ピンチヒッターの補欠

予想はしていたけどできれば避けたかった。
とうとう姫まで発熱。
これでパパ・ママ・姫と風邪屋敷に。
私は風邪などかかってはいられないので
久し振りにゴールデンドリンクを飲みまくり。
プルーン・エコー・バイオCミックスの濃厚ジュース。
ここの家族はこういうサプリも全く飲まないけど、
飲まないよりましは私が証明なんてどこかの化粧品の社長みたい。
昨日まであんなに元気だったのに
今日は熱っぽい顔。
その分ママが少し楽そうで救われるけど。
同じ経過をたどるかと思うと可愛そうすぎる。
そういえば昨日パパが仕事で遅いと
パパとお風呂に入りたい。
パパに抱っこしてほしい。
パパと一緒に寝たいと
パパコールしきりでそのたびにぽろぽろ涙を流す。
ばあばなど立つ瀬がなかったけど
こんなに愛されるとパパも
そりゃがんばっちゃうでしょうと納得。

午後にはママ方のばあばが来てくれるので
掃除と洗濯を済ませてバトンタッチ。
ママにはそのママのほうがやっぱりいいはずなので
私はピンチヒッターの補欠。

最近のスマートハウスを新居で実感できてなかなか貴重な体験だった。
電気代はどんなもんだろうと気になるし、
総てのあてがいぶちの快適さが
アナログも捨て切れない折衷こだわり派には
すなわち心地よさとはいかないけれど。
生活の質が違うのでとやかく言っても始まらない。
お互いの生活を大事にすることがいちばん。
ということで予約していた12時20分からの歯医者はキャンセルしないで済み、
昨日行く予定の美容院にも2時から。
その合間と後に料理会の買い物もして、夜準備。
やればできるじゃんと一応忙しい中でも明日の準備が整って一安心。



姫宅で

朝もママは寝たっきり。
パパがかいがいしく姫のお弁当を作ってる。
冷凍でレンジでチンのフライだけどなんとミッキーのお顔をしてる。
それにウインナーに新兵器の容器(?)でボイルしたブロッコリー。
ミニトマトにリンゴ。
それにお味噌汁。ばあばはお味噌汁とリンゴの皮をむいただけ。
お味噌汁もだしパックと冷凍のホウレン草と刻みお揚げを入れるだけ。
おおシステマチック!
でも可愛いお弁当箱はキラキラ。
パパの愛情が詰まってる!!
そして8時過ぎパパと駅チカの保育園に送って行った、車で。
現代ヤング世代の日常を垣間見るって感じだった。
年子で3人は育てたけど9時始まりの幼稚園のお迎え付きだったっけ。
私も隔世の感だけど
何にも手伝わなくて霞が関のドブネズミだったパパは
この息子のかいがいしさには目が飛び出すだろうなあ。
お洗濯にお片づけをして、時々新聞に本を読んでなどして
4時過ぎに姫のお迎えに。
何時もより早めの迎えで機嫌よくバスで帰ってきた。
お弁当林檎一切れ以外はみんな食べたそう。
パパのお弁当は花丸!

ママも少しは元気が出たみたいで抱っこしたりおやつを食べる相手をしてもらえるようになってうれしそう。
良かった。よかった。
明日は朝から忙しいパパのためにもう1泊することに。
ジイジは夜の食事と明日の出張の準備ひとりでよろしくね。
とばっちりを受けても大丈夫な訓練はできていて自立しているから安心だけど、
おきのどくと誰も言わないのがお気の毒(ー_ー)!!


ところで落合監督の「采配」を読んでいるけど
やっぱり時代がすざまじかったんだと思う。
かれも生まれたばかりの長男と接する時間なんてなくて
野球一筋に明け暮れて、夫人も手伝わせたりはしなかったそう。
ヤングゼネレーションの選手の良き夫・良きパパぶりに感慨深げ。
いいとも悪いともいえないわけで、、、。」

采配采配
(2011/11/17)
落合博満

商品詳細を見る








もう一つの支援

突発的に何があるかわからない。
珍しくお料理会の準備を早くから始めていてよかった。
長男宅からお呼び出し。
ママが風邪とのこと。
保育園の送りはパパがするとして
迎えができないとのこと。
今日はパパは欠勤とのこと。
もう5か月を過ぎて安定期ではあるけれどママと同時に胎児も心配。
明日来てと言っていたのが
ママのお熱が高いで今夜のうちにとのこと。
夫に連絡すると
「共稼ぎって大変だね」とメイル。
「ばあばまで、、、、。」
はい確かに。
でもSOSコールのできないママたちやパパたちが
どれくらいいることかと思うと子育ても大変だなと思う。
我々の子育て時代よりずっと贅沢に暮らしてはいるけれど
その分負担も大きい。
贅沢や豊かさの中で暮らしてきて
引き算を知らない世代のこれからが思いやられる。
ずっと貧乏暮しから抜け出せなかった
私でさえようやく今になって気づいた引き算の快適さ。
必要最小限で暮らす心地よさ。
押し付けるわけにはいかないけれど
少しは知ってほしいと思う。
まず気になるのは食生活なんだけどなあ。
夜は別にやることもなくて姫のおもちゃたちと寝るだけでした。








ソフト復活

先週末トラブッた青色申告のフリーズというか
アクセス不能の対処に右往左往。
と言っても要は
一つにはソフト古くてウインドウズ7に対応してない。
一つにはサポートの手続き(お金を払ってないので)されてないのでサポートはできません。
でも先月までつかえていたものが急にっておかしすぎる。
年があらたまってニューバージョンを買わせるための陰謀か、、?
と疑ったが
ネットのQ&Aまでも昨年か1昨年バージョンのものでないと
やはりアクセスできない仕組み。
赤字の個人小規模経営のど素人経理にどうせえちゅうんやと言う気分で
毒づいても取りつく島もなし。
「はあ新しいのを買ってくださればすべて解決します。」
そちらの担当にお電話を回しましょうかと強気で来る。
仕方がないから息子にそうしようかと弱気に相談しながら
それなら夫のノートパソコンのビスタにソフトを入れて
バックデータが開けるか試そうと思いついた。
大体、アクションを起こしてからというのが私の鈍なところ。
銀行やクレジットのカードが探しても見つからなくて、
使用を止めてもらうと出てくるんだよね。
再発行手数料を払って、2,3週間待ちということはよくある。
忘れたと思って間に合わせに買うと後からちゃんと出てきたり。
でもとにかくそんな作業をしながら
バックデーターを触っていたらなんとそこから開いて使えた。
やった~!!
2,3日棒に振ったけど
データーが使えたのが何より。
もう申告日が近づいているのであせった。
全くソフト会社ってのは意地が悪いというか
すべて売らんかなの金次第。
当たり前か。
でもすぐにあきらめて買わなくてよかった。
貧乏性が報われた心地。
こんなことに妙な幸せ感&達成感!(^^)!





講演会佐々木毅さん

午後NPOの講演会。
講師は学習院大学の佐々木毅教授。
今回はお手伝いの方が少ないということで早めに。
先生の接待役でお茶出しを。
以前多摩大学のリレー講座で一度お話を伺っている。
タイトルは
「政治の精神は今どこにあるか」
精神論のお話に福沢諭吉の「文明論之概略」にある精神について
述べられたが
それらについて全く知識のなかった私は福沢諭吉が大いに気になった。
明治維新といえば勝海舟や竜馬ばかりが有名だと思っていたけど
諭吉もちょんまげを結って同時代を生きていたんだ。
と話はそれたけど途中睡魔と闘いながら
政治家には経験値が大切とか
政治は結果を出さなければいけないとか
民主主義は、みんなが参加するのはいいのだけれども、果たして結果を出せるかなぁ、ということが実は古代以来、ギリシャの民主政治もそうだったんですけど、ずっと問われてきたテーマなんですよね。だから、参加者が広がれば広がるほどいろいろな意見が出てきて、、、、
(言論NPO:工藤ブログよりhttp://www.genron-npo.net/kudo/ontheway/on_the_way_2011216_1.html)
というところでさりげなく
私も苦労しました。
意見の多い東大の教授をまとめていたので(総長だったので)、、なんて。
会員さんから
日本のように総理大臣がころころ変わっていてはたして
経験を積んだり、結果を出したりできるものでしょうかと
直接選挙制度がらみの質問も。
それに私は有象無象の新人議員。
これは内輪で伺いましたが
石破さんも新人議員教育には苦慮されていて
佐々木教授にもその指導の要請があったそう。
この3月に退官されるそうですが
まだまだお忙しいので
土日まで忙殺されるのは御免と
他の方に回されたそうですが
日本のためにここは土日を犠牲にしても
よろしくお願いしますと直訴しておきましたが。
政局は目まぐるしく変わっていますが
お話の内容は3年前とあまり変わっていなかったようです。








ご褒美

午後夫とデパートに。
大戸屋でランチ。
娘にもらったただ券の消化のためだけど
チェーン店にしたら良心的な店だといつも思う。
注文してから調理してくれるので
出来立て感がうれしい。
素材もメニューもしっかりしている。
イラチ(イライラする待てないタイプ)の夫は待つのが苦手。
ひとりじゃとても入る気がしないと言う。
結婚当時料理が遅いといつも文句を言われ続けた。
確かに当時要領が悪かったなあと今は思うけど、、。
おかげさまで段取りは少し良くなったかも。

昨年買った夫の通勤用のバッグが傷んできたので買うつもりで。
昨年買った店から順番に見たけれどこれというのが見つからなかった。
男性用品て女性用に比べるとほんと数が少ないしデザインもありきたり。
第一フロアーが3対1というのも極端すぎる。
買う予定がなくても私などつい手に取りたくなるものばかりだけど
男性用はほんと飛びつきたくなるようなものがない。

夜何気にネットで見ていたら
結構目移りするほどたくさん男性用のバッグがあった。
結局思っていた値段の倍以上のものを頼んでしまった。
届いたらケチで小心者の夫が泣いて喜ぶはず。
姑がブランドに埋もれて身動きができないほどなのに
息子は一つのバッグを1年でダメにするほど酷使して
働いていてそれでもなかなか買えない。
着ることも、履くことも、持つことも無くなったものであふれかえっている方の
介護に出向く息子(&嫁)はカバン一つ買うのに逡巡している。
介護にはそれ以上の交通費を毎回払って出かけていることを思うと
何だか割り切れない気がするし、お気の毒でケチな私も買う気になった。
肝心の仕事がいつまでかわからないけれど、、、(^_^;)





お手上げ

こんな時に限ってわけわかんないトラブルが勃発する。
息子の青色申告をしなければいけないので
整理しようとソフトを久し振りに開いたら
ファイルが開けない。
あれこれ試みはしたけど全然らちが明かない。
どうなるんだろう。
月曜日以降に問い合わせるしかない。
意味も分からず勝手に仕事してくれるソフト頼みだっていうのに
肝心のソフトが作動しないとお手上げ(ー_ー)!!

今週は夫がほとんど夜の食事がいらなかった。
楽だけど彼の嗜好に任せていると
身体によくないものを喜んで食べまくっているイメージ。
食には知性のかけらも感じさせない恐ろしい方。
単純に食欲の塊。美味しいものに目がない。
作る側としては手ごたえがあって悪くはないし、
一緒に食べるのも食欲のない人よりずっと楽しい。
健康管理との調和が難しい。

柿酢がどうなっているかと久しぶりに見たら
表面に白くコロニーができている。
ふつふつと泡立って生きているという感じ。
お正月に見たときのほうが酸っぱい匂いがしたけれど
大丈夫かな?
2月に入ったら濾してみようと思う。
発酵したり、熟成したりする食品は
生き物を育てていると同じ心持ち。
わくわくする。
柿酢1.25-2

柿酢1.25
うまく行ったら今年はもっとたくさんの量に挑戦しよう。
手間暇は変わらないのだもの。
手作りの酢がふんだんに使えたら楽しい。



高尾山~トリックアートミュージアム

昨夜の雨で1週間以上も溶けなかった雪が一気に溶けた。
高尾山の雪がどの程度か気になったけれど
今日は別の予定もあるのでとりあえず高尾山に。
冬はいつも稲荷山コース。
ほとんど雪は無くむしろ乾いているくらい。
7,8合目の陰にはかなり雪が残っていたり、山道がぬかるんでいた。
それでも思ったよりずっと楽に登れた。
天気も良く温度も上がって気持ちよかった。
takao
8合目や9合目ではきれいに見えていた富士山が
山頂では雲と見分けがつかなくなってしまった。
トリックアート

山頂からは薬王院を通る1号コース。
薬王院の護摩受付所で健康手帖に今年4つ目のスタンプ。
すでに百冊をクリアーした方が20人を超えていた。
ケーブルの山頂駅でいつもの天狗饅頭をほおばって
琵琶滝コースを下る。
このコースはほかのルートよりちょっときつめの下りだけれど、
ほとんど雪はなく日差しもさしてすっかり乾いていた。
高尾山も自宅界隈もあまり温度に変わりはないのかしら、、、?

下山後直行したのが一度は行きたいと思っていたトリックアート美術館。
高尾山口駅の目の前にありながらなかなか行く機会がなかったが
友人を誘ってようやく。

建物の外観からいつも想像してはいたけど、
意外と中は広いというか広く感じさせる仕掛けがいっぱいで
予想を上回る楽しさ。
トリックと思っていても
不思議??しかもその謎が解けなかったりするのが悔しい。
でも解説者の方がいらして優しく教えてくださったり、説明文もある。
それでも、やっぱり絵は飛び出してくるし、
奥行きがあって突き進めるように感じたり、
下に降りたりできる気がする。
どが入口でどこが出口わからない迷宮に迷い込んだようにドキドキしたり、、
絵が動いたり、揺れたり、立体的になったり、、、。
お決まりのエイムズの部屋(大小逆転?)や超重力の部屋(下から上にボールが転がる?)も。
画期的なのは自分で触って確かめたり、カメラを取っていいこと。
飛び出る額縁の写真を撮るために素敵な衣装の数々も用意されている。
いつもトリックがわからなかった下半身が消えてしまうしかけも。
そういうことだったのかと納得しながらも、やっぱり不思議!!
衣装を着替えたり、靴を脱いだりが簡単にできれば
もっと楽しめたのですが、登山用の靴や服装で(ー_ー)!!)
トリックアート3
円筒に映るとドラクロアの民衆を率いる女神に
たかお3
左右・上下に絵が動く
トリックアート7
下半身が消えた?
トリックアート6
子供たちが歩いてくる?しかも見る方向によってちゃんと向きを変える?
トリックアート5
女性トイレの鏡
R0013160.jpg
女性トイレのドア

そんなこんなで2時間くらいあっという間。
結構汗ばむほど興奮して疲れた。
外に出ると冷たい風がひんやりと気持よく感じ、
のどが渇いたと思うそのタイミングにコインとクッションを用意くださって
テラスで自販機の好きな飲み物が飲める素敵なトリック(?)
神殿の滝のあるオープンテラスで
ホットのショウガレモンをいただいて一息。
今度は掛け持ちをしないでゆっくりココだけで勝負したい。



腹いっぱい食べて楽々痩せる?!

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」 肉を食べても酒を飲んでも運動しなくても確実に痩せる! (ソフトバンク新書)腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」 肉を食べても酒を飲んでも運動しなくても確実に痩せる! (ソフトバンク新書)
(2011/06/18)
江部 康二

商品詳細を見る


こんな素敵な方法があるならと飛びついたけど
はじめにという序文だけで
絶対私には無理とすぐ分かった。
なぜなら食事から糖質を抜く方法なんだもの。
ご飯・パン・うどん・ラーメン・お好み焼き・たこ焼き・菓子類・果物
これらが食べられないなら太り過ぎで死ぬ方がまし。
肉を食べても・酒を飲んでも・運動しなくてもいいそうだけど
私は何と糖質を愛していたんだと改めて気づいた。
生活もボディもスリムを願ったけれど
とりあえず安易な方法の一つは潰えた。
この間読んだ貝原益軒が言っていたように
健康のためにはやっぱり我慢が必要なんだと思う。
健康は知性が私のスローガンだったんだっけ。
すぐ忘れる!!
腹八分目で我慢できるのは知性なんだ。
あほでこらえ性のない私はかくして今年もはやダイエットに躓く(ー_ー)!!



デジカメ故障

おやき
来週のお料理会の試作にお焼きを焼いて写真を撮って
パソコンに転送したらなんと2枚しかデーターがなかった。
ていうことは先日の大国魂神社の安産祈願の画像も消えてしまった。
何度やっても画像がありませんの表示だけ。
しまいに2枚まで消えてしまった。キャノン電話し手もらちが明かないので
購入したキタムラに。
例のない故障のようで驚いていた。
5年保証に入っていたので修理対象かどうかわからないけど
とにかく送るとのこと。
何せ使い方が激しいのでかなりあちこちぼこぼこ。
おとした傷や擦り傷も1つや2つではない。
でも突然の異常現象で手の打ちようもない。
いまどきのデジタルの故障っていうのはこういうことなんだと思い知る。
全く故障を予期してないときに突然沈没。
具合が悪そうなんて症状もないので
アナログ的にねじをはずしたりしようもない。
修理費は15000円前後。1か月くらいはかかるとのこと。
買った方がいいですよという店員さんのアドバイスに納得。
とりあえずスマホを買ってからそのままになっている
むすめのデジカメを使うことに。
おやき2
ところでお焼きは
漬けていた高菜がちょうどいい具合に発酵してきたので
とてもおいしかった。
生地は薄力粉に強力粉の全粒粉。
ちょっと色がついて田舎っぽいのがいい。
自分で作ると具だくさんで満足感に差。
と言いながら4個も食べてしまった(ー_ー)!!
今のところ愛機IXY510の
記念すべき最後の写真となった。



二日酔い

ひょっとしてこれって二日酔いかも。
最近めまいに吐き気は疲れると出る症状で慢性化してきているけど
今日はむかつくけど目は回らない。
気分が悪いだけ。
昨日訳も分からず二次会で濁り酒をいただいた。
あのせいかな。
あまりお酒を飲むことがなくて
二日酔いがどんなものかも知らなかったのが
今頃不良婆になって調子に乗ってたかも??
新年会のワインの後、二次会で日本酒を飲んだので。
二日酔いならいいんだけど
体調が悪いと何か別に原因があるのではと
心配になっていた。
二日酔いでありますように、、(^_^;)
今日は母の誕生日。
87歳。
元気で明るい声で電話口に出る。
老いを感じさせない華やいだ声。
頼りなくはあるけど杖もつかず、
眼鏡もかけず新聞を読み、
朝6時前には起きて
すぐさま布団をあげ、着替えて化粧を済ませる。
耳は少し遠いけど、誰の世話にもならない自立した一人暮らし。
大したもの。
元気でいてくれて本当にうれしい。ありがとう。






新年会

恒例の自治会の新年会。
毎年参加者も多くて普段ほとんどお顔の合わないご近所さんと
お会いでき安心する。
わたしの話題はもちろん介護のことだけど
同様の方も多くもり上がる。
何時もは自己紹介の時間が結構あるけれど
今年はそれをしないで歓談中心。
そしてビンゴゲーム。
とってもいい趣向でみなさん和気あいあいの雰囲気。
さらに
例年通り二次会をしてくださるお宅にその後も集まって
7時過ぎまで。
お子さんとその子供さんまで加わって3世代のパーティ。
お忙しいのに毎年この場を用意してくださることに感謝。
ご近所で親しくできるって本当に大切なことだけど
いざそれを実行して続けるのは大変なこと。
ありがたい。
私はお断りしていたがそれでもとお誘いくださった。
参加できてよかった。
夫は毎年二次会は不参加だけど無理に誘う方がいいかどうか迷うところ。
人見知りで億劫な気持ちも理解できるし、
一方で地元デビューをしておかないと老後が不安。



安産祈願

長男の二子が五カ月入ったので
安産祈願に。
ママのご両親もわざわざ見えたので久しぶりにお目にかかる。
まだところどころ雪が残る大国魂神社はいまだに初詣の方も多い。
祈祷される方も50人単位。
家内安全・交通安全・健康・病気平癒・受験・なんでもOKなのがすごい。
長男夫婦も信心深くてあちこちのお参りをかかさない。
姑や母たちのお守りもいつも届けてくれるので
随分喜こばれてもいる。
境内の広さと荘厳さに初めてという夫は驚いていた。
姫と3組の夫婦で遅めの昼食。
時間がかかってしまったので
予定していた店では食べられなかったけど
伊勢丹の中のお蕎麦屋さんが意外においしかった。
姫はママのおじいちゃんおそばを離れず
クールなじじ&ばばと呼ばれる我々はなるほどねと
その子供の正直さに感服。
愛情の差じゃなくて愛情表現の差とは思うけれど、、、(^_^;)
3月に入るとママは産休に入ってお里帰りなので
存分に可愛がってもらってね。
誰でもいい。
愛された記憶こそが力になるって気がする。

午前中は福家先生の食と健康の講座に。
お茶と野菜と果物の生理的活性について。
やっぱり生の食べ物から摂取できる成分はすごい。
未知の部分も含めてしっかり食べなきゃって再確認。
何と高校の同級生に遭遇した。
あって不思議はないけど
でもやっぱりこんな特定の講座で会うなんて不思議。



久し振りの断捨離

姑の家ばかり掃除していて
わが家がおざなりのまままたもや年越し。
ようやくひと心地ついて
娘の使っていた部屋を片付けた。
何と押入れ上段の右半分の空間ができた。
衣類やバッグを市のリサイクルショップにも届けた。
昔の写真やネガがまだダンボールにいくつか。
旅行の資料もそのままのものがかなり。
20年前の写真は
妹はいまほど太ってなくてとてもきれい。
夫にも黒い毛がある。
私だってそれなり。
子供たちがなんともかわいい。
ということでいずれ時間があるときに整理、、、(ー_ー)!!
姑が派手になって着ないという衣類のいくつかと
貯めこんでいたエルメスのスカーフを
年末にわが家に送ってきていたが、
やっぱり寂しいから送り返してと言ってきた。
ものに溢れ返っても着ないし使わないとわかっていても。
その執着には圧倒される。
エルメスのスカーフは息子の嫁たちや娘にあげてと言ったけど
いまどきの娘たちは誰もいるとは言わなかった。
私もすでに2枚持っているので
これ以上使うとは思えない。
そのまま送り返せる。
セーターはすでに心当たりに差しあげてしまったりし、
1枚は私が着させてもらった。
なんだかとっても気分が悪くてまたもや溝が深まった。
それでも1週間余りが過ぎたので
ようやく気持ちも収まって
孫の写真をプリントアウトしたものや
果物を添えて梱包した。
そしてやはり断捨離は自分のことだけをやるものだと深く悟った。
自分の断捨離に弾みがついてはかどった。
その心には姑と同じ執着心を見るので
とても批判などできないとつくづくまた思い知る。







歯科医に

新年そうそう虫歯が見つかったので治療に。
しかも前歯。
隙間がないので糸ようじもうまく使えず見逃していた。
麻酔をかけてするので痛みはないがやっぱりいい気持ちのものではない。
来週確認をして今回の治療は終わり。
軽症でよかった。
午前中は3B体操。
月2回じゃ慰めにもならないけど
やらないよりは増しという程度。
早くヨーガが再開してくれるといいけど9月以降のはず。
だからと言って情けないことだけど自宅で自分で続けるという強い意志もない。




男の料理会

今日もまた雪の後遺症で運転は危なそう。
仕方なく出かけてみると
凍っているのは車通りの少ない我が家の前くらいで
ほとんど運転に支障はなくて良かった。
いつもは車の方も電車で見えて多分1時間以上。
それでも来てくださるのだからうれしいし励みにもなる。
レシピは
牡蠣グラタン・ポトフ・大根サラダ・かぼちゃの茶巾絞り・切り昆布の煮物。
IMG_6613_20130117010250.jpg

2013.1.16

2013.1.16-5
2013.1.16-6

同じ料理でも班によって盛り付け方が全く違うのが面白い。
カロリ―高めだったけど野菜が豊富なヘルシーメニュー。
おいしくて私も完食。
菜飯が意外と好評で皆さんお代わりをされていた。
-3

久し振りに妹が時間が取れるというので
帰りに自宅によってゆっくりティータイム。



雪の後

すっぽりの銀世界に浸ってばかりはいられない。
出勤途上の夫からは路面凍結外出要注意のメール。
私だってできれば行きたくないけど
明日はお料理会。
妹からは当日近くのスーパーで買うことにすればの電話。
まあいい天気なので午後にはかなり溶けて安全かもと
様子見をしていたら
メンバーの方がチェーンをつけているので買い出しを手伝いますの電話。
何と優しいお心遣い。
すぐさま便乗してお迎えに来てくださった車で買い出しに。
助かった。
おかげで午前中にあらかたの買い物は済んだ。
午後大きな通りは除雪されているので
用向きのあった友人宅まで。
すぐ帰るつもりが話し込んでいるうちに
日が陰って一気に冷え込んだ。
日が陰るとすぐにまた凍結して家の前ではスリップしてなかなか
車を車庫に入れられなかった。
ほんと恐ろしい。
ほんのちょっとしたことが事故につながるのであとは大人しく。
近隣だけの動線でもこんな状態なのに
仕事となればどんなに大変だろうと申し訳ない。
毎日大雪と戦う地方だって。
こういう不平等感てどうしようもないけど申し訳ない。




初雪

2012.3.14-3

雨だと思っていたのがいつの間にか雪に。
そしてあっという間に銀世界。
NPOのコンサートが気がかりだったけど
やっぱり行けなかった。
2012.3.14-2

2012.3.14-1



ようやく見られました高尾山のシモバシラ

リベンジを期してまたもや高尾山に。
さほど気温は低くないけれどそれでも庭には薄氷も張っている。
ちょっと出遅れて9時前に清滝に。
稲荷山コースから。
日差しもさして寒さよりも朝の冷気がすがすがしい。
今日は富士山もばっちり。
2013.1.13高尾山5

そしてシモバシラもばっちり。
2013.1.13高尾山4

2013.1.13高尾山3

2013.1.13高尾山2

2013.1.13高尾山

今冬初めてのシモバシラ。
幾分小さめでだけどやっぱり自然の芸術という美しさ。
アップの写真が相変わらずいまいち(^_^;)
山頂で休憩し、富士の雄姿もゆっくり眺めて

1号路から薬王院を経て琵琶滝経由のコースで下山。
我々が下るころは登山者もピークでかなりの混雑。
山頂も薬王院もごったがえしていた。
健康手帳のスタンプは5個目。
高尾山はますます激しく人気スポットになってきている。



またはまってしまった


午前中NPOの理事会。
すでにこの活動が発足して20年以上。
メンバーがそのまま高齢化して
平均年齢が70を超えているそう。
そのため日帰り旅行や一泊旅行の企画については
安全面や事故の場合の対応について考えておく必要があると
言う話題にびっくりした。
すでに老人ホームから講演会や行事に参加されている方もおられるとか。
前期だけでなく後期高齢者の比重が大きくなっている。
自分も含めてだけど
皆さん年を取られたなあなんて客観的に思うことはあったけど
現実はもっとシビアに進行していた。

ときどき魔がさしたようにはまるパソコンのゲーム。
忙しくてあわただしかった年末とお正月、続いてお料理会と済んだので
やることはあってもくつろぎたいやわな性格。
ついはじめて見たらやっぱりはまって止められない。
ランキングなどつくものだからなおさら。
砂時計のように時間が過ぎてゆく。
秒単位ではなく時間単位で。
おびただしい時間の浪費という後ろめたさに責められながら。
パソコンに入っているゲームはその軟弱な性格自覚して
最初に削除しておいたが
今や無料のゲームがわんさかパソコンで呼び出せるのが困ったところ。
来週の料理会のレシピづくりに入らないとやばい(ー_ー)!!




男の料理会

今年初めての料理会。
やっぱり緊張する。
昨年とほぼ同じメニュー。
結構盛りだくさんだった。
ブリ大根、大根のサラダ、切り昆布の煮物、ぜんざい、茶碗蒸し、菜飯。
料理会13.1、11-3
ボリュームもすごくてまたもや反省。
お野菜の急騰で材料費のやりくりも大変。
大根198円。
三つ葉198円。
一方でレンコンが割安感があって思わず追加してしまう貧乏性(ー_ー)!!
(夜のNHKのニュースでも野菜の高値とその中でレンコンが比較的安いと言っていたので
やっぱりと、、)
ぶりはヨーカドーの魚屋に電話するとが天然ものブリ大根用のセットが入荷していて
とりおいてくださった。
最近はスーパーでも魚を切り身で仕入れていたりして
あらが出ないこともあるので確認が大事。
8セットのうち料理会用と試作用で7セット。
4人の欠席だったので結果としては多すぎた。
このへん男量が微妙でいまだに悩んでは
何時も多めに調達してしまう。
それもこれも含めて調味料やレシピの印刷費まで総てで1人分600円てなんと良心的!!
誰も褒めてくれないけれど、、、(^_^;)

料理会13.1、11-2

料理会13.1、11
出来上がったお料理は別室の和室で。
出来映えの満足そうな笑顔が素敵。



多摩大学リレー講座

秋の最終講座は学長の寺島実郎さん。
最初に岡寺に初詣に行かれたというお話しから。
飛鳥の岡寺や飛鳥寺あたりは私も大好きなので
(と言っても長くいってないけれど)
わざわざ新年にその地を訪ねられることが興味深かった。
そしてそんなお話をされることもまた、親しみがもてる。
実際は動き出した安倍政権の今後が知りたかったけれど
先生もまだ見極めには早すぎるということかも。
近著「大中華圏」はずっと先生が主張してこられたことの集大成かと思われる。

▼中国が世界に向け英語で発信する国際放送CCTVは、尖閣問題をはじめ領土などをめぐる問題に焦点を当て、中国の立場から日本についての批判を展開し、国際的なイメージアピールを戦略的に図っている。この問題で重要なのは米国の立ち位置である。米国は日中両国に配慮して、あえて中立的立場をとっている。この曖昧作戦ともいうべき構造が日中関係をより複雑なものにしているが、日中関係=米中関係という構図に気付くべきである。7、8年前は経済的ネットワーク上の仮説概念であった「大中華圏」が今や現実となりつつある。大中華圏とは本土の中国だけでなく台湾、シンガポール、香港を含む概念だが、現在中国の経済成長は、これらを包括した相互ネットワーク型の発展を遂げている。さらに経済的連携だけでなく政治的意味も持ち始めた点が重要だ。2008年の北京オリンピック以来、「中華民族」という表現が頻繁に使用され、同朋意識をより深化させる意図も感じられる。 日本人はもっと視界を広げ、近隣諸国には馬鹿にされたくないという程度の矮小なナショナリズムに傾倒するのでなく、21世紀型国際関係への構想力を高めなくてはならない。

BSでも新たな番組を提供されている。
就職する学生たちへのエールと思われるが
今の子供や学生はスマップの『世界でたった一つの花』を謳いながら育つので
就職の現実に3年の我慢ができない。
わかりやすい解説になるほど。
対談の相手の方々がそうそうたる方ばかりなので就職に縁のない私にも面白そう。
とにかくよくこれだけのスケジュールをこなせると驚嘆。
明日の料理会の買い物と準備だけで大わらわの私(ー_ー)!!



高尾山に

昨夜友人にメイルし誘ったら即OK。
勇んで高尾山に登ったのに
シモバシラは完全に空振り。
全然見られなかった。
6日に登った時は山道でもかなりの霜柱がたちシモバシラらしきものも
少し見られたが
今日は曇りのせいか稲荷山コースに霜柱は全然たっていない。
山頂には登らず巻き道で
毎年シモバシラが見られる場所に直行したが
嘘のように何にもなし。
そういえば早朝いつもならストーブをつける前の
温度計が7度くらいなのに今朝は10度もあった。
庭に霜も降りてなかったっけと思い返す。
でも高尾山頂でなら夜は零度以下になるでしょうと
思ったけど
残念ながらシモバシラはその片鱗さえもみられなかった、
朝曇っていてさほど夜は冷え込まなかったらしい。
その分9時過ぎてもあまり温度自体は上がらないけれど
でも風もなく寒くもない。
仕方ないので山頂に戻り
持参のおにぎりに味噌汁、みかんやチョコなどいただいて
1号路で薬王院まで。
薬王院で健康手帳にスタンプを押してもらって3冊目の4個め。
ケーブルの山頂駅で天狗饅頭を買ってのんびりと琵琶滝コースを下山。
山歩きとすれば楽しかったけれどシモバシラを見れなくてその楽しさも半減。
まあそんな日もあるということで。








初新年会

母が帰って正月も終わって平日感が戻ってきた。
今週の料理会のレシピの作成と送付。
夕方今年初の新年会に。
遊び計画の合間に加齢対策と葬儀のための互助会の話まで話題満載。
魚料理が美味しいお店で。
夫も昔の単身赴任地名古屋での新年会にお泊りで。




母と1週間

スカイツリー2

咳と痰がひどい母を
病院に連れて行きたいとずっと思っていて
ようやく今日医科歯科大に。
10年来の持病&難病は
耳鼻咽喉科的にはさほど心配する症状ではないとのこと。
気になるようなら呼吸器科にと言われ
とりあえず今回は一安心ということに。
さすがに大病院は分業が徹底している(^_^;)
1日ティッシュひと箱のタン、同宿すればこちらが気になって眠れないほどの
咳が改善するわけではないので余り解決にはならなかったけれど、
大病院に行ったという気休めにはなった。
不思議なことにわが家に逗留中は
咳も幾分和らぎ、タンはほとんど出ないという摩訶不思議。
加湿器や空気清浄機のせいか、安心の精神的なものか
全然わからないけどとにかくよく眠れて症状も収まってしまう。
思いがけず診察もスムーズに済んで会計も割りと早く済んだので
押上まで出てスカイツリーを下から眺めソラマチで食事。
小学校の同窓生の息子さん経営のお店トップテーブルで。
(今を時めく山下春幸さん直営です)
スカイツリー3  そらまち
トップテーブルのとろとろオムレツと煮込みハンバーグ
東京煙突
人気のスイーツ東京エントツ

そのあと今日帰るという母を東京駅まで。
新装なった東京駅を見てから新幹線に。
スカイツリー

普段使わない杖を突きながら歩きにくそうな母の手をずっと引いて歩く。
元気だけれど足元がおぼつかないのがもう一つの気がかり。
京都からは一人で乗り換えて帰れるかしらと心配。
いつも京都には一人で父の墓参りに来ているので
大丈夫と相変わらず気丈だけどお互いに老いはひしひし。
来たくないというのを無理やり連れてきたけれど
母にしては珍しく1週間以上の長期滞在。
もう少しゆっくりしてくれればと私の方は思っても
取りつく島のない人なのでこれ以上は引き留められない。
コートやセーターを一緒に買い物に行って見繕ったり、
自慢のカレーや餃子なども食べさせたかったし
懐かしがっている福生にも連れて行きたかったし
熱海の温泉でゆっくりもしたかったし
映画好きの母と映画に行ったり、ビデオも見たかったし、
断捨離も手伝ってほしかったりしたけど、、、






初高尾

長男夫婦・母とともに高尾山に。
長男と夫は稲荷山コースから。
昨年は長男が姫をを背負って登ったが
今年はママも身重だし、母もいるので女性陣はケーブルで。
薬王院までは何とか姫も母も歩けたのでそろってお参り。
本堂での護摩法要がちょうど行われていて姫が参加するというので
ついつい中に入るとそのまま1時間ほど。
それでもいつもは入れない本堂御開帳の法要はそれなりにおごそかで
煩悩多き身としては良い時間になった。
すでに頂上から降りてきた長男と夫とも合流し、
久し振りに健康手帳にも押印してもらいめでたく2冊目は満行となり、3冊目を購入。
帰りは昨年も立ち寄ったカナリーロウでイタリアン。
午後久しぶりに姫に付き合って公園に。
お砂場遊びなどお付き合い。
お友達にとっても関心を示すけど
積極的に声掛けのできない気弱さが歯がゆい。
早めの夕食を食べてご帰還。
今年は母をまじえてゆっくりお付き合いできた。



妹宅に

長男宅に。
新居に母と。
年末のせわしない師走に近い時期の引越しでママは本当にご苦労様。
共働きの上に妊娠4か月、そしてやんちゃ盛りの姫。
だけど若さでそれが全部こなせているときが
後から思い出せば一番楽しい時期だよなんて言ってもね。
応援よりは嫌味に聞こえそうなのが嫁姑のつらいところ。
すでに姫のお部屋はおもちゃで埋め尽くされているけど、、、(^_^;)
それが片付いたって証拠だよね。
姫はおもちゃに埋もれながら
自分の言葉とイメージで自分の世界に遊んでいる気配。
ローンのことを考えると頭は痛いけど
素敵なマイホーム。
今年新たな家族を加えて楽しい歴史をいっぱい作っていってね。






謹賀新年

おせち料理
おめでとうございます。
母と二人で近くのお寺で除夜の鐘を撞き、
そのまま神社での初詣も済ませました。
初めて二人のお正月を迎え、
元気な母と一緒にお参りに行けるというのがうれしかったです。
いつまでも元気でいてほしいと願います。
ゆっくり朝寝をして
それから形ばかりのお神酒でお祝いし、昨日のにわか作りのおせちをいただいて横浜の妹宅に。
こちらは美しいおせちでめでたかったです。
甥っ子たちが
我々が来るとひときわ母さんが嬉しそうだと歓迎してくれました。
こちらも久しぶりにご主人や甥っ子にあえ、
その元気そうなのに安心しました。
家族4人に我々が加わってお祝いの膳を囲み、その後は
3人でかまびすしいひと時を楽しく過ごしました。
結婚以来お正月に母と娘3人がそろうなんて初めてなので
母も喜んでくれたのではと思います。



カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ