Welcome to my blog

メリエンダのティータイム

CATEGORY PAGE: 読書・映画・舞台・ビデオ・コンサート

No image

レンタルビデオは2度見

4月21日友人の来宅予定がキャンセルになって1日ポッカリあいた。暖かい好天が続いたのでここ2,3日冬毛布を洗って今日も洗ったけれど昼には曇ってきて温度も上がらない。大きな洗濯物がすっきり乾かないと憂鬱。午後は借りていたビデオを2本をもう一度。「ブルックリン」と「スポットライト」2本とも見返しても楽しい。ながら仕事は根昆布と煮干しの粉末作り。ついでに甘夏ジャムも作ろうと思っていたけれどそのまま食べてみたら意...

ビデオ2本

強調文3月29日 ガザニア:この間郷土の森で買ってきた苗が咲き出した。強烈な色。おとなしめのクリスマスローズを引き立てるか圧倒するか微妙なところ昨日借りてきたビデオ2本見ました。 「シンデレラ」と娘推薦の「アバウトタイム」 貧乏性なのでその間、この間リサイクルショップで買ってしまった スカートの手直し。 丈が長過ぎるので裾上げの代わりにタックを入れてみた。 そして姑の胸当てつきのエプロンを母用にサロンエプロ...

歌舞伎鑑賞

3月27日...

テレビで映画

3月10日ジンチョウゲの赤の株が弱ってきている。葉色が悪い。そろそろ新しい株を育てないとジンチョウゲが香りだして春ですねえ。料理会も済んだことだし二男の確定申告の書類を作らなくては。とは思うけどなかなかはかどらなくて集中力がないったら、、、。でもって久しぶりにNHKBSのシネマを見てしまった。「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」 昔の映画って感じで面白かった。いつの世も女は恐ろしいと思いつつそ...

アースビジョン多摩

2月25日友人とアースビジョン多摩に。2005年から毎年開催されている自然との共生をテーマにした映画会。12時過ぎに会場で落ち合って6時まで。持参御おにぎりを食べる暇もトイレに行く暇もないほどの強行スケジュールだった。その分内容は充実していて大満足だったけれどさすがに帰るころはぐったり。メインは山口放送60周年記念作品の「ふたりの桃源郷」山口放送が23年にわたって取材を続け、2002年以来、継続的...

No image

佐藤泰志作品集

1月19日午後には会議が入っているというので夫と次男は早朝出発。息子はもうちょっとゆっくりしたがったけれどリタイヤしたはずの夫が何かと予定を入れている。久しぶりにのんびり母と二人。いつもの堂々巡りの会話をしながら食べてはお茶を飲む。お互いに耳が遠くなってはいるけれど何の抵抗もなく意思疎通ができることが幸せなんだと思う。母は一人のときは韓流ドラマを楽しみにしているよう。寂しさや不自由もある風だけれど...

多摩シネマフォーラム第26回映画祭

11月19日多摩センターのパルテノン多摩で第8回多摩映画賞授賞式に。11時10分開場なので10時半に行ってみたらすでに長蛇の列。多摩センター界隈でこんなにぎにぎしい行事が行われるなんてうれしい。授賞式に先立って最優秀新進監督賞受賞作品「ちはやふる―上の句―」と最優秀作品賞の「オーバーフェンス」が上映。両方とも全然知らないし、俳優陣もごひいきというのでもないけれど今年を代表する邦画ということなので見て損はな...

落語に触れて

11月5日胸肉の柔らかチキンクックパッドで胸肉最強のレシピ。なのに夫は「胸肉は胸肉やなあ」。確かに実は私もそう思うけど、、、。何ゆうとんじゃ!肥満・高血圧・高脂血症対応メニューをわざわざ作ったのに!!NPOの講演が今日は日本の伝統芸能寄席文化を楽しむと題して4人のゲスト落語は前座の方と真打の方。そして紙切りと女流三味線漫談。普段自分から出かけて行くということもなく、テレビやラジオで楽しむということ...

No image

天然酵母と自然栽培に挑戦するぞ(予定篇)

10月26日田舎のパン屋が見つけた腐る経済を興味深く読みました。とても共感できました。その読後感が尾を引いています。なぜなら自分でも発酵や菌が食のみならず、自然界でとても大切だと思い続けてきたからです。でも私の発酵は発酵食品を利用したり、せいぜい乾燥麹を買ってみそや塩麹をつくるところまで。28年前引っ越してきたころはまだ麹やさんが1軒残っていて生の麹を買うこともできましたがその麹やさんも間もなくなく...

No image

青春の門

9月30日青春の門がいよいよ佳境に。というかいつまでたっても信介シャンは自立しないのでだらだらと話は続いている。最初の1巻には2週間くらいかかったのが今は2日で1冊。頭は青春の門バージョンになっているので読みなれて読むスピードも速い。1冊ずつ図書館で借りていたのを今日は望郷編と再起篇の2巻を予約した。読みながら五木寛之が絶えず頭に浮かぶけれど信介と重なるというのでもない。この長編を書けるっていうのはやっぱ...