大晦日

朝早くからおせち料理に取り掛かるけど
イマイチ段取りが悪く
お昼までに片付かなかった。
3時過ぎ娘がお重に盛り付けてくれて、
夫が焼き鯛の注文品をとりに行ってくれて
ようやく5時過ぎには終了。
私はなんだか腰痛がひどくなってきた。
夫も娘も年末の忙しさのせいと思ってくれたようなので
訂正はしなかったけど
加齢による腰痛の始まりかと不安になった。
先日も夫が目がかすむと眼科に行ったら
病的な症状ではなく加齢のせいといわれたそう。
友人も最近は病因がすべて加齢のせいにされるとこぼしていた。
でも夜になってこの痛みは
以前にもヒールで舗装の道を長時間歩いたあとに経験した痛みと同じことに思い当たった。
先日来続けて高尾山に行き、帰りに舗装道路の1号路を下りたことと
自転車での遠出が響いているかも。
それなら時間が解決してくれるとほっとした。
山の下りの負担はひざに来るし、舗装道路の固さは腰に来る。
まさに加齢以外の何ほどでもないけど
まあ原因と治ることがわかれば一安心。
夜は久しぶりにずっとテレビで紅白。
最初から最後まで途中居眠りながらも付き合った。
夫も言っていたけど歌を聴くより、ダンスが多くて
物量作戦とばかりにグループやダンサーの人数に圧倒される。
じっくり歌を聞く場面が少なくて様変わり。
大事をとって恒例の除夜の鐘年明けの初詣は取りやめに。



年の瀬

朝から正月用の買い物。
思いつくままに買ったので忘れ物も多いけど
とにかく食材の調達とお花。飾り物。
大安の今日のうちにとお供え・松飾に生花。
夫が手伝ってくれて大いに助かる。
家庭人になる日も近いので
先輩諸氏のアドバイスも受けて
掃除分担を積極的に引き受けてくれた。
午後は夫はパソコンに増設するメモリーを買うとのことで
ヤマダ電機に。
ついでに母に買いたいと思っていた掃除機を買った。
30年以上も使っているので重すぎる。
軽くてシンプルなものをと思っていたら手ごろなものがあったので買っておいた。
帰りにケーズ電気にもよって娘の部屋のシーリングライトも。
ついでに台所の直管蛍光灯も。
この忙しい年末にと思うけど年末だから買う気にもなるので。
ヤマダ電気とケーズ電気どっちが安いか値段も確かめないけど
なんとなくついでに寄ってしまう。
実際は最近はアマゾンを利用することも多い。
でも直接出向いて説明を聞けるのはやはり店舗の利便性。
夫はなかなか聞けないというか聞かないので
私の口を利用する。
知ったかぶりをしようにもほんと知識がないので
嫌味な口数の多いおばさんを受け持って
あれこれ聞いて品定め。
とにかく無事買い物が済んで一段落。



パソコン復旧

夫は今日から休み。
風呂掃除を分担してくれた。
注文していたテレビのモニターが届いたのでさっそくセット。
ようやく無事復旧した。
やっぱりパソコンに依存している割合が
それなりに高いので、ないと大いに困る。

同じタイプの中古のモニターが見つかったのでラッキー。
ほぼ、修理の見積もり代くらいで収まった。
実際修理になると5万以上なんて脅されてびびッた。
おかげでまだまだ使えるし、使うつもりだけど、
みんなにそろそろ買い換えたほうがといわれ、
その気で最近のパソコンを見ると
まあ画像の美しいこと。
それに何より動作が速いという魅力。
近々に誘惑に負けそうな気もする。




昇進おめでとう

先日ボランティアグループのメンバーさんにおあいしたら
同じメンバーさんの方が去る10月1日付けで課長に昇進されたとのこと。
え~聞いてなかった。
10月末にみんなで食事会もしたのに
みんな知っていたのか知らないでか
そんな話題は全然でなかった。
私だけが知らなかったのかしら。
主婦に甘んじているので出世話にとんとうといし、情報網も無い。
でも本人から何の連絡もないなんて。
まあ男としてはそんなこと言い出しにくいかとも
思ってみるけど
単にそんな連絡するほどの間柄とは思われてなかっただけだったりして。
とにかくおめでとう。
なんていったってこの人事は並で無いと思うけど
地方自治体としてはひょっとして先陣として画期的。
それとも他の自治体ではもっと例がいっぱいあるのかな。
それもよくわからないけど
彼は高校時代に事故で車椅子生活になり
その後の大学生活も社会人生活もずっと障害者として
果敢に柔軟に道筋を切り開いてきた。
私が仲間に加えてもらったボランティアグループも
彼の自立した日常の行動を支えることを目的に提案され、始まった。
駅や街や公共機関にあるバリアポイントをチェックする福祉マップ作り。
その20年を超える活動は
いまや全国の自治体やボランティアグループでバリアフリーマップ
として普通に行われるまでになった。
彼はその地図の一番の利用者でありながら
普及のため実際に活動する重要ブレーンで
具体的な調査までこなすスタッフ。
自分にとって不都合なことは障害者の誰にも不都合なことと
積極的に発言し行動する。
バリアフリーなんて言葉も無かったし、
駅にエレベーターもエスカレーターも無かった時代、
彼の生きてきた道筋には
ちゃんとその道筋が残っている。
すごいなあといつも思う。
そして今度は自治体の課長職に。
もちろん彼を受け入れ支えた職場の方も素晴らしいし、
任命した市長も勇気があるといえるかもしれない。
彼は身体的な障害以外、十分能力があり、
実績もあるので当然のことではあるけれど、
それが当然として行われたことは
やっぱりうれしい。
おめでとう。



シャボン玉

姫へのクリスマスプレゼントも嫁の誕生日プレゼントも選べずにいる。
代わりに娘が買ってくれて少し肩の荷が。
昼過ぎ姫と共に散歩&ショッピング。
もうパパやママがいなくても大丈夫。
体よくわれわれに孫を預けて二人はテレビでマラソン観戦だとか。
もちろん喜んでお引き受け。
バギーにもおとなしく載っているし、
売り場では自分の興味の対象を見つけると
さっさと下車して直行される。
小一時間遊んでも飽きない風で
先に飽きたのは夫のほう。
買ってくれとまだせがむこともないので
何も買わずに着たけれど店員はあきれているに違いない。
私には買って上げたいおもちゃなどなくて
買ってあげたのは百均でシャボン玉液だけ。
ところがこれをどれだけ楽しんだことか。
今まで耳にしたことのないような声と
見たことのないような笑顔で
最高に喜んで楽しんでくれた。
素朴てシンプルな遊びが受け入れられて
ばあばとしては大いに満足。
夫もしばらくは笑顔と笑い声が目と耳から離れない様子。
娘もその純粋・無邪気さに感心していた。
昼寝もせずにちょっと興奮しすぎたかしらと思ったけれど
元気にご帰還。
最近はバアばも一緒に帰ろうと
手を引っ張ってくれるのが
ばあば冥利に尽きるというもの。
あと1週間もすればお正月でまた会える。
それまで忙しい年の瀬を乗り切らないと。



パソコンモニター撃沈

朝から夫の分の年賀状を刷りながら
そろそろ大掃除と台所でごしごし。
普段やっていないのであちこち人より時間がかかるわけで
レンジ・換気扇・戸棚とふきあげて、
思い出したようにパソコンを覗きに行くと
なんと画面が真っ白。
省エネモードになっているわけでもなさそうで
いろいろ試みても反応なし。
最近年賀状関係で酷使していたので
加熱したのかと放電をしてもさっぱり。
すぐさま近所のご主人にSOS。
すぐ駆けつけてくださったが
拉致があかない。
ケーブルの差込み口が特殊で
せっかくお持ちくださったモニターを試すこともできない。
中古はないかとヤマダ電機に電話しても無いと一言。
NECNOsポートセンターに聞くと
モニターの故障の見積もりは見当がつかないとのこと、
もし、本体なら修理費は5万以上だって。
しかも今年の8月に部品の保存期間は終了しているので
部品が調達できるかどうかもわからない。
要するに新しいのを買えってことことなんでしょうが。
2004年のVALUESTARってそんなに古いわけ?
私ごときには充分すぎて足りないと思う機能なんて
一つもないんですけど。
まあ遅いのだけがイラつくところだけど、
頭の回転にあわせてくれていると思えば
親切ともいえるわけで。
さらに、NPOの理事の方にSOS。
なんと対応するモニターの予備があるとのこと。
車は折悪しく息子が使用中なので
車まで誤記所さまに出していただいてさっそく
パソコン持参で事務所に。
なんと無事作動した。
ということはモニターの故障なんだ。
とりあえず今後のことは今後のことにして
正月中はモニターをお借りできることになって
あ~よかった。
パソコンが無いと手足だけでなく頭脳までとられてしまったよう。
パソコン頼みの生活になりすぎているかも。
そんなこんなで
せっかく夜に来てくれた姫たちを
出来合いのおすしでお迎え。
ごめんね。
それにしてもすぐさまレスキュー隊に助けられて
私とマイパソコンは何と幸せもの。
いつもお世話になるばかり。
感謝!感謝です。
それにしても何もできない、何もしない夫は
かろうじてパソコンを担いでくれたっけ。




お料理会のメンバー有志11人と共に高尾山に。
ダイヤモンド富士鑑賞会。
言いだしっぺの私はすでに下見の18日に堪能したとはいえ
皆さんにはぜひ楽しんでいただきたいと天候が気がかり。
体力や経験から言えば山男のつわものもいればやわな方もいらして
結構ペース取りが難しいけれど
リーダーのリードよろしく皆さん4時前には無事山頂に。
前回より随分混んでいる。
ダイヤモンド富士12・24-3

時間的には余裕なのでしっかり持参のビールやお酒で乾杯。
そして4時過ぎにはそれぞれ場所を確保していよいよ夕日と富士のコラボ。
またもや雲ひとつない完璧さ。
固唾をのんで見守る太陽の軌跡は奇跡のルートで富士山頂に。
ダイヤモンド富士12・24

ダイヤモンド富士12・24-1

ダイヤモンド富士12・24-4

ダイヤモンド富士12・24-2


よかった。
皆さん初めてでとても喜んでくださった。
おせっかいな自分をもてあますことも多いけど、
喜んでいただけると調子に乗ってしまう私。
なんたって高尾山は手軽、気軽なのに楽しみは多く奥深い。
まったく飽きることがない素敵な山。
またこようなんてまた、誘っている。
そういえばイブだというのにみんな集まった。
どうせ暇に違いない(^_^)



純正品

じっとしているのがもったいないような澄み切った青空。
でも夫に年賀状を書かせるべく私は印刷屋。
ところが300枚をすったあたりでインク切れ。
予備を1セットしか買ってなかったのであわてて再注文。
ちょっと色味は悪いけど非純正。
以前注入式のインクを買ったがあまりに手間取る上にうまくいかないので
その後はもっぱら純正品にしていたが、やはりあまりにも高価。
汎用だと1/4くらいの価格。
しかもICチップも付いていてちゃんと認識する。
純正がいいに決まっているけど
コストパフォーマンスがあまりに悪い。
年賀状用にとアマゾンで汎用のインクを買っておいた。
重要な書類や、色の美しさを競う写真を印刷するわけでもないので
印刷機本体に負荷がかからないのであれば汎用で充分。
だけど安いだけで粗悪なものも多いので選択が難しい。
実際に3色を交換したところで色味は青が強くなってきた。
機械本体ではなく、消耗品のインク代で稼ぐ企業の姿勢が見え見えなだけに
この辺の駆け引きが難しい。

先日携帯の充電力が弱くて電池を交換したら
それでもあまり効果がなかった。
それで充電器のほうが問題だと気づき
もう一度ドコモに行ったらこれは純正品じゃないからとけんもほろろ。
そういえば少し安いからとスーパーのショップで買ったんだった。
そういうことだったのかと安いからくりにがっかりしたけど
純正品以外はが出回る余地があることについて
ドコモだってキャノンだってエプソンだってリコーだって考えろよ。
いつも釈然としない。



たかが、、されど、、年賀状

ようやく年賀状に目途がついた。
デザインを決めてから
住所録を整理するのに手間取った。
出す必要があるかどうかがなかなか決められない。
出した相手から来ない場合、
日がすぎて返信をいただくのは気まずいし、
出さなかった相手に
遅れて出すのも申し訳ない。
その判断が微妙な相手が増える。
もう人数は絞るべきだと思うけど
出しておくほうがいいかとまた
書き足したりしている。
優柔不断な自分にあきれる。
住所録を見ても結構自分の遍歴が伺えて
人生ですれ違った人を思い出すひさしぶりの機会にはなる。
生涯かけがえの無いお付き合いの難しさもひしひし。
形式だけというのもむなしいけれど
形式だけでもつながっていることもまた大事かもと思えるから難しい。




暮らしの中の食文化

NPO主催の講演会。
実践女子大久寿大久保洋子先生。
暮らしの中の食文化
食を平安・鎌倉時代から日も落ちて現代の食生活まで。
その時代にすでに主食・副菜がお膳に並び
調味料塩・酒・味噌・醤油・酢・砂糖までちゃんとそろっていたらしい。
メニューも寿し・そば・てんぷら・蒲焼・和菓子まで。
江戸時代に都市化すると自給自足から
食材の流通がはじまり、また、新たな食文化が広まった。
食生活の大きな変化は
昭和30年代のインスタント食品や加工食品の出現が大きいと思っていたけど
歴史の中で食文化も多様な変遷があったと知って
興味深かった。



夕日と富士の神秘的なコラボ 「ダイヤモンド富士」

ダイヤモンド富士

この時期限定で見られる高尾山山頂からのダイヤモンド富士。
絶好の快晴だったので午後2時過ぎに出かけました。
高尾山口では3時過ぎ。
いつものように1時間くらいで登れば間に合うかと思いましたが、
ケーブルの清滝駅で聞くとぎりぎりですねとのこと。
せっかくここまで来て見れないなんてありえないので
数回しか乗ったことの無いケーブルの3時15分発を利用。
日本一の急勾配を楽しみながらまだ明るい日差しと
時折見える頭上の太陽をにらみながら
間に合いますようにと気もそぞろ。
山頂駅からは駆け足のようにあせって山頂まで。
意外と時間がかかるんですよね、ここからも。
約30分で山頂に。
はあ充分に間に合いました。
まだ、太陽は富士の左上でさんさん。
だけど秋の日はつるべ落とし。
ましてや冬至間近。
刻一刻沈んでいきます。
こんなに夕日とにらめっこなどしたことなどありません。
異常にまぶしくてまともに目など開いていられません。
写真をとっても逆光で太陽が写っても
富士の陰は見当たりません。
太陽の目潰し攻撃に悪戦苦闘している間にも
太陽は富士の陰と重なって
ほんとに少しずつ富士の山頂の形に欠けてゆきました。
ダイヤモンド富士1
ダイヤモンド富士2
ダイヤモンド富士3
ダイヤモンド富士5

息をのむ美しく神秘的な光景です。
沈みきると今度はくっきりと富士の陰が浮かび上がって
それもまた神々しい美しさ。
風もなく、さほど寒くもなく最高の自然エンターテイメントを堪能しました。
帰りは薄明るい1号路を。
5時をまわるとさすがに暗いのでヘッドライトが安心ですが、
ちょうど月が大きめの半月で煌々と道先を照らしてくれました。
先ほどの太陽のまぶしさのあとで
月の優しい明るさがまたしみじみとうれしい体験でした。

このダイヤモンド富士は高尾山頂では冬至を挟む前後
1週間くらいに見られるそうで日没は大体4時から4時半頃です。
高尾登山電鉄は20~26日の間は、ケーブルカーの運行時間
を延長して、山頂駅発は午後6時まで運行されます。
帰り道では神社の祭殿や薬王院の社務所はすでにしまっていて、
スタンプは押してもらえませんでした。
願いがかなう輪くぐりはその分空いていて初めてくぐってみました。
いいことあるでしょうか(^_^)








多摩大学リレー講座11回目尾木直樹法政大学教授

グローバルにIT化する中での人間発達
~子育てと教育の基軸を考える~
最近教育者としての顔より
さんまに尾木ママと呼ばれて
バラエティ番組の出演が増えて、テレビで見る機会が多くなった先生。
最初の話題がそれでそのことがいかにもうれしそうなのが
聴講生としてはいささかうんざり。
人生ここで花開いたなんていわれても
教育者の行き着く先はタレントじゃないでしょうと!!
でもようやく本題に入ってからは
シリアスな教育の現状の提起で俄然面白かった。
ママキャラで迎合しなくても
本業で充分稼げると思うけど。
特にかつては引く手あまたの東大と阪大がそれぞれ21%・28%という数字。
就職難の結果留年を決めた学生数ということ。
ライバルなきかつての帝大生の新たなライバルは留学生とか。
東南アジア赤らの優秀な留学生が
即戦力として企業に高く評価されているとか。
ひどいのは日本の学生の就活の説明会にも入社試験会場にも
親のための控え室が準備される時代だとか。
どんな子どもを育てたんじゃと親の顔を見たいけど
その親を育てた親まで責任は転嫁すべきかも。
だけど責任問題をとやかく言ってる時間などない。
コミュニケーション力も精神的な自立も責任感も
すべて欠如のまま社会人になってしまって
今の日本の現状に立ち向かえるわけが無い。
今日本が腰砕けなのは教育に起因してのこと。
ああここにも深刻な課題が。
なんか日本て八方塞で何の希望もない気がしてくる。
恐ろしい。
日本がぶっ壊れる兆候があっちでもこっちでも
マグマのようにふつふつしている。
いまさら教育は未来への投資であると
お題目を唱えても、、、。



豆もやしとフウセントウワタ

娘が山形のアンテナショップで豆もやしを買ってきた。
「小野川豆もやし」といって山形置賜地域の伝統野菜。
=冬期間に生産できる商品作物として、明治の初めころから、小野川温泉の温泉熱を利用して作られる。
毎年11月になると温泉街の近くに作業場が建てられ、温泉水を流した「室」の中で豆をまき、
天然の温室のような状態の中で収穫される。=
随分茎の長いもやし。はじめてみた。
豆もやし
炒め物、おひたし、汁物にと使ってみたが味は豆もやしとほぼ同じ。
でも珍しいというだけで美味しく、うれしい。
同じく
今日熱海の伊豆山を散歩の途中で見つけた珍しい花。
名前を調べたら
フウセントウワタ。
フウセントウワタ

フウセントウワタ2

ふうせんがtついている状態では見かけたことあるが花をみたのは初めて。
思いがけずとっても美しい花だった。
本来初夏に咲く花らしいが
暖かい熱海では年中花をつけているらしい。
そういえばあちこちでアロエの花が咲き、ブーゲンビリアも咲いていた。
珍しいものを食べるのも好き。
見つけるのもうれしいミーハーな私




熱海~芦ノ湖~山中湖

朝大きな窓からしらしら明けの水平線がオレンジ色に。
飛び起きて朝の散歩に。
近くの伊豆山神社に。
昭和天皇も見えた由緒ある神社で
頼朝と政子の縁の神社でもあるとか。
その由来にへ~とか言っている間に明るくなってきた。
それからあわてて海側に長い階段を下る。
ムム、、その間に朝日は昇ってしまって
すっかり鮮やかに朱赤の丸い朝日が水平線とはなれてしまった。
12.12熱海日の出

海岸線は自動車道が走っていて海まで降りれないが、
突き当りには日本三大古泉の一つといわれる走り湯が。
昔は山中から湧き出した湯が海岸に飛ぶように走り落ちるまま流れていたらしく、
頼朝がこの湯の句を読んでいて発見は1300年前とのこと。
横穴式の洞窟の中にこんこんと湧き出る源泉を見ることができる。
走り湯
湯も走るけど川も走るという感じで海にそぐ川の水音の激しいこと。
どの道を通っても人間だって転げおちそうな急坂。
高齢者の普段の生活はどうなってるんだろうと心配になる。
1時間強の散歩も結構ハード。
一風呂浴びて朝食。
9時過ぎにチェックアウトして十国峠から芦ノ湖スカイラインに。
澄み切った快晴で富士も芦ノ湖もばっちり。
三国峠から

芦ノ湖
なんて美しい富士と感嘆しきり。
世界自然遺産の委員たちをこのコースに案内すれば
文句なしだと思うけれど、、、。

そして御殿場経由で久しぶりに山中湖に。
ご縁の合ったペンションに。
あいにく臨時休業。
それで大好きな喫茶&雑貨の店ペーパームーンに。
相変わらず素敵。
ペーパームーン

ケーキも美味しい。
ペーパームーン2

なんのかのと亭主と思い出話をしていたら
ここを訪ねるようになってすでに30年以上。
スタッフの方に聞くとやっぱり彼女たちは生まれていなかった。
この店も外観も内装もお味も変わらないがオーナーは変わったそう。

あちこちに思い出をばら撒いて生きて
そのかけらを拾い集める年代になってきたようで。
それはそれで楽しい。
これからもまた、思い出作りと収集に精を出そう。





熱海へ

久しぶりに熱海へ
午前中は息子も娘もいたので
ゆっくりすることにして出発は1時過ぎ。
最初は箱根経由でと思っていたが
出発が遅くなったので直接東名~厚木~小田原~熱海のコースで。
意外と空いていてスムーズに小田原まで。
西湘バイパスが無料実験中のせいか合流あたりで渋滞。
それでもまあ3時間もかからずに着いて
食事前にプールでひと泳ぎしてから温泉にもはいれた。
食事が済むとまだ8時過ぎだったのに即寝。
極楽・極楽。



超スリリングな光景

12.10

朝、10時頃洗濯物を干そうとベランダに出たら
なんか視線に異様な光景が。
はじめ電線に鳥が止まっているのかと思ったのでしたがよく見ると
な、なんと人ではないですか。
12.10-2

サーカスなんて目じゃないって感じ。
ビクトリアの滝のバンジージャンプ級???
もし背景が白なら
まるで銀世界をすべるスキーヤみたい。
でもでも恐ろしいほどの高さの宙ぶらりんなわけで、、
まさに目を疑うとはこのこと。
8人の小さな人影がするすると静かに動いていました。

今ちょうどこのラインの送電線の鉄塔工事中だそうで
それに伴って何かしら送電線の点検をされているところなのでしょうか?
なんて危険な仕事なんでしょう。
12.10-3

おかげ様で日々電気のある暮らしが送れているわけで、、。
そういえばこの間の停電も久方ぶりに
電気の無い暮らしを思い起こさせてくれました。
とにもかくにもお気をつけてと願い、
なんだかとにかく感謝せずにいられない殊勝なこころもちになりました。




多摩大学リレー講座10回目

グローバリズムの中の江戸時代
法政大学教授 田中優子教授
今日も美しい着物姿。
江戸時代って最近注目され語られることが多い。
そしてへえ~と思うことが多い。
とにかく現代よりずっと魅力的に語られることが多い。
常に外国文化を輸入。
古典と外国文化を使い尽くす。
外国を意識し、外国に依存しない。
独自の文化と経済と生活をもちながら
外国の受け入れながら近代都市・近代国家の芽生え。
歴史が大嫌いで苦手なのでなんにも知らない。
話を聞いてもそのときだけでなんにも残らない。
何しろ時代が長いので
なんでもありで切り口によって見方は変わる。
ゆっくりじっくり取り組めば面白そうではある。
研究者は少ないそうなので研究余地も充分だとか。
でもわざわざ嫌いで苦手が出てゆくことも無いか(^_^)





西洋朝顔・ヘブンリーブルー

西洋朝顔

朝、千日紅と西洋朝顔を抜いた。
いよいよ長きにわたって楽しませてくれた2種も終わり。
午前中は久しぶりのヨーガ。
明日の料理会で作るケーキの試作品を
裕子さんが作ってきてくれてスペシャルティータイム。
午後は予約していたマッサージのスペシャルタイム。

ところで西洋朝顔は種を結ばないのかと
ずっと気になっていた。
花数が多く、花は大きく、色は美しく、花期は長い。
いいこと尽くめに改良されて種ができないのかと思っていたら
詳しいサイトが見つかった。
思いがけず、花の季節にはぜひ訪れたい花どころ
大岩フラワーガーデン
http://www.ohiwafg.com/index.html
ちゃんと種を結ぶ自然種だったので大いに安心した。
来年も植えよう。

西洋朝顔・ヘブンリーブルー:
一年草(熱帯では宿根化することもあるらしいが・・日本では一年草と考えていいだろう)
◆多花性
ヘブンリーブルーは非常に沢山の色鮮やかなブルーの花を付けます。
◆開花時間
ヘブンリーブルーは日本種の朝顔より花持ちが良く真夏でも昼頃まで咲いています。秋になると夕方までや場合によっては 次の日まで咲いていることもあります
◆開花期間
気温によってどうとでもなってしまうのですが、基本的に種まきは5月の連休頃に蒔くのが一般的ですので、関東で5月初 に種まきすると大体花期が8月初~10月末位で約3ヶ月間楽しめます。
◆種が採れにくい
ヘブンリーブルーは、本来熱帯の植物なので・・・日本では花が咲いてからの期間が短い為に種の形になっても、ちゃんと した種にならず未熟種子で終わってしまうことが多い。
◆ヘブンリーブルーの栽培注意点
①ヘブンリーブルーは短日性なので外灯などで、夜も明るくなるような場所に植えると花付が悪くなる(又は咲かない)逆 に言うと短日処理をすれば早く咲かせることも可能
②窒素系の多い肥料を与えると・・・・つるばかり伸びて・・・花付が悪くなる(又は蕾が付かない)
◆参考までに
タキイ種苗などで「アーリーヘブンリーブルー」が発売になりました。アーリーとは早咲きを意味します。うちでも栽培し てみたところ・・・約1ヶ月早くから咲き始めました。又ピーク時の花付きの量も普通のヘブンリーブルーと比べるとかなり多かったで す。ただ値段は倍します。
③2006の大岩フラワーガーデンの
朝顔は6500株、延べ400m  
見頃は8月~降霜まで(うちの場合例年だと10月末から 11月初旬に霜が降りる事が多い)



安上がり

ずっとばたばたと忙しい日が続いていたので
もったいないような上天気だったけど
1日家で。
午後夫と買い物。
ダウンのコートが欲しいと言うので
ユニクロに。
それにズボンも下着を加えても
ほんとパパのおしゃれは安上がり。
それでも随分機嫌がいいので大助かり。
やっぱり我家は衣食住すべてが大衆クラスなようで(^_^)



テラリウム

テラリウム
本日の講座はテラリウム:フィカス・ブミラ、テーブルヤシ、コリウス、シンゴニュームなど。

午前中はNPOの理事会。
午後は花作りの講座。
昨日の疲れが残ってフルスケジュールはきつかった。
ところが、その花作りの会場で料理会のメンバーの奥様から
驚きのニュース。
なんと昨夜忘年会の帰りに
料理会のメンバーさんのお一人が駅の階段で足を滑らせて
救急車で運ばれたとのこと。
講座終了後お見舞いに伺うと
頭を8針も縫われたそう。
でも、入院することもなくすぐ帰宅され、
今日はもう普通の生活。
意外にお元気そうなのと
ご本人もご家族もいたって冷静なのに驚き。
はあ、かなりかなりの前科がおありのようでした。
まあ、たいしたことではなくて一安心。
私なら大事件ですけど、、、。
ふう~~(ため息)
ほんと何が起きるかわからない。



男の料理会

12月に入ったのでおせち料理っぽいメニュー。
筑前煮・けんちん汁・りんごきんとん・伊達巻・黒豆ご飯
素材が多くて、下ごしらえに時間がかかるかと思いきや
なんとすべてが1時間ですむスムーズさ。
メンバーも腕が上がったとそれぞれが実感したみたい。
それぞれ大きな失敗もなく、味も好評。
12.3
すごいみんな集中している!!
12.3-2
伊達巻無い?
12.3-3
黒豆ご飯が無い?
12.3-4
慣れた手つき?

夜は夜で忘年会。
早めに集合して
買い物から準備まですべて自前。
さらに参加者は一品持ち寄り。
私は負担になるのではと心配したが
皆さんの力作がそろって用意した鍋やポトフは食べきれないほど。
家庭的な場所をお借りできて一味違った忘年会。
和気藹々と5時半から9時過ぎまで。





多摩大学リレー講座第9回

波乱の政局を読む毎日新聞社主筆 岸井 成格

レジメには3で読み解く政局
例えば自民党一党支配が崩れた要因3つ
1.東西冷戦構造:保守対立構造の崩壊
2.バブル経済:株と土地
3.55年体制:自民党・社会党二大政党構図の崩壊と細川政権発足
歴史から読み解く「今」
第3の転換期は第3の建国のとき
1.幕末・維新
2.敗戦・復興
3.現在・今

今は
1.国の統治機構の再編
官主導から政主導・中央集権から地方分権
国家公務員法改正

2.第3次エネルギー・産業革命
3.人口減少社会の到来

それと60年サイクルという視点も面白い。
60年前(1950年)
120年前(1890年)
危機に直面し新しい打開策が講じられる。

そして今は第3の転換期で第3の建国のときというのだが、、、???
とにかく大転換期にあるということらしいけど
新しい道筋が見えなければ
ただの崩壊なんだけど。



帰宅

1日は調理室の申込日なので息子とメンバーの方に申込を依頼。
これが結構希望日にライバルがいて数分のタッチの差。
8時50分頃に電話をかけて指示。
うまく予定日が取れて一安心。
携帯ではネットを使わないので1日の外出は控えめだけど
どうしてもという場合もあってこの三段が難しい。
確認してから実家を出て帰京。
一瞬にぎわった部屋がまた、静まり返るのは
どんなにかさびしいだろうと思うけど
仕方が無い。
さり気なく、『じゃあ帰るね』

お天気がよくて富士山がきれいに見えた。
12.1富士山

富士宮あたりの滑落も進んでいるといったけど
東の陥没も大きくなっているような気が。
雪をいただいて却ってその線があらわに。
美しいだけに痛々しくもあって美人の隠せないあばたのよう。

今日はわれわれの結婚記念日でもあるので
帰りついた頃に娘から携帯で外食のお誘い。
すぐに誘いに応じた夫からフルートの練習が終わって帰り着く10時からと。
そんな遅い外食美味しくも楽しくも無いのでうち食に。
娘がバラを添えてくれた食卓で持ち帰り寿司がメイン。
ちょっとわびしいけれど
ワインもあればまあいいか。
お祝い気分も年追うごとに下降気味なので、、、(ーー;)



カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ