サプリメント

そろそろサプリメントが切れてきたので注文。
我が家は三基プルーンやプロテイン&その他の商品を飲みながら
さらにビタミンCやビタミンEを補強している。
エンゲル係数より
サプリメント係数のほうが高いくらい。
ビタミンE剤は三基でもあって
それはそれでとてもいいけどかなりコスト高。
それで病気だったゴローのために
アメリカに行ったとき買ってきたサプリを
並行輸入で買うことに。
ゴローが死んだ後に
今度はわれわれが飲むために購入を続けている。
アメリカはなぜにこんなに安いと思うほどなので
送料をかけても十分採算は取れる。
こんなにサプリが普及しているのは
保険制度が十分でないためか
マクガバンレポート以降健康維持に注力されているからなのか、、、?
それにしてもアメリカの肥満の方々を見ていると
効果が上がっているとはとても思えない。
オバマさんの英断で健康保険制度が導入されても
その普及が功を奏するまでにはまだまだ時間がかかりそう。
日本でも膨大な医療費と寝たきり老人予備軍を抱えているのだから
予防に貢献するサプリをもっと値下げすればいいのに。
健康産業はまだ収益事業として企業が
喜んで参入する状況で
政策的に健康維持・自立した老後を支える投資が考えられていない。
元気な姑と母を見ていると
高いと思われる予防のための投資がそれなりの配当の恩恵があることを証明している。
杖を持つのを忘れたり、杖を持つのを嫌がる母たちを見ていると
それだけでどんなにか生活の質が高いことかと思う。
そしてそれは
われわれ子供世帯の質も高くしてくれている。
すべてがサプリメントのおかげとはいわないけれど
まあできる間はほどほどに。
もちろん大事なのは日々の食事。
丸ごとの素材たちをしっかり噛んで食べて出すこと。



アジアカップ優勝とお砂場

イヤー昨夜のというか深夜のアジアカップ優勝戦はすばらしかった。
居眠ってっていたらしい私は結局延長戦だけしか見ていないけど。
まあ運命の李のシュートをライブで見れてよかったよかった。
その後もずっと夫と長男の興奮に付き合えた。
夫は感激するとすぐウルウルするのでそこまでは付き合えないけれど。
日本人選手の誰もがみんなうまくなって精神的にも強くなったなと感じさせてくれる。
見るからにでっかいオーストラリア選手にひるむことなく戦えるだけでもすごい。
キーパーなんてもう拝みたくなるような鉄壁。
何度見ても見飽きないシーンの連続だったけど
案の定日曜日は一日中この試合のシーンの繰り返し。
監督の采配の評価も高い。
そんなことは全然関係ない姫との2日目。
ママがいないことが本当に寂しくて我慢しているのかどうかよくわからないけど
むずかることもなくよく遊んだ。
途中、一度ママに電話をしたら
ママ、ママと何度も呼びかけていた。
電話が切れると
もう1回と催促。
里心がついてしまったかと思ったけどそれっきりママとはいわなかった。
パパは昨夜の睡眠不足と疲れで眠ってしまっても
一人でわれわれと付き合っている。
パパはネンネ、ママはジイジ(字を書くお勉強)と聞き分けがいい。
今日も相変わらず寒いけどまた公園に。
砂場で知らないお兄ちゃんと仲良く泥んこごっこで遊んだ。
砂場  砂場2
砂場でお兄ちゃんと泥んこ遊び。ケーキが出来上がったよ。おいしそう

寒いのに子供たちで結構にぎわっていてそれが姫にもうれしいみたい。
夕方ちょっと早めにコロッケを作り早めの夕食。
そしてママの分も持ってご帰還。
帰りは作戦通り二つ目の駅から下車駅までずっと寝てくれたそう。
二人ともご苦労様。
おかげでジイジとばあばはとっても楽しかったよ。
ありがとう。



姫来宅

今日はママが試験を控えていてお勉強なので
パパと姫だけでお泊りに。
朝からじいじとばあばはソワソワ。
二人で手分けしてそうじをしたのでいつくるのかしらと手持ち無沙汰。
ようやく11時半にご到着。
初めて電車できたのでパパはどうだったかしらと思ったけど
なんだかトラブルもなくこれたみたい。
バギーを押している姿も随分さまになっている。
その息子の姿に胸が熱くなる。
かわいさは息子も孫もどちらも比べようもない。
遅い朝ごはんでまだおなかが空いていないという長男とは違って
ご飯といえばすぐ食卓に飛んでくる姫君。
ママがいなくても平気そうで一安心。
その後はちゃんと覚えていて
シャボン玉。
でもまだ言葉でいえなくてストローで吹くまねをする。
それがまたかわいいけどなんだか言葉が遅い気がする。
子供たちは1歳過ぎるころにはかなりの言葉が出た気がするけど。
まあ心配するほどだもないのでしょうが。
外で遊ぶには寒すぎるけど公園にも。
夜は夫が勝手にすき焼きに決めて肉を買い込んできた。
大体長男や次男が帰ると肉を食べさしてやれとのたまうけれど
正直に自分も食べたいと言えってところ。
メタボ予備軍になりつつある二人にすき焼きはあまりおすすめじゃないのに。
しかも姫まで肉食系でパクパク。
お風呂もちゃんと入ったけどさすがに眠くなるころには
ママコール。
ほんとはママのおっぱいがないと眠れないらしい。
パパはかなりてこずったけれど何とかお休みになって
われわれは12時からのアジアカップ観戦。





どうせ暇なんだから

アネモネ
アネモネ:去年の球根からまた今年も咲いてくれた。

午前中ヨーガに行って午後は料理会の発表会の打ち合わせ。
みなさんそれぞれお花や絵画やお琴やのと披露できるものがあるからいいけど
お料理はそれができないのでハーブの方が提供されるハーブティーに添えて
クッキーで参加することに。
会場での調理シーンや飲み会や山登りの写真などの展示も。
そのために25日には事前の打ち合わせまでやった。
みなさんの積極的で協力な後押しがあるので
まあいいかと引き受けることがだんだん増えて
出かけていく回数が増えている気がする。
まあいいいか。
忙しい人に比べれば私など寝て食べて時々居眠りしているに過ぎない!?




ゆずジャム

今年はゆずが豊作。
差し上げようと思ってもどこも豊作みたいで
ほしがる方も少ない。
おまけに友人から逆にジャムをいただく始末。
だからといって腐らせるのももったいない。
私もジャムを作ることに。
ゆずジャム ゆずジャム2
ゆず1kg   半分に切って中を取りぞきました。
ゆずジャム3 ゆずジャム4
内側をこそげとり、果実も果皮も果汁もみんな使います。
ゆずジャム5 ゆずジャム6
皮を細切りにしてよく洗い、2,3回湯でこぼしてから水に浸けおく。
一晩でもいいけど私は今日中にということで5時間くらいで軽く水切り。
ゆずジャム7 ゆずジャム8
種がいっぱい取れる。これをパックに入れて一緒に煮る(種のペクチンを利用するため)。
私はさらに横着して圧力鍋を使っちゃいました。
そして350gの砂糖と150gの蜂蜜を足して煮詰めました。
ほぼ3瓶できました。
ゆずジャム8

やさしい甘さとほんのり苦い大人の味わいです。
子供の甘さしかわからない夫は
トーストに蜂蜜を塗ってからこのジャムを塗るとうまいとか言って
失礼なやつです。



ジューンベリー

園芸の講習を受けたこともあって
花壇をどうするかと迷っては花の苗を探したりして時間がたつ。
実際は日が差さない寒い庭に立つ気力は全然なくて
結局パンジーやペチュニアになる気もするけど。
ところでここ2,3年欲しいと思っていたのがジューンベリー。
ジューンベリー:バレリーナ5号ポット[早春の花木特集]ジューンベリー:バレリーナ5号ポット[早春の花木特集]
()
園芸ネット

商品詳細を見る

妹の庭にあって白くかそけき花をたくさんつける。
しかも6月にはジャムに出来る実もなる。
昨年はシーズンが終わっていて苗が手に入らなかった。
今年こそとネットで探していたが迷ってばかりでなかなか買えずにいた。
思い切って足を延ばして大きい園芸店に。
昨年も聞いたら注文品ですでに入荷時期ではないといわれたが
なんと探すと苗が入荷していた。
2年物くらいで鉢底から80cmくらい。
喜んで買ってきた。
枯れても悔しくない、咲いたらうれしい手ごろな苗でよかった。
もう花木はやめようと思っていたのについつい。
それに今年はクレマチスが欲しい。
クレマチス―育て方から最新品種まで (別冊NHK趣味の園芸)クレマチス―育て方から最新品種まで (別冊NHK趣味の園芸)
(2009/03)
不明

商品詳細を見る

苗は2月中旬入荷とのこと。
昨年苗をいただいたのにあの暑さの中
水切れで枯らしてしまった。
贅沢な買い物はしない私が買ってホクホク喜ぶのが
花の苗だもの。安いものなんちゃって。
言い訳しながらはてさてどこに植える場所があるというのだろう。






ケーキの気持ち

ケーキ1.25.1 ケーキ1.25.2

友人から夜7時前に電話。
ケーキがあるから取りに来てとのこと。
彼女はすでに飲んでるから車に乗れないとのこと。
あいにく私はもう風呂に入って着替えてしまった。
外は暗いし寒い。
1/4サイズのケーキをいただきに寒い夜道を車で行くかなと多少億劫。
だけどもちろん断れやしない。
彼女のケーキでめちゃ表情が緩む夫と娘。
食べさせたいと我が家の分を来客用に作ったケーキの1/4を残してくれた友人。
あれもこれも無にできない。
「ちょっと自信作よ」というケーキに手作りのゆずジャムを添えてくれた。
帰ってみてみたら確かに夫も娘も感動するはずの美しくおいしげな
パッションフルーツのケーキ。
もちろんめちゃめちゃ取って置きの笑顔でいただいた。
私は増えすぎてしまった体重を気にしながら、、、。
夫にはその顔で人に会い、仕事するようにという顔で。
娘はもったいぶってゆっくり味わいながら、、。



大豆の甘辛揚げ

健康志向のわりに
食嗜好はアンチ健康の傾向。
動物蛋白が好きで
植物蛋白の大豆が苦手。
納豆もお豆腐も大豆煮もおからも
食べなくてすむなら食べなくていい。
それで大豆と大豆加工品の料理はあれこれ試作する。
中でも最近のヒットがネットで見つけたこれ。
簡単でうまい。
大豆の甘辛煮1 大豆の甘辛煮2
大豆の甘辛煮3

大豆水煮缶1缶に片栗粉をしっかりまぶして多目のサラダオイルで5分いため揚げするだけ。
豆がちょっとこげるくらいがこおばしくておいしい。
それをしょうゆ・砂糖・酢各大匙1を混ぜたたれに入れて味をからませるだけ。
1缶全部食べるほど私は気に入ったけど
煎り大豆の硬さがが好きな方には物足りないみたい。
まあ好き好きですけど。



高尾山に

8時前に家を出て8時半に清滝口。
朝日の当たる道をと稲荷山コース。
やはり冬の道の日差しはうれしい。
ぽかぽかとはいえなくても
寒いという感じは随分和らぐ。
山頂には直行せずにまき道で一丁平に。
残念ながらシモバシラはほとんど見られず、
おまけに初めて見る登山者が触って壊してしまっているのにはがっかり。
1.23シモバシラ

写真を撮るため、ロープの中に入り込んで
踏み固めたりもするのでどんどん減ってしまいそう。
昨年は見られた一画もすでに見られなくなったからと
植生保存のためロープが張られ閉鎖されていた。
折り返して高尾山の山頂に。
まだ10時前だけどかなりの賑わい。
ほんと高尾山は人気ポイントに。
富士山が美しかった。
1.23富士山
いつもどおり下りは薬王院経由。
お正月と節分の時期が一番忙しいそうで私の21回満願のお札はまだ掲示されていなかった。
2冊目の2回目にスタンプ。
スタンプも行列しないともらえない。
今年も1冊分(21回)はクリアーしたい。
すでにこの時間の境内は雑踏という状況。
まさに老若男女すべての年代の人々。
すべての人が多様な楽しみを見出せる魅力的な山なので
これからも増えることはあっても減りはしないだろう。
下りは琵琶滝コース。
山道に入るとぐっと静か。
このルートは登山道の中でも一応健脚コース。
上りに取るとかなりきつい。
まだ昼前ではあるけれど駐車場はすでに満杯で20号線も渋滞。
人気が出てその界隈の様子も随分様変わりしつつある。
仕方が無い。



神渡良平さん

午後NPOの講演会。講師は作家の神渡良平さん。
私は真正面から感動するでしょう篇のような講演は苦手。
素直になれないバリアのかかった先入観。
だけど先人の思想に学ぶことや人の話を聞いて知らないことを教えてもらうことで
初めて知って驚きや感動があったり、新しい考え方を取り入れたりできる
そんな基本的なことを改めて感じた。
38歳のときに脳梗塞で半身不随になられたそうだが、
そのことを知らないとほとんどその後遺症には気づかないほど。
その闘病とリハビリのご苦労は並大抵のものではなかったはずだけれど、
体の機能や体力の回復とともに、その間に先人に学ばれてその後の人生を有意義に生きるすべを獲得。
とりわけ大きな影響を受けた方が安岡正篤(思想家)・西田天香(一灯園)・森信三(哲学・教育者)の3人。
それ以外にも多くの思想家の影響を受け、その成果が多くの著作になった。
先生の行動力も驚き。
サンチャゴ・デ・コンポステーラへの巡礼やマザーテレサのもとでのボランティア、さらに最近では賛美歌のアメイジング・グレイスの誕生秘話を調べにイギリスを訪ね、今年は西アフリカにも取材にいかれるとか。
また、不自由になった体で画家や詩人として活躍されている星野富弘さんやニック・ブイチッチさんのお話も。
私はニック・ブイチッチさんについては知らなかったので
ユーチューブの画像には衝撃を受けた。
家に帰り、さらに彼の他の画像を見たり、活動を知り、
世界中に乙武洋匡君はいることに感動した。
たまたまセヴァン・鈴木の世界環境会議でのスピーチの画像まで見ることができ、
今日の講演のおかげと感謝。




フードプロセッサー

母の誕生日85歳。
朝一番に電話。
相変わらず元気で若々しい弾んだ声。
でもこの間も急にお腹が痛いと電話がかかってきたが
体の不調はとても不安になるみたい。
取り越し苦労で事なきを得たが
我われでさえ加齢との付き合い方は未知数の不安。
85歳にもなればその不安の大きさはさぞかし。
まあお互いにその不安ともうまく付き合うしかない。

いまさらなあと思いながらフードプロセッサー結局買った。
どうしてもという器械ではないし、場所もとる。
でも最近なんとなくあるほうが便利かなと思い出すことがあったみたいで
急に買う気になった。
さっそく今日はたらのみぞれ鍋。
それにいかのすり身のイカ団子。
買えばその気になって使うタイプなので
使いやすい場所において使いこなしたい。
せっかく断捨離といいながらの逆行行為。
TESCOM フードプロセッサー TK410-W ホワイトTESCOM フードプロセッサー TK410-W ホワイト
()
TESCOM

商品詳細を見る

そのためにも他のものは思い切って処分しよう。
まずは衣類を一部は新宿ホームレス支援の方に。
一部は市や町のリサイクル施設に届けた。
10年来の食育に関する資料も思い切って処分した。
それでもどこがどう変わったという風ではない。
見るからにすっきり・シンプルという風になってみたいもの。
白状すれば不用品を差し上げながら
山用のウエストポーチや小さな手提げをリサイクルショップで買ってきてしまった。
チェンジはなかなか難しそうで、、、(ーー;)






ターシャの庭

多摩大学のリレー講座が終了したので木曜の午後がのんびり。
午前・午後も予約を入れてリラックスタイム。
久しぶりにDIYに行き園芸土や肥料を買う。
前回の園芸講習でいただいたミニバラ「フェアリー」をまだ植えてない。
やろうと思いながら肥料が無いを言い訳にしていたが
買ってきてみれば
やっぱり寒くてくじけてしまう。
この時期の手入れこそ大事なんだけど。
図書館で借りてきた
ターシャの庭の本を見ながら頭だけはキレイな庭に埋もれているイメージ。
ターシャの庭ターシャの庭
(2005/06)
ターシャ テューダー

商品詳細を見る





男の料理会

1.19料理会 1.19料理会2
節分バージョンで恵方巻きにちなんで海苔巻きとつみれ汁、水菜と牡蠣のおろし煮。
それにおからのクッキーを考えていたが試作段階で
味にいまいち自信がなく、大豆の甘辛揚げ。
私的にはとても気にいっていたが
煎り大豆が好みの方もいてなかなか好みは難しいもの。
でもちょっとしたコツのいる海苔巻きは
面倒だけど作るのはなかなか楽しそうで男性は結構夢中になる。



非効率

午前中ヨーガ。
寒いのでいじけてしまう体をほぐすのにとにかく参加がモットー。
うとうとしそうな気分でゆっくりストレッチを続けるので
筋肉がついたり、エネルギーを消費したりという汗をかく快感はないけど
ふだんあまり意識しないからだの隅々の機能がリフレッシュする感覚。
いつの間にか2年続いて3年目。
まあぐうだらな私によく合ってる。
午後は明日の料理会のための準備。
節分バージョンでとイワシをメニューに入れていたが
新鮮なものはどこにも入荷していなかった。
海が荒れているのか
大衆魚が少なくなったのか
いつの間にか食の状況が変わっているのに
なんにも気にしなくなっている。
代用にしようと思ったさんまは冷凍物で年中安定して出回っているけれど
そういえばイワシの冷凍ものってない。
それだけ新鮮な状態でオールシーズン安い価格ででまわっているものだったはず。
あんまり深く考え込んでいるわけにも行かず
西友~生協~ヨーカドー~三越~千歳屋とはしご。
雪が多いせいかまたお野菜も上がってきた。
家族の人数が減って家族だけなら気にしない食料の価格も
10人分以上となると
なんだかみんな高い気がする。
しかも店によって値段がまちまちなので一店舗に決められない。
私の時間給というものをかんがえれば
まったく効率の悪い労働だといつも思う。



目からうろこ

フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)フットボールネーション 1 脚のきれいな選手求む! (ビッグコミックス)
(2010/05/28)
大武 ユキ

商品詳細を見る


息子が貸してくれた。
彼がが少年サッカーに夢中だった頃
「キャップテン翼」って漫画に読みふけっていた。
サッカーおじさんになった今も
まだ似た様な漫画を読んでいるわけ?
しかも女性作家。
なんて思ったけど
サッカー漫画としても今後の展開が楽しみだけど
スポーツトレーニング論として
とっても面白い。
なるほど肩が張って足が短くて筋骨隆々の逆三角形の体型が
スポーツマン体型と思っていた。
確かにワールドサッカーの一流選手たちは足が細くて長くカッコイイ。
なぜなんて考えもせず
アジア人の体型ぐらいに思っていた。
その脚のきれいの秘密が詳しく解説してある。
イマドキ漫画は単に面白いだけじゃダメで
売れるためには読んで得する気がするウンチクが必要なのだそう。
確かに読んで得した気分。
サッカーを見る楽しさと新しい視点が増えた感じ。
サッカー好きあるいはスポーツマン&スポーツマンもどき&コーチ&
将来スポーツマンを目指す子どもたちは
読んでおいたほうがお得かも。
作者のインタビュー記事はこちらに



ご近所と

9時からボランティアの花壇の手入れと公園の清掃。
寒くて喜んでというわけでもないけど、
花好きの皆さんとおしゃべりしながらの作業は楽しい。
そのあと11時からはどんど焼きなのでお正月飾を届ける。
毎年素晴らしいやぐらが組まれている。
どんど
雲ひとつ無い好天でずっと雨も降ってないので恐ろしいほどに燃えるはず。
厄払いのお団子をもらうためにすでに行列が、、。
地域でこんな伝統行事が続けられていてうれしい。
午後も恒例の自治会の新年会。
ご近所といえどもほんとにこの機会にしか顔を合わせない方もいて
名前すら定かでない方も。
それでもだんだんお互いに地域での交流の機会をもっと多くしたいと
思われている風で、同じ内容の発言が多かった。
もうこの地で20年以上。
悲しいことにもう20年あるかどうかがわからないのが厳然たる現実。
お互いの関係を考えることも次第に多くなっているのかも。
さらにご近所の方に2次会も誘われていたけれどそれには出ずに家で。
次回の料理会のレシピがまだ出来上がっていない。
また今年も泥縄、、、(ーー;)



図書館に

寄植え
寄せ植え:寒さの中サルビアが咲いている

午前中NPOの理事会。
午後、臨時総会。
NPOの名称変更など案件なので
もめることも無く30分ほどで終了。
ワンマン理事長の意向どおりスムーズに。
口だけでなく頭も、手も、足もすべて駆使してリードされるので
文句なし。先読みも実行力もすごい。
軌道修正も早い。
お任せしちゃう。
その後夫と他市の図書館に。
わが市のよりロケーションも、施設も設備も素晴らしい。
車での往復の燃費を考えるとエコでもないし、
時間ももったいない。
でも空間が素晴らしくて夫に見せたらやはり感心していた。
これから充実してくる若い市の勢いが込められてる気がして
成熟の域に入りつつある市との差が如実。
図書館が文化のバロメーターといえるかどうかわからないけど
一つの指標であるきはする。
別にわが市の文化度が低いといっているわけではないけど。
市の垣根を越えて両方利用できるのでひがむ必要は全然無い。
そういうサービスが温かくていいなと思う。
夫はCD、わたしはDVDそして本6冊。
いあmは10冊まで借りれるけど
とてもそんなには読めやしない。



サザエさん

ラベンダー
ラベンダー:もうすっかり花が咲きだして寒さに強い花の本領発揮
午後ヨーガに行ってから美容院へ。
久しぶりにパーマを当てる。
母がどうもストレートなままの髪がお気に入りじゃなく
それとなくさいそくするので
たまにはかける。
案の定夫にはサザエさんと呼ばれる。
いい悪い、似合う似合わないとまではいいから
とりあえずチェンジがわかっただけでもよしというところ。
気づいたのか気づかないのか
なんにも言わないご亭主が多いそうなので。



多摩大学リレー講座「2011年の視座」

甘夏
今年初めて3個実をつけた甘夏。

最終講座は寺島学長の「2011年、日本創生への視座」
すべてに混沌とした不透明で不安な幕を開けた2011年。
もう展望なき新年のお先は真っ暗かと思えるときも。
とにかく国家予算の膨大な数字には頭が痛い。
主婦なら収入がなく、借金まみれであれば
収入の2倍3倍の予算など立てない。
自明の理。当然のこと。
人の懐(国民の税金)にもかかわらずない袖を振り続ける政府にはうんざり。
ぼやいている場合ではない。
日本再生のための視座を変えればかすかな光は見えると
学長はあきらめずに模索し続けておられる。
その姿勢が楽天的ではあっても耳を傾けたいと思わせる。
ずっと主張されているのは
アメリカとアジアのトライアングル。
むしろアメリカからアジアへ。
何しろ日本の貿易相手国の推移はこの20年で激変した。
1990年
米国27.4%、中国3.55%、アジア全体で30.0%、中東7・5%、EU17.0%,ロシア1.1%。
それが2010年の11月には
米国12.9%、中国21.8%、アジア全体で51.2%、中東9.8%、EU10.6%,ロシア1.5%。
アメリカは半減しいまや全体の1割強、中国は7倍になって約2割、つまりアメリカの2倍。
そしてアジア全体で約半分ということになる。
経済がすべてでないにしても、従来のアメリカよりの視座をアジアに向けなければという学長の長年の主張は
いまや数字に明らかな説得力。
特に観光に重きを置いて今後の展開を図るべきというのも納得。
確かに秋葉原・銀座・温泉だけでリピーターにはならない。
格安旅行の団体ばかりでは金にならない。
日本に行きたい、日本にしかないものの付加価値をつけて
高額旅行のリピーターを呼び寄せる。
ビジネスチャンスは大きくなりそう。
今日の講座の中で私が関心を持ったのは
学生の単位の共有化。
以前夫がある国家資格の世界共有化に動いていたが
同じ趣旨で学生もアジア全体で共有化できたら
若い世代の交流は一気に増大する。
ぜひぜひ実現して欲しい。
多摩大学の学生がまずは意気に感じて
アジアに羽ばたいてくれたらどんない素晴らしいだろう。

リレー講座最終回にふさわしい充実した内容だった。
特に学長は毎回最新の立派な情報の冊子を
惜しげもなくわれわれに提供してくださる。
その心意気に大いに感謝する。
こんかいは12回皆勤。
毎週出席はきついけど次回も楽しみ。



気休め

水仙
水仙:いつの間にかつぼみが上がって咲き出している。そこだけほんのり明るくあたたかい。

洗濯機の水道栓から水漏れがして洗濯機を置いてある脱衣場が水浸し。
床が木なのでふき取って乾かさないと腐ってくるからと
洗濯機や脱衣用の引き出しなどを動かしたらまあ、すごいほこり。
見てみぬふりをして過ごしている間にたまる
ほこりのすごいこと。
やけに重い洗濯機を動かすことなどやりたくないけど
たまには必要だと思い知った。
何せ断捨離だからこの際ついでに処分するものも。
役にたってるんだかいないんだかわからない
イオン生水器をはずした。
SHARP 銀イオン水生成器 AS-AG03HSHARP 銀イオン水生成器 AS-AG03H
()
シャープ

商品詳細を見る


もう私は3年もつという器械の2台目を使っているが
効果があるという話も聞かないけど
ほんとのところはどうなんだろう。
本体より1年しか持たない交換のカートリッジが
高かったりもして
長期に使う人の少なさを思わせるけど、、、。
目の付け所は確かにシャープなんだけど。

同じように気休め的に使っているものに
CW1の浄水器。
それに電磁波を消すという
EMクリーンウェーブというプレート。
ナショナルの空気清浄機。
シャープのプラズマクラスターの清浄機。
実際のところの効果はどうなんだろう。
使わないよりはましかもと
投資しているものは結構多い。




正月ボケ

山茶花 山茶花
さあ、もうお正月も終わりだよと夫と娘に声をかけたら
私たちはとっくに終わってるといわれてしまった。
そうか正月気分でだらだらしていたのは私だけなんだと反省。
今年初めてのヨガに行き
午後は銀行に図書館に買い物。
朝また大きなチョンボをやっていたことに気づき
修正にてこずった。
コンビニのATMから昨日
入金した口座にお金が入っていなくて真っ青。
なんと別の口座に入れていた。
まったく自分のやることにはらはらドキドキだよ。
寒いと頭まで凍えると朝ゆうこさんと冗談で言ったのが
ほんとだった。
でも、うれしいことに車のドアポケットを探ったら
ずっと行方不明だっためがねが出てきた。
いずれどこからか出てくると思っていたけど
ほとんどあきらめたというか、
忘れた頃に出てきた。
よかったよかった。得した気分。
前から忘れたり落としたりの探し物が多いけど
やっぱりその頻度は増えてるかも。
これって加齢。
お医者様に言われなくたってわかる。
だけどわからない日が来るかもしれないという不安が
ちょっと現実味を帯びてきた。





それなりでいるために

娘とフェイシャルサロンに。
夜は遅く、土日も出勤とすっかり、おじさんかしている娘に
たまにはゆっくりお肌など手入れしてもらいたくて誘ったら
どういう風の吹き回しかようやく行くとのこと。
案の定すっかり乾燥していると宣告され、
すこしは危機感をもった風。
私もそういう場所に時間とお金を割く余裕もなかったし、
そうしたい感覚も持ち合わせてなかったけれど
84歳の母がいまだにきちんとお肌の手入れをし
それなりに同世代の方より美しくいるので
私もいつまでも高をくくっていられるものでもないと思うようになった。
年を重ねてから、それなりにいるためにはかなりかなりの努力が必要なのかもしれない。
アウトドアが好きだし、睡眠時間も少なめ、甘いもの高カロリー食好き。野菜嫌い。
相当ヤバイ。
たまにはお肌のチェックなど受けてマッサージでもしてもらおうかと。
感動的に気持ちよかった。病み付きになりそうだけど
経済的に今後余裕があるわけはなくまあたまにごほうび程度に。
ご褒美がもらえるほどのことを何にもしてないのが辛いところだけど。
娘は自分で稼いでいるんだから遠慮せずに、そして
肩こりで整体やマッサージに行くより
お顔のマッサージやお手入れに行ってほしいというのが母親の願い。

午後先日お借りして大いに助かったモニターの返却に。
すぐ同じ機種のモニターが中古で見つかって事なきを得たが
一時はどうなることかと思った。
でもウインドウズセブンに買い換えたほうがいいよとまた薦められた。
それが使えるものをなかなか処分できないたち。
壊れない限り欲しくならないたちなんだよね。
でも時代のスピードは
特にIT関係はそういうスタイルが通用しないってそういうスタイルが通用しないって言うことも
多少は理解するけど、、、。
きっとまだしばらくはこのXPを使うことになる気がする。
よっぽど使用不可にならない限り。






高尾山に

今年初めての高尾山に。
ずっと冷えた日が続いているので
あまり朝早いと山道が凍っていて危ないし、
日の差すコースがいいと稲荷山コース。
のつもりで8時前ごろ家を出て
いつもより空いていたので8時半過ぎには高尾山口に。
ところがここはもう随分込んでいた。
どこの駐車場も満杯。
仕方ないので寒いけど裏高尾に。さすがにこちらは森閑として
静まり返って一段と冷え込みも厳しい。
でも最近ずっと雨も、雪もなかったので道は歩きやすくて9時半には目指す一丁平に。
シモバシラはあまり大きいのはなかったけれど
いくつかは見られてまあ良かった。
1.9高尾2 1.9高尾3

今日から下り坂といっていた天気も晴天で
富士山もばっちり。

1.9高尾4

山頂付近は先日のダイヤモンド富士並みの混雑。
下りは薬王院にお参り。
ここはさらに初詣の人たちで大賑わい。

1.9高尾5

その混雑の中社務所でやっと満願の健康登山手帳にスタンプ押してもらい薬膳料理券をゲット。
今年から始める方も多いみたいで手帳もよく売れていた。
私も二冊目を。
今年中に2冊目21回をクリアするのが目標。
もう一度薬王院から山頂側に戻って
いろはの森コースで下山。
意外に暖かくて風もない好天だったので、
裏高尾のコースも問題なくてよかった。

すぐさま引き返し午後は2時からの日本フィルメンバーのニューイヤーコンサートに。
四重奏や七重奏で
こじんまりとしたホールでゆったり楽しめた。

そのあとヨーカドーで長男夫婦のための冬毛布を購入。
ついでに布団カバーも買って一安心。
長男夫婦にありあわせの客布団で間に合わせていたので
半額バーゲンで購入。これでばっちり。
娘に今日は1日中随分忙しくしてるねといわれた。







バラの育て方

園芸講座の4回目。
NPOのコンサートとぶつかって
それもぜひ参加したかったけど
残念ながら今回はバラがテーマなのではずせない。
やっぱり庭に育てたい花のトップはバラ。
そしてなかなかうまくいかないのもバラ。
我家に咲いているのは楽チンなバラばかり。
いずれイングリッシュローズにもと思うけれどなかなか。
ちなみに今咲いているけなげなバラは
ピンクのバラ
ピンクの四季咲き
ミニバラ
ミニバラ
選定の実習用にとミニバラ種フェアリーの6号鉢を下さった。
ごく強い品種とのこと。
うまく咲いてくれますように。
先生には毎回花をいただいて今でもギュウギュウ詰めの狭い庭は
今までの花たちと混植して
今年どんな風になるのかと
心配になるほど。でもとっても楽しみ。



男の料理会

1.7料理会2 1.7料理会2
 
今年最初の料理会。
なんか一人で緊張する。
でもいつもどおり和気藹々と気持ちよくはかどって
またもやちょっと多いかと思ったメニューが時間内にこなせてよかった。
ぶり大根、鶏のさっぱり煮、ぜんざい、茶碗蒸し、カブの漬物。
茶碗蒸しがうまくできて担当した方はとてもうれしそうで私もうれしくなる。
季節感たっぷりのメニューで
ぶりと鶏肉はメンバーさんの担当。
鶏肉のさっぱり煮は3年目ではじめて先生デビューで緊張されたみたいだけど
うまくできて好評。
こちらまでほっとする。
意外と早く終わったので帰ってやりたい仕事を
考えていたけど
頭も体もぐったりで全然気力なし。
1時間ほど横になったけど
それでも集中力は戻らずじまい。
仕事をいくつもこなせる人もいるのにと思うけど
まあ仕方がない。
夜はおでんの一品料理。
昼には5品も並んだのに
マイ亭主は我慢。
ちょっと理不尽だよね(ーー;)すみません(汗)



料理会前日

明日の料理会の準備。
普段利用することのあるスーパーすべてを回ったと思えるほど。
昼前から気づけば6時をまわっていた。
茶碗蒸しに入れたいゆり根や銀杏の生はほとんど消えていた。
カブが結構高い。
明日は七草粥のせいらしい。
年末以来食材の買い物に出てなかったので
野菜が思ったよりも高いので驚いた
卵も今日はたくさん使う、それに手羽元にささみ。
どうしてこんなに各店舗によってそれぞれの価格が違うのかなと思う。
安くて品質のいいものと思っても結局行き当たりばったりと同じ。
特に大根やきゃべつは目玉的に扱われて価格差が大きい。
少量しかいらない干しシイタケなんかも1パックが高くて辛いところ。
調味料が切れてきたので
みりん、お酒、砂糖、醤油、出しなどを買い揃えると材料費にしわ寄せ。
しかも荷物はメチャクチャ重たくなる。
体力勝負。
一人600円で21人分をまかなうのは結構難しい。
そのやりくりはボケ防止の知的ゲームと楽しんで
お料理を作るのも食べるのも楽しんでもらうこと。
それは私のおもてなしの心意気。
へたりそうな自分を励ましながら、
体・頭・心全部使うこの料理会はボランティアというより
自分試し。
いつまで続けられるかなと思うことも。
3拍子元気だからこそできる。
楽しんでくださるメンバーさんがいるからできる。
そこを自分に叩き込まなきゃ。

今日はぐっと冷え込んだので
小さな鉢のヒメダカたちは玄関に。
超小さな生き物とはいえ動く生き物がいるって言うのは
とっても心温まる。




カード持ち

以前から整理しなきゃと思っていたものに
カード類。
あちこちで買い物ついでにすすめられたり、
ポイントや割引につられてあれもこれも。
財布に入れればかさばってかっこ悪いし
落としても盗まれても恐ろしいので、
実際には携帯してなかったり、使うのを忘れたり、
ポイントの期限が切れたりして全然使いこなせてない。
しかもある種のカードは年間手数料がちゃんと請求されている。
これはまずいと思いながら請求後は仕方がないからまた1年と
放置の繰り返し。
とりあえず今日は2件を連絡。
1件は電話で愛想ないほど簡単に決着。
もう1件は書類を送ってきて解約手続きを返送しないといけないらしい。
あ~この面倒さにまたくじけそうになる。
一旦つけてしまった贅肉を落とすのは
体だけでなくなスリムにするには相当のストレスがかかるものなんだ。
当たり前だけどカード持ちは金持ちとは違う。




断捨離1日目

断捨離とはいっても難しいもの。
最近気になっているのは体の贅肉。
なんとなく危険水域に停滞中。
まだ保険も充分整理しきれてなくて気がかり。
会社と同じで我家にたまっている不良債権も処理しなくては。
もちろんモノの整理整頓。
かたをつけなければいけないことは山積。
ところが要領が悪いことに枝葉末節から手をつけて
英断ができないで、時間の浪費。
本1冊を捨てるにももう一度読んでからにしようと思ってしまう。
夫もパソコンの整理をしながら
たまった写真をどれも捨てられないとぼやく。
他人のものなら容赦なく捨てられる気がして
そんなのいらないよと捨ててあげたくなるけど。
確かにここ数年ないしは数十年
なくても一度も困らなかったものがかなり。
正月に夫がローゼンタールのワイングラスを
娘がフランスのお土産にいただいた素敵な洋皿を割った。
二つとも我家で30年以上も大切に愛されてきたもの。
何もよりによって飛び切りのものから捨てることはないのに、、(ーー;)
形あるものが壊れて決着がつくのは仕方がないとあきらめられたのが
断捨離効果かも。
そんなこんなでとりあえずお正月用に借りていた
「スティング」のDVDを見片付けることに(ーー;)
古い作品が輝きを失っていなかった。
残すという作業もまた至難のわざだけど
残すべきものってあると痛感。
我家にそれがあるかどうかは怪しいけれど。



断捨離

夜中に随分泣いてママは大変だったそうで
ママも姫も可哀想。
我家では興奮するので夜眠れないらしい。
でも旺盛な食欲で気持ちいい。
トマトやキウリなど野菜も大好きだけど
鯛やぶりの照り焼きなども気に入った風。
特に夜の特上のすき焼き肉はお気に召したようで
かなり肉食系かも。
とにかく寝て食べるだけののんびり正月でありがたいこと。
帰りの渋滞を覚悟で夜まで付き合ってくれた
息子夫婦に感謝。
ところで新年から新バージョンの家計簿に切り替えようと
せっかくダウンロードして準備したソフトが
消失してしまった。
無料ソフトはやっぱり恐ろしい。
でももう面倒で時間のかかる家計簿も必要ないので
もう一度挑戦するしかない。
ベースさえできればと思うが結構時間がかかる。
ところで新年にいただいたメールに
正月そうそう「断捨離」にとりかかったという方があり、
大いに共感。
もうわれわれは断捨離すべきとき。
断=入ってくる要らないモノを断つ
捨=家にはびこるガラクタを捨てる
離=モノへの執着から離れる

この整理整頓や片付けといった言葉と違って
妙に仏教的で精神的な言葉に惹かれるよね~。
もうすでにかなりのブームらしいけど
遅まきながら参陣。
私も今年のモットーにしよう。



穏やかなお正月

正月用生花
今年は千両が不作でこれで全部。一昨年切り詰めたら今昨年は全然実がならなかった。
南アフリカの動物たちは夫の希望でそのまま玄関に据え置き中。
午前中高島屋に。
福袋といっても食料の買出しに。
すき焼き用の肉とハム・ワインそして菓子類。
わざわざ行く程のこともないけどそれなりに楽しい。
娘も洋服を買わずに付き合ってくれてる。
彼女はそのあとノートパソコンの見積もりに。
我家ではテレビも1台しかないけど数年前まではパソコンも1台を共有していた。
夫がノートパソコンを買ってからも
娘とはずっと共有。
いよいよ買う気になったらしい。
私はそのまま帰宅。
午後には息子ファミリーが。
先週に続いてなので姫も打ち解けるのが早い。
かわいいだけでなく
自我が目覚めて自己主張するので
結構取り入ろうとするわれわれを翻弄する。
まあそれを含めてかわいいわけで
無邪気な笑いに包まれる幸せな使者。
シャボン玉をして
公園で砂遊びとジャングルジム。
旺盛な好奇心と向こう見ずな行動力と妙な引っ込み思案が
小さな体と心に満杯。
われわれにもそれが新鮮で刺激的。




カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ