おさんどん

姑はお食事をし、しゃっべってひと眠りの繰り返し。
食欲は以前より好調。
一時食べたくないと言っていた
甘いものも食べられるようになって
それが何より体調の復調のあかしのよう。
トイレも歩行器でならひとりで行けるので一安心。
三食を用意し掃除をし、洗濯をし、買い物をし、、、
介護と言ってもおさんどんをしていればいいだけで
楽と言えば楽。
ヘルパーさんへのバトンタッチを考えると
至れり尽くせりがいいというのではないというのは明白だけど。





姑退院

10月25日早朝に転倒し大腿骨骨折をし
翌26日に手術して入院中だった
姑が退院。
昨日まで忙しくしていたのと年末とが重なって
早く出るつもりが遅くなって新幹線乗ったのは11時過ぎ。
特急「くろしお」との接続も悪く病院に着いたのは5時過ぎ。
片づけ、手続きや同室の方へのご挨拶、ケアマネージャーさんとのお話を済ませると
退院は6時を過ぎてしまった。
歩行器を遣って姑は歩いて隣接するマンションの自宅まで。
90歳と言えどもすごい回復力。
その気力と体力に感心する。
ケアマネージャーさんが入院前より明るくなって
よく笑われるようになったとおっしゃった。
これからの生活能力がどの程度かわからないけれど
とりあえず自宅に戻りほっとした様子。
姑にしても私にしても暗中模索の日々。



消える富士見通り

クリスマス-2 クリスマス

大人だけになると
格段クリスマスという風情もなくよく晴れた冬空も普通の1日。
飾りも何も出さずにモンステラのグリーンに
チョコレートでできたベルのオーナメントをつるし
いただいた折り紙の小さなツリーを玄関に。
それよりか晴れた空を見て
高尾山のダイヤモンド富士に出かけようということに。
ところが目指す富士の方角はどんより。
見上げる空は真っ青なのにと気になって
一応富士山が見えるかどうか確かめようと
駅周辺をうろうろしたら
どこからも見えなかったので行くのをあきらめた。
だけど曇や雲のせいなのかがわからない。
数年前までこの界隈からならあちこちから富士が見えたのに
富士の見えるスポットがいつの間にかほとんどなくなっていることに
改めて気づいた。
何だかそのことにすごくショックを受けた。
富士山が見えることってすごくうれしくてその眺望を楽しみにしていた。
それが見えなくなってしまったことも哀しいけれど、
そのことを確認しないまま数年もたっている己の鈍感さも情けない。



姫と1日

姫は昨夜大泣きしたそうですが早々と寝てしまった私は全然気づかず。
本人いわく「パパがいなかったから」
でも本当は引っ越しに続く新しい保育園生活などで
疲れてるんだろうな体も心も。
たった3歳の体と心には大きすぎる変化だものね。
でも朝起きればご機嫌。

冷凍のパイシートに紅玉があったので朝からばあばとアップルパイを作った。
皮をむいたリンゴを姫が切って、シーの上に置き、三温糖・シナモン・バターそれにパン粉を降りかけただけの超簡単レシピ。
2012.12.23-3

IMG_6500_20121225042829.jpg

行くはずだった新居から
食べる予定だったもつ鍋の材料を抱えてお昼前にはパパも。
美味しい!上手!と言いながらみんなでいただきました。
到来物の晩白柚もしばし遊んでからパクパク。
ちょっと酸味の強い柑橘系もお好きみたい。
皮やみかんや野菜くずがいっぱいできたので
一緒に畑に埋めて生ごみリサイクル体験。
言葉や物事の理解度は目を瞠る成長ぶり。
3歳の脳を見てみたい衝動・羨望・嫉妬。

早めの夕食でもつ鍋を食べ終わった頃
娘もご帰還。
ますます姫のテンションは上がったけれど
明日仕事のパパと一緒に9時には帰宅。
姫の存在で華やいでいた空間は一気に大人空間に。



姫来宅

雨の土曜日。
明日行く予定にしている姫から
今日来るとのこと。
サンリオとクリスマスイルミネーションが目的。
もちろん拒む理由はない。
大歓迎。
午後遅めにジイジお手製のパスタを食べて
ジイジは張り切ってサンリオに連れて行ったけど今日は空振り。
1時間ほどでSOSのお迎えコール。
それから買い物をしてイルミネーション散歩。
と思ったけれど
これもイマイチ盛り上がらずに帰宅。
お腹すいたの声に早速夕食。
姫のご機嫌取りに振り回されてしまった。
彼女と1日付き合うママが疲れるのも分かる。
元気野菜の食養生が必要だと思うけど
ばあばが手出しできないところがつらい。
もやしっ子を泥んこにするのはパパとママだもんね。
ディズニーランドやサンリオより
海や川や山とりあえず土だよと思うんですけど。





高尾のダイヤモンド富士

多分見えないだろうと思いつつ
高尾山に。
お料理の仲間との恒例になりつつある登山。
午前中近くに建設中の老人ホームの見学会に参加したので
ケーブルコースで。
老人ホームは立地やシステムなど確かに良くできていたけど
居住権と居住費を考えるとかなりお高くて思案のしどころ。
用意できるお金や年齢・家族構成など早めに対策を考えている人には
良くできていると思ったけれど夫は高すぎると却下。
初めての見学だったので
また機会を見ていろいろ見ることも必要。
自分も含めて老後は他人事ではない。

ところで高尾山は2時高尾山口出発の8人の先発の稲荷山コース登山隊を追いかけて
我々4人は3時のケーブルで。
山頂ですでに場所取り完了のメンバーと合流。
見えない夕日と富士山を気にしながらも
持参の飲み物(アルコール可)と手作りの料理やつまみでパーティの開始。
案の定ダイヤモンドどころか日の入りがいつかも分からない。
IMG_6477.jpg
それでもあきらめきれない人々が結構いたけど
初めからあきらめていたのか
富士に背を向けて宴会で盛り上がるは不謹慎なグループ(^_^;)
takao12.21
日が沈むと一気に暗くなるので早々に下山。
ケーブル駅近くの見晴らし台からの景色はすっかり美しい夜景に。
takao12.21-4
その後はケーブル組とヘッドライトをつけての徒歩下山組に分かれ、
私はもちろん歩いたが
昨年と違って下山コースにライトがついていて
随分歩きやすかった。
下山後また恒例の蕎麦屋での飲み会。
登山している時間より飲んでいる時間のほうが長い変な登山会。
しかもこの飲み会だけ参加のためにわざわざ来てくださった方もいて
ダイヤモンド富士もいいけど
このお付き合いこそがダイヤモンドなんて
言っちゃって。



清貧を楽しめるかな

午前中ことし最後の3B体操に。
毎日やれば効果あるだろうなと思うけど月2回では(^_^;)
午後、生保の人のすすめで個人年金に。
母や姑の長寿を目の当たりにして
何となく80歳くらいまでと考えていた生活設計を
もう少し延長しないといけないという気になってきた。
政権が何党のだれに移ろうとも
高齢者の老後が国家任せで安心とは思えない。
すでに収入が少ない今になって
老後資金を考えるのは遅い気はするけれど。
90歳でなおあと10年できれば20年と
考えられる姑ほどの元気は無いけれど
子供たちに老後を託すわけにもいかないので
質素倹約の日々がまた続く。
ちょうど貝原益軒の養生訓を読もうと思って
その関係本の『清貧を楽しむ』高橋聰典を借りてきたタイミングもすごい。
清貧を楽しむ。 ―人生哲学として読み直す『養生訓』清貧を楽しむ。 ―人生哲学として読み直す『養生訓』
(2011/05/27)
高橋聰典

商品詳細を見る


まあ贅沢ができるほどお金もないし、
またやれと言われてもできない貧乏性だけど
健康で楽しい今後ではあって欲しい。
夫にもゆっくり楽しい時間を過ごしてもらいたい。
まず最初に養生訓の三楽。
人には楽しむことが3つある。
一つ目は道を行い、正しさを楽しむこと。
二つ目は病気をせずに心地よく楽しむこと。
三つ目は長生きを楽しむこと。
なんだかほっとする。





越年ばかり

先日からHPやブログも整理したいなと
暇な時にやればいいことをこの暮れの忙しいときに
触り始めたら
リンクがうまく貼れなくてめちゃくちゃになってしまった。
とりあえず収拾するのに
えらい時間がかかった。
ブログの簡便さに慣れてHPの作り方がすぐには思い出せない。
その割にはページが多すぎて、、、(ー_ー)!!
ホームページは整然とツリー型につながっているので
一つ末端を触ると次から次へとリンクを替えなくてはいけなくなって
やめときゃよかったと大後悔。
また、なぜかHTMLのまま表示されいるページもあるけど
今触るのは恐ろしすぎる。
まああれこれとあちこちに書き散らかしているので
いずれは整理したいけど
必要性を感じている人は多分私以外にいないわけで
その私自身さえ「別に」って感じなのだから
急ぐ必要はさらさらない。
でもとり散らかっている状態は部屋と一緒で
気になって整理できれば気持ちいいだろうというだけだけど
昨年も思っていたので
また年を越すことになる。



冬のメダカたち

寒くなってメダカの水槽になっている火鉢には
朝方表面に氷が張っている。
メダカたちはほとんど姿を見せず
エサをあげても水面には浮かび上がってこない。

去年も何もしなくても大丈夫だったので
悪いけど我が家はこのまま越冬してもらうつもり。

ところで仕込んだ柿酢は2,3日に一度はかきまぜないといけないらしい。
あまり美しいものではない。
泡立って確かに菌たちが働いて発酵はしているらしい。
柿酢


これがあの透明な酢に変わるまで
あと3か月。
菌たちの働きにお任せして3か月待つっていうのは面白く楽しい。



レモン&ゆず

ご近所の方からは庭でなったレモンをいただいた。
レモン

我が家では今年美しい花をいっぱい咲かせたレモンが
突然枯れてしまってレモンの喪中。
とっても大きくて美しいりっぱな実。
うらやましい限り。
もともとこのお宅のレモンが素敵で植えたもの。
私はお礼に今年豊作のゆずを差し上げる。
昨日は友人が新高をわざわざ届けて下さった。
大きな立派な梨。
やっぱりゆずを差し上げた。





柿酢初挑戦

なんだかとってもあったかくて
庭に出ても気持ちがいい。
どうあがいても枯れるだけなのに
最後まで残していた
ピーマンと千日紅を抜いた。
今までならゴミに出していたけど
小さく刻んで土に。
吉田先生の良い子ちゃん達じゃないけど
生ごみリサイクルで元気野菜のための土づくりに励む私。

生ごみ先生の元気野菜革命生ごみ先生の元気野菜革命
(2010/12/24)
吉田 俊道

商品詳細を見る


今年庭で取れた柿で柿は食べてもあまりおいしくないので
酢を作ってみようと
7日に仕込んでいたがいっこうにつぶれてこないので
おかしいと思ったら
自然につぶれるのではなく
つぶしてあげないとだめだった。
レモン

確かに実自体は柔らかくなっていて
マッシャーで簡単につぶれた。
一気にそれらしくなった。
柿酢3
いただい高菜もタッパーに塩漬けにした。
柿酢2
高菜は大好きなので柿同様好きと吹聴している(^_^;)
手作りの漬物や果実酒やジャムなどが鉢や瓶に並ぶのはなんだか楽しくうれしい。



100円の良作

久し振りに夫も家にいて朝はゆっくり。
ホームベーカリーで焼いたパンとコーヒー。
遠距離老老介護の日々でお疲れもピークのはず。
それでも午後には大学時代の教授の講演会に。
お元気で昔と変わらない声の若々しさに
驚いたとのこと。
ほんと先生っていつまでも変わらないしお元気なのにはいつも驚く。
師走でやること山積み。
年賀状の印刷をはじめたけど
何となくデザインが気に入らなくてそのまま迷って滞ってしまった。
仕上げたい縫い物もあったけど
ミシンの調子が悪く、あれこれ試みたけど全然改善されないので
思い切って修理に出すことに。
そんなさなか借りていたビデオも見なくちゃと
ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~
ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]ホット・ファズ~俺たちスーパーポリスメン!~ [DVD]
(2008/12/04)
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト 他

商品詳細を見る

に続いて
ペーパーバード 幸せは翼にのって
ペーパーバード 幸せは翼にのって [DVD]ペーパーバード 幸せは翼にのって [DVD]
(2011/12/22)
イマノル・アリアス、ルイス・オマール 他

商品詳細を見る

両作とも良作で
100円の価値を大いに見直した。
レンタルビデオでいい作品に出合うと
何だかお得な気分(^_^;)
忙しいといいながらビデオを見ているのはなぜ?



ボヤキと愚痴

姑は順調な回復ぶりを見せ
歩行器を使ってなら自宅に帰ることも可能になって
年内に退院できることに。
体力とともに気力や食欲も回復し
お寿司だけでなく、以前のように甘いものも食べられるようになったと
夫は随分安心した様子。
安心は安心だけど
介護にはどう対処していけばいいかがまだ、、、。
とりあえずわたしが退院に付き添い
年末とお正月は夫が姑とともに和歌山でいうことに。
東京の家が寒いのとまだ姑対応にはなっていないので
回復ぶりの様子を見ながらということに。
私は昨年同様母と。
もうこれからどうなるかわからないので
母も元気なうちにたまには東京でお正月しないと
電話したら断固拒否。
母はさみしいと訴える姑と違って
「独りのほうが気楽だからどっこも行きたくない」と
またまた頑固にいいはる。
東京に来れば妹家族もいるし孫たちもそろっているのにと
言っても
「一人でも全然平気」と可愛げのない強がりと本音。
いつもこの二人のはざまで苦慮しているなんて
知らぬげに。
姑の言葉に傷つくことは仕方ないとあきらめもつくが
母のストレートな言葉にはもっと深く傷ついてしまう。
母娘だから好きなことを言っても
あとに残らないからいいよねと母は流すけど。
実は私のなかではしこっているんですけど、、、(-"-)




介護準備&多摩大学リレー講座

いよいよせっぱつまって
包括支援センターにいって
住民票を移さないで
受けられるサービスを聞いてきた。
介護保険のおかげで
ケアマネージャーさんに担当してもらって
デイサービスも受けられるみたい。
今夜夫が出張の名古屋から和歌山まで足を伸ばして
先生に相談することに。
明日には会議があるので
午前の回診後にとんぼ返りの強行軍。
遠距離介護の負担が夫にどっと。
私はそのあと車の定期点検。
午後は多摩大学のリレー講座。
今回は財部誠一さんの
「メイドインジャパン現在の日本の選択肢」
かつて栄華を誇ったパナソニック・シャープ・ソニーの凋落。
ホンダトヨタの不振。
その要因は円高・中国の反日暴動などだけではない。
売れる技術だけに頼るとそれを模倣する追従者にすぐ追い越されてしまう。
模倣されない社会に対する責任感・消費者へのあくなきサービスなど
日本独自の付加価値がメイドインジャパンの強み。
キャタピラーというライバルをアメリカに持ったコマツは
建設機械にGPSをつけることで中国での盗難や盗用に備えて差別化を図ったとか。
確かにすごい。
だけど私からすればそんな多機能、そこまでの技術を求めていない消費者に対しても
これでもかと生産者側が自己満足的に勝手に複雑な付加価値をつけて
高価格で売っている場合も多いと思うけど。
今購買意欲が盛んなアジア系の人々はシンプルで故障の少ない使い勝手の良い廉価の
後発国の製品をこぞって買い求めている気持ちもよく理解できる。
かつて日本に買いに来ていた東南アジアや中東アジアの人々は
こぞって韓国や台湾や中国本土で買い物をしている。
かつてそれらの国と日本を結ぶエアーラインは山のような手荷物を持ち帰る人々で満員だったけど
今はそれほどでもなく、代わりに
韓国ラインは満席だし、空港の免税店でもまだ買いあさっている人々が目につく。
やっぱりメイドインジャパンは今現在の購買者に対して輝きを失っている気がする。
メイドインジャパンの再生がないとは思わないけれど
難しいだろうとは思う。






男の料理会 蕎麦打ち体験

いよいよ今年最後の料理会。
今回は趣向を変えて
以前料理会のメンバーさんだったそば打ちの名人にお願いして
そば打ち体験。
以前1度お願いしてととても楽しくおいしかったので
是非にとお願いした。
やっぱり素晴らしい出来栄えでおいしかった。
私はおそばをあまり好まないけれど
打ち立てゆでたてしかも今は秋そばの獲れたての3立て。
文句の言いようもなくおいしい。
4人グループで打つので時間はたっぷり1時間かかってしまったけれど
整然とした技術の繰り返しに美意識が加わって
そばにはたかがそばとはいえない何か。
2012.12.12-5
真剣!
IMG_6440.jpg
緊張!
2012.12.12-4
上出来!

でも食べるのはあっという間。
今日はおそばに天ぷら(イセエビ・まいたけ・サツマイモ・カボチャ)にタマネギと人参・明日葉・竹輪のかき揚げを添えた。
やっぱ麺類に天ぷら!
2012.12.12-3
天ぷらの材料仕込

2012.12.12-2
天ぷらは余裕だね(^_^.)


今日は全く私の好み全開。
喜んでいるのが私だけだったら申し訳ないけど
どうだったのかしら。
相変わらずうまいもおいしいの掛け声も上がらない試食タイム。

2012.12.12



野口種苗 野口さん

norabou.gif

以前NPOの講演会で一度お話を伺って
その後種は野口種苗さんからお取り寄せ。
固定種にこだわって
固定種の種を売ってくださるいまや日本唯一のお店ではないかしら。
今日は生協の講演の講師としてお見えになるので
楽しみにしていた。
1時15分開演のはずが会場の都合で1時半に。
二時間の講演予定の時間が短くなってしまうと一人ぼやいていたら
何と熱のこもった講演は4時半過ぎても終わらなかった。
会場が5時までなので主催者が慌ててストップ。
話したいこと・伝えたいことが山のようということがよくわかった。
中でも自家不和合性』とか『雄性不稔』
これについては野口さん自身のサイトから抜粋
交配種(一代雑種)と固定種の違い
http://noguchiseed.com/index.html
・・・『自家不和合性』とか『雄性不稔』とかいう現象が出て来て、遺伝子が弱って、子供ができにくくなっちゃうからなんです。
ところが、そうして弱ってきた遺伝子を、まったく違った遺伝子を持つ固体とかけ合わせると、一代目の雑種に限って、雑種強勢という現象が発生するんです。
どの品種のどの性質が欲しいか決めて、それぞれの自家採種をくり返して、発現した自家不和合性の原種同士を同一圃場に蒔いて、強制的に作った一代雑種がこの「○○交配」とか「○○F1」という品種なんです」
交配種の良い点は、まず揃いが良いこと。均一に成長するから、栽培計画が立てやすい。発芽も収穫も一斉になります。それと雑種強性のおかげで、成長が早いことや、果菜類では雌花を増加させて、収穫量を増大したりさせることもできます。
うちでも、茄子・トマト・ピーマン・西瓜・南瓜などの果菜類は、一代雑種が中心です。実の成るものは、樹勢が強くないと、長期間収穫できませんから。
あとは、特定の性質を付けやすいこと。例えば、ウィルスとか特定の病気に対する抵抗性や、ミニトマトやメロンの糖度の増加などは、一代雑種のおかげと言えるかもしれません。
(糖度の高い外国の地方品種=固定種=を見つけてきたおかげでもありますが)

交配種の悪い点は、まず第一に種苗の供給をメーカーに握られてしまうこと。
とりあえずのらぼう菜の種を取り寄せることにしよう。
何しろこの菜っ葉はこの地域発祥のオリジナル菜。
一番適している栽培地だってことだから。

固定種の良い点はたった一つです。一度タネを買えば、以後自分でタネを採れること。(うーむ。困ったことだ)
後は、しいて言えば成長が不揃いで生育も遅いから、(このスピード時代にはどう見ても欠点ですが)大きく育ったものから順に長期間収穫できること。
そして、日本人が長い間かかって受け継いできた、伝統の味、旬の味覚が味わえることでしょう。
・・・
そう種からして今の農業は危ない。
いったい何からどう考えればいいのやら(ー_ー)!!



アイパッドは必要かも-

これから遠距離介護の機会が増えることも考えて
パソコンのない和歌山や大阪に持っていける
アイパッドミニが便利そうと最近気になっていた。
それでNPOのアイパッド講習会に急遽参加を決めて
午前の部に間に合うように急いで出かけたら
わたしの早とちりで講習は午後だけだった。
でも事務所に講師の方が見えたので
厚かましく個人レッスンをお願いした。
イヤー想像以上に使える(使えそう?)だったぜ~。
だけど1時間ほど聞いているだけで頭が痛くなってきた。
ようやくなじんだこの愛すべきVALUESTARが
ほぼ必要ないというか
それ以上ばかりの機能で小っちゃくて可愛くて軽いチョー
便利ものになっている。
使い込んで愛着を育てるタイプの私は乗り換えがことのほか苦手。
だけどそんなことお構いなく
物は加速度をつけて進歩・進化してしまって
ついこの間買い替えたものさえ
無用の長物化してしまう。
この間スマートグリーッドのお話でそう感じたものを
今日はまさに実体で目の当り。
拒否するよりも受け入れるとして
さてさて、、、

午後お向かいの奥さんと久しぶりに顔があって挨拶をしたら
何と94歳のお姑さんを引き取って同居が始まったそう。
余りのタイミングのお話に
ゆっくり上がっていただいてお話を伺った。
いずこも同じような問題に直面していることに驚いたが
またまた日経の夕刊にも同様の介護の記事が特集に。
親が65歳になったら介護を考えるようにと言う内容に
冗談でしょうと笑ってしまった。
そんな周到な準備なんてできるものかな。
まあ我々が遅きに失していることは認めるとして
今の30代や40代が親の介護を真剣に準備するほどの余裕なんて
とてもないでしょうと思う。
自分たちの生活でさえ目途の立たない状況で
はたして介護まで目配りできるかな。
介護されることを考える年代が
ようやく場当たり的に介護に向かう現状で。
かなりかなり前途は厳しそう。




パーッチワーク展&年賀状

夫はフルートの発表会で朝からお出かけ。
パッチワークが趣味の友人に
いただいた作品展案内のことを電話したら
今日見に行くとのこと。素早い決断!
じゃあ久しぶりだからご一緒にということで
駅前でランチ。スパゲッティ食堂「ドナ」。
私は初めて入る店だったけど
彼女は何回か来ているとのこと。
私は渡り蟹のトマトクリームフェットチーネ(1180円)を
友人はブイヤベース風スープスパゲッティ(1130円)を注文。
IMG_6420.jpg IMG_6419.jpg

ともに冬季限定メニュー。
プラス300円のセットメニューにしてゆっくりおしゃべりを楽しんだ。
それから会場に。
細かい手仕事の作品を見ると
それを作り上げる長い時間がズシーンと来る。
それでいて温かみと生活になじむこれからの長い時間も。

帰りにビデオをレンタル。
旦那様の発表会には応援に行かずひとり時間を楽しむ。
なんて思っていたら
娘が帰っていて年賀状制作をしていた。
例によっていくつか作品を作っては悩んでいるので
ちょうど昨夜からけさまでに夫と私の分お3バージョンを
作った私はさっさと決めろと忠告。
わざわざ時間をかけていくつか作っては迷っているので
一つに絞って作ってさっさと仕上げるのも大事だと
いつも時間に追われている彼女の仕事の状況を垣間見る思い。
恋人も旦那さんもさっさと一人に絞ってほしいんですけど、、、(^_^;)



ヨーグルトとシャンソン

申し込んでいたプロフェッサー講座を初回と2回目を休んでしまったので
理事会をパスして食と健康の講座に。
テーマはヨーグルト。
わが家ではケフィアヨーグルトを作っているし、
カテッジチーズもときどき作るので
私にとってはさほど目新しいテーマではなかったけれど
各種ヨーグルト菌の有用菌としての働きはやはりすごいなあと思う。
身体も土もみんな微生物によって機能しているというのは驚き。
こんなに知識は詰め込んでいても
実際は便秘に悩んでいて
腸内では有用菌より腐敗菌が多そうなのだから悲しい。

午後夫とともに料理会のメンバーさんのシャンソンの発表会に。
皆さん楽しそうに精一杯のパフォーマンスでなごんだ。
同じくわが家のフルーティストも明日発表会。
頑張って!!
帰りに富沢によってパンの材料を調達。





男の料理会

CIMG6538.jpg
気持ちよく晴れた冬の青空
このクラスは今年最後の料理会
おせちと年末に活躍しそうなメニューの取り合わせ
キノコソースの煮込みハンバーグ・具だくさんけんちん汁・
高野豆腐の含め煮・ごまめ(田作り)・伊達巻。
CIMG6543.jpg

レシピを作りながら
おせち料理って日本人の食の知恵の集大成って感じだとつくづく思った。
もっと日常的に食卓に乗せたい食材でメニュー。
実際私自身が高野豆腐やごまめにしろ伊達巻・きんとんなどもおせちの時しか作らない。
体調が悪く2回連続で休まれていた方が復帰され
最長老の方は白内障の手術のため欠席。
レッスン中に手術無事終了のメールが入っていた。
たまたまのご縁だものお互いの健康を気遣うくらいの関係でいたい。

午後1時半からのNPOのセミナーに間に合った。
『新島八重の維新』安藤優一郎さん。
望ましい人材が次々に現れた維新は男性が時代の流れを作ったと思っていたけれど
なになに女性たちだって負けてはいなかったと嬉しくなる。
新島八重は先日のジパングの冊子にも特集されていたと思ったら
来年の大河ドラマの主人公だった。
なるほどね。面白くなりそう。
講義自体は眠気が来て余り集中できなかった。
1日に2つのかけもちが全然できなくなってる(ー_ー)!!







スマートグリッドって???

午前中3B体操。
3B(ベルター・ボール・ベル)というだけあって
いろいろな小道具をつかうのが面白い。
月2回のなので効果のほどは怪しいが気分転換にはなる。
午後多摩大学リレー講座。
前グーグル日本法人名誉会長、村上憲郎事務所代表 村上 憲郎(むらかみ のりお)氏 
タイトルが『電力システム改革の現況とスマートグリッドが切り拓くICTの新地平』
タイトルからして理解不能なのに内容は推して知るべし。
それにしてもとてつもない時代が来ようとしている予感。
置いてけぼりを嘆いても仕方ないんだよな。
結局日本全国デジタル放送になったように
いやだと言っても時代は動く。
総ての電力システムにスマートがついて
スマートでない私はついて行けない。
でも製品化されたものは結局否応なく新システムバージョンになり、
で新システムで適用、供給される。
それがもし、正しい進歩でなかったとしても
後戻りできないのはおそろしい。
限りなくシステムや機器がニューロンに近づいたとしても
ここの人間のニューロンではない。
総て人工のメカになったとして
自然や人間とどうなじんでいくのだろう。
本当に快適なのなのかな。
そこのところがすごーっく疑問。
村上憲郎のグローバル羅針盤
http://www.nikkei.com/tech/trend/page/?uah=DF270820113932




買ってよかった

来年の作品展のための講師連絡会。
と言っても我々は写真のパネル展示だけ。
お花や絵のグループは作品の展示になるのでスペースへの関心も高い。
いつものこったスペースをあてがわれるので
今回は少し頑張ってみたけどやっぱり無理。
全然かまわないけれど、、。
男性たちのお料理する時や
山歩き、新年会などで見せる表情は
きっとこれまでの人生や家族、そして自分自身も見たことないのではと思う。
一見の価値ありと思う。

会議の前に金曜日の料理会の買い物。
お二人のメンバーさんに手伝っていただいてスムーズに。
偶然お買い物にいらしていたメンバーさんにもお会いして
それがまた、偶然にも昨年雲取山に行ったメンバーだったので
スーパーの隅でお茶しながら盛り上がった。
私自身も山のお好きなメンバーさんに巡り合えて
ご一緒できる機会ができたのがとてもラッキー。
来年も諸事やりくりしながら山に行きたい。

ところで2日ごとのHBが定着して
これはとってもおいしいし、朝食が優雅で楽しいので
何よりだったけど
焼き立てパンを切るのに苦労していた。
ほとんどフランスパンコースなので
切るとパン屑がわらわら。
ずっと目をつけていたパン切ナイフとガイドのセットを
ようやく買った。
何しろ一応それなりのパン切ナイフは持っているので
後ろめたくてなかなか踏ん切りがつかなかった。
貝印 パン切りナイフ&ガイドセット AC-0059貝印 パン切りナイフ&ガイドセット AC-0059
()
貝印

商品詳細を見る

パンくずは皆無ではないけれど
カット面が美しいみごとな切れ味に満足。
手ごろな価格での高機能には感心する。



したたかに・しなやかに

IMG_6404.jpg
千両:今年は見事。お正月のいけばなも楽しみ。

せっかくウオーキングシューズを買ったので
買い物は歩きにしようと出かけたら
ついつい重いものを買いすぎたうえに雨も降ってきて散々だった。
随分寒くもなってきて
一気に季節は冬に。
そろそろ年越しの準備もと思うけれど
東京に連れてくるか
和歌山で過ごすか?
姑の回復いかんで正月の予定が変わるので何とも仕様がない。

先のことはわからないというけれど
それが向う2、3週間のことさえ決められないようにになってきた。
頭も行動も堅くなる一方なのに求められるのはさらなる柔軟さ。
したたかに・しなやかに。



面倒なこと

IMG_6406.jpg
柚子:ことしはゆずが豊作。何にでも入れて楽しもう。

久し振りに銀行に行って通帳記入。
生活費もおろして家計簿の整理。
通帳やカードも断捨離と思うけれど
これがまた難しい。
本人でないと手続きできないし、
管理をしていない夫が平日に出勤中の昼休みに一人で解約なんて芸当ができるはずがない。
結局そのままになっているカードがあって
使わないのに手数料が落ちている。
姑や母の通帳などもこれからどうなるんだろう。
いけないわ・わからないわになたっときしちめんどくさいことになりそう。
わかるあいだにと思っても
それがなかなか言い出しにくいし
姑となればなおさら。
今のところ頭と口は我々よりしっかりしているけれど、、、(-"-)









1日は24時間だけど、、

娘も長男家族も午前中に帰宅。
その後夫も仕事とフルートの練習で出かけ
日曜日に一人ぽつねん。
何となくあわただしい日が続いて
だらだらテレビを見てしまったが
本当につまんない番組だとよくわかった。
だからと言ってやっぱりイマイチの気力でだらだら。
天気が悪い・寒いと庭の手入れもはかどらない。
生ゴミがたまったので一応土に埋め
12月に入ったことだしと
千日紅を抜いた。
まだ咲いている花もあるので何だか気が引けるけど
そろそろチューリップも植えないと。
そんなこんなでさしたるなにをしなくても1日はくれる。



結婚記念日

結婚記念日
我々の結婚記念日も大台。
土曜日ということもあって家族全員がそろった。
お昼から来てくれた長男家族と昼食はお寿司で。
そして夕方には花を持った娘とワインを持ってきた二男たちもそろった。
姫はちゃんとうちは4人だからねと
来年5月に生まれてくるベビーのカウントをもうしっかり。
長男たちはリリエンベルクまで行ってケーキを買って来てくれた。
そしてメインのお料理は結局私なわけで。
ズワイガニ1枚・タラバカニの缶詰のカニずし・カニコロッケとカニづくし。
それに甘海老の刺身、旦那が調達した彼の大好物のステーキとてんこ盛り。
ヤーコンのキンピラや京芋の煮つけ、生牡蠣も。
クリームコロッケの食べられない長男の嫁には金目の煮つけ。
家族がそろって皿数が並べばやっぱり幸せ。

メモ:玄関の蛍光管の取り換え








カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ