キュウリのキューちゃん

8月3日
キュウリのキューちゃん4
自家製きゅーりのキューちゃん

今年はたびたび4~5日留守にするので
水不足に弱いキュウリとゴーヤの収穫はさっぱり。
でもその分お天気が良くて市場価格が安い。
作ってみたいと思っていたキュウリのキューちゃんと
ついでに
ゴーヤのゴーちゃん(?)も。
キュウリのキューちゃん
キュウリを1㎝くらいに輪切りし、軽く塩をして30分ほど置く。
キュウリのキューちゃん2
その間に醤油200cc・砂糖100グラム・酢 50ccを入れて煮立て、その中に生姜千切り30グラムとキュウリを加えてひと煮たち。

キュウリのキューちゃん3
ついでにミョウガも入れちゃいました。
冷めたらざるで漉して出来上がり。

ゴーヤは少量の塩を入れた熱湯でさっとゴーヤを湯がいてから
残ったキューちゃんのたれに漬けるだけ。
キュウリのキューちゃん5

あんまり苦みは抜けてませんがシャキシャキ食べれます。
食欲落ちてるわけでもないのに
ごはんのすすむ漬物作ってヤバイ"(-""-)"




タモリ流カレー


アジサイ
昨日枝を選定したのでアジサイがすっきりした。

台風は爪痕も残さず寝ている間に通過した。
東京は自然災害が少なくて幸運だけど
九州地方の豪雨災害が目も当てられないくらいひどい。
被害者の方々に心からお見舞いを申し上げます。
熊本自身の被害が復旧しないままに二度三度と
被災地になることが信じられない。
場所も時間も気にしない自然は容赦ない。
優しさも厳しさもすべて自然。

夏はやっぱりカレーが。
お料理会のメニューに久しぶりにカレーを考えていて
目についたのがタモリのカレー。
やっぱり本格的なカレーは2時間じっくり煮込むことに。
調理時間に説明も加えて2時間なのでちょっと危ないけれど
やっぱり男には本格的なカレーを作ってもらいたい。
こだわりとうんちくをたらたら言いながら。
というわけで私も初使用のマンゴーチャツネをアマゾンに注文。

ついでにカレー粉も。

最近この界隈ではカルディもなくなって近場でこういう調味料が手に入りづらい。
ところで
ついでにネットでスパイスことなど調べていたら
ニゲラの種もパクチーの種もスパイスとして使われている。
ニゲラは黒種草ともいわれスパイス専用の種類もあるみたいだけれど
まさに黒い種でクミンに似た味だそう。
ニゲラ ニゲラ2

花も実もチャーミングだけど
種も使えるなんていい。
パクチーはコリアンダシードとして売られてもいるけれど
あまり使ったためしはない。
コリアンダー2 コリアンダー

考えてみれば種は一個の命の塊だから
食事に取り込むのはいいかもしれないと採集してみたけれど
果たして使うかな??



鳥ハムサラダ

5月24日
バーベナ

バーべナ:花数がそろってくるときれい。ポピュラーで強い花はついあまり構わないけれど、、、。
サニーサイド
サニーサイド:ブーケパルフェに絡ませている今年ようやく花をつけた。

冷蔵庫に生協の鳥胸肉がダブってきた。
作ろうと思いながらそのままになってしまっていた鳥ハムを久しぶりに作った。
鳥ハム
ブラックペパーとローズマリーバージョン。

夏野菜の苗とともにサラダ菜ミックスの苗を植えていたのがかなり大きくなってきた。
100円の鉢で何回食べられるかしら・・・?
サラダ菜
今朝はレーズンとクルミ入りのパン。
昨夜眠くて仕掛けなかったので朝2時間で焼ける手抜きの早焼きパン。

朝食
あとキャンベル缶のスープか淡路島おとり寄せの玉ねぎスープの素を使ってまたまた手抜きスープ。
夫の入れたコーヒーで熟年カップルの朝食の準備OK。









焼き芋

12月12日
安納芋

友人が送ってくれた安納芋も焼きいもで食べてみようと
朝からインコアのお鍋にサツマイモを入れて焼き芋。
弱火で約1時間。
安納芋2
美味しかったけど
ちょっと柔らかいかも。
安納芋は何に使うのが一番おいしいのかな?
と調べてみると
紹介サイトには
焼き芋にすると蜜が出るほどの甘さが特徴の安納芋。
近年、しっとりとした食感と甘さが人気と書いてある。
レシピサイトでも焼き芋中心。
ということは私の好みが
甘味・柔らかさ・ねっとり好みではなく
甘みは欲しいけどほっこり感の方が好きってこと。
最近パンなども妙にもちもち感が謳われているけれど
私はハード系のしっかり噛むパンのほうが好みだし。
ハンバーグなども油(肉汁)がどっと出てくるようなのをジューシーとか言ってるのを聞くと
動物性脂肪を飲んでどうするの?って思っちゃう。

好みが多様化しているというより
表現力が乏しいのか
流行なのか
味覚が扁平になっている気がする。




ぼたっとしたおはぎいただきました


9月22日
シュウメイギク
もみじ芙蓉とシュウメイギク

お彼岸なのにお墓参りもせずせめておはぎなどと急に思い立って作った。
買い置きのもち※を出したらなんと虫がついていた。
でももったいないので
最初に熱湯をかけ虫を殺してから何度もよく洗って使った。
ちょっと気持ち悪かったので夫には内緒。
9.22おはぎ


いつも使い残しや買い置きのきな粉があるはずと探したけれど
どこにも見つからずあんこと黒ゴマの2種類だけ。
黒ゴマはたまたま大学芋を作るようになったので買ってきていた。
最近は断捨離と思って使い残しを処分することも多いので
あるはずと思うものがなかったり、
やっぱりあったり。
全然要は片付いてないということで、、、(^_^;)

春の彼岸はボタンが咲くころなので牡丹餅(ぼたもち)
秋の彼岸は萩が咲くころなのでおはぎというそうだけれど
このぼたっとした感じがお萩って感じで
田舎っぽさがいいよね。
そして本当はきな粉もあって3種3個をぱくぱくっと行きたかったところだけど
2種2個をパクパクっといきまいした。
お墓参りもせずに仏壇もないわが家。
せめて思い出話をしながら、、、。








コーヒーポット買いました


9月6日

ず~と迷っていたけれど
結局注文しました。
それで関西に行く前に着いたので
早速試そうと思ったら
何と豆が切れていた。
仕方なく帰ってきてからネットで注文してようやく使いはじめました。
コーヒーを淹れるのはほとんどの場合夫なのですが
今まではティーファルの電気ポットから
直接ドリッパーに注いでいて
何だかなあと思いつつ
まだまだ断捨離途上で新しいグッズを購入するのもとためらっていました。
かなり場所とりですし。
そんな思い入れを持って購入したのに
夫ったらなんと今までの電気ポットと同様に
一度にジャーっと注いでいるではありませんか!!
違う違う 最初は
コーヒーに少量のお湯を、そっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒ほどそのままにして蒸らします。注ぐお湯の量は20cc程度、95℃前後が適温です。サーバーにポタポタとお湯が数滴落ちてくるのを目安に
上島珈琲のHPの受け売りですが、、、。

コーヒー粉の中心に、小さな「の」の字を描くように、お湯を80cc→40cc→20ccと3回に分けて優しく注ぎます。水面が上から1/3程度減ったら次のお湯を注ぐように

とぐちゃぐちゃ言うより自分で淹れた。
何とそしたら本当にマイルドな味わいの気がするではありませんか?

その後夫もとりあえずじっくり淹れるコツを覚えたらしく
確かにマイルドやなあなんて。

まあコーヒー通ではないし安い通販のコーヒーですし
さほど味の違いがわかるわけでもないのですが
単純にその気になって美味しいコーヒーいただいています(*^_^*)

ところでこのポットを買ってから
赤石に登った時のブログを見ていて
赤石避難小屋で淹れてくださったコーヒーは
このポットを使っておられたと気づきました。
7.28赤石岳12

何かしらサブリミナル効果だったのかしら、、、。







激辛ハラペーニョ

9月5日
9.5収穫
だんだんミニトマトやなす、ししとう類の収穫は先細り

ゴーヤ茶
今日もせっせとゴーヤ茶づくり

実割れしたトマトと送っていただいたハラペーニョで作ったサルサソースは大活躍。
ゴーヤ茶

先日のスズキのムニエル以外にもパスタや焼き飯にも。
そして同じくハラペーニョで作ったピクルス。
私は数ミリかじっただけで”無理”でしたが
夫は美味しいと一切れパクリ。
でもやっぱり口から胃にいたるまでヒリヒリ感が残ると、、、(^_^;)
辛い物食べたさって怖いもの見たさ・ジェットコースターやバンジージャンプと共通かしら??
あんまり辛いのって体にもよくない気がするけど。
サルサソースの方はあんまり辛さを感じない。不思議!





ゴーヤご飯

9月3日
午前中はNPOの理事会。
夫は骨折してしまったので車椅子を押せなくなって
娘が同伴で姑とランチ。
骨折余波はこれから2か月、、、。
帰りにわが家にも立ち寄った娘が
珍しくわが家産のゴーヤやししとう・ミニトマト・万願寺などを
持ち帰ってくれて助かった。

理事会の後図書館に立ちよって五木寛之さんの小説「レッスン」と
久しぶりに
角田光代さんの小説2冊を借りた。

関西にいっている間に読み終えるつもりだった青春の門は1ページも読めずにそのまま。
山に行ったり長男家族と合流したり、夫が骨折したりで
姑の家の片づけだけで精いっぱい。
本を読む余裕は全然なかった。

帰りに魚屋でスズキを買った。
オリーブオイルで軽くソテーしてから
先日友人から送ってもらったハラペーニョとミニトマトで作った
サルサソースをかけてオーブンで蒸し焼きに。
臭みがあるかもと家にあるハーブのタイムやローズマリー、バジルにセージものっけた。
9.3すずきのサルサソース
イタリアンパセリを飾って。
9.3ゴーヤご飯
安かったからと言って半身ずつにしたけれど
私には大きすぎた。
レストランのように1/4で十分だった。

きょうのゴーヤはゴーヤご飯にしてみた。
9.3すずきのサルサソース2

ゴーヤご飯なんてありかなと思ったけれど
いくつかレシピが見つかった。
ゴーヤにしっかり味がついて
夫はうなぎごはんみたいと言ったけれど
まあそんなことはないけれど思ったより美味しかった。
ゴーヤ採れ過ぎで困っている方ぜひお試しを。

参考にしたレシピ
おうちのごはん(田内しょうこの旧ブログ)

ゴーヤ 1本
生姜 ひとかけ
ゴマ油 大さじ2
鶏肉小間切れ 150g
酒 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
梅干し 3粒
しそ 6~7枚
ご飯 2合

1.ゴーヤは縦半分に切り、わたをとって薄切りにする。
2.生姜をみじんぎりにする。
3.フライパンにゴマ油をひき、生姜を入れて火にかける。鶏肉を加えて炒める。鶏肉の色が変わってきたらゴーヤも加える。
4.酒、醤油、みりんを加え炒める。汁気がなくなったら火を止める。
5.梅の種を取り、包丁で叩く。しそを5mm幅に切る。
6.ごはんをボウルにいれ、4をあみ杓子で加えさっくりと混ぜる。梅としそを加え、軽く混ぜる。



青唐辛子とゴーヤ

8月31日
帰ってきて庭をうろつくと帰ってきたなあってうれしくなる。
8.31収穫
6日間いなかったので
ししとうもピーマンも色づいて
ミニトマトは雨にあたって割れが入ってしまっている。

最近はまっているのが青唐辛子を使ったピリ辛炒め。
青唐辛子はあまり売ってないので見つけたら買う。
安曇川の道の駅と海南の市場で見つけたので買ってきたものと
やはり海南で買ったかえりちりめんも混ぜて。
わが家産の万願寺とししとうを輪切りにし2,3本の青唐辛子の輪切りとともに
ごま油でいためてからラー油を入れて醤油も少し。
今日はゴーヤも入れた。
8.31.青唐炒め

これが汗が出るほどピリ辛でご飯に合う合う。
私は卵かけご飯の上にこれを載せて食べるのが好き。
冷奴にも合いそう。

それに採れ過ぎのゴーヤを天日干しにした。
行く前の日にやはり干しておいたものはからからに。
乾燥ゴーヤ
何に使えるかはこれから考えることに。

そういえば夫は
午前中こちらの整形外科に。
手術はしなくてもいいけど
本ギブスで固定して全治10週間だと。
重傷じゃん!!
これで登山絶好シーズンの数々の企画はぽしゃげた。
なんと言ってもいつでもどこへでも二つ返事でついてきてくれるのは
貴重な存在だったのに(+o+)

わたしのハートも重症だぜ。
この年になると
私を山に連れてってとお願いしても
全然可愛くないしねえ。
足手まといになるだけだし、、、(-_-)







カレイ丸ものさがし

6月7日
アジサイ
このアジサイは裏庭のアジサイをさし芽で

アナベル
アナベルはいただいた枝をさし芽したものをさらに毎年増やして今年は4株に

墨田の花火
墨田の花火も消えかかっていたものを場所を移して翌年さし芽して今は二株

どんどん増やして楽しく、うれしいけれどもう場所がない!!

明日のメニューでカレイのから揚げを考えているのだけれど
新鮮な丸もののカレイを売っている店がない。
最初西友で6尾見つけたけれど
残りは無く、しかも明日の入荷もないとのこと。
それから同じ永山の魚屋、クリシマ、そして生協、サントク、コモディ、へとウロウロし
結局多摩センターに。
でも千歳やにも京王にもなくて位トーヨーカード―で6尾ゲット。
もよりの店はほとんど回ったので
何とか見つかって一安心。
明日は私を入れると13人だけど
メンバーさんの分は確保できたのでめでたしめでたし。
料理会の買い物で二駅三駅にまたがって買いまわることは珍しくないけれど
魚料理で苦労することが多い。
私の気力が食べてほしい食材にどこまで執着できるかだけど
値段との相談もあるので
あればいいというわけにもいかない。
天候不順で魚も野菜も価格が安定しないので困る。
最近は魚屋さんは頼ベバ丁寧にに下ごしらえまでしてくれるので
もっと一匹ものを扱ってくれてもいいと思うけれど、、、。
冷凍や切り身や味付けなど半調理品がしゅりゅうですねえ。

食材以外の調味料や資料など準備して疲れたので早寝。
明日は妹が休みなので忘れ物をして
途中で買いに行くわけにもいかない。
明日の早朝再点検。




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ