秘密

9月15日
ルリマツリ
ルリマツリ
ルリマツリ2
花が少ない時期に咲き続けてくれている

だってあんまりなので
自分自身でもなかったことにしたい。
でも仕方ないので出かけました。
免許証の再交付です。
この間出てきたばかりというか拾っていただいたばかりなのに
なぜかここ2,3日見つからない。
車はどうしたって利用するので
なくては困るので出かけました。
実は先日大手町での受け取りの際
2度と繰り返したくない過ちと心に深く反省したはずがまだわずか1週間でしょう。
誰にも言えない。
魔がさしたというか、、?悪魔の導きか、、?
とにかく弁解を探してもしようがないので3500円を払って再交付。

そして大手町に出かけた帰りにはパスポートも申請したのでした。
これも10年目の誕生月を大いに過ぎてしまっていたのですが、、。
その際とった写真がすぐさま生きたという皮肉。
もう人並みな社会生活が維持できないんではなんて不安・・・
別にそこまで深刻には考えてはいませんけれど
情けないなあと落ち込みはします。



種まき

9月14日
スイレン
スイレン:忘れたころにまた花を咲かせている。

ミニトマト
いよいよミニトマトも最後

山から帰り、お料理会もすんでほっと一息。
たまっている仕事もあるけれど
ひさしぶりに庭仕事。
はかどらないけれどやっぱり土を触っていると
私にはすごく精神的にいい状態にリセットできる気がする。
土を掘り返して
牛糞と鶏糞を混ぜて耕し
小松菜と高菜とノラボウナの種をまいた。

ところで涼しくなってちょっと油断して
短めのパンツをはいて作業していた。
長靴とパンツの間に少し隙間があったら
なんとそこをぶよに刺された。
今年初めて!
悔しい。
また1週間から10日はかゆみに苦しめられる((+_+))



聖岳~上河内岳~茶臼小屋

9月10日
朝食をお弁当に変えてもらって朝4時出発。
3時ごろ雨が降ったので夫は「それでも行くんか」と言いたげ。
「行くにきまってるでしょう?ここまで来て」
「財布落としても・携帯落としても前に進む私なのだから!!」(?)

ヘッドランプ歩きにも多少慣れて小聖岳(2662m)には5時39分に。
聖岳2日目5

まだ薄暗いけれど目指す前聖が見えてきた。
聖岳2日目

暗いしガスっているのでひたすら登って前聖(3013m)に。
聖岳2日目3

とうとう南アルプスの百名山巡りも終わりです。
聖岳2日目2
まあいつでも付き合ってくれるこの方のおかげがあってこそです。
口には出さねど感謝!感謝!

そして余勢をかって奥聖((2978.3m)にも。約20分です。7時35分
聖岳2日目4

三角点はこの標識の奥のケルンのそばにありました。
聖岳2日目6

そして時折見える赤石・荒川岳方向に向かって
お弁当の大きなおにぎりをほおばりました。
南アルプスの奥深く3000mの山頂に座って朝弁!
おおまさに私にとっては至福の時でした。

そしてゆっくり前聖への道を戻りました。
ガスっていて奥聖をカットされた方が多かったのですが
チングルマのお花畑が広がっていてちょっとした空中庭園の趣でした。
まあチングルマが咲いて居ての話ですが、、、。
それでも花後のチングルマの綿毛もピンク色に風に揺れて
それはそれで風情のある風景でした。
聖岳2日目7

そして再び前聖に戻り下山しました。
聖岳2日目8

往きはあまりよく見ずに登ったコースは岩稜で
結構怖そうなところもあり、その岩場には美しい花たちも咲いていました。
ピンク色の花はイブキジャコウソウ、そしてその横にトウヤクリンドウ。
聖岳2日目9

そして小聖に戻るころにはかなり青空も広がってきて
聖岳もその威容をばっちり見せてくれました。9時16分
聖岳2日目10

そして名前の通りアザミがたくさん咲く薊畑経由で再び聖平小屋に。10時半ごろ。
聖岳2日目11


昼食にはまだ早いので私はカップラーメンを頼み
夫はおにぎりの残りと手持ちのもので休憩。
またもやフルーツポンチもいただきました。

実は
聖岳に戻ってから上河内岳に登りたいと思っていましたが、
それならピストンよりも茶臼小屋泊にした方がということでコース変更しました。
昨日からお話が弾んだ同宿の人たちも皆さん茶臼小屋泊の予定だということでしたし。

それで11時過ぎに聖平小屋を出発。
まず南岳に向かいます。
これが意外にアップダウンの繰り返しとガレ場ありできつかったです。
聖岳2日目12

南岳2702mには13時16分着。
聖岳2日目13

すっかり晴れてきて聖の展望もばっちりです。
聖岳2日目14

ここから上河内岳に。
その間、お花畑が続いて
久しぶりに好天のもと、ゆっくりお花たちと向き合えて
私はすっかりご機嫌ウハウハでした。
何しろ大好きなマツムシソウの群落、
聖岳2日目15

聖の登山路ではなぜかリンドウがみんな枯れた様な色でしたが
ここでは生き生きしていました。
聖岳2日目20

聖岳2日目19

聖岳2日目18

聖岳2日目16
ミヤマナデシコ・マツムシソウ・ウスユキソウ・ウメバチソウなど
聖岳2日目17

そして上河内岳肩に。14時頃。
リュックをデポして上河内岳に。
聖岳2日目25

肩からは15分と書いてありましたが
まあ私たちなら20分かと思いきや案外10分ほどで登れました。14時20分 2803m
聖岳2日目21

ここは360度の眺望が楽しめる200名山です。
南アルプスの山々や中央アルプスなど知ってる山がわずかの我々でもうれしかったです。
聖岳2日目22
畑薙ダム湖も見えています
聖の向こうは荒川三山でしょうか?
聖岳2日目23

歩いてきた方向には南岳と聖平小屋も見えていたのですが、、、。
聖岳2日目26
我々はまたここでもおやつを食べながらしばし休憩。
だって南アルプスでも極上の場所ですものね。

肩まで下りていよいよ最終行程です。
この辺りはすべて東海フォレストの所有地だそうですよ。
聖岳2日目27

ずっとこの自然を守り続けてほしいです。

途中面白い岩がありました。
聖岳2日目28

タモさんじゃないけど
もう少し地形や岩に興味があれば南アルプスはまた違った意味で
さらに興味深いでしょうね。

またもや朝4時から12時間労働になろうとするころ
疲れてなんだかなかなか距離がはけません。
嫌いなガレ場ではしばし座り込んでしまいました。

ようやく茶臼岳と小屋の分岐に。16時10分。
聖岳2日目29

ここから10分で茶臼小屋です。
我々にとっては長い行程でした。
お疲れ~!
でも聖沢のコースをピストンしなくてよかったです。
午後からはお天気も良くて変化のあるコースを存分に楽しめました。



カード再発行

9月7日
カードを停止してしまったので
再発行の依頼や引き落としについての連絡など
半日かかってしまった。
これが面倒で
カード停止をためらっていたけれど
夫や次男のいう方が正論なので
反論もできずお任せしたけれど
出てきてしまうとね。

でも銀行と違ってカードは競争が激しいので手数料もかからず手続き自体はスムーズ。
ましてや新規発行すればポイントもついて却ってお得?

実際はカードが送られてくるのには1週間から10日かかるので
自分で使うことはできないけれど
継続についてはスムーズで一安心。

包丁立てが壊れてしまったのであちこち探したけれど
適当なのが見つからず
結局ニトリで。
凶器を目に見える場所に置くのは嫌で
包丁立てはキッチンの流し台の中に取り付けていたけれど
今回は流し台の横に置くタイプ。
もう以前タイプは全然なかった。

ところでニトリで買った時計がもう壊れた。
1000円前後だったと思うけど

その前の時計は20年以上は持ったはず。
全然お値段以上じゃなかった。
それ以外の時計も時を同じくして壊れた。
舅が生前にくれたものだから30年以上も使ったはず。
それぞれ消耗品価格のチープな感じのものではあったけど
ちゃんと電池交換さえすれば動き続けた。
今度買うなら
死ぬまで使えるものがいいけれど
デジタルのものは外見と価格と品質とで判断できないので困る。

追記あり




→続きを読む




東京大手町に

9月6日
早速昨日のうちに連絡を取ってポーチを受け取りに。
何しろお金は別としても私個人の個人情報の塊。
そんな貴重なもの普通忘れたり落としたりするか!
はい!それがたびたび…"(-""-)"

ということで勤務地近くの指定場所大手町の某所にお昼休み時に。
大都会のど真ん中に久しぶりに行くと
いや~その生活リズムや行動やスタイルやファッションや、、、
山から下りてきたばかりの都下のベッドタウンに暮らすおばちゃんには
すべてが別世界で・・・

こういう方々で日本は動いてるんだとひしひし。
うちの父ちゃんも現役時代は霞が関でその一翼を担っていたはずだけど
今や隣に座っているとただの田舎のおっちゃんで、、、。

一昨日は南アルプスの山奥深く歩いていた方が
昨日も今日もこの大都会の真ん中でビシバシと働いておられるのかと
妙に感動してしまった。

おかげさまでいい方に回収されてポーチは無事帰ってきました。
三伏峠で私がお声をかけたお二人は
なんと我々が2時間かかって下りた2合目までを
45分で走り下りられたそう。
もともと健脚な方たちだったとしても
ポーチのためだとしたらあまりに申し訳ない。
もう一方は徳島の方だったとか。
本当の本当にありがとうございました。

これが骨身にしみてこのうっかりの物忘れを
繰り返さなければいいのですが
そこんところが何んとも自信のない私。

体力・気力も記憶力も能力も老化とともに落ちるけれど
それによって生活全般の管理能力も落ちているわけで。

それでも山に登るならそれなりの覚悟が必要と改めて。















アイフォンデビュー

9月1日
アイフォン

毎度一日は緊張する。
9時ジャストに調理室申し込み。
セーフ。

そのあと10時に昨日予約したドコモショップに。
1500円割引該当機種のガラケーのつもりだったけど
なんと気の迷いからアイフォンに変更してしまった。
アイパッドを使っているとはいえ料金のみの支払いで
夫が独占状態。
つまりマックはお初。
らくらくホンから変更する人などいるかなとは思うけど
らくらくホンの機能不足にイライラしたので年寄りの冷や水。
まあ脳トレにはなるでしょう。
色はピンク。
悪い??


結局手続き終了には12時を過ぎた。
ほんと携帯って面倒くさい。
それに通信料が全然縮小せず
固定電話代を入れると夫婦でまた2万円弱。
年金暮らしで突出した経費だよ。
若者世代と共通の悩みで食事がお粗末になりそう。
何とかせねば。

でもまあ私はパソコンお友達だし
夫はアイパッドお友達。
趣味も兼ねてということにすればまあいいか。

ところで腹立つのは9月にアイフォンオの新モデルが発売されるそう。
まあどうせそんなのは必要ないけど
手続き済んでから言うのって失礼でしょうって思わない?
でも長蛇の列か予約ですよだって。
そうだよね。やっぱ無理!!





携帯の更新

8月31日
いつも携帯料金ってさっぱりわからない。
携帯の更新がちょうど二人とも来月だったので
それじゃあ二人で格安スマホに乗り換えようと
モバイルワンに開店一番のり。。

ところが我々の希望通りにすると
結局ドコモで今までどおりが一番ということに。

結局午後今度はドコモショップに。
夫がアイアッドをこのまま継続して使いたいということで
アイパッドの契約からはまだ2年たってないので
違約金や残債の負担があるし、
アイフォンは格安では使えない。
登山の場合受信範囲はドコモに限られる場所が多い。
ドコモの料金も機種変更すれば1500円安くなるなどなど。

結局私が機種変更しても
現状維持のプランのままなら今よりは少し安くなるということで納得。
格安ならずチョイ安で。

楽々ホンはアプリがダウンロードできないのが致命的だったので
新しい機種が楽しみ。
それに山で使える範囲は少しでも広いに越したことはない。

結局いつもドコモがえり。
なんか格安の方がうらやましいんですけど。



マウスダウン

8月30日
字もまともに書けなくなるほどパソコン頼みの毎日。
でもってマウスがダウン。
5月にパソコンを購入した際に付いてきたNEC製のもの。
最初からあまり相性が良くなかったけれど
電池を交換しても全然ダメ。
パソコンが動かないとマウスも買えないでしょう。
とむかついても仕方ないので
古いパソコンを使って
(まだお引越しが完了してなくてご健在)
早速アマゾンで購入。

もう調べている暇はないので
一番人気の機種に。

午後図書館に予約本を借りに行き、
期限の本を返して
ついでに買い物をしていたら
安馬が降るとは思ってなかった空模様だったのに
ぽつぽつときた雨が一瞬の間に土砂降りに。

最近よく見聞きする天候の突然の変化ってこういうことかって実体験。
しかも300メートルほど行くと
道路がぬれているのかいないのかわからないほど。
庭に水をやらなくて済んだと思ったのに
1kmほど離れたわが家では
お湿り程度だったみたい。
豪雨というところまでは行かなかったけど
ゲリラ的ではあった。
天候の不安に北朝鮮の不安。(飛躍しすぎ?)
なんだかねえ・・・・。



字が書けない!辞書も引けない!

8月27日
久しぶりにボールペンで手書きのお手紙を書いたら
字がまるで下手。
しかも漢字が書けない。
なんとなくはわかるけど自信がない。
それでまたもや久しぶりに辞書など引くと
字が小さすぎて全然見えない、読めない。
91歳の母がしゃらしゃらと便箋で3枚くらいの手紙を
いまだに気軽に書いているというのに
私は文盲になっている。

夫は出張で出かけたので
午後は24時間テレビを見ながら
ミシンでいつものふきんと雑巾縫い。
そのあと実家用の枕と枕カバーも縫った。
泊めてもらうばかりなので
そば枕も二つ送った。

その枕の生地とカバーがいかにも薄地だったので
作っておいた。
今度行くときに持っていくつもり。
最近は羽毛や低反発枕を使っていたけれど
実家でそば枕が意外と心地よかった。
うちも次はそば枕にしようと思う。





仮想計画でも撤退?

8月23日
千日紅
朝7時の陽ざしがもう暑い

久しぶりに朝から暑くてしかも厳しい日差し。
というか厳しすぎて35度の予想の真夏日。
暑すぎるか
豪雨か
毎日雨か
なんだか普通のなくなってしまったお天気。
おかげで山にも行けない。
高齢者は無理はいけない。
体力もないのに悪天候が予想される日に出かけるわけにいかない。
しかも夫は10割引きの仕事だというのに
出張・出勤・会議とそれに趣味のフルート優先で付き合いの悪いこと。

もう残っている山はひとりでは行けない難度C級ばかりだし。
しかも最低でも2日はかかるのでもしものことを考えると
ひとりでは行けないし、
当然荷物も重いし、、、。

それでなくても軟弱な体力かつ膝痛を抱える身では
もう山行きのベテランの方に連れって行ってと
お願いするわけにもいかない。
大きな顔して迷惑かけてもいいのは
結婚以来迷惑かけられっぱなしの夫のみ。
そんなこんなで8月はどこにも行けてない。
夏山シーズンに行かなくていつ行くというんでしょうねえ。
と悶々としながら
山の地図を見ながら
仮想計画を立てていたら
やっぱりとても行けそうもない山ばかりだよ。

聖・塩見・飯豊・朝日・・・
剣・水晶・・・
北海道にも九州にも、、。
無理無理無理・・・。





カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ