Welcome to my blog

メリエンダのティータイム

CATEGORY PAGE: 断捨離

No image

膨大な紙ごみ

3月13日確定申告にてこずっているのにさらに添付書類を探している間に古い書類を整理し出したらとても確定申告どころではなくなった。集中力がないので何かやらなくては行けなくなると急にほかのことが気になってしまう悪い癖!!3、4、年どころか10年前の書類まで取っていた。今更どうなるものでもない。捨てなきゃとは思うけどこのまま捨てたら個人情報の垂れ流し。以前は家庭用焼却炉で燃やしてすっきりできたけれどそれ...

断捨離はつらい修行

3月2日うめもようやく・・・梅伐らぬバカなんていうけど切りすぎるとやっぱり貧弱まさか動かさないと思っていた食器棚の食器を触りだしたのでやっぱりやるのかと観念したのか今日は1日休むので移動だけは手伝ってくれるという。ところが私は他にもやることが重なっているうえに1~2月の疲れもあってか体調がダウン。いつもの目まいと吐き気が襲ってきて全然はかどらない。それでも何とかこの間詰めた食器棚ともう一つの食器棚...

断捨離前進

2月26日姑宅から持ち帰った食器棚を活かして結婚以来使ってきた大き目の食器棚を処分することに。朝からそのためにわさわさやっていると子供の学習机のお下がりとライティングデスクと居間のテーブルとそこかしこで散らかし放題だった夫がここ2,3か月とりあえず引き出しの壊れた学習机を処分すると整理を始めていたのが「おまえ大胆やな~」と刺激を受けたのか急に片づけ始めた。なんと私より早く2階からその机をおろしてし...

お気に入りの断捨離

2月16日写真で撮るとそのひどさが際立つ!!というか今日までこれを使っていた神経を疑うというか(+o+)40年以上前の新婚旅行で行ったスペインのトレドの町で買ったスープ碗6客セット。今だって大好き。行く機会さえあればもう一度買ってくるつもりでいたけど結局行く機会もなくてそのまんま使い続けていたわけで・・・。仕方なくとうとうニューワンの碗をネットで買いました。それでこのセットも処分することに。と言いつつ...

金持ちじゃない物持ちだよ

1月9日ティーポットとアップルパイわが家で使うことになったティーポット。フルーツティーとカスタードアップルパイでティータイム食器に全然統一感無いけど、、、。お昼はやはり姑宅から出てきた雑煮椀で。長男誕生後にわが家の分として家紋つきをあつらえてくれたけれどずっと姑宅にあってお正月に実家に帰れなくなってからは行方がとんと。この間片づけているときに天袋から出てきました。でもお正月だけに使うのにこのかさ高...

No image

断捨離とムダ買い

1月5日昨日借りてきた角田光代さんの「マザコン」あっという間に読んでしまった。久しぶりに読んだらやっぱりくだらないような日常をふんふんと思いながら・・・。ついつい読んじゃいます。昨日の続きでようやくダンボール1個分片付けました。また今月も行くことになると思うのでそれまでにはもう少し片づけないと。実は姑が溜めて物入れに押し込んでいた買ったものやもらい物等の食器や進物類をかなり持って帰ってきたのですが先...

No image

今年の断捨離はじめ

1月4日仕事始めでもう行かなくてもいいんじゃと思うのに夫は張り切って出勤しました。私は読み終わった本の返却と予約していた本を借りに図書館に。ついでに郵便局によって姑が溜めていた5円玉や記念の500円硬貨を通帳に入金。オリンピックやその他の特別記念硬貨は価格以上には値打ちがないとうことだし、一般に流通させるのも面倒なので預金に。1代前の1000円札や500円札も何枚かためていたのですがそれらも骨董的...

お宝切手大放出~切手の断捨離

12月9日夫の実家の整理の中で彼の子供時代の切手帳も何冊か?でも今やテレカも切手も額面割れ。本当にわれわれの子供時代の一時期切手収集がすごくはやって私だって探せばきっと小さな切手帳は出てくるはず。かなりお小遣いをはたいて買ったものだったし、教室や友達の家でみんなで見せあっては自慢したり、うらやましがったり・・・。だけど今やほとんど値打ちが無いんだって。何しろ額面は5円や10円がほとんどだからそれが額面割...

No image

一瞬の間に消滅

11月26日今まであまり片づけにタッチしていなかった夫も不承不承参加し始めて早速そのうっとおしい現実を知ったよう。専用の段ボールに入っていた客用の座布団5枚セット。使われないままの高級品。だけどいまどき5枚の座布団。見るとやっぱりもったいないし捨てるに忍びないと悩みだした。「ざまあみろ!君だって」と私はほくそ笑む。私はずっとその苦悩の中でこの家のものを処分してきたんだ!自分では92歳になっても一切...

No image

厳しい現実

11月25日負の遺産って云いえて妙。多分地方に実家を持つ都会暮らしの団塊の世代は多かれ少なかれ直面しているのでは?不動産が遺産の大分だったのはほんの数十年前。それが今や処分できずに維持費に苦しめられる事態に。世の中の変化はめまぐるしく著しいけれど不動産と呼ばれた資産の変化が一番動いてない??というわけで夫もまさにそのお一人。ましてや一人っ子と来ているのでその双肩にどっしり。おかげさまで良妻賢母とは...