採れとれ野菜

7月31日
京都の友人が冷蔵便で野菜を送ってくれた。
野菜たち(京都)
ミニトマト・トマト・ブルーベリー・ズッキーニー・キウリ・万願寺・オクラ・茄子・賀茂ナス
あの自宅から車で一時間もかかる山の上の広い農園。
鹿も猿もイノシシも鳥たちも遠慮会釈なく収穫を横取りする
静かな環境。
丹精込めたお野菜たちが豊作とのこと。
夏には同期の女性たちに送ってくれる。

新鮮さもうれしいけれど送ってくれるその気持ちがさらにさらに。

学生時代のバスケ仲間の同期の男性たちの何人かはそれぞれ自家菜園の農園主になって
かなり本格的に野菜を育てている。
一人の方の琵琶湖湖畔の農園ではバーベキューをしたことも。
その時は黒枝豆をお土産にいっぱいくれた。

三重の方は先日京都であったとき全員分のインゲンを持ってきてくれた。
卒業後何十年を経て、ときどき会えたり、
野菜がその間をつないでくれるってうれしい。

我が家でも2日留守にしたのでそれなりの収穫。
野菜
葉物はルッコラと三つ葉と紫蘇

たこ焼き
昨日の疲れと筋肉痛で昼は冷凍のたこ焼きという手抜き。
出しに三つ葉と千切りの紅ショウガ。
四万十川の青のりを振りかけて。

強硬なドンドコ沢の下りのせいで
いつもとは桁外れの筋肉痛。
自宅内でも歩くのがやっと。
夕方ようやく何とか明日の料理会の買い物に。
また情けないことに夏野菜や缶詰など材料に重いものが多くて、、、(+o+)
自業自得ってものだけど。






鳳凰三山尾根歩き

7月30日
3時過ぎトイレに行ったときは満天の星。
でも甲斐駒の時だって3時には満天の星だった。
それが10時過ぎには強風と雨で撤退を余儀なくされた。

だから一概には信じなかったけど
朝5時の快晴は今日の好天を約束してくれる
雲一つない快晴!!

出遅れて御来光は見れなかったけれどまばゆい朝日
7.30鳳凰三山
朝日に輝く南アルプス。この後何度も見ることになる北岳・間ノ岳・農鳥岳
7.30鳳凰三山3

いつでもどこでも気高さ一番の富士山
7.30鳳凰三山5
5時半に朝食を済ませ6時に薬師岳小屋出発。
もう一度薬師岳山頂に登り返して観音岳~地蔵岳に。
7.30鳳凰三山2
またまた、北岳が間近くそびえもう行く気満々になってしまう!!

3人はルートの話をしているけれど
私は登れればいつでもどこからでもOKなので、、、、(^_^;)

八ヶ岳連峰も美しい。最高峰赤岳と左端に丸い蓼科山。
見える山に登った山が増えてきている(*^_^*)
7.30鳳凰三山4

観音岳山頂には6時50分に。
ここまで来るとリベンジを期す甲斐駒がくっきり。
昨年登った仙丈も。
7.30薬師~観音岳~地蔵岳3

鳳凰三山最高峰観音岳は2840m(ウイキペディアによると2841m)。
7.30薬師~観音岳~地蔵岳
ここからさらに360度の眺望を楽しみながら地蔵岳に。

振り返ると薬師岳に富士山。
7.30薬師~観音岳~地蔵岳5

オベリスクに八ヶ岳
7.30薬師~観音岳~地蔵岳4

地蔵岳(2764m)には8時30分に。
7.30薬師~観音岳~地蔵岳2

甲斐駒方向に本当にお地蔵さまがたくさん。
地蔵岳

いつも下から見ている鳳凰山の目印オベリスクがそこにある不思議
地蔵岳2

皆さんもっと若い時に登られたそうなので
初めて登った私は今日がいちばん若いので一人で登ってみました。
最後の割れ目の最頂部ところまではちょっと危険そうであきらめました。
オベリスク

いよいよ下りです。
9時下山開始。
45分で鳳凰小屋。
水は豊富で花にあふれて小屋のスタッフもとても感じが良くて
多分2度目はないでしょうがもし登る機会があるなら
次回はぜひこの小屋にと思う好感度の高い小屋でした。
ここで冷たい水をいただいて我々はコーヒーブレイク。
1時間近くの休憩になってしまいました。
鳳凰小屋

鳳凰小屋には高山植物が群生
車百合
車百合とタカネグンバイフウロ
ここからいよいよドンドコ沢を下ります。
岩がごつごつと出た段差の大きな下りが延々、、、(ー_ー)!!
慰めはこのコースには大きな滝が4つもあること。
最初の滝には鳳凰小屋からっ約30分で。10時57分
五色ノ滝の落差は70メートル
五色の滝

時々変わったきのこたちが現れる。
これって童話の世界そのままの姿・形
鳳凰山きのこ

次の滝は白糸の滝。11時25分
富士の白糸のような繊細な滝を予想していたけれど全然違いました。
白糸の滝

往復のあちこちで見られたタイツリオウギ
鳳凰山花


三つ目の滝は鳳凰の滝。12時25分。
まさにこの山を代表する滝かと思われたけど
すでに急な岩場の下りに消耗しつくして往復15分ほどが歩けず
誰も見に行くとは言わず即昼食。

さらに4つ目の滝は南精進ヶ滝。13時26分。
これもまた立派な滝でした。
7.30ドンドコ沢南精進ヶ滝

それにしてもかなりきつい下りで
この見ごたえのある滝が次々に現れることで随分救われました。
私は緩やかな下りになったなんでもないところで膝がガクッと折れて
尻もちを搗くという失笑ものでしたが、ほんと結構つらい下りでした。
青木鉱泉には3時20分に。
帰りの渋滞が予想されましたが
とりあえず汗を流したくて青木鉱泉に(1000円)。
やはり途中高速がかなり渋滞して疲れているのに運転をしてくださった方には
本当に申し訳なかったのですがそれでも無事6時過ぎには自宅に。

この山行はほぼ私の体力の限界に近いものを感じました。
それだけ強烈に記憶に残ることになりそうです。
だからといって登山をあきらめる気などさらさらなく
またまた次を目指したいと思っています。














鳳凰三山に

7月29日
久しぶりの本格的な登山。
楽しみなようでもあり、怖いようでも。
朝6時前にお迎えの車が。
同行は山には相当のキャリアの方ばかり3人。
心強くもあり体力もメンタルも弱い私にはさらに心細くもあり、、。
登山口青木鉱泉には9時前に。
準備をして登山口出発は9時5分。鳳凰山薬師岳5
中道コースの登山道入り口。
4時間半コースが6時間半コースに書き換えてある???

鳳凰山薬師岳3
13:45分ようやく御座石。ずっとひたすら登り。歩きやすい道ではあるけれど、視界がなく単調ではある。

鳳凰山薬師岳2
ハクサンシャクナゲ:ようやく花に出会えた。シャクナゲのシーズンは終わったと思っていたけど
高度を上げるにしたがって花をつけているものが多くなった。

ぎょうりんそう
結構たくさん見られたのがギンリョウソウ。
小さな森の精みたい。
鳳凰山薬師岳7
山頂近くなると急に大きな花崗岩の岩が。
鳳凰山薬師岳10
砂スキーみたい?疲れた足には結構きつい。
鳳凰山薬師岳6
山頂近くで咲いていたミヤマハンショウヅル。
花の少ない山行だったけれど
クレマチスに似た美しい花を見つけていっぺんに元気が出た。
ただ咲いていたのはこの山頂手前の一画のみだった。

鳳凰山薬師岳9
15:15分薬師岳山頂:同行のいずれ劣らぬ山男たち3人。
それでも登山口の看板が訂正されていたように昼食や休憩込みで6時間かかった。
ひとえに私のせいでしょうなあ<(_ _)>
ミヤマビランジ
タカネビランジ::山頂と尾根伝いに咲いていた美しい花。

鳳凰山薬師岳4
3時30分着。泊りは薬師岳小屋。
5時半の夕食まで重さをものともせず運んできたアルコールと氷で
今日の汗と健闘の慰労会。

鳳凰山薬師岳8
小屋のすぐ上からは南アルプスの眺望が効く。
間近く北岳・間ノ岳・農鳥、そして仙丈ケ岳。
それに天気がどんどん回復してきているので明日への期待大。





植物の生命力はすごい

7月28日
百日草
夏に元気はやっぱり百日草。2段で咲いている!元気すぎ?!
メドウセージ
メドウセージ:強いので最近は思い切って縮小している。
生活だけでなく、限られたスペースに植える庭の花たちも
思い切った断捨離必要だと思えるようにはなった。
夏に涼しげな紫の花の色が美しい。
アナベル挿し木
アナベル:今年挿し木にしておいたい小さな芽にちゃんと花が。
7.28収穫
今日の収穫:ルッコラがこぼれ種から結構育っていて大助かり。
生ごみで埋めたジャガイモの皮からジャガイモも収穫。
植物の生命力はすごい!!



梅干し仕上げ

7月27日
梅干し紅ショウガ

夕方から急に雨になったり不安定さは
梅雨明け後も変わらない。
それでも何とかにわか雨を避けて3日間しっかり干せて
梅干しが完成。
赤梅酢では紅ショウガも作り、
干した赤紫蘇ではゆかりも作った。
大したことではないけれど
一仕事したっていう気がする



久しぶりの高尾山

7月26日
ずっとうずうずしていたけれど
なかなか行けなくて
やっと行ってきました高尾山。
午後にも予定が入ったので
昼までには帰りたいので
5時半出発、
6時10分日影沢から
あの美しかったアンのイチゴの小道を歩いて小仏峠に。
(記事は5月10日http://merienda07.blog95.fc2.com/blog-entry-2643.html)
7.26高尾山
イチゴの小道はもう花も実もなくてちょっとさびしい

代わりにきのこたちが
7.26高尾山2
名前がわからないけど大っきい
7.26高尾山3
食べられそうもないよね
7.26高尾山4
ゆっくり名前を探してみたい。今日のところは全滅(ー_ー)!!
7.26高尾山5
ほんとマッシュルームみたいに白くて丸っこい

小仏近くの林道に出たら今度は鳥が2羽。
ツグミのような気がするけれどこれもまたわからない。
7.26ツグミ
ひょこひょこと前を歩く一羽と裸木の枝に一羽。

7時40分小仏城山に到着。ここで朝食。
7.26小仏
HBで焼いたフランスパン・朝、採れたてのトマトとキウリにキャベツを添えたサラダに
缶詰のシーチキン。
甘夏のはちみつ漬けに氷を入れた麦茶。
5分ほどで準備した有り合わせ。
お粗末だけどなんといってもロケーションが贅沢。
ちょうど開店した茶屋では氷が売れてたけど
朝食にはちぐはぐでまたの機会に。

小仏から高尾山への道は随分きれいに整備されて歩きやすくなってました。
この道にはトラノオやギボシそれに大ぶりな美しい山百合が。
山百合7.26

高尾山山頂経由でいろはの森コースから日影沢に。
自宅には11時着。
久しぶりの高尾山の早朝の山歩き。
とっても気持ちよかった。



べジ・ファースト

7月26日
午後はNPOの講演会。
講師は城西大学 金本郁男教授。

 大食いをしているつもりはないのになぜかやせない──。そんな人は、もしかしたら食べる“量”ではなく、“順番”に問題があるのかもしれない。
 「肥満は、糖質の急激な摂取によって血糖値が急上昇し、脂肪が蓄積することが原因。同じ献立でも、糖質がゆっくり吸収されるように食べる順番を変えるだけで“緩い糖質制限”になり、肥満を予防できる」と言うのは、城西大学薬学部教授の金本郁男さんだ。

 当たり前のようだが、食べ物は腸に届いた順に栄養として吸収される。ご飯を先に食べれば糖質が先に、肉や魚を先に食べればたんぱく質が先に吸収される。

 金本さんが勧めるのは、腸での糖質吸収をゆっくりにする、食物繊維豊富な野菜や海藻類などから食べること。次に、肉や魚などのたんぱく質を中心に食べ、ご飯はその後に食べるようにしよう。「おかずから先に食べることで満腹感を得られて、結果的にご飯の量が減ることにもなる」(金本さん)。金本さん自身も、食べる順番を変えてご飯の量を少し減らすことで、5kg減の無理のないダイエットに成功したという。(2013/2/27 6:30日本経済新聞 電子版)

食事のメニューを見てとにかくまず野菜から、そして次にタンパク質、最後に糖質を少し。
牛乳や野菜ジュースを食前に飲むのも効果あり。
コーヒーは食事とは別にがいいらしい。

金本先生のおすすめは最近注目のべジファースト。
先生はほぼ実行されている由。
会員の方たちも随分興味がおありのようで熱心にメモを取っておられた。
それなのに私は無理だよって内心思っていた。
夫は朝食は焼きたてのパンにコーヒーがお気に入り。
もちろん野菜もしっかり取っている。
ただし順番には無頓着だしコーヒー抜きは無理かも。
ただの習慣だけどそれを大いに楽しんでいる風なので。

私は糖質大好きなので
朝のパン・昼の麺類・夜のご飯。
どれも欠かせない。
やっぱりご飯はおかずと交互に美味しく食べたいし。

幸いにまだ糖尿病予備軍でもないし
BMIも何とか20以下などと勝手に弁解を考えていた。
でもお向かいのご夫婦は
流行の糖質ダイエットでお二人とも1か月で6kg位の減量に成功された。
何たる意志の強さ。
無理無理!!
われら夫婦は食いしん坊で意志薄弱。



8日前の蝉?・一日目の蝉

7月25日
水連
今年株分けしたので今年は咲かないかと思ったけれど
涼しげに今年も次から次へと咲いている。

ルドベキア
ルドベキア:エキナセアを買いそびれたので買ったルドベキア。
チェリー・ブランデーというしゃれた名前だけどさしいろにしては
他に引き立つ花が少なくて暑苦しい?

先日角田光代さんの「八日目の蝉」を読んだばかりだけど
最近庭のあちこちにえ~こんなところから
飛び立ったのと思うよなところにも
セミの抜け殻がある。
そしていよいよ飛び立たんばかりの蝉も。
あと7日。
思いっきり夏を楽しんでねと思う。
セミの抜け殻
バジルの葉はバッタたちにやられている
セミ
しし唐の葉から飛び立とうとするセミ



バラの摘蕾のおかげで、、、幸せ

7月24日
ひえ~暑かった。
午前中GLCのバラの手入れのボランティアに、3人で。
草取りと花ガラとりと中耕。
私はおもに花柄取り。
かがんで作業するあたりは気温は35度。湿度78%。
熱中症の危険大のなか汗ダラダラで。

7.24GLC2
まだまだ咲きそうな花たちだけど、、、

すでに梅雨も明けたので
バラたちは酷暑の夏は休ませるために
花を咲かせないということに。
それで花柄だけでなく、現在咲いている花も蕾もすべて摘み取ることに。
私はケチと可愛さあいまってそれがなかなかできない性格。
ニンジンだって間引かないので結局収穫ゼロの憂き目に合うタイプ。
ましてや美しいバラの花とその蕾。
折角咲こうとしているものを
なんか切りたくない気持ちが、、。

7.24GLC
切っちゃいました!
花を育てる厳しさというか本当は優しさんなですが
いろいろ学ばせていただいてます。

7.24GLC3
こんなに切っちゃいました

ところで、この作業を済ませると
摘んだお花たちはみんなくださるとのこと。
午後にご用事がある方が辞退されたので
二人で山分け(*^_^*)
帰って器に生けると
今日は私の誕生日にしたいと思うほど。
7.24GLC4

生花用に切ったわけではないので
短いけれど十分美しい。
この暑さで花期は短いけれどでもでもうれし~い。
7.24GLC5
キッチンの窓にも(*^_^*)





梅干し日和

7月23日
梅雨も明けここしばらく安定した好天が続くという予報なので
梅干しと紫蘇を干した。
7.23梅干し2

7.23梅干し
本格的な夏が来たって感じ。
「対岸の彼女」に続いて
「八日目の蝉」を読んだ。
そしてDVD[さよなら渓谷」
今回はセンセーショナルな事件に絡んだ話は
「そして父になる」を思い起こす。
映画も見たいという気になった。
夕方GLCにバラの花の写真を撮りに。
夏なのによく咲いている。
消毒と肥料と手入れのたまもの!!

GLCばら3

GLCばら2

GLCばら



初圏央道厚木~八王子


百日草
百日草:色も形もシンプルで美しい
アジサイ
アジサイ:数年前妹宅のアジサイを挿し木したもの。翌年咲いたがその後ほかの花に埋もれてしまっていたのを
もう一度挿し木しなおしたらようやく1輪咲いた。

7月22日
午後出勤の夫を小田原まで送り
小田原・厚木道路から6月28日に開通したばかりの圏央道に。
ところがいちばん近い出口がどこなんだろうと
思っている間に相模原を過ぎて
高尾山に。
ここから一般道じゃ面倒なので
そのまま八王子ジャンクションから中央道~国立府中まで。
えらい遠回りになって時間は全然短縮ならず(^_^;)
寺島先生が
首都圏を経由せず
山梨・神奈川・埼玉から裏日本まで新たな経済圏の創出が見込まれると
評価されていた。
我が家はそのエリアから外れていた。
次回は相模原愛川が最短コースかどうか確認してみよう。

帰りに図書館によって
角田光代さんの「対岸の彼女」と「八月の蝉」の大活字本の
残りの2,3巻を借りてきた。
午後「対岸の彼女」を読み終えた。
角田さんはさすがに手練れの人気作家だと感心。
大活字本ということもあって
すいすい面白く読めた。



熱海に


7月21日
朝、とにかく気になっていた裏庭の草取り。
明日から暑くなりそうなので今日のうちに。
珍しく夫も手伝ってくれた。
そのあと、留守忠の収穫を頼まれていた畑にもう一度。
きゅうりもトマトもなすも。

そこから横浜の妹宅に。
夫は数年ぶりの訪問で庭木か大きくなったり、新しい家具などに驚いていた。
それにしてもちゃんとデザイナーと庭師によって造られた庭は何年たっても美しい。
旦那の日々の丹精もかなりらしいし。

ちょうど私も顔見知りの妹の友人も来宅。
高校の同窓でもあるので話が弾んだ。
わざわざ大阪から円覚寺の講演会に参加したそう。
サンスクリット語を学んで、インドや仏教、哲学にさらに興味が尽きないとのこと。
知識欲旺盛な行動力には圧倒される。

そして熱海に。何とか6時前に到着。
温泉と夕食のあと、8時過ぎから花火大会。
宿からは見えないのでMOA美術館の駐車場に。
久しぶりの花火がゆっくり観賞できた。



大林信彦監督「廃市」と角田光代さんの大活字本


7月20日
昨日借りた「廃市」を見た。
何の違和感もなく柳川に福永武彦の世界が描かれていた。
まさに小説が映像になっている。
出演者もそれぞれ確かにという感じ。
尾身としのりの役回りだけが気になったけれど
やはり重要なポジションだった。
この映画を見てから柳川に行けば、、、
でも柳川に行ったおかげで福永とこの作品に。
バジルさんのおかげ。

ところで図書館で角田光代さんの本を何冊か注文していたが
人気作家らしく
おびただしく蔵書があり
特に直木賞作品や
テレビ化・映画化された八日目の蝉」は複数冊の在庫。
最近はそういう場合、その中から出版年代の
あたらしいものをえらぶようにしている。
本も新しいけれど活字も大きく、読みやすいから。
それで何気に
え~文庫本で大き目の活字の本があるんだと
大活字文庫の「対岸の彼女」と「八日目の蝉」を頼んでおいた。
昨日取りに行ってその活字の大きさと本のぶ厚さにびっくり。
対岸の彼女 大活字本2

対岸の彼女 大活字本

そうか大活字本というのは
弱視者や低視力者のための本でシルバー専用書架に並んでいるんだ。
この大きさなら弱視者でも裸眼で読めるそう。
探すのが嫌でいつもネット予約で借りるので
全然気が付かなかったし、知らなかった。
22ポイントの文字は老眼だけどいまだに裸眼でも0.9~1の視力の私には
読みやすいより、読みにくいほどの大きさだったけど
小学生の本を読んでいるようにすいすい読める快感。
ただし乱視があるのでメガネをはずすと読みにくい。
老眼になって昔の小さくてびっしりの本が読みづらいと感じていたが
本を読むことにもっと困難な方も大勢いらっしゃるという現実を
あらためて知った。
私の場合、加齢とともに難聴が進んでいて聞こえづらいと思うことが多くなっているけれど
補聴器をつけければ解決するのかな?と思いつつ
面倒くさくてまだ何も使っていない。
弱視の方もきっとメガネをかけるより裸眼で読むほうがずっと読みやすいと感じられるはず。
本は3分冊で一冊が3010円。八日目の蝉は3100円。
全部読めば1万円以上もする。
これは図書館で揃えるべき本だ。
【送料無料】 対岸の彼女 1 大活字文庫 / 角田光代 カクタミツヨ 【文庫】
そういえば私も最近このブログのポイントを大きくしているけれど
はたして読みやすいのかな?








姫来宅

7月19日
7.19るりまつり
ルリマツリ:盛夏にも涼しげな色で咲いてくれるので大好き。

久しぶりに長男家族の来宅。
早めの夏休みで23日から姑と母宅に行ってくれるので
忙しいからと今日は日帰り。
ランチに食べ放題のピザ屋で待ち合わせ。
馬車道稲城店。
我々は早々に着いたけれど行列もなくて手持無沙汰。
図書館に本を返したかったけれど、
その間には込みそうだったし
彼らがいつ来るかわからないので
同じ敷地のツタヤに。

なんと検索すると「廃市」が在庫有りで見つかった。

そのために余分に4作品も借りて1000円にするところがいじましい。
でももう中古で、しかも高値でしか手に入らない作品が見れることにいなってうれしい。

道路が混んでいたらしく30分遅れくらいで着いた長男家族と合流。
姫も可愛いけれど
何日か面倒を見させてもらった若も可愛くて、,(*^_^*)
こうした時間が持てる喜びは長男家族のおかげと感謝。

でもって午後は姫とジイジとバアバはプールに。
しっかり孫守りさせていただきました。
もう彼女はすっかり言葉も意志もはっきりしているし、
パパやママがいなくても平気。
すぐ帰るなんて言い出すこともなく
制限時間の2時間をたっぷり遊びました。
まだ水に顔をつけるのが怖くて
泳げないのが難だけど
負けん気が強い超勝気なので
いずれ泳げるようになると私は高をくくっている。
夜は天ぷらと素麺。
夏野菜が採れて新鮮なので
天ぷらにしたいと思っていたら
ちょうど三輪素麺もいただいたので。
片栗粉・ベーキングパウダー・小麦粉・卵に氷で生地を用意し
揚げたらかりっかりにうまく揚がった。
ナス、しし唐・長とう・大葉・たまねぎにニンジンそれにイカとエビ。
姫も若までも大喜びでおいしいと食べた。
もっとも揚げている私は揚げたてを一緒に食べられないのが悲劇。
うどんならねぎときつねだけでも美味しいと思うけれど
素麺やお蕎麦は天ぷら付きじゃないと。
8時過ぎに彼らを見送った。



しゃきしゃききうり

7月18日
キュウリがたくさん取れたので
保存できるというきゅうりの漬物を作った。
曲がったのやぼこぼこのボロキュウリ。
7.17しゃきさききうり

キュウリ  1kg
塩(下漬け用) 60g
ザラメ      250g  .   
酢        90cc
1.保存袋に塩もみしながらキウリを入れ残りの塩も入れても見込んで一晩置く。
2・ザラメを加え冷蔵庫に1週間。
(参照 楽天レシピ:半年保存しても青々パリパリ☆胡瓜のパリパリ漬 レシピ・作り方
http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1460004293/

砂糖をこんなに使うのに驚くけれど
先日読んだみおつくし料理帖「美雪晴れ」に
魚を〆るにも砂糖を使うと書いてあったのが
へえ~と気になっていたので
今回はわざわざザラメを買いに行って作ってみた。




さるすべり&めだか

7月16日
7.16さるすべり
いつの間にかもうさるすべりが咲いている。梅雨明けも間近?

剪定に草とりに肥料とそれらしい作業をしているけれど
目に見えて美しいという花たちが見られないのがさびしいところ。

メダカも産卵期を終えたみたいなので
水槽と鉢二つの3ッつに分けて育てていた新生児たちをまとめて水槽に入れた。
35匹いた。
すでに10匹くらいは差し上げたので今年は45匹は生まれたことになる。
一度子供がいる鉢に卵を抱いたメスを入れたら
あっという間に赤ちゃんたちはいなくなった。
その後産卵を済ませたメスを戻すと
孵ったのか生き残ったのかその鉢には2匹がいた。
マザーグースのインディアンみたいで怖かった。





野菜の収穫

7月15日
7.15収穫
トマトはとってもきれいなのにキュウリはぼこぼこ

1週間の留守中に畑にできた野菜を収穫してほしいと頼まれて
一人で人様の畑のに入るのもなんだかと友人と。
暑いさなかの昼下がりに
キウリ・ナス・ピーマン・トマト。
今朝我が家でもそこそこ取れたので控えめに。
友人は楽しそうに採っていた。

私は肥大したピーマンかと思ってパプリカがまだ緑なのに採ってしまった。
ごめんなさい。
それにしても
10畳くらいを2区画かしら、結構広い。
これだけ広いと農作業ってん大変だよねって思う。

もちろん農家の方に較ぶべきもないけれど。

そうそれなりに私も大変。
なかなか思うようにはいかない。
結構毎日なにかしらの作業をやっているつもりが
全然見えてこない。
どうしたいのかの根源のところが。
フラフラふらふらしている。

そういえば今年は随分蒔いたはずのゴーヤがちっとも発芽しなくて
あきらめかけたころやっと芽が出てきて何とか5,6本。
でもこれからじゃ実が採れるのは秋になりそう。

かぼちゃがあまりに発芽するので
2本を育ててみたら
かぼちゃって雌雄異株だったっけて思うほど雄花しか咲かない。
次から次へと咲くのは雄花ばかり。
頭にきて今日抜いたら一個だけ小さな実がついていた。

全く何やってんだか。って具合。

昨日作った紫蘇ジュース。
美しい色に感激。
7015紫蘇ジュース







メンテナンス


7月14日
朝3時過ぎ起きていて、
4時前には2階の電気もテレビもついた風なので
上がっていくと夫はワールドカップを見るのではなく
レディ・ガガのCDを見ていた。
やっぱり今朝はワールドカップでしょうとテレビに。
(ちなみにわが家はテレビはリビングに1台あるきり)
これまでのドイツらしさがあまり見られなかったのは
やはりアルゼンチンも強いってこと。
延長戦まで無得点でもつれこむとは思わなかった。
延長戦になれば準決勝の疲れの残るアルゼンチンにはさらに不利だと思っていたが
案の定頑張ってはいるけれど切れや冴えがない感じ。
それでもドイツ相手に何度もチャンスはあった。
ずっとサッカーを見ていたわけでも、よく知っているわけでもないけれど
今年のドイツには圧倒的に強さを感じた。
体力もだけど技術もチームワークもすごい。

たかがスポーツだけれど
国家全体の勢い、
メルケル首相の勢いとついダブってしまう。
この強いチームが10年計画で作られたチームだとすれば
今回随分力の差を見せつけられた日本にだって
10年後には可能性と希望があるはず。

とうとう今年のワールドカップも終わってしまった。


食べ物の本を読んでいると
どうしても何か食べたくなるし
何か作りたくなる。
角田さんがあまりに豚肉をお好きで熱が入っているので
お昼に軽い麺類のはずが
ポークチャップを作ってしまった。
それがまた美味しかった。ヤバイ!!

昨日漬けた紫蘇が少し残ったので
紫蘇ジュースも作ってみた。
美しい色。

夕方皮膚科に。
黒子みたいにできていたのがだんだん大きくなって
気になっていた。
まあ加齢による老人班の一種で脂漏性角化症とのこと。
すぐに液体窒素で処理してくださった。

戸外が好きで陽にあたることが多いので
もちろん心配は黒色腫。
気になることについては早めに。
何でもなくてよかった。
すでに予備軍はあちこちにできている。
遺伝するらしく息子や娘も要注意。
遺伝してほしくない体質や資質が遺伝するのは申し訳ない。
かといって遺伝してほしいようないいところがあるかって
それもないんだけれど、、(^_^;)

1時間待ちを覚悟していたら、珍しく空いていたので
次に行く予定の歯科医までに1時間も空いてしまった。
ちょうど車に息子の忘れ物があったので
それを届けてから
ローソーンに。
料理会でタイカレーを作った時に
ネットで調べていたら
いなばの缶詰が随分評判だったので
あまり普段は買わないコンビニで。
楽天価格より安かった。
明日のランチにでも食べてみよう。
いなば チキンとタイカレー グリーン(125g)

いなば チキンとタイカレー グリーン(125g)
価格:155円(税込、送料別)


ついでに隣の園芸屋にもよってジニアの白を1株100円で。

そのまま早めに歯科医に着いたら今度は結構待たされた。
この間の定期検査で見つかった虫歯の治療。
2,3か月ごとにいいていても見つかるのが情けない。
半年ほど前に抜いた奥歯の影響で
その前の歯にゆるみができ、治療していた歯冠の隙間に虫歯が、、、とか。
仕方ないってことですよね。
こちらもお任せするしかありません。
歯冠の取り換えってことに。
治療してもらったのに前回の半額以下でした。
加齢によるメンテナンスの費用は必要経費。
時間と経費を惜しむわけには行きません。



百日草


7月13日
7.13百日草
百日草:そろそろ咲き出しました。
今年の種は昨年庭で咲いたもの、
亡くなっなった村田先生の思い出の会で
先生のお好きだった花としていただいた種、
そしてマチュピチュで宿泊したホテルで咲いていた花の種と3種類もある。
咲いてみればどれがどれだかわからないけれど、、、(^_^;)
だけど毎年咲かせていた千日紅がことしは発芽しなかった。

7013チコリ 7013チコリ2
チコリ:サラダ菜ミックスの中に混じっていた苗の中の一つ。
花がかわいいのでそのままにしていたら1本でこんなに大きくなって花が咲き続けている。
チコリは食べると葉が苦いのでそればかりは食べられない。
少し混ざっていればアクセントになるという風。
何とチコリはニガナの仲間。
花がブルーだけど花の形はそういえばよく似ているし、強いのもなるほど。
不作だったというか芽の出なかったインゲンの替りにネットを占領している。

夫はフルートのお仲間が誕生日祝いをしてくださるとかで
ご機嫌でお出かけ。
名前入り(と言ってもお父さんとだけど)のバースデーケーキが
用意され
プレゼントにレディ・ガガのCDを頂いて狂喜しているメール。
日本公演のチケットの申し込みの電話がつながらず
がっくりきていたのでさぞかし。
それにしても似合わない取り合わせ。
ある日テレビを見ていて感じるところがあったらしく突然ファンになった?!



お中元の発送を申込み一仕事。
キヨミさんのレシピで
昨日干した紫蘇を白梅酢につけてもみ、梅に入れた。
ついでにキヨミさんオススメの
紫蘇の茎の佃煮も作ってみたけれど
これはなんだかいまいち。
作り方がまずいかもしれないし、フキの香りがしないということもあってか
やっぱり私はフキで作るキャラブキがいちばんおいしい気がする。

最近はまっているのがタピオカ紅茶。
アールグレイを熱湯で濃いめに入れ、好みの量の砂糖もよく溶かしておく。
やや冷めたところでココナツツパウダー小さじ1~2を入れ、
よく溶かす。
氷を入れてアイスティーにしたところに戻したタピオカを加える。

ギャバン ブラックタピオカ 100g

ギャバン ブラックタピオカ 100g
価格:321円(税込、送料別)

 


タピオカは今まで小粒を使っていたけど今回大粒を使って見たら
こちらの方がプチプチ感も量的な食べごたえもあってオススメ。
ただしゆで時間が1時間以上もかかる。
前日から水に浸けておくといいみたい。
カルディアはセール中でお安くなってる。

ココナッツパウダーはメール便で届くので便利。
一度に使い切れない少量の場合には缶よりパウダーが便利。








7月12日
7.12トマト
今年はトマトも順調。
最近は中玉の方が使い勝手が良くておいしいので
中玉を植えるつもりでいたら苗が全部売り切れていた。
仕方なく買った桃太郎だけれど収穫は大きい方がうれしい(^_^;)

10時半からNPOの理事会に。

帰りに紫蘇の葉を買った。
白梅酢は上がっているのに
バタバタして紫蘇を入れてなくて
もう無くなるのじゃないかと心配だったが八百屋にあって一安心。
キヨミさんのブログを参考に洗って干して明日仕込むことに。
麹も買ってきたのでついでに塩麹も仕込んだ。

午後テレビを見ていたら
「歌の力」という長時間番組で
昔のヒット曲を次次にやっていて
大昔の歌なら随分一緒に歌えると気分がよかった。
いまどきの歌はリズムも早いし歌詞も何を言ってんだかちっともわからない。
アナと雪の女王だっていまだに歌えない。
姫ときたら今や英語バージョンまで練習している。
とても太刀打ちできない(ー_ー)!!

夕方には夫が帰宅。
お疲れさま。





台風一過と 青唐辛子醤油

7月11日
7.11ピーマン
今年はピーマンとししとうが好調

信じられない晴天。
まさに台風一過。
一応植木鉢類は片づけ雨戸を閉めて寝たけれど
それさえ必要なかったくらいに
被害もなく朝を迎えられて感謝。

それにしても急に暑くなってムシムシ。
梅雨が終わればこんな暑い夏なんだぞと言わんばかり。
せっかくやりたかった庭仕事も暑さの中ではテリブル!!テリブル!

買い物と銀行の用を足した後は本を読んでビデオを見てだらだら。
ずっと忙しかったことでついつい自分に甘い。
夫は今日からまた実家に。
ご苦労様。

先日の料理会で残った2本の青唐辛子でピリ辛しょうゆを作った。
縮緬雑魚ごはん

縮緬雑魚をたっぷり乗せたご飯にかけたら超旨。
青唐辛子
もう一度青唐辛子を買ってきて作っておく価値あり。
作り方は超簡単だけど、、、。
青唐辛子を細かく輪切りにし、
そこに熱したごま油をかけ
そのまま醤油に漬けただけ。







多摩大学リレー講座 12回 寺島学長

7月10日
午前中お茶のおけいこ。
はじめてお茶をたてる役に。
緊張して汗ダラダラ

午後多摩大学リレー講座。
12時過ぎから2時までの途中の時間に図書館とスーパーと
DIYの園芸コーナーとに行っていたら
もう一軒寄りたかったセレサモスに立ち寄る時間が無くなっていた。
先日買おうと思っていたエキナセアを他の花に目を移しているうちに
さっさとほかの方に買われてしまって
そのまま心残りになっている。
ちょっと遠いのでわざわざは行かないので次回行ったときににあるかどうか。

最初のDIYショップの園芸コーナーにはなかったので
ルドべキアをさしてこれによく似た花ありませんか?なんて聞いちゃった。
最近お花は名前が横文字ばかりで
ちっとも覚えられないし、覚えていたつもりが
とっさには出てこない(-_-)

多摩大学のリレー講座は最終回で講師は寺島実朗学長。
多摩大学はそうそうたる方々が学長を歴任されているがほぼ5年の在任期間で
名誉職ではなく
本気で大学と学生と地域に向き合われたのは寺島先生が初めてのような気がする。
先生は多摩大学に多摩学というのまで興されて
専門の学科までできている。
今日も昨日まで香港にいらしたとか。
お忙しいことこの上ない。
また、2014年夏号の資料集(定価1000円)を下さった。

寺島実朗資料集

中でも注目は特別貼付資料の
「アベノミクスの視座=外資依存尾株高幻想の終焉と真の成長戦略の必要」
ちっとも好景気が実感できないのにいったん上がってまた下がった株価が
ここにきてまたまたじりじり上がっている。
しかし購入しているのはほとんど外人投資家。
安倍政権誕生後外人投資家による買い越しは16兆円を超え
その間の日本の機関投資家は4.8兆円
個人投資家は9.8兆円の売り越しだそう。
外国人投資家は企業を支えるわけではなく
短期で売り抜けるための購入なので実体の好景気を形成するはずがない。
他にもいつもどおり17世紀のオランダからの視界についても。

エネルギーや医療や観光やこれから日本が立ち行くための方向を示されているけれど
刹那的な好景気気分に酔いたい声に消されがち。
正論を堂々と対等にぶちかます人数と場数がもっともっと!!



白菜見ました

7.7白菜2
7月7日
70分並んで見れました。一時は2時間越えだったとか。
それだけのものかどうかわかりません。

7.7白菜


でも純潔の証しの白菜に多産の象徴のイナゴとキリギリスをひすいに彫った飾り物を
嫁入り道具に持参するなんて文化が興味深い。
平成館にもとびきりの宝物が目白押しにならんでいたけど、
疲れてゆっくり見る意欲が欠如。
スキップ状態。
とりわけ乾隆帝のコレクションはもう一度ゆっくり見る機会があればと思う。
 

帰りは千代田線の根津駅から。 

芸大前~谷中~根津あたりをたまに歩くのもなかなかいいもの。

恥ずかしながら私はこの作品を台湾の故宮美術館で見ているはず。
でも見たということしか記憶になく
このような騒ぎに乗じてみればしっかっと目に焼き付くかと。
美意識よりミーハー感性。
己をよく知っているので、、、(^_^;)



国立博物館の故宮展に

7月7日
話題の白菜展示の最終日。
さして美意識は高くないので、ミーハー意識を鼓舞して何とか上野まで。
予想通り110分待ち。
 

美意識が高くて暇もある人が多いのに驚き。
モブログで時間潰して
これからやはり話題作「村上海賊の娘」を読むことにします。



那須茶臼岳に

7月6日
朝食後、送ってもらってロープウェーの山麓駅に。
山麓駅から山頂駅まで4分。
7.6茶臼岳8時57分
 
 
 
 


7.6茶臼岳3

山頂駅から茶臼岳までは40分で。
7.6茶臼岳29時33分

呆気ないほどできれば朝日岳から那須連峰最高峰の三本槍岳を目指したいが
一人では自信ないので峰の茶屋経由で牛が首に。
7.6茶臼岳410時45分
天気はガスが動いているけれど、今の時期にしては恵まれたと言えそう。
ここまで来ると緑が一気に広がって火山礫と硫黄煙の茶臼岳の景観と好対照。

さらにここから日の出平、南月山までをピストン。
7.6茶臼岳511時15分
日の出平

7.6南月山11時40分
南月山

7.6花たち 7.6花たち2
マルバシモツケは全山に。その横でベニバナニシキウツギ。そして右はウスユキソウ。
7.6花たち3 7.6花たち4
マイヅルソウとアズマシャクナゲ
シャクナゲがまだかなり残っていて美しかった。(ハクサンシャクナゲと区別はつかないけれど、、(^_^;))
7.6那須の花2 7.6那須の花
テガタチドリとサラサドウダン
ナナカマド カラマツ草
カラマツ草とナナカマド
このあたりはゴヨウツツジとアズマシャクナゲの群生地域。
ゴヨウツツジはナス独特の呼び名かと思いきや五葉ということでシロヤシオのことだった。
6月はさぞかし。
ナナカマドが咲き出して秋機の紅葉の頃も素敵そう。

牛ケ首までもどりロープウェー山頂駅に12時50分着。
1時のロープウェーに乗り、1時30分のバスに乗り、2時の高速バスに乗り継げると思いきや、
なんとバスが発車して間もなく山麓駅にストックを忘れてきたのに気づいた(+o+)
途中下車して戻って結局1時間後のバスで黒磯に。
日光に向かった夫&4人たちにメールするとかなり車内の雰囲気を盛り上げたみたい( ̄人 ̄)
 

時間とバス代をロスして盛りさがったわたしは新幹線にものらずに鈍行を乗り継いで新宿に。
車内でモブログ中

8日に新たに写真を増やして更新しましたけど、、、。



那須高原に


7月5日
夫が以前勤めていた職場の方々と行く親睦旅行に便乗。
新宿から8時30分にレンタカーで。
雨が降ったりやんだり。
11時過ぎには那須に。
昼食は板室の蕎麦屋で。
地元産の野菜の天ぷらの盛り合わせが美味。




午後沼原湿原に。
日光キスゲが見頃。
コバイケイソウも咲き出していた。
沼にはおたまじゃくしがうじゃうじゃ。
全部カエルになったとしたらさぞうるさかろう。



いちばんb群生しているあたりは
シカの食害を避けるためか囲いがしてあって近くには行けない。
どこもシカやサルや猪の被害は深刻。

7.5那須高原 7.5那須高原2
ニッコウキスゲ、コバイケイソウ

そのあとブルーベリー摘みに。
シーズン初めで今年最初の客だとか。
10周年記念で半額の500円に。
30分だけどこんなに食べたの初めてというくらい食べて堪能。
食べ放題だとつい必死になる自分が悲しい(^_^;)




7.5那須高原3
ジョセフィンのブルーベリー農園手作りのジャムやヨーグルトの販売も。

7.5那須高原4
まだ青い実も多かったけれど食べるには十分。
広い畑で品種の違いを楽しみながらポイポイ口に放り込む(快感
大きな粒で甘いのすっぱいのいろいろ。

正直そんなには食べられなくて、30分は十分過ぎる時間。
牛乳の試飲や紙コップ一杯分のお土産もついて申し訳ないほどのサービス。
濃厚な味わいのソフトクリームも食べて超満足&満腹。

4時前に列車で合流する方をお迎えに黒磯駅に。
6人揃ったところでホテルに。
久しぶりの那須はふんだんの美しい緑のなかでリゾート気分を満喫。



男の料理会


7.4料理会7 7.4料理会6 7.4料理会5

7.4料理会2

写真に撮ると皆さん随分真剣だなってよくわかる

今日のメニューは
夏野菜のパスタ。
ほんと夏野菜てんこ盛り!!
7.4料理会3

そして鶏のから揚げ、ビシソワーズ、なすの甘辛煮、パイナップル寒天。

7.4料理会

パスタは少し味が薄かったみたい。
ビシソワーズは濃すぎてとろみが強すぎ。
パイナップル寒天は切るのが結構難しい。
などなど反省点も多々。
私のレシピが悪いせいだったらごめんなさい。

でも当日の朝まで試作してはいるんですよ。
弁解は二流の女の武器。
一流の女を目指したい!!
7.4料理会4
当日の朝も作ったナスの甘辛煮





孫守り要請2

7月3日
7.3そうちゃn
お布団では寝付けなくて長椅子のクッションの隙間でお昼寝。

昨日同様長男宅に。
ぐっと若ともお近づきになれて、若とのスキンシップのいい機会。
保育園に行くまではママ以外ほとんど抱かれはしなかったのに
今は保育園の先生も大好き。
そして次にバアバもとなればしめしめ(^_^;)

朝小児科に。
7時過ぎにはもう診察してくださるというので驚き。
バギーで行ったら30分はかかった。
洟や痰を吸引してもらう。
「おばあちゃんも大変ですねえ」
「でも穏やかでいい子だからいいですねえ」と
社交辞令もなかなか。
明日から登園はOKに。
帰りは陽射しも強くなって暑くて疲れたのか
バギーで寝てしまった。

そしてまた、緩やかな一日。
5時過ぎにはママ方のおばあちゃんも出動。
まだ登園できない場合は
交代することになっていた。
もう応援は必要なくなったけど
姫の「来て~」の一言で静岡から。
姫もママもご機嫌。
やっぱりママの威力は何時だってすごい。

帰宅後遠くから大変だよねえと話すと
そのお声のかからない夫はうらやましがっていた。
愛された記憶はどこかに積もって孫たちの心の財産になるはず。
そして我々が慈しみ愛した記憶も我々自身のこころのウオーミングスポットに。

明日の料理会のことが気がかりで
今日は夕飯を一緒に食べずに帰宅。
今日は多摩大学で講師は後藤健次さんだった。
録画を見せてくださるサービスがあるけれど
それをするほどの熱意はない(ー_ー)!!






孫守り要請

7月2日
7.1野菜
留守にしていたのでお化けキュウリになってしまっていた

朝6時前に家を出て長男宅に。
ほとんど熱は無いので元気と思えるけれど
お医者様のプール熱の診断で登園停止。
バアバの緊急出動。
7時には着いたけど長男宅は戦場だ。
長男も7時過ぎに出勤。
ママも姫を保育園に送り届けて出勤。
若が多少泣いたってそれどころではない。
子供3人を育てた多少古い杵柄だけど任しとけって!!
バギーや抱っこでのお散歩やおやつやおもちゃでのご機嫌取り。
7時からママが帰る5時過ぎまでちゃんといい子にしていたよ。
バアバも何とか孫守り。
経験ないのでわからないけれど
今やほとんどが働くママたち。
だけど難関は多いよ。
出動部隊の控えがいないママたちの胸中が思いやられる。
あの忌まわしいベビーシッター事件も。
生まれてきた子供たちみんなの健やかな成長を思わずにはいられない。
若いママとパパの頑張りだけでは解決できないことの
とばっちりが幼い子供にいかないようにと
結婚しろ!子供産め!なんて野次を飛ばしている場合じゃない。
あの認識の乏しい都議会も。

7.2そうちゃん
静かに一人遊び

8時前に帰って
それから明後日の料理会の買い物に。
最近は9時や10時までも営業しているスーパーが多くて助かる。
4店回って何とかほぼ材料がそろって一安心。





帰京

7月1日
姑は9時過ぎお迎えに来ていただいてデイサービスに。
そのために5時から起きて着替えをすませ、6時には食事もすませ、
トイレもすませた7時には疲れたと再びベッドに(^_^;)
9時頃のお迎えといわれても9時に来ないと気になって自宅で待っていられない。
エレベーターで玄関ホールで待つことに。
9時10分にようやくお迎えが到着。
相変わらず気がせくタイプ。
年を取ったからのんびりするということもないみたい。

一方いまだに愚図の私は
やはりスローペースで帰り仕度をすませ特急黒潮に。
事故で遅れ。最終的に新大阪に着くころは1時間の遅れ。

明日からまた体調不良の若の世話のお呼び出し。
今や引っ張りダコ。
明日のガーデニングの講習も木曜日の多摩大学のリレー講座も行けそうもない。
毎日予定の立たない日が続く。

先日の食事会でそういったら
「あんたは20年前からそう言ってる」と言われた。
その割には人並み以上に遊んでいるとも(^_^;)
いつ何があるかわからない。
できることは今のうちに。
意外とこの不安とおそれ、悲観と楽観がが私の行動の原動力?
この不安定さはまだ10年は続くかも、、、。



カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ