Welcome to my blog

メリエンダのティータイム

CATEGORY PAGE: 料理・菓子・グルメ

焼き芋

12月12日友人が送ってくれた安納芋も焼きいもで食べてみようと朝からインコアのお鍋にサツマイモを入れて焼き芋。弱火で約1時間。美味しかったけどちょっと柔らかいかも。安納芋は何に使うのが一番おいしいのかな?と調べてみると紹介サイトには焼き芋にすると蜜が出るほどの甘さが特徴の安納芋。近年、しっとりとした食感と甘さが人気と書いてある。レシピサイトでも焼き芋中心。ということは私の好みが甘味・柔らかさ・ねっとり...

ぼたっとしたおはぎいただきました

9月22日もみじ芙蓉とシュウメイギクお彼岸なのにお墓参りもせずせめておはぎなどと急に思い立って作った。買い置きのもち※を出したらなんと虫がついていた。でももったいないので最初に熱湯をかけ虫を殺してから何度もよく洗って使った。ちょっと気持ち悪かったので夫には内緒。いつも使い残しや買い置きのきな粉があるはずと探したけれどどこにも見つからずあんこと黒ゴマの2種類だけ。黒ゴマはたまたま大学芋を作るようにな...

コーヒーポット買いました

9月6日ず~と迷っていたけれど結局注文しました。それで関西に行く前に着いたので早速試そうと思ったら何と豆が切れていた。仕方なく帰ってきてからネットで注文してようやく使いはじめました。コーヒーを淹れるのはほとんどの場合夫なのですが今まではティーファルの電気ポットから直接ドリッパーに注いでいて何だかなあと思いつつまだまだ断捨離途上で新しいグッズを購入するのもとためらっていました。かなり場所とりですし。そ...

No image

激辛ハラペーニョ

9月5日だんだんミニトマトやなす、ししとう類の収穫は先細り今日もせっせとゴーヤ茶づくり実割れしたトマトと送っていただいたハラペーニョで作ったサルサソースは大活躍。先日のスズキのムニエル以外にもパスタや焼き飯にも。そして同じくハラペーニョで作ったピクルス。私は数ミリかじっただけで”無理”でしたが夫は美味しいと一切れパクリ。でもやっぱり口から胃にいたるまでヒリヒリ感が残ると、、、(^_^;)辛い物食べたさって怖...

ゴーヤご飯

9月3日午前中はNPOの理事会。夫は骨折してしまったので車椅子を押せなくなって娘が同伴で姑とランチ。骨折余波はこれから2か月、、、。帰りにわが家にも立ち寄った娘が珍しくわが家産のゴーヤやししとう・ミニトマト・万願寺などを持ち帰ってくれて助かった。理事会の後図書館に立ちよって五木寛之さんの小説「レッスン」と久しぶりに角田光代さんの小説2冊を借りた。関西にいっている間に読み終えるつもりだった青春の門は1ペー...

青唐辛子とゴーヤ

8月31日帰ってきて庭をうろつくと帰ってきたなあってうれしくなる。6日間いなかったのでししとうもピーマンも色づいてミニトマトは雨にあたって割れが入ってしまっている。最近はまっているのが青唐辛子を使ったピリ辛炒め。青唐辛子はあまり売ってないので見つけたら買う。安曇川の道の駅と海南の市場で見つけたので買ってきたものとやはり海南で買ったかえりちりめんも混ぜて。わが家産の万願寺とししとうを輪切りにし2,3本の青...

カレイ丸ものさがし

6月7日このアジサイは裏庭のアジサイをさし芽でアナベルはいただいた枝をさし芽したものをさらに毎年増やして今年は4株に墨田の花火も消えかかっていたものを場所を移して翌年さし芽して今は二株どんどん増やして楽しく、うれしいけれどもう場所がない!!明日のメニューでカレイのから揚げを考えているのだけれど新鮮な丸もののカレイを売っている店がない。最初西友で6尾見つけたけれど残りは無く、しかも明日の入荷もないとのこ...

御影駅前 「なだ番」で

6月1日いつもなら1日は調理室の申込み日で緊張する。しかも実家にはパソコンがないのでスマホからで大丈夫かと心配していたが8月はお休みするのだった。昨日作った段ボールにさらに何点か詰めて梱包。ゆうパックで送った。母が買いためていた記念切手を惜しげもなく貼った。ゆうパックになら切手が使えるのでどんどん使った方がいいよというと見栄っ張りな東京生まれは集荷の方に娘が切手を使えというものでと聞かれてもないのに弁...

隠れ家カフェ[ローズ亭」

5月22日友人とバラの咲くお庭の隠れ家カフェに。お天気が良くて日陰に入ると心地よい風だけど陽射しはすでに夏のよう。バラも例年より開花が早いそう。すごい。お一人でこれだけの広い庭にこんなにたくさんのバラを育てるって至難の業。しかも病虫害なしのきれいでたくさんの花とつやのある緑の葉。数本しかなくてもその半分は黒点病に他のもチュウレンジバチかバラゾウムシにやられてつぼみ半減状態の私。この差はひとえにお手...

お米もブランド志向?

5月12日木曜日の午前中は生協の配達。お米や卵・牛乳などはもっぱら生協。それで注文書を見て気になったのが同じ宮城登米市産の無農薬玄米なのにササニシキが2㎏1680円ひとめぼれが2kg1380円1㎏について300円も違う。 登米市の農業産出額は弘前市の371億円に続いて303億円となり東北地方第二位である。一帯が田園地帯であり「ササニシキ・ひとめぼれ・コシヒカリ」等の有名米の産地である。登米(とめ)市とい...