぱいの2日間だった。














紅葉の裏磐梯から磐梯山に

朝3時に起きて
ご飯を炊き、おにぎり。
そしてお茶。
ちゃんとニンジンジュースも飲んだ。

5時過ぎに家を出て新宿~大宮~郡山に8時21分着。
東北道郡山から磐越自動車道磐梯河東ICに。
磐梯山ゴールドラインに乗って八方台駐車場まで。
ほんとに左右ゴールドの美しい紅葉で
真っ青な快晴の空と裏磐梯の麓めぐるドライブだけでも十分価値あり。
とはいっても目的はあくまで磐梯山山頂ですけど。
遅い出発だったので第1駐車場は満杯で
第2駐車場に。
その間4、500メートルと近くて一安心。
八方台駐車場スタートは10時30分。

10.25磐梯山
第1駐車場。満杯と言ってもおおらかな空間。トイレあり。
10.25磐梯山2
10時半スタート。入山届のボックスあり。でも用紙はすべて記入済みで申請用はなかった。

10.25磐梯山3
最初は急登。その後もアップダウンのない登り。山道はよく整備されていて、美しい木立の中からしだいにすでに葉を落とした木々に。30分ほどで中の湯後、50分ほど歩くと展望が開け、美しい檜原湖や小野川湖、手前には美しいエメラルドグリーンの銅湖(?)。
10.25磐梯山4
分岐からお花畑方面に進むと裏磐梯の代表的な湖沼桧原湖、秋元湖、小野川湖がならぶ。
10.25磐梯山5
残念ながらお花畑は冬枯れ状態。
10.25磐梯山6
山頂がぐっと近づいてきました。11時59分。

10.25磐梯山7
弘法清水。2軒の小屋があり両方とも営業していました。弘法清水は頭がよくなりそうで2杯も飲みました。
10.25磐梯山8
山頂到着。12時57分。ちょうど2時間半でした。弘法清水の手前でお腹が空いておにぎり休憩20分。

10.25磐梯山9
山頂からは猪苗代湖、会津方面もよく見えて、あす登る予定の会津駒や尾瀬の燧岳・至仏山も(、、と思う)

10.25磐梯山10
標識は祠のやや下にありました。最高の天気に恵まれ感激!!
山形、米沢から西吾妻と安達太良山に登ったのはちょうど5年前の2009年10月でした。

あの時、磐梯山にもいつかって思ったのがもう5年もたっていた。
10.25磐梯山11
安達太良山がよく見えています。
日本の名峰は火山のことが多いので御岳のみならず噴火の危険を念頭にと思います。
下山は1時30分ごろ。

10.25磐梯山12
弘法清水に2時。

10.25磐梯山13
中の湯後に3時。
なんと私はここでまたダイナミックに転びました。
ぬかるんだ箇所に置かれていた木板が濡れているうえに斜めにかしいでいて、
そこで足を滑らせ、おしりを強打、さらにそのまま滑って頭まで打つ全身打撲。
明日の駒ケ岳は要注意と警戒していましたが
磐梯山の下り2/3を過ぎたところで早々と。
正直めっちゃ痛かったです。
後ろから来た若者が思わず大丈夫ですか?
怪我はないですか?と駆け寄ってくれました。
だ、大丈夫と言っていましたが
夫ではなく彼が助け起こしてくれていたら、、?
不埒に考えてにんまり。

痛みは尋常じゃなかったですが歩けないということはなくて助かりました。

10.25磐梯山14
登山口には3時20分帰着。
横転事故で20分ほど余分にかかりました。

10.25磐梯山15
ゴールドラインからの磐梯山と山麓の見事な紅葉。3時45分

そのあと一路南会津桧枝岐に。
123km、約3時間御予定です。
途中会津若松市内で渋滞しましたが
後はスムーズで予定時間の6時半に無事民宿しみずに到着。
すぐ日帰りの湯「駒の湯」に。
単純泉ですが清潔で気持ちのいいお湯でした。
おしりの痛みにも速攻効いてくれるといいけど、、、(ー_ー)!!
入湯料は500円ですが、民宿で300円の割引券があります。
この券は会津駒ヶ岳の駒の小屋でも売っていましたが
あすが営業最終日のはずです。
民宿しみずについては別枠でご紹介。オススメです。




久しぶりの山計画

夫が福島・郡山に出張ということで
急遽磐梯山に登る計画を。
さらに会津駒にもと欲張って。
久しぶりの山計画。
高校時代の地理の時間にならった桧枝岐にも行ける。
天気は二日間とも良さそう。
計画を立てるのが結構好きな方だと思う。
レンタカーの手配・民宿の予約。ルートの確定。
登山ルートと所用時間の確認など。
ほぼ1日かけてアレコレ検討し
JRの切符を京王観光に買いに行くと、
これでもう計画は実行に移行するって感じ。
夫の登山靴に着替え、私は登山靴を履いていくとして
替えの靴や着替え、もちろん最低の山道具。
17日には会津駒には初雪があったそうなので防寒具も。
荷物が重くなりそうなのが気がかりだけど
トレーニングと思って、、、(^_^.)
明日は始発に乗るので今夜は早めに。
いつもだって早めだけど、、(^_^.)






多摩大学リレー講座 竹中千春立教大学教授

タイトル「民主主義の動かす大国インドと日本」
グローバル・ローカル・ナショナルの間

最近聴力がさらに低下しているのかほとんど内容が把握できなかった。
先日モディ首相が来日しインド通の教授の講演は興味深いところだったけど。
そしてまた私はインドについても何にも知らないということだけがわかった。
インドのデーター
29州+7連邦直轄領
人口:12億1057万人
人口増加率:17.68%(10年)
多人種多民族国家
多言語国家
多宗教国家
格差  識字率73%
などなどあらためてそのスケールに圧倒された。
中でもヒンズー80.5% ・イスラム13.4%・クリスチャン2.3%・シク1.9%・ブディスト0.8%・ジャイン0.4%、、、
という多宗教がもたらす混乱が今後の政局にどう影響するのか気になるところ。
5月の総選挙はインドの一大事業で
インド総選挙で最大野党・インド人民党(BJP)が大勝した勝因や今後の政治課題について話した。勝因の1つは、ソーシャルネットワークを含めメディアが集中してグジャラート州首相のナレンドラ・モディ氏を取り上げ、カリスマ創造に一役買ったことも大きかった、とした。(日本記者クラブ2014.5.19)
そして
総選挙で圧勝し首相となったナレンドラ・モディ氏は、ヒンズー至上主義団体に所属し、イスラム教徒虐殺を放置したと批判されたことがある。同氏の率いるインド人民党は暴力組織や狂信的な宗教グループにも支えられているそうだ。そんな恐ろしげな人物がどうして首相になれるのか。

リーマンショックの余波で経済拡大のスピードがダウン。巨大な人口を抱えるだけに、パイを大きくしないと深刻な社会問題が発生しかねない。国民はグジャラート州首相としてインフラ整備を進め、地域経済の発展に成功したモディ氏に期待を託したわけだ。「とにかく経済成長を」ということらしい。

台頭するナショナリズムや「ヒンズー史観」をコントロールできるのか。どうやって保護主義とグローバル化のバランスをとるのか。パキスタンとうまくつきあっていけるのか。それらの答えは「もともと右翼だった人民党がどこに行くのかによる」とのことだった。企画委員 時事通信解説委員長 軽部 謙介


何しろ有権者も10億なんて規模で行われた選挙。
そこで何があったか想像できない。
とにかくその選挙で単独過半数を制して選ばれたのが先日来日したナレンドラ・モディ首相。

人口12億の経済立て直しを託され、今年5月に就任して以来、中国やアメリカが相次いで主要閣僚を派遣するなど、その動向に世界の注目が集まっている。そのモディ首相が、主要国の中で初の訪問先に選んだのが日本。インフラ整備などで日本からさらなる支援を取りつけ、本格的な経済成長につなげたい考えだ。一方、日本側が期待するのが、複雑かつ予測が難しいとされるインドの投資環境の改善。巨大市場で着実に利益を見込めるビジネス環境の整備が期待されている。NHKBS9.1国際報道特集

12億以上の人口の過半数が25歳以下で人口の65%以上が35歳以下。
しかもまだまだ人口増を続ける国。
人口の4/1が高齢者で多死国家となる日本とは好対照。
なんだか興味と関心がふつふつしてきた。



二男夫婦と

昨夜は夫が
今日は二男が姑の見舞いに。
近距離の恩恵を早速受けてご機嫌とのこと。
病院側も長旅の疲れを心配してくださっていたのが
予想外の元気さに驚かれた様子。

次男も彼女も10月が誕生月なので
そのあと
お祝というにはあまりにお安いお店だったけど彼らの良く行くという焼き肉店に。
雨なのに混んでいてビックリ。
しかも客のほとんどが学生ばっかり(に見えた)。
安いとはいえその食欲に見合う分を食べれば学生にはそれなりと思うけれど
その懐具合はわからない。

次男たちにしても
おっとりとスローモーな夫婦なので
今後の生活設計もよくわからない。
二人ともひたすらまじめで一生懸命ではあるけれど、、、。

まあ口出しはぜず見守るという距離感で。





鬱って?

鬱とは程遠い性格だと
自分でも思っていたけど
ひょっとして鬱になるかも。
予想以上にストレスが鬱積してきた感じ。
自分時間がなくなっていく。
自分らしさもなくなっていく。
なんだか不安。





ミニトマト

10.21菜園

10.21菜園2

久しぶりに家にいて
姑の荷物をどう整理してどこに置くか??
とにかく病院には一切の衣類の持ち込みは必要ないので
姑が送ってほしいといったこの冬用の衣類が大きな段ボール3つ分そのまま置く場所が必要に。
と言っても天気も悪いしまだエンジンもかからないので
これからどうなるのかなと頭はぐるぐるしたまま
読みかけた本を読み
少し片付け
そして庭ででうろうろ。
思いのほかミニトマトが赤くなって10月までなら十分戸外で栽培できるとわかった。
雨でひび割れたものは
今日のカレーに入れてみよう。
10.21菜園4
結構たくさん獲れた
10.21菜園5
ルッコラも大根の葉っぱみたいになってきた



姑転院完了 新幹線の多機能ルーム

9時40分の黒潮で。

お世話になったケアマネージャさんや知人、それにいとこのお見送り。
わざわざ滋賀から来てくれたミキちゃんは同じ黒潮で新大阪まで同じ黒潮に乗ってUターンしてくれた。
グリーン車でゆったりおしゃべりでき
姑も疲れも見せずずっと楽しそうだった。

姑は車いすとともに酸素吸入のためのカートが必要で我々は荷物は背にリュック。
新大阪で新幹線に乗り換え。
11号車の多機能ルームを希望したが名古屋から予約が入ってるということで1台遅らせる。
そのあとの便も使えるかどうかわからないとのことだったが
あまり駅で待つのも得策ではないので11時39分の次便に乗り込んだ。
多機能ルームにとにかく入れてくれたものの確認は名古屋駅近くまで確定せず。
姑はお腹を空かせて用意した駅弁を早々と食べてしまった。
転院が決まってからの姑はさらに元気で食欲もあり、駅弁も美味しいおいしいと食べた。
リハビリも頑張ったので車いすから是席の移動などは自分で立って動けるので助かった。

結局多機能ルーム使用の許可が下りてそのまま新横浜まで。
でもうまくベットがセットできずに姑は中途半端な格好でしばらく横になったけれど
あまりこの部屋を有効利用できた感じはしなかった。
早めに電話で連絡してにもかかわらず
予約できないと断られ、
当日駅の職員には予約してくださればスムーズに使えたのにと
我々の落ち度のように言われ夫はいらついていた。
しかも指定席もグリーン車も混んでいたこともあってすぐに手配できずに手間取った。
姑が予想以上に元気だったので何とか乗り切れたけれど
黒潮のJR西日本や・新幹線のJR東海の連携の悪さも気になった。
車いす対応については親切ではあったけれど
飛行機のように乗降に時間があるわけではなく、
1分間の停車時間の間に
他の乗客に迷惑をかけずに
スムーズに乗降するのはかなり難しい。
これもまた、慣れと連携の手際が大事。

新横浜
新横浜では改札口を出て迎の車が着く道路まで車いすを押してくださった。

もし多機能ルーム利用を考えておられる方がいらっしゃれば
早めの予約と使い方の指導を乗り込んだ時に確認しておかれることをオススメ。
今のところ1室しかないので予約されるのが無難。
ただし介護度や障害度によるので予約できるとは限らない。

新横浜では長男のお出迎えのはずが彼が渋滞で遅れたので
やはり家族でも連携がスムーズというわけでもなくて、、、(^_^.)
新横浜から病院までは18㎞程だったが
1時間以上かかった。
やはり姑の場合車での長時間移動より
不手際があったとしても列車での移動のほうが
かなり負担は軽かったと思われる。


病院での手続きを終えて姑が病室に落ち着いて
長男に送ってもらって帰りついたのが6時前。
朝は4時ごろからばたばたしたのですっかり疲れ果てた。
昨日手配した宅急便が着くので外食もできず
風呂に入ったものの食事の支度が面倒だなと思っていたら
夫が鍋と魚の干物を用意してくれた。
同じように疲れているけれど
さすがに自分の母親なのでと気を遣ってくれたみたい。
申し訳ないけど甘えさせてもらって、、。

女性二人の閣僚辞任ニュースを見ながらも寝てしまった。

そういえば9年ぶりに阪神がクライマックスシリーズを制したことを話すと
姑は全然知らなかったようでとても喜んでいた。
その分巨人ファンの母は落胆しているはずだけれど、、、。








愚痴

昨日夕方茨木の母のもとに。
今年88歳のお祝いをした3月と、大学の友人たちと集まった6月に立ち寄って以来。
姑の介護に通うようになってからは一度も立ち寄れていない。
結婚後夫の実家の和歌山に帰るときにも幼い子供3人を連れて
はるばる横浜から海南まで電車を何回も乗り継いで直接行った。
途中で大阪の実家に立ち寄ることができないことにずっと不満を持っていた。
舅や姑は孫可愛さの一心で夫はその鈍感さで
私の思いに気づき気づかいしてくれるなんてことはなくて、、、。
姑を東京に呼び寄せることになって
ようやく実家の母に会うためだけに帰阪できるようになるんだと
ちょっと晴れ晴れした気分になった。

母は88歳とすれば十分元気。
相変わらずお風呂を沸かし、てんこ盛りの惣菜と炊き立てのご飯で歓迎してくれた。
二男夫婦が来たときにはステーキとウナギが一緒に食卓に出たそうだから
ほんと好意も度を過ぎているのだけれど、、、。
一人でこうして元気に自立した生活をしてくれていることをつくづくありがたく感謝。
要支援1で週1回1時間お掃除をお願いし、
週1回リハビリ体操に通っている。
以前は短歌教室に通っていたけれど
先生もお仲間も高齢化して自然消滅。
それでも今年も与謝野晶子の短歌賞に入選したそうだから偉い!
二人同時介護ってことになったら私まで介護される人になりそうだもの。
もう少し自立した一人暮らしを楽しんで欲しい。

新大阪11時の黒潮で海南に。
昨夜直接来ていた夫と食事を済ませてから病院に。
今日は一時外出をお願いして姑は自宅マンションに一時帰宅。
最後になるかもしれない住み慣れた空間に
姑はもっと執着するかしら、しんみりするかしらと思いきや
意外にさばさば。
東京に着ていくものと送るものを相談。
持っていくという品に孫たちのへその緒や
それぞれの家紋入りの袱紗。
京都の西陣に特別に注文した品で
結局孫たちの誰もそんな格式ある結婚式や晴れの日はなかったので
出番もなく、、、(^_^.)
孫たち誕生の記念の品は姑にずっと握られていたんだなあと
私は思うわけで
夫はそんなもんええやんかの一言。
それ以外には娘にあげたかった(娘はいらないとのことで)ヒスイの指輪。
源右衛門の茶器など、、、。
姑が大事にしていた品々は嫁の私に託すのではなく
血のつながった娘に直接あげたかった姑。
残念ながら娘は結婚もせず、モノに対する特にブランドに対する執着心が皆無で
あいにくなにも欲しがらない。
今となってはすべてゴミに化するその処理は私に回ってくるわけで。
ここへきて私は何とか通り過ぎてきた過去と
直面する現実と
これからの憂鬱な近場での介護の未来とに
とらわれて何をしても面白くない。
それでいてやることは山積。
しかもそれでいても母の血筋で
望んでいるであろう以上のことまでやってしまうおせっかい。
まさにこの憂鬱は自分との対峙だと思うにつけ
さらにその深みにはまっていくようで、、、。





今日の駅弁





東海道という幕の内。ちなみに前回はシューマイ弁当。いつも1000円以下で抑えてる。



大阪に





初冠雪のニュースが新幹線のテロップに流れたすぐ後にその美しい姿を見せる富士山。
やっぱ雪のある富士山のほうが美しい。



ミニ同窓会

10月15日
日にちも場所も決まって毎年恒例で行われることになった小学校の同級生のクラス会。
毎年雨か台風通過に翻弄されるのまでも恒例化したのは余興かな。
メンバーも固定したわけではないけど同じ顔ぶれの6人。

思い出せることや思い出せないことを交えた小学生時代のこと。
同じく思い出せないことも混じる去年の各々の近況の話題とその後。
もちろん世間話やもろもろ。
過ぎ去ったその間50年についてはあまり触れないのは不思議。

性格や個性は変わらないという気もするけれど
小学生時代には国語が得意ではなかったという方が今や漢詩に深く傾倒されているのは興味深い。

浜松から毎月美術館や博物館めぐりに上京されるという方もいらして
その該博な知識とさらなる旺盛な知識欲と行動力に圧倒される。
12時から始まった同窓会の前に上野の美術館と江戸東京博物館に行かれたとのこと。

確かに小学6年生の時も子供っぽい我々を超越した風貌をもっていた方は
今も物静かで穏やかな笑みをたたえて言葉少な。

温厚な人柄そのままに今もあちこちの幹事役を引き受けられている方は
もちろんありがたいことにこの会の幹事役も。

そして一番長く西宮の母校の近くに在住してらした女性の方は
さすがの消息通で記憶も確か。
美しい手づくりの便箋をくださった。
鎌倉のショップで販売もしているという高品質のもの。

高尚な趣味や難しい理論や苦手な歴史の話など頭も耳も素通りだけど
同じ年月を生きて今ここに同座出来ていることの幸せ。
来年もまた同じ場所で同じようにお会いできますように。

何もない私はせめてこのブログで記録にとどめておくことにしよう(^_^.).



風邪気味

台風は深夜に関東を通り抜け、
朝は台風一過の青い空。
今回も我が家は大したことなくて一安心。
でも今年は何度も台風や豪雨の被害を受けておられる地域も。
心からお見舞い申し上げます。

天候の不順もだけど気温の寒暖の差が激しいせいか
風気味で喉が痛い。
あわててかりん酒やかりんのはちみつ漬けを飲み
買ってきていたのど飴をなめた。
大分県日田市豆田町の岩尾商店で買ったもの。
のど飴
どんな味かと思っていたらニッキー(シナモン)風味の懐かしい飴だった。
明日はミニ同窓会だし、明後日からは和歌山行きの予定なので
風邪をひいている場合ではない。
早く直さなきゃ!!





くたびれもうけ

10月13日
1013シュウメイギク
シュウメイギク:我が家でもようやく咲き出した。あまり株が増えたので、あちこちに植え替えたら
         咲く時期が遅れ、花も小さく咲き方も貧相になってしまった。


昨日草取りをしながら
思い切って西側の夏椿(沙羅)を抜いた。
花は咲かないし最近は葉もあまり出ないので幹を
つつじの高さで伐っておいたが
根っこまで掘り起こしてついでに周りののつつじも抜いた。
なんと沙羅は枯れていて根っこはすぐ抜けた。
大好きで引っ越しと同時に植えたもの。
愛着があったので
元気がなくても来年こそはと思い続けていたけど。
久住山に一緒に登った専門家が沙羅は西日のところはダメと
おっしゃっていたので抜いてみたら枯れていたのだった。

つつじは最初の植栽で植わっていたもの。
これからは自分の好きなものを植えようかと一緒に抜いた。
まだ少し残っているけれど。
根っこがすごくて夫に手伝ってもらえてよかった。
ただし監視していないと根っこが残っていても
土をかぶせて「済んだよ」とごまかすので油断も隙もない。

抜いた後に少しできたスペースに
何を植えるか楽しみでもあり悩ましいところ。
ついでにとげが引っ掛かって気になっていた
ミニバラのフェアリーも植え替えようと抜いた。
ところがどこに植えればいいか決断できない。
狭い庭でジグソーパズルのように動かしては見ても
そうぴったりとあてはまる場所は見つからない。

しっかりデザインしないで次から次へと植えるので
また、次々と植え替えの必要に迫られている。
下手な考え休むに似たりだけれど
考えもしないので休むどころかくたびれもうけばかりの庭仕事、、、(ー_ー)!!



ルンバの威力

一気に涼しくなったというより今日は寒い。
昨日やっと夫が扇風機を片付けてくれたというのに。
今日はもうストーブがいるぞと叫んでいる。

「そういえば昨日の扇風機、全然汚れてなかった。
ルンバのせいちゃうか?
すごいなあ~!!」とのたまう。
そんなことってあるのかな??
確かにルンバはこんなに埃ってあるのかなと思うくらい埃を集めてくれるけど、、、。

扇風機につくほこりまで減らしてくれているとは思わなかった。
とても掃除好き・きれい好きとは言えない私の強力な助っ人。

ルンバ


こんなに愛した家電はいないというくらいの存在感だけど、、、。

それでも最近はそれが当たり前になってきていた楽々掃除。
あらためてありがとう。

今日はビデオ「ザ・ファーム」ハラハラドキドキの2時間半だった。




手持無沙汰のままに

10.12野菜2
長唐がこぶりながらいっぱい採れている。
食べ方に変化がなくて焼いたり、煮つけたり、炒めたり。はっぱは3時草(ハゼラン)。
庭のあちこちで咲いているので葉っぱを摘んでみた。癖もなく普通に食べられる。
10.12野菜3
ミニトマトとミョウガ
まだ赤くなってないけど、落ちたら勿体ないので早めに収穫。ミョウガは花を咲かせている
10.12野菜4 10.12野菜5
ミョウガの花は根元の暗いところでほっこり美しい。
10.12野菜
どうして食べようかと思うくらい三つ葉が茂っていたのに影も形もなくなっていた。
バッタが飛び回っていた。表で退治したと思ったラ裏に回っていただけだった!!
雑草は残しているのが憎たらしい(--〆)

超大型台風に足止めを食って
どこにも出かけられない。

台風のおかげ(?)で和歌山にも行かずゆっくり過ごせることになった。

さりとてまだそれほど近いわけでもないので手持無沙汰の日曜日。
結局夫はフルートをふき
私は庭仕事。
そしてビデオザ・ペーパー

嵐の前の静けさ?
こんな日もいい。



すごい動員力

10月11日
姫の保育園最後の運動会。
もちろん召集がかかってお出かけ。
静岡のバアバも同じ世田谷の娘(叔母さん)も。
パパ、ママ、若と総勢6人。
8時半の開会から12時過ぎの閉会まで。
10.11運動会3
姫もあんなだったよね。3歳の演技。
子供たちの自画像の旗がなびく。

大型台風の襲来が心配されたけれど、
進行が遅く、逆に暑いくらいの日差しで見る方も大変だった。
パパの目が何度もうるうるする活躍で
無事終了。
10.11運動会2
姫が披露したお得意の縄跳びは片足跳び。

保育園の先生方の指導や思いがこもった温かく、楽しい演目で
子供たちの日々の成長がよくわかった。
姫の縄跳びや跳び箱の練習の成果はお見事。
10.11運動会
年長さんのリレーは最終種目

生後1年から転勤や転宅で何度も転園をし、
パパやママの苦労も大変だったけど
姫自身もさぞかし。
10.11運動会4
そして来週は僕の運動会です!
今日は叔母さんのお土産の電車で機嫌よく遊べた

昼食はファミレスの藍屋で。
3時過ぎに帰って来たけど私は何もしなくともどっと疲れた。
息子からのお礼のメールには姫は興奮して夜9時過ぎまで起きていたとか。
柔軟な脳と体に楽しい思い出がしっかり刻み込まれているんだろうな。

脳と体がかなりくたびれているはず夫は気の毒に出張でるす。
姫が「ジイジは来ないの?」と聞かなかったかと何度も聞くけれど、、、(^_^;)





たまには喫茶店

10月10日
久しぶりに家にいるつもりの日
電話が多くて来客も多かった。
そしてまた、タイミングよく高校時代の友人からも
近くまで来たからとTEl。
久しぶりに喫茶店に行ってお茶。
何でも話せる友人と
気楽に話せる時間が心地よかった。
木の香
ほとんど私がしゃべっているのだけれど。
まだ日のあるうちから
すぐに暗くなってしまった。

木の香2
灯ともしごろもいい雰囲気






多摩リレー大学2回目 渡辺恒雄さん

10月9日
海南から帰ってきてずっと私にしては忙しくて
朝ぼんやりしてしまって
10時からのお茶の練習に遅刻した。
後期の自己紹介があって介護のことを話したら
3人くらいやはり介護中という方がいらした。
同じく現実逃避というか気分転換というか安らぎのひと時ということだった。
果たして私にとってそこまでになっているかどうか、、、?
和菓子を楽しみにしているだけ??
だってお点前の作法はちっとも覚えられていない!!

午後は多摩大学。
渡部恒雄さん。
タイトルは「オバマ政権の撤退戦略と国際秩序の危機」
昔の鉄のカーテンやベルリンの壁のように
はっきり敵対するべきものがわからない戦争があちこちで
難民や犠牲者を出している。

だからどこをどういう風に攻めればいいのか
攻めるオバマ政権自身がわからなくてとりあえず空爆をしている。

イスラム国だのアルカイダだの国という形態をなさない集団が
財力と武器を持って当該地だけでない欧米や日本の若者までも
取り込んでいる。
バーチャルのゲームにはまり込んだ若者が
現実や命や地道な生活感を失ってしまっているのでは。
国も民族も歴史も命も実感できない若者が
馳せ参じて何かしら熱を感じているとしたら、、、。
恐ろしく危険。

最年少ノーベル平和賞受賞者の
マララさんの国連演説の
「無学、貧困、そしてテロリズムと闘いましょう。本を手に取り、ペンを握りましょう。
それが私たちにとってもっとも強力な武器なのです。

1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。
教育こそがただ一つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。」
17歳が国際平和の道筋をはっきり教えてくれている。

地球には時々神様の使いかと思われる素晴らしい人々が舞い降りる。




男の料理会

10下線文月8日
月初の料理会が全員参加なのに比べてこちらの料理会は参加率が60%くらい。
今日も12名。
メニューはピーマンの肉詰め・エビの絹豆腐のとろとろあん・サンマの酢の物・かぼちゃの煮物・とろろ芋のスープ・里芋ご飯。
10.8料理会-3
スムーズな分担と協力で着々

10.8料理会
は~いもうすぐ出来上がり

10.8料理会-2
出来ました!時間内にばっちりです。

私はその間別になんにもしてません。
足りないサンマを買いに行ったり、里芋ご飯に散らす大根の間引き菜も。
駐車料金を浮かすために車を移動したりと調理室じゃないところで走り回っています(^_^;)
だって全然必要としてないよね。
みんなグループの方たちで全~部できちゃいます!!
1時間半ほどで。すごいよね。
10.8料理会-4
ちなみにこの班は10時半にスタートして11時50分にもう食べています(^_^.)







料理会の買い物

10月7日
台風の被害もなくて朝から明日の料理会のための買い物。
明日はピーマンの肉詰めなので
大ぶりのいいピーマンを1個売りで買って
一方でひき肉はタイムサービスの安売りで。
800円ほどで材料と調味料とラップやキッチンペーパーなどの雑貨、資料のコピー代まで
調達しようとするので毎回頭が痛い。
サンマ128円は高い気がするので
午後にはもう一度別の駅のショッピングセンターまで出向く。

材料が新鮮でお安くてと思えば足で稼ぐしかない。
それでもすべて安くて品質が良い品揃えなんて店はなかなかなくて。
結局あれは高くてこれは安いになって
全部が安くて品質も良いのが買えるなんてことはなくて、、。

だけどこの買物は料理とともに私の頭と体力の良いトレーニングになっている気はするので
文句や愚痴を言うべきではない。
楽しみながら一つ一つこなしてゆくしかない。






台風無事通過

10月6日
朝方雨が強くなってきたので
心配していつ通過するのかとひゃひやしていたら
薄日が射してきてびっくりした。
多摩方面にはさほどの影響もなく通り過ぎたよう。
良かった。
それにしても日本は台風に・御岳山噴火と自然災害の多いことに今更驚く。
それも被害が大きい。
それでなくとも昨今の雨や風は豪雨や強風を超えた次元のスケールで台風並み。
と思いきや台風もさらにバージョンアップして襲来。
我慢強い日本人を試すかのようで
もういい加減にしてと思う。
被害の少ない私でさえ思うのだから被害を受けられた被災地の方や
被害者の方のお気持ちは如何ばかり。
地震や噴火の予知、台風進路の変更ができないものかと本気で思う。




台風接近中

10月5日
台風接近中。
10.5-2
こんな日に花を咲かせるスイレン。

10.5
とりあえず野菜を収穫したら結構とれた。
ピーマン・しし唐・長とう・ルッコラ・なす・みょうが、、、。
遅く植えたミニトマトの実が赤くなるかしらと思っていたが
ちゃんと赤くなって味もいい。
執念深く置いておいてよかった。

8日の料理会のレシピを仕上げて送信。
台風の進路によっては材料の調達が心配。

10.5-4
姑の冷蔵庫にあった新しょうがの酢漬け。
捨てるのももったいないので一部持ち帰った。

10.5-3
ショウガご飯にして食べたらおいしかった。今年豊作のミョウガをのせて。




病院の面談

10月4日
午前中はNPOの理事会。
会員数の維持がいちばんの課題。
多分20年前くらいにスタートした市民活動は
同じ課題に直面苦慮していると思うけど。
我々は経済的な運用については貯蓄も十分あるので
補助金がでなくなって立ち行かないということはないのが強み。
でもとにかく会員と役員の高齢化はいかんともしがたく、
次世代の加入が少ないのが悩み。

理事会終了後、
同じく介護で苦労されたという理事の方にお話を伺いたいと
お願いすると快く時間を割いてくださった。
やはり同じような病院や施設にあたられていたようで
とても参考になった。
お母さんが姑と同い年というのも他人ごととは思えない。
骨折の入院中に一気に認知症が進まれたということ。

二度の骨折と入院、
そして今度の2ヶ月近い入院でも
認知症どころか我々より頭がさえている姑はすごい。

午後は姑の転院を受け入れてくれるかどうかについての面談ということで
病院に。

見学に行った際、その環境と設備の良さに
ここならと思ったもののその後経費がかなり高いことを
パンフレットで知り気がかりに。
何しろ個室の部屋代は30万、特別室は60万。
4人部屋でも15万弱。
その他の経費が10万近くかかることや、
入院期間がどれくらいになるかわからないので
内心個室しかないと言われたらどうしようとビビッていた。
4人部屋を用意してくださるということでお願いして、転院日は
後程連絡があるとのこと。
一つハードルを越えたことに。
まだまだ先は見えないけれど、、、。



男の料理会

10月3日
料理会後期の1回目。
お二人がお仕事の関係でやめられ、お一人は介護でやめられたので18人でスタート。
お休みもなく全員出席。
メニューはエビと絹豆腐のとろとろあん・餃子・サンマの酢の物・かぼちゃの煮物・ワカメとオクラのスープ。
エビと絹豆腐のとろとろあんは3年目のベテランメンバーのご紹介。
後期になると3年生はそれぞれお得意メニューをご披露していただくことに。
そして餃子も。
10.3WAKUWAKU


皆さんやはり担当者となると緊張もし、予習もしでそれなりに負担。
もちろんその分私の負担が軽くなるわけで、、、(^_^;)
10.3ワクワク
今日は簡単レシピだけどサンマの三枚おろしがちょっと、、、
10.3ワクワク3
でもうまくいくと楽しい♪
10.3ワクワク2
三年目(3回目)の餃子は楽勝

10.3r料理会4
片づけも手早くばっちり!

10.3r料理会
盛り付けて準備も着々。

10.3r料理会2
試食は和やかに

10.3r料理会3
出来上がってない班もあるけど、気にしない、、、?




思いがけない気がかり

10月2日
8時過ぎにほぼ徹夜で帰宅したとはいえ、すぐに眠れもせず、
そうかといって仕事もはかどらず洗濯だけは済ませたものの中途半端な時間が昼過ぎまで。
早々のんびりもしていられず、午後一で明日の料理会の買い物に。
野菜の価格がだいぶ下がっていた。
それなのにまた、大型台風18号が接近中。
御岳山の遭難者の捜索がさらに難航が予想される。
あの降り積もった灰だけでも大変なのに、
それが雨で湿ってコンクリートのように重いことを考えると
本当に大変だと思う。

そんなことが頭を巡って買い物途中、
何年ぶりかの方からの電話。
「山に行ってんのとちゃうかな~と心配になって」と。
「ありがとう。本当に今回の噴火は怖かったわ~」と
話ながら「ところで元気~?」と聞くと
なんと今年2月に事故にあって脊椎損傷で車いす生活とのこと。
「ぎぇ~!!人の心配している場合じゃない」
「うん、そやねんけどな」
いつものおっとりした口調で大事のニュース。
落ち着いて話せる場ではなかったので
長話はせずに切ってしまったけれど
そうかそのことを知らせたかったんや。
(思考も言葉も大阪弁になる??)

ちょっと気軽に連絡は取りづらいかなと
遠慮して疎遠になっていたけれど
いつも気にかけてることを伝えなければ。
何もできないけれど。

夜サンマの酢の物を試作をしたら夫にはあまり受けがよくなかったので
レシピを変更した。
やっぱりサンマは塩焼きに限ると思うから
その他の料理にするといつも物足りない気がして迷ってしまう。

そのあと今日から始まった多摩大学のリレー講座に。
初日は学長の寺島実朗さん。
「2014年秋―今、確実に見抜いておくべきこと
世界のエネルギー地政学の変化と日本」
例によって最新の資料を下さって説明。
聞くたびにこれで日本は大丈夫なのかと不安ばかりが募る。
不安な国際情勢にアジアで孤立する日本。
経済も本気で景気がよくなっているなんて思えない。
その上に追い打ちをかける大きな自然災害、、、。
姑にかかわることでひしひし感じる高齢化社会のひずみ。
誰かがなんとかなんてことあり得ないとは思うけど。















カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ