高尾山にファミリー登山

1月14日
1.14高尾山2
今年初の高尾山は快晴

毎年お正月は長男家族と高尾山に。
今年も無事にみんなで登れた。
4歳の若は上りはとても機嫌よく楽し気に登って
パパやママ、じいじを感激させました。
1.14高尾山
ママと手をつないで。

姫はもう余裕で娘と一緒に先に山頂に。
11時には全員到着。
朝昼兼用にしては軽いお弁当。

そのあと去年は見られなかったシモバシラを見ようと
裏高尾に。
寒い日が続いているので今日もばっちり。
1.14高尾山4

1.14高尾山5

1.14高尾山6

おお!せっかく氷の芸術を見れたのに息子と姫は天狗焼きを買うために先に下山。
嫁と若もあまり関心なさげで感動なし。
お受験と塾に必死でも情操教育がなっとらんと(ばあばは心で思いましたが…)

薬王院にお参りをし
娘は次男の嫁のためにお守りなどもゲット。

山門前のもみじ屋さんが閉店していてビックリでした。
高尾山は今日も混んでいるし、場所もいいしなんででしょうね。

ケーブル駅前の仮設店舗の前でみんなで天狗焼きをほおばって
夫と私は歩いて、ほかの5人はリフトで下山。
今年もそろって登れてよかった!よかった!



高尾山のシモバシラ

12月29日
12.29シモバシラ7

毎日寒い日が続き、昨夜は零度を下回ってメダカの鉢にも氷が。
きっと高尾山にシモバシラができているはずと高尾山に。

でもその前に特売のお砂糖が欲しいので近くのスーパーに。
1個限定なので旦那と二人で1個ずつ。
普段ほとんど砂糖は使わないけれどスイーツにはね。
料理会にも少しでも安いものが欲しい。
おなじく特売のサラダオイルも買って。
それだけではあまりに格好悪いので数の子なども買い足した。
誰にというわけでもなく見栄を張るところが情けない"(-""-)"

そして快晴の高尾山に。
日影沢から裏高尾。
かなり時間は出遅れたけど
ばっちりシモバシラを見れました。
12.29シモバシラ

同じ考えの方は多いと見えて
シモバシラあたりは人だかり。
12.29シモバシラ8

今年の1月2月は暖冬だったり、ドカ雪が降ったりで
結局1度も見られなかったので
今年初めてのシモバシラ。
12.29シモバシラ2

12.29シモバシラ3

12.29シモバシラ4

12.29シモバシラ5

12.29シモバシラ6


一丁平の方にもあるよの声で巻き道を予定外の一丁平まで。
帰りは日差しのある正規ルートで。
朝の寒さがうそのように暖かい日差し。

もみじ平の山頂で富士山を見ながらおにぎり。
2017.12.29

思い立ったが吉日の最高の高尾山日和。
シモバシラも、富士山も見られて最高。
そしてシモバシラを見ているときに素敵な女性とお話ししました。
シモバシラを見ていればその美しさが共に口をついて
共感が共鳴する。

その方とまたもみじ平の休憩ベンチでご一緒になり再びお話を。
筋金入りの登山家で絵もされ写真もされる方でした。
筋金入りといってもまさかと思える楚々としたほっそり美人なお方です。
こんな人生と山の素晴らしい先達にお会いできるのも山ならでは。

帰りには友人宅と次男宅に今年豊作の千両を届けた。
昨年不作だった分今年は見事なので
お届けできてうれしい。
久しぶりのおしゃべりも楽しかった。

夜は次男夫婦と次男の仕事仲間と私とで忘年会。
大変な労力ばかりで儲からない仕事だけれど
二人は好きなことに打ち込んで来年は10年を迎える。

私は校正と会計でお手伝いしているので正規なご招待。
何にもしてない夫は強制参加で6人で。

年末に掃除もせず(?)充実した時間が持てた。








高尾山ダイヤモンド富士

12月22日
恒例のダイヤモンド富士を見に高尾山に。
12.22ダイヤモンド富士
16時16分。すでに太陽は富士山の真上にあるけれどまぶしくて富士は全然見えない。

12.22ダイヤモンド富士3
16時25分今までで最高の天気…だけど燦然と輝く太陽ばかりが。

12.22ダイヤモンド富士4
16時26分それでも冬の日はつるべおとしで刻々と沈んで行く

12.22ダイヤモンド富士5
16時27分富士山の稜線がくっきり見えて本当にダイヤモンドの輝き

12.22ダイヤモンド富士6
16時28分本当に今日は富士山の山頂ど真ん中に沈んで行く

12.22ダイヤモンド富士7
16時28分 最後のダイヤモンドの輝き

12.22ダイヤモンド富士8
16時28分 すっかり太陽は沈んだけれど美しい残照が富士をくっきり

IMG_2082.jpg
16時29分 15分のショーは終わったけれど後をひく美しさ

12.22ダイヤモンド富士10
ことしご一緒した料理会のメンバーさん6人と。

最強のダイヤモンド富士を見たので来年はきっといいことありそう(^^♪


久しぶりに高尾山

8月24日
久しぶりといっても2日にも登ってもいるけどね。
昨日山計画をしながらこれじゃとても無理とは気づいたけれど
だからと言ってあきらめたわけでもない。

いやまず行けないときの体力づくりと
けなげに今日はひとり高尾を決行。
以前は高尾山に登ることだけが目的で
楽しかったのに、、と思いながら
別に楽しくないわけでもないけど
今は体力づくりのためのトレーニングの場。

午後夫が出勤してから出かけたので
ケーブルの清滝に着いたらすでに3時半だった。
清滝

6号路から琵琶滝を経て見晴らし台で1号路に合流し
moblog_ccbcda60.jpg
あまりすっきりとは見えなかった

そこからまた4号路にはいってつり橋を渡って
moblog_59a3c168.jpg

いろはの森の学習路から山頂に。
moblog_22e96a0c.jpg
富士山は全然見えなかった

ちょうど90分。

10分休憩して稲荷山コースから下山。

やっぱりテカリに比べりゃなんと楽なこと。
最もテカリなら上りだけで3往復だけど。

といってもちゃんと1時間かかって
6時10分に清滝口に。
清滝2
2時間半コースだったけど
上りは汗びしょびしょでそれなりに快汗・快感!

ところでケーブルの清滝口駅は工事中。足台やネットがかけられているんだけど
時計の下には今まで気づかなかったけれど山主の天狗さんの顔があったんですね。
それがなぜか顔を隠してるのに赤い鼻だけ見せていて
写真にとると妙に卑猥
トリミングしましたけれど。
世界に誇るミシュランの山。
少しは外観も考えてほしい。
それとも私が単に考えすぎ??




高尾山6号路からビアマウントに

8月2日
さるすべり
百日紅:今年は花が少なくて目立たない。ヤマボウシも咲かなかったし伐りすぎなのかなあ。

8月は料理会はお休みなので
有志で高尾山に。
最初の希望者は2人で妹を入れても4人。
でも少数精鋭で行くことにしていたら
なんと最終的に総勢9人の参加。

それにしても午前中は雨がらみ、午後は曇り。
午後は弱雨ないしはくもり、
他の予報では晴れマークまでという悩ましさ。
2時半集合でスタートするころにはぽつぽつ。

まあ大したことにはなるまいと思っていたら
山頂付近では本降りに。
全くあてにならないったら!!
外れるなら上天気のほうにぶれてほしいってもの!!

でもまあ後半戦があるのでということで
そのまますでに閉まった薬王院を素通りしてビアマウントに。
雨でもそれなりのお客さん。
いつもは屋外だけれど
今日は屋内で。
メニューは例年通り。
飲み放題で男性は3500円、女性は3300円。
私はジョッキ一杯のビールだけなのでほとんど元は取れない。
まあその分頑張ってくださる方もおられるので。
制限時間の2時間がちょうどいいくらい。
いつもは歩いて下るけれど
本日は全員ケーブルカー。
帰るころはすっかり雨も上がっていた。

久しぶりの高尾山とビアマウント。
普段できないおしゃべりをして
やっぱり行ってよかったの楽しいひと時でした。
雨のため写真1枚もない高尾山も珍しい。

また、高尾山でお花見中

4月22日
先週に続きまた、お花見に。

先週と同じ日影沢から北東尾根ルート~小仏城山~一丁平~奥高尾~日影沢。

リンドウ
フデリンドウ
この辺に咲いているはずと思ったら
ちゃんと咲いていた。
先週は咲いてなかったので本当にうれしい出会い

今日は仕事がらみの娘も同行。
高尾山マイスターとおだてられあちこち知ったかぶりでガイド役。
夫と違い反応が本気なのが新鮮。
一緒に感激してくれる。

小仏・桜
先週美しかった三つ葉つつじはかなり色がさめ桜は葉桜に

いったいいつが花見時だったのか
先週はまだ早いと思った桜が
今週はもう遅い。
三日見ぬ間の桜って本当なんですねえ。


先日のところとすこし場所を替え一丁平の近くにしたらすでにほぼ団体グループで満席状態。
しかも本格的な花見の宴で
バーベキューに酒にビールにと盛り上がっている。


まあ3人で張り合っても仕方ないので
定番のおにぎり弁当を広げビールで乾杯。
先週と違ってかなり風が冷たくて
温かそうなコンロのバーベキューや鍋が正直うらやましい。
天気予報では午前中は晴れということだったけど
ほとんど陽射しはなくて富士山も見えなかった。

ニリンソウ
まだたっぷりのニリンソウ
ここ数年の保護対策が功を奏してかなり数翁やしている気が

イチリンソウ
数h少ないけれど大ぶりで存在感のあるイチリンソウ


もう桜というより新緑の美しさが際立って
あっという間に季節が動いている。
そういえばタゴガエルの鳴き声も今日は全然聞こえなかった。

高尾山は最近随分手が入れられて
いいことか悪いことかめまぐるしくその生態系が変わっているようです。
3年前感激したクサイチゴの小道のクサイチゴはウソみたいにその姿を消しました。

伐採事業もすごく進んで見えなかった中央道や圏央道がばっちり見えたり
見えなかった山の稜線や山道コースもはっきり見えたりします。
雨や雪の時には歩きづらかった道もすっかり整備されています。
木の橋がコンクリートになっていたり
山道が車でも入れそうになっていたり。
何より訪れる方の人数の多いこと。

弁当を食べるベンチあたりではもうにぎやかな行列でしたが、
それでも今日の登りのコースでお会いしたのは数人でした。
まだまだ懐の深い高尾山ではありますが、、、。












東高尾稜線から南高尾~大垂水まで

3月19日
そろそろ山シーズン到来なので足腰を鍛えておかなくてはと
今日は高尾山南コースに。
南高尾2
北東高尾からは高尾山がよく見える。

南高尾と北高尾は距離も長いし適度にアップダウンがあるので
春の体ならしにはもってこい。
というより
北高尾は百名山のいくつかよりはずっときつい!!

南高尾
山つつじが咲きだしていた

南コースは日当たりのいいところが多いので
春の日差しも強いくらいで気が付けば完全防備の女性が多いこと。
最近は顔がほとんど見えない人も多い。
それにしてもこのコースにも人が多くなったのには驚き。
今までほとんど人に合わなかったのに
出発時点から数組の団体さんやグループ。
向こうもそう思ってるでしょうが、
他人に合わないコースはマイコースのように
独り占め気分が楽しかったんだけど、、、。
南高尾3
関東ふれあいの道コースに入るとまず見えるのが城山湖

南高尾4
スミレも一気に咲きだしていた

そして大好きな津久井湖の見える見晴台の休憩所
あいにく富士山は見えなかった。
南高尾5


高尾山口~草戸峠~草戸山~三沢峠~見晴~大洞山~大垂水~高尾山口
全長16kmに高尾山口から距離でだいたい18km。
南高尾6

南高尾8


前半順調だったけれど
ひさしぶりの長距離で両足に豆ができてしまって
大垂水でばてた。
急坂の城山コースも
ショートコースの学習の道コースも
気乗りせず
大垂水から20号線のコンクリートを歩いて帰ってきた。
それでも4キロ1時間10分で結構きつかった。
圏央道の高尾入口など
破壊されつくした
車優先道路で
歩道もとぎれとぎれ。
歩行者はどこをどう歩けばいいのかという感じだった。
高尾山口で温泉に入って
食事をしてほっこり。
まあ連休で混みこみ。
帰りは運転放棄の夫は大ジョッキに熱燗と自己ちゅうメニュー。
私は春のオススメメニューの春菊の天ぷら付きそば。
南高尾7

あまりそばは得意じゃないけれど
こんなところでにしては食べやすく美味しかった。


高尾山にファミリー登山

1月29日
2年ぶりに長男家族に娘も加わって高尾山に。
朝8時45分出発。
9時40分に清滝口スタート。
1.29高尾山3

今回は3歳の若が高尾山初挑戦です。
2年前はパパの背中におんぶでの登山でしたから。
お天気もまずまず、寒くもないし風もない登山日和です。

ママの手を握りながら登ります。
1.29高尾山2

稲荷山コースは山頂まで3.1km。
200メートルごとに標識があって目安と励みになります。
1400メートルあたりに
四阿の休憩所があります。
ほぼ1時間かかっていますが抱っこもおんぶも言わずに登れました。
1.29高尾山

普段山頂まで約1時間の我々には
若の足に合わせるのが意外と辛かったりしますが
そんなことは口に出しては言えません。

そして途中ヘロヘロだかフラフラだとかは言いながらも
結局山頂まで登り切りました。
しかも山頂手前の急階段はむしろ大人より元気に勢いよく。
2時間半かかりました。
パパもママもじいじもバアバも山頂で合流した娘も
もうすっかり自分のペースすいすい登れる姫までも
若の想定外の頑張り驚きつつ拍手。
誰もが途中でおんぶか抱っこの声が出るものと思っていたのでした。

朝食を済ませてきたのでおにぎりは1一人に1個ずつしか用意しなかったのが
もうちょうど12時。
若はなんと娘が持参したおにぎりとじいじの分まで3個も平らげました。
頼もしすぎる!!

帰りは1号路で薬王院にお参りしてケーブルカーで下山。
なんと歩行数は10741歩でした。
若の足ならきっと15000歩は超えてるでしょうねえ。
本人がどれほど感動しているかはわからないけれど
周りの家族には大きな感動でした。
まあ3歳児でも百名山もこなす強者にもよく出会いますが
親ばかとその親ばかちゃんりんで、、、(^_^.)





高尾山薬王院に初詣&横浜妹宅に

1月3日
穏やかな晴天が続いています。
朝から高尾山に。
3が日に高尾山に行くのは初めて。
混んでいると思い日影沢の裏高尾から。
20号沿いはあちこちに急場の駐車場ができ
料金も2000円。
TPOとはいえすごい高値。
日影沢林道も工事が入っていて
鄙びた山道だったのが
かなり整備されそう。
どんどん変わってしまいそう。

高尾山頂は気持ちよく晴れて
富士山のすがすがしい姿を見ることができました。
1.3高尾山4

9時過ぎたばかりの山頂は思ったより空いていました。
帰りは1号路を下り、薬王院にお参りをしました。
ここも比較的すいていて
行列に並ぶとすぐに飯縄大権現本殿にお参りできました。
多分大みそかから元旦は身動きできないほどだったでしょうが、、。
1.3高尾山

年を重ねるごとに気がかりは多く、
あれもこれもと思いつつ
そんなにご利益があるはずもないと
とりあえず家内安全と家族の健康を祈願しました。
その後もう一度
山頂方向に折り返して戻りいろはの森のコースを
日影沢に戻りました。
このコースは1号路の喧騒がうそのようで
ほとんど人とも会わず
静かな高尾山が楽しめます。
今年は何回高尾山に登ることになるでしょうか?

そのあとそのまま町田街道から16号へ出て横浜に。
妹宅を訪問。
肉好きの夫のためにステーキを焼いてくれました。
昼をごちそうになったままほとんど動かずに
そのまま早めの夕食もいただいて帰りました。
3日目にはとろろご飯を食べるのよということで
とろろご飯と茶碗蒸しでしたが、
3日のとろろ飯って初めて聞きました。
気になって帰ってさっそく調べたら
やっぱりまだ定着しているわけではないようですが
東北や北関東一部の地域での風習だそうです。
また、バレンタインや恵方巻きのように
コンビニ商法から全国イベントになるのでしょうか?

帰りのUターンラッシュの渋滞が心配でしたが
意外とスムーズに帰れました。
16号が随分整備されていたのには
驚きで渋滞もずいぶん緩和されていました。

高尾山に

8月18日
夏山シーズンだというのに全然行けてない。
夫が非常勤になったはずなのに仕事仕事というし、
息子は車を貸してというし、
たまに夫もいて車もあれば天気が悪いと来る。

性懲りもなく山計画だけはいくつも立てている私。
とりあえず夫がイタリアで買った山靴のためし履きだけはということで
高尾山に。
8.18高尾山
清滝口6時に到着

雨予報で今にも降り出しそうだけれど
降ったらすぐ撤退ということで
往きは6号路の琵琶滝から1号路に抜けるコースで。
8.18高尾山2
6号路登山口

8.18高尾山3
琵琶滝

8.18高尾山4
このコースは意外ときつくて上級コース向けになっているので
トレーニングにはいい。


1号路と合流して薬王院山門の横から4号路に。
山門の横に4号路ルートの入り口がある

8.18高尾山6

つり橋を渡って高尾山、山頂下に。
8.18高尾山7

山頂も平日、早朝、雨予報とという条件がそろって
ほぼ人の気配なし。
8.18高尾山8

晴れた土・日の混雑ぶりがうそのよう。
もっとも見晴らし台からも何にも見えず
8.18高尾山9

コンビニで買ったサンドイッチにお茶で朝食。
人はいないけど代わりに子猫が一匹いました。
8.18高尾山10

下りは6号から。
結局雨も降らず無事に下山。
清滝は8時半。

9時半には自宅で風呂に。
夫は最初は靴が当たって痛いとか言っていたけれど、
しばらくしてなじんできたようで
やっぱり上等の靴はなじみが早いとか言ってご機嫌。

できれば行きたい山のコースを念頭に
いつもよりピッチを上げて歩いてみたら
山ではなんともなかったけれど
帰ってから気分が悪くなった。
曇っていたけれど湿度が高かったのでてひょよっとして熱中症かも。
やっぱり年齢と実力相応のペースがいちばん。
高尾山だからよかったけれど、、、。

昼前に代休で休みが取れた娘が来て
イタリアで買ってきたトリュフのオイル漬けを使って
スパゲティに。
うんまあそれなりにという程度だけれど
そこそこトリュフの香りがして美味しかった。
トリュフの入った塩も買ってきたけれど
こちらは香るというほどではないような、、、。
でも気分で料理によって使いわけてみている。

午後保険屋さんに来てもらって
彼女の保険の見直し。
未婚なので医療保険とともに年金タイプの加入の見直し。
いままでほとんど私がやっていたが、
そろそろ本人に責任を委譲して
老後設計してもらわないと。
我々も年金暮らしが始まって
いまだに公的年金の手取りがどの程度になるのか
把握できてないけれど
個人年金に加入しててよかったと思えるので
彼女にもぜひにと。
元気であっても想定外に延びている寿命と、
今後の公的年金がとても期待できないので
蓄えについてはしっかり設計してほしい。
もちろんご承知とは思うけど私たちは残せはしないので。
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ