FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

小椋佳コンサート

6月22日雨だったけどお昼は娘も一緒に姑とのランチ。退院後初めての外出の許可をいただいてスシローに。大腿骨骨折の手術後1か月と20日。前と変わらずに外出できるようになってよかったです。骨折のせいというよりは足の筋肉がやはり弱ってきて車いすから車への移行やベッドへの移行の時に以前より補助が必要になってきています。スシローは混んでいてしかも私のネット予約のミスで待ち時間が45分も。でも宣伝中のまぐろ3貫盛りに...
0

歌を忘れたカナリアは? リリーフランキーって何者?!

2月5日水仙:毎年、正月前には咲くのに今年は今頃。    しかも例年の水仙は咲かずにこれは新参者?    お向かいのご主人が家のは全然咲かないのでもう全部抜いちゃったと。    そういえばいつの間にか増えるけどなかなか咲かなかったりする。    邪魔になるほど球根だけは増えるので抜きたい気持ちもわかる。    一人で    歌を忘れたカナリヤは~♪って口ずさむ。    咲かない花は歌を忘れたカナリ...
0

サントリーホールに

1月23日娘がチケットをくれたので久しぶりのサントリーホール。東京フィルの定期演奏会。デュカス「魔法使いの弟子」ザンドナーイ「白雪姫」リムスキーコルサコフ「シェラザード」指揮はアンドレア・バッティストーニシェラザードが夫も私もわかりやすく楽しかった。躍動的なバッティストーニの指揮にあおられて千夜一夜の物語が展開。彼はヴァイオリンのソロにいたく感動していた。今日は今年二度目の着物着用。派手目の大島。着...
0

仲代達矢「肝っ玉おっ母と子供たち」

4月4日昨年NPOの講演会にお呼びした仲代達矢さん。その長い俳優業の素晴らしい履歴の数々に圧倒されて是非1度生の舞台を見ておかなくてはとチケットを買っていた。友人二人と一緒に3人で。三軒茶屋の劇場なので普段乗る機会のない東急世田谷線で。東京の数少ない路面電車。こんな電車も乗っておかないといつなんどき廃線になるかも。でも結構利用者も多くて今しばらくそんな心配はなさそう。命と家族を描く壮大な反戦劇に仲代演...
0

わたしが孤児だったころ

自分から読もうとは思ってなかったけれど貸してくださったので読んでみた。かなり大部で時間がかかった。幼いころの追憶と現在を交錯させながらの展開だけど翻訳文になれるのと作品に入り込むのにかなり手間取った。子供物は好きだし、描写も優れていてうまいなあと感心もするけれど大人になってからはやや繰り返しが多いというかここまで作品を長くする必要があるかどうか。上海での日本の侵略が何気に日本人としては気になった。...
0

民芸鑑賞

12月17日久しぶりの三越本店。吹き抜けの天女像。吹き抜けの天井のステンドグラス。やっぱりデパートの風格ですなあ・・・。お誘いくださったので三越劇場のお芝居に。でも中身は演劇でした。どう違うって私のニュアンスでは演劇って意図的に脚本に思想的なものを内包しているもの。戦中には上演できなかったような。お芝居は大衆の娯楽優先という感じ。3人で行く予定がお一人キャンセルということで急遽娘に電話するとまた日曜出...
0

晴耕晴読

12月14日日当たりの悪い庭は冬はほとんど花も野菜もないのでもっぱら生ごみを埋めるだけ。とってもいいお天気だったけれど今日は一日中本を読んですごした。「殉愛」の次に「殉愛の真実」誰に義理立てするわけでもないけれど両方読まないと片手落ちのような気がして。でもよく考えたらどちらにもさほどの関心がないのに無駄だった。発端は林真理子さんが一連の騒動についてマスコミ対応が不自然ということだった。マスコミ媒体によ...
0

黒澤明と仲代達矢

12月10日在宅の時の日曜日結構楽しみで見ているのがお宝鑑定団。うちには何にもないなあとため息をつきながらよそ様にはなんとお宝持ちやお金持ちが多いものだと感心する。それでいてお金持ちや物持ちと言えどもさらにさらに欲得で目がくらむことが多くてそれがストレートに見えて面白い。そのあとBSで偶然黒澤明特集をやっていた。39年前の番組の再放送らしいけれど仲代達矢さんのお話や本で読んだばかりの時代の映画のことをそ...
0

多摩映画祭で「ラ・ラ・ランド」

11月25日見たいと思っていた「ラ・ラ・ランド」と「ライオン/25年目のただいま」の2本立て。「ラ・ラ・ランド」 冒頭のシーンが圧巻で期待させたがそのあとはやや恋愛映画ストーリー。昨年の映画賞を総なめといわれる大作で期待していたけれど昔のミュージカル大作を知る身には少し物足りなかった。古いといわれりゃそれまでですが、、、。 実話の映画化です。かすかな記憶しかないふるさとをグーグルアースで探すという奇想...
0

多摩映画祭で映画漬け

11月18日10時半行列に並んで10:45分頃入場。11時10分:幼子われらに生まれ14時10分~散歩する侵略者16時40分~授賞式19時10分~夜空はいつでも最高密度の青色だ映画3本と今を時めく映画人の表彰式。あの『ディストラクション・ベイビーズ』、『葛城事件』『64 -ロクヨン-』などが並んだ昨年に比べると随分穏やかで個人的な、家庭的テーマになっていた。去年の『団地』でこれ何と思ったストーリーは『散歩する侵略者』に。どこま...
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ