夏野菜

つゆの雨上がりに畑に行くとトマトがすっかり色づいていた。
今年初めての収穫。
tomato
畑で完熟したトマトが食べられる幸せ。
体中に元気が充電できる気がする。



小鴨の散歩

kogamo2
この季節になるととっても楽しみな光景。
ゴローを連れての散歩で川沿いを行くと
今年初めてのベイビーたち。
でもかなり大きくなっていてスイスイ泳いでいた。
kogamo



美術講座

夫は海外出張。
手抜き足抜きでのんびりしようと思うけれど、
夫がいるからといって
別になんの特別なことなどなかったわけで、、、。
最初一緒に行く予定で随分格安チケットを探したのに
最終的に私はパス。
料理会の日程など無理をお願いしてしまったので
ちょっと立場ない。
スローフードの街での滞在は興味があったけど
また機会はあるのでいつかということで。
午後はフランス近代美術の講座。
今回はモネ。
昨年ジュベルニーやオランジェ美術館に行ったりしているので
とても身近な画家になってお話も楽しい。
夫はミラノで最後の晩餐を見る予定。
彼のほうが美術への関心はかなり高い。







椅子の張替え(2)

貧乏性の極致だと思うけど、
椅子を自分で張り替えた。
根気と気力がおちたものです。
一気に全部とは行かなくて毎日1脚のペース。
ようやく、4脚ともが完成。
カーテン生地はいす用よりも薄いので
裏に芯地を張って補強しました。
自分なりにまあまあのできですが、
やっぱり無難なだけに上品だけど
意外性や自己主張には欠けた感じがちょっと物足りない。
まあ、自分で張り替えられることがわかったので
次回は、、、。
isu

isu2









ながらビデオ

椅子の張替えをしながら
ビデオを見ている。
「サンジャックへの道」
「ハイスクールミュージカル」
「ニキフォル・知られざる天才画家の肖像」
ながらで見ると集中しないので
何回も繰り返し見る。
何回見ても楽しかったのは「サンジャックへの道」
じっくり見直したのは「ニキフォル」
さすがに一度でいいのは「ハイスクール」
いくら学園ものが好きでも何度も見るほどのり切れはしない^_^;。



バースデー♪

いまさら書くほどのことではないけど
まあ1年に1度のことだし、
私という人間にとっては大切な日ということで誕生日。
娘も早く帰り、息子も帰ってきて3人のパーティ。
かれいの煮つけのメニューというのがいまさららしい。
それでも
娘のプレゼントと息子持参のプルメリアの香りのローソク。
それに裕子さんのケーキがあって
結構盛り上がりました。
あいにく出張中の夫はメイルと電話での参加。
高血圧と高脂血症と中性脂肪過多で先日来
涙をのんでケーキ断ちを宣言したので却って良かったかも。
そういえば私も先日の健診でLDLコレステロールがやや高めで
唯一注意点を頂戴したのでした。
健康オタクの自負を裏切る汚点です。
ほんとは私だってケーキ断ちのほうがいいのですが
なんていっても特別の日。
ここはプライドは控えめにスゥイーツは多めになんちゃって(^^♪






八王子美ささ苑

しつらえとおもてなしがごちそう以上にご馳走なんてお店は残念ながら
わが街界隈にはありません。
でもちょっと足を伸ばして
八王子まで行くとどこにしようかと迷ってしまうほど。

あそこもいいしここも捨てがたいと指を折る店が何軒も。
街の伝統や歴史が作る風格はやはり一朝一夕には行かないものです。

さて、そのお店のひとつに行って来ました。
八王子「美ささ苑」
ランチ時ですがお客様も少なく別世界の静けさ。
お座敷でゆっくり過ごすなら5200円の懐石が。
われわれは椅子席で3900円のミニ懐石。
先付。お椀、お膳。デザート。
misasaen misasaen2

ランチならこれで充分。
お膳は2段の竹カゴ弁当にぎっしりです。
misasaen3
どれも一手間かけた美味しさ。
お行儀悪いけどつい迷い箸になってしまいます。


そしてここはお庭の素晴らしさが格別。
misasaen4
お食事の後、場所を変えて お抹茶セットをいただきました。
お饅頭がついてランチの場合別会計で800円。
オススメです。

misasaen5



紫蘇

夫が出張中なので朝4時のゴローの散歩は私のお役目。
まだ薄暗い時間の散歩は怪しいよと思いながらそれでも夏だから救われる。
トイレが近くなっているので夜中に何度も起こされる。
大体深夜御帰還の娘が夜中に。そして夫が早朝に散歩。
それ以外に昼1回と夕方1回がわたしと最近最低4回。
多い日は何回となく、、、、^_^;
その散歩の後中旬に付けた梅の水が上がってきたので
紫蘇漬けに。
買ってきていた紫蘇の葉をちぎって塩でもむ。
梅漬けの中でこの作業がいちばん面倒だなと思いながら
もんでいたら次第に量を減らして洗い桶いっぱいだった紫蘇の葉が
手の中におさまるくらいに。
手と爪が青く染まって汚らしいけど
絞った汁の色はどんどん鮮やかに。
なんか染めてみようとタオルで縫ったふきんとしみのついた白いハンカチを染めた。
媒染剤に明礬を入れて。
素敵な色合いの草木染になった。
siso3
だけどこの藍色が何で梅干のあの赤になるんだろうと急に気になって
クエン酸を入れてみた。
(梅の実のあの酸味はクエン酸なので)
やはり一瞬できれいな紅になった。
梅・塩・紫蘇の取り合わせの妙に感動してしまった。
siso siso2
自然の織り成す技と日本人の知恵す・すごい。
感動しながら色水遊びで遊べる私もなかなかすごい。
すべて午前7時まえの私です。





バースデーケーキ

裕子さんがタコスの店に食べに行こうと誘ってくれたので
いそいそと。
ところがその店が入っていた町田のビルはパチンコとゲームの店に。
がっかりして彼女が知っている別の店でランチ。
それでも町田駅前はゴチャゴチャと新しい店と古い昔からの店が
混在していてすっごく楽しい。
富澤商店や乾物屋・豆専門店など雰囲気も品揃えもうれしい。
彼女はバターを仕入れ私は椎茸をかった。
ところでそこで珍しいとんびの乾物を買った。
イカの口のところばかりを干したもの。
それが一袋525円。
二人で分けても十分。
漁師だけしか食べないけれど美味しいと聴いていた。
一度いわきの方に湯がいたものを送っていただいたことがある。
だけど乾物は初めて。
食べてみたらくちばしみたいな骨が結構口に当たって食べつらく
ほいほいとは行かないものの、味はなかなかだった。
さらにプロの食材やさんというスーパーも教えてもらって粉や調味料も買うと
結構充実した気分。
帰りに彼女の家によると、随分家の中がすっきりしていた。
彼女も随分部屋をシンプルに片付けている。
20年も使わずにいた白のテーブルカバーを出したわよとかいっていた。
彼女はたしか私よりかなり若いけど生き急いでいろるそうなので
精神年齢は一緒。ガーデニングも衣食住の好みも近い。
時に喧嘩もできる貴重な友人。
それにしてもふと漏らした誕生日だからなんて言葉に反応して
ケーキを焼いていてくれたのには大感激。
彼女のケーキとパンは我が家のお取り寄せの逸品。
それが私のためのケーキ。
家族の誕生日のために焼いたことはあっても
焼いてもらったのは初めて。
それもなんとも美しい。
それにフレッシュなフルーツをトッピングしてみているだけで幸せ。
ほんとは明日なんだけどは結構いい出しにくかった。
でも言いました^_^;
cake
cake3 cake2




椅子の張替え(1)

昨日大塚家具に行って
メーカーの生地が取り寄せられるかどうか聞いたけど
できない風なのでカーテン生地で。
とても素敵と思う生地で一応決めていた。
ところが今日買いに行って、フロアーを全部見て周ったところ
最近の椅子の座面の生地はベージュないしはアイボリーの随分おとなしめの傾向にあると知って
別の無難なデザインに変更してしまった。
自分のセンスと意志があまりに軟弱なのに
自分でもいささかがっかりした。
私は貴金属やファッションに目がくらむほうではないけど
結構椅子フリーク。
狭い社宅に住んでいる頃から
つい椅子を買ってしまっていた。
曲げ木や籐が好きで秋田木工・飛騨産業など今も御愛用。
それでも繊細なラインのデザインや素材は
引越しの多いこともあってか長年の使用で
壊れてしまうことが多かった。
籐を張替え、クッションを取替えメンテナンスをしながら
使っているものも多いが
ダイニングの椅子を買い換えるときは
とにかく丈夫なものと決めていた。
それで選んだのが
アメリカのETHAN ALLEN(イーサン アーレン)。
あちこち探しては有明の大塚家具のショールームまで行って買ったもの。
今はあちこちに大塚家具のショップができて便利。
確かにびくともせずに活躍しているが
座面の布が擦り切れてきた。
張替えを頼むつもりで見積もりを依頼したまま1年ほど
経っていたが、いよいよ限界。
それでも4客の傷みの差がまちまちでついもったいないなどと。
なんとなく、あんまり頑丈すぎて
自分で張替えできるなんて思わずにいたが
先日椅子をひっくり返してねじをはずしてみると
簡単に座面が取り外せた。
それならと自分で張り替えることに。
生地は今日注文で発送が間に合うそうなので
明日には届くとか。なんだか楽しみ。
工夫と想像力の余地が大きいせいか
私は洋裁よりもどちらかというと
日曜大工的な仕事が好きかも。
生地もカーテンや椅子などのインテリアの素材が好き。
そういいながらも面倒だと思う自分が
年とともに育っているのは確か。
果たしてできることやら。



梅漬け

昨日採った梅とそれに加えてさらに買った梅をたして3kgの梅を漬けた。
昨夜から洗って水に浸けておいたものをザルにあけ、
軽く水切りをしてから
塩をまぶしてタッパーに入れていく。
最後に残った塩をかぶせ重石をするだけ。
ume ume2 ume3 ume4
時間にすれば1時間もかからない。
それでもなんだか働いてる感いっぱいの充実した時間。
この季節だけしかできない季節の恵とかかわって
その頂き物を1年間食卓で楽しむ為の作業は
わたしはとても好き。
だけどこの作業も体調の悪かった昨年はとてもやる気になれなかった。
何事もなくことが運ぶのは元気あってこそ。
だからこそまた、毎年の同じ作業が繰り返せることの
喜びがあふれるのかも。








梅の実

いつも手入れしている公園の実が落ちだした。
毎年誰も取らずにもったいないなと思っていたので
夫に手伝ってもらって私が頂くことにした(許可はないので盗ってるんだけど)。
手の届かない場所なので高枝切りバサミで。
雨がふったりやんだりの中、たたけば落ちるかと思っていたが
結構しっかりついていて一つ一つ枝にはさみを入れないといけなくて
時間の掛かる作業だった。
それでも季節の実りを採る作業は楽しくて
しまいに夫はもういいよと言う枝先までとっていた。
量ると2.5kgくらい。
虫食いや落ちたのやもあるので実際は2kっぐらいだけど
自分たちでもいだものが梅干になるかと思えば楽しみ。
ちなみに我が家の梅の木に今年なったのはわずか2個。
自分ちの木からできた梅が漬けられる日はまだかなり先。

夜は娘と3人で外食。
すし屋に。
いまだにこの界隈で行きつけのすし屋がなく、
今日はデパートの中のすし屋。
その前にデパチカで食料を仕入れていたら、
もう「外で食わんでもええくらいやな」と夫。
最近は家で食べるものがやっぱり美味しいと思うことが多くなってきている。
それでもおすしと中華はときどき外で食べたくなる。や、やっぱりフレンチも懐石も。
なんたって食いしん坊家族ではある。




ジャズボーカルの発表会

午後NPOの講演会に。
慶応大学大学院教授の前野隆司さん。
「人とロボットの心」というタイトルに引かれたが
内容はそこまでは至らず
脳の意識をテーマに90分。
『意識とは心の中にあってすべてをコントロールしているものではない。
脳の中の無意識の部分が処理したことを、結果として把握するための装置。
つまり脳の中のイリュージョン(幻想)にすぎない』
という”受動意識仮説”
考えたこともなかった発想で脳が爆発しそうだったけど
単に意識の中での仮想に終わったわけで、、、、^_^;

さらにその後
高校の先輩にあたる方のジャズボーカルの発表会に。
ご縁といえば同じグランドでスポーツをしていたというくらい。
その学生時代3年間話したこともない。
体育会ではあるので顔と名前は知ったり程度。
なぜかここ2,3年お会いする機会が増えて
同窓の好みで気軽なお話ができる相手に。
そうそうミク友でもあるんだった。
(彼に紹介していただいたミクシィは読むだけの人だけど)
その因果ではるばる行ったこともない所沢くんだりまで出かける自分が
結構怪しい。
レッスンを始めて2年。
その成果を見て、聴いてなんて分別盛りにはいまさらなかなか言えるものではない。
それを通り過ぎたのか、
何度もお声をかけてくださるので
ついにその気に。
確かに和気藹々・元気はつらつ・意気揚々の発表会でした。
立派なバンドの演奏が素晴らしく。それをバックに歌う人たちの緊張した
一生懸命さは素敵でした。
もちろん彼も。
自分が楽しむこと、人を楽しませること
その両方のバランスが温かい魅力。
ジャズは彼にとってもあってるかも。
彼からクレームが来るまでの極秘映像掲載。
sugiyama

sugityama2
曲目Somebody Loves Me 、  What Wonderful World
ところで奥様は?と聞いたら
「フン」といっただけだそうでおみえになってはいない。
その話を夫にしたら、『それやのに何で他人の嫁さん引っ張り出してんねん!」と。
ソヤソヤ私もかれの7月のフルートの発表会のおさそい「フン」といってるんだった。
誰かよその嫁さん誘ってみ、、、^_^;
ちなみに彼のお譲さんは恋人を連れてちゃんと応援にみえてました。






八王子

八王子の集いに。
なんだか久し振り。
会いたいと思っていた方にも
ひさしぶりに会えた。
お食事をせずに帰ったので
午後がゆっくりでき、なんだか得した気分。




蛍狩り

最近はまたあちこちの里山に蛍が戻ってきているらしい。
話を聞くだけでも嬉しいけれど機会があれば見たいなと思っていたところ
料理会のメンバーからお声がかかった。
来年やりましょうかということだったけど、
我々に来年はないかも?なんていってやや強引に是非今年にとお願いしたら
さっそく実現した。
それも手料理の御馳走つきで。

メンバーにお声をかけお誘いしたら6人が集合。
楽しいひとときに。
手入れの行き届いた美しい庭と素敵なお宅。
メンバーでありながら既に先生の領域の方なので
並ぶお料理もお見事。
奥様が作られたのはおにぎりだけとか。
そういえばお呼びすることはあっても
およばれすることが少なくなって
久し振りに手料理の御馳走は幸せ感いっぱい。
8時過ぎいざ出陣。
ピークを過ぎて運が良ければということらしいが
群舞とは行かないまでも確かに小川沿いのあちこちで
数匹ずつ何度か見れて満足満足。
ニュータウンの一画に手付かずの自然が残されて
そこに蛍の復活を願う方々の努力が実って
蛍を見ることができるそのことが何重にも嬉しい。

暗くてよくは見えないけれど
昼間の散歩にも心地良さそうな場所。
みんな蛍は幼い頃の記憶とダブるので
童心に返ったように
無邪気におしゃべりをしてはしゃぎながら
水辺を歩いてご機嫌。
これも久し振りにきく
うるさいほどのかえるたちの合唱。
やっぱりこういう場所近くに住まいがあるのって
いいなあとうらやましかった。
住民がこの環境を守ろうと力を寄せ合って
いろいろな活動に発展しているのも素晴らしい。

恒例の企画にと参加者の一致した希望ですが、、、^_^;







お付き合い

町田の集いはパス。
午後来客。
あまり心地よい相手ではないけれど
しっかりコミュニケーションとらなくては。
苦手だとか嫌いだとかいやだとか思ってしまうと
対応しながらも蕁麻疹がでてしまうほど。
人付き合いに
身体で反応するわがままもの。
母がよくこぼしていたが、
何とか体裁をつくろって人付き合いもできるようになったかと思っていたら
昨年一気に症状が出た。
こういう自分と折り合うのがいちばん難しい。
人付き合いと自分づきあい。





保存か?捨てるか?

とにかく写真がすごくたまってしまって、
ブログにアップするにも大変。
何とかしなきゃと思っていたが、
外付けハードディスクのポータブルならかさばらなくていいよと息子が教えてくれた。
なるほど電気屋で確認すると私なら120GBで充分。しかもほんとコンパクト。
はがき大よりまだ小さい。しかも軽い。

CDにいちいち保存していたのが
これなら全部入れてもまだまだがら空き。
パソコン本体が135GBしかないのだから。
すぐにかってきた。
とにかくパソコン本体も周辺機器も知らないまに別世界になっているので
ついてゆくのが大変。
また、しばらくこれに保存するための整理に忙殺されるわけで。
でもとにかくシンプルに整理していかないと
知能のシンプル化だけが先行しているようで心配。
ほんとは帆算などする必要もないようなものだけど
全部捨てるほどの潔さはまだなくて、、。




ゴローの近況

いよいよ弱ってきたかというと
そうでもなくて
手がかかるようになってきたというところ。
朝4時・10時・午後3時・5時・夜10時・夜中と1日6回もトイレ散歩に連れて行く。
ちゃんとないて合図するのでほっとくわけにも行かない。
介護度数が上がってきているけれど
本人はいたって平気。
自然の要求にしたがっているだけなので
要求を満たせば涼しい顔。
よく寝て、よく食べてそれだけのこと。
goro6-19 
彼がずっとというより我々家族が対応してきた
慢性膵炎という面倒な病気も彼にとっては何の自覚症状も
ないのでさして苦しいことではなかったはず。
それにしても足腰が弱り、自分の居場所のベランダに
時々飛び上がれなくて足を踏み外したり、
落ちてあごを打ったりしている。
きっと痛いはずだが泣き叫ぶわけでもないので
気づかないことも多いのか
びっこをひいていることもあるのが痛々しい。
もともと太れないというか消化不良の病気なので
痩せていくばかりだったのがいまや
虐待しているのではと思われる状態。
goro6.19.3
相変わらず飢餓感はすさまじく食への執着もすごい。
それはすなわち生への執着だと思うので
まだまだ長生きするはず。
お取り寄せのお薬も向こう1年分を確保したので
大丈夫だよ。
goro6.19.2
ところで慢性膵炎の犬の場合
薬は
えさの30分前にタガメット(胃の制酸剤)  
食事と一緒にパンクレアチン(消化酵素)
ビタミンEを食事ごとに
と我が家では3種類を与えている。
保険の利かない人間様のお薬でとても
高くついていたが
最近はネットで手に入るようになってほんと助かっている。
それにえさはサイエンスダイエット。
ただの雑種ですがお犬様のようではあります。
もちろんネコ可愛がりはしていませんが、、^_^;







お達者で

夫の誕生日。
残念ながらケーキ断ちだし、
英語のレッスン日でもあるので今日は何事もなし。
それでも一応ステーキを用意していたら、
随分ご機嫌。

高血圧・高脂血症・中性脂肪などの原因となり、動脈硬化の誘引となる食材が
なんといっても好き。
好きなものを好きなだけ食べていればきっと今頃はとおもうけれど、
あまり、食べないのもまた、気の毒で
つい、何か記念日という日には肉料理。
私はさらに野菜嫌いの肉好きなので夫より始末が悪い。
そう、知性と教養で何とか自制して持ちこたえているわけで。
ミキで勉強する前はご馳走や美味しいものを作れることが
良妻で賢母と勘違いしていた。
肉料理にお菓子作り・パン焼きと励んだもの。
正しい栄養のバランスを考えずにあのままの食を続けていたらと
なんとか食の軌道修正できたことは大いに感謝。

旦那様の健康で長生きとなるべく長い現役生活を願い乾杯!!!





今年の花

hyakunitisou

kapurisu
今年に夏に向けて花の種を3種まいた。
ヒャクニチソウ・朝顔のカプリス。
そしてミニひまわり。
早く蒔いたヒャクニチソウとカプリスが咲き始めた。
ヒャクニチソウはスピリット混合。
昔好きでなかった花が今は大好き。
もっとも改良されて姿かたちが随分洗練されている。
カプリスは西洋朝顔というより昼顔でサツマイモの仲間。
真夏は咲かないそうなのがちょっと寂しい。
エンサイの白い花と表情が似ている。
エンサイもサツマイモの仲間で美しい白い花を咲かせる。
春にまいた種は虫に食べられて全滅。
今再挑戦中。ミニひまわりももうすぐ咲きそう。
種から育てた花にはひときわの愛着。
そういえば「西の魔女が死んだ」の試写会でもらった
ミニひまわりの種も蒔いたけど、花を咲かせてくれるといいな。




続・高山宏

午後まずはNPOの講演。
ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんの「シニアライフの生活設計」
現在シニアライフまっただ中で蓄えのある方には具体的で役立つ内容。
これからどう対処するかという私にはその前のたくわえが課題。
配当や優待それに宝くじつき定期などと
それだけで生活設計になるとは思えないけど、
楽しい情報ではあった。
途中で抜け出して講座のはしご。
最近私がいちばん楽しみにしている講座に。
高山宏先生の今日のテーマは円山応挙。
帰ってみるとはてさてサッパリなのがつらいところ。

高山宏『奇想天外・英文学講義』(講談社選書メチエ)に夢中。知る人ぞ知る高山宏、ここでも以前『目の中の劇場』の魅力を紹介した記憶があるけれど、いやあ、これ一冊でご飯三杯いや、本20冊は行けます。20冊読んだ気になるのではなくて、読みたくなると言うこと。すんごい紹介が上手な人で、こういう人が先生だと部屋にどんどん本が増えて財布からどんどん札が消えていく幸福(!)な運命にはまることだろう。「何々」とお題を出すと、「何々といえば、、、といえば、、、といえば、、、」という脱線を永遠していっきそうな高山センセーのウィットにまじ感涙必至。
というブログに出会った。
そうなんだ。先生の話を聞いているとあれもこれも知りたいことだらけ。
げんに先生もこの本だけは死ぬ気で読むようにと紹介してくださる。
でも先生の話だけで脳が満腹している気がして1ヶ月は無為のうちに。
そして先生は「誰も本気で読んだ人はいませんね」とおっしゃる。
みんな生きてるからって。
あまりに膨大で奥深そうなのでしり込みする。
いやでもちょっと本気で読んでみたい気がするなあ。



雑念

忙しい友人が試写会に行こうと誘ってくれた。
実は先週見たばかりの「西の魔女が死んだ」
彼女にもあいたいし、
映画ももう一度見てもいいので行くことに。
案の定彼女は約束の時間に1時間遅れ。
じっと約束の場所で待ち続けた私。
忙しい彼女が時間を守れるかは不安なところだったが、
だからといって見透かして遅刻するわけにも行かない。
でも1時間待つとやっぱりこちらの気がめいる。
顔に出さないように自然に振舞うことと
脳は命令するけど
笑顔はこわばってる気がして落ち着かない。
私もこれまで時間厳守ができていたとはいえないほうなので
とても責められはしない。
無理かもしれない約束をしたことが問題かな。
映画は2度目で最初の感動は薄らいでいたのか
私に雑念と疲れがあったのかイマイチ。
彼女とこれからも友人でいるつもりなら
もっとおおらかでいたい。




定期健診

年1回の定期健診で千駄ヶ谷まで。
毎年検査の日は雨。
午後の婦人検診を受けると結構1日仕事。
視力が随分落ちているのにビックリ。
目だけがとりえと思っていたのに
耳も悪い・目も悪いじゃ感度はどんどん落ちている。
確かに視力は特に乱視が進んでいる気がするが
そこまでは見てくれないので
めがねを買うときに相談するしかない。
取り立ててそれ以外の自覚症状はないので
後は結果待ち。
これがまた、それなりに気がかりでストレス。
でも受けないより受けるほうがやっぱり安心。



男の料理会(VOL25)

男の料理会も3周年目に。
よく続けられたもの。
皆さんのお陰とよくいうがしみじみそう思う。
ところでソロソロ上級コースだねといいながら
今日のメニューは
アジの手まり寿司・鶏の信太ロール・ワカメとはんぺんのお吸い物・みたらし団子。
アジを3枚に開くのはやはりかなり悪戦苦闘。
さらに中骨を抜く作業とアジはなかなか手ごわい。
塩をしてさらに酢でしめてと面倒でもあるし、、、。
伊東さんのメニューの信太ロールもちょっと一手間。
その甲斐あってお見事なできばえ。
りっぱなごちそうメニューになりました。

ryoyurikai

ryourikai6.11

ryourikai6.11-2



リーダーとして

明日のお料理会の材料調達に。
あじの丸物を3枚におろして見たいと思っているので
新鮮なものをと魚屋に。
あじもイワシも最近は結構お高い。
市の施設も最近は使用料が結構お高い。
そして昨今の値上げブーム。
たった1回きりのお料理会でもコスト高に悩まされるのだから
これが商売だとどんなに大変かと思う。
そして無理なコストダウンが偽装や再利用につながったとしても、
やっぱりなのである。
それにしても、その意識の低さや見識のなさ、プライドのなさが情けない。
明るみにでても責任を取るどころか
知らぬぞんぜぬを決め込んだり、
部下のせいにしたり、
恥というものを知らない。
切腹しろとまでは言わないが
いさぎよく責任を取る日本人の気質を人を率いるリーダーは
思い出して欲しいと思う。
権力は責任を伴うからこそ重くて価値があり、甲斐もあるというもの。
あまりにお粗末な顛末が多くて最近はニュースを見るのも聴くのもつまらない。






蛍ブクロ

hotarubukuro
幼い頃丹波の山の中にすんだ時期がある。
といってもいまや大阪ベットタウンとして開発さて
その面影はないけれど、、。
私の記憶のなかではその後住むことはない絵に描いたような田舎で、
ふるさとを持たない転勤族の私にとって
ふるさとのイメージはいつもそこだという気がする。
当時から花好きだったに違いない私は
そこに咲いていた花や樹木の記憶がしっかり残っている。
その中のひとつがホタルブクロ。
池の周りにはほんとに蛍が飛び交い、
池の周りやその近くにいつもこの花が咲いていた。
もっと野性っぽい田舎っぽい花だったけれど
その形と名前が蛍と結びついて今も記憶にある。
だからどこに咲いていてもふ目を留めるが
最近我が家に根付いたのは妹宅から株分けした
園芸種で色も鮮やか。
それでもやはり野生的で強いらしく植えたはずのないところに
いまやしっかり場所を占めている。



続けること

6月にはいって全然日記を更新していなくて果たして思い出せるかな。
なんてことないけどそれでも
脳のいくばくかのトレーニングになっているに違いない。
書くこと。思い出すこと。思いをめぐらすこと。
それにしても2001年スタートでもう7年目。
飽き性のわたしが良く続いているもの。
当時同じようにHPを楽しんでいたお仲間はいつしか消えた。
もともとバーチャルな世界での出会いだけど
きっと姿を変えてパソコンの前から離れることはないと思うけど。
元気かしら、どうされているかしらと時々思う。
アドレスをたずね当てられる方はお二人だけ。
そんな方がいらっしゃるのはやっぱり嬉しい。
続けることができているそことも自分自身で嬉しい。
無理じゃなく自分に合っている作業なんだなと思える。
だから無理しないで気持ちに沿って書きたいときに書きたいことを。



西の魔女が死んだ

西の魔女が死んだ (新潮文庫)西の魔女が死んだ (新潮文庫)
(2001/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る

娘が買った本を読んでいたが、映画化されて試写会に。
久し振りに美しい映画にうっとり。
大好きな八ヶ岳の風景がすっかり西魔女の風景になっていた。
どこも原作と違和感を感じることがなく、出演者もピッタリ。
とりわけ初めてみるサチ・パーカーが素敵。
風景と原作にピッタリはまっている。
誘った友人が早くも泣き出して
わたしの泣き所とずれた。
彼女は人生の泣き所との共鳴。
わたしは原作にとらわれていることあってやはり魔女最後のメッセージ。
娘は私が父を亡くしたときの号泣を想いだした場面らしい。
それぞれ同じ映画を見ながら感動は違っていることが面白い。
午前中はNPOの理事会。
朝はインゲンとキュウリの支柱をたてネットを張った。
夕方にはぐったり。
パーティに出席している夫から電話で
今からでも出てくればといってくれたがとてもそんな元気は。
懐かしい方々も電話に出てくれてちょっとお会いしたくはあったけど。
エコ番組の海がめを見ながら宮古島で見た海がめを思い出していた。




白い花たち

花の中でもやはりとりわけ美しいと思うのが白い花。
憎らしいほど強くて庭の困り者のどくだみも花を咲かせると
抜くのは控えたくなる美しさ。
そしてヤマボウシ・ユキノシタ・トラデスカンティアなど。
dokudami

yamabousi

yukinosita

toradesukanthia



男の料理会

新しい料理会も3回目。
なんとなく要領もわかってきて
私も初めて写真など撮れた。
人数は多いし・時間は短いし・妹のサポートがなく
一人きりなので毎回てんやわんや。
豚の紅茶煮・そばサラダ・小倉入りフルーツ白玉、それに黒豆ご飯。
でも、皆さん楽しいのか後期も全員一致で継続の希望とのこと。
すぐ載せられてその気になる豚の私。
じゃあやりましょうなんて。
wakuwaku1
wakuwaku2
wakuwaku3



カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ