カウンセラー

レースラベンダー
レースラベンダー

最近読書づいて手当たり次第に読んでいる。
知らない作家ばかりで多分娘が買った本。
カウンセラー (小学館文庫)カウンセラー (小学館文庫)
(2005/02)
松岡 圭祐

商品詳細を見る

この本は生々しい現場描写が多くて気分よくないが
だからといって絵空事といえないところが恐ろしい。
現実に起きた事件がテーマになっていると思われるし、
その後もそれ以上と思われるおぞましい事件が後を絶たない。
そのことについていろいろ言われ、解説もされているが
解決が示されるとは思えない。
いろいろな死があってそれぞれ耐え難いモノであるとしても
通りすがりに、理由もなく、ただ気まぐれや、憂さ晴らしに
殺されるほど無念なことはない。
本人はもちろん残された家族にとっても。
事件を見聞きしてもつらいのに本まで読まなくてもいいかも?



バカみたい

柊南天
柊南天

歩くことを主体にと思っていると妙にこだわって自転車や車に乗るのが
後ろめたくて、そのことで仕事が二度手間になったりしてしまう。
重いものは結局歩いては買えなかったり、
時間までに用事を済ませるためには
どうしても車に乗らなくてはダメだったりで、一度歩いていったところを
もう一度車で行ったりしている。
そうして車を使うとまた、なし崩しに車に頼りそうでそれも恐い。
わざわざ健康のためといって歩くのもよとしないので
車を使うとてきめんに歩数が減ってしまう。
悩むほどのことでもないのに結構悩ましい。

午後美容院に行ってから天然記念物の枝垂桜を見に。
200年の古木の風格と繊細な糸桜のたたずまいが調和して美しい。
3.30-1

3.30枝垂桜

夫の知人の昇進のお祝いに広島の相原酒造の「雨後の月」を送る。
以前広島の方に送っていただいてから
我が家でのイチオシブランドに。
市内にたまたま扱っている、店があり発送をお願いする。
何かというときに決まった品があるととても安心。
お菓子で気に入ったのは鹿児島のとらやの栗黒丸。
リピーターになりたい食品とめぐり合うととても嬉しい。
今はネットですぐ直接注文も発送もお願いできるので便利。
雨後の月はネットでの取扱商品が少なくて
お店のほうが種類が多い。
私自身はそんなにお酒を飲めないが地方のお酒を愛好することは
とても楽しいことと思う。



歯は命

雪柳
雪柳

歯のブリーチングが終了。
三日坊主が何とか続いて3週間。
まあ納得できるかなという成果まで。
歯磨き法や歯磨き剤については
その時代に良いといわれることをやってきたつもりだけれど
その方法が試行錯誤に過ぎないのか
次々と変わってきて
結局磨きすぎて
エナメル質がかなり磨り減ってし合っているので
ブリーチ剤も効かないらしい。
朝起きたら歯を磨きましょう。
朝晩磨きましょう。
食後に磨きましょう
1日3回3分間。
縦磨き。
ロール磨き。
45度。
歯磨き剤は使っても意味ない。
歯磨き剤は買ってはいけない商品。
歯ブラシも硬かったり、
柔らかったり。大きかったり、小さかったり。
はあ真面目にそのときどきの情報に翻弄されて来た私。
結果、虫歯もあれば、着色も、最近は歯周病ポケットもまで。
しかも最近気づいたのだけれど歯並びまで悪くなっている。
歯並びも加齢と共に変化している。
悪くはなっても自然に回復したり、良くなることは
今のところ絶対ないのでメンテナンスを心がけるしかない。
再生できる可能性はすでにあるみたいだけど
私の歯までそれが期待できるかどうかは疑問なので。

いまや100gの優しさで1本ずつ優しく、
毛先の丸い柔かい歯2本分の小さな歯ブラシで
アパタイト入りの歯磨き剤で磨くことに。
できれば白くもありたくてブリーチまで。

良いと言われりゃやりましょう。
とにかく死ぬまで自分の歯で食べたいもの。



風の中のマリア

ローズマリー
ローズマリー

「風の中のマリア」ひとりきりの日曜日で一気読み。
お天気がいいのに何もしないのも気が引けて
途中草取りを2時間ほど。

夫が和歌山から桜鯛を2尾送ってきた。
昨日友人と船をしたて鯛つり。
本人にはまさか、私にはやっぱりの成果。
それで調達して送ってくれたらしい。
春に桜鯛。
確かに最高。
桜鯛

桜の咲くころ、産卵期に入った真鯛は 色味をまして桜色に。
油も乗っていちばんおいしいそう。

桜鯛2

でも捌かなきゃいけない私にとってはありがた迷惑。
好意だけでよかったのに
ほんとのつり師なら捌くとこまでやるでしょう。
本など読みふけっているひとりの日曜日に
サカナなんかと格闘したくない。
そこんところがわかんないんだよね。
うちの父ちゃんは!!
とぼやきながらもしぶしぶ3枚に卸して
しゃぶしゃぶと刺身でいただきました。
超!!美味。
やっぱりありがとう。




規制緩和

ハナニラ

夜は公園や花壇のボランティアのグループでの懇親会。
会計なので会場準備、支払いと個々への報奨金の用意など。
大した事ではないけど苦手な雑用。
今年で4年。
そろそろ交代を希望したら昨年は無反応だったけど
今年は気持ちよく交代してくださる方がいらしてほっとした。
初めてのレストランでの食事。
全て可もなく不可もなく。味も器も価格もサービスもしつらえも。
て言うことはリピーターになるか否かは微妙。
イヤミじゃなくいちばんおいしかったのは野菜サラダ

この時代ワンランク上の何かがないともう一度の気持ちにはつながらない。
我が家でもじゃあ家で食べるかってことが増えている。
皆さんとのゆっくりした食事は楽しいひととき。
隣近所にいてもゆっくり話す機会もないので貴重な時間。
チーズがダメ、牛肉がダメ、マヨネーズがダメと
結構要望が多いのにはビックリ。
うちのお嫁さんみたい。
最初からイタリアンでは参加できない方までいらした。
好き嫌いのない私にはおいしいまずいはあっても
食べられないということはない。
食の貧しい時代に食道楽の本場大阪で育ったので
食い意地だけはかなりかなり。
嗜好の問題だけでなく、牛肉を食べないほうがスマートっていう風も。
健康のためなのか、病気のためなのかそこまではわからなかったけど
牛肉だって・クジラだって我が家はOK。
もちろん食べられなくなっても我慢できないということもない。
健康は知性がモットーだった私も
最近は随分規制を緩めている。
高血圧・高脂血症で健康度の低い夫まで同調しているのは許せないけれど、、。



ラッキー

つわぶき
ヒマラヤユキノシタ

ようやく「失われた町」を読了。
なんとも不思議な世界だった。
よオこんな世界こんなに書けるもんやなあーという驚き。
精神力。気力。創造力。想像力。並ではない。
並の人間には読むのもしんどかった。

午後のヨーガでリラックッスしたはずだけど身体が心底疲れて
7時ごろから寝てしまった。
夫は同窓会があるので実家に。
晴れるはずがときどき小雨も来て寒い。
咲きだした花たちは戸惑っているはず。
10時過ぎ帰ってきた娘と食事。
ああそうだ今日はビッグニュースがあった。
宝くじで1万円と3000円が当たった。
娘にメールをうってたんだった。
急にその話題で盛り上がった。

以前聞いた講演会で預金の利子が低いので
宝くじ券がもらえる定期預金があると教えてもらった。
素直にそこの銀行に預金しておいたら送られてきた券が当たっていた。
3年物で毎回300円じゃ普通預金のほうがましだったかもと思って後悔していた矢先。
引き出しを開けたら送られていた券が袋のままだったので
見もせずに買い物のついでに宝くじ売場に立ち寄ってそのまま渡した。
20枚しかないのに2枚が当たっていた。
今となっては自分で数字を確かめる楽しさを放棄したのが悔やまれる。
デモでもガッツポーズくらいには嬉しかった。
けちなので自分で宝くじなんて買えない。
だけど、勝手に買って送ってくれる分にはいいかと思ったのが
当たるとやっぱり嬉しい。
ただのお札に変わってしまうと何てことないわけだけど、、、。
癖になったらやばい。
トータル利子で考えるとよくわからないけど
当たると嬉しくて楽しいから充分元は取れた。



イージーライフ

雪柳
雪柳

次男の仕事を手伝うことが多くなった。
文章の校正というほどのことでもなく
読んで違和感がないかとか誤字脱字がないかということぐらい。
ほとんどメールや電話での連絡。
よくこんな面倒な仕事をしていると感心する。

当たり前だけど仕事なんてみんな大変でつらいもの。
夫も娘もみんな偉いしすごいとつくづく思ったりする。
これといって仕事というものをしてこずに
専業主婦で終わる自分がこれでよかったかといまごろつらつら思われる。
いまさらだけど、無能で努力の少ない日々ではあったと反省。
いまからできることを模索しても
やっぱり、こういう状況で安穏としているのがいちばん
いいかもと妥協してしまうイージーな私。
身の丈の暮らしであったことは確か。




男の料理会

冷たい雨。
しばらく忘れていた震え上がる寒さ。
今日はおやすみが多くて2グループで。
別にクーキーの班も。
メニューは陳さんの麻婆豆腐・ニラと春雨のスープ・菜の花ともやしの辛し和え・
カツオのカルパッチョ・それに紅茶のクッキー。
2010.3.24

クッキーを寝かせる時間が充分取れなかったけれど
何とか完成。
全部片付けた後でもう一度紅茶を入れて
残れる人だけでゆっくりお茶タイムが取れた。
初めての試みだけれど
普段お聞きできないお話がでて楽しかった。
3.24-1

その前には地域で活躍されている方の活動報告も。
3.24



懲りない私

杏
あんず

午前中ヨーガ。
午後明日の料理会の買出し。
銀行によってからなんて掛け持ち仕事にしたら、
レシピを忘れ、
またで直し。
菜の花が一把398円もするのにはビビッた。
デパートには置いてあるけど
スーパーには置いてない。あるところでは298円だけど新鮮は思えない代物。
他の菜モノで代用するかとも思ったけれど
もう一軒と最後に立ち寄ったスーパーできれいなものが298円で買えた。
菜の花がこんなに高い野菜になっているとは、、。
そんなこんなで買い物用のエコバッグに満杯の素材をつめて帰ってきたら
なんと財布がなかった。
思い当たるところはもうないので買ったものや車の中を引っ掻き回すけどない。
料理会用と個人のものと二つの財布を持っていってたが、ないのは個人のもの。
お金もだけど個人情報満載のカードがびっちり。
青くなるなんてものじゃない。
すぐ取って返し、多分生協のレジ横で商品をカゴからバッグに移すところでもしやと
聞いて見る。
サービスカウンターではノートをみて忘れ物や落し物を確認してくれたが
届いてないとのこと。
引き返してレジあたりと駐車場をうろうろ
やっぱりない。
もう一度サービスカウンターに行くと、
名前と財布の形を聞かれ、
なんと大事な私のお札以外で満杯の財布が、、。
やっぱり日本ていいお国。
それにしてもはあドット疲れた。
それにしても懲りない私。
何度こういう経験をしたら気をつけるようになるのかしら、、、
きっと死ぬまでの予感!!!!(-_-;)



家相・庭相

sIMG_2251.jpg
レンギョウ
大荒れの天気の予報は確かに風は強かったけど
思ったより暖かい晴天が続いた3連休。
どこにも行かず過ごして、夫が退職すればこんな日が続くのかなと。
午後娘も一緒にデパートに。
行きは夫が帰りは私が徒歩。
往復車に乗っているのはいちばん運動不足の娘。
情けない(-_-;)
春の風情を楽しみながら遠回りをして歩いても7500歩ほど。
市内の高級住宅街をコースに。
庭の手入れのさまで春の訪れがいろいろなのがおもしろい。
家もそれぞれだけど庭もほんとに様々。
結構その家族のありようが見える気もして興味深い。
おお我が家もそろそろ本腰を入れて草取りをしなくちゃ。
なまけものってばればれかも。



アピール

sIMG_2253.jpg
クサボケ
午前中私は町田に。
ボランティアのお掃除を断って行った割には
所用はあっという間にすんでしまった。
久しぶりに駅前をぶらぶらしたけどさほど興味もなくて帰宅。
入れ違いに夫がフルートの練習に。
午後は次回のレシピを用意したり、本を読んだり、クッキーを焼いたり。
3連休はおそろしいほど何事もなく。
途中次男があまりの渋滞と駐車場が満杯で悪いけど
会場まで送ってのSOS。
その場所がさっき帰ってきたばかりの町田というのでいささかがっかりしたけど
わりと近い場所だったので助かった。
ひとりで東奔西走しているので
ささやかだけど彼にとっては負担の大きいお給料をもらっているわたしとしては
貢献できるときは大いにアピールしておかないと。




発表会

sIMG_2256.jpg
クリスマスローズ
お料理会も参加している生涯学習グループの作品展。
いけばなやアクリル絵画、ポプリなどの作品展示の他に
お琴やコーラス・ダンスなどの発表も。
参加している人だけが観客みたいなものだけど
我々は写真のパネル展示と先日作ったクッキーの試食で参加。
今回はメンバーの方々も顔を見せてくださったので楽しかった。



ファラオの椅子&プレジデントの椅子

sIMG_2254.jpg
パンジー
久しぶりに衝動買いしてしまった。
私の衝動買いは大きなものなので始末が悪い。
食卓テーブルと椅子4脚。それに自分用のパソコン机用の椅子。
それでなくても食卓用以外にも
もうひとつ大きな伸張式のテーブルがあるというのに。
とりわけ椅子には弱くて今までにも随分買っている。
部屋のあちこちに椅子が置いてあったりするわけで、、^_^;

今回は古道具屋で買ったので値段は目くじら立てられるようなものではない。
問題は場所。
家族もあきらめていて上手く場所さえ確保できれば文句は言わない。
置く場所や掃除に困るのは誰よりこの私なので。
食卓用の4脚のうちの1脚はも肘掛のついたものだったので
夫の場所にすえておくと
夫は超ご機嫌。
ひとこと難癖をつけられると覚悟していたので想定外。
ツタンカーメンの椅子みたいでしょ?
「ファラオの椅子」と名づけようなんてあおれば一件落着。
置いてみると意外に場所とりだった私のパソコン用の椅子は
夫が『プレジデントの椅子」と命名。

我が家には「伯爵夫人の椅子」と命名されている椅子もある。
まあ似た者のあほな夫婦でこんなことで一緒にご機嫌になれる。

午後はNPOの拡大会議。
状況が刻々変化する中で
臨機応変に対応する理事長の才覚で無事運営できているので
まあ会議といっても彼の独り舞台。
その手腕にはいつも感心させられる。
口八丁・手八丁なのでワンマンといえども誰も文句は言えない。
お任せしておくに限る。





役どころ

ポリアンサ
ポリアンサ
午前中藤沢周平の『闇の梯子』
天気がいいのに本など読んでいて勿体ないとも思うけど、
なんとなくまだ庭の手入れもしたくなくて引きこもり。
午後友人宅に。
5月に一緒に旅行することになって打ち合わせ。
といってもほとんど私が取り仕切っているので
説明をしたり、書類を書いてもらうなどまるで旅行業者。
ずっと亡くなったご主人にすべてお任せの
旅行をしてきた方。
今度は私にまかせっきり。
人って役どころがあるってことかも。
私はスケジュールを立てたり、旅行業者を選んだりが嫌いではないし。
旅行に行けばまた、お互いに新たな一面を発見するかも。



夜市(恒川光太郎)&シャーロックホームズ

恒川光太郎の『夜市』と『風の古道』を読み終えて
午後映画に。
迷ったけど『シャーロックホームズ』
面白くはあったけど私好みのシャーロックホームズではなかった。
まるで「ダビンチコード」だった。
イギリス映画も興行や賞とりのために
ハリウッド的になってるみたい。
知的な会話と謎解きを楽しむもっと静かな映画にしてもらいたいけど、、、。
無理か(桃井かおり的に、、、)(笑)



紅茶のクッキーとチーズケーキ

作品展に協賛して料理会では参加者にクッキーを出すことに。
ということで有志でクッキー&ケーキづくり。
ハーブティーも提供されるので
我々は紅茶とバジルのハーブクッキーを。
11人参加でいつもと違う新しい複合施設にできた実習室で。
きれいで備品も充実。
全員がそれぞれ自分の分を焼いていただくことに。
いつもの分担してやるときより真剣さが違う。
型抜きなどをやるときは子供のようで、、、。
新しい楽しさにめざめたのでは。
11時からランチをはさんで4時まで。
しっかり時間もかかった。
生地を寝かせる2時間のあいだに
チーズケーキも焼いた。
オーブンが2台しかないので効率が悪かったけど
とりあえずモノにはなったようで、、。




甘い誘惑

明日のお料理会の準備で
クッキーを焼いては試食。
とっても軽くてさくさくリッチで美味しい。

午後から歯科に。
なんと歯茎が腫れて、口内がいつもより汚れているといわれた。
疲れてますか?と聞かれた。
歯科医に行くので普段より念入りに手入れをしていたので
きれいといわれても汚いといわれるとは思っていなくて
ビックリ。
最初は手入れしすぎで、かえって傷つけてしまったのかと
思ったくらい。
他に思い当たるのは最近スイーツの摂取に甘くなってる食生活。
口腔内はお砂糖に敏感だそう。
ひエーひエー!!!
太るだけじゃなく、虫歯になるだけじゃなく、歯茎まで。雑菌も増えるそう。
栄養ゼロ。高カロリーの食品はやっぱり恐ろしい。
明日のお料理会がすんだら控えよう。
でも、せっかくスケールもハンドミキサーも新調した。
久しぶりに洋菓子作りをして
子どもたちに作った頃の懐かしさがよみがえって
すっかり楽しさと美味しさにはまった。
これからまた、再開するかーなんて思っていたのに。

果たして甘い誘惑に勝てるか?
意志薄弱な自分自身に問う。
ああああー^_^;




高尾山に春の兆し

まだ今月は行ってなかった高尾山。
昨日今日とってもいいお天気なので久しぶりに。
(といっても20日ぶり。行かない人に比べればとっても頻繁!!)
高尾山では毎年3月の第二日曜日に高尾山麓の
自動車祈祷殿広場にて火渡り祭が行われるそうで、
時間さえあえば是非見たかったが、
われわれの下山は遅くとも10時、
お祭りは午後1時から。
来年にはきっとということであきらめた。

火渡りは修行者による勇壮なお祭りらしい。
一般の方の参加もOKということだけど、
やけどなどしないのかな。

それでコースを変更して裏高尾の日影沢コースに。
途中裏高尾ではちょうど梅祭りを開催中。
こんなに梅林があったのかと思うほど
淺川沿いに白梅・紅梅が盛り。

気持ちのいい青空の好天でいかにも春の日差し。
それでも日影沢は名前どおりまだ雪も残って、寒かった。

2010.3.14

山頂からの富士山は春霞のなかぼんやり。
近景のツバキとのコントラストがこの季節らしくて素敵。

2010.3.14

薬王院で健康登山手帳に10回目のスタンプをいただいて
裏高尾に戻るいろはの森コースで下山。
このコースはいろはのうたになぞらえてい・ろ・は・を
頭文字にする48種類の木々を紹介している楽しいコース。
しかもほとんどが高尾山に自生しているそうで、
高尾山の魅力の奥深さは底知れない。

ほぼ下山して陽もさし始めた沢沿いに
今年初めてのアズマイチゲを見つけた。

2010.3.14

アズマイチゲは春一番に咲く美しい花。
高尾にもしっかり春が訪れてた。
帰りの車中は汗ばむほど。
春の陽気はほんと気まぐれ。




晴れても読書&ビデオ

思いがけず真っ青な空の好天。
高尾山に行けばよかったと後悔されたがすでにとき遅し。
こんな好天に読書とビデオってなんか後ろめたい。

遅いついでに?今まで飾っていたお雛様をようやく片付けた。
何しろ3日に出したのでちょうど10日ということで^_^;

景山民夫「普通の生活」
普通の生活 (朝日文芸文庫)普通の生活 (朝日文芸文庫)
(1994/06)
景山 民夫

商品詳細を見る

期待していなかった本が意外に面白くて引き込まれてしまった。
随分文章の上手いひとだったんだ。
マルチの才能と図抜けた行動力と、特徴ある体格と風貌。
なんとなく知っているようで、実は知らない人。
まあ、とりわけ興味や関心を持つ人ではなかったけれど、
脚本家でありながら、自分でもよくでていたし
好きと思える人ではなかった。
かなりかなりイヤミで憎たらしい普通の生活。
それでいてどこか心引かれる一面が。
なんといっても本気で楽しんでいるのが小気味いい。

フライデー事件や幸福の科学での騒動を最後に
そういえばあまり記憶にないと思ったら
自宅の自室からの失火で50歳で亡くなっていた。
ああそうだったと思いだす。
何もかもが彼にとっては本気の普通の生活だったかも。
ビデオ
オリンダのリストランテ
オリンダのリストランテ [DVD]オリンダのリストランテ [DVD]
(2009/12/02)
リタ・コルテセアドリアン・ウィツケ

商品詳細を見る

予想通りの展開だけど
歯がゆいほど
ゆっくりその通りの展開に。
それがいやだって言うことは全然ない。

舞台のアルゼンチンが妙に懐かしく人恋しい。
ブエノスアイレスであった
女性バイオりニストを思い出した。
愛人と旅行中だった彼女とはウシュワイアーの空港や遊覧船で顔が何度かあった。
そしてブエノスアイレスで再会の約束をし
彼女の職場であるコロン劇場に会いに行き、
近くのカフェでお茶をしたっけ。
生き方もスタイルもチャーミングで美しい印象的な人だった。





似た者

午前中本を読みながら本の整理。
これだから片付くわけがない。
処分する前にもう一度なんて思う悪循環。
娘にこの本もう要らない?
と聞くとまあ、置いといてもう一回読もうかなという。
確かにもう一度読むと
全然覚えててないこともあり、
かすかに覚えているとそれがなつかしかったり
意外にもへーこんな本だったんだと予想以上に感動したり。
ならば処分しなければ言いかといえば
ただ置いてあるだけだと死ぬまで読まない確率が高い。
処分しようと思うからこそ
再読する機会に。
ここが微妙なところ。
いじましさが似たり寄ったりの親子^_^;
午後ヨーガに。
映画に誘われるけど
まあ今日はそのまま読書で。
そういえば娘が借りてきたビデオの2本も見なきゃ。



座談会

午前中医療費控除を整理して
午後申告に。
昨年夫が骨折入院したので少しは還付されるはず。
ささやかだけど無職で食べさせてもらっているので
これくらいしないと、、^_^;

そのあと座談会に。
参加しているライターグループの取材。
一歳過ぎたばかりの若いママと一緒。
挨拶しても、その後も笑いも話もしない。
初対面だからといってお愛想も糸瓜もなく取り付く島もない。
いまどきの若いママはこんなものなのかな。
話し声も小さくてとても聞き取りにくい。
こっちは耳が遠くなっている孫のいる世代だって言うのに。
その変わりにベイビーは笑ったり・泣いたり・わめいたり。
座談会に出るって言うくらいだから
話すことが目的だし、そのつもりでの出席だと思うけど
場の空気に配慮がないこと。
担当者や記者の胸中を慮って多弁になってしまう私。
まるでおせっかいオバサンだよ。
そしてそれをまた内心小ばかにしてるのだろうななどと
考えるから余計にあせる。
会話のはずまない座談会なんて詰まんない。
ミーハーもときに空振る。



オーシャンズ

見たいと思っていた「オーシャンズ」に。
期待はずれ。
確かに映像は素晴らしい。
3Dなみの大迫力。
波にはよってしまいそうだし、
海を自在に魚やいるかたちと泳ぐ快感。

しかし監督の意図がなんなのか?
開設されることがわずらわしい。
自然そのものが雄弁なのに。



3月の雪

ヨーガに行く時はまだ何もふってなかったのが
帰るお昼前には雨になり、それがみぞれになり、昼過ぎには雪になって
夕方には積もり始めた。
あまりに寒暖の差が激しい。
3月の雪や時に4月の雪に驚かされることもあるけれど
気持ち的には春なのに、真冬の気温はいささかつらい。
郵便局までの用事があって仕方なく雪の中でかけたけれど、
下校時間の小学生にあって反省。
学生も通勤の方も寒かろうが暑かろうが、雨だろうが、雪だろうが
いやおうなく出かけていることを思う。
いつもこういう時鳥取を思い出す。
大雪でとても出かけられないので当日の行事はきっと
延期になるだろうと連絡を待っていたら
そんな連絡は来ず皆さんふつうに集まっておられた。
大雪を見れば異常と思ったのは転勤族の私だけで
そこに住む方々は毎日の普通のこと。
そんなことで何かをやめていたら何もできない。
考えれば当たり前のこと。
そういえば子どもたちも大雪の寒い中、文句も言わず通学していた。
東京の雪なんて日本海側に比べれば可愛いもの。
寒さと雪にすぐひるんでしまう自分が情けない。

2010.3.9-2

2010.3.9









青色申告

息子の会計(というほどのものでもないけど)を引きうけているので青色申告に。
午前中商工会議所に。年間の会費を払っているのに
これといって恩恵があるわけでもないので
先ずこの会費から削減しようと思っていたけど、一応書類の点検をお願いして。
いややっぱり聞いてよかった。
間違っていたというより自分では全然確認もできなかったので、、(-_-;)
このアドバイスが12000円に匹敵するかどうかは
後でよく考えよう。
かえって修正してすぐ市役所に開設中の申告所に提出。
残念ながら今期は赤字。
仕方ないでしょう?天下の大企業が軒並み赤字だもの
天下の(?)零細個人企業が立ち行くわけがない。
と居直ってみても生計は立てなきゃいけないわけだから、
頑張ってもらうしかない。
夢だけでは生きていけないのが悲しく厳しい現実ってモノ。






程よい距離と間隔

泊まった長男夫婦は冷たい雨でどこにも出かけられず
結局家でゴロゴロ。
おかげでヒメとゆっくり遊べた。
夫も金沢から夕方には帰宅しやに下がっていた。
昨日、贈ったという金沢からのボタンエビやハタハタ・赤かれいが届き、
お昼にはエビをお刺身で食べ、ハタハタを焼いた。
随分大きくてしっかりして甘いエビだった。
新鮮な海の幸はほんと美味。
それに金沢の美しい和菓子。
特に桜の最中は季節限定のものらしいが色といい香りといい素晴らしい逸品。
夫にしては上出来のお土産。
夜は家族全員が揃っておすしを食べに。
ヒメはベビー用のお煎餅など食べてごまかされていたけれど
もうしばらくすればなかなかじっとしてはいず
外食も難しくなるかも。
ほぼ1ヶ月に1回は会えるというこの間隔と距離がいい。
きっとお互いに。



ヒメとひなまつり

またもや冷たい雨。
午前中NPOの理事会。
夕方ヒメご来宅。
娘も夫もいないので次男に帰宅してもらって夕食。
また、ひな祭りということでちらし寿司。
お嫁ちゃんがお好きだったのでよかった良かった。
ヒメはいまのところ言葉はまだだし歩くのも伝い歩き程度。
体重も平均より小さめ。
でもとにかく元気なので何より。
動きも反応も敏捷でたくましい。
見るたびに顔が変わる気がする。
ふっくらしていたのがしまって小顔に。
ハワイではこちらが熱が出るほどないてくれたけど
パパママがそばにいれば終始ご機嫌。
離乳食もかなり進んできたみたい。
一人前に一緒に食卓を囲めるようになって楽しい。



一寒一温?

三寒四温じゃなくて
めまぐるしいほどの天候と気温の変化。
今日は嬉しいほどにあたたかく気持ちのいい青空。
憎らしいことに夫はお仲間と金澤へ。
私は午前中歯科に。
午後のヨーガをオサボリしていたら
久しぶりに友人が来宅。
昨日焼いたチーズケーキでお茶。
彼女は好物の干し柿を届けてくれた。



男の料理会

2年24回の料理会も一応今日で修了。
朝、車で会場に行く途中、
電車とバスを乗り継いで他市から1時間半ぐらいかけてきてくださる方を
見かけてなんだか胸が熱くなった。
さらに会場にはいつもより早く着いたのに
すでに材料の搬入を手伝ってくださる方が4人も
寒いなか待っていてくださった。
なんていい方たちに恵まれたことかと感謝せずにいられない。
今日は地元のラジオ局の取材もあって
いい記念に。
でもそのラジオ局もこの3月の末日で閉鎖とのこと。
今日のメニューは
アジの手まり寿司・厚揚げのみぞれ煮・菜の花の和え物・はまぐりの潮汁・ブラマンジェ
2010.3.4
アジの3枚卸はつり好きの方にお任せ。
20103.4-2
彩りよく、春らしくて好評だった。

夜は娘の誕生日なのでチーズケーキを。
誕生会の飲み会で帰って来やしないけど、、(-_-;)



ひなまつり

いまさらだけど
お雛様を出した。

お雛様

お部屋がぱあーッと明るくなってやっぱりいい。
だけど面倒だと思う気持ちも年々強くなっている。
ひな壇を作るのがパズルのようで結構てこずる。
ぼけたらできはしない作業だと毎年試されている感じ。
でもでも終末にはヒメが来ることになって
初節句なんだからとやっぱり出すことに。
片付けるのがその分遅れるけど、
わが娘の初節句は4日の早朝にかたづけたのに
ご利益がなかったので
もう気にしないことに。
ようやく飾り終え、
お雛品様の前に座って
明るい日差しの中で、お茶を呑み
本など読んでいると優雅な時間。
午後はそんなにゆっくりもしていられなくて
明日の料理会の買出しに。
やっぱり3時間以上かかって市内のスーパー全歩きって感じ。
とにかく材料は予算ギリギリで調達できたのでほッ。
夜はやっぱりちらし寿司。




はや3月

ヨーガに新しいポーズが入って「おお!」月が変わって3月だったんだと気づいた。
昨日は1日だから料理会の調理室の申込み、旅行の申込みも。
それでも日付も曜日も飛ぶように過ぎていて意識がついていってない。
イマイチ木曜日の料理会のメニューに確信が持てなくて
大いに迷う。
何せひな祭りと重なって素材が品薄だったり随分高値だったりで気が揉める。








カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ