帰宅


海南を8時33分発の黒潮に。
やっぱり6時間はかかって帰宅は2時過ぎ。
迎えてくれる人のない自宅。
ゴローもいないしメダカの無事を確かめ
庭の花たちと野菜を眺めほっこり。
もっと野菜が大きくなっているかと思ったけれどあまり大きくなってなくてがっかり。
シュウメイギクがいっぱい咲いてセンイチコウが相変わらず元気。
姑宅では病院の介護以外にも必死で洗濯と掃除や買い物をこなしたけれど
家ではどっしり座り込んでしまうのはなぜ。
溜まった新聞など読んで柿とみかんを食べてだらだら。
これができるから自宅なのかなあ。
姑と同居になったらこういう時間は無くなるってこと?
まあその時はその時。

トマト2本を抜いてセンニチコウの種を取った。
来年も咲いてくれますように。
電話やメールをいくつかして
フルートの練習で遅くなる夫を待たずに就寝。




大掃除

以前から気になっていたが
我慢して見過ごしていたのが部屋の掃除。
とにかく買うのは好きだけど
ほとんど処分はしないので
物はたまる一方。
それが楽しみという状態はとっくに超えていると思うけれど
とにかくどの部屋もものだらけ。
今回ベッドから立ち上がって
トイレに行く際にベッドに添えた手が滑って尻もちをついたらしいが
段差のある部屋にものが多いのはまさに転倒の要因に。
入院中の留守の間に思い切って片づけられるだけ片づけてみた。
書類などには手を付けられないけれど
下着や靴下・アウターなど季節におかまいなく積み上げてあるものは
かなり整理した。
衣類ダンスはすでに昔のものでいっぱいなので
ここ数年実際に着ているものはほぼ外に出ている状態。
下着類にタオルや靴下などは同じものを数枚づ使うので
一人暮らしとはとても思えない量。
買い物に行くのも不自由になってヘルパーさんにお願いすることが多くなったこともあってか
掃除用の洗剤も総て3個以上のストック。
驚いたのは買い物の際にくれるスーパーや商店の買い物袋も山のように貯めてあった。
趣味のパッチワーク用の生地や切りためた端切れもダンボールに何箱も。
退院できた時の姑とのけんかは覚悟で必要と思われる量以上のものは
納戸のように使っている部屋に整理し
とにかく動線に関しては物を置いてない状態を確保した。
ほんとは捨てたいけれど了解を得ないでやるわけにも、、、。
まあ内緒でごみ袋数袋分は断捨離。
別に姑を責めるわけでなく
母とて似たり寄ったりで物への執着はかなりのもの。
ただ母の場合は例えご機嫌を損ねても
そのことを言ったり、片づけたりができるけれど
姑はねえ。無理に波風立てることもないと、、、(^_^;)
でも、危険水域に達していると今回は英断(?)
風呂場や洗面所、キッチンなど水回りと衣類関係。
退院した姑はなんというでしょうか?
どうなるでしょうかねえ。





手術も経過が良好で
どれだけ日常生活の能力を復活させられるかが課題になると
まずはトイレ。
昨日までは尿道から直接管をつけて排泄していたが
今日からおしめに。
できれば便器で処理できるようにということだけど
どうもその感覚が慣れない上に
看護婦さんに遠慮もあってなかなかナースコールがタイミングよく押せない。
尿意も体を動かし日常生活をこなさないと鈍るものらしい。
とりあえず
おしめと尿漏れパッドを心配のない量を買って来た。
今のおしめはかなり良くできていると思うけれど
受け入れるのは機能とは関係ない。
何とかトイレだけはできれば自分でと我々もそう思う。




ジグソーパズル

昨日も書いたが姑はまだまだ知的水準は高いと思う。
つまり全然ぼけてない。
この間まで数独パズルに凝っていて、数字さえ見たくない私を横目に
何冊かのパズル本もクリアーした。
それがさすがに最近は頭が痛いとやらなくなったので
ジグソーパズルならどうかなと送っておいた。
病院から帰って、ひとりで姑の部屋にいると
それが目につき、時間つぶしに大いに役立った。
恥ずかしながら350ピース。
夢中になって時間をつぶす遊びって
時間の無駄遣いと思いつつ結構はまる。
姑はテレビで日本シリーズを大いに楽しみにしている。
9時消灯なので最後まで見られないのが残念だけど
耳が遠い姑でもスポーツ中継は十分楽しめる。
阪神ファンなので巨人は応援しないとして
日ハムの健闘を祈る。



リハビリ開始

姑は随分頭もいいし、
90歳と言えども記憶力も抜群。
のべつ忘れ物・怪しい記憶力に悩む私とは段違い。
記憶力については姑を信頼している。
たとえば決してこぎれいに片づけている部屋ではないが
今回必要な印鑑・下着・タオル・石鹸類など
どの部屋のどの場所にあるかほぼ間違えることは無い。
物は捨てないでそれをしまう引き出しをどんどん増やすタイプなので
引き出しは部屋のあちこちに恐ろしいほどあるが
どの引き出しの何番目の右側なんてとこまで的確。
だから保険証が期限切れで新しいのが見つからないなんてことあるはずがないと思っていた。
救急病院の支払いの際に指摘されてびっくり。
姑は知らないと主張するので
絶対届いてないんだと市役所の国民保健課に。
何と配達日まではっきりと配達完了ずみに。
仕方なく再発行をお願いして、部屋に戻り
再度あちこち探すと確かにすでに開封して保険証を切り取ったあとのある封筒が。
でも肝心の保険証は見つからない。
さすがの姑もこれについては全く記憶にないようで
私まで不安に。
とりあえず昨日手続きをして今日早速届いた保険証を持って
救急病院の支払いを済ませ
整形病院での入院手続きも。
保険証の件は今回の骨折と直接関係ないし、
たまたまなのか少しづつなのかまだ分からないけれど
骨折をしたからと動かないでいると
こんなことが少しづつ増えるかも。
病院の対応は早くて昨日から早速車椅子でリハビリにトレーニングルームへ。
とにかくこうして動くことが脳にも体にも刺激になるのは確か。
楽をして体が良くなるなんてないんだと
わたしもこれからの老化対策にいろいろ参考になる。



姑大腿骨頸部手術

手術は午後1時過ぎから。
先生がおっしゃったとおり1時間もかからずに済んだ。
麻酔からも順調に目覚め手術は無事成功。
昨日からの事故と痛みと興奮のための睡眠不足を
補うように寝まくっている。
何より。

大腿頸部骨折
骨粗しょう症の骨にこんな固定器具を挿入して固定しても
大丈夫かと思うけれど
明日には車椅子に座れるというので驚き。
とにかく身体を動かさない状態を少しでも減らすことが
回復の条件。
医学の進歩と体のメカニズムの妙にはただただ恐れ入る。



姑転倒

いつも通り3時には起きていたのが幸いした。
3時半ごろ電話がなり、
姑が今転んで起きられないとのこと。
すぐ夫を起こし、
申し訳ない時間帯だけれど
やむなく
病院やいつもお世話になるご近所に連絡し
結局救急車で搬送していただいた。
私はすぐ準備をして
5時過ぎに家を出て新横浜6時34分ののぞみ、
新大阪9時3分のくろしおで10時過ぎには和歌山に。
すぐ救急搬送の和歌山県立医大に。
やはり大腿骨頸部骨折。
1年半前には圧迫骨折も経験している。
姑は骨粗鬆症が進んでいるので転ぶと骨折は避けられない。

結局いつも通っている
近所の整形外科に搬送していただいて明日手術ということに。
医大は予約がいっぱいで手術の可能日は10日ぐらい先とのこと。
姑は90歳にしても他に悪いところもなく
体力は十分なので
痛みを我慢して加療するより早い手術が最善策とのこと。
スピーディに引き受けてくださって助かった。
医大からの搬送にはちゃんとお医者様が付き添ってくださって
その配慮に関心し、感謝。
すぐさま整形外科に入院し
明日の手術の準備。
姑は食事ができなくなる。
私はいろいろな書類に署名と捺印。
家に帰って入院に必要な衣類や道具の準備。
ほんと5分の距離がありがたい。
手術後はずっと付き添い、病院に一泊することになるので
その準備も。
明日からは個室。
めまぐるしい1日。
姑は痛いと言いながらも元気。
私はある程度覚悟していた状況なので妙に落ち着いている。



ケ・セラ・セラ

お料理会でお世話になっている生涯学習の理事と講師の交流会。
活動が来年には10周年を迎えるそうで
参加者も年々増え
クラスも多岐にわたり今や30を超える盛況。
市民講師の希望者も多く気が付けば私も来年は5年目。
もう引退を勧告される状況らしい。
ただし男性の参加できるクラスや参加者が少ないので
例外的に継続できるということに。
行政側からも存続の要請が来ているとかで
何だか私のあずかり知らぬところで
終了か存続かでもめたらしい。
私に確固たる意志はないので
思し召しのままに。
修了生が新たな自主クラスを作る動きもあって
それもまた、成り行き任せ。
なるようになるでしょう。



「ものづくり」から「もの・ことづくり」

今となっては思い出さないけれど
このコピーが10月22日のブログにコピーされたまま残っていた。
読み返すとなるほどなので
そのままアップ。

これは読みたい新聞記事:水野幹雄
http://oikim.doorblog.jp/archives/18953337.html
2012年10月22日(月)  日経新聞
現在、例えばテレビでは「8K4K」という、いわゆるスーパーハイビジョンの高画質の製品が登場しつつあります。解像度は7680×4320画素です。ここまで高画質な製品を家庭向けに展開することで、どのような幸せがもたらされるのか、よく考える必要があると思います。

 こうした技術を製品化するのが悪いというのではありません。一般の人間の目で、家庭で生活する中で眺めるテレビとして、そこまで必要なのでしょうか、という話です。スーパーハイビジョンは、数十人以上で視聴するデジタルシネマ向けに開発していた技術です。その技術ができあがったからといって家庭用に販売することで、どのような人に、どのような幸せな生活が訪れるのかが、しっかりと描かれているのかどうかが問われるはずです。

確かに韓国製品の世界席巻を見るに日本の方向が購入者の幸福につながっていないと感じることが
多くなっている。
アフリカでもウズベキスタンでも韓国製品はかつての日本製品のように売れまくっていた。
だけど今やでき過ぎの日本製品は敬遠されている。

日本の品質に基づく製品ならば、世界中で買ってもらえるという発想が間違いです。多くの分野において、目的にあった品質を、そこそこの価格で提供することを目指すのか、そうしたものを生かした仕組みづくりを目指すのか、どちらかに変わる必要があると考えています。

 このうち、目的にあった品質を、そこそこの価格で提供するためのものづくりは、日本人には向かないのではないかと想像しています。それならば、社会システムの仕組みづくり、例えばスマートグリッドにおいて、太陽電池を供給するよりも、もっと全体のカギを握る、街全体の電力を制御する仕組みを、自分たちで握るような方向に向かうべきでしょう。

日本の進むべき道を早く見極めないと沈没してしまう。

雑貨と衣類を市のリサイクル施設に寄贈。
まだまだ断捨離は進んでいない(ー_ー)!!




熟考買い

唐辛子
唐辛子: いただいたけどどうして食べればいいかわからなくてあまりの美しさに毎日眺めている。

午前中街路や公園清掃のボランティア。
参加者が5人だけだったので落ち葉が吹き溜まっている街路の清掃は大変だった。
有志参加のボランティアなので
どなたも不平は言われない。
休めばよかったなんて思っているのは私だけ(-"-)
みなさんえらいなあと感心してしまう。

夫にみかんと柿を買ってきてもらって
大好きな柿の一気食い。
調子に乗ると1日5,6個食べてしまう。

午後夫はフルートの練習に。
いいお天気だったけど私は読書。
『続明暗』を読み終えてしまった。
練習帰りの夫と待ち合わせ久しぶりにユニクロに。
でも結局二人とも何にも買わずに食料の買い物だけ。
みんなそれなりにいいけど
ぜひ欲しいと思うほどのものは無くて買わないことに。
二人とも賢くなってきた。
断捨離もイマイチはかどってなくて
それがブレーキになっている。
いいことではないけど悪いことでもない?
とにかく増やさないこと。
最近自分が気に入っているものだけを
使ったり着るようにしようと努めている。
居心地・着心地が良くて自分に似合っている気がするし落ち着くしなにより楽。






ご近所力

秋茄子
秋茄子:ナスの苗もまだ処分せずにいたら美しいナスが一個収穫できた。同じくししとうとピーマンも。

夫は午前中にご帰還。
お疲れさま。
午後は私はご近所のバーベキューパーティに。
毎年秋口にやってくださる。
夫はパス。
人見知りとか言ってるけれど
これからは地域デビューしておかないと
遅れてしまうと取り返しがつかないんだけどね。
とりあえず私だけでも。

すごいボリューム。
2時から6時過ぎまで。
ご近所でもなかなか顔も会わず、ゆっくり話す機会もないので
貴重な機会。
6世帯。いつの間にか全世帯が孫がいることに。
かろうじてわが家も一人いてよかった。
同居ではないのでそれぞれが夫婦世帯に。
ということはこの自治会も
高齢化が進み人口はどんどん減少しているわけで
ますますご近所力が大事。

夜久しぶりに次男たちが食事に。
近くにいながらなかなか来ないので
夫がメール作戦。
一昨日は息子の今日は彼女の誕生日なので
仕事が忙しいとぼやきながらも
折れて8時過ぎに。
夫が喜んで買ってきたステーキ肉を焼いて
ポテトサラダを作ると彼がタコとキウリの酢の物・ほうれん草のお浸し・モズクと
簡単手料理を添えた。
ケーキはバーベキューパーティに持参した
さつまいもケーキ残りで作った
スイートポテト風。
手抜きで申し訳なかった。

飲まない私が彼らを自宅まで送り2時間のパーティは終了。
あわただしいけれど
ひとまず夫は気が済んだようでよかった、よかった。
舅と一緒で彼は賑やかなお食事が大好き。
次は我々の結婚記念日と念を押していた。





イライラ

シュウメイギク
シュウメイギク;ようやく大好きな秋の花が咲きだした

先日裁った立ったズボンを縫い始めたがミシンの糸調子がめちゃめちゃ悪い。
特に4本針のロックミシンの糸通しは最悪。
生地が変わるので糸を白から黒に替えたが
糸通しが何回やり直してもうまくいかない。
老眼で眼鏡をかけても針に糸が通らない状態なのに
ロックミシンはロックミシンの針通しは
さらに複雑怪奇。
全く頭にきて、気分転換に『続明暗』を読み、
気を取り直して再挑戦。
それでも結局うまくいかなくて
もう修理を頼むしかないかなと放置。
こんなことだけで肝心のズボンは10cmも縫えない。
まあおかげで小説のほうはだいぶはかどった(^_^;)




多摩大学リレー講座 韓国の大統領選

柿とトマト
お隣でいただいた柿とほぼ最後のミニトマト:秋たけなわと夏の残り香という風情

多摩リレー大学講座3回目立命館大学特任教授徐 勝(ソ スン)さん。
午前中の授業を終えて駆けつけてくださった。
午前中2回目の3B体操に出かけ
眠くなってしまう私。
申し訳ないこと。
タイトルは『誰も予測できない韓国大統領選挙を予測する』
お話を聞きながら
韓国の大統領については現在のイ・ミョンバク氏以外しどろもどろということが明白に。
チョン・ドンファン、ノ・テウ、キム・ヨンサム、キム・デジュン、ノ・ムヒョン、
順番はともかく名前は記憶にあるという程度。
在任中ないしは退任後には反乱罪で有罪判決を受ける大統領の多いこと。
一方でキム・デジュン氏はノーベル平和賞を授与されている。
と言いながら長男は懲役刑。
今のイ・ミョンバク氏も昨今の竹島訪問や天皇発言などの
言動が日本にも波紋を広げているが
当の大統領自身の身辺や側近の逮捕が相次ぎ。
絶大な権力をふるう韓国大統領の末路は不幸というジンクスが現実化しそうな様相。
その一方で次期韓国大統領候補は与党セヌリ党から朴正煕元大統領の娘である朴槿恵(パク・クネ)、
最大野党である民主統合党から文在寅(ムン・ジェイン)、
無所属で韓国のビルゲイツと言われている無党派層や若年層の支持を受ける安哲秀(アン・チョルス)の三つ巴戦。

とにかく中国に次ぎ韓国にも今や経済的にリードされっぱなしの日本にとって
大統領選はかつてなく無関心でいられない事態。
それにしても少なくとも日本の総理戦より人材が秀逸に思えるのはうらやましい。
何も知らないと澄ましているわけにもいかないので
今後をしっかり関心を持ってみてゆきたい。
おかげさまで少し手がかりがいただけたかも。

今日は二男の誕生日。
おめでとう




ミセス・ダウト


ミセス・ダウト (特別編) [DVD]ミセス・ダウト (特別編) [DVD]
(2010/06/25)
ロビン・ウィリアムズ、サリー・フィールド 他

商品詳細を見る

昼下がりNHKBSで。
以前見たことがあるにもかかわらず
ほとんどストーリを覚えていなかった。
こういうことだったのかと納得。
ロビン・ウイリアムズがあまり好きではないし、
女装も気持ち悪い。
それでもテンポの良いコメディで
ついつい最後まで。
子供たちが可愛いけれど
別れたほうがいい夫婦もありという
アメリカの夫婦事情の一端も。



一人暮らし

千日紅

千日紅2
千日紅:名前どおり長く咲き続け、冷え込みとともに色も鮮やか。

早朝夫は出張に。
土曜日まで帰ってこない。
娘が家を出て寂しいとは別に家事がずいぶん楽になった。
さらに夫がいないとシメシメ(*^_^*)
庭に出て土づくりや草取り。
そして読書(「続明暗」)
午後はサツマイモケーキを焼いてひとりお茶。
そして久しぶりに友人のズボンの裁断。
以前ならそのままミシン掛けもしたけど
今は裁断だけで一仕事終えた気分。
夜は庭で摘んだにらのちぢみ。
チヂミ・お好み焼き・たこ焼き・うどん・餃子など粉食大好き。
ひとりだと残り野菜を全部入れて一品料理。
たれは先日仕込んだ青シソのにんにく醤油。
あっさりと美味しかった。



万年幹事

メドウセージ
メドウセージ:鮮やかな濃いブルーが美しい。

同窓会の総会が近づいて
押し付けられたままいつの間にか幹事でいつの間にか10年以上。
ここにきて住所やメールアドレス変更が多くて全然連絡が取れない。
住所も最近は確認しづらくなっているので、名簿の整理も厄介。
もともと事務仕事が苦手なので何だか時間がかかる。
アドレス変更で返送されたり、
返信が来なかったり
総会って実際取りつく島がなくて
そんなに楽しいものじゃないけど
幹事たちはすごく労力と時間とお金と知恵をかけて準備している。
全くの無報酬で。
しかも現役や若い後輩たちに何とか参加してもらって、
サポーターになりたいと温かい視線。
そなこんなは会員にはほとんど伝わらなくて
参加者はがっかりするほど少ない。
そして幹事を交代してくれる人もだあれもいない。
ふてくされているけれど
止めたっと投げ出す勇気もない。



なんとなく1日

ミニトマト
ミニトマト:秋の陽射しに輝いてかわいい。ほとんど抜いたけどこんな実がついているとやっぱり抜けなくて
      まだ頑張っている。

のんびりを決め込んでいたけどなんだかバタバタの一日。
二男の原稿の校正をしてから
彼が送ってくれというので
お迎えに上がり、アーッシーを務め
その間、珍しく娘が帰って来て
秋物を取りに来るとか。
午前中半休を取っただけなので滞家時間1時間ほど。
もうちょっとゆっくり帰っておいでよというと、
帰ってきたときに家にいなよと減らず口。
すみませんこの間は留守しましたよ確かに。
あわただしくお昼を食べて帰る娘を駅まで。
そのあと図書館で予約していた「続明暗」を借り、
調達したメガネを取りに眼鏡屋に。
そして資源ごみのトレイやパックを返却しにスーパーに。
ついでに買い物。
夕方には午後一で尋ねるはずだった友人宅に。
帰るころには真っ暗。
なんていうこともなく1日過ぎるもの。
新しいことに反応しないと時間が早く過ぎると
夜の番組で茂木 健一郎さんが言っていた。
今日は24時間を12時間で生きたようなもの。
ところで今
彼の名前を思い出すのにずいぶん時間がかかった(^_^;)
これを思い出す手立てを講じている時間は
脳の刺激になっているらしい。(ホンマかいな??)




姫の運動会

睡蓮
睡蓮:何度もアップしているけれど、まだけなげに咲き続けるのでつい。

時代が変わったとつくづく。
ひとりの孫が5人の観客を呼ぶ。
パパ、ママ、ジジ、ババ2。
先週雨で延期になった運動会。
我々は電車で1時間余りだけれど、
ママ方のババは静岡から先週に続いてとご苦労様。
わが子・わが孫しか見ない風潮はちょっと心配だけど
それでも1年の成長はすざまじくて、
それぞれにご満悦。
運動会2
年長さんの鼓笛隊には感動する
運動会
親心





明暗読了&紫蘇の実

ムラサキシキブ
ムラサキシキブ:目の覚めるような本当に美しい紫

1か月以上かかった明暗をようやく読み終えた。
随分長編だった。
昨年の秋からの漱石シリーズも一応一段落。
この1カ月随分忙しくて
こうして読書する時間が戻ると
ようやくいつものだらだら生活に復帰した安心感。
遅くなったけど
紫蘇の葉と紫蘇の実の保存食。
紫蘇の葉のにんにく醤油漬け
紫蘇の実のオリーブオイル漬け
紫蘇の実の塩麹漬け
紫蘇の実のしょうゆ漬け。
葉も実ももう少なくなってしまって残念。
もっと早く作りたかったけどまあ作ったから良しということで。
紫蘇のみ

夕方夫とめがねを買いに。
お互いに少し度も進んだししばらく買っていなかったので新調することに。
夫は楽譜が読みづらいというし、
私は文庫本の古い版が読みづらい。
老眼の私は高いものより安くても数が多い方がと思っていたけれど
やっぱりきちんと作っていただいたものの方が大事にするし
使い勝手もいい。
4年ぶりくらいだったけど
すぐに名前も聞かずに以前の資料を出してきた店主の手際の良さに
さすがと二人で感心した。
結局それほど度は進んでいないと言われ安心した。
取り換えのきかない五感の機能はできる限り感度良好でいたいもの。






枝切

サルビア
サルビア:いま頃咲き出したサルビア、それにインパチェンスに百日草。ここを先途と咲いている。

午前中はNHKで「伝統芸能の若き獅子(しし)たち「一音一会 尺八奏者 藤原道山」」見て
午後は庭仕事。
手入れを怠るとてきめんに枝が伸びてぼうぼう。
ナニワイバラとモッコウバラ。
それに気になっていたハナミズキ・ヤマボウシ・カリン。
思い切って切ったつもりでもまだまだ。
形を整えるなんて芸当はできないので手当たり次第。
それでも少しはすっきりした。
そして裏庭の草取り。

こうして1日があっという間。
こんな1日がときどきあるのはうれしい。




多摩大学リレー講座

ミニバラ
ミニバラ:フェアリー。秋に二度咲きするバラを期待しているけれどあまり咲いていない。

2回目は坂東真理子氏。
女の品格で有名になったけれど
統計局消費統計課長、埼玉県副知事、在豪州ブリスベン総領事(女性初の総領事)、総理府男女共同参画室長、内閣府男女共同参画局長等を経て2003年に退官。キャリアの多くにおいて女性政策に携わり、その立案をリードした。
2003年の埼玉県知事選挙に出馬するが落選。以後、昭和女子大学教授、副学長、女性文化研究所長を経て同大学長に就任。(ウイキペディア)
と素晴らしいキャリア。
にもかかわらず
タイトルが「高齢化社会の暮らしをどう支えるか?」
一般論の概論に終始して
あまり面白くなかった。
もっと個性的なお話が聞きたかったけど、、、。





男の料理会

人数がいつもより少なくて12人。
班が4人でゆったりできるけど
その分忙しくて12時までたっぷり時間がかかった。
メニューはマーボナス・かぼちゃのサラダ・鶏肉とレンコンの味噌煮・
わかめのスープ・さつまいもケーキ・彩り野菜の塩麹あえ
カラフルな野菜主体の料理が並んだ。
前日まであわただしかったのでメニューの3品をお任せで
大いに助かった。
1010料理会
1010料理会
サツマイモケーキもバッチリ。

メモ:私が席を外している間にどなたかがキノコを届けてくださった。
立派な大きなキノコ
キノコの名前をメモして紙も添えてくださった。
ところが対応した妹も部屋にいた誰も知らない人だということで
伺った名前に私は心当たりがない。
せっかくの珍味らしいキノコだけれど
誰も何となく気味が悪くて食べると言わない。
もったいなかった。
ヤマドリタケモドキ2
ヤマドリタケモドキ





とりあえず本日更新

こう滞ってくるといつどの時点の更新から手を付ければいいか皆目。

なにはともあれ本日朝一で胃腸科に。
初診で飛び入りできてもいつ順番になるかはわかりませんよと言われ
はいとその気で数冊の雑誌を読んでいたらなんと一番最初に呼ばれた。
予約の人に手違いがあったらしい。
やっぱり細菌性の下痢ということで
いまさら検査をしても結果が出る頃には回復している
ということで薬のみ。
すぐに飲んでさらに昼食後にもといただいた薬はオゼックス150mg錠。
今までの症状はなんだったのという劇的な効果。
昼過ぎにはずいぶん軽快に。
帰阪する前に行くべきだった。
薬の効果は恐ろしすぎるけど快癒なら問題ない。
それでも残り4日分ちゃんと飲むのかな??
途端に猛烈な食欲。
ゴローのことを思いだして切なかったこの1週間。
食べても消化・吸収されないのでいつも空腹だったゴローのことばかり思い出された。
なのに消化の悪い・胃腸に悪いものから食べたくなるいじましさ。
中華やフライなどの油もの・肉まん、チョコレート、おかき、クッキー、、。
明日の料理会の買い物をしながら
つい余分なものも買ってしまう。
予期せぬダイエットで思いがけず目標体重はクリアはできたけれど
リバンドするのに3日とかからなさそう(^_^;)
ダイエットは正道でやらなきゃとか言い訳しながら。
最も抵抗力や胃腸の状態は万全ではないのでほどほどにしないと。
カナダ産のまったけが出ていたのでとりあえずまったけご飯を炊くことに。







米寿のお祝いに

今日は高校の同窓会館で恩師の米寿の祝賀会。
とてもお世話になったので
米寿になられてもお元気な先生とお会いできるのはうれしい。
高校ではハンドボール部に。
先生はハンドボール界では当時知らない人はいないほどの方。
社会人になって九州を旅行中会った高校生が
ハンドボールを持っていたので
話かけたら
大阪と言っただけで先生の名前があがってびっくりしたことがある。
女子部には優しい先生だったけど
男子部や同期の男性たちは殴られた思い出ばかりがよみがえるような
厳しい先生。
体がすべて筋肉でできておられるように引き締まって
ハンサムでダンディな紳士で私には憧れでもあったかた。
今や膝の痛みに近年は透析も加わったそうで痛々しい。
それでも本日は幹事がレンタルで用意したという
黄金のちゃんちゃんこと帽子を着て
好々爺というご様子が好ましい。
村田先生

常に先生のサポートする教え子に今も囲まれて
こうして米寿の会をもたれるなんてすばらしいなと思う。
2年後には母も米寿なので
なんとか楽しい会を持ちたいと今から思う。



姑宅とお祭りに

朝、和歌山に。
2時間以上かかってお昼時に。
すでに姑はご親切なお隣さんが
差し入れてくださったランチを食べ終わっていた。
それでも
何かおいしいものを作ってということなので
母が買い置きの牛肉持参。
夫と同様おばあちゃんも牛肉好き(私もだけど)。
ごちそう。美味しいものの代名詞。
母も同じことで
私が帰ると思って買いおいてくれていた。
私は相変わらず下痢が続いて体調不良なので
食欲は無いわけではないけれど
食べてもしようがない状態。
肉じゃがとアスパラと牛肉の炒め。
何と最初に塩と砂糖を間違えたので
塩のかかった牛肉を取り除いて炒め物に。
残りは早めの夕飯ですき焼きに。
十分食欲はあるみたいで一安心。
この地域は昔から茶がゆやお茶漬けが多いので
面倒だとすぐに「おかいさん」を食べる風なので
たまの牛肉はやっぱりおいしそう。
買いものと通帳の記帳を済ませ5時過ぎには帰路に。

途中高校の友人宅でお祭り鑑賞のミニ同窓会。
毎年お祭りの良く見える場所を開放してくれる。
近隣と結構遠くからとで20人近くが集まる。
お祭り知らずの私は姑見舞いを兼ねて準レギュラー。
やっぱりおなじみの顔に出会えてうれしかった。

10.6だんじりまつり3

10.6だんじりまつり

10.6だんじりまつり2
だんじりは結構なスピードで駆け抜ける





カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ