しなやかというずぼら

つゆに入ったのかと思われる雨続き。しかも寒いと感じるほど。
夫はイベントに緊張して出かけたが、
途中、携帯を忘れたと引き返してきた。
娘は玄関の階段ですべって、しばらく立てないほどお尻を打撲。
あれやこれやと振り回されて出かける用事をキャンセル。
午後にようやく片付けなきゃと思い続けていた一件が片付いた。
先日ブログを読んだ友人が全く君って予定がないんだね。
よくそんなに無計画でいられるネと感心された。
もちろんけしてほめている訳じゃない。
だけどそれに平気でいられるようになるのも
修行なんだけど、、、。
片付かなくてもまあ明日でいいかと思い、
やりたいことがあっても、
まあ切羽詰っている家族や友人を優先したり、
何もできない・何もしない自分を受け入れて
いらいらもしないでいられるようになるのも。

とどのつまり、それがいちばん楽で・いちばん私にあってる。

夕方からは姑と近くの温泉に。
めんどくさくて行きたいのか行きたくないのかはかり知れない風だったが
いったら随分気持ちよかったみたいなのでほっとした。
嫁と姑なんて気持ちがつうじているのかいないのか
宙ぶらりんなもの。
そんな感情にも何とか慣れてきた。



新しい一歩

お料理会のメンバーでヤフーのグループ登録をした。
料理会の写真や毎月の連絡、それにレシピの掲載と
とても便利。
だけどみなさんがパソコン利用者でもなく、
中にはアレルギーに近い方も。
スムーズに利用が徹底できないで困っていたら、
メンバーのお一人が助け舟。
メイリングリストの講習会を企画してくださった。
積極的な参加者と脅迫されてと申告する参加者とで6人。
プロジェクターまで用意の詳しい説明にその場では大いに納得。
一人になったときもできるかどうかは慣れるしかないということで。
しちめんどくさい気もするが、
知るか知らないか
やるかやらないかで
全然違ってくる世界もある。
楽しみのエリアが広がることならおっくがらずにトライ。
せっかく自由な時間が楽しめるのですものチャレンジ!!
教えていただくその時間も結構楽しかった。



お相伴

午前中メイルも電話も通じないので
気になって料理会のメンバーのお宅に。
ちょっと体調を崩されたそうだが
無事いらして一安心。
朝からずっと電話が話中で気になった。
全く、小さなご縁でそこまでする必要もないけど
気になってしまうおせっかいモノ。
お昼次男が姑をランチにご招待。
私もご相伴に。
なんだか嬉しいひととき。
いろんな意味で。
もちろん姑もすこぶるご機嫌。



NPO総会

午前中理事会で午後は総会。
いろんな状況でNPOの存続が難しい時代だけれど、
先手を打って対処してきたその先見性は理事長の貢献大。
これからがどうなるかも興味深い。
20年もたてば生涯学習が当たり前になってしまったけれど、
模索してまた、新しい形が生まれるかも。
行政にそれだけのやる気と実践力は期待できないので
市民サイドでやるしかない。
それにしても押し寄せる高齢化の実態は
このNPOにしても例外ではないというより
まさにその好例。
20歳若かったわたしがいたなんて
感慨にふけっている場合ではない
問題はこれから。




ご馳走

夫と姑は浅草今半に。
すき焼きを食べたいという姑と長男夫婦と一緒。
まあ、1回くらいは子どもや母親を連れて行ってあげるのも
甲斐性でしょうと。
ささやかな甲斐性なんですが、、。

私はおなじ頃その10分の一の予算のランチを
ボランティア仲間と楽しくいただいていました。
美味しさは金額に比例するものでもないのは確か。
だけど値段が伊達じゃないのも確か。
できるのなら、贅沢もつつましさもしって
その時々でふさわしい食を選んで
楽しく食べることが何より。

4月の沖縄行きがお流れになって
計画を秋に変更。
また練り直しの計画で盛り上がるのもご馳走。
いや私はほんと沖縄が好き。
海も空も布も人も言葉も。
考えるだけでワクワク♪
先延ばしになった分楽しめる期間が延びたと
思えばそれもありがたいわけで、、。




高尾山

今週も高尾山。
来月には登山の予定があるのでトレーニングのつもり。
昨夜、銀座で今朝8時には高尾山山頂。
この落差が私的な快感。
夫がパスしたので一人。
山頂で早朝登山組みは男性一人が圧倒的。
おにぎりが普通として、コンロで湯を沸かして、カップラーメン、明らかにコンビニのおにぎりなど
いろいろ生活がにじみ出ている風で。
かく言う私も、テーブルの上に残っていたみたらしだんごとグレープフルーツ持参という
横着者。先週は夫がおにぎり用意してくれたけど^_^;
9時半には帰路に。また、魚屋さんにより、友人のパン屋さんにもよって
12時にご帰宅。
今日は高尾山の祈りの場所をテーマに写真。
高尾山は信仰の対象の霊験あらたかなお山でもある。
takao5.24

takao5.24.1

takao5.24.2

takao5.24.3

takao5.24.4




小心者

友人が誘ってくれてお食事に。
ちょっとお母様のお相手でお疲れ気味なので息抜きとか旦那様に言って。
それなら夫は夜は姑とすしでも食いに行くかとか言っておきながら
帰りに新宿からメイルすると、夫もいま同じ新宿と返事のメイル。
なんと残業して、やはり残業だった娘とホテルで食事をしていたとか。
ムム・裏切り者。
姑が一人待つ家にこれじゃあ私がいちばんのりで帰ることに。
妙に嫁的気分になってヤバイ気配。
お二人を駅のベンチで待って合流。タクシーに相乗り。
べ、別にそんな悪いことしているわけじゃないけどこの後ろめたい気持ち。
まあ、普通の嫁ならだから出かけないんでしょうけど
そんなこといっていたらあと10年は生きると宣言している姑と
まあほどほどに生きてゆくのはしんどいでしょう?
とあれやこれや逡巡する私は結構小心者?

ところでお食事は天ぷらで最高でした。






ほんとにつれづれ

予定が入っていなくてのんびり。
午後見たかったレスリー・チャンの「覇王別姫」
姑が昼も夜もガンガンにプロ野球を見るので
あまりテレビやビデオが見れない。
最近は中継時間がやけに長いし昼も夜も中継があったりする。
別にやることがあるし、
テレビは1台しかないわけで
不満じゃないけど、借りてきていたビデオが全然見れなくなってしまった。
今日は野球がないそうなので安心してカウチポテト。
テレビやビデオが絶対見たいというわけではなくて
その時間のくつろぎが好きなんだよねきっと。
姑にしても同じこと。
一人暮らしの変化のない毎日、テレビで好きな野球を応援しているときが楽しいに違いない。
そのことを思うと野球放送に感謝。阪神タイガースにありがとう。
私も老後にテレビが友達になった時にはビデオ三昧を楽しもう。
う~ん楽しみなようで寂しいようで微妙だね。

その後美容院にカットに。
息子の友人の店だが5年前に1号店をオープンして瞬く間に4店舗のオーナーになってしまった。
最近では店にいることが少なくて彼にカットしてもらうのは半年ぶりくらい。
紹介した友人も、彼は美容師というより実業家だねと話していた。
でも息子の友人が頑張っていてくれるのは
嬉しくてつい彼の店に足を運ぶ。
若いスタッフが客との会話を切らさないいことにいつも感心する。
私はシャンプーとリンスを持ち込みだけど
新しいスタッフもそのことをちゃんと知っているので
しっかりしているなとその心配りにも感心する。
願わくばオバサンをもっと美人に可愛く見せて^_^;



ミシュランじゃなくても

先日ミシュラン星二つのレストランでランチしてから
妙に行きたくなった私の星3つレストラン「モンモランシー」
以前は厨房にいらしたオーナーが料理長を別に迎えて
今はサービスに。
存在感がある方なのでいいような悪いような^_^;
でもお食事はさすがでとても美味しかったです。
前菜はラタツーユのゼリーよせ。和歌山の天然鮎入り。
新タマネギのスープ。熊本産の塩トマトがとびきりの美味。
monmoransi- monmoransi- 2
金目鯛・貝柱・ハマグリ・ホタルイカ
上に載せられたグリーンはフランス直輸入のアスパラの原生種
金目の下はお米の野生種と素材のこだわりがすごい。
メインはフランス産の鴨
monmoransi- 3 monmoransi-4
デザートはプリン・抹茶のシフォンケーキ・赤いフルーツのゼリー・ミントのケーキ・チーズケーキ
からお好きなだけ。一応ダイエット中ののつもりの私は3品。
monmoransi- 5 monmoransi- 6



VIPのいぬまに

おばあちゃんは歌舞伎座に。
3時前に駅に送れば後はのびのびと思っていたけど、
昨夜来の雨風で電車が乱れ、
運休になったり、間引きや遅れがでていているらしい。
銀座で迎えに出る夫との連携のため慌しい。
昼過ぎようやく運転が再開されたとわかり、
とにかく早めにと2時半の電車に。
その後銀行に行き、友人宅によるともう夕方。
姑の滞在もソロソロ1ヶ月で
多少疲れの見える嫁。
友人宅で結構愚痴ってたよ。

皆様のお帰りを待たずに寝てしまった。
私の最高のリラックスタイムはやっぱり寝ること。




アグネスチャン

昨日でかけて明日も予定の入っているおばあちゃんがパスしたので
近所の方を誘って日本橋三越に。
彼女の講演はミキのセミナーでも聴いたことがあるが、
本当に上手い。
聴かせどころ、泣かせどころ、笑わせどころ緩急自在。
しかも歌まで入るので1時間半があっという間。
彼女の人生のどこを切っても輝いている素晴らしい人生。
まだ53歳。すごいなと思う。
ユニセフの大使として、大学の講師として、母親、妻として、歌手として何足ものわらじを
履きこなして、何より彼女が幸せそう。
帰ってから夫や姑が感心した彼女のおはなし。
天国と地獄の違いはほんのちょっとしたこと。
同じように美味しいお料理が並ぶテーブルを囲んでお食事をするのですって。
ところがお箸がとっても長い。
地獄では我先にと美味しいものを自分の口に運ぶけど
お箸が長すぎて誰も何も食べられないとか。
一方、天国では美味しい食べ物をおはしにとって、自分ではなく、回りの人の口に運ぶのですって。
だからお互いに美味しいものをたらふく食べれるとか。




一人でビデオ

朝ボランティアの花壇と道路の清掃。
そして買い物。
娘と姑も買い物に。
なんとそのまま帰ってこず、電車に乗ってさらにアウトレットまで。
おばあちゃんの買い物につきあって
駅まで一緒にいったものを
今度は娘の買い物に
おばあちゃんが付き合ったわけでその気力には脱帽。
といっても結局負担は娘にかかるわけで
えらいなと感心する。
おばあちゃんに服かってもらったと4時過ぎ機嫌よく帰ってきたが。

夫は午後はフルートの練習に。
一人になってビデオ。
あまりに長くて疲れた。
娘ご推薦の「セックスアンドザシィティ」
アメリカのテレビドラマの定番が凝縮されている。
と言ってもこのドラマのほうが先にスタート
したのかもしれない。
イギリスのドラマ「プライドと偏見」や韓国の「冬のソナタ」
それぞれ人気テレビドラマにもお国柄ってあるなと思う。
それにしても料理と一緒で
どのお国のものでもしっかり楽しんでしまう日本人もすごい。

夜は昨日買ったタコの残りでタコ焼きといつものお好み焼き。
やっぱ大阪育ちには上手いものは山とあっても
落ち着くのはこの味。私は大~好き



高尾山

朝6時過ぎから高尾山に。
例によって7時ごろ登山口に。
8時に山頂。おにぎりを食べて8時半に下山。
9時半に清滝駅に。
takao5-17-2
がくうつぎ
takao5.17.2
全山新緑と若葉のすがすがしさ
takao5.17.3
眺望はイマイチ

帰りに久し振りに峠の魚屋に。
氷見港直送の魚が並ぶひいきの店。
ぴちぴちの光ったホタルイカの生、マタコの生、天然の真鯛を買った。
ホタルイカはさっそく昼にしゃぶしゃぶで。
お安いのに贅沢感あふれるメニュー。
夜、鯛は鯛めしに。
塩をして焼いて焦げ目をつけてから昆布・塩・酒とともに炊飯器で。
これもちょっとリッチ。
taimesi
そして湯がいたタコの刺身と酢の物。もう最高。
でも生のタコってほんとグロテスク^_^;
この間のパイレーツ・オブ・カリビアンの気持ち悪いタコを思い出してしまった。
だからといって茹で上げればそれも忘れて食べるわけで、、、^_^;

実はその間に夕方からオペラシティのオペレッタの観劇に。
肩の凝らないもので楽しくはあったが、
あまりに見づらい席で
我々夫婦としては珍しく途中で出てきてしまった。
空席に移動するのもどうかなと思ったが、
なんだかそれもと思ったのだがこういう場合、
二幕目辺りからなら移動もOKと
周知してくださればいいのになといつも思う。
それで夕食は姑に娘と揃って食べることができた。
夫の場合、オペレッタよりもタコにつられたのかも。



キャラブキ

先日大阪に帰ったとき母が炊いたキャラブキをお土産にくれた。
それがとても美味しくて、結構の量を2,3日で食べてしまった。
たまたま昨日行った妙義山でヤマブキを買ってきたので
自分でも煮ることにした。
母のはこっくり煮た、黒光りする甘辛い本物のキャラブキ。
健康志向の強い私はその正統派のキャラブキがなかなかできない。
つい、今回も出しをたしてしまったらやっぱりどうしてもあの黒さは出なかった。
これじゃ煮詰まった煮物に近いけど
塩分を気にする夫はこれのほうがいいと気に入った風。
母同様たけのこもたしたのでご飯にあって美味しい。
季節の伝統的な食は作るのも食べるのも私は好きだなと
つくづく嬉しい。
こんなことで幸せなんだから全くお安い御用だよ。
kyarabuki

kyarabuki2 kyarabuki3 s-P1070046.jpg

kyarabuki4



富岡製紙工場

深夜ご帰宅の翌朝は早朝からバスハイク。
富岡製糸工場は今年1月に放映されたNHKBSの夢の美術館【世界の建築百選】で紹介されていた。
新生明治政府の意気込みが感じられるその建物に興味があって申し込んでいたもの。
自分で運転しなくてもいいので快適この上ない。外環自動車道と中央道が八王子でつながって
関越道への接続が随分便利になった。7時出発で9時過ぎには前橋に。
昨日まで寒さと雨が続いて5月とは思えなかったのが
今日はバッチリ五月晴れ。同伴の友人お二人の心がけのよさによるのでしょうね。
予定外の前橋市の敷島公園内のバラ園に。
これが花好きの我々にはここだけでも良かったくらいの感激。
600種のバラ7,000株。
咲き始め・満開・これからといろいろだけどとにかく手入れのよさが際立っていて
花も葉も丈もボリュームも最高の美しさ。
こんなに素晴らしいたくさのバラたちを見れるなんて
予想してなかったので予定の1時間はあっという間。
去りがたかった。
sikisimakouen
baraen4
baraen 3
baraen2
baraen
ここだけで群馬県へのイメージが私の中では音を立ててガラリ!
また、友人の一人がことごとくバラの名前を知っているのでビックリ仰天。
好きは好きでも私の好きとは広さも深さもえらい違い。
こちらにもかなり驚かされた。
富岡製糸工場は明治3年立案され5には操業を開始したという
新生・明治新政府の富国強兵・産業振興政策の意気込みと勢いが感じられる傑出した建造物。
正面の繭倉庫の存在感も相当だが、やはり140メートルの圧巻。
tomiokaseisikoujyou6
tomiokaseisikoujyou3
tomiokaseisikoujyou5
tomiokaseisikoujyou

壮大な規模の工場内に柱が全然ない上に大きな天井までの窓、白いペンキ塗りの太い梁。
明るさのためという必要条件を満たしてしかもデザイン的にとても美しい。
工場での操業が停止された1987年以降も自社でこの工場を保存してくださった片倉工業の企業としての気概にも拍手。これからパンストを買うときはキャロンと決めた。私にだって5分気概!!?
そして下仁田にてこんにゃく御膳の昼食。こんにゃくの海苔巻き・こんにゃくのフライと結構ボリュームもあって美味しかった。
konnnyakugozen
午後は妙義神社に。国の重文だという本殿が昨年の台風被害の修復のため参詣できなかった。
二度来ることがあるかどうかなので残念。見どころも多い立派な神社らしいのに、知らぬが仏でさっさと引き返し道の駅「妙義」の新鮮で安い山菜や野菜に喜んでいる自分が情けない。
帰路もスムーズに4時半には朝の集合場所に。
明るいうちに帰れてよかった。

【ウィキペディア】約1万5千坪の敷地内に開設当時の東・西繭倉庫(12m×104m)、繰糸場(12.3m×140m)、事務所、外人宿舎など煉瓦建造物がそのままの形で残っており、非常に重要な近代化遺産として知られている。平成17年(2005年)7月14日付で「旧富岡製糸場」として国の史跡に指定され、平成18年(2006年)7月5日には明治8年(1875年)以前の建造物が国の重要文化財に指定された。なお、全ての建造物は平成17年(2005年)9月30日付けで地元富岡市に寄贈され、翌日からは市が管理(富岡製糸場課)を行っている。ボランティアガイドがおり、前もって予約しておくと詳しく説明が受けられる。

現在、群馬県・富岡市を中心に富岡製糸場とそれに関連する絹業文化遺産を世界遺産に登録しようとする動きが強まっている。平成19年(2007年)1月23日には文化審議会文化財分科会で「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産暫定リストに加えられた。



ギターのライブ

先輩の息子さん率いるグループのジャズ&フュージョンのライブ。
といってもききなれた曲があるわけでも、知っている曲が
あるわけでもなく
親ばかだけどと応援されるそのお気持ちを応援したくてみたいな
たんに物好きで池袋まで。
3時起きでバタバタし・料理会を終えたその日の
夜8時からのライブとなると
多少の音量にも負けない睡魔を心配する私。

でも今夜は2回目で誘ってくださったリーダーのパパさんもいらっしゃるので
楽しく最後まで。
オリジナル曲など聴き覚えがあるというほどに。
前回はキーボードに酔ったけれど、
今回はさすがギターも聞かせどころが多く、
音楽をなりわいにして生きてる若者たちの
楽しげな雰囲気が心地よかった。
練習や創作や現実の発表の場などどんなに苦労も多いかと
想像するけれど
そんな必死さやかたくなさがなくて
何より好きで誰より楽しんでいる。
そこが素敵。
それを見守る親たちの度量も素敵。




男の料理会

男の料理会24回目満2年になった。
慣れて効率が良くなったかというと
なかなかそうも行かなくて
逆にちょっとメニューを考えるのに時間がかかるようになった。
前にしたことがあるものや皆さんの希望を考えて続ける楽しさを
感じてもいただきたいと欲張るので。
今日は煎り豆腐・チンゲンサイと豚肉の炒め、ピースご飯・レタスとトマトのスープ・マドレーヌ
彩りもきれいで美味しかった(と思う)。
5.14 5.14 5.14




屋根の上のバイオリン弾き

今日も雨で肌寒い。
あきらめてもう一度冬装束。
レシピ作りがとどこおっているのに
明日のメニューのひとつに思いついた
マドレーヌの試作。
この家に越してきてから作った記憶がないので
多分20年近く使わなかったマドレーヌ型と敷き紙。
マドレーヌ型はすっかりさびていた。
ミキグループに入ってから、
お菓子作りは控えていたし、
作るといってもヘルシーなもの。
バターと砂糖と生クリームがおいしさのきめてのような
ケーキ作りの回数はめっきり減った。
出来立てを食べると美味しくて3つも食べてしまった。
昼食の後なのに姑も喜んで食べていた。
やっぱりおいし~い。
だいたい身体に悪いといわれるものが好きなので
ミキに出会わずに、自分の好きな食を追い求めていたら
今頃私だけでなく、家族たちの身体もぼろぼろのはず。
健康や食の勉強が私の嗜好へのブレーキになってきたのは確か。
それも続けなければすぐに舞い戻りそうな甘い誘惑。
人生は「屋根の上のバイオリン弾き」だなんて突然思い当たる。
危なっかしくかろうじてバランスを取っている。




トラぶる

プリンターの調子が悪い。
リコーのプリンターは既にインクが切れて作動しないし、
エプソンもインクを変えたのにさ作動しない。
何かの調子が狂うとすべての手順が狂う。
あわててリコーのインクを注文し、
プリンターの解説書を読んでいるだけで昼になってしまう。
料理会のレシピを作るのや注文の控えなど
プリンターは何気に使っているものだ。
それが忙しいときに足を引っ張ってくれる。

娘は風邪をこじらせたみたいで病院に。
車で送り迎え。
私は風邪の回復は栄養と睡眠と時間だけだと思うけど
彼女はお医者様の「風邪です」のお託宣と風邪薬が欲しいよう。
ほんの身近な身内にも
健康に関する大切なメッセージが届いてないことを
思い知らされる。
いまだに声がでない彼女が筆談するので
筆談で返事を書いていたら
「ママはしゃべればいいんだよ」だって。
私は声もでるし、彼女は耳も聞こえる。
それなのにつられて声も出さずに
筆談に応じてしまっていた。
アホとは思っていたけどあほらしい^_^;



母の日

信じられないくらい寒い日が続く。
機嫌よく、夏日のような好天の日に冬物は洗って片付けてしまったので
もう一度出すのもと思いながらもセーターを引っ張り出さずにいられない。
朝、雨もよいを畑に。
冷たく寒い雨でも、先日植えた野菜の苗には恵みの雨。
活着してくれたようでよかった。
その長靴のまま、クリーニング屋と買い物に。
hatake5.11
サラダ菜。ジャガイモ・長ネギ・ピーマン・シシトウ・万願寺・ゴーヤ・
トマトそれにショウガと芽のでなかったインゲン(再挑戦の予定) 
hatake5.11.2
もう1ヶ月もしたら足の踏み場もないマイルームと一緒になるはず^_^;

母の日で
娘からは既にカーネーションのアレンジが
息子夫婦からはケーキが届けられている。
姑には昨日京都から和菓子。
次男も帰ってきていっしょに食事。
作っているのはなぜか私(?)
娘が借りていたビデオを見て、
姑は阪神を応援し
つつがなく、幸せに満ちた日々。
夫は出張から夜遅く帰宅。

それでいて母には電話をしそびれた。



高山宏おっかけ

朝からは残念ながら冷たい雨。
みんなはせっかくの保津川下りなのに。
私は予定通り帰路に。
遊びの企画を差し置いて帰るなんて
しかも講義を聴きたいために。
学生時代の私ならありえない(断言!!)
それが高山宏の講義を聴きたくて帰るのだから
人生って不可解?!

しかし高山宏も不可解だよ?!

単に私が限りなく無知なだけだけど
支離滅裂・右往左往・縦横無尽、、、

これをリアルタイムで理解するためには
高山宏くらい勉強しないとダメってこと?
(彼は伊達のサングラスではなくて
勉強しすぎて目が悪くなったせいと
テレビの見すぎで近視になった夫が感心していた。)
だけど、私はきっと死ぬまでそんな勉強をするとも思えないので
95%は理解できないけれど
残りの5%だけでも充分楽しい。
前回の平賀源内
今回の若冲とマニエリスム
しばらくは頭とこころにひっかかって
私の好奇心を煽る。

留守中娘が風邪でダウン。
かわいそうに熱っぽく、声も出ない状態。
姑はいいとしてもゴローの世話は代わりがいないし、
待ったなしなので
昨夜からは大変だったはず。
疲れてのことだからとにかくゆっくり寝ればいいとは思うけれど。
早く帰ってきて良かった。



神戸そして京都

同期会は5時からなので
午前中は神戸のミキの集いに。
同じ大学のクラブの先輩がリーダーとして頑張っておられるので
お会いできて嬉しかった。
食事も一緒にしてそのまま午後の勉強会にも。
子育てについての学習会だったが
後悔の残る子育てのその痛みは
自分自身の未熟さにあったとつくづく思い当たる今
そのつらかった頃をを思い出すと今も胸がきゅんとなる。
それでも子どもたちはそれぞれの道を歩んで
その存在で私を幸せにしてくれている。
いまだ私は子育てについては未熟なままで
煩悩を捨てきれないでいるのも事実。
更なる幸せをとのぞまずにいられない。
何なんだろう。この子どもへの尽きない思いって。
子育ては卒業して
「もう後は三途の川をどうやって渡るかよ」といわれ、
そうそれが問題などと盛り上がって席を建てずに
同期会には1時間遅れ。
ちょうど6時からの食事に間に合った。
そういえばたまたま大阪に出張の夫が神戸空港に着いたとメイルがあったので
お昼でも食べようと落ち合ったが、
私はそのままミキの方とご一緒させていただいたので
夫はルーブル展に。午後からの会合にぎりぎりまで
うろうろする貧乏性はほんと似た者同士。

学生時代クラブをしているときにも仲はよかったけれど
人生の折り返しを過ぎてこうして再び
楽しいときを持てるなんて想像もしなかった。
今を語っても過去を語っても何の
気兼ねも打算もなくただ楽しい。
現実はいろいろあっても直接係わり合いはないから
無責任で心も許せる。
申し訳ないことにこんなにモリ上がっているのに
企画&幹事を一人で引き受けてくれた方は
連休中のテニスでアキレス腱断裂。
昨日あたり手術で参加できなかった。
人生何があるかわからない。

仲間の中にもなんでそんなに会う必要あるねんと
参加されない人もいるけど
「ええやん会えるときに会えるだけおおとこ」
「そやそや」






京都に

明日京都で友人たちと会うので
1日早く帰って母と京都駅で待ち合わせ。
ブログで紹介されていた伊勢丹の11Fの和久傳で食事しようと楽しみにしていたが
2500円のランチは売り切れていた。
限定ということに想いが至らずに
楽しみにしていたのでかなりがっくり。
同じ階の美々卯で。母はうな重で私はミニうどんすき。
mimiu udonsuki mimiu2
量が多くてもてあました。
客筋は高齢者が多くなっているのに
もうすこし量を減らして価格を下げるかメニューのランクを上げてほしいなと
感じた。
お子様ランチよりシルバーランチ!!
まだこの視点に目をつけている店は少ないと思うけど。

その後、タクシーで父のお墓参りに。
母一人で何度も来ているが
いとこ夫婦も連休に来てくれていることがわかって
父はもちろん母も嬉しそうだった。
私は昨年夫も連れ立って3人で来たきり。多分1年ぶり。
昨年は八重桜が咲く哲学の道を歩きさらに百万遍までも歩いた。
母も元気に一緒に良く歩いた。
今日はそのまままたタクシーで駅に戻りさっさと実家に。
夕方から布団を敷いて寝てしまった。
1年の老化度は私のほうが大きいかも^_^;
なんと9時過ぎまで寝た。
一人で巨人を応援しナイターを見ていた母と
それから食事。
昼の食事がまだもたれていたので
できれば食べないで済ましたかったが
何せちゃんと作って食卓に並べてくれているので
そういうわけにも行かず
食べだすとまた、それなりに手をつけて食べてしまう。
同点から放送後さらに得点し巨人が勝ったようで
また、スポーツニュースを喜んでみていた。
昨日は自宅で阪神を応援する姑と一緒に
逆転を喜び
今日は母と巨人の勝利を喜ぶ私。
「あんたはどっちでもいいの?」
日和見主義が苦手なはずが
いつの間にかちゃんと身についている。



午前中畑に苗を植えに。
風もやんで穏やかになってよかった。
3坪ほどの小さな畑はもう余裕なし。
先日蒔いたインゲンの芽が全然でない。
鳩にすっかりやられたみたい。
全く良く知っている。
庭の花たちも五月を楽しんでいる。
tutuji
満開のつつじ
jasmin jasmin2 
あちこちに弦を伸ばして旺盛な羽衣ジャスミンsuzuran
どくだみに負けたかと思いきや健在のすずらん




ゴールデンウイーク最終日

ようやく勿体ないほどに晴れたゴールデンウイーク最終日。
私にはさほどそれがどうというほど影響ないわけだけど、
娘が姑と付き合うというので一緒に公園へ。
新緑の中の森林浴は近場とは思えない心地よさ。
新しく出店したアイスクリーム店でアイスクリームを食べ、
お昼のためにおすしを買って帰れば結構なホリデー。

散歩の途中でハーブ(ペニー・ロイヤルミント)と忘れ名草(シノグロッサム)の苗も買った。
そういえば名前のわからなかった花の名前がわかった。
シラユキゲシ。花のごとく美しい名前だったけど、
初夏に咲くし、宿根でわりと強いのでちょっと違うという気もする。
我が家ではまだ花は咲いていない。

午後農協に野菜の苗の仕入れに。
定番のトマト・ナスを3本。
ピーマン・シシトウ・万願寺唐辛子を2本
ついでにゴーヤも2本。
こうしてまたもや我が畑は満員御礼の不作になってしまう。
でも買わずにいられない。
帰るとやけに風が強くなってとても植えられる状況ではなさそう。
明日の朝のことにして
同時に買ってきたインパチェンスとサルビアの苗を庭に植えた。
両方とも真っ赤。夏の庭はかなりカラフルになりそう。楽しみ。



シルバーデー

最近どちらかというと夫が買い物好き。
ファッションに目覚めたというほどセンスをとやかく言える人ではないが
ショッピングが楽しいらしい。
姑も連れ立って近くのアウトレットに。
ゴールデンじゃなくシルバーウイークです。
連休らしい賑わい。
その帰り私はフリーマーケットにも。
以前はよく出店したが、もうその勢いもなくなって、
買いたいものもなく、ただ見て楽しむ。
一時に比べるとフリーマーケット自体も少しブームが去った感じ。
でもそれなりに人出はあってにぎわってはいた。
見ているだけでそれはそれで楽しい。
夕方から庭の草取り。
なんだかいたちごっこ。
雨が多いのですぐもとの木阿弥。
娘の買ってきた姑ご指名の
粒アンの柏餅で子どもの日と知れる。



レストラン「ブノワ」

我が一族は家族揃っての食事が大好き。
そして揃ってミーハーなのだ。
姑はこの企画をメインに今回和歌山から
わざわざおでかけくださったほど。
長男夫婦とで7名で。
どうせ食べるならとミシュランで★2つを獲得したレストランに。
だからといってディナーをというほど
度胸もなくてランチに。
青山ラ・ポルト10階。店内は10階と11階の2階建て風。
雰囲気・料理はよかったし、
コストパフォーマンスも。
だけどこれで★二つねと納得するほどでもなかった。
正直なところ。
まあ何でも行って、見て、食べて、経験と体験。
オードブル&前菜
benoit benoit2 benoit3
benoit4 benoit5 benoit6
benoit7
メイン・ディッシュ
benoit8 benoit9 benoit10
デセール
benoit11 benoit12 benoit13
各コースオードブル・前菜・メイン・デセールすべて数品のなかからのチョイスなので
お互いに悩んで結局すべてのお皿が並ぶ田舎もの。
写真は撮れる範囲に並んだもの。
男性は前菜にパスタやメインに肉を選んでいました。
しかもお味見なんてお皿を回すはしたなさ。
まあそれがかろうじて許される程度の雰囲気。
娘はスタッフのサービスの洗練度がイマイチといってましたが。
客である我々の洗練度を棚に上げてのことでしょうが、、、^_^;

蛇足ですがご馳走でおなかがいっぱいになろうと大満足しようと
夕食をパスする人はいなくて
夜は簡単にピースご飯とサラダとたけのこの煮物。
これもまた、粗食とはいえ美味しくて我が家では
★3つとかいいながらご機嫌にいただいたのでした。





手前味噌づくり

午前中はNPOの理事会。
連休はお天気がいいなんて予報もあったけど
午後は結局本降りの雨。
庭の草取りも中途半端。
2時過ぎからみその仕込み。
プロテインとプルーを入れた贅沢なみそは
高くつくけど体いにいいはもちろん
味もよくて夫もこれはもう他のみそにはかえられないというほど。
母も気に入ってくれている。
先日ちょうど新しくはじまったテレビドラマ「おせん」で
丁寧なみその仕込をやっていたけど
あそこまで極端でなくても
普段に使う調味素材に充分気を入れているというのは
食卓の充実にすごく貢献して、満足度は高い。
毎日のことだからこそ。





5月になって

庭に咲く花たちの種類もさま替わり。
バラが咲き出してそこかしこのつつじもきれい。
bara
ピンクのつるバラ
mokkoubara
モッコウバラ(白)
naniwaibara
今いちばんお気に入りのナニワイバラ



お料理会&コンサート

午前中は新「男の料理会」2回目
連休の合い間だというのに全員揃って17名。
たけのこの若竹煮・ピースご飯・春野菜のごまあえ・ヨーグルトケーキ。
考えたら肉も魚も全然ないのでどうかなと思ったが
おおむね好評、特に豆ご飯とヨーグルトケーキを喜ばれた。
昨日、買い物を済ませ、たけのこをゆで材料の準備・レシピの確認。
朝積み込むときは相当な量でかなりの重さ。
何でこんなことやっているのかと
冷めた想いが頭をよぎるが、
一生懸命の皆さんと一緒にやっているとやっぱり楽しいし、
おいいしいといってくださると嬉しい。
この会では孤軍奮闘なので写真を撮るのをいつも忘れてしまう。

午後帰って商品の発送やおみその材料の発送。
これが不器用な私は結構手間取る。
そしてゴローの散歩に行ってから
姑とお茶をして上野に。
20回目を迎えた記念のスペシャル・ガラ・コンサート。
案の定そうそうたるメンバーの演奏も夢見心地。
できることならもう一度じっくり正気で聴きたい。
ほんと私でさえ名前を知る方々ばかり。
しかも指揮者飯森範親さんが
スマートな司会でした。
年配のファンも多いようでさすが20回という歴史と
日本のクラッシク層の熱さを感じました。
でもどちらかといえば演奏者のほうに厚みがあるみたい
と感じたのは門外漢の見当違いでしょうか?





カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ