FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

Top Page › Archive - 2009年06月
2009-06-07 (Sun)

岡山2日目


人気ブログランキング
岡山2日目

朝風呂に入り、バイキングの朝食をいただいて、9時に出発。5台の車に分乗。先ず、倉敷の美観地区に。海岸線のコンビナートの煙モクモクの工場やでっかいドックが並ぶ風景との落差が大きい。先ず大原美術館に。大原孫三郎と児島虎次郎の友情と熱情が残した美術館。来年80周年を迎える。何度か訪れているが西洋美術を概観できるポイント的な素晴らしい作品が揃っていて美術に造詣のないわたしにも見やすくて楽しい。明治の日本人の気...

… 続きを読む

シーサイドホテル
朝風呂に入り、バイキングの朝食をいただいて、9時に出発。
5台の車に分乗。
先ず、倉敷の美観地区に。
海岸線のコンビナートの煙モクモクの工場やでっかいドックが並ぶ風景との落差が大きい。
先ず大原美術館に。
大原孫三郎と児島虎次郎の友情と熱情が残した美術館。来年80周年を迎える。
何度か訪れているが西洋美術を概観できるポイント的な素晴らしい作品が揃っていて
美術に造詣のないわたしにも見やすくて楽しい。
明治の日本人の気概が感じられ、それを継続させ、発展させていることも素晴らしい。
本館で音声ガイドを聞きながらゆっくり鑑賞していたら仲間とはぐれ、分館や児島虎次郎館を見損なった。
ここも又来るしかない。

美観地区2
さすがの美観地区

美観地区
倉敷らしい景観

早めの昼食を美術館すぐそばの「あずみ」そばで。
余談だけどこのお蕎麦屋さんの奥様のブログに同じ日に
美術館にいらしたことが書かれていた。
隣接していらしてもいかれた回数はわたしと変わらない。
あずみ

お土産に倉敷在住の友人オススメ橘香堂のむらすずめ店舗は大原美術館のそばの美観地区内に。
良質のあんこと生地でとても美味しかった。
murasuzumeオススメ(^^♪

次の観光先は備中松山城。
歴史音痴のわたしは最初、四国の松山城に行くのかとその強行スケジュールに驚いたもの。
備中には高松城もあってややこしい。
若ければ無知も愛嬌だけど、いい年をして無知は単なる恥^_^;
思ったより遠くて高梁川沿いを約1時間。
岡山平野から中国山地に分け入ったところに目指すお城。
中国地方のどまんなか要衝の地にある山城なんですね。

備中松山城
天守閣のある城としては標高四三〇メートルというわが国で最も高い場所にある城。
日本国内の、現存する天守がある12か所の城の内の一つ(現存天守)。
日本3大山城の一つ。
岩村城(岐阜県恵那市岩村町)、高取城(奈良県高取町)、備中松山城(岡山県高梁市)
国指定の重要文化財

今日でも由緒あるお城であるらしいが、歴史的には城主がめまぐるしく変わったお城。
中でも戦国時代、三村家親・元親親子にまつわる悲劇がこのお城に
いっそうの陰影を与えて人気が高いのかなという気がした。
=戦国時代、三村元親の時代に大松山・小松山を範囲とする一大城塞となる(現在も石垣の一部が現存)。天正3年(1575年)備中兵乱。三村元親は毛利氏から離反し、織田信長に寝返る。城は小早川隆景により落され元親は自害した。= ウイキペディアより=

実際に登ってみてその山城としての堅固さが体感できる。
車は途中までで、駐車場からはシャトルバス。
そこから天守閣までも約30分。結構汗をかくほどののぼり。
守りのためとはいえ随分不自由を忍んだものだと思う。

そしてさらに高梁川と伯備線に沿って北上して井倉洞に。
壮大な井倉峡の石灰岩の絶壁に入り口がある。全長1200m、高低差90m。
洞窟内部には、さまざまな形の鍾乳石や石筍が続き、内部には地下河川が流れ、
また高さ 50 m の滝もある。映画「犬神家の一族」のロケ地としても使われたそう。
岡山県指定天然記念物 。
井倉洞

井倉洞2

井倉洞3

ここで盛りだくさんのスケジュールを無事全消化ということで解散。
幹事の素晴らしい企画とお骨折りに感謝。
それぞれの持ち味と個性が作り出す楽しい雰囲気。
気のおけない仲間の一員にお加えくださってありがとう。
またの機会を楽しみにしています。
いくつになっても楽しく遊ぼうね。
又、大阪まで便乗させていただいてラクラクご帰還。
途中混んでいたかどうか定かではないまま(?)に
スムーズに送り届けていただいた。
かさね重ねありがとう。