FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

Top Page › Archive - 2011年08月
2011-08-30 (Tue)

無事帰国but上腕骨大結節剥離骨折

無事帰国but上腕骨大結節剥離骨折

無事ほぼ定刻に帰国。リムジンで帰宅。これですべてめでたしめでたしのはずがやっぱり病院に行った方がいいよの娘の忠告もあり午後整形外科に。なんと残念ながら骨折ですとのこと。上腕骨大結節剥離骨折:意外と情報が少ないのでレントゲン写真のコピーを。           骨がはがれて隙間ができている。骨って折れるだけでなく剥がれもする。           固定することで自然に接着するらしいが、ずれた場合は手...

… 続きを読む

無事ほぼ定刻に帰国。
リムジンで帰宅。
これですべてめでたしめでたしのはずが
やっぱり病院に行った方がいいよの
娘の忠告もあり午後整形外科に。
なんと残念ながら骨折ですとのこと。
骨折
上腕骨大結節剥離骨折:意外と情報が少ないのでレントゲン写真のコピーを。
           骨がはがれて隙間ができている。骨って折れるだけでなく剥がれもする。
           固定することで自然に接着するらしいが、ずれた場合は手術。
           ギブス固定が最善だけど難しい個所なので私の場合はサポーターで。
           三角巾とサポーターでの固定の仕方はhttp://youtu.be/bJYZZPquzqI
名前だけ聞いたら大事のような骨折だけど
要はネットで調べても数行の解説。
剥離骨折は筋肉の力によって引っ張られて骨がはがれてしまった状態のことをいいます。通常の骨折では例えば足を骨折した場合、痛くて立ち上がれなくなりますが、剥離骨折の場合は痛みは伴いますが、歩けなくなったり、立ち上がれなくなったりまでの症状が出ないこともありますので、病院での診断が必要になります。捻挫と勘違いしていたら実は剥離骨折だった、というような話も少なくありません。
まさにドンピシャ!

この年になってはじめての骨折。
というかこの年だから骨折なのか。
小さい頃からお転婆で
中学はソフトボール
高校はハンドボール
大学はバスケットボール
主婦になってからはテニス
いまは登山と
骨折の機会は人より多いはずが
突き指こそ数知れないけど
骨折・捻挫・脱臼などという整形外科系統には一切ご縁がなかった。
そういえばゴローの散歩のときに一度捻挫は経験したっけ。
あいつはしつけがなってなかったから
散歩のときうんちの始末をしていたら
急に反対方向に動き出して引っ張られ足を捻挫してしまった。
思い出に浸ってる場合ではない。
ギブスはできないので三角巾とベルトで固定して3週間
そのあと三角巾で3週間だと。
6週間の重傷だった。

だいたい剥離骨折などと聞いたことはある気はするけど
わが身に降りかかるものと思ったこともないのでわけがわからないけど
事実は受け入れなければ。
病院に来た時とは違って三角巾とサポーターで物々しい風体。
転んだ拍子にとっさに取る防御行動は
思わぬ力がかかってしまうらしい。
右側で転んで外傷(擦り傷程度だけど)は右手、右足にあるのに
記憶にない左手にダメージが。
皆様も他人事ではないですぞ。
どうぞお気を付けあそばせ。