多摩大学リレー講座10回 

現実社会と一体化するインターネット
多摩大学 諸橋正行教授

インターネットサービスって1989年に開始されたそうでちょうど多摩大学創立と
同じ時期とか。
ということは20数年。
その間に揺籃期ーWeb,HP時代ーWeb2.0ーそしてユビキタス時代と
目覚ましい発展をしてきたわけで
HPページ作成10周年を迎える私は第3期に
インターネットの恩恵に浴し、
いまだに第3期に停滞中ということになりそう。
限りなくサービスが細密化され、一方で広範な世界を網羅する情報に
全部理解できない私も勝手に取り込まれているわけで。
考えると恐ろしいけれど
考えられないから呑気に暮らせているだけかもしれない。
誤用されたり、意図的に悪用されたら
原発事故のようにその収拾は想定を超えたものになるに違いない。
我々は最先端の文明を享受しながら
屋根の上のバイオリン弾きのように危なっかしいバランスを取っているのかも。
これでもかというほど進化する携帯電話。
情報ってそこまで必要なものだったのかって
却ってほっといてくれ、余計なお世話ということに。
こんな大雑把な理解でいいとは思わないけど
便利さの代償が問われる現実に
ただただ進化し続けるだけのIT時代の落し物、忘れ物が気になる。

ところでネットを引くと
以前の諸橋先生の講座についての
同じく多摩大学教授の樋口 裕一さんのコメントがあったのでコピーさせていただいた。
(こういうことが簡単にできるわけだ!!)


 まずは、6月10日の諸橋正幸・多摩大学経営学部長による「寺島実郎監修多摩大学リレー講座」の一つ。題目は「インターネット技術とウェブ世代の世論形成」。私にはかなり衝撃的な内容だった。私が衝撃を受けた内容をひとことでまとめると、以下のようになる。

・SF小説などでよくある、「人工知能が世界を支配する」という筋立ては、実はすでに起こっていることだ。インターネットは世界に張り巡らされた知の集積にほかならない。そして、現在、グーグルなどの検索エンジンによって、その知を取り出しているが、グーグルのプログラムに歪みがあっても、世界の人々はそれに気づかずに、知を利用する。意図的であろうとなかろうと、プログラムに何らかの歪みが生じて、ある種の思想やある種の傾向のものが知として活用されないことはありうる。つまり、グーグルなどの検索エンジンによって世界の思想が支配される恐れがある。
樋口裕一の筆不精作家のブログ
感銘を受けた最近の三つの講演、そして、わがストレス!(2009年6月20日 (土))
http://yuichi-higuchi.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-0c7d.html



トマト

tomato
トマト:今年初めての収穫

朝からもう強い夏の日差し。
4,5日留守にしただけで
ベルガモットは枯れ、キウリは肥大化し、トマトは赤くなった。
この夏一番うれしかった花なのに
水が足りなくてベルガモットの花は枯れていた。
夫も娘もそれさえ気づかないからどうしようもない。
おまけ大きくなってしまったキウリを見て
どうしてうちのキウリはこんなお化けみたいに大きくなるのと聞く。
あほちゃう?君らがいいところで取らないからでしょう?
全く同じ家に住んで同じ庭というのに
無関心ってこういうことなのかとがっくり。
午後、先日から羽アリが出てきて気になっていたので
業者に見てもらったら黒蟻の羽アリで心配ないとのこと。
黒蟻が家自体に被害は及ぼすことはないそう。
一安心。
殺蟻剤で処理したほうがいいですよとのこと。
夜盗虫だって、いっぱいいる。
朝掃除した時も大きくてカラフルな青虫が2匹いた。
ダンゴムシやナメクジも。
葉も花もみんな穴が開いている。
雑草を抜くのも気が引けるけど
虫も殺すとなるとなんだか二の足を踏む。




定期検診

あじさい
アジサイ:あちこちでアジサイが美しいけど我が家にも。やっぱりこの季節にはこの風情。

毎年受けている定期検診に。
昨年は検便を忘れて、大腸がん検診が受けられなかった。
便秘常習犯の私が一番恐れているのが大腸がんなわけだけど
心配している間にもう1年。
相変わらず低血圧で、難聴気味。
あとは2週間たたないと結果がわからない。
金曜日には婦人科検診も。
面倒だけどまあ安心保険なので欠かさない。
ところでバリウム検査の後
下剤を飲んで帰ったわけだけど
いくら便秘症と言えども
よく効いて電車を途中下車。
こんなの午後から仕事の人は困らないのかと心配になった。
余計なお世話だと思うけど
バリウムは2時までに出すようにというし
会議中だったりしたらなどと気になってしまった。
相変わらずバリウム検査は苦手。
もっと楽な方法が開発されないかと思う。
妙に開発進歩が著しい医療分野もあるが
バリウムは変わんないよね~。
顔と態度に似ず繊細なので
胃もときどき再検にひっかかる。
胃カメラはもっといやなものだし
予防医学って本当は一番大事な分野だから
もっと楽で簡単になればいいのにといつも思う。
研究開発の方々よろしくお願いいします。




鬼嫁?!

百日草
ヒャクニチソウ:昨年の花からとった種で育てった苗。ひときわかわいい。
でもまだそれにふさわしい日差しがささないのでちょっと弱弱しい。

サンヨーのバーゲンチケットをいただいたので息子夫婦とともに。
会場で待ち合わせて姫とも合流。
昔ほど混んでもいないけど
それでも大人の熱気がむんむんのバーゲン会場。
おとなしくできるかと心配したが
持参したせんべいとバナナが功を奏してしっかりママを待てました。
食い気のある孫でよかったよかった。
ママはいくつか選べた見たいだけど
長男は気が短くてサイズが少ないからと早々に退散。
私は今回はお守りだけ。夫のクールビズ用の
半袖シャツを2枚買っておいた。
今しばらく働いてくれるみたいなので投資もね。
不安定な状況だけど働けるだけ働けと
発破をかける鬼嫁なので、、、(-_-)/~~~ピシー!ピシー!





ホタルブクロ

ホタルブクロ
ホタルブクロ:ホタルブクロと言えば幼いころ住んだ兵庫の丹波近くの里を思い出す。
あちこちに咲いていて膨らませては手で割って遊んだ。
それに妖精たちの住処として描かれるヨーロッパの絵本。
近くを飛ぶフェアリーが見えるよう。
午前中は草取り。
目に見えるほどはかどらないのに時間ばかりかかった。
3時過ぎからは娘と美容室に。
そのあと裕子さんと彼女の姪と女子会という計画だったけど
急遽延期に。
姪っ子のお父さんが入院された。
女子会はないでしょうと娘に笑われたけどほっといてくれ!
3人とも女子を捨ててないし、女子に年齢制限はないでしょう?
あるなら君だって危ないっていうもの。
やめましょう内輪揉め。
いいじゃない本人たちが良くてその気なら。
お父さんの早い回復と女子会成立祈願<(_ _)>




スカシユリ

スカシユリ
スカシユリ:梅雨のうっとおしさの中で鮮やかなオレンジが際立つ。
午前中水曜日に妹が持参してくれた梅を漬ける。
梅干しに約2キロ・梅酒に700gくらい。
4キロ近くリュックに担いできてくれたけど
結構実を取るときについた傷や虫食いがあってもったいないけどいいものだけ。
来週には生協に頼んだ南高梅2㎏も来るので今年はもうこれくらいでいいかなと思う。
午後はヨーガに。
裕子さんが金曜日には水泳を始めたので一人で。
いつも便乗していたのでが
一人で車で行くとついで仕事と思ってつい回り道。
いいのやら悪いのやら。





高尾山の石斛蘭(セッコクラン)

セッコクラン セッコクラン3

昨夜は疲れて誰も帰宅しない前に寝てしまった。
その分早く目が覚めることもなくて、今月前半の睡眠不足を補った感じ。
すっきりしたところで
高尾山のセッコクランをまだ見に行ってないので
久しぶりに高尾山に。
天気予報では曇りで薄日も射すとのこと。

今日を逃すと来週になってしまう。
早くいかないと枯れてしまうのではと気がかり。
ちょうど間に合ってすごい花数だった。
4月には4回も登ったのに
5月は0回。
そして6月ももう半ば。
梅雨の合間で緑はすがすがしかったけれど
頂上は雲が多くて遠望は利かなかった。
今日はセッコクランと
健康手帳のマンガンの精進料理が目的なので
雨さえ降らなければOK.
楽しみにしていた薬王院の精進料理は
修行僧の食事のような粗食でがっかり。
有料で食べる精進料理と場所も内容もあまりに違うので
修養料理って感じ。
真ん中の白いお皿は空ではなくてお神酒でした。

精進料理
まあ腹八分目の粗食は確かに健康にはいいでしょうが山を下りたらもうお腹がすいた(ー_ー)!!

午後は多摩大学リレー講座8回目。
現在青森大学教授
何でもござれの器用さに
個人的にあまり好感を持ってない偏見のせいか
羅列的な内容に奥行きが感じられなかった。
ネットでわかる程度の情報を見せられたところで
どこまで本気なのかと疑問に感じることが多く、
以前環境問題での発言に感じた売名的な行動と発言が
払拭できない。

今日は旦那様の誕生日だけど
週末まで出張。
お祝いは来週に。
おかげさまで夜はのびのびビデオ。
メリンダとメリンダ
メリンダとメリンダ [DVD]メリンダとメリンダ [DVD]
(2008/03/19)
ラダ・ミチェル

商品詳細を見る



お料理会

男の料理会2011.6.15 男の料理会2011.6.15-2
梅雨の晴れ間
10日間留守にしていた後で
レシピつくりも買い物も忙しかった。
それでも出来栄えがなかなかで満5周年を彩るごちそう。
レシピは
小エビとアスパラの蒸し抜き卵・鮭のソテーとエビフライ・たことブロッコリーのソテー・ヨーグルトチーズケーキ・オニオンスープ。
タルタルソースとクルトンも手作りで。
小エビとアスパラの蒸し抜き卵は帝国ホテル村上シェフのレシピから
そしてタコのソテーもメンバーさんご紹介のレシピ。
とってもおしゃれで彩りもきれい。
男の料理会2011.6.15-3
作るひと手間も楽しげ。
玉ねぎはメンバーさんの菜園からの差し入れ。
そのあと急いで家に帰り
荷物を降ろしてから
お見舞いに。
料理会のメンバーさんがテニス中に骨折とのこと。
松葉杖のお気の毒な状態。
全く今年になってから次から次へと
不調な方がいらしてお見舞いと快気祝いが入り乱れ、
手術や入院・退院もリレーのよう。
皆さん無事回復されているのが救い。
ところで今日伺ったお宅はお庭が広くてびっくり。
そこに所狭しと草花や植木がびっしり。
その中に蘭の鉢も一っぱいで長時間滞在したい素敵な空間。
しかもそこに張り出しのデッキがあって掘りごたつ風に切り込みがベンチになって
食事やお茶も楽しめる。
お見舞いに伺ったのに私は気に入ってはしゃいでしまった。
申し訳けないこと。
お土産に頂いたアジサイやアナベルも美しくてうれしかった。
あじさい

残念ながら一緒に行った方が夕方から仕事がはいっていらして早々に。



ベルガモット

ベルガモット
ベルガモット:3年越しでようやく咲いた。たくさんの蜜蜂を呼ぶ蜜源植物。
ベルガモットと言えば真っ赤を予想していたが咲いたのは紫系のピンク。白もあるらしい。
名前と花にあこがれていたのでうれしい。もともとは柑橘系の木にベルガモットがあって同系の香りを出すことから同名で呼ばれているハーブ。とても今は食用にする気にはなれない。ひとえに観賞用。

ベルガモット紫、ピンク、白
和名:タイマツバナ  別名:ビーバーム

久しぶりに裕子さんとヨーガ。
体の節々&隅々に血流とリンパの流れが行き渡るような快感。
だからって同じように家でやればいいのに全然できないのが悩み。
午後は明日の料理のための買い物に。
イマイチ頭が料理モードに切り換えられていなくてなんだか心配。
ぎりぎりまでレシピも悩んだので買い漏らしなどありそうで不安。
それにしても卵が40個というのもすごい。
セールの目玉で最近はあちこちで88円や98円になるものが
230円前後というのは割り切れない。
砂糖や調味料もそうだけど
差が大きいので買い置きをしておこうと思うけれど
断捨離の精神から言うとそれもあさましい気がして
後ろめたい。
我が家のだけならそれもいいけど
35人分を賄うとなると差額は大きい。
だけど置き場所や保管の手間や賞味期限を考えると
その差はなんだろうとちまちましてしまう。
基本的には前日買うことにしよう。



ドクダミ

どくだみ
ドクダミ:花を心待ちにしていたミニバラ(フェアリー)を覆い隠す勢い

長く家を留守にすると
気がかりは家事が滞るのはもちろんだけど
庭にはびこる雑草たち。
案の定花たちの居場所を席巻して
圧倒的な存在感。
それなりに花が美しいのが憎らしい。



長浜に

琵琶湖湖岸の長浜で同窓会。
何人か同郷の方が幹事になって2年ごとに。
一昨年は淡路島で今年は長浜。
友人が指定してくれた電車にお任せで飛び乗ってきたので
琵琶湖の湖岸と言えば大津あたり。
せいぜい2,3駅先を想定していたというのも恥ずかしい。
琵琶湖周航歌ではいつも今津か長浜か~♪と歌っていたのに。
米原からさらに湖北に向けて北陸本線に乗り換えたのは初めて。
たまたま蒸気機関車が臨時運転がされていて
その賑わいに乗せられて時間に余裕があるのを幸いに飛び乗ったら全席指定で
次の駅で下された。
よかった。おばさんで(ー_ー)!!チョーかっこ悪かったけど。全く平気を装っていた3人。

C61
長浜はお江ゆかりの地ということで観光バスが連なっているのにはびっくり。
テレビも見ないし、歴史にも弱いのでせっかくの訪問の価値が半減。
知識はあるに越したことないとつくづく反省。
長浜ロイヤルホテルでの歓談は2時間ほどであっという間。
皆さんお元気そうで何より。
学生時代ほとんど話をしたこともないので
旧姓も現在の名前を名のってもいまいちピンとこない方も多いけど
それでいて親しみや懐かしさはあるのが不思議。
今となっては振り返れる共通の思い出は貴重なものだと
再びの出会いと幹事のみなさまに感謝。
雨は降らないけどお日様も照らないどんよりした空模様で琵琶湖の美しさは皆目。
とりあえず帰りには長浜城に。
そして黒壁通りと呼ばれる観光名所にも。
長浜 長浜2
長浜城と観光バスが並ぶ黒壁美術館
黒壁通り 黒壁通り2
賑わいのある黒壁通り

古い町のたたずまいとにわか仕立ての観光スポットがないまぜ。
私は何度も言うようだけど歴史にとんと弱く
石田三成と秀吉の出会いも知らなくて
駅前の二人の出会いの像と「三献の茶」のエピソードからして感心。
三成は長浜の出身とのこと。
石田三成 石田三成2

俳句をたしなむ友人がここにもと足を延ばした太閤の井戸
秀吉の井戸
長浜城築城の時に秀吉が掘らせた太閤井戸。秀吉の没後、石垣の一部とともに長浜城の往時を思い起こさせる数少ない遺構。渇水時には近くまで行けるらしいが水に浸かっていた。
風流な彼女ならこれで一句できるわけだが私にはとんと??
連理の木1 連理の木2
長浜城公園内のこの木の腕の組み具合が面白くてこっちのほうに興味を持ったもう一人の友人と私。
まるで知恵の輪みたい??!!
そして緑の花を長く垂れている木にも。彼女はきっとクルミの木だといったけどピンポ~ン♪
雌雄同株でこれは雄花。今の時期赤の雌花も咲くそうだけど気づかなかった。
くるみ



カモミールティー

かみつれ2 かみつれ3
のんびりすごしていたけれど
今日の午後から今週末はやけに忙しくなる。
梅雨の合間に昨日は雨が止んだので
カミツレを摘んだ。
この花を干して乾燥させ
カミツレティーとしていただく。
1年もたつと色もあせるけど
今年摘んだ花はまだその色が美しく香りも高い。
リラックス効果の高いハーブだけれど
わたしには花が育つのも、咲くのも、摘み取るのも、干すのも
みんな癒し効果大の大好きな花。
庭で摘んだ小さな花たちのそばで
しかもお似合いのハーブ柄のカップで飲むと
最高のひと時に。
ついでにクッキーもむしゃむしゃ食べちゃうので
多少後味が悪いのが難、、(ー_ー)!!
写真は1か月前に積んだもの。
一度別の器に入れて熱湯を注いで1~2分。
それを濾しながらティーカップに。(すべて私流)



多摩大学リレー講座 第6回

かみつれ
カミツレ(カモミール):我が家のあちこちで咲いている。花が可愛く、香りも素敵、ハーブとして重用される。もともと野生のものなので強すぎるのが悩み?!

中東民主化の歴史と現状
東京大学大学院総合文化研究科教授)

中東情勢が混乱し、民主化の波が荒波を立てている状況を詳しく説明してくださったが
あいにく耳が悪くてとっても先生の話が聞こえづらい。
いつも感じるけれど
講演をその仕事とされる方はもう少し
はっきりと発音する訓練をしていただきたい。
音量やマイクの調子などにも気を配ってほしい。
特に高齢者を対象とすることがわかっているのだから
狭い教室でゼミで学生に話すのとはわけが違う。
親近感を与える効果はあるかもしれないが
普段の会話のように語りかけられても
広い講座室で歯切れの悪い、語尾が聞き取りにくい話しかけをされても
ほとんど聞き取れない。
もったいない。
伝え・理解させることが目的だから
講師はもう少し自分の話し方が理解されているかどうかに意を用いた
話し方を工夫してほしい。
その内容が充実していて聞きたいと思えばこその要望なのでご一考を。
詳しいレジメを下さったので今回はまだ救われるが
レジメもなく話される方で言葉がこもってマイクに入らない声で抑揚もなく話し続けられるとがっかりする。
80分が苦痛。
山内先生が特にひどいというのではなく
最近感じることが多いので、、、。
中東の恩恵に大いにあずかりながら
日本人は中東を知らなさすぎる。
確かに位置も国名も定かではない。
エジプトはわかるにしても
チュニジア・シリア、バーレーン・イエーメン・イラン・サウジアラビア・レバノン・パレスチナ・リビア
ヨルダン・パキスタン、、、
最近ニュースで耳にする機会が増えている気はしても
イスラムの宗派スンナ派・アラウイー派・シーア派、、についてはチンプンカンプン??
国連・NATO・アラブ連盟・GCC,,わかりません。
そんなこんななのに
先生のお話をところどころ伺ううちに
これは一度じっくり先生の入門書を読みながら中東アジアについて
学ばねばという気になった。
出生率が異常に高く、就職難で戦士や活動家の中核はほとんどが10代から20代の青少年。
それだけでもへーなるほどだった。

次回は寺島先生なのにこの混乱の時期に
お休みするなんてもったいない。



悲しいレース

蕪 しろカキナ
無残なカブの葉とシロカキナ
急にお野菜たちがレース状に。
もちろん虫たちのターゲットに。
でもここまですることないでしょう?
共存しようよと言いたいけどおかまいなし。
何だか君たち人間だって
我々の自然を共存お構いなしに
根こそぎ食い散らかしているでしょうと言っているみたい。
確かに。
私たちが悪うございました。
この葉を食べて許してくれるなら
我慢することにしよう。
しかし腹たつなあ~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
珍しく食べられるほどに成長した葉物だったのに(ー_ー)!!
もっと立派に育って目には何の遜色もない立派な野菜たちを
破棄しなければならない方々の胸中とは比較の比ではないけれど、、。



カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ