ジェノベーゼソース

11月12日
11.12バジル
サラダ菜ミックス:ようやくそれらしくなってきた

バジル11.12
バジル:こぼれだねからの苗
同じくイタリアンパセリ

バジル11.12-2
すぐに使いたい葉物はベランダでプランター栽培
背丈の伸びたバジルは2度の台風でくたくたになっている。

どんどん年末に近づいてくる。
次男の会計の仕事が年初から滞ったままなのが気がかりになりながら、、、。

スイートピーの発芽苗を定植した。
発芽率が良くてどこに植えるねん?状態だけど
移植を嫌うのでうまく活着するかどうかわからないので
とにかく全部植えた

そしてそろそろ霜も来そうなので
まだ青々しているバジルでソースを作った。
バジルのいい香りが充満。
11.12バジル3
葉は70g弱

ジェノベーゼ材料
クルミ50g、パルメザンチーズ50g、オリーブオイル100㏄、ニンニク1かけと一緒に
フードプロセッサーに

11.12バジルソース2
プルーンの瓶にちょうど1瓶分

夏場忙しくて作れなかったので今年は初めて。
11.12バジル2
春蒔きの苗は残念なお姿。
種を収穫して全部抜いた。

夫はさっそくトーストに塗って食べていた。
食いしん坊の夫でよかった。
作ったものを喜んですぐ食べてくれる人がいるっていうのは
何気に張り合いにつながってる。



ハロウィーン・スイーツ

10月31日
全然ハロウィーンなんて眼中になかった。
そりゃそうでしょう。
我々世代にそんな行事なんてなかったんだし
由来も意味もぜんぜ~んわかんない!
それがいつの間にか花カボチャなんか買ったりして
のせられてんだよね。

それにしてもハロウィーンスイーツを作るなんてありえない。
それがつい出していたクックパッドのモニター応募。
当選通知と1000円券。
忘れたころに時々当たる。

義理堅い私はちゃんと言われるままに
つくれぽを出したのに
それは番外のメニューなのでダメだと。
10.19

それで義理堅い私はまたも作った。
百均でチョコペンの白と黒、それに練乳カステラまで買ってきて。
チョコは買い置きのものだったけど。
そしてできたのが
ハロウィーンスイーツ
へたくそすぎる。
孫が作ったとごまかしたい。
たった1000円の金券のために
コストと時間を考えるとねえ~"(-""-)"
でも何でもやってみてわかることも多いから。
子供仕様のお絵かき程度のお菓子作りも下手ってことがよくわかった。
もう二度としないぞ!!
大体私はそんなに暇じゃないはずじゃなかったっけ?






芝エビのから揚げ

10月3日
ほていそう
布袋そう:メダカの鉢に入れて卵を産み付けられるようにしているわけだけど
      今年はせっかく孵ったちびちゃんたちも留守がちで面倒見なかったせいかみんなお星さまに。
      せめて花ぐらい咲けばいいのにと思っていたのがようやく今頃になって花を咲かせた。

今夜は夫はパーティに参加するので夜の食事はいらない。
それでも買い物に行くとついいろいろ買ってしまった。
スーパーで見つけたのが芝エビ。
あんまり安いので大丈夫かなあと思ったけれど
たくさん買っておられる方がいらしたので買ってみたら
とってもおいしかった。

100g100円
芝エビ

100均で買った唐揚げ粉
芝エビ2

まぶすだけ
芝エビ3

揚げるだけ
芝エビ4

安くて簡単でとてもおいしかった。一人でパクパク。
ビールに合いそうだけど一人で1缶空ける自信はないのでおつまみのみ(^-^;
また見つけたら絶対買おう。
普段あまり行かないスーパーもたまに除くと珍しい素材と出会う。





牛筋っておいしい

9月22日
シュウメイギク
シュウメイギク:西側のものがようやく咲きだした。
かりん
かりんが色づき始めた。最近はかりん酒もはちみつかりんも作らないのでもったいないけれど花も実も可愛い。

ご近所の奥さんが肉屋でのまとめ買いを仕切ってくださる。
最近は出かけることが多いので
受取日にいなかったり、
肉料理とまともに取り組むってこともなくて
まあ生協で事足りてる。
でも今回は牛筋を1kg(2200円)お願いした。
安いか高いかよくわからないけれど
アメリカ花オーストラリアもの。
安い肉より結構高い気もする。

1度か2度湯でこぼして
圧力釜で火を通しておく。
それを冷凍にして
単品で牛筋の煮込みにしたり・肉じゃが・カレーなどに。
牛筋は夫の実家のおでんに入っていてその味を知った。
小さいころ我が家ではクジラのコロを入れていたけど牛筋は結婚してから初めて。
クジラはその後とんと見かけなくなってしまったし
見かけてもうそでしょうというくらい高い。
クジラのベーコンも私は好きだけど
昔はうんと安かったのに今は高級品。
でも見かけはどう料理しても筋肉もクジラも庶民的。

鶏の軟骨も好物だし、堅いおせんべいやおかきも。
少し堅めで歯ごたえが楽しめる食品が
いつまで食べられるかなあといつも思う。
柔らかいものも好きだけど
堅いものも格別。
柔らかいものしか食べられなくなったら
柔らかいもののおいしさも半減しそう。
そのために歯だけは丈夫で長持ちさせないと。
食いしん坊でい続けるために・・・。




キュウリのキューちゃん

8月3日
キュウリのキューちゃん4
自家製きゅーりのキューちゃん

今年はたびたび4~5日留守にするので
水不足に弱いキュウリとゴーヤの収穫はさっぱり。
でもその分お天気が良くて市場価格が安い。
作ってみたいと思っていたキュウリのキューちゃんと
ついでに
ゴーヤのゴーちゃん(?)も。
キュウリのキューちゃん
キュウリを1㎝くらいに輪切りし、軽く塩をして30分ほど置く。
キュウリのキューちゃん2
その間に醤油200cc・砂糖100グラム・酢 50ccを入れて煮立て、その中に生姜千切り30グラムとキュウリを加えてひと煮たち。

キュウリのキューちゃん3
ついでにミョウガも入れちゃいました。
冷めたらざるで漉して出来上がり。

ゴーヤは少量の塩を入れた熱湯でさっとゴーヤを湯がいてから
残ったキューちゃんのたれに漬けるだけ。
キュウリのキューちゃん5

あんまり苦みは抜けてませんがシャキシャキ食べれます。
食欲落ちてるわけでもないのに
ごはんのすすむ漬物作ってヤバイ"(-""-)"




タモリ流カレー


アジサイ
昨日枝を選定したのでアジサイがすっきりした。

台風は爪痕も残さず寝ている間に通過した。
東京は自然災害が少なくて幸運だけど
九州地方の豪雨災害が目も当てられないくらいひどい。
被害者の方々に心からお見舞いを申し上げます。
熊本自身の被害が復旧しないままに二度三度と
被災地になることが信じられない。
場所も時間も気にしない自然は容赦ない。
優しさも厳しさもすべて自然。

夏はやっぱりカレーが。
お料理会のメニューに久しぶりにカレーを考えていて
目についたのがタモリのカレー。
やっぱり本格的なカレーは2時間じっくり煮込むことに。
調理時間に説明も加えて2時間なのでちょっと危ないけれど
やっぱり男には本格的なカレーを作ってもらいたい。
こだわりとうんちくをたらたら言いながら。
というわけで私も初使用のマンゴーチャツネをアマゾンに注文。

ついでにカレー粉も。

最近この界隈ではカルディもなくなって近場でこういう調味料が手に入りづらい。
ところで
ついでにネットでスパイスことなど調べていたら
ニゲラの種もパクチーの種もスパイスとして使われている。
ニゲラは黒種草ともいわれスパイス専用の種類もあるみたいだけれど
まさに黒い種でクミンに似た味だそう。
ニゲラ ニゲラ2

花も実もチャーミングだけど
種も使えるなんていい。
パクチーはコリアンダシードとして売られてもいるけれど
あまり使ったためしはない。
コリアンダー2 コリアンダー

考えてみれば種は一個の命の塊だから
食事に取り込むのはいいかもしれないと採集してみたけれど
果たして使うかな??



鳥ハムサラダ

5月24日
バーベナ

バーべナ:花数がそろってくるときれい。ポピュラーで強い花はついあまり構わないけれど、、、。
サニーサイド
サニーサイド:ブーケパルフェに絡ませている今年ようやく花をつけた。

冷蔵庫に生協の鳥胸肉がダブってきた。
作ろうと思いながらそのままになってしまっていた鳥ハムを久しぶりに作った。
鳥ハム
ブラックペパーとローズマリーバージョン。

夏野菜の苗とともにサラダ菜ミックスの苗を植えていたのがかなり大きくなってきた。
100円の鉢で何回食べられるかしら・・・?
サラダ菜
今朝はレーズンとクルミ入りのパン。
昨夜眠くて仕掛けなかったので朝2時間で焼ける手抜きの早焼きパン。

朝食
あとキャンベル缶のスープか淡路島おとり寄せの玉ねぎスープの素を使ってまたまた手抜きスープ。
夫の入れたコーヒーで熟年カップルの朝食の準備OK。









焼き芋

12月12日
安納芋

友人が送ってくれた安納芋も焼きいもで食べてみようと
朝からインコアのお鍋にサツマイモを入れて焼き芋。
弱火で約1時間。
安納芋2
美味しかったけど
ちょっと柔らかいかも。
安納芋は何に使うのが一番おいしいのかな?
と調べてみると
紹介サイトには
焼き芋にすると蜜が出るほどの甘さが特徴の安納芋。
近年、しっとりとした食感と甘さが人気と書いてある。
レシピサイトでも焼き芋中心。
ということは私の好みが
甘味・柔らかさ・ねっとり好みではなく
甘みは欲しいけどほっこり感の方が好きってこと。
最近パンなども妙にもちもち感が謳われているけれど
私はハード系のしっかり噛むパンのほうが好みだし。
ハンバーグなども油(肉汁)がどっと出てくるようなのをジューシーとか言ってるのを聞くと
動物性脂肪を飲んでどうするの?って思っちゃう。

好みが多様化しているというより
表現力が乏しいのか
流行なのか
味覚が扁平になっている気がする。




ぼたっとしたおはぎいただきました


9月22日
シュウメイギク
もみじ芙蓉とシュウメイギク

お彼岸なのにお墓参りもせずせめておはぎなどと急に思い立って作った。
買い置きのもち※を出したらなんと虫がついていた。
でももったいないので
最初に熱湯をかけ虫を殺してから何度もよく洗って使った。
ちょっと気持ち悪かったので夫には内緒。
9.22おはぎ


いつも使い残しや買い置きのきな粉があるはずと探したけれど
どこにも見つからずあんこと黒ゴマの2種類だけ。
黒ゴマはたまたま大学芋を作るようになったので買ってきていた。
最近は断捨離と思って使い残しを処分することも多いので
あるはずと思うものがなかったり、
やっぱりあったり。
全然要は片付いてないということで、、、(^_^;)

春の彼岸はボタンが咲くころなので牡丹餅(ぼたもち)
秋の彼岸は萩が咲くころなのでおはぎというそうだけれど
このぼたっとした感じがお萩って感じで
田舎っぽさがいいよね。
そして本当はきな粉もあって3種3個をぱくぱくっと行きたかったところだけど
2種2個をパクパクっといきまいした。
お墓参りもせずに仏壇もないわが家。
せめて思い出話をしながら、、、。








コーヒーポット買いました


9月6日

ず~と迷っていたけれど
結局注文しました。
それで関西に行く前に着いたので
早速試そうと思ったら
何と豆が切れていた。
仕方なく帰ってきてからネットで注文してようやく使いはじめました。
コーヒーを淹れるのはほとんどの場合夫なのですが
今まではティーファルの電気ポットから
直接ドリッパーに注いでいて
何だかなあと思いつつ
まだまだ断捨離途上で新しいグッズを購入するのもとためらっていました。
かなり場所とりですし。
そんな思い入れを持って購入したのに
夫ったらなんと今までの電気ポットと同様に
一度にジャーっと注いでいるではありませんか!!
違う違う 最初は
コーヒーに少量のお湯を、そっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒ほどそのままにして蒸らします。注ぐお湯の量は20cc程度、95℃前後が適温です。サーバーにポタポタとお湯が数滴落ちてくるのを目安に
上島珈琲のHPの受け売りですが、、、。

コーヒー粉の中心に、小さな「の」の字を描くように、お湯を80cc→40cc→20ccと3回に分けて優しく注ぎます。水面が上から1/3程度減ったら次のお湯を注ぐように

とぐちゃぐちゃ言うより自分で淹れた。
何とそしたら本当にマイルドな味わいの気がするではありませんか?

その後夫もとりあえずじっくり淹れるコツを覚えたらしく
確かにマイルドやなあなんて。

まあコーヒー通ではないし安い通販のコーヒーですし
さほど味の違いがわかるわけでもないのですが
単純にその気になって美味しいコーヒーいただいています(*^_^*)

ところでこのポットを買ってから
赤石に登った時のブログを見ていて
赤石避難小屋で淹れてくださったコーヒーは
このポットを使っておられたと気づきました。
7.28赤石岳12

何かしらサブリミナル効果だったのかしら、、、。







カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ