抜歯

とうとう根こそぎ上の奥歯が抜かれてしまった。
神経を取ってしまっている歯はあるけれど
完全なる抜歯は永久歯では初めて。
生えそこなって横になっていた親知らずを
医大まで抜きに行ったこともあるけれど
あれは歯としては機能しなかったわけで。
結構触ったので
出血を心配してくださったけれど
何となく気にはなるけれど
夕方には収まって痛みもさほど。
でも老いの証拠を突きつけられている気分。
こうしてどんどん自分の機能をつかさどっていた
大切な体の部分が欠落していくのかなと悲しい。
ひとつひとつ大事にしなきゃあ。
レシピの一つのきゅうりのキュウちゃんを試作しようと思って取りかかっていたら
止めたつもりの弱火のガスの火を
消していなくてしゃきしゃきのはずがぼようんぼよんになってしまった。
キューちゃん2
ひまわりと一緒に買ってきた規格外のきゅうり。
ひまわりでお得と喜んだけれどこれで帳消し!

こういう失敗する自分ともうまく付き合わなくちゃいけないんだよね。
姑と母の介護も大変だけど自分介護も大変かも(-"-)





ひまわり

ひまわり
ひまわり;こんなにたくさんのひまわりの切り花が農協で200円だった。他にも小さめのが数本。食卓とキッチンに。花はちゃんと水揚げして今日も元気。これだけでめちゃくちゃうれしくなる。200円でこれだけ喜ぶ指輪もネックレスも全然おねだりしない妻こそ超お得だったよね父ちゃん!!

夫は午後フルートの発表会。
会場が銀座ということでパス。
子供のピアノの発表会に行ったのは一時期のことで
中学生の受験期には娘もやめてしまって自然消滅。
20年もおけいこを続けておられる熱意の方にお付き合いする
気力がこちらにはなくて、、、申し訳ないこと。
先日珍しく先生に褒められたと言って喜んでいたのが
余りに無邪気。
先生もっと褒めてあげてよと陳情したくなった。
まだかったるいからだと気分のなか料理会のレシピづくり。
毎年同じメニューでも
同じレシピにならないようにと悪戦苦闘しているけれど
それがいいのか悪いのか。
継続のための自分の好奇心を煽るためかも。



姫とボリショイサーカスに

午前中美術講座『レンブラント』
そして午後は
東京体育館で興行中のボリショイサーカスに。
パパが駅まで送ってきた姫と最寄駅で合流し
娘とともに千駄ヶ谷に。
一足先に夫はチケットを指定席交換のため会場に。
パパ&ママ抜きの姫とのイベント参加は初めて。
そのせいか彼女のテンションは120%全開。
電車の中でも歩行中も
はしゃぎまわって娘がいなけりゃ一人で制御不能だった(^_^;)
休憩15分をはさんだ約2時間の公演は何とか飽きることなく楽しんでようで
とりわけピエロの演技には大いに関心を示し
どれくらいわかっているのかしらと心配したけれど
私以上に十分理解し楽しんで
その後も何回もそのまねをしては楽しげに説明するので
とてもいい思出での一つになったと我々もうれしくなる。
ボリショイサーカスと言っても毎年来日しているみたいで
いろんなチームがあるみたい。
今回ののチームは割とドキドキ感は少なくて
小さな子供も一緒に十分楽しめる内容。
終演後、天候を心配したパパとママが会場まで車でお出迎え。
一緒にしゃぶしゃぶの食べ放題に。
彼らと食事をする機会が増えて
ファミリーレストランにも時々行くようになったが
しゃぶしゃぶの食べ放題は初めて。
最初からうどんなど持ってくるなよとバカにされつつ
結構楽しんだ。
お野菜が豊富なのも良心的。
実はその後のデザートに
かき氷があり、ゆであずきと白玉・練乳までそろっていて
姫のようにテンションの上がった私。
何と小さいデザート皿とはいえ2回もお替りした。
長男が『母さんがこんなに喜ぶなんて、来てよかったよ』とか言って
どちらにしろ支払いはこっちもちなのに
妙に喜んでいるのが愉快だった。




やっぱりわが家

収穫7.26

北海道から帰ってきてほっこり。
おおかなりうまく焼けたパン。
食パン 食パン2

朝採りたての夏野菜のスープとサラダ。
コーヒー。
何よりですがな。
それならわざわざ出かけることもないけど
それはそれ
出かけないとわからないことでもあるので(^_^;)
洗濯を済ませ、
旅の道具類を片づけ
気になっていた
高山植物の名前を調べ、他の人のヤマレコを読み、ナキウサギを調べ、ついでに
森永の小豆キャラメルまで。
そしてとりおいてくれていた
留守の間の新聞の山を読んでいるうちに
また眠くなって、、、。
このくつろぎやっぱりわが家だわ(^_^;)





北海道に

夏野菜収穫
収穫;小さいブロッコリー初収穫。青虫被害で全滅と思っていたので感激。
雨が降らないのでキュウリもなすびも形が悪い。
それでも朝早くちゃんと収穫して留守にするので生ごみも埋めた。

とうとうその日が来て6時前の空港バスに。
8時25分発のスカイマーク便で千歳に。
スカイマークは初利用。
ほとんど寝ているだけの私には全然問題なかった。
2か月前の早期予約の格安価格でチケットを購入していただいたので大助かり。
空港でレンタカーに。
とにかく先を急ぎますかとそのまま宿に直行。
また寝ている間に着いた(^_^;)
お宿は国民宿舎東大雪荘。
3時半過ぎにはもう着いちゃったけど
ゆっくりお風呂に入って
食事も一番早い5時半に頼んで私は8時前には就寝。
とにかく寝まくっているけれど2時過ぎまでまたもやバッチリ。
ひたすら体力温存のみ。



断捨離推進

瑠璃まつり

千日紅
センイチコウとルリマツリ:庭の花がすっかり夏バージョンに。

なぜか明日から出かけるのでせっぱつまっていたせいか
断捨離が珍しくはかどった。
ここ半年くらい眺めていたり、気になっていた衣類を
全部詰めて市のリサイクルセンターに届けた。
大きな袋に4つ分なので
私にすれば一気に片付いた心地。
断捨離事務局のメルマガが頻繁に来るのに
一向に効果がないので
昨日有料サイトの申し込みをした。
そのせいかも。
有料ならできる根性もいじましいけれど
きっかけになるならそれもいい。
さらに一役買ってくれて後押ししてくれているのが
何と「ルンバ」
ピンク色なので彼女ということにして
彼女が効率よく働けるように床に置いていたものを
なるべく片づけようと思えるように。
それでも椅子が多いので彼女の始動前は椅子や扇風機を別の部屋に動かしたり、
床に置いている飾り物などをテーブルの上に一時的に避難させたり結構準備が大変。
先日床置きしていた鏡が倒れてひびが入ってしまった。
粉々に割れなくてよかったけれど
危ないところだった。

それでも確かに彼女の手にかかるとお部屋がすっきり。
気持ちいい。
便利な家電は多いけど
2代目のホームベーカリーに次ぐ
わが家のヒット商品。






出かける前に

収穫
朝採れ野菜:ミニトマトがようやく毎朝採れるように。

夫は朝から出張。
パンの焼き上がりを6時にセット。
なすびはオリーブオイルで焼き、キウリはブログで紹介されていた味噌汁の具に。
なすび キウリの味噌汁
なすびはおろしショウガとポン酢で。新しいとなすびもも甘い。
キウリの味噌汁は微妙だった。
夫は先日キウリの焼き飯を食べたとか言っていた。
何でもアリで、悪いって法は無いから
自分がおいしいと気に入るかどうか。
来週から出かけるので、気になることや
少し片づけものもしようと思ったけど
右肩が痛いので思うように家具やモノが動かせないし、
上の方に手も伸ばせない。
右手指が動いても肩の筋肉によって
多くの動作や力が支えられているものだとつくづく
体の仕組みのすごさと不思議を思い知る。
それで
クーラーのフィルターを洗ったり、トイレの便器の掃除。
普段手抜きをしているので仕事はいくらでも。
メダカたちの水も半分入れ替えた。
今年のメダカが大きくなってきて少し色味も出てきた。
メダカ2
睡蓮の陰で泳ぐメダカ
めだか
3匹確認できる今年生まれのニューフェイス








デパートに

オレガノケントビューティ
オレガノケントビューティ:再登場。いつまでも可愛い。

夫が創立記念日とかで休み。
じゃあユニクロでは気に入ったジャケットがなかったので
デパートに行こうということに。
すでにおクリアランスセールが始まっていて
お気に召したものは3割引き。
ウハウハだけどユニクロに比べると出費は6倍強。
全く価格ってなんなんでしょねえ。
デパートに行けばまあこんなものかもと許容する価格が跳ね上がるのは。
とにかく毎日働きに行ってささやかとはいえ現金収入を得てくれているので
寛大にならざるを得ない。
年金暮らしになる日も近いので
もう来年からは買わなくてもいいというのも何だか寂しいよねと言いながら。
ランチはビッフェっスタイルで。
食後のデザートが楽しみでなんていうのがいまだに大人げない。
大人を通り越して熟年のはずなんですけど、、、(^_^;)



物持ちいいとは言えない

薄紅葵
ウスベニアオイ:ありふれた花でもハーブとなるとまた違って見えるから不思議。
きれいな色のお茶になる。

年賀状の整理。
そうお年玉の切手交換の期限が迫っている。
調べるのが面倒でほったらかしていたけど
気力・体力落ちの今やる仕事って感じで
調べたら19枚だった。
最下位の切手以外は調べる必要もないので下2桁だけで。
十分時間給ぶんくらいにはなった。
そのあとパソコンとともに処分しようと思っていた
古い携帯電話も処分。
携帯

面倒だけどドコモショップに持っていった。
携帯にはリサイクルすべき希少な金属がたくさん使われているからと
いつか新聞に書いてあったと思うけど
そんな話は全然なくて、事務的に処理されて
目の前で携帯が使えないようにパンチで穴をあけられた。
じぇじぇじぇ!!
命あるものはもちろん、ものでも最後って痛痛しいもの。
随分お役にたってくれた。ありがとう。
左側が現在も使用中のもの。
これだってもう4年目になる。ものもちいいよねえ。
ていうか新しい物が使いこなせるかどうか不安で、、、(-"-)
スマホになるのはいつなんでしょうかねえ???



断捨離不成功

ブラックベリー2 ブラックベリー
ブラックベリー:少しづつ色づくので黒くなったのから収穫して冷凍庫に。

今日も比較的涼しくて過ごしやすい。
決心して2年間そのままだったパソコンを処分することに。
朝からずっと調べた結果
やはりデーターを消すのに本体のハードディスクを壊すしかないとの結論に。
パソコンとディスプレイ自体は
リサイクルマークがついているので
NECに連絡すれば引き取ってくれることもわかり昨日のうちに連絡。
ただしデーターの消去は自己責任でということ。
以前も本体を開けてメモリーを増設したり
確か分解もや記憶があるけれど
お向かいのパソコンはかせにSOS。
2年間結局必要としなかったのでいもう壊しますと言ったけど
どうしてもそうたやすくははいじゃあと行かないようで
あれこれしてくださるうちに
起動しなかったパソコンのリカバリーが成功して治ってしまった。
壊れる前の状態で使おうと思えば使えることに、、、(^_^;)
でも壊しますとも言えなくて
結局直ったパソコンを自宅に持って帰ってきてしまった。
はたして使うかどうかしばらく考えることに。

ところで今日の断捨離は
カバーが外れてしまって針金で応急処置していた扇風機。
扇風機

実は午後衣類とともに
思い切って博多人形を市のリサイクル施設に届けたら
衣類は受け付けてもらえたけど
博多人形はだめだった。
ここは市民の寄付という形で運営されているけれど
人形と人形ケースはどなたも持て余しているそうで
売れない場合の処分に困るそう。
そうだよね。
納得するけれど
だからって人形をじゃあゴミに出すっていうのも気が引ける。
しかも伝統的な人形を思い切って処分するのにかなりエナルギーが
必要だったのにまた持ち帰ることになって
今日はパソコンと人形と複雑な思い(^_^;)








壮行会という名の飲み会

ヒャクニチソウ

メランポジウム:このプランターは今秋開催予定の東京国体に協力して育てているもの。
小さな苗で配られ。10月に行われる国体会場周辺に置かれる予定。あんまり暑いので途中で枯れないかとひやひや。

午前中は皮膚科に。
あんなに全身に出ていた発疹が
朝方から涼しくてす~っと引いている。
だからと言って行かないと心配なのでとにかく一度。
汗というより、脂漏性の湿疹ということだったけど
出たお薬はやはり亜鉛華軟膏。
そして飲み薬(ザイザル錠5mg)も出たので
とりあえず山に行くまでは飲むことにしたい。

夕方からは飲み会
いいんです。
わかっています。
何はともあれ、名目は何であれ飲みさえすればいいのだって。
でも結構プレッシャー。
それでなくても50肩に皮膚の炎症、奥歯の修理、それに急性胃炎やメニエル氏症候群の持病持ちの
いたってプレッシャーには弱いうぶなか弱き元乙女なんですから。

来週に登る予定の山の壮行会だと。
何しろ故障者や事情ありの方が多くて結局パーティは3人。
私もいかないと言えるほどの理由は無くてずるずる。
「お前ホンマに行けるか~」という
励ましとも嫌味とも思える夫の問いかけに毎日耐えながら、、、。
いよいよその日が近づいてきた。
3人プラス4人で7人の飲み会。
まあそれはそれで楽しかった。
梅月2 梅月

夫はその間映画に行ったそうで
「25年目の弦楽四重奏」。
クラッシックに弱い妻を誘うには気が引けたそうで
私はこんな映画が来ていることも知らなかった。
内容的には確かに微妙。
でも全編に流れるベートーヴェンの弦楽四重奏は楽しかったそうで何より。
最寄駅に帰ってくると
山本太郎氏が。
8時を回ったところで選挙演説は聴けなかったが
握手を求めサイン求める人が行列。
山本太郎3 山本太郎

私は今のところ彼に投票するかどうかはわからないけれど
大きな脱毛症が痛々しくてとりあえず彼の活動をメディアに流してという
サポーターの要請にこたえることに。
全然効果が期待できない訪問者数だけど、、、(^_^;)






断捨離は続く

メランポジウム
ヒャクニチソウ:昨年の種から育ってようやく花が、、。やっぱり真夏にふさわしい色。

先週出すのを忘れてしまった
父のマッサージチェアーを粗大ごみに。
父が亡くなって使われなくなったものを
大阪から持ち込んだもの。
捨てるものは大概
自分ではまだまだ使えると思っていても
実際玄関先においてみると
他人様から見れば十分お役は果たしたでしょうと
思われるだろう状態が恥ずかしいくらい。

マーサージチェアー

これはそれでもまだ使えるのにと思ってしまう。
だけど実際は使わないし、その割にスペース取り。
結局脱いだ衣類や洗濯ものをついついぽいと置く場所に。
これを捨てても怒る父はいないし、
使っていた父の思い出が減るわけでもない。
捨てきれないのは
タダもったいないという感情だけなんだけど、、、。
断捨離の難しさ!!!




耐えられないかゆみ

夏野菜
夏野菜:ようやくトマトが赤くなってきて毎日食べられるように。キュウリもナスも上出来。

やっぱり今日は絶不調。
夫は日曜出勤で出かけているというのに
私はダウン。
やっぱり昨日汗をかいた箇所がカユカユ。
暑いのでクーラーをつけていても
ちょっと動けば汗ばむし
日中から服を着ないというわけにもいかない。
どうしていいかわからない。
医者は休みだし、薬は亜鉛華軟膏だけ。
それ以外のものをつけるとさらにかぶれてひどくなるだけだし、、。
アトピーのかゆい人って気の毒とは思っていたけど
やっぱり他人事。
自分の身になってみるとかゆいのって耐えられない。
仕方なくビデオの梯子。
「桐島部活やめるってよ」
「人生の特等席」



関東ふれあいの道~湖の道~

関東ふれあいの道の湖の道コースに。
7.13湖の道4

いつも行く南高尾の尾根コースは実は関東ふれあいの道でもある。
東京都のコースは一番短くて高尾から奥多摩までの
延長約74.4km、7コースだけどその起点になっているのがこのコース。
湖の道は梅ノ木平から高尾山口駅に戻る16.2km、
平均所要時間5時間35分。
梅ノ木平は20号線沿いにあり高尾山口駅から1・5km、
バスあるいは徒歩で約20分。
20号線を歩くなんて嫌なので
我々は高尾山口から直接山道に入り、
三沢峠での梅ノ木平コースと合流するコースで。

高尾山口を6時に出発。
約10分で四つ辻に。
7.13湖の道

ここから草戸峠を経てのぼりの多い道を約1時間で草戸山(364m・町田市の最高地点)に。
ここからいつもは城山湖が見下ろせるが、樹木も雑草も繁茂していて
あまり眺望はよくなかった。
7.13湖の道9

さらにほぼ30分で梅木平からの登山道と合流する梅木平分岐(三沢峠)に。
7.13湖の道2


ここも眺望がよくない。
約40分で一気に眺望の開ける「見晴台」。

7.13湖の道10

ここでおにぎり休憩。
いつもは富士山と津久井湖の絶景だけど
今日の津久井湖は恐ろしいほどに水嵩を減らしていて
富士山も全然見えない。
まあそのおかげで暑くはあっても強烈な日差しではないので助かった。

次の目的地は大垂水峠。
結構アップダウンの繰り返しで汗ダラダラ。
途中50分ほどで通過する大洞山(536m)の関東ふれあいの道の標識は
梅ノ木平分岐の標識とともに
東京都の全7コース踏破認定申請の際の写真ポイント。
全コース制覇すると認定証と記念バッジがもらえるそう。
7.13湖の道6

大垂水峠着は9時20分。
7.13湖の道7

1度20号線に沿って数メートル歩いて小仏城山の登山道に。
7.13湖の道8

ここからの登りが今日のハイライト。
というか登りが苦手な私がヘロヘロする1時間。
7.13湖の道11
(写真で見るとなぜか勾配感が出ない!!)

何とかちょうど1時間で登って10時26分小仏城山に到着。

ここで本日のご褒美にビールとかき氷。

7.13湖の道14

城山茶屋のこだわりのかき氷(400円)はビッグサイズで食べごたえあり。
二人で食べても汗だくの体の中心から熱が引く。
ほぼ1時間休憩していつも通り、一丁平・紅葉平・高尾山を経て6号路で清滝に。
高尾山口到着は12時50分。1時間半休憩を込みで6時間50分。
結構よく歩いた。
本日の山歩きの癒しは美しい山百合と初めて見たハンショウヅルの実。
7.13湖の道13

7.13湖の道12






自家感作性皮膚炎?

姫ザクロ
姫ザクロ:やさしい花の色そして可愛い実

鈴木おさむさんのかかっていた原因不明の皮膚病が
自家感作性皮膚炎だと判明したとニュース。
実は昨年、登山中に大汗かいたあと
汗疹ができ、それが化膿してひどい目にあったけど
最近は汗をかいた時点で接触している部分から
体全体がかゆくなるので何かしらアレルギー症状だと思っていたけど
多分似たようなことじゃないかと。
昔、光アレルギーが頻発したころも
最初は日にあたった部分に発赤ができかゆみが出ていても
時間の経過とともにそれが全身症状に。
私の場合神経が繊細(?)かつ気弱(?)なので
(見てくれとは全然違うのだ!!)
極度にストレスがかかってもじんましん状態になったり
胃炎になったり。
総て自己免疫異常だよね。
そういえば先日の健診のけど
やばいのは
LDLコレステロールが要注意。
胃は毎度のことだけど慢性胃炎。
そして要精検なのが聴力。
自覚症状もしっかり有って
難聴気味だと分かっているけれど
歯に治療や視力みたいに治療や矯正方法がないから結局行かない。
いずれ補聴器のお世話になるとして
まだ何とかなっている段階かと思うけど
テレビなんか音量を大きくしないといけないし
講演でもマイクに音がよく入らない方の話は聞き取れない。
ひそひそ話や雑多の音がうるさい状況での聴きわけは無理。
母や姑も耳が遠くなっているので
老化による原因が最大だとは思うけど
母に言わせると小さい頃百日咳をして大変だったから
それも要因のようにも言う。
どちらにしても小さい頃から聴力は良くないので
音楽・語学など聴力の良さが必須のジャンルはお手上げ。
この年になればそこそこの聴力で何とか日々暮らせないことは無い。
でも、もし治療が可能ならそれはぜひ受けたいもの。
よく聞こえる方がいいに決まっている。
道具の感度はいいほうがやっぱりいい。
でも鈍くなった道具とも付き合えるようになるのが
年を取るってことかも。






多摩大学リレー講座 寺島実郎学長

センイチコウ
センニチコウ:昨年の種がたくさん発芽してようやく花も咲き出した。

多摩大学リレー講座 最終回:寺島実郎学長
日本の進路~2013年夏という局面~
寺島先生は毎回「寺島実朗の時代認識と提言」という大部の冊子を全員にくださる。
その緻密な資料は先生の提言の裏付けとなっている最新のもので
これを見ただけで
半ペラないしは何も用意しない講師の方とこの講座に対する思いの深さの違いが歴然。
もちろんパワーポイントで説明されたり、なにも用意されなくても滔々と話される先生も多い。
だけどほとんどがそういう場合同じ内容を使いまわされている気がするのは
私の性格の悪さかな。
寺島先生がリベラルの再生とおっしゃると確かにって思えるけど
先日の北川さんの場合ご自分の立ち位置もリベラルなのかな??なんて。
でも評論家から現実の政治家になったらリベラルに徹するなんてとてもできることでもないかも。
アベノミクスの5月末の株の乱高下以降についても
説明があったが
海外投資家の資本の流入についてはわかるとして
今後日本自体の経済力についてはどうなんだろう私には全然見えない。
本当に阿部ノミクスなんて功を奏しているのかな。
実体のない見せかけだったり、むしろ悪化させているだけのような気がしているのは私だけ?
元来脳天気で楽天家だけど日本の将来に関してだけは
とても楽観的にはなれない。
そこん所を明確にしてくださる先生は今回いらっしゃらなかった気が。
参院選も前回民主党に流れた票が今回自民党にどっと流れて
また、さらに落胆と混迷が増すというのでなければいいが、、、。



男の料理会

暑いさなかのお料理会。
約半数が欠席で12人。
もう一つのグループが全員出席だったこと思うと
気にならないわけでもないが
まあこちらは来れる方が来れるときだけの
私個人のグループ。
あちらは市や10年のキャリアのある生涯学習の団体が主催くださっているので
趣旨が違うということで。
とはいえあちらはレンジも2台、オーブンなし、調理器具・食器不足多数。
こちらは最新のオーブン付き調理台にヘルシオ3台という豪華設備。
まあ言っても詮無いことで、、。
メニューは
冷やし餃子・ナスとエビの味噌からし炒め・鶏肉の前菜風・梅干ご飯・チーズケーキ。
何と今回はメニューの3っつをメンバーさんにおんぶ。
さっぱりと夏味で美味しかった。
7.10料理会-2

7.10料理会

7.10料理会-5 7.10料理会-4
右の写真に写っているのはいつも忙しい中笑顔で横浜から駆けつけてくれる妹です。
彼女のおおらかな気質と体型がこのクラスの雰囲気を盛り上げてくれています。
左から二番目の方がいつもレシピを提供して協力くださるKさん。
ところで今日の10分講話は
元建築設計士の方でリタイヤ後
多くのボランティアに携わりながら
地域でラジオ体操を10年近く続けておられるお話しでした。
エプロンしてバンダナつけて
お料理しているとみなさん気さくなお仲間ですが
ひとりひとりは実はすごいキャリアと現在もいろいろ活躍中の方ばかり。
この料理会はそんな肩書は一切なしで楽しむのがモットーですけど(^_^;)



愚痴曜日

るりまつり
ルリマツリ:ようやく咲き出した。すずしげな色が夏の楽しみ。

そういえば先週の土曜日右上の奥歯の詰め物が取れてしまって急遽歯医者に。
支えていた歯の部分が折れてしまったらしい。
奥歯の治療は負担がかかるのでレントゲンを撮っただけで
具体的には次回にということで予約は来週になってしまった。
いつものの奥歯がないとなんだかすごい空間を感じる。
そして今日全然よくならない50肩の再診察に。
友人が内服薬を紹介してくれたので
できれば処方してもらいたいと相談に。
暑いのでいつもよりすいていたけどそれでも30分以上待った。
動作によって激痛が走るくらいで
常時痛みを感じるのでなければ内服薬は勧めないとのこと。
我慢できなければ注射のほうが副作用は少ないとのこと。
結局余り効き目を感じない湿布薬だけいただいて帰ってきた。

今気になっているのは皮膚のアレルギー。
この暑さで汗をかくと汗疹になってしまうが
さらにそれが全身のかゆみに広がる。
かゆいと集中力不足に拍車がかかる。
皮膚科にもいかなければと思うけれど
やっぱり塗り薬が出るだけだと思い
以前もらったものの残りを使っている。
大したことではないけどあちこち体に軋みが。
しかも重なるんだよね。
3重奏になってくるるとさすがにゆううつ。

午後は明日の料理会の準備。
先週はセレサモス(川崎の農協直販所)まで足を伸ばしたので
新鮮な野菜が気持ちよかったけれど
近くのスーパーだと
やはりイマイチで値段も暑さのせいか高くなっている。
野菜はかさばって重いので買い物もいささかつらい。
クックパッドでダントツ人気のチーズケーキを試作したら
簡単ではあったけど
味はイマイチ。
チーズを使わずにヨーグルトだけで作るものだけれど
やっぱりチーズの香りが少しもしないのは味気なかった。
今日はぼやいてばっかりだぜ~。
そういえば杉ちゃんの露出度は
本人の予想通り最近めっきり少なくなった。
「今でしょう」の先生にバトンタッチ??
一言でブレークしてすぐに「過去でしょう」・「古いでしょう」になっちゃう。







熱中症??

百日紅
さるすべり:今年は暑いせいかさるすべりに開花が我が家にしては早い

朝機嫌よく庭に出て水をやり、草を抜きしていたら、急に気分が悪くなった。
6時前から8時前くらいで2時間ほど。まだそんなに日が射す前だけど
十分暑くはあった。
いつもの目まいはないけど、でもとても何かできる状態でもない。
ひょっとして熱中症?と思って水を飲んでひたすら安静に。
そういえば畑でよく熱中症になって倒れる人がいるなあとか思いつつ、
よく考えれば金・土・日と私にとっては忙しかったので
そのせいかと思い当った。
ダブルヘッダーの1日がこなせなくなっているってこと。
そうだもっとぐうダラ暮らせばいいってことなんだ。
クーラーつけてゴロゴロしている後ろめたさに
一人で納得してつじつま合わせに借りてきたビデオを見た。
「ものすごくうるさくてありえないほど近い」がよかった。
「ベストキッド」も。
相変わらず子役が主人公の映画が好きってことなのかも。



歌舞伎鑑賞

歌舞伎座3
お宮参りの後の食事は失礼して娘と待ち合わせて歌舞伎座に。
新装なった歌舞伎座には初めて。
東銀座駅をおりるとそこは歌舞伎座って風になっている。
出し物は夜の部
歌舞伎座新開場柿葺落
七月花形歌舞伎夜の部
歌舞伎座3

歌舞伎座2

通し狂言 東海道四谷怪談(とうかいどうよつやかいだん)
一度以前見たことがあるけれど
覚えているわけでもないし、今回は若手花形が勢ぞろい。

お岩/佐藤与茂七/小仏小平 菊之助
直助権兵衛         松 緑
奥田庄三郎         亀三郎
お袖            梅 枝
お梅            右 近
四谷左門          錦 吾
按摩宅悦          市 蔵
後家お弓          萬次郎
伊藤喜兵衛         團 蔵
民谷伊右衛門        染五郎

女性客それも若い方を随分呼び込んでいる。
音声ガイドを借りて解説を聞きながら、、、。
やっぱり歌舞伎はその見どころのツボを知らないと見逃すところも多い。
知っているようでよくは知らない「四谷怪談」
さらに鶴屋南北の趣向や舞台の演出などへ~と思うことばかり。


昨日の能といい歌舞伎といい日本の伝統芸能を全く理解もせず生きている恥ずかしさ。
とにかく劇場へ足を運ぶ回数を増やさねば、、。

歌舞伎座5

歌舞伎座4
幕間に披露された美しい緞帳

それにしても2階席前から2列目だったけど14000円は高いよね。
気軽にこれる値段になればいいのに。
私が気軽と思う値段が映画の割引料金1000円というのじゃちょっと差がありすぎるけど(^_^;)




お宮参り

大国魂神社
中雀門

昨日泊まったので一緒に予定していたお宮参り。
ところが姫とママは午前中は美容院を予約済み。
それでその終わった時期を見計らって合流することに。
神社は腹帯の安産祈願もお願いした大国魂神社に。
姫の時は安産祈願もお宮参りも水天宮だったけど
若は京王沿線の大国魂神社に。
大国魂神社2
拝殿

またまたぐったりするほどの猛暑日だったけど
府中けやき通りや境内は涼しげ。
暑い中待ち時間が長くてはかわいそうと早めに行ったけど
本人たちが来ないと受け付けはできないそう。
さすがに暑さのせいか前回来た時は満員だった待合室が
今日は数組だけで閑散。
しかも我々の順番の時はなんと我々だけ。
神殿が満杯だった時とえらい違い。
お世継ぎたる若の将来もこれで安泰かもと、、、(^_^;)
暑さにもめげず泣きもしないでいい子にしてくれていて助かった。
やっぱり二人目はずいぶん親も本人も腹がっ座っている。




リチャード・エマート(武蔵野大学文学部教授)さんの講演

午前中はNPOの理事会。
総会も済んであらたな1年。
と言っても私はほとんどお役にたっていないけど、、、(-_-)
午後は同じく同NPOの講演会
さらに暑くなって参加には2の足も3の足も踏みそうな、、と思ったけれど
ちゃんと皆様参加くださった。
講師はリチャード・エマート(武蔵野大学文学部教授)さん。
このNPOにも長く続いている能楽や謡の熱心なサークルがあるのだけれど
今日のエマートさんの造詣の深さには感嘆。
The 能.com:http://www.the-noh.com/jp/index.html
能を支える人々:リチャード・エマート(武蔵野大学文学部教授/シアター能楽芸術監督) 
異国の能を伴侶として
http://www.the-noh.com/jp/people/sasaeru/img/011/emmert-title.jpg

リチャード・エマート
能を見るとすぐ眠くなってしまう日本人の私は
恥ずかしくて消え入りたい気持ち。
特に英訳が素晴らしく
能と日本語の神髄を理解しておられることがしみじみ。
ほんと素晴らしい方にお会いでき、素晴らしいお話が聴けた。

夕方長男夫婦が来宅。
この暑さの中2カ月の若も連れて木更津まで潮干狩りに行ったそう。
姫が喜ぶと思ったらそれほどでもなく
1時間ほどで終了したそう。
私は熱い中の日射病や熱中症のほうが心配で一安心。
入場料が大人二人で2800円だったそうだけど
主催者もこれだけでいんですかという量のお土産。
全くお金に執着しない若夫婦と姫だから、、、。
ばあばあさりでお料理してくれる?
泊まってもいい?
そりゃいいでしょうということで
あさりの味噌汁とあさり蒸しメインの
とっておきの仔牛のカツレツ。
長男のすきなブリの煮つけ。
姫の大好物のスイカのデザートをご用意。
あさりはさすがものすごく元気で
台所中が水浸しになるほどぴゅーぴゅー水をはいて
姫も大喜び。
2時間ではあまり砂出しはできなかったけどおいしかった。
一つ一つ楽しい経験をと長男が父親っぽく頑張っている。
今頃君の父親は母親任せだったことに気づいているよ。



男の料理会

この暑さの中ひとりの欠席者もなく
私も入れて24人そろいました。
とにかくこの暑さのなかみんあ元気でいられてうれしい。
今日はとってもヘルシーな夏野菜満載意料理でますます元気になるかも・
メニューは
ラタトゥイユ・キャベツと豚ばら肉の重ね煮、ひじきの煮物・ナスとエビのからし味噌炒め・ゴーヤのポン酢和え
今回は熱心な姿をご紹介
料理会7.5-4
レシピを見ながら分担を決め、まず材料を洗って準備
料理会7.5-5
皆さんとても熱心
料理会7.5-2
大柄な方には気の毒な小学生用の調理台(元小学校の調理室でやっています)
料理会7.5
キャベツの重ね煮:どう切るかについて真剣討議中?
料理会7.5-3
新人さんが切っています。見つめる先輩の表情が、、、(^_^;)
料理会7.5-6
この班は悠々とお一人で切っています
料理会7.5-9
やっといただきます(*^。^*)11時48分です。
10時スタート。レシピや素材の説明などの後調理のスタートはだいたい10時半。
1時間ちょっとでいつも大体出来上がるのがすごい!!
料理会7.5-8 料理会7.5-7
器がもっと素敵だといいなあって思いますが、、、。
調理室にも備品にも講師にも誰も不平不満を言わず
いい人たちばかりで楽しくやれていてうれしいです。




多摩大学リレー講座―樋口裕一さん

マツムシソウ
スカビオサチリブラック:ひょろひょろとたよりげな割にはこの暑さの中たくさんお花を次々に咲かせ花期も長い。

日本語力崩壊~
若者の現状と文章教育のあり方について 多摩大学教授 樋口裕一

日本語や言葉についてそういえばゆっくり考えたことなかった。
先生は小論文の神様と言われる方だそうで
なるほど
論文をきちんと書ける能力って頭の良さに通じるかも。
内容をきちんと把握してそれを要約してさらに要領よく書き言葉で表現する。
例題問題の欠点を指摘するように問う東大入試問題で
言葉の二面性
つまり書き言葉と話し言葉がすぐに理解できなかった。
いまだに東大は無理として
ちょっとした文章を考えることもなく読み流して納得してしまっていることにショック。
受験時期ならもうすこし頭が冴えていたのか
今と同じなのか今となってはわからないけれど
注意力や読解力が低下しているのは確実。
言葉に対する感受性も鈍感になって
言葉を使い捨ての道具にしてしまっているかも。
これってもしかしたらとても危うい兆候かも。
ブログの誤字脱字や修辞も全く気にしなくなっているのは
やばいかも。




トマトの生命力

トマトの苗2 トマトの苗
トマトの苗:トマトが大きくなるたびに脇芽を摘みます。でもそれが結構しっかりしているのでさし芽をすればまた大きく育ってくれます。
ネットで知ったのですが直接土に埋めるより、水に生けておくほうがしっかり根を張るそうです。
種をまいたものもある大きさになったら一度根を切って水に漬けておくと
もっとしっかりした根をを張るそうです。
確かに。すごい!!
右から順に日がたったものですが水だけでこんなに。
来年からは苗を買わなくてもいいくらい。
でも最初の一本はいるよね。

ことしは苗を2本買って別に種もまいたので本数は十分あるし、狭い庭にこれ以上増やす必要はないけど
面白くてつい実験してしまっています。
そういえば、ゴーヤも発芽しない場合を想定して2本苗を買って植え、
昨年の種もまいておいたら時期をずらして次々と発芽した。
ゴーヤなんてそんなにたくさん採れても仕方ないのに
いじましく捨てる気にもならず植えている。
どうも私は引き算が下手。
最近大切なのは引き算だということがつくづくわかってきた。
省く、のぞく、捨てる、しない、買わない、やらない、行かない、話さない、、、。
全部苦手で増えるのは無駄ばかり、、、、。

ヒーター
本日断捨ったシリカヒーター。
あんまり活躍しなかったまま。御免なさい。
ものとはいえ一度買ってしまったものを
捨てるのって申し訳ない気持ちが捨てきれない。



面倒すぎるごみ分別

初キウリ
初キウリ:キウリ初収穫。雄花ばかりが咲いてなかなか実がならない。サラダ菜もいよいよ終わりでミニトマト3個。今朝は楚楚としたサラダ(^_^;)

明日捨てる予定のヒーターの段ボール箱を片付けようとしたら
中のパッキンの発泡スチロールがやけに大きい。
これってプラスチックごみ??
でもプラスチックごみの有料袋って20l。
絶対入らない。だからって手で割るには結構手ごわい。
カッターで切るのも小さなカッターでははかどらない。
しかもわたしは現在50肩で右手に力が入らないし、痛いのだ!
それでもきざみながら、散らかるごみと余計かさばってくるような物体に
何をやってんだかと頭に来た。
市役所のゴミ担当課に
もっと大きな袋無いんですか?
他に方法無いんですか?
と聞いても
やっぱりこの袋に入れるんだと。
「あ~割ってもいいんですよ」
わかってるけどあまりに非効率でしょう、、、?
これがもっと大きな家電の場合だったらどないするんじゃと
思いながら静電気で飛び散りくっつきまくる
発砲スチロールまみれになりなんとかゴミ袋3つに押し込んだ。

午後友人宅に行って午前中の格闘を話すと
「え~うちの市は資源ごみだから無料でそのまま出せるよ」だって。
こっちこそ「え~」だった。
分別収集に忠実で誠実な小市民がこんなに苦労する方法はおかしい!!
次回からはこの市に住む二男に頼もう。
これって解決じゃないけど自衛だよね。
そういえばゴミ収集がまだ有料じゃない頃、
すでに有料になった他市にすむ家族が生ごみを持ち帰ってくるのなんて話を聞いて
みみちく、せちがらいのに驚いたけど
何だかそれと一緒かな??
私の場合有料袋をケチりたいんじゃなくて
もっと出しやすい方法にしてくれってことなんだけど。
ボヤキと怒りはなぜか大阪弁河内ナマリになってしまう???




断捨離PART1

収穫7.1
収穫:インゲンと長糖とナスとじゃがいも
豆の収穫って結構難しい。ちょうどいいころあいの時に気が付かなくてすっかりもうインゲン豆になってしまった。農家の方は育てるのも大変だけど収穫も大変だなといちいち感心する。じゃがいもはあちこちに埋めた生ごみの中の皮からの産物。すごい生命力&再生力。iPS細胞程じゃないけど(^_^;)

朝、長年愛用してきた座椅子を断捨離。
座椅子
こうして記念に写真を撮ると
恥ずかしいくらいに使っていて何をいまさら惜しいのかなと思うほど。
汚い手作りのカバーで見えないけれどクッションお柄も生地も結構素敵。
どっしりと大ぶりの木製の回転座椅子。
しかも確か舅が亡くなって
姑がマンションで一人暮らしするので処分するというのでもらってきたもの。
それからでも20年以上。
座椅子の組み木が緩くなって修理してもすぐ外れてしまう。
で危ないので最近使わなくなっていたのにただ捨てなかったわけで、、・。
今日思い切って処分した。
すると弾みがついてもう一つの気がかり
やはり実家から持ってきていたマーサージチェアーの処分もする気になった。
これは父が購入したもので果たしてどれほど使ったか。
肝臓が悪くて疲れやすかった父が
買っただけに、本当にしんどかったんだろうなと
肩たたきやマッサージなど何のいたわりもしなかったことが悔やまれ
ほとんど使いもせずただ物置になるだけなのになかなか処分できずにいた。
お子の椅子があろうと無かろうと父を思う気持ちには変わりないのに
なぜだか処分できずにいた。
断捨離ってそれに伴う心の葛藤が重いんだよね。
処分費は600円に過ぎないけれど。



→続きを読む




カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ