日常に復帰

8月31日
朝早くから庭に出てトマト(桃太郎)の苗を引き抜いて支柱も抜いた。
もう夏も終わりという気配が濃厚で随分涼しくなってしまった。
最後の収穫。と言ってもトマトは雨が多かったせいか実が割れていた。
8.31収穫

今年はミョウガが取れないとあきらめていたら移植した方にいくつか出ていた。
8.31ミョウガ
移植成功でよかった。

8.31スイレン
スイレン:朝庭に出たときは蕾だったのが7時過ぎにはきれいに開花した。

8.31ゴーヤ
ベランダではゴーヤが。
雨がいい具合に降ってくれたので助かった。
その分野菜も雑草も随分茂った。
ほんとに庭ってすぐ荒れる。
家にいて庭仕事しているとほんと自分時間て感じで落ちつく。

そのあと10日分の新聞小説と私の履歴書を読んで
ようやく留守を埋めるという感じ。
留守の間の新聞は夫が全部テーブルに積んでおいてくれる。
他のところを読んだりしたら1日かかっても読み切れないので
裏面以外は斜め読み。

昨日までの新聞をたたんで全部片づけ、
ようやく31日(今日)の新聞を広げるころに留守の時間を埋めて
日常に戻った実感。




一段落

8月30日
夫が11時過ぎに。
一気に姑の病室がにぎやかになって
姑ははしゃいでいると見える元気さ。
夫と次男たちと病院のすぐそばの店でランチ。
魚屋が経営している料理屋で昼時だけの営業で混んでいた。
8.30はも定食
はもの照り焼きという感じで随分ボリュームがあった。

午後夫と今後の姑の対応について病院側と相談。
まだ酸素補助の鼻のチューブが取れたり取れなかったりと
不安定なので結論は出なかった。
でもいろいろと親身に相談にのってくださるので
この地の情報に疎い我々にとって大いに助かった。

近くの老健施設の一つも見に行った。
退院時期に空きがあるかどうかはわからないとのこと。
不確定要素ばかりであまり具体的な話にはならなかったけれど
いよいよその時期が来ている。
姑と夫と子供たちと私と。

とりあえず買った往復切符の期限なので
私は3時過ぎに二男夫婦と一緒に東京に。
あすと明後日は夫が。
10日ぶりの自宅。
もちろんここが私の居場所。
今後がどうなるにしろほっとして落ち着く。



二男夫婦の訪問とリハビリ開始

8月28日
今日からいよいよリハビリ開始。
同時に尿道も外してポータブルトイレの利用に。
これがうまくいけばまた以前のような
自宅での一人暮らしも可能になる。
ただ10日以上もベッドで寝たきりだったので
どうなるかと思ったが、少しの介助でトイレも使用でき
車いすへの移動もできた。
今日はリハビリ担当の医師の診察のみで
実際のトレーニングは明日から。

26日から母のところに来ていた二男夫婦が
今日姑のところに。

お待ちかねの姑は終始ご機嫌。
そしてまた私と違って二男の優しいこと。
言葉も介助も。
私にはとてもまねできない。

夜は彼らとホテルの和食レストランで食事。
とても美味しくて久しぶりに家族との和やかなひと時。






鱧の鍋が美味しかった。
湯引きでなく生が出るのもさすが和歌山。
きちんとしたお料理をいただくとやっぱり元気が出る。


姑宅の狭いリビングに布団を三つ敷いて川の字に。
ちなみに嫁さんが真ん中。



介護の合間に

8月29日
次男たちは朝姑を見舞い
そのあとレンタカーを借りて観光に。

姑の入院先は完全看護。
だから常についている必要は全くないけれど
一応私は
朝食の8時前から10時ごろまで。
洗濯物を持ち帰り、洗濯と掃除をして
昼食の12時前に行き
大体1時過ぎまで。
そして4時ごろから夕食の6時を挟んで7時ごろまで。
最初は8時から6時過ぎまでいたけど別に食事時以外はすることもない。
時に朝から昼までいることもあったけど
病院以外の時間はゆるゆる時間。
以前の入院時はあちこち片づけもしたけれど
喜ぶどころか、無くなったものはないかと確認されたり、
物が周りに並べて眺めているのが私の幸せと言われるに及んで、
一切掃除は丸く掃くだけに。
これは断捨離のやましたひでこさんも言われているが
自分のもの以外の片付けは
よほどの了解がないと好意では理解されないと思い知った。

それで手持ちで持って行った本が4冊全部読めた。
江國香織さんの
「神様のボート」
「きらきらひかる」
和田竜の
「村上海賊の娘」上・下巻
読書がはかどるのは楽しかった。
一度読んで姑に送っていた宮部みゆさんの「弧宿の宿」も読み始めた。



ご迷惑

8月24日
昨夜姑は眠れないと訴え、睡眠薬を処方されたらしい。おかげさまでよく寝たのか途中寝相のせいでか装置している尿道がはずれオネショ状態。
随分回復して少なくなったけれど、点滴、心電図?などまだまだスパゲッティ症候群。気を抜いてゆっくり眠れないのも当たり前。上品なのに、、、。本性がでて暴れたのかのう、はずかしいようと言う言葉に余裕もでてきた。
ところが午後食事に帰宅している間に、突然の来客があり、ドアフォンがなった。
マンションの玄関口に立つ人影が画像で写ったので、あわてて解錠するつもりで押したボタンがなんと非常ベルだった。
ベルは日曜日の午後のマンション全体に容赦なく、けたたましく鳴り響く。その止め方もわからなくて呆然。あいにく日曜日で常駐の管理人さんもお休み。お隣のかたに伺うと自治会の役員の方が対応してくれるまでまつしかないそう。
わたしにはかなりの身のすくむ時間のあとで高齢の姑に何かあったものと3人が駆けつけてくださってすぐベルも止めて下さった。
メガネもせず使い方もしらないドアフォンのボタンを適当に押してしまい大迷惑を引き起こし本当に穴があれば入りたかった。
可哀想に姑は留守宅でもそそっかしい嫁によって面目をうしなってしまった〓



姑の付き添い

姑はほぼ安定していて会話も普通。もちろん頭もしっかり。ただ日常の生活がどこまで以前の状態になるかがわからない。病院は昨年完成したばかりの医療センターで充実した治療や対応でしかも姑の家からは徒歩10分の近さ。助かっている。担当医の一人にフランス人の方がおられる。何だか不思議な感じ。あさ8時前から12時過ぎまで午後4時ごろから7時前まで付き添い。さして用事もないので読書。江国香織さんの神様のボート。



栗カボチャ





姑は多分ほぼ順調な回復。でも、尿の排泄が少ないので水をよく飲むようにと、カリウムの含有の多いバナナを勧められた。それで病院近くの地元の農産物を売っている市場に行ったら新鮮な野菜が安くてびっくり。トマト、オクラ、いちじく、など買ってしまった。一人ぐらしなのに。そ、それにカボチャ。あとさき考えずに〓
だってあまりに安く美味しそう。毎日カボチャばかり食べることになりそう。〓



海南に


姑が入院している病院に。娘と引き継ぎをして17時30分過ぎの黒潮に。東京の自宅には22時過ぎ。明日は仕事。
今日の夕食から食事もでて姑は回復の手応えを感じている風。先生方もびっくりの驚異的な回復ぶり。月曜日には延命措置をするかどうか聞かれたのに。生きる意志の強さがすべてを凌駕する。見習わなくては。



臨戦態勢

8月20日
アネモネ・シルベストリス
アネモネ・シルベストリス:あまりに可愛くてお向かいの方にいただいたけれど全然咲かなかったのが
この真夏ようやく咲き出した。
アネモネ・シルベストリス2
実はアネモネ・シルベストリスのそばでこの花というか雑草がすべてを埋め尽くすくらいにはびこっていた。
そしてちゃんと花まで咲かせる。
私はてっきりアネモネ・シルベストリスと思って大事に育てていた。
ペチュニアのそばではペチュニアによく似た雑草が育つ。
自然ってすごいなあとつくづく感心する。
あまりに感心したのでプランターに抜いた一部を植えこんだら
やっぱりめちゃめちゃ元気にはびこっている。
ようやく日も当たるようになって今頃咲いてくれた。
結構雑草を可愛がって育てている(^_^;)

姑はお医者様も驚く回復ぶりで小康を保っている由。
明日までは娘が付き添い
明日私が行って交代。
土日にはまた夫も行き
そのあと二男夫婦が行くことになっているので
ほぼ誰かが付き添える。
こういうときの家族の連携がスムーズでほんと助かる。
ただし常時というわけにはいかないので
主体は私メに。
そして緊急に退院後について考えなければならない。
夫はケアマネージャーさんと3つの施設の見学に。
結論はどれも気に入らなかったみたい。
姑が楽に楽しくさらに回復を願う気力を維持できる場所。
そして立地や経済的なことなど
悩みところは多いと思うけれど
ただどこまでの回復が見込めるかによって微妙。
地元にするか我々在住の都内にするかにもよる。
今までも先が見えなかったけれど
さらにダークになる。




姑の入院

8.19メダカ
餌に紛れると写真じゃ判別できなかったけど
メダカがずいぶん大きくなってわかる!わかる!
もう餌に食いついてきて元気。

姑の状態は予断を許さないという状況。
肺も心臓も肝臓も弱っているらしい。
連絡を受けてすぐ休暇を取った娘と
一緒に行く準備をしていた私は
長期戦になることも考えてという
夫の助言で居残ることに。
娘が先にひとりでゆき、彼女と交代するということに。

どこにいても落ち着かないけれど
何ができるというのでもないので
連絡を待つしかない。
姑は病院で処置をしてもらって
少し落ち着いてよく眠っているらしい。






いよいよ

8月18日
8.20トマト収穫
収穫:ちょびっとだけど毎日少しってのが意外と助かる

8.20ミニトマト
遅くに種をまいたミニトマトがようやく色づいた。

昨日機嫌よく山から帰り、
早めの食事を済ませたところに
昨日も電話したところなのに
姑からの電話。
体調が悪くてご飯を作る気がしないとのこと。
今朝5時過ぎ
また電話をしたらやはり調子が悪いとのこと。
夫がすぐ出かけることに。
その間にヘルパーさんやケアマネージャーさんが来てくださったけど
やはりかなり調子が悪いらしい。
とりあえずかかりつけのお医者様に往診をお願いして
夫が着いたところで
救急車で入院ということに。
昨夜も今後について随分話はしたけれど
結局具体的に何も動かないうちに
姑の体調の方が急を要する事態に。
いつなんどきがいよいよ。
姑が誰より頼りにしてそばにいて欲しがっている
夫がすぐに駆けつけてくれてよかった。
これからはひとつひとつ冷静にいい判断ができるようにと思う。




蓑毛から丹沢大山に


8月17日
珍しく夫は9時間くらい寝たと気分良さそう。
それで北方向に向かうのはダメそうなので
午後には晴れマークの付いた丹沢なら大丈夫そうと
すでに朝食もゆっくり食べた8時過ぎ急遽出発。

初めて丹沢・大山フリー切符なるものを買った。
それで秦野まで。
なんと9時20分過ぎに着いたら
ヤビツ峠行は9時20分が午前便の最終ですでに出た後。

伊勢原に戻ろうかとも思ったけれど
仕方ないから15分後に出る蓑毛行きのバスに乗って蓑毛から登ることに。
それじゃお昼用にとあわてて駅構内で
おにぎりと調理パンを調達。

はじめは蓑毛から下社に出るコースを考えていたが
山頂に行くならヤビツ峠に出ていく方がいいと地元の方が。
フリー切符でヤビツ峠まで行けたのに3分の差で乗れなくて
1時間以上歩くのもなんだか悔しかったけど、、、。

夫も1時間余分に歩くのが嫌でなくなってきているのがすごい。
牛にひかれての登山だったはずが、、、。

8.17大山蓑毛2
蓑毛バス停9:00

8.17大山蓑毛3

川沿いに沿ってヤビツ峠方向に。(柏木林道)10時12分
今回娘が買ってくれた丹沢の地図がデビューでいきなり役立っています。
8.17大山蓑毛4 8.17大山蓑毛5

丹沢は日本百名水の湧水群が。ここで私はゴクゴク。
夫はそれを見ながら顔を洗って頭冷やしただけだって。
水の安全性には警戒心が強いお方なので。
ヤビツ峠には11時22分着。ぴったり1時間10分です。
一人の方にしか会いませんでしたが緩やかな登りの歩きやすい山道でした。
ここから大山山頂を目指します。
休憩して11寺0分ごろ出発です。

8.17ヤビツ峠~大山
マツカゼソウ:花が少ない中で涼やかな花が群生していました。

8.17ヤビツ峠~大山3
このルートは2度目ですが、整備された歩きやすい道です。
鎖場と言えばここ1か所でした。

8.17ヤビツ峠~大山4
大山山頂奥の院に。(11時48分)。

午後から晴れるという天気予報をあてにしていましたが、
ガスって振り返れば富士山どころか眺望はゼロでした。
大山山頂

大山頂上本社 標高1247m。大山は雨乞いの霊場でこの木は雨降りの木。
もともとガスや霧に包まれることが多いらしい。
大山山頂

茶店で夫は待望の生ビール(600円)。
いつもと違ってすでに1時近く。
出発は1時15分ごろ。

大山山頂~下社3
帰りは下社をから大山寺方面に。

大山山頂~下社2
途中立派な夫婦杉

大山山頂~下社
結構きつい段差のある岩場の下りが続きます。(写真では緩そうだけど、、、) 
大山下社5
下社にはヤビツ峠の分岐から約1時間。
大山下社4

山頂はあんなにガスっていたけれど、下に下りると
天気予報通り晴れて青空。
伊勢原の町から相模湾まで街もよく見えている。
さらに下の大山寺やバス停には厳しい男坂と楽な女坂があるというので
下社までの下りで十分疲れた我々はもちろん女坂。

ところがウソでしょう??
道間違えたっけと思うくらい急な階段の連続。
これより厳しい男坂はどんなんじゃと悪態付きながら、、、。
下社~女坂

途中ケーブルカーが間近に。
もう来ないつもりだけどもし来たら絶対乗ろうと心に誓った!
下社から女坂

女坂には7つの不思議があるそうで
その中の一つ。
爪きり地蔵。
「弘法大師様が道具を使わず、一夜のうちに手の爪で彫刻されたと伝えられている。
何事も一心に集中努力すれば実現できるとの教えである」とのこと。
下社から女坂4

下社から女坂2

もう一つ「弘法の水」
「弘法の加持霊水」ともいい、弘法大師が岩に杖を突いたら、その跡から清水がこんこんと湧き出たという。
夏でも枯れることがなく、いつでも水の量が変わらないという。
下社から女坂5

もちろん私は飲みました。なぜか夫も少し飲んでいたみたいです。

そんなこんなで大山寺に着いたのが14時43分。
10時スタートで結構4時間は歩いたことに。
私が最初に大山に登った時感じたように
夫も思ったより厳しい山だったみたいです。
1252mは侮れません。
帰りのバスはタイミングよくすぐ乗れて
そのまま帰路に。
体がなまっていたのが
湿度が高く恐ろしいほど汗をかいたので
気分もすっきりと体も軽くなった気がしました。












→続きを読む




不安定な天気

8月16日
8.16朝顔
朝5時。日の出前の朝顔。
朝のさわやかな冷気にぴったりの美しいブルー。
光がたりないので暗いけど、、、。
8.16収穫
朝の収穫。ちょびっとだね。

地図とにらめっこをし、
天気予報を逐一確認して
やっぱり今日も遠くの山には行けないと覚悟を決める。
今年は全然山に行けない。
天気があまりに不安定。
雨だけじゃなくて豪雨になり、雷になり、あちこちで山が崩壊する。
晴天の登山にしても危険を伴うのに
天気が悪いと予想されるときに出かけることは
山初心者で高齢者になった私には許されない。
しかも夫はかなりお疲れのようだし。
家にいることにする。

だからって今自分の上に青空が広がっているのが恨めしい。

まあやらなきゃ行けないことはあるわけだけど。
お天気が不安定だと気持ちまで、、、。
角田光代さんの本はもういいかと思っていたけど
ある方の書評を見て割と最新の本を図書館に予約したら
両方とも90番待ちだった。
げ~!すごい今を時めく人気作家なのだと改めて知った。
その間に「常識破りのモノづくり」を読み終え、
次に娘が買っていた江國香織さんの『落下する夕方』を読み始める。
初めての方。読みやすく面白い。





久しぶりの会食


8月15日
以前10年以上も一緒に活動したボランティアのメンバーだった方々4人との会食。
と言っても数年ぶりに4月に皆さんでお食事したのでしたが、、、。
その時のタイトルも同じ久しぶり??
久しぶりっていい加減だよね。

リタイアされて信州に住まれた方が上京されたので。
お声掛けはずっと体調が悪かったTさん。
沖縄出身なので我々がばてている盛夏にすっかり元気に。
この冬は随分苦しまれたので
久しぶりに見る笑顔にこちらまでが元気になった。
うれしい。
しかも彼が見つけて予約してくれたお店が素敵。
最近孫と行くときはファミレス、
山の仲間と行くのは居酒屋と
きちんとしたレストランは久しぶり。
きちんとしすぎて
食材や調理についてのこだわりの解説が少々多かったかな。
でも確かにこだわりが感じられる丁寧に作られた一品、一品で
美味しかった。
誰かを誘ってまた行きたくなるお店。
(和食創作:彩蔵 相模原市中央区相生)

8.15彩蔵3
前菜:するめいかのマリネとなすの味噌田楽

8.15彩蔵
オレンジとドラゴンフルーツと有機栽培の野菜のサラダ

8.15彩蔵4
レンコンのおまんじゅう

8.15彩蔵5
野菜の天ぷら

8.15彩蔵2
ゴマダレとしょうゆだれでいただくうどん。
ゴマダレはそのまま飲みたいほど美味しかった。
7~8種の材料でしっかり取ったお出しがベースで
それぞれたれやつゆが美味しい。

他にウエルカムドリンクにブラックベリーのジュースや自家製のできたて豆腐。
デザートはパンナコッタとバニラアイス。




青唐辛子としし唐

8.14ビオラ
真夏のビオラ:こぼれ種から出た芽を育てたら季節外れの真夏に咲き出した。

世はお盆でテレビでは渋滞情報が朝早くから放送されているが
里帰りもせず
里帰りしてくる子供たちもいず
夫は出勤してまさに平日。

先日青唐辛子をいゴマ油と醤油で炒めてみたが
どうも思っていたアジではなかったので
今日は残りの青唐辛子を醤油漬けに。
青唐 青唐2
みじんぎりにしてお醤油に漬けただけ。
青唐3


明日あたりには食べられる。
暖かいご飯に汗が出るほどのピリ辛が美味しい。

ついでに畑のしし唐を取ってきてしし唐の甘辛いため。
残り物のマイタケと
赤くなったピーマンやしし唐も長唐がらしも入れた。
ししとう しし唐炒め
サラダ油で炒めてお砂糖・醤油・酒大さじ各1で味付け。
 





グリーンカーテン

8.13朝顔
マイルームの前。目が覚めたら美しい色の朝顔がたくさん見れるようになった。
8.13朝顔2
和室の方はなかなか花が咲かないと思っていたら、窓の上のミモザの上に弦を伸ばして
咲いていた。朝顔はやっぱり朝日に当たらないとだめなのかな。

今年はグリーンカーテンいと思ってゴーヤと一緒に朝顔も植えてみた。
ゴーヤもようやく実がなりだしたけど朝顔も涼しげで朝の気分は上々。


山に行けなかった分家事をがんばろうって思ったけど
ことはなかなか思うようにはいかず。
それに第一雨など降らずにいい天気だった。
行った方がよかったかもなんて、、、(イジイジ)。
いじけついでに百名山なんかまた読んだりして(^_^;)
久住山・那須岳・鳳凰山に常念など。
行った山行けなかった山、、、。

図書館に行き借りていた角田光代さんの本5冊を返した。
もうしばらくは角田さんを読むことはないかも。
次はどなたの本を読みたくなるのか本との出会いもご縁という感じ。

たまっていた6月や7月のブログも更新。
整理してない家計簿も。
銀行の通帳の照合も。
こんなこと結構時間ばかりかかるので
やめようかなという気もするけれど
習慣となっていてついやんなきゃって思ってしまう。
銀行が間違えるわけなくて
自分の間違いを探すのにやたら時間がかかるわけで、、、。

そんなこんなで山に行かない1日もあっという間にくれる。
今日は夫もフルートがないので早いご帰還。
餃子にしたのにビールが冷えてなかった(ー_ー)!!
今日の収穫(夏枯れ中というかもう終わりかも)。餃子用のにらも摘んだ。
8.13収穫
誘引しようとして青いトマトを落としてしまった。
もったいなくてとりあえず持ってきてしまう。
コンロのそばでおいておくと少し赤くなるので
炒め物に混ぜて使ったりもする。










あきらめが悪いのだ

明日から行く予定の山行きを断念した。
そんな大げさな決断かと思うけれど
いつも単身すでに実績のある活動中のグループに厚かましく連れていってと
お願いする身で
ドタキャンはないでしょうと思う。

でも2日行程での山行きに雨マークが50%。
体力・気力・技術充実の方々の中で
もし強風・強雨の中の山行きになったらと自信がない。
いつだって自信がないけれど、さらに悪条件では、、。
無理してまで行くことはないとわかっていても
前日にキャンセルするのはねえ。
結構うじうじする性格なのだ。
これで私は万年胃炎になるわけだ。

でも一晩考えてようやく9時過ぎにメール。
探し物が出てこないとあきらめて
新たに買うとそのあとすぐ見つかるように
あきらめた途端天気は急回復する気もして、、、。
それはそれで皆様にいいことなので
天気予報が見事はずれることを祈ろう。

この決心ごときでに消耗しつくしたのか
暫く腑抜け。
じゃあダラダラするかと昨夜撮ったNHKBSの「マイルーム」を見たが
何度も途中居眠りをしてしまった。
昨夜あまり寝てないので急激に眠くなった。
それで1時間ほど昼寝。
その後久しぶりに買い物に。
自分を立て直すのにビデオ・睡眠・買物。
これって私の3種の神器??





老化は走るな!!

気になっていた皮膚科に。
すでに3週間以上経過してしまった。
皮膚がんではなく老人性の色素班ということなので安心したけれど。
大きいのが気になっていた。
顔にももちろん気になる老人性のシミが増えてきて気にはしているけれど、、。
戸外での活動が好きだからある程度は自業自得で納得。
治療したのは紫外線の影響を受けない部分。
液体窒素で処置してもらったけど、消滅しないので
再処置。
歯と言い、皮膚と言い着実に歴然とする老化。

最近夫は暑がりだったのが
時々寒いというようになった。
体温調節機能が落ちてきているみたい。

まあお互い60年以上も生きてきて
若くなるわけもなく、
使い過ぎた機能がそれなりにあちこちギクシャク、ぎこぎこするのは当たり前。
受け入れてそれなりに暮らすしかない。

「ばあさんがあちこち悪いというのを聞くときは
『お迎えが近づいているのだから当たり前』というのになあ」
と夫も自分の身になればなかなか悟りは開けないようで」,、、(^_^;)





長すぎる準備期間

8月10日
8.10-20世紀
鳥取銘菓・亀甲屋の20世紀
鳥取在住の方からのお土産。懐かしい。30年前に住んでいたころ、
他県の方へのお土産と言えばやはりいつもこれだった。

姑の今後について昨日話し合ったせいか
夫はけさ早く早朝休日出勤。
姑の入る施設を近場に探そうという話だったのに
夫にすればとりあえず
今の仕事を片付けておきたいと思ったらしい。
結局またうやむやになってしまう気が、、、。
私も愚図だけど夫も決断力が、、、。
そろそろタイムリミットだと思うけど。
それで私も読みかけのツリーハウス(角田光代)に没頭。
午後帰ってきた夫は
台風の余波の荒れ模様の中プールに。
仕事の次は体力作り??
ただどちらにしても
頑張ってくれている姑のおかげで過ごせる
こんな平穏な休日や時間。
いつそうでなくなるかもと念頭に置きながら
準備期間は随分あったともいえるけれど
何にもしていない現実。
今日さえ何とかなればはツリーハウスの家族と同じ。




台風接近

8月9日
ちょっと足ならしにでも山に行きたかったけれど
台風が近づいていて
天気が不安定。
直撃はまぬかれるみたいだけれど
支柱をさしなおして、もう一度トマトは結びなおしておいた。
テレビではまたひどい被害情報や
予想コースを1日中。
最近はのべつ天候の被害が発生しているようで
日本て毎年毎年自然災害多くて本当に大変な国だなと思う。
なんとか被害が少なくて済みますように。



8.9百日草
台風の来る前に、百日草の花をカットして生けた。
とにかく丈が高いので風には弱くてくたくたになってしまう。
来年は場所を考えないと後ろの花が見えなくなってしまう。
おまけに矮性の百日草が後ろやあいだに来て統一感のないこと。
種から育てる時はそのへんの管理もきちんとしないとね。
ずさんな性格そのまま(^_^;)

今日の収穫は
埋めた生ごみから芽が出て大きくなったジャガイモを掘ってみた。結構採れた。
ほとんど小さいけれど。
先日ある方の畑に行ったら、これくらいのじゃがいもはみんな放棄されてた。
拾って帰りたかったよ(^_^;)
8.9収穫
一時休止中だったナスが復活してまた、実がなりだした。
かぼちゃは引っこ抜いた苗についていたもの。
なんだか可愛くて捨てられない。
どうしようもないのでしばらく飾っておく?



歯のメンテナンス

8月8日
8.8バラ
挿し木のバラ:娘が結婚記念日にくれた薔薇を挿し芽にしておいたものがことし初めての花を咲かせた。
何もこの真夏にと思うけれど、やっぱり切れなくてそのまま咲かせた。

3か月ごとの定期検診で大概何か引っかかって
治療が始まってしまう。
今回は以前治療していた歯が
今年奥歯を抜いたことで少し緩んで隙間があるし、
中もかなり虫歯が進行しているので
新しくカバーを作り直したした方がいいとのことらしい。
それで前回その歯をカバーしていた陶器のカバーを切り取ってしまった。
まったく口の中は自分では見えないお手上げ状態なので

「はいそうですか」
「はいお任せします」しかいいようがない。

でも中は実際は中は大丈夫だったらしいけどね。
その陶器の歯はすでに治療後25年たっているとのことで
そういえばこの地域に越してきた最初の頃治療したのだった。
もうこの先生にも25年以上もお世話になり続けているということに。
確か治療代は保険がきかず当時で7~8万円だった。

今回はさらに25年も私が生きるとは思えないので保険治療にしてもらった。
80歳まで20本は何とか大丈夫らしいけれど
92歳や88歳で元気な姑や母を見ているので
最近では80歳を目標にしていてもだめだという気がしてきた。
ちなみに母たちは二人とも入れ歯ではあるけれど、、。

じゃあ90歳まで20本ということになるとまた、手立ても考え直さないと、、、。
この命、有限ということは分かっていても
期限はわからないので
そこが難しくてまた妙味もあるということかも。



レスキュー費用保険

8月8日
先日の鳳凰山登山反省会で
レスキュー費用保険なるものを教えていただいたので
翌日資料請求しました。

本日速達で届いたので
早速手続きも済ませました。

我々の年代の登山事故は顰蹙を買うほど増えているので
教えていただいて何よりでした。

遅まきながらの登山組なので
そんなことも知らないといわれることが多々。

でも教えていただいてよかったです。

1人1年5000円で
夫と私で10000円の掛け捨てです。
必要経費だと思います。




トヨタ方式って

8月7日
午前中はお茶のお稽古。
帰りに図書館によってビデオと本を借りてきました。

全部読み終えてなかった「常識破りのものづくり」
常識破りのものづくり (NHKスペシャルセレクション)常識破りのものづくり (NHKスペシャルセレクション)
(2001/12/26)
山田 日登志、片岡 利文 他
商品詳細を見る




「なぜ必要なものを必要な分だけ必要なときに供給しないのか」
なぜ必要なものを必要な分だけ必要なときに提供しないのか―トヨタ生産方式から経営システムへ
(1986/03)
大野 耐一、三戸 節雄 他

商品詳細を見る


今の断捨離ブームにも通じる
企業での効率を追求した常識破りのトヨタ方式と呼ばれる発想です。

オートマチックよりも個人の手作業が早いなんて、、、。
全く企業やモノづくりに縁のない私にも
とても興味深い内容です。

うまく生かせば今更だけど超有能な主婦になるはず!!

全部読むことにしました。

と言いながら先に必要性の低い
角田光代さんの「ツリーハウス」から読み始めてしまいました。
効率の悪いことです(^_^;)












高尾山6号路からビアマウントに

8月6日
お料理会のメンバーさんと
高尾山登山&高尾ビアマウントでの暑気払い。
8月のお料理会は夏休みということにしたのが
それならということで高尾山行きに。
妹も加え合計9人で。
7人は山頂組ということで6号路で山頂に。
川沿いの緑が濃くて
厳しい日差しを避けて登れます。
と言ってもたっぷりの汗でビールがきっと美味しいはず!!

高尾山&ビアマウント4
高尾山山頂からは雲の上に富士山も

まだ日差しが明るくて
八王子から都内の眺望もばっちりです。

高尾山&ビアマウント3

それから混雑する薬王院を避け、4号路でつり橋を渡ってビアマウントに。

高尾山&ビアマウント 
4号路のつり橋で

ケーブルで見えたお二人と合流して
5時前にスムーズに入場。
まだ明るくていまいち気分が、、、
なんてことはなくてしっかり飲んで食べて喋り捲りました。

タイムリミットの2時間はゆっくりというより
あっという間。
高尾山&ビアマウント2

まだ夜景というほどには暗くなくて夕景を楽しみつつ
7時前に下山しました。
帰りは妹が抜けて6人は徒歩で下山。
3人はケーブルで。
まだヘッドライトを点けなくても清滝まで下山出来てしまいました。
高尾山口からの電車は北野のまでほぼ車両が貸切状態で
これが結構楽しい。
小学生の遠足のように大声で話したり、写真撮ったり(*^_^*)

私は初めて京王線のお得切符なるものを買いました。
最寄駅から高尾山口駅まで往復買うと2割引き。
ケーブルのチケットを片道あるいは往復をプラスもできます。






あんまり考えずに、、、

8.5収穫
8月5日
 
キウリがそろそろ終わりなのか収穫が減っていよいよ形が悪い。
トマトはまだしばらくとれそうだけれど
かなりひび割れができたり、虫食いになったりしている。
長唐がほどほど取れて助かる。

毎朝5時ごろから7時ごろまで庭で
草取り・花柄摘み・水撒き・生ごみ埋めなど。
これだけの時間と労力と肥料代(アスカマンや牛糞・鶏糞など)をや水代を考えると
考えても仕方ない。
やっぱりあんまり考えんとこってことに(^_^.)
同じく保険屋さんがいろいろ勧めてめてくれるけれどなんかどれもね。
やっぱりあんまり考えんとこってなる。
昔から楽天家やねえと
そういえばよく言われてきた。






鳳凰山報告会


8月4日
鳳凰三山登山の報告会とも反省会とも次回の登山企画会ともという名の飲み会。
飲んで食べてが近場で気楽にお安くてお味もそれなりでした。
私はようやく体が普通になりつつあるというくらいで
今回の山行きのきつさはしっかり筋肉痛で思い知った。
久しぶりに一泊分の荷物を背負ったのも拍車をかけている。
一泊しても荷物は山小屋にデポして登るなんてことが多かったせいか
今回のリュックの重さは応えましたね。
しかも薬師小屋が水がないときていて
水を多めに持っていったり、同行の方にゴマをするため
350ccのビール缶や氷まで。
ビール缶は途中放棄しましたが、、、。
でも予定があったり、
体調が悪かったりと
同行できなかった方のくやしさを思えば
幸せの痛みではあります。
十分うらやましがらせました。
そして一時は立ち消えになりかかった北岳計画の復活や
その他いくつかの山の名前が、、、。
うれしい。楽しみ。

今日あらためて数えたら
山頂まで到達した百名山は40でした。
これからいくつくらい登れるでしょうかねえ。
寄る年波に衰える体力、それにさらに寄る年波の姑と母。
条件は厳しいけれど
それでも挑戦できる間は山に行きたいって思っています。
今日のお仲間を大事にしていつまでも連れてってもらえるようにしないと!!

今日はとうとう読みたかった
角田光代さんの「ロック母」
そして「父のボール」
「イリの結婚式」



姫のしもべ

8月3日
本日も姫のワンマンデー。
だってママからじいじとバアバに甘えてらっしゃいの伝言とか。

早起きの姫の遊びには6時ごろからつき合わされるので大変。
トランプの神経衰弱。
これがまた本気勝負でも大人が負けるほど強い。
そして負けん気もさらに相当強い。
負けそうになると途端に気嫌が悪くなるので
本気の出しどころの兼ね合いが難しい。

そして綾取り。
こんな遊びを現代っ子もすることに驚く。
そして遊びの型がほとんど変わってないのも不思議。
久しぶりに私も子供時代を思い出した。
すっかり忘れているのにがっくりするけれど
触っているうちに思い出して懐かしい。

昨日じいじに買ってもらったアナと雪の女王の本など見向きもしない。

そして9時前にはもう水着に着替えて準備OK 。
今日もまたプール。
今日は娘も加わって4人で。
ゴーグルを買わされたので、昨日よりは顔をつける練習に成果があるかと思ったけど
そうでもなくて、、、。

ランチは素麺に天ぷら。
かぼちゃの天ぷらが大好物とわかった。

そうこうしているうちに娘が帰るというと
姫も一緒に帰るということに。
あっけなくまた二人世帯に。
とにかくご機嫌に1泊2日が過ごせてよかった、よかった。

夕方にはゆっくり
角田光代さんの短編を読むことができた。
気軽にすいすい読めるのがなにより。
あまり気持ちのいい内容じゃないし言葉づかいも乱暴なんだけど、、。
「ゆうべの神様」
「爆竹夜」
「カノジョ」
など



姫おひとり様でご来宅

8月2日
 イントウーリーグ
イントゥリーグ:摘蕾できずに咲かせちゃいました。
バーベナ
バーベナ:匍匐性の宿根。植えた場所が悪くてこの暑さの中移植してしまった。
トレニア
トレニア:夏の花が少なくてつい買ってしまいました。
最近気になっているのだけれど
庭づくりの一貫したポリシーのなさ。
移り気・気まぐれ・飽きっぽいすべて私の性格そのもの!!


いよいよこんな日が来たのですねえ。
私はNPOの理事会に出ていましたが
夫が長男宅の最寄り駅までお迎えに。
駅まではママが送ってきてくれてバトンタッチ。
パパが土曜出勤なので
まあ一人でも預かってくれるとママも少しは楽できるということで。
それにしても姫が一人で今夜お泊りなんて!!

お昼はじいじお得意のパスタ。
美味しいってよく食べてじいじもご機嫌(^_^.)
そして午後はプールに。
流れるプールや幼児用プール、スパと
市民プールにしては2時間たっぷり飽きずに遊べて姫のお気に入り。

SOSじゃないけれど娘に連絡したら
やはり土曜出勤だったけれど
夕方そのままこちらに来てくれた。
この間行って、気に行ったのか姫のリクエストでまたもやピザの馬車道に。
食べ放題ってどんなに自粛しても食べ過ぎる(自粛できないってこと)。
姫の食べ過ぎは歓迎だけどじじ&ばばはやばい。

姫はよく相手をしてくれる娘がことのほかお気に入り。
彼女の部屋でバアバと3人で川の字に。
パパやママと言ってホームシックにかかることなく寝てくれたので一安心。
またひとつ大きく成長したなとじじ&ばばも感慨深い。





男の料理会

8月1日
もう8月。
10月の調理室の申込みを妹に頼み9時前に料理会に。
メニューはタイカレー・ タピオカココナッツミルク・キュウリのトウバンジャ和え
合鴨スモークのマリネ・コールスロー
おかげさまで(?)カレーにばっちりすぎる暑さ。
マリネはサーモンにするつもりがお値段が高くて合鴨に。
今回は香辛料や特別の素材が必要で700円の材料費では厳しかった。
キッチンペーパーやお茶やホイルやラップやとばかにならない消耗品もすべて含まれるので。
でもまあできてみればよかったかなと思うわけで。
8.1料理会5
早めにいらしたTさんが切れ味の悪い包丁をすべて研いでくださった。
皆さん切れすぎて怖いといわれるほどに。
そのお気持ちに感激。
本当にありがとうございます。
8.1料理会2
なんか厨房をお任せしたくなるほどさまになってますよねえ。
タイカレーには香菜を忘れないようにとのアドバイスも。
8.1料理会3
タイカレーが旨く出来上がったようです!!
8.1料理会4
こちらの班も。
8.1料理会
グリーンカレーにグリーのサラダが涼しげな夏のメニューでした。
辛みが苦手な方は鼻水がとクレームでした。
私はちょうど角田光代さんの
ロック母の中の短編「緑の鼠の糞」を読み終えたばかりで
その光景がダブって笑えました。
ロック母ロック母
(2007/06/15)
角田 光代

商品詳細を見る

本場のタイの辛味はとてもこの比じゃなさそうですけど、、、(^_^;)





カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ