どうして走れるんだろう?

汐音ちゃん8.29

汐音ちゃん8.29


まだ1歳半なのに
走るというポーズがちゃんとさまになっているのに驚かされる。




姫来宅

月1回は長男夫婦がお泊りで来て孫見せに。
おかげさまで1ヶ月ぶりの成長をゆっくり見せてもらえる。
いつの間にか赤ちゃんじゃなく女の子になっている。
お豆が大好きで大豆の水煮をパクパク食べる。
キューイのゴールドも大好き。ミニトマトも。
おばあちゃんが育てたミニトマトだよなんていいながら
食べてもらって舞い上がる。
とにかく食べることが好きなので見ていて気持ちがいい。
パパ・ママは毎日大変だろうなと思うことも増えてくるけど
なあにわたしの場合すでに次の子が年子でいたわけで
両親など遠くにしかいなかった。
それでも君たちは育ったのだからなどと思い出して
そんなに必死にならなくてもと思う。
可愛いい盛りを見逃さないようにと
心配りしてくれる長男夫婦に感謝。
そんな気配りしたことなかったよと夫はいまさらに気づいている。
子ども3人連れてはるばる和歌山の君の実家に帰っていたのは
このわたしだからね。
大体君は子どものおしめも替えたことないでしょうと
子育てに手際のいい息子を見ながら
思い出さなくてもいいことまで思い出してぼやく。
それもこれも姫のおかげ(^_^)







バーゲン参戦

知人がバーゲンのチケットを譲ってくださった。
三陽商会のバーゲン。
娘も友人もバーバリー大好きな息子夫婦もいけないというので
一人で初日に。
20年ほど前に数回行ったことのあるそのバーゲンは
様相をほとんど変えていなくて
会場も開場前の行列も懐かしいほどに一緒だった。
開場時間の10時ごろについたけど
このくそ暑いのに律儀に行列はできていて
避ける日影のない公園内で待つこと数十分。
時間的には意外に楽に入れたほうかも。
まあ、中での買い方はすっかり忘れていて
要領が悪く
男性物はいくつか買えたが
女性ものはひとつだけ。
まあそんなに買う必要もないのに
買わなきゃ損だという心理になってしまうので
結果としてそれがよかったけど、
場内の売場でもさらに行列があり、
最後のレジでもさらにと買う時間を大幅に上回る待ち時間。
久しぶりにバーゲンの雰囲気を存分に味わった。
昔はほかにも大沢商会や大塚商事のバーゲンなど
シーズンにはよく駆けずり回ったもの。
当時一緒に行った仲間にあうかと思ったけど誰にも。
お金もさしてないのにバーゲンが楽しかったあの頃。
今も楽しくないわけではないけど
体力と根性はすっかりなくなっていた。
夫と次男が戦利品を喜んでくれたので
妙に報われた気分。
これもバーゲンの楽しさだった。



考えても休むに似たり

定期タイプの保険が終了する時期が近づていることや
そろそろ老後を考えて終身保障を見直してと思っていたところに
夫の入院費用の請求もあって
1日中保険証書や補償内容とにらめっこ。
以前なら1日で終了したはずのこんな作業も
ちんたらとはかどらない。
まあだけど何と多額の保険をかけてきたものか。
保険金殺人なんて保険金を騙し取ろうとする人もたまにいるけど
健康で過ごせたといえばそれまでだけど
想定の病気や怪我の補償の為に
ずいぶん多額のお金を保険会社に払い続けてきたものだと思う。
保険会社は設けても詐欺にはならないというわけで、、、(^_^)
実際にこれから病気もし、怪我もしそうなときになって
保険期間は切れ、
あちこちガタもきて保険に入れなかったり、
掛け金がさらに高額になったり。
詳細もわからず勧められるままに入って
今となってはしっちゃかめっちゃか。
医療も進歩して保険が実情に合わなくなってきているものも。
入院期間は短いし、通院も少ない。高度医療は保険が利かないとか、、、。

死ぬことはわかっていても
いつなにで死ぬかがわからないところが
人生の妙ですなわち保険の妙?
めんどくさくてもうそのとき勝負で保険はやめようかと投げやりにもなる。
みんなはどう考え、どうしてるんだろう???



潤いチャージ

久しぶりのヨーガ。
体中暑さの引きこもりでなまっていたので
少しはほぐれたかも。
午後気まぐれでフェイシャルサロン初参戦。
急にシミが目立ち始めて
いまさらだけど、行ってみるかという気に。
案の定化粧品やサプリを買わされた。
しかし1時間のトリートメントは気持ちよかった。
身体をほぐして、顔もほぐして
メンタルもほぐれるいい日。
こんな時間もそろそろいいかとますます自分に甘くなる今日この頃。

朝、病院に送っていった夫は
抜糸が無事にすんでそのまま出勤しているのに。
ほんと申し訳ない。
低価格の弁当で済ませて苦労している亭主と裏腹に
レストランで優雅にランチしている奥様族。
傍で見ていると妙にご主人に同情してしまっていたけど、
いまや悪妻の図は自分だよ。
節約一途で容色衰えて鏡を見るのを避けるようじゃ
それも悲しい。
時間とお金を少しかけて何とかなるならなんて泥縄。
電車でまた、席を譲られたという旦那こそ
何とかしなくっちゃ(^_^)




超!スグレモノ

各社共通 1000種対応 エアコン用ユニバーサルマルチリモコン 自動検索機能も搭載!!各社共通 1000種対応 エアコン用ユニバーサルマルチリモコン 自動検索機能も搭載!!
()
不明

商品詳細を見る
昨年来、リモコンが壊れて操作不能になっていた
エアコンの修復に成功した。
何しろ1994年製の日立のしろくま君。
同じリモコンは製造してないし、
リモコンじゃなく本体が壊れていて
リモコンが機能しないのかもしれないと脅しのサービス窓口。
本体で電源を入れれば本体は作動する。
リモコンは電池を入れ替えても作動しない.

とりあえずリモコンだけに絞って部品購入の窓口に。
同じではないけれど対応できるリモコンが2種類あると教えてくれた。
送料込みだと8000円くらい。
量販店などに注文して取り寄せれば送料はかからないと
かなり優しいアドバイス。
はいそうしますといってから、
ネットでほかの方のリモコン故障の対応を調べる。
なんとメーカーに関係なく対応するリモコンが売られていることがわかった。
この暑さゆえ通販で品切れも多かったけど
アマゾンで何と一番お安く、1000機種対応というのがあった。
送料込みで1710円。
物好きは試す価値ありと即決。即注文。
先週の水曜日にとどいて無事6日間試運転続行中。
高機能の割りに説明書は簡単で、知性がないと読みこなせない簡略さ。
それでも欲がらみの私が無事設定できたので
きっと誰にでもできるのでしょうね。
我家のエアコンは1000種類あるコードの
320番目に合致して見事作動。
わたし的には感動の瞬間。
17年前のエアコンを使うより
省エネ機能充実の新製品を使うほうがエコかもだけど
家族の一員となった道具たちとのグッバイは多少でも先延ばしにしたい性格。
悪あがきが功を奏してご機嫌(^_^)
同じ状況で同じ性格の方には超オススメのスグレモノ。




御岳山のレンゲショウマ

御岳レンゲショウマ3
レンゲショウマ:花はハス(蓮)の花に、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似ているので、レンゲショウマ(蓮華升麻)の名がつけられたといわれる。

ずっと見たいと思っていたレンゲショウマを見に御岳山に。
朝5時半ごろに出て、空いた道路を一直線。
7時前に着いた。
駐車場はすいていたけどがらがらというわけでもなく、
すでに20台近くは先陣が。
ケーブルカーなら6分だけど
7時半からなのでわれわれは歩きで。
かなりきついのぼりで視界のない杉並木を1時間10分。
御岳レンゲショウマ4

何年前かにも夫と来ているが
夫は事細かに記憶し、私は全然覚えてなかった。
一緒に来た相手によるよねというのも問題多いし、
記憶が悪いかぼけたということに。

日本一のレンゲショウマの群落はほんと見事。
御岳レンゲショウマ8 御岳レンゲショウマ5

下を向いて咲くので群落といえども華やかさはないけれど
その清い・美しい姿・形は暑さも疲れも吹っ飛ぶ。
精巧そうで重そうなカメラと三脚を携えた
レンゲショウマ愛好者とカメラ愛好者で
遊歩道はすでに渋滞状態。

御岳レンゲショウマ6 御岳レンゲショウマ7

コンパクトデジカメでピンボケ写真を撮るだけの私、カメラさえ出さない夫は
お邪魔虫の緊迫した雰囲気。

御岳神社 御岳レンゲショウマ2

武蔵御岳神社にお参りし、おにぎりを食べ
帰りはケーブルに乗って降りればまだ10時過ぎ。
帰りもほぼスムーズでお昼は家で
一風呂浴びてビール。後は昼寝。最高の休日。




結婚の極意

今日もNPOの講演会。
暑いので歩くのを避けて今日はバスで。
ふだんあまりバスに乗らないので結構新鮮。
うちはどの停留所からも10分以上かかるので
敬遠していたが時間も正確で座れれば快適。
満員で立って揺られるのはかなり厳しい。
老人パスの利用者が多いのに驚いた。
小回りの聞く公共交通機関と再認識。
時間にゆとりを持って利用すればいいとわかったけれど
それがなかなか難しい。

ところで今日の講師はリタイヤ後に結婚相談所をはじめたという澤井利雄さん。
ざっくばらんなお話と親しみやすい人柄で
なるほどこういう方に相談すると婚活も肩肘張らずにスムーズに行くのかも。
といって私が利用するわけにも行かず、、、(^_^)
われわれ夫婦も3組の結婚式の仲人を務めた。
二組は頼まれ仲人で一組はお見合いもセットした。
でもその後一組は離婚し、
他の二組もご主人が急死されたり、癌で亡くなられれた。

そのことが結婚やその後の家族の人生の不幸の要因とは必ずしもいえないが
長く仲良くと願って引き受けたことなので
その結果はさびしく、もうわれわれはこりごり。

未亡人になった友人たちも女性の場合再婚を願う人は少ない。
一方、奥さんをなくした男性は早々と再婚を決めている人もいる。
われわれ仲間で一番驚き、話題にもなったのは孫もいるのに
20代の中国人女性と結婚した男性。
その勇気と無謀に
男性はうらやましさも半分で、女性はただあきれた。
でも彼は若々しく楽しげで、今のところ多分〈?)順調。
他人がとやかく言う筋合いではない。

結婚観も多様化しているので結婚相談もさぞかしと思うが
意外と常道を踏んでおられるようで、
高い成婚率を上げておられるとか。
結婚の極意は
自分自身を知り、相手にばかり理想を求めすぎないこと。
確かに!!!。









ツレサボ

友人がヨーガを休むのでつい一緒に休んでしまった。
今月はほとんど行ってないので身体はなまっているはず。
おまけに暑さでウオーキングもおさぼり中。
暑さで熱中症になったり、日焼けしたりでは馬鹿らしい。
最近は車で出かける機会が増えている。
クーラーを使う時間もずいぶん増えた。
CO2削減どころかさらに温暖化に拍車をかける生活になるという悪循環。
カットに行ってから、冬野菜用の肥料と石灰・庭用の石を買ってきた。
でもとても庭で作業をしようという気にならない。
暑すぎるし、蚊がうようよいてギャーと集中砲火。
ただでさえ気力の乏しい人間なのに
暑さがさらにそれを奪って行動力は限りなくゼロ。



野口種苗 野口勲さん

yasai
今日収穫の野菜たちのタネは、、、?

今自然界もただならぬ事態に追い込まれつつあるけれど
自然界の恵みをいただく食も、人間の限りない介在によって
のっぴきならない状態になっていると知らされた。
本来の原種の野菜の種がもうほとんど絶滅しているらしい。
今はかけあわせで強健なF1,あるいは照射によってできた変異種など、
栽培が容易で病虫害に強い品種の種、
しかもそれらはほぼ外国産の種とのこと。
さらに種苗会社と化学会社の協力によって
いまや1代限り、種ができないものや、
その種を蒔いても育たない仕掛けが施されてしまっているという。
野口さんは種苗家としていのちを未来につなげない種に危機感を持って
育てた野菜から採取することを勧め、その方法を紹介して
販売するの本で優位いつのタネ屋さん。
本来の固定種は昔ながらの味と香りで本当に美味しいとのこと。
もうわれわれはすっかり野菜の味を失っていることになる。
あのトマトのにおいがして酸味のあるトマトは確かにいまや店頭にはない。
その代わり甘かったり、小さかったり、中くらいだったり、大きかったり。
タネの次元ですでに昔とは違うものになっていて
それに農薬・化学肥料をまぶして、消毒して育てられていることになる。
そしてそれを食べる人間もやはり精子が昔の1/4位になったり、無精子にになっている男性も多い現実。
自然界でもミツバチが激減しているのもオスに生殖能力がなくなっているのも一因らしい。
一つ一つの現象がすべてつながって恐ろしすぎる。
確か最近市場に出回ってきたトマトのシシリアンルージュを開発・紹介した同窓生は
10年前ぐらいだったけど、このトマトはタネが取れないのでずっと販売権を確保できるといっていた。
何か危険なにおいを感じたけれど
こういうことだったとその進行の早さに驚く。
タネは農家や農協が採取したタネを販売する時代はとっくに終わって
世界の大企業が独占販売するモノに変ってしまって商品になっていた。
とにかく私は
もう考えないことにするか知らないことにするかしかない?
とにかく小さな家庭菜園に蒔くタネをこの秋からは野口種苗に注文することにした。
大根・小松菜・ニンジン・カブ・チシャの5種類。
300円5袋、1500円。
私のお取り寄せ・ブランド志向の超贅沢!!!
yは我家は今年市民応援を撤退したので、十粒あれば足りる広さだけど
2,3年は保存もできるそう。
友人にも差し上げよう。





男の料理会&暑気払い

8.19
みょうが:根元を探し当てればいくつか収穫できるけど蚊の襲来はすざまじい。

初めての試みで自分たちで作ったつまみでいっぱいを楽しもうという企画。
開始は3時から。
それにしては凝ったメニューが多すぎたのか以外に時間がかかって苦戦。
いつもは予定時間より早く出来上がるのが
今日は事務のスタッフに時間オーバーで追い払われる始末。あせった。
メニューはマッシュポテトブレッド・陳さんのバンバンジー・ネギの春巻き・ゴーヤの梅和え・ザワークラウト・ゴーヤと豚肉の冷シャブサラダ・枝豆・おにぎり・チンジャオロース。

おまけに出来上がったメニューをタッパーに入れて持ち込むという段取なので
ソースなどは会場でということにしていたのでさらに時間がずれ込んだ。
一方先に会場で
スモークをしてくださるメンバーさんもいてそれも予想以上に時間がかかったようで
苦労されていた。
まあ初めての会場、
初めての企画で不手際は覚悟。
それでも終わってみれば
くつろぎの空間で
いい仲間と
美味しい(?>肴とお酒との楽しい時間だったということで
めでたしめでたし。
8.18-1 8.18-2

はあ私は正直疲れたけど
でもやっぱりやってよかった。
力を出し惜しみしていても始まらない。
機嫌よくやろうじゃないの(^_^)
今日の話題の中で印象的だったのが
最高齢のメンバーの方が、
とてもそうとは見えない若々しい方だけれど、
登山・テニス・別のお料理会・NPO・多摩大学の講演会など
お忙しくされていること。
思わず死ぬ暇もないと他のメンバーさんのお声が。
ほんと素晴らしい。
それこそが理想だよね。



無事退院

ビス&プレート
摘出されたビス11本とプレート。(白い紙は名刺)

手術の経過も良好そうで案の定9時にお呼び出しがかかり10時前にお出迎え。
右手首の傷以外ごくごく普通なので一見それとわからない。
それでも本人は全身麻酔の影響で頭がくらくらするとか言っている。
一方で腹減ったと来るのでたぶん心配は要らないと思うけど(^_^)
記念にいただいてきたプレートとビスを見ると
こんな異物と同化するからだが信じられない。
撤去してよかったと私は思うけど、全身麻酔までしてあえて取り除く
ほどのことはないという説も有力。
午後は明日の料理会の準備。
夫は退院祝いの焼肉パーティを御所望。
誰も企画しないので自分で企画して参加者は次男とで3人。
外食が希望だったけど美味しい店が予約できずに我家食。
舅もそうだったが夫も外食好き。
そろそろ往時の舅の年齢に近くなって言うこと、することがだんだん似て来た。


ビクトリアフォールズ遊覧飛行をアップ
ビクトリアの滝3



無事手術完了

ビクトリアの滝2
水煙上がるビクトリアフォールズ(ヘリコプターから)

外に出る気にならない暑さ
8時に病院に。
薬を飲むようになって血圧はかなり落ち着いてきて
今回はやや高め程度。
昨年の手術のときは計測不能の200を超えた。
今回は高くても140くらい。
それでもこの間にどんどん上がってくる気がするそうで
ほんとストレスに弱いというかビビリンチョ。
9時から手術。
麻酔をかけるので約2時間から3時間とのこと。
待合室で待っていながら居眠りしていたら
10時半にもうすんだとのこと
早ーい!
本人もまだ目が覚めたばかりらしく
もうすんだのと驚いている。
今日は食事もなく、点滴で縛り付けられている。
順調に行けば明日退院。
11時過ぎに失礼して
また、夕方でものぞきに行こうかと思ったけれど、
あまりの暑さに外に出る気になれず
メールだけ打ってパス。
右手が使えないし、携帯も部屋では使えないのに
ちゃんと返事が返ってきた。
もう明日退院と勝手に自分で決めて時間まで指定してきた。
そういえば前回もその気で迎えに行ったら2時間も待たされた。
まあ、こんなときぐらいは大目に見ることにして
機嫌よく迎えに行くことにしよう。




アフリカ旅行アップ

ゾウ4
ゾウの天国

午前中はボランティアの公園の清掃。朝からかなり暑かった。
お昼にはこの夏まだ食べてなかったソーメン。
とても美味しかった。
機嫌よくリクエストにこたえて夫が作ってくれた。
かいがいしく作ってくれてお役に立つのがおしまれるけれど、
引き止めるわけにも行かず
4時には病院に帰院。
明日はいよいよ手術。

ようやくアフリカ旅行の3日目までを更新。
目にした動物たちをアップしたので良かったらぜひ。
もうもう一度会いに行きたくなるくらい。


ビクトリアフォールズ

サファリツアー&クルーズ



借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ

久しぶりに休日で家にいる娘と。
レイトショーに。
確かにスタジオジブリ作品。
見飽きて眠くなるということはなかったけれど
これだけなのみたいな、、、。
まあこれだけなんでしょうね。
主人公たちが14歳の少女と12歳の少年じゃ
ついていけないのも無理ないか、、、(^_^)



抜釘術

ヒャクニチソウ・千日紅
ヒャクニチソウとセンニチコウ:ようやく咲き出した千日紅。種で蒔いたらほとんどが白だった。

夫が昨年右手首を骨折して、手術してから約1年と3ヶ月。
手術の際に入れたプレートと釘を抜く抜釘術を受けることに。
なぜかいつも入院は金曜日。手術は月曜日。
なので夫は2時間ばかり入院してすぐ
外泊許可をいただいて
日曜の夜まで帰らなというか帰ってきたまま。。
何のための入院かわからないけど
食事代と宿泊代は払うんだし
私にはのんびり休暇になるし、
夫もたまにはゆっくり隔離休養すればいいのに。
まあさして心配する手術じゃないから
こんなのんきな対応も許されるけど、、、。
余命がまだかなりあると踏んで今回手術することにしたけど
金属片を入れていてもそれはそれで
平気というのも体の不思議。







あきらめきれず

オクラ
オクラ:きれいな花。食べるには一個だけじゃね(ーー;)
野菜の花はそれぞれ美しいなと見とれるけれど中でもオクラの美しさはとびきり。

クーラーのリモコンが壊れてしまったらしい。
電池を入れ替えても作動しない。
ダイニングとリビングがワンフロアなので
リビングのほう1台で何とかがんばっている。
もともと200Wで能力はあるけれどこの暑さではちょっと。
それでリモコンでなく強制ボタンで使用してたら本体は作動する。
先日うかがったお宅でもリモコンが壊れて同じ状況で新規購入を決めたとおっしゃっていた
急に気になって、日立に電話したらすぐに修理の来ててくれるとのこと。
ただし、修理の見積もりだけで5000円から1万円。
部品代を入れると2,3万かかることもとのこと。
それではリモコンだけくださいというと
もうすでに同じ機種のリモコンはなく
対応できるものが7140円であるとのこと。
送料は840円別にかかるらしい。
何せ18年もの。
使用電力のことを考えると最近の省エネの機種を買うほうがお得かもと悩ましい。
結局アマゾンで2000円ほどの汎用リモコンを探して注文した。
使えなかったら馬鹿みたいだけど8000円も馬鹿らしい。
そこで給水機能が壊れたまま捨てきれずに置いている7年物の電気ポットももう一度メーカーに電話。
やっぱり修理費は8000円ほどとのこと。
保障期間が過ぎるとどの電気製品も
みんな捨てよといわんばかりの修理費。
大事に使っているのでそれ以外の機能は全部大丈夫でも使えない。
新機能と電気代を考えれば新しく買うほうがイイかも。
でもただのかさばるごみにするにはどうも抵抗がある。

髪が豊かでも、歯が丈夫でも、まだ充分歩けて、脳に何の障害がなくても
致命的な癌や血管の為に50代や60代でなくなった友人や父。
飛躍しすぎかもしれないけど
その理不尽な死とダブってしまう。
われながらあきらめの悪い貧乏性がつくづく恨めしい。




町田俊宣茶房

久しぶりにランチ。
以前からチェックしていたけどいけずにいた「俊宣茶房」に。
思いつきで電話しても大概予約は満杯。
当日にも関わらずカウンター席でよければとようやくOKが取れた。
むくの実亭や霜月亭、箱根のオーベルジュ草庵から想像はついていたが
たどり着くまでの道がなかなかスリリング。
ボロ車でよかったと胸なでおろすほど狭い急坂。
でも駐車場にはEMWはじめ高級車が。
みんな高級車に乗られる方は運転がお上手なんだと妙なところで感心。
なんと言ってもここの一番のご馳走は
大きくきられた窓からの緑。
俊宣茶房1
お料理は、1コースのみ[※ランチ・ディナー共通]
~コース ¥3,500(税込み)
・一口オードブル
・オードブル
・スープ
松花堂弁当風メインディッシュ
(お魚とお肉料理両方ついています。)
・デザート
・コーヒーor紅茶

トマトのシャーベットの下に数種の夏野菜。
俊宣茶房6
バスケット風の手は丸いオクラ。
俊宣茶房2
夏野菜の盛り合わせ。コーンのちょっと甘めのソース。
俊宣茶房5
野菜4種の冷製スープ。かなり濃厚。
俊宣茶房3
肉に魚、冷製の豆腐の茶碗蒸し、それに雑穀米のご飯の松花堂弁当
俊宣茶房4
スイカとアイスクリームのデザート&コーヒーでした。
創作フレンチのお味は評判がいいようですが
私にはちょっと凝りすぎの感。
オードブルに使われている野菜が多くて
トマトのシャーベットが溶けて混じりあうと新鮮な素材の味が壊されてしまうようで。
2品目のオードブルにもソースが2種。
最後のデザートにもメープルシロップのゼリー付き。
手が込んで美味しくなるとは限らないとちょっと思いましたけど、、、(ーー;)
薄切りのステーキがシンプルで美味しかったです。
でもインテリアと雰囲気と夜昼同じ価格のワンコースという良心的な価格で総合評価で星4つです。







真夏の夜のアート

2010.hanabi

hanabi8.10-1 hanabi8.10-2

hanabi8.10-4 hanabi8.10-5 
hanabi8.10-6 2010hanabi

多摩川の河川敷で打ち上げ場の真向かいという特等席で
花火を見てきました。
1時間半前に行けば十分いい場所でゆっくり見られるということを発見。
今まで混むものと遠巻きに見てきたのが
ど真ん中の真下で鑑賞でき大興奮。
友人も夫もビール&つまみ片手に至福のときに大感激。
来年もともう確約。
今回はあつかましくカメラの先生にご一緒させていただきました。
その割にはイマイチな写真ですが、、、(ーー;)
花火モードでとったり、ズームを利かせたりと教えていただきましたが
メモリーがなくなって削除しているまにしっちゃかめっちゃか(ーー;)
でも手振れも、ピンボケもそれなり。
偶然の一瞬の美しさは
目と記憶に焼きつけたということで、、、(^_^)

いろいろありがとうございました。

佐々木綾子先生のサイトのご紹介
 http://www.com-p.com/

 デジカメ女子カメラレッスンブログ
 http://ameblo.jp/ccamera/

パソコンインストラクターの日常ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/comples402



アフリカの映画

南アフリカの記憶や熱が冷めないうちにと
アフリカ映画4本を借りてきた。
今まで見たのはと思い返す
インビクタス/負けざる者たち
ツォツィ
愛と哀しみの果て
ダーウィンの悪夢など。

今回借りたのは
名もなきアフリカの地で
マンデラの名もなき看守
ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
(2006/11/10)
レイフ・ファインズレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る

遠い夜明け

映画で旅先の地を復習するのは
大好きな楽しい作業。
ただアフリカ映画は楽しいだけで見終えることはできない内容。
それでも行った甲斐も見る甲斐も大有り。
混沌としているいまとこれから。
無関心ではいられない。







高尾山に 

高尾8.8
曇り空なのに富士は見えた。
夏の富士山は普通の高い山になって溶け込んでいる。

もう今週は一休みかと思えば
先週北岳を制した夫が
「今日はどないするんや」と声をかける。
「ほんなら行こか」と高尾山に。
6時過ぎに出発して7時過ぎには清滝口に。
いつもの6号路で。
さすがに少しは疲労が残るかと
ちょっとゆっくりペースで気を遣えば
途中から大丈夫というので
ピッチを上げると
一気に汗が噴き出す。
天気はやや雲があってこころもち涼しい。
でも上りで負荷がかかれば汗がぽたぽた。
結局いつもどおり約1時間でのぼり、
下りは1号路で薬王院まで。
前回の分と2回分登山手帳にスタンプを押してもらう。
なんだか最近は登山手帳のスタンプを押すにも行列ができるので
日付は自分で書くようにと世知辛いご支持。
あの達筆が値打ちもありあり難くもあるのに。
今日で15回目。と思いきや6月の分を押してもらうのを忘れていた。
結局16回ということに。
あと5回で手帳が満杯になり、精進料理がいただける。
それを励みに精進しよう!!!!
玉アジサイ
玉アジサイ
オオウバユリ
ウバユリ(名前の由来は花が咲いているのに葉(歯)がないからだって(^_^))




夏ばて

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請



男の料理会&暑気払い

暑いので狭い部屋で大人数で調理して
気分が悪くならないかと心配した。
メニューが多くて忙しかったが何と11時半過ぎにはもう出来上がっていた。
食事の会場がなかなか取れないが
20分だけ貸してくださるということで
とても食べきれないと思っていたら
ほとんどの方が10分くらいでほぼ食べ終わっておられるのに
驚いてしまった。
早食いは夫だけの特技ではないみたい。
もう時間に追われる生活じゃないのだから
もう少しゆっくり味わって食べて欲しい。
メニューは冷麺・ゴーヤチャンプル・ナスの煮浸し・野菜の冷製スープ(ガスパッチョ)・岩清水(寒天)
7.6
岩清水
岩清水は抹茶寒の上に甘納豆を並べ、その上にレモン寒を流したもの。
苔むした岩と清流を思わせる涼しげな寒天。
それにメンバーの一人は熟れて黄色くなったゴーヤとレモンの皮をアレンジして創作スイーツに。
秋には紅葉もと意欲的。

そして夕方から暑気払い。
メンバーさん推薦の居酒屋に20人集合の大盛会。
今期には参加されなかった先輩メンバーさんが加わってくださったのがうれしかった。
普段の料理会では
話せない話題が噴出してにぎやかに、盛り上がった。
ゴルフだけでなく山岳部も派生しそうで
ますます仲のいいクラブに。
そうそうたまにお料理もしましょうねなんて。
今回の新メンバーさんはお料理会の午後の部を知って
楽しみが倍増ということになったとしたらめでたしめでたし。 



熱中症?でも天ぷら

西洋朝顔
西洋朝顔(へブンリーブルー):きれいなブルーで楽しませてくれるかと楽しみにしていたが
、今のところ花数が少なく水遣りが毎日大変。

朝から約束していたショップに。
ところが財布を忘れて逆戻り。
もう一度出かけて用を済ませ、
それから明日の料理会の買い物で昼過ぎまでうろうろしていたら
帰ったらぐったりしてしまった。
熱中症かもとクーラーをつけて横になったら
本格的に気分が悪くなった。
明日は料理会と夕方からは暑気払い。
大丈夫かなと自信喪失。
まったく暑すぎる。
私は頭痛とめまいだが夜には何とか回復した。
次男も帰ってきてたっぷりしいれた夏野菜でてんぷら。
夫も息子も喜んだが
暑い上になかなか食べられない私はいらいら。
揚げたてを食べさせるためには
その場で揚げないといけないし、
自分は食べられないのでジレンマ。
でもなす、しし唐、オクラ、みょうが、かぼちゃ、いんげんなど夏野菜と
たらの芽など春の山菜をみると
とりあえずてんぷらと反応してしまう。
食欲が元気のバロメーター。
とりあえず体調は回復して一安心。






イマドキの保険事情

紅芙蓉
もみじ芙蓉、モミジアオイ
名前を思い出せなくて昨年のブログを見たら9月に咲いていた。
8月・7月・9月と探したらシュウメイ菊と咲いていた。
ことしは1ヶ月早い。
睡蓮は逆に1ヶ月遅れで花も小さい。
いかにも真夏を思わせる真紅が暑さに映える。
ハイビスカスにも似てるし芙蓉にも。
芙蓉の仲間と思っていたら、
花びらがくっきり分かれているところに違和感があって
もう一度調べたら
モミジアオイの方が正式名でアオイの仲間らしい。
そんなこんなで検索しながら調べていたら
もみじ芙蓉で
自分の昨年の日記に行き当たった。
なんか一人歩きしていて妙な感じ。
お前こんなところにいたのって感じ。

午後銀行のファイナンシャルプランナーの方の来訪。
そろそろ人生終盤に向けて
保険の整理をしなくてはとお願いしていた。
以前から入っていた定期保険が終了するのと
終身タイプの医療保険やがん保険などどの程度
確保すればいいか気になっていたので
すべての保険を整理しおかなければと思っている。
それにしても夫は高血圧なので
これから保険に入るのは難しそう。
恥ずかしい経済状況と恐ろしいほどの個人情報だけど
イマドキの保険事情がよくわからないので
やはり具体的に相談にのってくださってたすかった。






北岳にも

ヒャクニチソウ
ヒャクニチソウ:ようやく咲き出した。昨年たくさん咲いたのでこぼれ種を期待したら何と2本だけ。来年はちゃんと種をまこう。

朝驚いたことに8時過ぎまで寝ていて
友人の電話で目が覚めた。
夫は山に行って留守。
娘は勝手に出て行って私一人で朝寝とは申し訳ない。
時差ぼけが今頃来たのか
夜遅い娘と付き合って
寝たのが遅かったせいか、
それにしても日差しが暑い。
明るすぎる時間に起きて面食らった。
9時半からはヨーガ。
昼過ぎ、無事北岳登頂を果たした夫と友人が帰宅。
昨夜は高級旅館でゆっくりされているので
さしてお疲れはないようだけど
身体の節々は相当痛いみたい。
「お前ややったら無理やで」
そんなこと余計なお世話だけど
ひたすら上りばかりのコースとは聞くので
確かにしんどそう。
だからって2番目に高い山に登りたい高いところ好きのあほ(@_@;)
とにかく女性登山者が多くしかも
かなりの高齢者も多いとのこと。
ひとつでも若いうちに実現したい。




朝の庭で

蝉

大体早起きだけれど、あまり早くから
大邸宅でもない庭でがさがさするわけにも行かないので
水遣りは6時過ぎ。
窓から5時前に見たときはつぼみだった朝顔が開きだしている。
時間で動いている花たちにすごいと思う。
今年はせみの声が少ないと思っていたが
ここ1週間で一気に蝉の抜け殻が増えた。
あちこちの葉裏や茎にくっついている。
ところで今日は孵化したばかりらしいまだ白い蝉を見た。
今日飛び立つ初々しい蝉の静かな準備に目を見張る。
3坪ほどの庭にも自然と季節は凝縮している。




宿題山積

8.1
なす・しし唐・インゲン・モロッコインゲン・モロヘイヤもそれに木苺。

1週間留守にしてまず最初の仕事はやっぱり庭仕事。
心配していた水遣りは何とかしてくれたみたいなのか
適当に雨が降ったのか思ったほどには枯れていなかったけど
きうりはお化け状態。
家庭菜園でさえこれだもの
やっぱり農家の人は留守なんてできないなと大変さを改めて。
まったくきゅうりを誰も採っておいてくれないのだから
水遣りはしてないはず。
まあ遊んできたのだから文句は言えない。
代わりに夫は早朝からお友達と北岳に。
昨夜のお泊りの同行の友人の接待はちゃんと自分でなさっておられるので自立度大。
北岳はできれば私も行きたかったのに
スケジュール変更をして放っていかれた。
もちろんこれも文句は言えない。
洗濯と荷物整理、そしてブログ。
オランダ・ベトナムとまだ放置したまま。
なんだか宿題が夏休みの終わりのよう。






カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ