Welcome to my blog

メリエンダのティータイム

CATEGORY PAGE: つれづれ

お引っ越し騒ぎと北辺の機関車たち

5月26日シャクヤク・ジギタリス。タチアオイ:偶然同じ色味の競演に。新しいパソコンを有線ランに。古いほうを無線ランに接続してしばらく2台使うことに。ところがずっとアナログのはずの夫が早々に無線ランに接続したのに私は何度同じキーナンバーを入れてもできない。仕方なくバッファローのサポートセンターに。ところがそれでもうまくいかない。キー番号の入力が間違っているしか考えられないということに。ところがキー番号...

Windows10デビュー

5月24日アルペンブルー:どうしてこんなところにと思うけれど抜きもせずおいていたらとうとう花まで咲いた(5月20日)どんどん花数が増えている(5月22日)ようやWindows10デビュー 実際は枠のフレームは以前のものと同じ赤。フレームが細くなった分画面は大きくなってここまでとは思うけれどデスクトップにこだわると売ってないんだよね小さいタイプ。以前のでも1回もテレビもビデオも見なったのでここまで大きい必要は全...

なかなかエンジンが

5月21日シャクヤク:毎年存在感たっぷりなのに今年はジギタリスやタチアオイの陰でこじんまり。でも華やかさはさすがアルペンブルー:こんなコンクリートの隙間に生えてどうなるのかしらと思っていたらちゃんと花まで咲かせた。すごい!!ブーケ・パルフェ:蕾が開いて白みがかった花に。バーベナ:縁取りには強い花を植えておかなくては。足元締めてくれていい仕事。車もないしパソコンはすでに17日に届いているのにまだセッ...

遅ればせの母の日

5月20日アグロステンマ:植えた覚えがないけれどヤグルマギクによく似た姿で大きくなって我が家では初めての花が咲いた。サカタの花絵具シリーズのブルー。(324円) 育てて見ないとわからないので手持ちの種や苗とかぶるものも多いけれど咲くまでわからない、咲いてもわからないものもあったりして、、、。結構楽しい。今年も別カラーかミックスに挑戦するかな~ メダカの赤ちゃん 随分大きくなってようやくカメラでもと...

しまむらでジーンズお買い上げ

5月19日薔薇は何株が育てているのに、全然まだ咲かないカブのほうが多い。ガーデンブログや通りがかりのお宅で見事なバラの花盛りを見ると胸がキュンキュンと痛む(ー_ー)!!お料理会にはいて行ったジーンズが屈んだ時にスーッと横に膝が抜けた。まあ流行りのダメージ加工が自然に。でも、古希のばあさんが膝を出してもね。お気に入りだったというか今やジーンズは全部処分してこれ1本のみ。断捨離が唯一成功していたわけで。1...

多摩大学リレー講座 下斗米伸夫法政大学教授

5月18日妙な咲き方のジギタリスシャム双生児みたいに茎がくっついているそんな話をしながら妹が花を触ったらぽきりと半分に折れてしまった。ひどい!!その妹宅では昨年あげた同じ苗から2mにもなる巨大な花に育ったそう。全身毒だというしすごい生命力旺盛な花なんだ。種は恐ろしいほど小さかったんだけど。テーマは「転換期の世界と日ロ関係」とはいえロシア・ソ連政治史の泰斗と言われる先生のこと先日来マスコミをにぎわせ...

同窓生の作品展

5月13日リュウキュウツキミソウ:植えてるわけでもお世話するわけでもないけれど咲きそろうと可愛くて抜き去る気にはなれない。コンクリートと砂利の間にしっかり根を張っている。朝から小雨。昨日買った野菜苗の植え付け。午前中いっぱいかかった。どんだけ収穫できるものやら、、、?すっかり本降りになってきたので水遣りを免れて私的にはうれしかった。その雨の中武蔵小金井に。普段行ったこともない駅だけれど先日母と一緒...

おしゃべり6時間

5月10日ルピナス:ニュージーランドに行くまでジギタリす同様憧れの花だった。だけどニュージーランドでは浸食帰化植物以外の何物でもなかった。黄色のエニシダとともに野生化して繁殖し続けるルピナスにイメージ一新。日本で繁殖し続けるオオキンケイギクや今増殖しているナガミヒナゲシ状態。でも日本でみるとやっぱり可愛くてついついまた買ってしまった。やばいほど増えることもない。先日道ですれ違ってご近所の方とお茶の...

4月27日ラナンキュラス:昨年の球根が今年も美しい花を咲かせたラベンダー年中咲いているみたいだけれどやっぱり今が花時なのかな早朝家を出て順調に圏央道~東名~新東名~東名阪~西名阪そして今回初めて京奈和道路に入ってみた。私は以前からこのルートに関心があったけれど夫はどうも懐疑的。それでも天気はいいし、時間的にも余裕があるのでじゃあ行ってみるかということに。御所と五條の間がまだ開通してなくて一般道に降...

そろそろ家庭人に

4月26日エビネ:ひっそりと咲き始めました。シラユキソウ:また今年も名前が曖昧。アワユキでもなく、ウスユキでもなくシラユキでした。強くてどんどん増えるので抜きたいけれど、その花の風情はか細くて愛らしいのでつい残してしまう。まだ全然よくならないというか食べるとまた嘔吐。体力に自信ないけれど明日からまた、和歌山行き。その重圧がストレスになっていると思われるのでできれば行きたくないけれど車での往復は夫に...