帰宅

8月19日
遠州森SA

遠州森SA2

遠州森SA3
新東名ではほとんどのSAに立ち寄ったけれど我々はここがお気に入り

珍しく次男夫婦と出かけた和歌山・大阪。
朝5時出発で帰路に。

母は一挙に気が抜けたように寂しくなるでしょうが
気疲れと疲れも相当なはず。

次男と夫が交代で運転してくれ私は出番なし。
いつもの遠州森SAで自然薯のとろろそばととろろごはん。

11時過ぎには帰り着いた。
往きも帰りも渋滞もなく無事で何より。

昼過ぎ思いがけず娘が帰宅。
娘も留守と思っていたようでびっくりしていた。
多摩川の花火大会のいくため浴衣を気に帰ってきたとのこと。
前回隅田川の花火大会は大雨に見舞われ大変だったのに
今回も雨予報。
浴衣
ちょっと大人可愛く結べたんですけど、、、

とりあえず着付けを手伝って出かけたけれど
やっぱり途中で中止の報。
1時間ほどで帰ってきた。
ぬれずに済んだだけでもよかった。
なんと多摩川の河川敷は落雷騒ぎにヒョウも降る土砂降りの大荒れ。

夕飯を一緒に食べて泊っていくことに。
東京の天気は本当に不安定で野菜は驚く高騰ぶり。
和歌山から買って来ればよかったと後悔しきり。



お墓まいり

8月15日
次男夫婦と一緒に舅の墓参り。
舅も可愛いがっていた孫のお嫁さんと初対面でさぞかし喜んでいるはず。
夫のふるさとのよすががなくなって、墓参の機会がこれからは少なくなる。
やむを得ないとはいえ何だか寂しくはある。



大阪に

8月14日
次男夫婦と大阪に。
やっぱり次男の運転は安心。
お盆の高速はトラックが少なくて走り易く
渋滞もなく順調に大阪に。
また、母のお世話になっております。
明日は次男たちは和歌山をへて南紀旅行に、
我々は和歌山で墓参と所用をすませ、
再び母のところに。



祇園祭 後祭 山鉾巡行

7月24日
昨夜9時過ぎまでいた京都に
今朝は8時に到着。
今日も8時15分に待ち合わせて案内していただきました。
京都とお祭り大好きな京都在住の方に解説していただきながら
今までと違う京都と祇園祭に触れることができ、まさに目からうろこ。

9時からの山鉾巡行を見ます。
大船鉾巡行
出発前に皆さんで記念写真

大船鉾も美しくしつらえられています。
大船鉾巡行2

ルートは新町通を抜けて御池通りに。
そこで鉾が集合して
市役所前前で待つ市長によってくじ改めをして四条河原町,四条烏丸を経て帰ってきます。
狭い新町通りを松を立てた高い山と鉾が通過するのは至難の業。
そしてさらに難度が高いのが四つ角を曲がること。
危険な分見ている側は緊張もし興奮もして嫌でもお祭り気分は盛り上がります。


青竹を並べてそれに水をかけて
掛け声とともに一気に45度くらいを回します。
そして同じことをもう一度。
さらに修正したりして。


無事方向転換できると観衆からは思わず拍手が沸き起こります。
鉾と鉾の上の人たちの安全を守る技術は命がけと思われ、
祭を支える人のそれぞれの活躍に心が熱くなります。

そして早回りして鉾のお旅所に戻って鉾が帰ってくるのを待ちます。
その間喫茶店でお茶など飲みながら。
待ちが多いのも祇園祭の特徴だそうです。
それにしても昨日今日は奇跡的にカンカン照りではなく
よいお祭日和だったとおっしゃいました。

2014年から復活した後祭り。
そして同じく大船鉾が150年ぶりに復活し、巡行に参加したそうです。
このことで華やかな観光行事から神事を大切につかさどる市民の行事に立ち戻った気がします。

その祇園祭の長い歴史と祭にかける京都市民の熱い思いの一端に触れて
祇園祭を全く違う視点で見て楽しむことができる気がしました。
二日にわたって案内してくださったこと本当に感謝です。

さてもう一度実家に戻り5時前には出発して東京に向かいました。
今回は5日間の間に南アルプス・和歌山・京都と目まぐるしいスケジュールでした。
でも疲れはしましたとても充実した5日間でした。

ところで帰りの浜松SAのトイレでこんな珍景を目にしました。
燕2

トイレの中で雛が孵ってにぎやかなことでした。

燕
確かに雨風の心配もない超安全な場所ですよね。
巣の下には糞よけの板もちゃんとつけられていました。















六甲山に

6月23日

六甲山高山植物園に。
笹百合が美しかった。

まつむしそうも。

珍しい食虫植物も。
そのあとはオルゴール館に。
ここも美しいお花とアレンジが。


古い大きな演奏楽器の演奏も楽しかった。
ここのレストランで食事。
私はフォカッチャのサンドイッチ。

3時過ぎには実家に。
通過した豊中あたりは本日日本の最高気温を記録したとか。
確かに暑かった!
元気な同期と楽しく遊びました。

高山植物園での花たち
ウスユキソウ
エーデルワイス

オオヤマ蓮華2
大峰山で見損ねたオオヤマレンゲがちょうど花時だった

オオヤマ蓮華
オオヤマレンゲ

食虫植物
食虫植物

ヴぉーリーズ
小学校の同級生が主催するナショナルトラストが保存するヴォーリズ六甲山荘がこの近く。
土日祝日しかオープンしていない。



有馬に


高校時代の同期と有馬に。



京奈和道路で

6月2日
早朝家を出て和歌山に。
順調に走って西名阪から京奈和道路に。
3回目ともなると
一般道に出るのが煩わしいのか
夫はやっぱり阪和道のほうが早いなあとぼやきだした。
私は里山風景が続く景色が間近いおまけにただなこのルートが気に入っているけど。

前回は休憩がてら道の駅「かつらぎ西」で和歌山ラーメンを食べたけれど
今回は道の駅「青洲の里」に。
なんと和歌山県人の夫が華岡青洲も有吉佐和子の「華岡青洲の妻」も
知らないというので驚いた。
青洲が全身麻酔の研究をし、実際に全身麻酔による乳がん手術を成功した住居兼病院兼医学校である
春林軒塾が公開されていた。
青洲の里2

青洲の里

初めて知ったばかりなのに
青洲の業績や生き方に和歌山県人として大いに誇らしいらしく
彼にとっては偶然のこの立ち寄りがお気に召した様子。

併設の地場産の野菜がメインのレストランでランチバイキング。
青洲の里3
地元の方が頑張っている感満載

青洲の里4
ほんとうに家庭のおもてなし料理って感じでおいしかった

青洲の里5
ベランダからの緑の景色も素敵!
というか京奈和はずっとこういう景色ばっかりではあるけれど、、、(^^♪

前回は舅のお墓参りができたし、京奈和はなかなかいいということに。

倉庫では前回刈った草をクリーンセンターに持って行ったり、
在庫が30年近くそのままになっていたものを埃まみれで掃除。
姑宅がなくなったので夜は和歌山のホテルに。
だんだん夫の和歌山との縁が薄くなっていくのは
彼にとってはやはり寂しいことなんでしょうね。
私はひたすら早く片付けてしまいたいけれど・・・。







奈良興福寺&奈良ホテル

奈良市内には何年ぶりかも記憶にないほど。
近鉄で奈良に。
駅すぐ近くの興福寺に。

金堂は修復中なので五重塔や三重の塔を見て、
さらに東大寺方向に向かっているところで友人に。
「もう時間ないよ」 ということで奈良ホテルに。
奈良ホテルでは高校の同期と食事会。
東京駅を設計した辰野金吾による建物は風格が。
調度や絵画にも見るべきものがたくさんあるらしいけれど
ロビーに座ったまま。
アインシュタイン博士が弾かれたという由緒あるピアノのそばでおしゃべり。

お食事はおいしくて量もちょうど良かったけれど、
4人テーブルで久しぶりにお会いした方とみんなとはゆっくりお話できなくてちょっと残念だった。






帰りは猿沢の池を見て


再び興福寺に。


大好きな阿修羅像をゆっくり鑑賞してから帰途に。
阿修羅像




カタクリを見に片倉城址公園に

3月20日
夫はフルートのお仲間とお出かけ。
突然娘が帰宅。
あんドーナッツが食べきれないからと2つ持ってきた。
まあ大歓迎なので。
休日はほとんど二男が使っているのが
珍しく車があるので
カタクリが咲いているかもと片倉城址公園に。

3時過ぎなのに
駐車場に待ち行列。
ええっここも有名になってしまった。
静かにカタクリが楽しめる穴場だったのに。
肝心のカタクリは
まだほとんど咲いていなかった。

片倉城址公園4
こっち向いてよと思うけれど、、。
花の勝手だよね。

片倉城址公園3
満開もいいけど咲き始めの1,2輪を探すのも、、、なんて
負け惜しみ

片倉城址公園2
数株しかないけれど雪割草が咲いていた

何だか異様に人が多かったのはポケモンのせいだった!
花も見ず、散歩も楽しまず、ひたすらスマホの画面を見ている。
片倉城址公園
変過ぎる!

帰りに公園すぐそばの喫茶店ブリックスに。
ブリックス
アンティークな雰囲気が落ち着く。外観もレンガ造りの倉庫。

その雰囲気を娘も喜んでくれた。
そういえばぜひ立ち寄りたい特別の喫茶店て
最近みんな姿を消してしまった。
スタバや星野なんていうのがのさばってるものね。

私はコンビニの外観もセブンイレブンやファミマやローソンばかりになるのはいや。
サンクスの泥臭い暖色系と長靴のロゴマークが好きだったのにと
娘に話すと
コンビニだらけの街の風景こそ問題でしょうと言われた。
それもそうだった。

でも最近結構コンビニをコンビニエンスに利用させていただく機会が増えてます。
こじんまりと何でもあるって意外と便利。
広すぎてどこに何があるかわからない
スーパーやデパートは疲れるだけ。
コンビニ利用者は若者から高齢者にシフトしているかも。

てな具合に何気に好きなところに出かけ
好きなことを話せる娘との楽しい時間でした。



郷土の森に観梅&乾杯

3月6日
ちょっと出遅れた感の梅見に府中の郷土の森へ。

季節は逆戻りの曇りから冷たい雨の2月のようでしたが、、。

もうすでに散ってしまったかと思いきや

意外と花はまだまだ楽しめました。
郷土の森5

梅は香りがいいので梅園全体からと、花に鼻を近づけてと

遠近両用(?)で

馥郁とした香気も存分に楽しみました。

梅の木の根元にはフクジュソウが。
郷土の森
散り敷いた梅の花びらも美しい

郷土の森4
サンシュユも花時でした。


お昼は無料休憩所のやすらぎ亭で1品持ち寄りのごちそうと

持ち込みのアルコールで乾杯です。

まあこちらの方がメインでもあるので

寒かろうと雨であろうと気にしない仲間たちです(^_^.)
郷土の森6

お料理会の成果?!
男性の手になるすごいごち創が並びます!!


帰りにひょっとしてと探してみましたら

一番咲の春蘭とカタクリ3株見つけました。

咲き始めていた春蘭
郷土の森2



カタクリはまだ3株でしたが可愛い!
郷土の森3


いよいよ本格的な春の気配。

帰りは入り口前の観光物産館でガザニアの花苗3株お持ち帰り。
何となく記念の花として毎回何かしら買ってしまう。



カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ