歯の法則

久し振りに平沼先生の本を読んでやっぱり自然の摂理ってすごいと思う。
急に玄米など出して発芽玄米でも炊くかと思う。
このすぐやりたくなるところが私のええところやなと自分でも思う。
すぐいつの間にかやめてしまうところを除けば、、、^_^;

歯の数について

歯の総数 32本
臼歯:20本(穀類を砕く)
切歯:8本(野菜を噛み切る)
犬歯:4本(肉を引き裂く)
人間の本来の食は穀類・草食で(88%)ということになる。
動物性は12%でいいことに。
やっぱりこれが原点。


「20対8対4」は神からのメッセージ。自然界の動物は歯によって生きています。したがって歯の構造と配列は神の刻印ともいえるもので、何をどのように食べるべきかを示しています。人間の臼歯、切歯、犬歯は20対8対4。この比率に秘められた食の法則こそ健康の鉄則です。 (平沼一良『ニュートリション健康法」)

ニュートリション健康法―歯周病からガンまで予防するニュートリション健康法―歯周病からガンまで予防する
(1995/08)
平沼 一良

商品詳細を見る



チーズはどこに消えた?

今この本を手にとったことが偶然に思えない。
この本が一世を風靡し、とりわけ全米1999年度ビジネス書ベストセラー第一位という帯が何かを語りかける。
その10年後威信が地に堕ちたアメリカでオバマ大統領は〝CHANGE"を繰り返している。もし、全世界の大企業の社員研修で読まれたこの本が、その成果を発揮していたら、世界はとっくにCHANGEしていたはず。だけど、その頃はチーズはまだ、たっぷりあるように思えたので、誰も本気でその次を考えなかったかむしろ変化を怖れて何もしないことを選んだのか?
今この本を読むときって感じがする。
既にすっかりなくなってしまったチーズのことを考えてうろたえたり、まさか、これは本当のはずがないと思って見たり、、、。
10年前にこの経済危機を予想してこの本が書かれていたならすごい。
私自身10年前さほどピンとこなかった内容が
今は現実なので面白い程によくわかる。
確かに笑えてしまう。
もし、お手持ちなら今こそ読み時ですよ!!!
チーズはどこへ消えた?チーズはどこへ消えた?
(2000/11)
スペンサー ジョンソン

商品詳細を見る



老犬の介護って?

ゴローの状態が驚くほど変化している。
もうほとんど歩けない。
とうとうおしっこまで漏らすようになってきた。
3時間ごとのトイレ散歩では間に合わない。
もらすとものすごくにおうし、外でやっても足がきちんと立たないので
自分の身体にかかってしまう。そのたびにシャワーをしドライヤーをかける。
最近天気が悪いのでマット代わりの布団やタオルの洗濯が間に合わない。
尿で床の木の色が変色するのもすごい。
あまり強力な洗剤や消臭剤などを使うタイプではないけど
今回はよく宣伝しているファブリーズを買い随分助けられている。
それにしても彼は歩けないのが不思議でたまらない風で
なんとか歩こうとするので床でのた打ち回ってさらに新たな傷が増える。
こちらもできる限り歩けるようにと介助するがいよいよ前足も後ろ足も支えにならないようで
動きたげに首を振ってあたりを見回すのが憐れ。
とうとうおしめをすることにした。

歩行器のようなものが作れないかと、車輪をつけた箱を作ってみたけどいまいち。
よそのワンちゃんたちはこういう時期をどうすごしているのかなと思うけれど
意外に情報は少ない。






考え方は千差万別

一緒にヨーガに行ったあと、
突然だったけど朝予約したレストランに。
落合シェフが監修するレストランが八王子にできたと聞いていて
まだ一度も行ってなかった。
以前から彼女に一度食事をと思っていたので、
都合のつきそうな日が今日しかないのでとりあえず予約した。
彼女もOKということになって付き合ってくれた。
もちろん誘った私がお金を出す気でいたら
絶対そうはさせないので驚いた。
イージーな私ときちんとした彼女は仲がいいけど
時々考え方の違いがはっきりして
本気のけんかになることさえある。
食事自体は彼女はとっても食べることや作ることが好きなので
一緒に食事したり、お茶するのがものすごく楽しい。
たまたま今読んでいる
田中澄江の『老いは迎え撃て』のなかで
人はみんな違う。考え方はみんな違う。人は千差万別と繰り返されていて、
その違いを認めながら人と付き合うことを強調されている。
八方美人と言われることの多い私はすぐ誰にも嫌われたくなくて、
調子よく付き合ったり、無理するけれど、
けんかできる彼女こそ大切に付き合うべき人なのだと思う。
二人ともそれなりに齢を重ねたので
けんかにはならなかったけど、たまたま読んでいた本と妙に合致して
一人で納得した。
彼女は会計もだけどレストランに行く服装についても不本意だったはず。
彼女は食事のための服装選びに結構時間をかけ気合を入れる人なのだ。
ヨーガに行く服装でそのまま行ったので落ち着かなかったと思う。
でもそんなに気を遣うレストランの雰囲気でもなかったし、
充分素敵なファッションだと思ったけど、
それは私がそう思っただけに過ぎないってこと。ごめんなさい。
rabettora la bettora
la bettola la




青色申告完了

ようやく申告が終わった。
何箇所か気になるところがあるけれど、
とにかく受け付けてくれたので後はケセラセラ。
結局私は夫の扶養家族でもあるので
気持ちだけのお手当ては申告すると却って損ですと
税務署の方に助言され、私のこのけなげな労働は評価されない、
ないしは息子のプライベートな小遣いをもらってということになる。
理屈に合ってるようで合ってないようなよくわからない部分がまだまだ。
でも、とにかくその仕組みの一端はわかったし、
今年からはかなりバージョンアップしてできるってもの。
青色申告用のソフトを使っているけれど
その結果をプリントアウトすれば
その用紙でそのまま受け付けてもらえるなんて初めて知った。
来年はE-TAXにも挑戦したい。
まあ、息子の仕事が何とか軌道にのったとしての話だけど。



京都の梅

暖かくなってきたのでひさしぶりに菜園に。
もうすっかり雑草が一面に根を張っていた。
シャベルで掘り返すと結構汗が。
おおこういう汗をかくほどの労働は久しくなかったと
気持ちよくなった。
でも1時間半が限度。
飽きっぽい私というか体力がないというか^_^;

夫は出張の帰りに京都の天満宮に寄ってきたとか。
まだ七分ざきくらいで東京のほうが花は早そうだ。
京都暮らしの6年間に一度も北野に行かなかったのでと
足を延ばしたらしい。
なんたる長いブランク。
同志社近くの相国寺にも。
相国寺承天閣美術館には若冲の「鹿苑寺大書院障壁画 葡萄小禽図床貼付」
が常設展示されているらしい。
一人で勝手にいろいろ遊んでいる。
ちょっとうらやましいけど
これからの人生にまたとかいつかはないと
思えば行けるときにはいっとくに限る。
やれるときにやっとくに限る。

ところで我が家の梅のおもいのままも七分咲き。白加賀は満開。



読売日響演奏会・ベルリオーズ

池袋の芸術劇場で。
夫も娘も予定があり友人と。
クラッシックになるとチケットがあっても
お誘いできる方が少なくて
いつでもOKと気軽に同伴してくれるのがうれしい。
ベルリオーズなんて知らんけどねなどといいながら。
私はもっと知らん。
幻想交響曲作品14。
塚田れい子さんの詳しい解説と変化にとんだ曲想で退屈はしなかった。
サンサースのチェロ協奏曲第1番イ短調作品33もタチアナ・ヴァシリエヴァの演奏も素晴らしかった。
チェロっていう楽器がとてもチャーミングな音色だってことを再認識。
ところで彼女はとってもロシアっぽい写真で紹介されていたけど
別人のように現代っぽいヘアースタイルで
世界的に活躍するにつれファッションにも磨きがかかって洗練されてきたらしいのが
興味深かった。
ところでベルリオーズって頑固一徹親父って言う風貌にもかかわらず
失恋から自殺をしたり、殺人を犯したり、ギロチンにかけられたり、
又、無理心中を図ったりと現実と幻想のハザマを生きた情熱の人らしい。
そしてこの幻想曲から3年後にその大失恋の相手と結婚したなんて!!!
こういうアプローチがあるとクラシックもグッと身近に。



静かな日々

午後ヨーガに。何とか3ヶ月続いたみたい。
結果何か変わったというより、
行っているその時間リラックスできる心地よさが続いている要因。
息子の青色申告も何とか形になりそう。
後は珍しく読書に。
娘が読んで処分する前に私も読もうっとといういじましい動機。
たいした本を読んでいないけど、ようやくペースができて
暇があれば本を開けるようになってきた。
ゴローがいよいよ歩行困難なので
3時間ごとくらいにトイレをしなければいけないので
自宅監禁時間が多いこともあるけれど。
物言わぬ相手に赤ちゃんのように話しかけながら
ゆっくり付き合う。
時に歩けたりすると妙に嬉しい。
まだまだペットとしての役割を果たし続けている。



世界らん展

東京ドームで開催されているラン展を見てこられた方から美しい写真が届いた。
蘭ってヤッパリ花の美しさの極致。
既に花とか蘭とかというイメージや概念を超えている。
連日盛況のようで蘭愛好家の多さにも驚かされる。
私は野の花のほうが好きとかいってみても
蘭だって自生地では野生の野の花に過ぎなかったわけで。
人の思いや技術が加わわってその美しさは際限なく。
でもちょっと整形美人って気もしちゃうんですけど。
マイケルジャクソンってハンサムだっけ!!みたいな。

世界らん展
さすが日本大賞。日本がまだまだ清く美しいイメージ
世界らん展2
こんなのもあり
世界らん展3
つやといい色といいすばらしい
世界らん展4
オンシジュームも豪華絢爛







男の料理会

お料理会も3年目が終わりに近づいて
レシピのうち私は今日は一品だけ。
二品が男性、
そして1品は友人に特別講師をお願いしてチョコスフレ。
遅まきながらバレンタインのプレゼント。
もうすぐ男性だけで立ち上げる日も近いかも。
メニューは
生チョコスフレ・白菜のクリーム煮・ジャーマンポテト・ミネストローネそれにガーリックトースト。
なんだか今日は生クリームやバターふんだんのリッチメニュー。
美味しいけどカロリーオーバーかも。
1日の総量でバランスを調えて下さいとお願いしたけど
たまにはいいか。
2009.2.18 2009.2.18-2
2009.2.18-3 2009.2.18-4
スフレのアツアツは作った人しか食べれない珍味(?)
慣れないオーブンで苦労されたけど
無事出来上がってとっても好評でした。
同じお料理も各班盛り付けが違うのも面白い。





てんぐ

TENGU テング」柴田哲孝を読み終えた。
娘の読んだ本をもったいなくて読んでいるので
選んだわけじゃないけどそれなりに面白かった。
午前中ヨーガに行き、午後は明日の料理会の準備。
ヨーガもようやく3ヶ月。続いている。
又風が冷たくて冬に逆戻り。
それでも日差しは明るく風がなければあったかい。




花より老犬

朝風呂・朝食後、プールでひと泳ぎしてから帰宅。
11月にきたときはランチもできたけど
今はゴローの面倒を見なければいけないので
早々に帰宅。
昨日は娘がそして今日の10時過ぎには息子が散歩をして面倒を見てくれた。
日に日に目に見えるように進む老化。
昨年の今頃は病院にゴローを預けて
家族揃って鳥取にも行けたと話しながら
それがもう遠い昔のよう。
大体3時間ごとのトイレ散歩も自力で歩けるときと
どうしても右足が立たなくて歩けないときがある。
誰よりもゴロー自身が歯がゆいだろうと思うので
みんな立てるまで足をさすりながら待つわけで
それでもダメなときもあれば
外にでて道路に置いただけですっと歩き出せるときもある。
4本の足の順番がときにわからないのかと思うくらい
そろそろのろのろ歩きながらも以前の散歩コースに
自分で進んでゆく。
犬にもボケがあるそうだけれど今のところ視力も聴力も能力も
まだ何とかそれなりに。
老犬と向き合う時間の多い今日この頃。



熱海に

光琳の白梅紅梅図が公開されているので熱海に。
三寒四温でここしばらく暖かい日が続いているので
熱海はさらに温暖で過ごしやすい。
梅だけでなく今にも桜まで咲きそうな気配。
11時すぎに来宮の駅で妹と待ち合わせ。
見ごろの梅林でなく来宮神社に。
この神社のご神木・樹齢2千年の天然記念物に指定されている「大楠」が見もの。
1週すると1年寿命が延びるそう。全国第2位の巨樹だとか。
熱海大楠

熱海-2

などと前夜仕込の知ったかぶりを披露していたら
じゃあ1位はどこと突っ込まれたけれどもちろん知らなくて
今調べたら、鹿児島県姶良郡蒲生町 八幡神社の大楠ということでした。
クスは大木になりやすいのかも。
でっかいものは見ていても胸がすく思い。ちなみに妹と私はメキシコのオアハカ州にある
世界一といわれるビッグツリーも見ています。
( ギネスブックに「世界最大の木」と登録されている。
 メキシコ、オアハカ州トゥーレ村の世界最大の木、
 ヌマスギ(別名 ラクウショウ)。
アホは高いところだけでなく大きいものも好きなのだ!!!

ランチの後MOA美術館に。所蔵名品展が開催中。
海を見下ろす広大な視界の美術館。
国宝 紅白梅図屏風 尾形光琳
国宝 色絵藤花文茶壺 野々村仁清
国宝 手鑑「翰墨城」
の国宝3点が一挙公開中。
といって紅白梅図以外は特別展でなくてもみられる。
その大胆な構図と洗練されたデザインとそれをものにする技術が日本人の手によると思うと
すごいなあとほんと感心する。
今回この二曲一双の屏風の構図は
師である俵屋宗達の風神雷神図を想起させると気づいた。
この大胆さは宗達からのものに違いないと。
もちろんそのものの模写図もあるくらいなので影響ははかり知れないけれど、
紅梅の幹がなぜか風神雷神たちの足に見えたのです。
面白い。
夫は遠くで見ているとさほど思わなかったが近くで見ると
さすが国宝の迫力とか言ってましたが、、。

夜はすぐ近くの保養所に。
温泉に入ってご馳走を食べて極楽・極楽。





夏か?

そんなコートなんて要らないよ?と
娘に言われて外へでてみればなるほど暖かいというより暑いくらい。
昨日春一番とか言っていたけど春どころか一足飛びに夏ジャン?
久し振りに草とり。
外にいるのがほんと気持ちのいい陽気。
だからといってそれっておかしいでしょう?
今日は2月の14日バレンタインデー!!(関係ないか?)とにかく寒くはあっても暑いなんて。
ニュースで7月の陽気とか言っていたけどどうなってしまうのかと不安になる。
今日で一気に花たちは春を謳いだした。
mimoza
大好きなミモザがもうはじけだした
jintyouge
沈丁花が春のにおいを
omoinomama
思いのままも開き始めた

今年いちばんのミモザを友人に届けに行ったらたまたまいて話もできた。
少し息子さんの容態が落ち着いたようで一安心。



チョコスフレ

裕子さんとヨーガにいった後で
彼女とチョコスフレを作ることに。
次回のお料理会で彼女に特別講師を頼んでいる。
何しろバレンタイン月なので。
無料では教えないという裕子さんにそこのところを何とかと。

だけど私は今日は台所を片付けずに出かけてきている。
急に行くといわれてもと真っ青。
だからいつもきれいにしとけよなんていってももう遅い。
居直って彼女が作っている間に私はお片付け。
おかげさまで手際よく片付いた。
そしてしっとリのチョコスフレも。
アツアツをいただいて感激。
彼女は作るのも好きだけど
食べるのも好きなので楽しい。
自分で作ったものをすっごく美味しそうに食べる。

帰ってきた夫も娘もまたまた感動しながら食べた。
3人は私よりスイートに関して味覚が奥深い気がする。
次回のお料理会の男性陣の反応が楽しみ。



街育  三浦展(あつし)さん

NPOの講演会。
いろいろあって今回から講演会場を別の場所に。
準備のお手伝いに
11時にといわれていたが、
何しろ老犬も目が離せない。
やはり12時がやっと。
さしたるトラブルもなく無事終了。
お話がとても面白かった。
ファースト風土化(ファーストーフード)する町にストップをかけ、
賑わいやふれあいのあるまちづくりを提唱されていたが
いつも夫が考えたり、娘が話していたりすることとも重なって
それでいてなるほども多かった。
福祉マップを作ったり花壇や通りの清掃のボランテャイアも
すべて街にかかわっていて、私自身もとても街そのものへの
こだわりは強い。
夜、話題にすると案の定夫も娘も三浦さんを知っていて、
以前お会いした夫の先輩の方とも一緒に活動されているのだとわかった。
今日は接待役立ったので
もうすこし、事前準備をしていれば、話題をもっと選べたし、
直接お聞きしたいこともあったのにと後の祭り。
食育が叫ばれるように
今、街育が必要といわれていた。
まさに!と共感至極。



ショッピング

セール中のアウトレットに家族総出で。

既に結構な賑わい。この後そのまま仕事に出る娘と別れ、夫とは場所を決めて1時に待ち合わせということでお互いフリーに。最近は夫もそれなりにショッピングを楽しめるように自立してきました。むしろわたしより買い物好きに。ところが私は試着もして品定めするのに、夫はまだいまのところ欲しい物の目星をつけるだけ。その分私のほうは時間が掛かるわけで気がついたら、大幅遅刻。夫はむくれまくっていました。
まあちょうどランチ時でもあったわけで、、、^_^ご機嫌なおしに先ず、彼のほしいパンツを試着し、即購入。リフォームショップに裾上げを依頼。ここが意外と長蛇の列で時間がかかりました。

さらに、上機嫌にするためにレストランに。気がつけばここのアウトレットにはレストランは4つしかない。どこも並ばないと食べられない状態。既に2時近くなのに。仕方なく駅方面まで足を延ばして。共存共栄でアウトレット内にはあまりレストランを増やさない協定でもあるんでしょうか?

ほしいパンツも買い、お腹も膨れた頃にはわかりやすい性格の連れ合いのご機嫌もなおリ、目星をつけていた私の希望商品も無事ゲットして、もっとわかりやすい性格の私メも超ご機嫌。似た者なんですね。ちなみに夫は1点・私は5点お買い上げ。まあ力関係の差ですね。もちろんショッピングに関してだけのこととして(^^♪
09.2.11

ところで、アウトレットの会場には子供用の遊具が置かれ子どもたちはお兄さんやお姉さんに相手してもらいながら楽しそうでした。その横に手持ち無沙汰なお父さんや叔父様たち。ベンチに何時まで待つのかあきらめがおの男性たちも。この一帯の男性密度の濃いこと。いずこも同じ力関係のようで、、、^_^;



偶然の出会い

青色申告の説明を聞きに商工会議所に行ったら
その途中で3,4年全然あわなくて、
今年にはいってから妙に偶然に出会う機会の増えた方にまたあった。
何かあるのかしらと二人で顔を見合わせた。
帰りにはこれまた3,4年ぶりの方が偶然声をかけてくださった。
私ならあってもすぐには気がつかないほど久し振り。
すれ違いざまによくわかったことと驚いた。
お茶に誘ってくださった。
同じサークルにいてもゆっくり個人的なことなど話した事がなったことに気づいた。
その間に名前をフルネームで思い出せて一安心。
この日このときに合えたことが偶然でない気がするような素敵なお話や興味深い話、
初めて聞くプライベートなど楽しいひとときだった。
肝心の資料を忘れて説明会は無駄足だったことも帳消しに。
彼女がいつも無駄足やミスをする人には教師が多いといっていた。
教師が忙しすぎるせいだといっていたけれど、
とてもそういう理由でと言えない私は単にバカかボケ

ところで今回は同じ市内の出会いだけれど
偶然の出会いって何回かあったと思い出す。
何せ引越し暦24回だから出合った人は多い。
再会の機会も多いのかも。
小学校3年のとき高松に転校したときに同級だった男の子(?)と
中学生のときに大阪駅のなんばの地下鉄の構内で。
結婚して夫の実家に滞在中に西宮の小学校5年で同級だった男の子(?)と。
なんと彼は現在は夫の郷里に住んでいた。バイクですれ違いざま声をかけてくれた。
そういえば夫の郷里で次男を出産するため入院した総合病院に
高校の後輩が産科医として勤務していた時は冷や汗もの
子供を生んでから声をかけてくださってなんとなく胸をなでおろしたけれど。
高校時代同じ駅を利用していた顔見知り。
この町に住むようになってからある映画会で大学の同級生とも。
彼女も同じ市民として在住だった。
ほんとに偶然で不思議だけれど、呼び止められればすぐ誰とわかることも不思議。
どこかに変わらない面影は残しているもの。
だけど気がつかずにすれ違っていることもきっとあるはず。
心をときめかしたあの方との偶然のすれ違いには
絶対気づきますように、、、、




誰のせい?

風邪ぎみなのか体調が悪く一気にやる気も失せて1日だらだら。
これくらいの体調でだらだらできるのは専業主婦の特権。
だからといってそれが心地よいわけではなく
妙に後ろめたい。
コレくらいの状態で夫や娘が欠勤したら
お大事にというよりずる休みと思うだろう。
自分を甘やかし人に厳しいいやな性格^_^;

灯油のクリーンヒーターを粗大ゴミに出した。
あまり傷んでいなくてかなり迷ったが既に19年もたっていたことと
灯油入れの容量が少なくて給油の手間が面倒になったこと。
時々ニオイがしてくさいことなど。
灯油は近所のガソリンスタンドまで
買いに行っているがそろそろそれも面倒で
これから先は電気かガスに切り替えるべきかなと思い切った。
そろそろ老後に向けての対策が必要になってきた。
クリーンヒーターを外しながら、においがしたのはひょっとして
手入れが悪いせいだったかもと思い当たった。
今さら再セットして試す気もなかったけれど
解説書を見直すと3年ごとくらいに更新する部品があった。
一度も変えてません^_^;
いまさらだけど、最近解説書も読まなくなっているので
使いこなせてない道具も多いはず。
パソコン・液晶テレビ・ビデオ・携帯・ロックミシン、、、
いやだとてもあの解説書を全部読む気などしない。
コレって私のせいなのかな???



まほろ駅前多田便利軒

姑の誕生日。
お祝いしてくださる方がいらして楽しく過ごせたよう。
もうほんとに有難い。
87歳。元気で迎えられて素晴らしい。

久し振りに本を読んだ。
娘に勧められて直木賞受賞作の『まほろ駅前多田便利軒」。
久し振りに面白く読書が楽しくなった。
最近は勢いがつかないと本も読めなくなっている。
老眼になってから文庫本から遠のいている。
助走期間がないと読書に集中できなくて、ある程度それができると
また、しばらく読書も楽しめる。
この機会を逃さず読書を続けないと読む気の本が積読になってたまっている。



可哀そうなゴロー

ゴローの創傷がひどいので病院に。
細い足に褥創と思われる傷がいくつかできだした。
それに顔にも。
あまりに痛々しいのでオロナインを塗って、足には包帯をしていたが
感染したり化膿しても恐いので一度病院に。
今までなら一人で行けたが、今回は娘と一緒に。
先生は究極の老化現象ですだって。
面倒を見ない犬ならこういう状況になる前に既に死を迎えたはず。
確かに。
先日、寝起きのあとしばらくは立てないでいるゴローがようやく歩き出してひょろひょろ
散歩を始める姿を見ながら、コレが自然界で生きていたらとても生きて入られないだろうと思ったものだ。
まして慢性膵炎という難病もちでここまで生きてきたのはすごい。
毛玉も着いてないし、よくお世話をしてるよとおっしゃってくださる。
そんな、なめるように可愛がったり、特別扱いをしたことなど一度もない。
いつも散歩ですれ違う方々を見てもよそのお宅は随分可愛がってるんだなあと感心することが多い。
我が家はごくごく普通。多分ゴローの生命力。
そんなこんなで10時半からのNPOの理事会をすっかり忘れ時間がすぎてしまった。
午後地球環境講座に。
ゴミ問題。またもや究極の眠さに襲われほとんど聞いていなかった。
申し訳ない。




プレゼント

姑の誕生日が近いので買い物に。
別にプレゼントではなく、ご近所やお世話になった方に差し上げる品。
姑はいつも崎陽軒のシューマイの真空パックを利用しているので
それを調達に。
近くのデパートには出店していないので市内の別のデパートに。
デパートはセールの最終段階のようでワゴンセールがにぎわっていた。
通り過ぎることができずに同じようにひっくり返してはみたが
最終的には買わずに別のショップでセーターを1枚。
帰ってすぐ梱包して発送。
娘からは濡れ甘納豆、私からは手作りみそ。
もうモノであげたいものなど見つからないので気持ちだけ。



お料理会

10時からなので9時半には着いて準備をするようにしているが、
既に待っていてくださる方がいる。
3階の調理室まで荷物を運んでくださる。
そして材料を分けたり、調理台の準備など。
10時前には全員が揃って既に卵をゆで終わっている班などもある。
次期の募集が始まったが全員また受講してくださるとのこと。
いい雰囲気のグループができて本当に良かった。
今日は大豆と豆腐のコロッケ、白菜のサラダ、野菜のスープ、いちご大福。
092.5-1

09.2.5




1割引

明日の料理会の買い物に。
前回ほしい素材がピッタリ特売になっていたのに気をよくして同じスーパーに。
駐車場が最上階まで行かないとあいていない。
えーっ!!この店ってこんなに込んでる店なのかとビックリ。
それにしてもなんだかいつもと気配が違うほどに混んでいる。
レジが長蛇の列。
店内放送でようやくビルの点検作業のため今日は3時オープンで
そのため全商品1割引にしているらしい。
普段来ないし、チラシも見ないのでそういう情報にはとんと疎い。
食料品中心のスーパーなのに1割引というだけで
こんなに人が集まるのかとビックリしてしまった。
景気がいいのか悪いのか購買意欲だけはまだまだすごいものがあると
妙に感心。






イヤイヤ幹事

午前中ヨーガ
午後、バタバタした後で夜の同窓会の幹事会に。
永田町というのがどうも私には場所の確定ができずにいきづらい。
地下のアナグラを右に左に延々と歩かされる気のする
地下鉄の乗り換えは大嫌い。
方向感覚は0を通り越してマイナスになる。

同窓会の幹事は学年のお世話だけでも結構大変で
それ以外に全体の方々との打合せや連絡。
特に総幹事の方や代表の方や常任幹事の方のご苦労とお忙しさは
きりもない。
総会といって喜んできてくださる方は少なくて
参加者を確保するのも難しい。
幹事だった友人の代理を気軽に引き受けたのが運のつき。
そのままずるずると引き受けている格好に。
誰かに早くバトンタッチしたいものと真後ろ向きのいやいや幹事だったけれど、
参加された方々のお話を伺うと
そんな次元の低い方はおられなくて
皆さん次回に向けて一生懸命。
こういう方々にお会いできることを感謝すれば
続けられるかもと反省した。
各界で活躍されている早々たる方も多い。
直接お話が聞けるだけでも嬉しいことと考えをあらためようっと。



浅間山噴火

ヨーガに参加してから久し振りにミーティングに。
温度差を感じるようになって足がとおのいているけれど、
そうばかり言ってられない事情も。
ゴローの介護が座を立つ口実になるのも嘘ではないけど、、。
その後友人宅に行ってほっとして気楽なおしゃべり。
その後気がかりだった別の友人のところにお花を。
やはりあえなかったけれど、気持ちだけは。
夜遅く電話があってまだ、息子さんの症状は安定しないけれど
何とか目途はついてきた様子。
良かった。
つくづく明日という日はわからないなと思う。
だから一生懸命とか
必死とかにはすぐならないところが
言いたくはないけど年のせい?

ところで今日ヨーガに行ったとき、
自分では気づかなかったけど随分汚れている車が走っているなと思ってた。
うちはいつも汚いけれど(^_^;)同じような車が、、と思っていたら
なんとそれは浅間山の噴火によるものと話題になった。
全然知らなくて恥ずかしかった。
朝一番に娘を送った夫がワイパーをかけていたせいらしいけど
朝からテレビも見ず、新聞も読まずに居たことがばればれ。
パソコンとは朝から2時間はお付き合いしたけれど、、、。
その際ヤフーやビッグローブのニュースには目を通しているけど
すべてというわけではないのでぼろぼろ抜け落ちている。
コレってヤッパリ不自然でやばいかも。





2月

底抜けに明るい快晴。
それだけで素晴らしいとワクワクしてしまうお天気や。
もう2月。
同じ明るさの中にも春らしい明るさをましているように感じるのも
あながち気分だけではないよう。
またもや高尾山にいかなきゃと思うほどだったけど
少しはやることもあって家に。
そうはいっても1日中家にいて
形になるほどの仕事をするのって難しいなと思う。
主婦って際限もなく仕事があって
それをやったからといって特別目に見える形にならないし
家族の誰も評価もしてくれない。
心地よさが当たり前と思われていて、手を抜けばなぜかすぐ
気づかれてしまう。
何より私自身が居心地悪く、愉快でなくなる。
それでいて専業主婦だけであり続けるのも
そろそろ居心地の悪い環境ではある。






カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ