スノウ・エンジェル

友人のことが気がかりだけど
私には穏やかな雨の土曜日。
ひさしぶりに夫も娘もいて
ゴローも行き届きすぎのあつい介護。
ランチに夫がパスタ。
柚子をふんだんに入れた創作もの。
パスタに柚子は新発想。
お味はまだ研究余地アリかなというきもしたが、
ワンパターンの境地から脱したところがすごい
午後美容室に行きカット。
その帰りビデオ2本。
娘と見たが見ることもなかったかという程度。
たくさんの中から路上駐車しながら選ぶのは無理がある。
タイトルはスノウ・エンジェル。
タイトルと紹介文頼りだけど
原題はスノウ・エンジェルズ
それほどかけ離れてはいないけど
タイトルと紹介文と内容はかなりかけ離れていた。
ほんといい加減。

映画のシーンに触発されて夜はイタリアンの店に。
息子も合流して4人で。
オーナーが変わってパリパのマルゲリータのアジが落ちていた。
チーズとキノコのピザはまあまあ。
4人揃っての外食は久し振りでとても楽しかった。

ところでスノウ・エンジェルって雪のロマンチックなイメージを
さらにロマンチックに。
でもそんなたっぷりの雪景色にはここのところトンとお目にかかっていない。
東京では先週の土曜日にチラリとしただけ。
今日もほんと過ごしやすかった。
でもどこかで今までの冬と違っている気味悪さ。



ボーダーライン

雨の金曜日。
月末の整理をしていたら時間がかかりヨーガにはいけず直接約束の友人宅に。
なんとなく電話してからのほうがいいかなと虫が知らせたが
電話嫌いなので
無駄足でもいいかと直接行くと案の定彼女は留守。
車がなったので多分思ったが、
スタッフに確認すると
息子さんが入院されたとのこと。
夜彼女からの電話でただならぬ気配。
それでも電話では詳細も聞けず、
彼女もまだ事態がはっきりしないようで検査中とのこと。
不安と心配が募るがそれだけ。
自分はどこまで聞いてもいい友人なのかなと思う。
どこまで立ち入っていいのかなとそのボーダーラインがよくわからない。
おせっかいなのでこちらは何なりとお役に立てばと思うけれど
友人として求められているものがわからない自分が情けなく悲しい。



チェ/28歳の革命

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?



無駄遣い

一日衣類の整理をしていました。
娘と私の衣類の処分です。
もちろん自分たちで買ったもの、
それに姑が送ってきたもの、
妹がくれたものなどもあります。
なければどんなにすっきりするだろうと思いますが
じゃあ捨てられるかというとなかなかそうも行かなくて。
日本国中きっとどこの押入れや納戸やクローゼットもきっと同じような状態なのではと
思ったりします。
ゴミにするにもお金のかかる時代です。
この無駄をなくして
ほんとにかけるべきところにお金をかけていれば
我が家も日本ももう少し上質な暮らしが実現していたのかも。
ささやかな定額給付金をまた使えなんていわれても
それで豊かさが買えるわけがない。
それならほんとにこの不景気で窮状にある方々のために
集中して使ってもらえれば。
無駄遣いも楽しいには違いないけど
20%の人しか支持しない指導力のない方にそれをさせるのは私は許せない。



エロダンス

daion 2

最近菜園の話題が少ないけれど、
細々と大根とカブなど収穫しています。
それだけで充分エコな人,気取りで結構満足していたのですが、
最近「君は作物に対する愛情が足りない』とはっきりいわれてしまいました。
確かに収穫できればみっけものというくらいであまりのぞんではいませんでした。
最高品質・最大収量なんて話ではもちろんないと思いますが
こちらが楽しませてもらった上に
食べさせてもらうことを考えると
もう少し丁寧な向き合い方をしなければいけないということでしょうか。
反省の余地は大いにあります。
それでも、なんかこんな作品もいいんじゃない?
娘はダンスしているというのですが
私はエロイなあとストレートです。
なんか包丁を入れられなくて干し大根のようになってしまいました。
もう一本はまあ私としては上出来の部類。
喜んでいただきますです。





青色申告

青色申告するので責任上講習会に参加。
ちんぷんかんぷんではあったが、何せ算数次元の数字しか並ばないので
何とかナルダロウと高をくくっていたが妙に面倒なもの。
でも何か新しい考え方が見つかったり、見えてきたりもあるかもしれないので
ミーハーな私は新しいこと自体さほど抵抗がないので我ながらやりやすい。
何でも聞くのでもう商工会議所でも名前をいえばわかってもらえるほどに。
誰もがかんたんに申告できるのでなくては
払いたくもない税金を誰が払うっていうのっていう先入観があるので
基本的に強気。
もっともことしはとても払うところまでは行かないけれど。




高尾山

あまりに天気がよくてくっきりの青空に誘われて高尾山に。
いつもならとっくに山を下りている時間に家をでた。
もう霜柱もこの日差しに溶け出すのではと
薬王院を通る1号路に。
元旦にお参りしたいなとも考えていたので
ゆっくりお参りしながら。
ところが意外と参道は急坂で山道を通るいつもの5号路よりきついくらい。
久し振りの山でもあってさすがに温度も低くて身体もなかなか温まらない。
リフトやケーブルの駅がある中間地点あたりでようやく身体もなれてほぐれてきた。
日曜の好天とあってみたことのない混雑振り。
茶店の賑わいもはじめて見る光景。
甘酒にもおやきにもぜんざいにも気を引かれて、、、。
それに木々が葉を落としているので
遠くの景色も素晴らしい。横浜あたり・新宿あたり。
2009.1.25
2009.1.25-2

結局頂上には90分近くかかって着いた。
おおう!!やっぱり秀麗なる白雪の富士山がバッチリ。
いつもより近くて大きい。
2009.1.25-3

おにぎりを食べてまた、1号路を下山。
帰りにはと思っていた茶店立ち寄りを
ガマンしHANAさんによってイチゴのミルフィーユ。
手を休めて、コーヒーまで入れてくださった。
彼女の笑顔は格別。
デモでも留守番のゴローはやはりウンチとおしっこのお漏らしで悲惨な事態。
もう5時間以上の外出はしばらく無理そう。
昔は一緒に登ったこともあったのにね。
ゴローは自分の老いをどんな風に受け入れてるのかなと思う。
お風呂に入れて身体を洗い、ドライヤーをかけても
以前のようにびっしょりのまま逃げ出したり
身体をぶるぶる言わせて水をはじいたりもしない。
あんなに抱っこが嫌いだったのに今はじっと身を任せている。



日本経済の行方

経済産業研究所上席研究員小林慶一郎さんの講演会。
世界的な金融危機にあって今後はどうなるか興味津々。
バブルやその後の不況を経験した後でさらにこんな事態にめぐり合うなんて
恐慌も貧乏もいやだけどそれはそれとして
時代の先行きが全く読めない時代のエポックに居合わせたこと自体は
楽しもうと思っている。
今日のお話でとても気になったのは
世界恐慌とその後の保護主義経済の結果、世界的に経済活動が収縮し
戦争による軍需景気による経済再興を引き起こした。
同じようなケースが今回の不況に当てはまるとしたら
ひょっとして戦後ではなく今や戦前の時代ということになる。
それだけはなんとしても避けなければ。
それにしても日本に今過去と未来と現在をみきわめて
牽引できる政治家も経済学者も評論家もいないことが気にかかる。
ところで我々にしても、強大なアメリカの国民が借金してまで
消費してくれた寛大な資質におんぶして自分たちはせっせと
貯金しているなんて経済は許されないとか。
日本や中国が自国の内需を拡大することが課題。
景気の良かった中国やインドやロシアがその資産を
自国に蓄えるだけの信頼できる金融機関を持たない
資産欠乏理論というのもなるほどだった。

小林さんのお話は資料もお話の内容も素人の高齢者相手の講演というのではなくて
レジメを用意くださって、講演も熱意のあるもので好感が持てた。
内容も急遽急激な経済の変調に焦点をあてて変更してくださった。

我々の講演会の対応は意外と講演者の人間性が浮き彫りにされる。
講演者の方々ご注意下さいね。



ファックス電話

SHARP fappy デジタルコードレスファクシミリ コンパクト設計 子機1台タイプ UX-D17CLSHARP fappy デジタルコードレスファクシミリ コンパクト設計 子機1台タイプ UX-D17CL
(2007/10/26)
不明

商品詳細を見る

息子が携帯だけでなく固定電話もほしいということになって
じゃあ彼が昔使って電話局に預けた回線を再開しようとしたら
それより光電話がお安く便利とのこと。
それでインターネットを使っているOCNやNTTに電話して
色々話を聞き、OCNのドットフォンを申し込んだ。
そして電話を買いに行ったら
今度はナンバーディスプレイが使えないとわかった。
なるほどナンバーディスプレイはNTTのサービスでそれを単独で使うということはできないらしい。
それにしてもほとんどの電話がナンバーディスプレイ対応ということは
NTTのまわしものかとおもってしまった。
すべての電話機が対応なら全ての人にあっていいサービスということ。
何とかならないかと思ったがそんなことを店員やNTTやOCNに聞いて確かめるのに
ほとほと疲れた。
それでもシンプルで普通紙のファックス機能がある我が家と同じメーカーの機種を選んで購入。
とりあえず月額367円ですむドットフォンを使ってみて
それから不都合があれば考えていくことに。
こういう時間ばかり掛かる作業はもっぱら私の専業。
どうせ暇ですから^_^;
でも意外と世の中の今がわかるんだよね。



ボランティアのマナー

午後、息子と仕事の打ち合わせ。
彼の仕事をちょっぴりサポートしてちょっぴりお小遣いをいただいている。
もっとたっぷりいただけるようになりたいもの。
夜はトラベル・ボランティアの勉強会。
今回はトラベルボランティアを実践する際のマナーや言葉遣いについて。
確かに見ず知らずがお互いを信頼して何日間かを
ともに旅するわけで、マナーや言葉遣いはその基本中の基本。
しかも言葉の不自由な方や聞き取りの難しい方の場合もあるので
細心の注意が必要。だからといってそのために緊張しているようでは
双方で旅を楽しむという目的が果たせない。
初対面でたびの同行者になるわけだから
お互いにかなりの譲歩ができないと成立しない。
たび好き・人好き・楽天家だからトラベルボランティア向きと
自己判断していたけれど
意外とすぐめげそうな怖れも。
何せ人嫌い・わがまま・勝手者の私が半面いつもいるわけで。
マナーや言葉遣いを考えることは
どういう自分であろうとしているかを演出することで
そのことが楽しめないとボランティアも難しそう。
あまり作為などなくて自然体でが希望だが
そんなにたやすいいことではなさそう。




男の料理会

2009.1.21 2009.1.21-3
2009.1.21-4 2009.1.21-2
お料理会。
今まで出最高の15人の参加。
調理室がいかにもにぎやかでしたまた、メニューが多くてどうなるかと思いましたが
何とか時間内におさまりました。
カキとほうれん草のの炒め物いか大根・ぜんざい・柚子大根・菜めし・水菜とチキンのおかずサラダ・参考料理でカキの磯部焼き。
いかにもメニューが多すぎたのでした。
正月特別増大版などといって。
ぜんざいは前日からポットに入れて3回ほど熱湯を入れ替えてありましたので当日はさらに柔かくなるまでにて砂糖と塩を入れるだけ。
菜めしやゆず大根はいか大根の大根を全部食べつくす試み。
カキの磯辺焼きは新聞の切抜きをメンバーさんが『お持ちくださったので
参考料理としてその方に作っていただいて今回は試食のみ。
カキの炒め物もいか大根もメンバーさんが先生なので
随分自立した料理会になってきました。
それでも3年もやっているのに
なんにもできないといわれる方もいて料理へのアプローチはとっても個性的。
要望も人数分あるので人数が増えるとその辺の調整が難しくなりそうです。
12人分を目安にしているので
お餅の個数が足りなかったり、
ふきんがたりなかったり
料理会じゃなく懇親会だねといわれる方がいたり
ちょっと耳に痛い声も聞こえました。
今回の人数で初めて経費が会費だけでまかなえそうでしたが
その辺のところも理解してもらわなくてはいけないことのようです。
ずっと協力してくれる妹の指摘ですが
その辺の見方は客観的な妹の方がシビアで的を得ていることがおおく、
つい私はええかっこしいでまあいいかでうやむやにしてしまう傾向です。
そしてまた終わればドット疲れてしまうわけで、、、
とにかく楽しんでいただければ続けていく甲斐もあるのです。
いまだに試行錯誤ですが、、、。






母の誕生日

料理会の後、母の誕生日なので
妹と一緒に電話。
相変わらず元気で明るいつやのある声。
何事もないのかと思っていたら
転んで左手の小指を骨折したという。
なんにも知らせてこないので、当たり前だけど全然知らなかった。
右手なので不自由していることと思うが
いたって明るい。
知らせてもらったからといって何ができるでもないが
弱音を吐かずに
今日も神戸まで「源氏物語を聴く会」に出かけたとのこと。
昨年の転倒といい今回のことといい、
確実に足が弱ってバランスが悪い状態が心配。
だけどそういう自分とのバランスは上手く取れているようで
強気に頑張ってくれている。
その間も一人暮らしを襲う不安や弱気は隠しても想像はできる。
いつも弱気と愚痴の姑と好対照。
それでいてしっかりしているのは姑のほうで
どじや失敗を繰り返しても懲りないのが母。
個性豊かな二人とゴローの老いが私の道しるべ。





二人だけで同期会

午前中ヨーガ゙に。
午後明日の料理会の買い物。
そして大まかな準備を整え東京駅に。
その間にゴローのお世話が入るのでなんだかせわしない
夕方からは東京駅に。
高校の同窓生とお食事。
夫の紹介の東銀座のイタリアンで。
店をネットで調べたら全然でてなかった。
店のありようよしてそういうのもひとつの手かも。
高校時代の友人は学生時代さして交流がなくても
同じ話題・同じ年代で今となっては
何を話しても共通・共有・共感のとても楽しい友人。
お食事はお任せで
焼きたてのパンに3種のペースト・
ローストビーフと生野菜のサラダ・大ハマグリとホタテ・ポトフに
このじきだけという岩のリのパスタ。

2009.1.20 2009.1.20-2 2009.1.20-3








ちゃっかりモノ

機能が目に見えて衰えてきたゴローの居場所は、 玄関だったり、縁先だったり時間帯によってあちこちする。 好天の日は2階のベランダの日当たりが気持ち良さそうなので 最近はここにいることも多い。 敷物と水を用意しておくと好きな位置を決めてくつろいでいる。 今日も。 ところが、なんと彼は竿から落ちた娘のセーターの上に鎮座。 ゴローを可愛がっていること家族一の彼女だから 許してくれるかもね。 で、でも一応内緒に^_^; 1.3-2 1.3



自治会の新年会

9時からのボランティアの公園や道路の清掃の後
正午からは自治会の新年会。
もう20年来のお付き合いになる。
最も出入りも相当あってすべてが顔なじみというわけでもない。
他の予定が入っていた夫もこの会優先で参加。
なんといってもこれから頼りになるのは近くの他人かも。
とはいえ、この新年会でしか顔の会わない人も多く、
普段はとなりは何をする人ぞの
マンション暮らしとさほどの差異はない。
それでもその後の有志の二次会にもお誘いを受け
親睦を深める機会がもてるのは嬉しいこと。
ますます人同士の交流が稀薄になりそうな時代。
人が嫌いじゃないはずの私でさえちょっと億劫になる。
その気持ちを克服して、人間関係を育てなければ。
後何年いきるにしても、とにかくこの家が拠点だから。



公徳心

産経新聞論説委員の塩原経央(つねなか)さんの講演会。
「公徳心、学校でなく誰が教える」
途中居眠りなどしていまいち要領を得なかった。
ただこういうテーマは
どうしても戦後混乱の時期に食べることに精一杯だった時代、
そして好景気の働き蜂、モノにあふれ、食べ物にあふれる時代。
親も子も倫理や・公徳心などそっちのけで
競争のさなか戦士として生きた団塊の世代とその子供
だからその双方に公徳心が欠如しているとなる。
私はその欠如しているかもの世代として
じゃあ、公徳心のある方々は公徳心を生かさず
その世代の生き様を見てみぬ振りして生きていたのかと逆に問いたい。

今の高齢者の安穏はすべてとは言わないまでも
年金も豊かさも平和もこの世代の頑張りに負うところが大きいのでは。
そして公徳心がないはないだろう。
公徳心はすべてのものですべての人にあるべきものだから公徳心のはず。
一部の人にあって一部の人にないなら
それは公徳心とはいわないはず。
教えるのは学校?親?社会?
年上のひと?
生きていく過程で自然に身につくはずのもの。
身についてないとすればその時代の人みんなの責任って気がするけど。





やる気とやるの距離

午後ヨーガに行ってから友人宅に。
先週名古屋に行った彼女はお土産話がどっさり。
あまりプライベートを口にしない彼女も
やはり色々あるみたい。
ところで
今年の抱負は実行だとか。
ちゃんとやること。
色々やったほうがいいことはいっぱいあるけど全部はできない。
実際は毎日忙しくてやるつもりのほとんどができない。
完璧を狙いすぎてできない。
できない理由はいっぱいあるけど先ずやることに。
私もいただき!!!
先ずやること。
彼女のやる気に刺激を受けつつ
彼女のやる気を「やる」に向けてサポートしたい。



男の料理会

今年最初の料理会。
準備であたふたするけれど
なんだか皆さんとの雰囲気が楽しくて結局来期も続けることに。
今日はぶり大根に秋刀魚のつみれ汁、マカロニサラダ、大学芋。
2009.1.15
2009.1.15-2

魚を扱いたいという希望でお魚メニュー二品。
大根は自家菜園からメンバーさんの差し入れ。
私の足も顔負けというほどの見事な大根3本、別に私に1本下さった。
嬉しい役得。
別のメンバーさんはご自分で作られた桜のチップで焼いたベーコンをお持ちくださった。
それがまた、最高に美味しくてワインがほしくなってしまった。
ぶり大根はいつも作っていて得意メニューという方にお任せ。
メニューは時間内にしっかりおさまって手際も良くなっているけれど、
それでも不思議に早い班と遅い班が。
完全にメニューを分けて分担している班と
みんなで一緒にこなしている班と
そして盛り付けにしても全然違う。
同じもの作ってもお料理って個性なんだなと思う。
かえり道同じ方向のメンバーさんを車にお乗せしたら
やはり畑をやってらして案内してくださった。
広くて日当たりのいい気持ちのいい場所で
大根や水菜やコマツナや高菜など下さった。
もらったことも嬉しいけれど
そういう新たな人間関係がうまれたことが嬉しい。
帰ってご近所と友人にさっそくお福分け。



チョンボ続き

なんだか集中力がなく最近失敗ばかりしている。
お鍋を続けて2度焦がしてしまった。
ネットでのショッピングでも確認作業をミスった。
料理会のレシピをコピーしに行ってできたものを見ると
間違いが見つかってまたで戻ってやりなおし。
小さなことでいつものことだから
といえばそれまでだけど、
あまり続くとさすがの私もめげるしへこむ。
夫にしてもそういう些細なミスが増えていて、
特に車の運転については注意力や集中力が欠けてきていることは心配。
ゴローの老いを見ながら彼自身はその老いに気づかぬ風で
いつもどおり立ち上がろうとするのに
立ち上がれなくてなんどものた打ち回ってしまう。
そのせいかあるいは同じ姿勢で寝ている時間が長くなったためか
足の関節の毛がすりへって地肌が見えていて痛々しい。
人の目には見えても自分自身の老いには気づかないのかも。
それは我々にも言えることでそのことを自覚した行動をしなければいけないということみたい。
熟年の山での遭難事故が増えているのも
昔できた、昔やれたの自信が今もやれるはずの勘違いを招いて事故につながっているとか。
ゆっくり注意ぶかく念を入れてを今年のモットーにしようかと思ったけれど
あまりに私の実体とかけ離れていて無理だし無駄だよという声が自らのうちから聞こえてくる。
このままめげながら失敗を繰り返すしかないのかな、、、






図星

午前は裕子さんとヨガに。
二人して気持ちのいい世界にはまっている。
午後はレシピ作りや部屋の片付け。
2年越しの片づけがようやく始動して
部屋の輪郭が見えてきたって感じ。
ここまで来るとようやく片付いてきたという気がする。
とにかくためにためていた資料のほとんどを捨てた。
2度3度読むより今日の新しい情報も読むゆとりのない毎日。
ほしい情報はネットでほとんどが手にも入る。
それでも愛着や思い出やかかった経費やが
捨てさせなかった。
捨ててみて困ることなど全然ないけど。
やはり捨てるつもりで
今しばらく視界に入るように置いている資料に
ベンジャミン・フランクリンの
「時間の9つの無駄」がある。
『散らかっている職場は創造性を破壊させる』とあって
すべてのものに場所を
すべてのものをその場所にとある。
もっと時間がほしいなら掃除することだ。
あるいはもっと素晴らしいことはモノをすべて捨てることだ。
あなたが持つ所有物すべてがあなたの時間に対する負担である。
ものが少なければ少ないほど、時間がある。
このコピーはいったい捨てるべきや否や????



親譲り

3連休を家族と過ごしていてもそれぞれに予定が入っていて
あまりウイークデーと変わらないことが多い。
今日も夫はフルートのお仲間のお宅に。
結婚した若いカップルにおよばれ。
会社でも学校関係でもない友人のできたことが
フルートの最高の副産物。
珍しく娘が1日中家にいて何をするでもなくぶらぶら。
貧乏性なので何もしなかったことがはがゆいらしい。
何もしないと決めてかかった休日ならいいけど
何をしようかと考えているまに1日が過ぎてゆくと
許せないらしい。
全く気の毒なくらいの貧乏性。
まあ、母親譲りではあるでしょうけれど。
とにかくゴローが目に見えて弱ってきたので
彼に構っているだけで結構日は暮れてしまう。
足腰の弱りようは見てられないほど。
でもまだこういう状態でも2年生きる犬もいると
獣医さんはおっしゃっていた。
その言葉に救われるようでもあり、恐ろしくもあり。
夜は土鍋で鯛めしを作ってみた。
おこげは美味しかったけど味はイマイチ。
それと汁物にふきの煮物で済ますはずが
遅れて帰ってきた息子にあわててヒレカツを作ると
息子に甘すぎると娘と夫からブーイング。
久し振りのとんかつは美味しくて
結局みんなで食べてしまった。

娘と私のダイエットの延期は続く。



新年会

NPOの理事会&新年会。
今年もイベント満載。
良くこんなに発展的に続いていると感心する。
企業のメセナで立ち上がって10年。
NPOとして独立してから10年で今年は20周年。
20年同じ方が理事長なので
その功罪の多くはこの体制にあるとすれば
先ずは功の方が大きいといえる。
リーダーとしての資質、先見性、実践力どれも素晴らしい。
地域の生涯学習グループとしての
活動の成果は群を抜いている気がする。
活動もだが会計管理が万全で基盤が磐石なのが
NPOとしては珍しいことだし、頼もしい。
しかしワンマン体制のその能力は両刃の剣であって
課題は次世代へのバトンタッチ。
参加者の脱退が少ない分平均年齢が20年たって20歳(?)加齢した。
でも20歳若い、新しい参加者はほとんどいない。
このままではジリ貧が目に見えている。
しかも時代の変化は刻々。
この時代を乗り越えて次にどういう形で展開していくのか
共に20年参加してきていながら、
かなり傍観者的な視点だけれど興味津々。







人口問題と食糧問題

昨日からすっかり冷えてちょっぴり冬らしくなった。
霙っぽい冷たい雨。
お正月以来きれいな青空が続き、
冬の空の色はなんてきれいなんて嬉しくなるほどだったが
でもやっぱり冬らしくもあってほしい。
今日はいつものような青空ではないけれど
雨は上がって晴れ。
時折冷たい風。
午後から環境問題の講義を聴きに。
2回サボっているので2回目。
誠実な先生の真面目な講義に好感が持てる。
後2回はサボらないようにしよう。
概論なので目新しいことがないのでちょっと面白みに欠ける。



はまりました

アプリケーションで配信しているぷよぷよにはまってしまった。
昔はまったことがあってつい懐かしいキャラクター。
ヤバイ。
そんな時間はないはずなのにたたいた数は93得点は8700台が最高。
ってことはかなりやったんでしょう。
いやだもう捨てる。
自分がゲームにはまりやすいということがよくわかる。
ややらなくていいイージーなことにはすぐ夢中になれる。情けない。



新春能

パルテノン恒例の新春能。
和服の方も大勢いらして華やぐ会場。
わたしも.一度くらいゆっくり和服で来たいと思うけれど
ヤッパリばたばたでとてもそこまでの余裕はなかった。
和だんすで手付かずのまま眠る和服は何なんだろう。
お手入れもしてないのでカビも生えて着れなくなっているはず。
もったいない。
能は毎回河村晴久さんが詳しく易しい解説をしてくださる。
それなのに私はそこから眠くなってしまった。おはずかしい。
舞囃子がお正月らしい「高砂」。
狂言が「子の日」そして能が「葵上」
最近芸術づいている夫はかなり興味津々。
その分理解も早く、深い。
ああそれに引き替え勉強不足がすぎる私。
せめて日本が誇る古典芸能の入口くらいには立たないと。
会場で入門篇の本がかなり多数紹介されていた。
少し読んでみようかという気になった。
お正月に日本らしい古典に触れてそれは誇らしい優雅なひとときではあったのだが。
そういえばこの間も雅楽を聞いて同じように思ったばっかりだった。



七草粥

朝は七草粥といってもありあわせのお野菜で。
大根・ニンジン・白菜・しめじ・かぶ・コマツナ・カブの葉っぱ・椎茸。
土鍋でじっくり煮込んで最後に卵で閉じて。
食べ過ぎてたらなんにもならないけれど
のどごしが良くて食べやすい。
今年は大根・カブ・コマツナ・ネギ・柚子は我が家産で年越しをまかなった。
それに千両が生け花に。
2,3の友人たちにも差し上げることができ上出来。
我が家の新年のお花もそのボリュームで体裁を整えた。
今年はもう少し収穫を充てにできるような菜園作り目指したい。
昔は貧乏人の花作りと夫に馬鹿にされても
花を育てるのが大好きだったけれど
いまや、お野菜や果物を何とかしたいと思っている。
安全・安心はお金を出しても買えない時代。
せめて小さな土地でも野菜や果樹を育てられるなら
活用しなければ。
貧乏&貧乏性は今年も健在^_^;



エル・フラメンコ

新宿のエル・フラメンコに。
ユーコさんが割引価格で申し込んでくれた。
かぶりつきで久し振りのフラメンコ。
汗がほとばしるダイナミックな踊りを満喫。
ヨガで眠るような瞑想の心地よさとは対極にある激しさ。
お料理は特別美味しいというのではないけれど、
このダンスチャージ込みならOK。
スペインやアルゼンチンでみたフラメンコやタンゴのステージを髣髴させて
二人で夢見心地。
共有の想い出も、別々の想い出もどこかで共鳴している安心感。
ワルツさえダメでしょうの私ゆえ12拍子のリズムは到底無理だけど
体があんなに反応したらどんなに楽しいかと思う。
歌手の歌声もダンサーの身のコナシも同じ肉体とは思えない。
すごいなとつくづく思ってため息。
新宿はバーゲン真っ最中で帰りに二人で覗いたスペインブランドのショップも楽しかった。



ヨガはじめ

今日からヨガの練習。
家でもできるようにDVDを買うことにした。
週3回レッスンはあるが混雑を避けるため週2回までということなので、できれば家でも。
今のところとっても気持ちよくて友人ともども待ちかねて通っている。
先生の掛け声にうっとりだけどなかなか順序や方法については覚えられはしないので
DVD付きのもので試してみよう。
今年どこまで続くかわれながら楽しみ。

DVDで覚えるシンプルヨーガLessonDVDで覚えるシンプルヨーガLesson
(2004/12)
綿本 彰

商品詳細を見る



仕事はじめ

夫も娘も初出勤。
なんか置いてけぼりのさみしい月曜日。
何をするかって考えても雑用は山のようでも
新年そうそうやることかななんて自分でブレーキ。
そういいながら結局1年片付かなかったことも山のよう。
今年は思いつくままにやるべきことはどんどん片付けるってことを目標に。
そんなに急に賢くなるとはとても思えないけれど。



その気になる言葉

気まぐれなのでテンプレートを替えるのが好き。
今回説教くさいけど言葉をいっぱい入れてみた。
自分がいちばんなるほどと思って
その気になるのが期待できるので。
最も効果や成果が期待できないので数で勝負。
アクセスするたびに言葉が変わるので楽しい。



カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ