高圧洗浄機に延長ホース

牛糞がなくなったので
牛糞と鶏糞を買いにカインズホームまで。
私には遠いので近くのHCでもいいのだけれど
前回買った発酵牛糞が安くて使い勝手も良かったので
3袋ずつ。
油粕も欲しかったけれど在庫切れ。
鶏糞も在庫切れで明日入るということだったけれど
たまたま搬入のトラックが着いたので買うことができた。
牛糞は一袋40lで17kgもあるので
車に乗せるのに一苦労した。
多分昔私と同じ体重だった妹が今はきっとこの分くらい太っているはず。
めちゃめちゃ重たいので一度これを運ばせてやりたいなんて
考えながら必死で積み込んだ。

午後先日頼んだ高圧洗浄機の延長ホースが届いた。
アイリスオーヤマ 高圧洗浄機8M高圧ホース 8MFKAH8アイリスオーヤマ 高圧洗浄機8M高圧ホース 8MFKAH8
()
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

商品詳細を見る

わが家で購入は10mのもの。
何とか外壁すべてに届きそうで助かった。


たまたま今日はは春の陽気の暖かさなので
先日の続きをやってしまおうという気になった。
本当はベランダをやりたかったけれど
前回のまままだ風呂場の蛇口の接続したままだったので
外壁の北側を。
何とか北側半分まで届いた。
延長ホースなのでやや力が落ちたのか
前回の部分よりもコケがひどいからなのか
少し落ちが悪い気がしたけれど
それでも十分きれいになった。
ただし私の背丈で操作できるところまでなので
高いところはそのまま。
脚立での作業はいずれ暇なときに夫にやってもらうことに。





お互い様

1.30ラベンダー
ラベンダー:花の少ないこ季節に勢い良く咲く花の色が美しい。

「最近彼女太ったみたい」
「じゃあAさんと一緒だね」。
「みんなご主人がなくなると太るのかしら?」
「そりゃのびのびするんだろう」
「じゃあ私も太るかしら?」
「お前は太らないよ」
「なんで??」

姑や母の介護ってわけ??なんて思いが頭をよぎっていたら

「お前は俺がいてものびのび好き勝手してるから」だって(^_^;)
「じゃあパパは私が先に死んだら太るわけ?」
「いやー俺も十分好きにしてるから」

あっそうそれならいいけど、、、。




お友達ランチ

友人とお向かいの方をお招きしてランチ。
先日友人ともお知り合いのお向かいの方とが偶然出会って
たまには一緒にということになったそうで
なぜか友人がよく立ち寄るわが家でということに。

ちょうどお料理会のレシピで
コロッケを試作したかったのでジャガイモのコロッケを。
ところが今読んでいる「檀流クッキング」になにか載ってないかしらと
探したところおからの大正コロッケというものが。
さらにおからのコロッケでネット検索したら
ゼリーコロッケという行田のB級グルメが、、、。
結局ジャガイモを湯がきながらそれは使わず
本邦初演のおからコロッケに。
材料もサバ缶・さくらえび・ねぎ・玉ねぎとしっちゃかめっちゃか(-_-)

おからを軽くいって
別にタマネギのみじん切りを炒めてから他の材料も一緒にいためておからとあわせた。
ちょっとまとまりづらかったのを
無理やりまとめて小麦粉をまぶし卵を通してパン粉をつけずにあげた。
それをとんかつソースで。
レシピもあちこちの寄せ集め、材料もばらばらで
まだまだ改善の余地ありだけどまあおいしく食べられた。

そして昨日作った「長崎一番のおでんセット」を入れたおでん。
長崎のおでん材料の天ぷらはあご(トビウオ)が入っていて美味しい(と私は思う)。
先日好評だったいかの塩辛
HBで焼きたてのフランスパン。
それにこの間試作したサツマイモのクッキーの生地を冷凍していたのも焼いた。
おもてなしとはいえない試作を兼ねた自己中のまとまりないメニュー。

まあよく性格を知る気軽なメンバーだから許されるものの
自分でも何食べたかわからないのにお腹だけはいっぱい(^_^;)

そのあと図書館に行って
木洩れ日の庭でを返却し
その中で紹介されていた「ウオールデンの森の生活」と
ウォールデン 森の生活ウォールデン 森の生活
(2004/04)
ヘンリー・D. ソロー

商品詳細を見る

黒田兄弟の植物図鑑を借りてきた。
森の生活は途中放棄が多いという噂にたがわぬ大部本。
やっぱり根性なしの私ではとても完読できそうもないけど気長に読んでみよう。
黒田兄弟の植物図鑑は美しくて楽しいガーデニングの参考書。
もうこんなにたくさんの種類の花たちと格闘する元気はないので
楽しく読んで眺めるだけに。





高圧洗浄機で外壁洗浄

昨日の写真何だか変だと思って
玄関まで見に行ったら
一部にマスキンテープが残っていた。
夫の塗り斑や塗り残しになんとイイカゲンな仕事をする奴だと
ぶつぶつ文句を言いたい気持ちで
マスキンテープを外し、布でつやだしをしたのだったけど
何と終わったつもりで撮った写真に白い線が。
私もほんといい加減でまぬけな奴だった。
とりあえず記念にもう一度(^_^;)

玄関


そして今日は高圧洗浄機でサイディングの外壁洗浄にトライ。
気になっている緑のカビがとれれば
これを買った目的の一つがクリアーなんだけど、、。
適合蛇口の洗濯器用のホースから届く範囲でお試し洗浄。
オオ合格点と言えそうな結果です。
外壁
右と左明らかにきれいになってる

外壁
上と下2段明らかにきれいになってる

それならあと10mの延長ホースも買うことにしましょう。
何しろ肝心のいちばん汚れている北側との部分に届かないので。
雨合羽着て長靴はいて作業です。
それでもびしゃびしゃ姉帰りの水を浴びます。
噴射器は結構重たくて五十肩完治とまではいかない状態では結構きついです。
真冬にやるべき作業じゃないです。

でもでも成果がありありとなるとやる気も出るってものです。
でももう少し暖かくなってからのことにしましょう。
寒いと延長ホースが固くてとても使い勝手が悪いそうですから。
またもやそのうちに、、、いつかいずれとならないようにするつもりですが(^_^;)



木製ドアワックスがけ(2)

ドア1.27


昨日午後3時過ぎに急に寒くなったと思ったら
北風が吹きだし温度も10度近く下がったみたい。
日中は寒いと言っても陽射しに救われて寒さをあまり感じないけれど
朝夕の冷え込みはほんと厳しい。
今日も午後一に取り掛かることに。

昨日まだマスキンテープを張ったままにしていて
今日もう一度塗り直してと思っていたけど
気になりだしたらいろいろあるのでもういいやと
適当にしてはがしてしまった。
夫の仕事もいい加減で腹立つけど
私も同じだった(^_^;)

何しろ昨日風が急に強くなった頃、
スチールウールがまだ15cmほどしか使わないというのに
金魚鉢にしている火鉢に落下して
しかもそれに気づかずにいたものだから
ずぶ濡れになってしまった。
それで干しておいたけど
キッチンのウールたわしと一緒で
今度は錆が出てきた。
水分を含んだ錆びたものではうまく塗れやしない。
テンションはガクッと急降下。

それで布でからぶきして仕上げて終わりということに。
木ってすごいなと思うけど
黒光りのつやが出てくる。
求めていたのはもっとライトなナチュラルなつやだけど
今更どうしようもないので
しばらくは様子を見ることにして。




木製ドアのワックスがけ

朝の夫の第一声が
「おい晴れてるぞ!」

そういわれても雨だの雪だのの予想で
山へ行く準備などしてないし
そんなに元気ならやってもらいたいことがあると

へへへ玄関の木製ドアのペイントでした!
ブライワックス・スチールウールも届き
二度も高圧洗浄機で洗ったので
ニスもすっかりとれているはず。

あちこちの人気ブログを訪問し仕入れたワックス。
初めて開けてみたらなんと思っていたよりずっと濃い色。
大丈夫かなと思いつつ塗ってみたらやっぱり濃いすぎる。
買った色はチークなのに
マホガニーか紫檀かという色合い。
ドア自体がチークなのでもっと自然な色合いを楽しめるかと思ったけれど
何だかねえ~

ドアワックスがけ


まあいいかということで作業を始めたけど
塗り終わってみたらやっぱり明らかに失敗というくらい濃い。
これでなじむかどうかわからないけれど
とりあえず風も吹き寒くもなってきたので一応終了ということで。
どうしても気に入らなければまたいずれ、いつか、そのうちに、、、(^_^;)

庭とともにIDYにも目覚めるつもりの今年の一番仕事だったけど
幸先悪いなあ。



大笑い楽習会

NPOの1月講座。
出演者が多いのでスタッフ応援を頼まれて10時半から。
理事とは名ばかりでなかなかお手伝いできていないので
たまにはしっかり参加しないとと準備している
9時過ぎに長男から姫とママが感染性腸炎らしいのでとSOS。

彼は仕事で出勤。
すぐにも出かけたいけれど
いまさらスタッフの仕事をキャンセルもできないので
すぐさまビーフストロガノフを作り、
餃子の材料を準備して夕方には行くからということに。

途中気になって息子に電話を入れると
すでに静岡のママの実家から応援が駆けつけるとのこと。

いつも近場にいながら急なSOSに対応できなくて不甲斐ない。
長男は『実家離れができなくて、ごめんね』と気を遣った返事。
いまどきの若いママたちはみんなそうみたいだから気にすることない。
ママもそれの方が気が楽でいいのはわかっているから、、、。

どんな時もいつも主人の母がいちばんに駆けつけて仕切ってくれた
彼らの小さいとき。
3人年子でいろいろあって随分お世話になった。
でもどこかで自分の母に来てもらいたい気持ちがなかったわけではなかったこと
今の長男なら少しは分かってくれるかも。
でも今更どうでもいいやそんなこと。

今日のゲストは
林家ライス・カレー子の夫婦漫才師・小話漫談の林家らっきょう・マジシャンのドリームかずよしさん。

1.25TCC
林家らっきょうさん・スタッフ・ドリームかずよしさん

11時半ごろにお見えになるゲストをお迎えしてお茶やお弁当の接待と入退場の付き添いが主な仕事。
何時も手伝ってくださっている女性メンバーさんと二人で。
ライスカレー子さんは次の舞台があってお忙しい。
環境漫才という時代に即した新しいジャンルを開拓されて、寄せには出ないで
直接各地を回って活動しておられる。
ドリームさんもエコマジックがお得意。
お笑いも時代の景気と同じで浮き沈みが激しいそうで
生き残りのアイデアが勝負どころのよう。
舞台裏ではとても笑っている場合じゃなさそう。

でも舞台は会員のみなさんが爆笑で各演目を楽しまれ
いつもと違う講座の趣向は大好評でした。




高圧洗浄機の効果は?

夫は朝から福島に出張で
その後東京に戻り会議で
食事はいらないとのこと。
まあこんな寒いさなかそんなに忙しく働いているなら
たまの休みに
あまり仕事を押し付けるわけにもいかない。

夫にしてもらうつもりの
高圧洗浄機での玄関とお風呂掃除を自分でやることに。
結局ホースがつく蛇口は
庭の水道と洗濯機用の蛇口のみなので
延長ホースを買わないとここからホースが届く範囲しか掃除できない。
その前にきれいになるかどうかを確認しないと。

う~ん。先日の汚れた玄関ドアの表側や
コンクリート部分のように
目に見えてきれいにならなかった。
特に玄関のたたきのタイルや
お風呂の目地のカビは期待するほどにはきれいにならなかった。

後ホースの届くところの外壁の清掃もしたいけれど
効果のほどはどうなんでしょうねえ。
外壁以外に2階のベランダにきれいになればいいのだけけれど。




バラ講座最終回

3回目最終回。とはいえいつの間にか
ローズクラブのメンバーになっていて
月1回招集のボランティア会員に。
今日も講座の前の1時間と講座の後の2時間
そして講座も実践実習活動ということで
ほぼ5時間の肉体労働。
バラを育てるって容易じゃないということを身をもって知った。

とにかくバラって60cm×60cmの大穴を掘って埋めるのが
いいんだと。
やっぱり花の王者だけあって堂堂たる敷地がいるんですなあ。
委託された市の花壇は20cmも掘れば石ころザクザク出て
さらに掘り進めれば粘土質に突き当たるという
花咲か爺さんの意地悪爺さんバージョンみたい。
それでなんとか50cmでもなんて先生も妥協されて
みんなでせっせと掘った。
そのあと堆肥と油粕と骨粉とミリオンも加えて入れて
土となじませてからバラの苗尾を植えた。
バラ講座2
ほぼ直径60cm、深さも60cmの穴に植え付けられたなえ(「マチルダ」)

バラ講座
手前が白いバラのゾーン。向うはピンクや赤のカラフルなゾーン

バラ講座3
かなりの部分に新たにバラが植えられて5月ごろ開花が楽しみ。

私がその名を知る苗などほとんどなくて
色と種類と性質とで選ばれた苗たち。
一方ですでに植えられている大苗の剪定と誘引も。
5,6月のバラのシーズンが楽しみ。
3回の講座だけでは
何だかとにかく大きな穴を掘るということが
わかったくらいだけど
バラとの付き合い方の奥深い入口に立ったようなときめき。
人が咲かせた薔薇も自分で育てる薔薇も
今までとは違ってくる予感。



遅ればせ新年会

朝の冷え込みは厳しいけれど
日中は暖かい日差し。
豪雪の北国のことを思うと本当に過ごしやすいことに感謝。

その昼下がり見よう見まねのバラの剪定と誘因。
今年もしこれで昨年より美しいバラがたくさん咲いたらうれしい。

そしてようやく読み終えた播磨灘物語2,3を図書館に返却。
次にお待ちの方がいるので期限までにと必死になったので早く読めてよかった。

新装版 播磨灘物語(2) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(2) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(3) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


4巻の期限は25日。
これで安心して大河ドラマが見れるけれど
大河ドラマのために予習したのは初めて。
と言ってもNHKのドラマを1年も続けて見る根性は無いと思うけど。

6時前に駅に出て皆さんと待ち合わせ新年会。
いつも私が出かけて行くのだけれど今回はわたしの最寄駅で。

飲み放題のコースの一番安いのを予約。
クーポンで2時間が3時間に。
2時間だと短いけれど3時間だとちょっと長いかも。
というより飲むのに比べてお料理が尽きちゃう感じで
どちらかと言えば食べる優先の私は手持無沙汰。
でも好きなこと言ってはしゃいでいればいい飲み会は楽しかった。




母米寿

母の誕生日。米寿。
午前中に届くように花を送ったけれど
連絡がないので電話すると午前中
病院に行っていたらしい。
その間にいとこのお嫁さんとそのお嬢さんたちから
20本もの赤いバラが届いたそう。
そのあとに届くことになる私の花は貧弱さが際立つかも。
まあ気持ちだから、、、(^_^;)

母が父亡き後もずっと父方の親戚を大事にしてきたことが報われて
今もことあるごとに訪ねてくれたり
花が届いたり。
母自身はいろいろ事情があって
弟ぐらい(私の叔父)しか親戚がなく、しかも東京住まい。
娘二人も東京と横浜なので
大阪に住み、時折訪ねてくれる親戚の心遣いは本当にありがたい。

午後もう一度この間白内障を手術した眼科にも行って
結果良好とのこと。
目がよく見えることで生活の質は格段に良くなるし
何より視界が明るいと声も明るい。
対した技術だと感心する。
耳もこんな風に簡単な手術で聞こえがよくなるといいのに。
最近とみに聴力の衰えを自覚しているので
その技術の開発もお願いします。
全く医療は他力本願。
聴力は節制や食事でよくならないのがつらい。

ところで母は一人暮らしで週1回1時間のヘルパーさんの掃除のサービスを受けているけれど
他は完全に自立した一人暮らし。
医療も介護も極力受けないで暮らせるよう頑張って
老人医療やサービスにかかる税金の負担を
少しでも軽くしなきゃって思ってる。
これからますます増える高齢者とそれにかかる費用を思えば
こんな小さな自覚が国を救うんですよね安倍さん!!



にわかロザリアン

気持ちは結構その気になっているけれど
行動が伴って行かないのは言いたかないけど年のせい?

今年は庭にバラを咲かせたいと思っているけれど
バラも結構大変だと知った。
特に冬。
やっぱり美しいものは美しくあるために相当努力しているんだと
いまさらに気付いた。
それで剪定とか誘因とか肥料とか冬作業がいちばん大変なんだと。

一応ホームセンターで針金と壁用のフックを買って来てはいた。
でも季節は一番しばれる季節。
しかもとげとげの枝をかき分けながら壁にフックをつけ針金をわたし
枝を剪定しながら誘引するなんて。
陽のささない庭を考えると
明日はもう少し暖かいかもと一日のばし。

何と1月の暦には
「そのうちにと考えているだけでは
何時まで経っても始められない」だと。
あまりにお見通し!よく知ってるよね。

ようやく庭に下りてみたものの
剪定の仕方もわからないんだった。
とりあえずやってみたけど1時間ほどでギブアップ。
ロザリアンと自他ともに呼べる日はまだまだはるか、、、。

他にもすでにかなり前に買ったドアに塗るペンキ。
紙ヤスリも刷毛もすでに買っている。
さらにドアに塗るワックスもあらたに買った。

アスカマン(デナグロス)もあらたに10kg注文していたのが届いた。
せっせと生ごみで土づくりをしなきゃ。
高圧洗浄機で玄関のたたきやお風呂、それに外壁も洗うつもり。
で玄関ドアを洗った後、そのうちにと庭に放り出したまま。
友人のズボンも縫わなくちゃ。生地ばかりたまっている。
時間を空けると洋裁も結構コツを忘れていて時間がかかったり
失敗したりだし、、、。
それに播磨灘物語も読まなくちゃと
やるつもり満々の気持ちばかりは忙しい((+_+))

ところで明日は母の米寿の誕生日。
お祝いのお金を母の通帳に振り込んだけど
それも味気ないとやっぱりお花を贈ることにして
花屋に。
明日配達OKということなので
それならついでにとクッキーもとやおら焼きだして
それを一緒に送ってもらうように頼んだ。

結局期限ぎりぎりの泥縄式の仕事しかできない。
性格というか性分というか性根というか変わらんもんだ。







80歳のケーキカット

1.19

恒例の自治会の新年会。
50軒足らずの自治会だけど
それでも皆さんと顔を合わせるのはこの日と4月の総会くらい。
最初からの入居者は半数くらいに減って
今では名前やお顔もよく知らないという方さえ。
それでいて最大の課題は安否確認ですよねと
冗談ごかしに真剣に。
実際に高齢者と後期高齢者の夫婦世帯や一人世帯が増えている。
ビンゴゲームなども用意されて和やかな2時間。

そのあと例年は私はいつも2次会をしてくださるお宅にお呼ばれなのだけど
今日は夫の希望で
同じ自治会の中で80歳を迎えられた方のお祝い会をしたいということで我が家で2次会。
同じく仲良くしていただいているご近所のご夫婦にもお声をかけて。
2件とも気持ちよくお見えくださったので夫もご機嫌。

すでにおなかもいっぱいな気もして
メニューはお好み焼きとたこ焼きメイン。
それにお酒を飲まれない主賓のためにケーキ―。
ところが午前中にと朝からいつもより馬鹿丁寧に作ったつもりの
スポンジがどうしてもうまく焼けない。

気合を入れると大概失敗するいつものパターン。
それでもとまた、午後3時過ぎお見えになる1時間前にもういちど。
ほかの準備もしながらでキッチンはしっちゃかめっちゃか(-_-)

それでも何とか焼けたので不出来はお許し願うとして。
それにチキンハムとカキのスモークのオリーブオイル漬けにサラダ。
そこにお好み焼きやたこ焼きを入れると
どうもテーブルが庶民的になりすぎてミスマッチだったけれど
話だけは盛りだくさんにはずんで楽しかった。
喜寿のお祝いはしてもらったけど80歳は子供にも祝ってもらってないと喜ばれたので
夫の気持ちも報われて何より。





2年目の横着~その後の柿酢

仕込んだままの柿酢をそのままにしていて
先日気になってみたらカビが生えていた。
柿をそのまま放置しておけばいいと勘違いしていて
途中柔らかくなった部分から崩していく作業をしていなかった。
2年目でもう横着している。

どうしようとまたそのまま蓋をしてしまっていた(?!)
あきらめて捨てるか
カビの部分だけを捨てて再生を試みるか。
考えたところでもちろん捨てられはしないので
思い切ってカビが発生していると思われる
柿を取り除いて(16個のうち6個も処分)
全部つぶして慣らしておいた。
カビ菌より柿の酵素が勝てばお酢の精製まで行くはず。
負ければまたカビが発生して全部だめになる。
柿酢
目には見えない酵素たちを応援する。
いやいやこれって間違っている。
カビが生えない管理をするべきでした。
初挑戦のわくわくの高揚心と好奇心を2年目にどうつなぐか
飽きっぽい私の課題だけど
考えていまさらに修正するほど人生が長いとも思えない。
果たしてどうする??(きっとこのままが濃厚、、、(^_^;))






洗濯槽の清掃

洗濯槽が汚れているのか
漂白剤やクリーナーで清掃を何度試みてもなかなかきれいにならない。
一応すごい量の水垢や石けんかすは取れるけれど
相も変わらず洗濯物にまた黒い粕が絡んですっきりしない。
たまたまブログを読んでいたら
買ったものでよかったものというのに
この商品が出ていて評判がよかったので買ってみた。
Panasonic 洗濯機用洗濯槽クリーナー(塩素系) N-W1Panasonic 洗濯機用洗濯槽クリーナー(塩素系) N-W1
()
パナソニック(Panasonic)

商品詳細を見る

今まで買っていたものより格段に高い。
1回で2000円近く。
でも完璧にきれいになるそうなので試す価値ありかと。
ただ今実験中。
洗濯槽にこの液体を入れて12時間待たなくてはいけない。
ずっと液体せっけんを使っているので
石けんかすは仕方がないかとあきらめていたけれど
もしこれで完璧にきれいになったらうれしい。
ほんと有用な情報がネットにあふれている。
同じくブログの情報でネット購入しているものにワックス。
そして市の生ごみリサイクル情報で知ったアスカマンも注文。
溢れている情報のピカイチをピックアップできているかどうかが問題だけど。






満開の氷の華 高尾山のシモバシラ

13日に行ったばかり。とりあえず今年のシモバシラを見たのですが、、、。
でもなんとなく消化不良?
あんなもんじゃなかったはず。
もっと美しく力強かったはず。
冷え込みが弱かったのかそれともシモバシラが傷んでしまってもう見れなくなってしまったのか、とっても気になって。
昨夜から都心でも今年一番の冷え込みで最低温度は零度以下を記録。
しかも好天。
行くしかないでしょうとまたもや裏高尾から紅葉平に行ってきました。

そして期待通りの氷の華の競演を堪能してきました。
シモバシラ3
神秘的なラインに息をのみます
シモバシラ2
細い茎から凍って膨張した水分が描く芸術です
シモバシラ
今日はあちこちに見られます
シモバシラ5
幻想的な美しいライン
シモバシラ8

シモバシラ6

シモバシラ4

シモバシラ7
森の精が下りたって踊りだしたみたい


シモバシラというのはシソ科の多年草で9~10月にはしそやバジルに煮た白い花をつける植物です。
冬は枯れてしまうのですが地下の根は活動していて、
吸い上げた水分が枯れた茎を登って地上で凍って氷柱化したものをまたシモバシラと呼んでいます。
夏と冬でこれほど異なった花を咲かせるなんて不思議。

地表近くの水分が凍ってできる霜柱とは全く別のものです。

それにしても自然の作るラインの美しさに目を瞠ります。
いくら冷えても雨が降ると見られないし、雪が積もると見えないだけじゃなく、茎も傷んでしまいます。
ですから茎がまだ傷まない、雪がまだ積もらない12月から1月のうちのよく冷えた午前中が狙い目です。
でもって冬の冷えた晴れた日は霜柱が気になって落ち着かない私です。

もちろんもみじ台からも高尾山頂からも富士山が美しく見えました。
1.16富士山
紅葉平から
1.16富士山2
丹沢山系も
1.16富士山3
高尾山頂から

今日は往復稲荷山コースから。
陽射しに溶けた霜柱がぬかるんで歩きにくい個所もありましたが
何と言っても冬の日差しの暖かいこと。
風もなくて見晴らしもよく冬はやっぱりこのコースです。
くだっている途中で料理会の元メンバーさんお会いしました。
ひさしぶりにお目にかかれてうれしかったです。
近隣でお会いしないのに結構高尾山でおあいすることがあるのが面白い。

すでに高尾山健康手帳の健康スタンプが12個も溜まってしまいました。
次回はゆっくり薬王院を通ってスタンプを押してもらいましょう。
1300円もかかっちゃいますけれど、、(^_^;)





いとしいもの?いとしかったもの?

来客があるのでひさしぶりに台所を片付けた。
どうして毎日の習慣にできないかと思いつつ。

昨日しみだらけのピアノカバーを洗ったら
そのしみはどんなしても落ちなかったので
捨てればいいのにキッチンのカフェカーテンに作り替えた。
だからと言って今使っていた
パラグァイで買った手作りのレースの生地だって捨てられはしない。
西日にさらされレースの糸がボロボロになっているけれど、、、。
次には何に転用できるかななどと、、。
このいじましさが断捨離のネックだと十分理解してはいるのだけれど。

でもピアノの上に飾っていた何十時間いや何百時間以上かけて作った布花の作品群を
捨てることにした。
埃だらけで少しも美しくもないのに飾っているのは何のため?

子供3人を育てながら布花づくりにいそしんだあの頃、
一生懸命作った作品とその作品にかけた時間の記憶が捨てられない。

説明すれば簡単な心理なのだけれど、、、。
はい。断捨離します。




母白内障手術

お正月の後に続く3連休で間延びしたままのお正月気分。
ようやく平日に戻ったけれどイマイチ効率の悪い1日だった。
7日と今日は母が白内障の手術を受けた。
昨年末帰った時に急に視力が落ちてきたかのような話に驚いて
近場で白内障手術のできる眼科医を探して連絡した。
タクシー利用で行ける距離に適当な眼科が見つかった。
すぐに手術の段取りになって予約していたもの。

たまたま料理会と重なってしまって
行けないと言ったら
一人で大丈夫と右目と左目それぞれ一人で行って手術を受けてきた。

心配すればきりもなく
済んでみれば10分そこらのあっという間のこと。
気丈な母にしても逡巡の10日余りのことだったに違いない。
ありがたいことにまだまだ自立したしっかり者。

それでも手術の翌日に眼帯を外すと
嘘のようにはっきり見え
新聞を読むのに眼鏡もいらないとのこと。
新聞を読むにも、本を読むにも老眼鏡を探し回る私にはうらやましい限り。
年末は年賀状の郵便番号を書くのに随分苦労していたらしいのが
簡単な手術で解決して声もいたって明るい。
できるものなら私も受けたいほど。

もうすぐ誕生日でいよいよ米寿。
視界の開けた明るい誕生日になりそうでよかったよかった。




高尾山の今年の氷の華

どうしても見ないといけない気がする季節限定の花。
日本って四季があるから当たり前だけど
色とりどりの花が咲いてくれてうれしい限り。
花の命ともどもはかない人の命。
今というときに咲いて今しか咲かないものはやっぱり今見とかないと。

晴れてしっかり零度以下に冷えた冬の朝
ここ数日はこの条件にぴったり適っていたけれど事情があってようやく出かけられた今日。
以前見たのよりかなり貧弱あではあったけれど
数としてはかなり見れました。
裏高尾のシモバシラ。

1.13高尾山4

1.13高尾山3

1.13高尾山2

1.13高尾山


そして好天だったので
もみじ平や高尾山頂からの富士山もばっちり。

1.13高尾山5

娘と夫のフルートの仲間も加わって4人で。
おにぎりとぜんざいを持参して山頂でゆっくり。
それほど混んでいなくて、風もなく
気持ちのいい休憩タイムでした。

休日は混んでいるので薬王院へは寄らずいろはの森コースで日影沢に。
人の多い表高尾のコースよりすいているし、凍結している箇所もなくてとても歩きやすかった。

高尾山から小仏のコースは日がさすころには
霜柱が溶けてぐちゃぐちゃ。
歩きにくいし足元や靴がすごく汚れる。
一般コースを外すとほんと嘘のように静かなコース。
昨年消失した森の図書館には新しい小さな建物が2棟建っていた。





やっぱりすごいわ~

12月にすでに買ってはいたけど
ホースのコネクターが合わなくて
先日やっとホームセンターで買って来た。
すると今度はあまりに冷え込みが厳しくなって
やる気が失せていたけど
今日は朝は冷えたけど
その分昼間は暖かくていよいよやってみた。
旦那は岡山に日帰りという厳しい出張だもの
当てにせず自分で働くことにして。
それにしても大阪でも大変だと思うのに
日帰りできる範囲がどんどん延びて
リニアモーターカーになるころには
まあ我が家の場合は心配しなくていいか(^_^;)

買ったのはアイリスオーヤマの高圧洗浄機
高圧洗浄機

大きな箱がついていたので収納が便利そう。
それにしてもいろいろ部品があって使いこなせるか心配。
とりあえず庭の水道の蛇口が適応外だったので
コネクターをセットするところから。
他にもコネクト部分が多くて大丈夫かなと思ったけれど
何とかセットで来て使えた。
う~んなるほどテレビの宣伝通りに汚れはみるみる面白いほど落ちる。
ちょっとピストルが重くてすぐくたびれるけれど
確かに目に見えてきれいになるので
これは夫にその効果を見せてあしたやらせようと
ほどほどで終了。
高圧洗浄機
飛び石も歴然と差が

高圧洗浄機2
ドアも使用前と使用後で左右くっきり

庭石と玄関のたたき、そしてペンキを塗ろうと思っていた玄関ドア。
どんなものかと半信半疑だったけど
確かに買ってよかったと思える。
ひょっとしてすでに購入してしまったけれど
あの高いペンキは塗らなくてもよいかも。

かさばる道具は使い勝手が悪かったり、
使えなかったりだったらがっかりだけれど
なんだか使えそうなのでうれしい。



山もいいけど今年は本も読むぞ!!

マイナスまで冷え込んで晴天となれば高尾山のシモバシラでしょう!
と思うけれど
昨夜飲んで遅くご帰還の夫を起こすわけにもいかずあきらめ。
明日主な事情件だけど彼は出張で関西に。
寒い時期の朝ともなると一人で行くのもちょっとね。

午前中はNPOの理事会。

またもや理事長が新しい仕掛けで張り切っておられる。
その尽きぬアイデアと行動力はいつもながらあっぱれ。

帰って息子の会計を処理しながら
その合間に「庭の旅」を読み終える。

庭の旅庭の旅
(2004/06)
白井 隆、白井 温紀 他

商品詳細を見る

何せ事務仕事には集中力がなく飽きっぽいので
自分をだましだまし、、。

次に借りているのは「播磨灘物語

新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)
(2004/01/16)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



借りてきたときにはどなたの予約もなかったけれど
黒田官兵衛のドラマが始まったので
予想通り予約がはいっていて延長はできない。
21日までに4冊読み終えられるかな??





男の料理会

男の料理会。
いつもはこちらの料理会のほうが月初にあるのがお正月のために2週目に。
3名の方がお休みで19名。
昨年と同じバージョンのハンバーグと粕汁・白菜の浅漬け・パセリライス。
ハンバーグは一度はご家庭で好評化を取ったのに
最近なぜか固くなってしまうとのメンバーさんの希望で再トライ。

ハンバーグは意外と中まで火を通すのが難しいので
キノコのソースで煮込むもの。
手順が簡単で失敗も少なくゴージャスに見えるので来客用にも。
圧力鍋も4人の方が持参くださったので
4班すべてで使うことができ、無事うまく出来上がった。


1.10料理会
きのこソースの煮込みハンバーグ
1.10料理会3
圧力鍋でぜんざい
1.10料理会2
調味料調整中
1.10料理会5
出来上がり!!
1.10料理会4
それにぜんざいも。

1時間足らずでできちゃうなんてすごいと思う。
でも分担するので時々思いがけない失敗も。
今日も調味料の入らないソースを作っている班があったけど
最終的にはおいしい出来上がりだったそう(^_^;)
終わりよければすべてOK。美味しければなおOK!!

最初の焼きの段階で火を入れすぎていたようで
今日はうまくいった様子。
料理も結局回数だと思うけど
最近見ているハヤブサじゃないけど
失敗はマイナスじゃなく次への立派な成果だと。
そう思えば何度だってチャレンジ。
主婦は365日3回何十年も繰り返してるんだから!!
だからってベテラン主婦が料理の達人でもないところが不思議だよね。
今年は1食1食丁寧に作ろうという目標だったけど
すでにわらわらしてしまって
台所も取り散らかっている。



多摩大学リレー講座

明日もまた料理会なので午前中に買い物に。
午後は今季最後のリレー講座。
講師は学長の寺島実朗さん。
2013年の総括と2014年の展望。
遭遇した二つの質問にどう答えるか。
靖国参拝。どうして近隣の国から異論が出るのか?  
こんな時代に役立たずの人間は生きていてはいけないのか? 

靖国:東京裁判。復讐裁判。A級戦犯。1951年のサンフランシスコ平和条約で受け入れて国際社会に復帰した。UNを日本人は国際連合と訳したが実際は戦勝国連合。この戦後秩序に挑戦しようとしているのではないかという疑心暗鬼に真正面から答えなければならない。世界の不安に対し説明しきる必要がある。
靖国:靖国には4万9千人の台湾人・朝鮮人の日本軍兵士たちが眠っている。賠償も含め口を閉ざしているが、どうするか。

アベノミクス:株価上昇で浮かれているが、実態は外人買による上昇。日本人は売り抜いて儲けている。日本人はアベノミクスを信用していない。キンザノミクス。結果的に外人投資家の比率が高まった。彼らは物言う株主だから配当性向が高くなり人件費には回らない。売り抜く資本手具。マネーゲーム。外資系コンサルタントらはこの相場で大儲けしてボーナス1億円などの声もある。
生活保護支給の給付水準の6・5%カット。連動して住民税も払うようになった。
生活扶助は210万だが、住宅扶助・医療費無料などで実際は300万水準。同様に住民税も20万ほど請求。
年収が生活保護レベルの人が増えて 格差の拡大。分配の問題が大きくなってきている。

円安・輸入インフレで物価は上昇。しかし所得は増えない。4月の消費税増税あり。
産業と経済の成長戦略が必要。

何だか相変わらずどんよりの曇りから雨マークの2014年。
生活実感で景気がよくなっているとみんなが感じられるかどうか。
暮らしやすいと感られるかどうか。
冷え込みが一段と厳しい寒波の襲来とともに
懐も気持ちも冷え込みそう。
そして自然そのものの異常も気になるところ。

帰りにもう一度買い物に立ち寄り、明日の準備。
夜9時過ぎ赤ワインが足りなさそうとまた10時まで空いているスーパーに。
ここ数日胸のむかつき吐き気が収まらない。
プレッシャーに弱いのは相変わらず。
今年の健康診断でもまた胃炎と言われるのは間違いなさそう。



男の料理会

今年最初の料理会。
正月気分が抜けないので逆に緊張した。
メニューは食べ過ぎや胃疲れを考慮して素朴に。
サバの柚子おろし煮・白菜の浅漬け・小松菜とベーコンの炒め・粕汁・ぜんざい。
皆さん手際が良くてなんと1時間ほどで出来上がった。
圧力鍋を使ったぜんざいも無事1時間以内で甘さ加減も十分のものができ一安心。
1.8料理会3
皆さん手際がいいこと
1.8料理会2
結構ボリューミーですよね。
1.8料理会
さらにぜんざいまで。正月より多いくらい?!



父の圧力鍋と母の圧力鍋

明日の料理会の準備。
いつも通り買い物と持参品の確認、調味料や布巾やエプロンや資料や名簿やと。
サバが思ったより小さくてきになるけどその分お値段も安かった。
材料はなるたけよくてお値段はなるだけ安くと思うからしんどい。

圧力鍋を使うのでもし足りない場合にと思って
使わずにしまいこんでいた古いものを出したら
すっかりさびてきたなかったので
必死に洗ったら指先にスチールタワシが食い込ん小さな傷だらけになった。
なんで捨てないんだろうと思いながらも
これを買って麦ごはんが食べたいといった父のことが
記憶にあって捨てられないわけで。

麦ごはん大っ嫌いな母は炊こうともしなかったので
父は自分で何回かたいていた気がする。
父には麦ごはんがきっと故郷の思い出の味だったに違いない。

それ以後ほとんど使われずにいたものを私が
結婚と同時にもってきて使っていた。
だからもう40年以上の代物。
今使っている新しいものがまた、母がテレビショッピングで購入したもの。

テレビの宣伝でその時その気になって買ったものの
もちろん怖いの面倒だのと使わない。
一度も使わないままに「あなたにあげる」ときた。
貧乏性の私は又それを使い倒すわけで(^_^;)
だからと言って長年愛用した父の古い圧力鍋も捨てられなくて
断捨離の先生が

「モノを捨てられない 」のは

過去の想いに縛られている人が多い。

とおっしゃるのにぴったり当てはまる。
果たして今年はどの程度断捨離が進むのでしょうか??





仕事始め

いよいよ仕事始で夫も出勤。
私も始動せねば。

料理会にサバのメニューを入れたので
下見に。
まだ市場が再開されたばかりで量は少ないとのこと。
予約をしたけどかなり小さめ。
生鮮魚をメニューに入れるのは難しい。
圧力鍋を使うことにしたので
その手配も。
おかげさまでお持ちくださる方がすぐ名乗りを上げてくださった。

そろそろ息子の仕事の会計の整理もしないと。
青色申告の準備。

なかなか黒字にならないのに高価なカメラをまた購入したので
大丈夫なのかとこちらの方がハラハラ。
贅沢もせず、きりきりと胃の痛むような仕事を続けている。
好きなこととはいえもっと楽な道もと思うけれど
幸せや満足の物差しはそれぞれだから。

まあ手伝えることは手伝うということで。
一応お金もきちんと毎月いただいているわけだし。
それにしても数字や整理が絡む仕事はほんと苦手。

会計以外に校正も手伝っているけれどこちらは
時間と場所を選ばずに飛び込んでくるので気を遣う。
夜遅いと眠いし、出かけているスーパーや山の崖っぷちにいても携帯は鳴る。
早く正規の人を雇えるか、専門家に委託できるようになっていただきたいけれど
まあ、ここしばらくは無理ってもんでしょうね。
何せ会計をしている私がいちばんわかってるってもの。
借金もしないで頑張っているだけでもすごいと言えるかも。








ごっこ遊びにこま回し

ぜんざい

午前中に長男家族が帰宅しいよいよお正月気分もラスト。
早速に料理会が近いのでレシピづくりのしあげ。
最後の1品で迷っていて
ここ2,3日悩んでいたら、うなされるようなひどい夢を見た。
とにかく仕上げてメールをしたら
何と添付忘れや間違いで再再送する羽目に。
新年早々これでは先が思いやられると憂鬱。

ところで今回は娘がいない分姫の遊び相手になる時間が増えた。
ごっこ遊びでは彼女がママになったり、お医者さんになったり。
随分語彙や動作が豊富なのに驚いた。
子供の観察眼てすごくて、彼女にどうみられるかということに
もう少し気を付けなければと反省。

テレビで箱根駅伝の総集編をやっていたので早速たすきを縫って
包帯でゴールテープにしマラソンごっこも。
たすきに自分で名前を書いてかけてみると
選手になった気分で走り回っていた。
マラソンよりも選挙運動中の候補者みたいで
「お願いします」だねとか言ってみんなで爆笑。

正月用にディスプレイしていた駒でも遊んだ。

こままわしって意外と難しいけれど
保育園でもやったことがあるそう。
何度かやるうちのときどきしかうまくはいかないけれど
紐をまくところまで自分でやれるのにも驚いた。
こんな伝統的な遊びにも触れさせてもらっているなんて
保育園も行き届いていると感心。

自宅のお部屋はおもちゃであふれているけれど、
おもちゃがないわが家でも結構いろいろ遊べた。

夕方からは料理会のための試作のぜんざいを作り
夜は粕汁に。



高尾山に家族登山

家族そろっての新年高尾山登山。
朝7時前に家を出た長男たちは8時前にわが家に。
そしてそのまま高尾山に。
9時過ぎ清滝口を出発。稲荷山コースで。

1.4高尾山
休憩の4合目の四阿から。スカイツリーまで見える眺望。

昨日までの青空に比べると
すっきりしない空模様だけど
ほとんど道にはシモバシラもなく、凍ってもいなくて
すごく歩きやすいし、寒くもない。
今年は姫が歩きで長男は若をしょって。

1.4高尾山2

昨年は母がいて、ママは身重で我々はケーブルで
夫と長男は稲荷山コースを登ったのだった。
12年は姫が長男に背負われていた。
さすが若い世帯はめまぐるしい成長ぶりの家族模様。
今年も長男は無事8㎏の負荷をかけて登頂。
姫も弱音を吐くことなく頂上まで。
すっきりしない空模様であきらめていた富士山がなんとばっちり見えた。

1.4高尾山3

すごくラッキーな気分。
張り切って朝握ってきたおにぎりを食べてから1号路を下山。
薬王院は思ったほどの混雑ではなかったけれど
さすがに薬王院の本殿は階段下までの長蛇の列。

1.4高尾山5

姫とママ以外は歩いて下りるつもりが
若がミルク切れでそろそろ授乳しなくてはいけないということになり、
急遽全員でリフトで下山。
風もなくて見晴らしのいいリフトが気持ちよかった。

1.4高尾山4

これで3回目となった新春高尾山登山。
恒例となってこれからも続くと楽しいな。





ブランド志向

昼前に和歌山の姑宅を出た夫が夜9時前に帰ってきた。
もろに新幹線の混乱に巻き込まれたけれど
その割にはラッキーな状況で無事帰れたよう。
満員のくろしおでも座れ、新幹線はようやく動き出したけど
とても乗れそうにもなかったので
大阪の母宅に滞在していた娘と連絡し、京都で合流したそう。

娘は母を連れて京都に行っていたそうで食事を一緒に。
それからまた新大阪にとって返し
5時過ぎの大阪仕立ての新幹線に乗ると運よく座れたとか。
そのころにはほぼ順調に運行されていたそうで
思ったよりもスムーズに帰れたみたい。
もろに新幹線の運休に巻き添えを食った方は
お正月早々本当にお気の毒だった。
娘は当初から明日帰京の予定で指定席も取っているとのことでよかった。

娘は昨日は母を連れて阿倍野に行ってくれたそうで
ハルカスかあべのキューズモールかよくわからないけれど
再開発目覚ましい阿倍野に仕事柄興味がある娘に
ミーハーの母もついて行ったらしい。

今月米寿を迎える母を連れて行くのは骨が折れることと思うけれど
親孝行ならず祖母孝行の娘に感謝。

そういえば母は昨年は私とオープンしたばかりのグランフロント大阪にも出かけたのだった。
好奇心旺盛なのが元気で長生きの秘訣かも。

私は午前中は3本目のビデオ「モネ・ゲーム」
思ったほど面白くなかった。

午後は久しぶりにミシンを出して
昨日買った生地で枕カバーを2枚。
ところが始めて見ると
どうしても待ち針が見つからず、
仕方なく買い物に。

ついでに年賀状を10枚ばかし書いて郵便局に。
年賀状は出さない人から来て、
出した人から来ないずれが毎年微妙。
結局出していなくていただいた方には出すことにして。

ホームセンターで高圧洗浄のホースに合うカラン用のカップリング
そして待ち針と皮の指ぬき。
思いがけずホームセンターにも手芸用品がしっかりそろっていてびっくりした。
百均よりかなり高かったけれど
クローバーのセル巻皮指ぬきが買えてよかった。
私は宝石の指輪はいらないけれど指ぬきは必須。
使う使わないにかかわらず
針を持つときはやってないと落ち着かなくて。
それでいて今持っているのがいまいちしっくりきてなかったので
しっかりしたのがみつかっってうれしい。
指ぬきはブランドに限る(^_^;)
いくらって3っつ348円だった。
指ぬき
超安上がりの女だぜ!!






ハヤブサとルンバ

二男たちが泊まったので
二日目も正月らしい食事ができてよかった。
一人だと正月でもまあいいかなんて手を抜きそう。
初売りのデパートに行った。
と言っても
切れてしまったパン用の強力粉を仕入れに。
富澤でフランスパン用の強力粉と国産の強力粉2.5kgずつ。
そしてアートマンでカーテンの端切れとフライパンを。
端切れ大好きなので本当はもっと買いたかったけど
ようやく1点だけに踏みとどまった。
なかなか縫いもしないのに相変わらず布地が欲しくなる。
とりわけインテリアファブリックが大好き。
フライパンは2,3年たつとテフロンがだめになるので
消耗品と思って買いかえている。
夫が朝早々に
ワインの福袋を買うようにメールが来たのでお買い上げ。
まだ、現役で働いてくれているし、姑の見守りも。
ワインぐらいお年玉にしないとね。
2セット買っておいたのできっとご機嫌のはず。

午後昨日の続きで
「ハヤブサ 遥かなる帰還」を見る。
はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】はやぶさ 遥かなる帰還【DVD】
(2012/08/10)
渡辺謙、江口洋介 他

商品詳細を見る

昨日とほぼ同じ流れなので途中眠気がさして困った。
熱き科学者たちや町工場の部品メーカーの技術者たちも素晴らしいけれど
それでもハヤブサそのものに感情移入してしまう。
人間ドラマよりもハヤブサが映るときがいちばんというのも変だけど
ハヤブサがどうしてこんなに可愛いのだろう。
私は今や掃除機のルンバをペットのごとく、命あるものの如く
愛しているけれど
ハヤブサも呼吸をしている生き物のようなんだよね。
そして命尽きたかのように光り輝きながら飛散する光景には
涙ぐんでしまう。
ことし後続機の打ち上げが予定されているとか。
今度こそはハヤブサおたくになって見守ろう。







カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ