帰宅

s-IMG_2620.jpg

8時近くに家を出て帰宅。
何時に家を出ても一人暮らしの母と別れるのは
せつないのでさりげなく素早く。
好天で富士もばっちり。
1週間ぶりに帰ると
トマトが色づいていてすぐ庭に。
ゴローもいないし落ち着くのはこの庭先。
せっかく咲き出したバラなのに
虫がついて葉っぱは皆無、花までも食べてしまうしつこさに頭にくる。

23.10.31
ピーマン・万願寺・ミニトマト・トマトと鉢

乗換駅の花屋さんでハロウィーン用の苗が105円で売っていて
思わず買ってしまった。
鉢の賞味期限切れ。可哀そうに。
衝動買いの贅沢&無駄と分かっていても
これくらいなら許されると思ってしまう。
花屋の人も名前も知らないそうだけど
花芽がついていたのでつい。





母と

今日は母とゆっくり過ごすために
帰るのは明日にすることに。

万博公園のコスモスか京都に行こうかと思ったけれど
残念ながら雨の予報。
結局家にいて
初めて開催される大阪マラソンをテレビ中継で。
タイトルがいくつもある分中継は散漫であまり面白くなかった。
でもなんとなくつられて走りたくなるようなむずむず感。
達成感という言葉に心惹かれる。

午後も本を読んだりテレビを見たりだらだら。
食事はいそいそと母が作ってくれて
普段母が一人では食べないけれど
食べたいと思っていたらしい
ごちそうが並ぶ。
私はこの1週間で2㎏は太ったと思う。
その分帰宅してから減らすのはこの年になると結構きつい。
食べないわけにもいかずだんだん食事中に不機嫌になる私。
85歳の母の上げ膳据え膳でそれは無いでしょうと思うけれど
母の前では相変わらずわがまま。

夜は母のひいきのジャイアンツのCS。
付き合ってみていたけれど
飽きてさきに寝てしまった。
目が覚めると
負けたらしく母は言葉少な。
お風呂に入っていつもより早くご就寝。
こんな過ごし方でよかったかなと
思いながら、ごそごそと帰り支度。
こうして水入らずで過ごせる時間に意味があると
考えるしかないけど
明日は帰ると思うと母の寂しさが身に染みてせつない。





七五三

姫の七五三で明治神宮に。
昔子供たちの七五三でも来たことがあるので
めぐる年月に感慨深いものが。
3人の子供のだれかが七五三にあたるとか言って
ある時期は毎年のように出かけていたもの。
それが今や孫の七五三のお供。
明治神宮の相変わらず森閑とした森は
七五三・お宮参り・お参りや祈願・それに観光客とにぎわっていて、
大安なので結婚式も。
初めてというママのお母さんはとても喜んでおられた。
明治神宮2
境内のクスノキ

明治神宮
絵馬にお願いごと書きました

そういえば神社ってお寺よりもおめでたい気分に満ち満ちている。
神式の葬儀もあるけれど
明らかに仏事というくらいで葬はお寺という感じがするけれど
神は祭りに近い。
姫は明らかにかわいい着物のいでたちが気に入らないらしく寡黙。
それでも先日の写真撮影の時よりかは
まだしも機嫌がいいそうで無事お参りがすんで
車の中でお召替えをすませると
パパもママもほっとした風情。
何より本人がいつもの調子を取り戻して
表情も和らぎ、大声で笑うペースを取り戻して元気はつらつ。
高島屋でみんなでお食事をして私は電車で帰宅。

久しぶりに新宿で買い物でもしようかとぶらついたけど
結局明日から帰る大阪への土産物を調達しただけ。
ついで仕事が億劫で一つ用事を済ませるともうすぐ家に帰りたくなる。



吾輩は猫である

明日から高山先生の夏目漱石の講義が始まるので
できればその本を読んでおきたいと
朝、しまいこんでいた全集を探したらちょうど夏目漱石(一)が出てきた。
ところが明日の講義は「草枕」か「それから」だと思っていたら
「吾輩は猫である」だった。
あいにく一巻には入っていなくて二巻以降は別の段ボール箱を探さないといけない。
すぐには見つからないのであわてて図書館へ。
最初ちくまの全集を借りたら眼鏡をかけても読めないほどの文字の小ささ。
その上に旧仮名遣いのまま。

あわてて若者向けに現代表記で書かれたポイントの大きいものを借り直した。
読みやすいうえに難しい語句には注までついている。
まあ、語句についてはほぼわかる昔の若者なので逆にわずらわしいくらいだけれど
やっぱりずっと読みやすい。
それに長いとは思っていたけどこんない長い小説とは思っていなかった。
とても明日までには読めない。
まあ今更どうしようもない。
それにしても読んだことのある日本の名作のことを長さや内容について
ほとんど覚えてなくて我ながら呆れた。
たまにはじっくり読み返すのもいいと読み始めたら
やっぱり内容については全然記憶になかった。
でもなんだか久しぶりに文学に浸っているようななつかしい感覚。
この機会に夏目漱石を読み返してみよう。

現代日本文学大系〈第17巻〉夏目漱石集 (1968年)現代日本文学大系〈第17巻〉夏目漱石集 (1968年)
(1968)
不明

商品詳細を見る


吾輩は猫である〈上・下〉 (1981年) (日本の文学〈22,23〉)吾輩は猫である〈上・下〉 (1981年) (日本の文学〈22,23〉)
(1981/10)
夏目 漱石

商品詳細を見る





ダウンシフト&多摩大学リレー講座

断捨離を課題にしながら
生活全体を見直す時
もともとスローだけど
まだまだ見直さなきゃと思いつつ
そのままになっていることが多くて。
そのうちの二つが今日ようやく片付いた。
一つはアンペアの変更。
わが家はこの20年間ずっと60アンペア。
さほど電気製品が多い家でもないのに
ちょっと大きいかもと思いながらずるずると。
すでに家族も3人だし、
今年の夏の省エネは昨年比電気もガスもほぼ20%を達成。
それならできるはずと思い切って40アンペアに。
電話して東電の方に来てもらうそのことが面倒で、、。
そうこうしている間に10年もたつ。
それが昨日電話したら今日来てくれて10分で済んだ。

もう一つの懸案事項は医療費控除。
3月に行く予定でいたので資料はそろっていたが行きそびれてそのままに。
でももう保険控除の証明書が届き始めて
一銭も稼がない私がこれくらいはしないとと
やっと行く気になった。
その途中の車の中のラジオで
高坂 勝さんというかたのインタビューでシフトダウンということが
話題になっていた。
まさに私はそのシフトダウン実践中だったので
普段ラジををあまり聞かないこともあって
偶然とはいえ不思議な因縁を感じた。
どんどんやりなさいのお告げでしょうや~?

税務署に限らず
事務書類の手続きが大の苦手で
一回でうまくいったためしがない。
まあ今日は聞きに行くだけで明日また出直してもいいかと
思っていたら
季節外れのせいか担当の方が親切でずっとつきっきりで教えてくださって
無事手続きが済んだ。
ひえー!!高々数万の返還だけど
無収入の私が働いたと考えればべらぼうの時間給。
帰りに久しぶりにバラの花など買ってしまった。

午後は多摩大学リレー講座。
伊勢崎賢治東京外国語大学大学院教授。
タイトルはビンラディン殺害後のアフガニスタン対テロ戦
ーインド・パキスタンからの展望と3・11後の日本ー
随分難しい内容のお話だったというか
私には理解できないというか。
SSR・OEF・DDR・・・
最近やたらと多いアルファベットの略称。
先日も日経で三枝がぼやいていたが
一つとしてその内容がわかる組織や活動はなく、
私はいかに無関心で無知かがよくわかった。
紛争屋と言われるほどの方でその筋では高名でご活躍の方と
帰ってからネットで知った。
ユーチューブにもいくつか講演やインタビューが紹介されていた。
特別聞き取りにくい話し方というのではないらしいが
今日の講演ではとても聞き取りにくかった。
特に語尾はほとんど聞こえず。
何とか善処してほしい。
マイクのせいかご本人のせいかわからないけれど。
せっかくの講演できちんと伝えられているかどうかって気にならないのかな??









石鹸シャンプー&リンスをアマゾンで

石鹸シャンプーが少なくなってどうしようと思って
アマゾンを見たらなんとこんなささやかな商品もちゃんと扱っていて
しかも送料無料。
石鹸シャンプーは生協で注文するか
大きなスーパーか生協の店舗ぐらいでしか扱っていない。
予備を置いておかないといざというとき間にあわない。
生協で買うのはナチュロンのシャンプー&リンス。
企業の姿勢が信頼できるので安心して選べる。
ただ欲しいときにすぐ間に合わないのが難。
仕方なく直接メーカーのサイトや楽天のショップから買ったり。
その場合送料の負担を軽くするためについまとめて買うことに。
パックスナチュロン 泡ポンプ式シャンプー 500ml Nパックスナチュロン 泡ポンプ式シャンプー 500ml N
(2011/09/08)
パックスナチュロン

商品詳細を見る


パックスナチュロン 泡ポンプ式シャンプー 500ml Nパックスナチュロン 泡ポンプ式シャンプー 500ml N
(2011/09/08)
パックスナチュロン

商品詳細を見る

その時は洗濯用や台所用や固形石鹸もスポンジまですべてまとめて購入する。

最近さらに安くてその割に高品質なので
ミヨシの石鹸シャンプー&リンスも気に入っている。
古くからのせっけんメーカーで石鹸に固執するその企業精神にも拍手。
泡立ちが良くて使いやすく、包装も機能もシンプルこの上ない。
無添加せっけん シャンプー レギュラー無添加せっけん シャンプー レギュラー
()
ミヨシ石鹸

商品詳細を見る


無添加せっけん専用リンス本体 350ML無添加せっけん専用リンス本体 350ML
()
ミヨシ 無添加シリーズ

商品詳細を見る


これらは大量に出回らないので他のメーカー品のように
大量にスーパーに並んだり、ディスカウントされないのが難。
ところがアマゾンはちゃんと値引きまでしている。
何より一点でも送ってくれるという信じられないサービス。
しかも注文したら翌日には届くというスピーディさ。
これだけサービスを徹底されたらなかなか太刀打ちできないと思うけれど
こういうシステムだけが独り勝ちというのも
利用しながら言うのもなんだけど
一概にいいとは言えないでしょうね。
良心的な商品の正当な利益が守られなければと気にはしているのです。





山田博士さんの講演会

午後、日頃利用している生協主催の講演会に。
講師は危ないコンビニ食の山田博士さん。

あぶないコンビニ食―日本人を狂わせる5つの有害物質 (三一新書)あぶないコンビニ食―日本人を狂わせる5つの有害物質 (三一新書)
(1996/05)
山田 博士

商品詳細を見る


コンビニ食だけでなく、牛乳など乳製品の摂取やスナック菓子・ファミレス・ファーストフードなど
昨今の食事情に早くから警鐘を鳴らしてきた方。
50人ほどの小さな会場で最前列でおはなしを伺えて
最初に著書に触れた時とは微妙に印象は違っていた。
聞く側の私にもそれなりの変化があったのでやむを得ないでしょうが、、。
それでも危ないコンビニ食はいまどきの食を口に運ぶ前に
ぜひ読んでおいてほしい。
ファミレス大好きな長男夫婦にも。
そして最近発刊されたのが
ひとり月1万円食費で幸せ生活ひとり月1万円食費で幸せ生活
(2011/08/05)
山田 博士

商品詳細を見る

やっぱりなんだか違う。
以前はこんな時流に便乗したタイトルをつけるとは思えなかったけど。
でも最近食が緩んでいる夫に読ませようと購入。
30年も食にかかわっていれば多少は変わるよね。
あのもとまじめな教育評論家だった尾木ママのはしゃぎっぷりといい。
それからすると高木(義之)先生のまじめさは全然変わらない。

健康はすべてではないけれど
健康を失うとすべてを失う

座右の銘にするとかなんとか言いつつ
肉もケーキもお酒もみんな好きで
最近節制ができなくなっている。
それでいて検診の前にはビビッて
行きたくないとごねる幼稚さ。
健康は知性だよと念を押すけれど、、。
ただでさえれっきとした高血圧なのに
白衣症候群で病院や検査ではさらに血圧が上がってしまい
いつも要精検。
ときどき知性に訴えないと。

そのあと友人宅に。
亡くなったご主人が昨年採集していた冷凍のキノコで
供養だからとキノコうどんを作ってくださる。
すでにお昼から皆さんがが集まっていて
私も遅ればせながら、、。
キノコとナスと鶏肉で作ったたれがうどんと絡んで
本当においしい。
毎年この時期みんな言ふるまってくれていた恒例のキノコうどん。
もう今年のキノコも来年のキノコも採りには行けない。
今年で最後のキノコうどん。



柿の季節

柿とトマト
柿にミニトマトとピーマン:和歌山の平種無し・ピーマンも今日は4個収穫。

柿が大好き。
梨があったり、買い物に行けなかったりで
我慢していたけど
今日ようやく柿を6個買ってきた。
夕食前に立て続けに2個。
夜、和歌山の姑の介護から帰った夫も
ささやけどとお土産に柿を4つ。
その1個も食べて3個も食べてしまった。
1年ぶりに胃の中が柿だらけの気がする。
最近は出回っているのが平種無しばかり。
本当はしっかり堅い甘みののった富有柿の歯ごたえが好き。
でも贅沢は言わない。柿なら何でも。
柿がたわわに実っている柿の木の光景も大好き。
秋の恵みは数多いけれど
とりわけ柿に幸せを感じる。
 
ちょっと取りかかっていたことが一段落したので
ほっとしたこのひと時の気分にもぴったり。
季節が巡って大好きな食べ物にまた出会えるって
考えると本当に素敵なことだ。





テンプレート変更

minitomato 10.14
ミニトマト:少しだけどまだ食卓に。大小混みできれいな色、間違えて青いのも採ってしまった。

ずっとお世話になっていたテンプレートに一部不具合が生じていることに気付いた。
それで提供者のサイトを訪ねると10月13日で閉鎖されたとのこと。
無料でこんな素敵なテンプレートを貸してくださる事に
慣れて、閉鎖もありということをつい忘れる。
そういえば無料のホームページやブログの閉鎖を何度も経験してきたのだった。
企業でさえ諸事情で閉鎖するのだもの個人なら当たり前。
感謝してやむなく変更。
まだ何となく落ち着かない。
実はこのブログの前々々身のgooのホムページ開設からこの10月で満10年。
そういえばいろんな無料サービスを流浪し、転々としてきたもの。
今はこのFC2に随分お世話になっている。
ホームページもブログもほとんど不満はない。素晴らしい。
それにしても
夏休みの絵日記は3日と続けられなかったこの私がと感慨深い。
テンプレート一つにしても
お気に入りを探し出して自分なりに工夫できる。
手芸のようにクラフト的な楽しみがあってのことだと思う。
手芸は好きで随分いろいろ時間をかけ作ってきたが
人生も午後3時を回るころになって
作品が形として残ることに抵抗を感じるようになってきた。
ブログもホームページも表現はできるけれど
具体的な形となって空間に残らないところが何より私にはいい。
写真でさえもう、現像することはほとんどなくなって
パソコンで見た後は保存するのみ。
ウイルスで1度保存していたファイルがすべてダメになって
ある時期の写真はすべて消失したけれど
考えてみれば大したことではなかった。
たかが私ごときの写真があろうがなかろうが、、、。
まあ私の記録としては希少なピッツバーグの町や大学の写真には少し未練はあるが、、。
そうして私のささやかな記録と記憶と莫大な時間を埋没し続けているわけで、、







好天でのバーベキュー

バーベキュー

7月に予定していたバーベキューが台風で中止になったが、
企画の方や数人がもう一度企画してくださった。
おかげさまで
穏やかな好天に恵まれ、素晴らしいロケーションで
1時過ぎには終わるかと思ったのが
4時近くまで楽しい時間を過ごした。
総勢12人。
早い方は10時から準備をしてくださって
手際よく11時過ぎからもうテーブルに座っていたので
随分長く飲んで食べてしゃっべていたものだが
ほとんど時のたつのを忘れるほど。
メニューは焼肉・サラダ・芋煮・焼きそば。
私はほとんど席を立たずお任せ。
時を見はかっらて作ってくださって
すべてとてもおいしかった。
費用がひとり1500円でおつりが来たなんて信じられない。

我々の住む町は緑の多い公園の多い地区。
とりわけ多摩丘陵を活かした美しい公園の
メタセコイヤの林の中の木洩れ日がさすテーブルは
時を忘れ、憂さを忘れ、さらに
今日の我々のメンバーでは演出できなかったけど
とてもロマンティック。
是非にと2度目を企画してくださった方のお気持ちがよくわかった。
感謝。






回復は順調

2週間ぶりに外科に。
昨日祭日だったので
1時間15分待たされた。
この病院は先生がイケメンなので圧倒的に女性患者が多いそう。
病院の名前を言うと同じ反応が数人からかえってきて
かなりの評判らしい。
整形外科にお世話になっている方の多い年代のせいか
みんな情報通。
ゴローの散歩で捻挫して以来の整形外科なので
車も自転車もダメな状態で通えるを条件にネットで検索。
近場の病院でしかもオリンピック選手のスポーツドクターという肩書で選んだ結果だけど
ラッキー!!
順調に回復していると言われて急にそういえばいい先生じゃんと納得したわけだけだけど、、。
しかもハンサム?!
ハンサムって死語なのかな?めっきり使われなくなった。

ところで同じく近場でラッキーだったのはカメラのキタムラ
先日デジカメの液晶画面が壊れて修理に出したが
2週間と言われたところ1週間で帰ってきた。
修理費は13000円。
購入か価格が27000円で
2年経過後に半額の修理費となると
修理すべきかどうか悩むところだけれど
5年保証に入っていたので無料でOKだった。
遠くの量販店で買っていたら持っていくのも取りに行くのも面倒だけど
たまたま5分圏内なので大いに助かった。
小さなラッキーが結構気分を左右してるかも。








近場散策

好天に思わず遠出したくなったけどしなければいけないことがあるので我慢。
午後近場の散歩に。
色づき始めた秋の気配の公園はファミリーがシートを広げて
幸せ色の光景。
公園や緑に恵まれているし、
イベントも開催中で近場でゆっくりもなかなかいいもの。
帰りにソフトクリームを食べりゃ夫もご機嫌。
s-R0013092.jpg
多摩くらふとフェア開催中
s-R0013094.jpg
子供たちが独楽に夢中
久しぶりにグリーンライブセンターにも
グリーンライブセンター2
ハロウィーンのディスプレイ
グリーンライブセンター
秋色の草花
グリーンライブセンター3
サフランが鮮やか



ヤングファミリーと

ヤングファミリーと夫はお出かけ。
お買い物中のパパ&ママと離れて姫はジイジと二人で遊具で遊んだとのこと。
この間までママから離れられなかったのがうそみたい。
ランチは私も合流して近くのデニーズで。
最近ファミレス利用が増えてきた。
ファミレスをかたくなに拒否していたころがうそみたい。
まあ、いまでもわざわざ行きたい場所ではないけれど
ヤング世代とのランチにはお手軽・便利。
午後は全員がお昼寝。
近くの駅前のイベントに行こうと言いながら行きそびれた。
姫は先日の運動会のビデオを繰り返し見ては
はしゃいでいる。
昨年と違って随分楽しい記憶になっているみたい。
パパのビデオ撮りの苦労も十分報われている。
昼は手抜きしたので夜は
ママと姫の好きな海老をメインに天ぷらで。




姫来宅

午前中はNPOの理事会。
午後は姫家族が新車での初来宅。
やっぱりゆったり空間でママは随分楽になったみたい。
もちろんパパもステイタスアップ感にご満悦。
わが家は出遅れたままだけど、
今日も試乗に出かけ
夫はあれやこれやと熟慮を楽しんでいる風情。
姫はまたもやボキャブラリーが驚くほど増え、
発音もしっかり。
でも時々ママでも理解できない言葉もあるみたいで
その歯がゆさにいらでっている。
この繰り返しでどんどん言葉を獲得していくのかと目を瞠る。
こちらがばあば・じいじなんて名のっていると
姫はいつの間にかおばあちゃん・おじいちゃんと呼んでいる。
成長が追いついてないのは我々のほうで
置いてけぼりにならないよう気を付けなくては(-"-)




ヨーガ再開

午前中2か月ぶりにヨーガに。
8月は夏休みで9月は骨折のため。
今もまだ左手はひじまでしか動かせないので
手を挙げる動作はパス。
それでも体全体を動かしておくことは必要なので
できるところだけさせてもらうことで。
ヨーガはほとんど目を閉じてやるので
人目を気にしなくていいところが気楽。
やはり体が固くなっていてボキボキ音がしそう。

料理会用の試作でかぼちゃのマフィンを。
昨年は小麦粉やベーキングパウダーを使ったけれど
今回はお手軽にホットケーキミックスを使ってみようと思う。
ホットケーキミックスは随分いろいろ応用が利く優れもの。
ただその分わわけのわからない添加物も多いかと敬遠していたけど
スイーツは食を楽しむためと割り切って
簡単に作ってもらえることを優先。
市販のものはどちらにしても同等以上のの添加物が使われているはずだから。
それにしても試食でまた太りそう。
料理会の難点の一つ。
夫も娘もスイーツ好きなので喜んでくれし、ご批評も。
料理会でもなければ大人家族ではお菓子作りはきっとしないはず。
痛し痒しだけれど、、。






カメラの故障

私にとっては日常の必需品になっているカメラが壊れてしまった。
液晶画面が真っ暗で見えない。
一応写真は写っているけど
今のカメラはのぞき窓がなくなっているので
あてずっぽうで取るしかない。
結構不便なものだ。
ネットで見ると
こういう故障もあるみたいなので
仕方なく買った近くのキタムラに持って行った。
なんだか突然のことで原因がよくわからない。
操作がわからなかったり故障などが想定されるものは
価格より近場の相談できる店で買う方ががええでという
大阪の友人の言葉に従っておいてよかった。
まだ修理費はわからない。
使いこなせてないけどすでに2年経過の愛着の品なので
何とか妥協できる価格で修理できればいいけど。
その間2,3週間もかかるという。
さてどうするかと考えたら、
そういえば娘はもうスマートフォンで
デジカメを使っていないのだった。
そうか今やデジカメ市場は急激にしぼんでいるんだった。
長男夫婦だって、二男だって。
もうデジカメはあまり使ってないはず。
携帯で写真を撮っている人も多いけど
私はデジカメ派。
なんて言っているうちにまた取り残されるようになりそう。





姫の運動会

朝7時前からお出かけ。
よく考えたら我々の運動会に父さえ来なかったのにと
ひとりで大人5人を集める姫の威力にいまさらながら隔世の感。
10.2
様変わりと言えばビデオコーナーがあって種目ごとに交代する

10月の初めだというのにジャケットを用意しなかったのが悔やまれるうすら寒さ。
昨年は姑と駆けつけた。
その姑は今年は圧迫骨折でとても来られない。
私も上腕骨の剥離骨折で養生中。
なんとママ方のおばあちゃんも足の指の剥離骨折で養生中で駆け付けた。
おばあちゃんは昨年は左手首も骨折されて
その前年は夫が右手首を骨折しているので
じじ・ばば族は骨折体験者がずらり。
足元も手元もおぼつかなくなってきているわけで。
2歳児や3歳児の走っているのを見ると
同じようにまだバランスが悪くて気持ちと手足が一致しないで転んじゃう子供が多くて
妙に親近感。
ところで昨年は泣いてママから離れなかったわが姫君は
今年は隊列の中から我々に手を振る余裕。
この1年の成長の顕著さにつくづく感心させられる。
それにしても年長さんの演技の見事さは
わが子しか眼中にないようなパパさえうるうる来るというほど。
10.2-2 10.2.-3
年長さんの組体操。いまどき、危険な組体操は小学校でもやらなくなっていると聞いたけど、、。

今年の暑い夏のさなか練習してきたのかと思うと
その成果にただ拍手。
指導された先生方も泣いておられた。
10.2.-5  10.2-4
感動モノの年長さんの鼓笛隊

8時半開始で12時過ぎに解散。
予約しておいた料理屋で一緒に食事してから帰宅。
とうの姫はお疲れてずっとお座敷でお休みに。
大人5人がゆっくり食事でき
久しぶりにママのお母様にもあえてお話もできた。
姫のおかげです。
姫は偉大です。





夫の買い物

みょうが最後の収穫?みょうがが10個ほど。

久しぶりに夫が家にいて庭を手伝ってくれた。
日が当たらないので冬は植えられないけどとりあえず土を掘り起こしてもらった。
体を横にしなければいけないほどの場所に
クワを入れるのですぐ大事な球根まで掘り返したり、これから咲くシュウメイギクを折ったり。
まだクワ仕事はできないので文句を言いながらも頼むしかない。
私ができるのは剪定ばさみでの枝切と
草取りぐらい。
午前中やっても全体としてはあまり変わり映えしないのが情けない。
午後はまた買い物に。
ついでに夫が珍しく車に興味を持って気になる車を見に行きたいという目的も。
もう我々にはきっと最後の車になるのと
そろそろ退職もありなのでその後のカーライフを考えても
好きなのを買っていいよと
ちょっと甘い顔をしたら
なんと今まで車に関心など示さなかったのに
最近は気になって仕方がない様子。
甘い言葉に図に乗るタイプだったんだ。
試乗したり、帰ってからもカタログを眺めたり。
窮乏生活で実用一点張りの生活で車だって
価格&実用性重視。
それが型がどうの、大きさがどうのと言い出した。
我慢して押さえ続けていた本性が目を覚ました風情。
可哀そうな気もするし、調子に乗るなよと言いたい気持ちも。
でも子供たちは私のDNAらしく応援を頼むつもりが
いまさらなんでそんな車がいるの?と応酬。
そういうやりよりも全部楽しみになっているはずだけど
いつどんな車になることやら。
それまで結局11年目の愛車はまだまだご活躍されるということで。



カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ