6月14日
6.14トマト初収穫
トマト初収穫、しし唐も

6.14スカシユリ
西側に移転したスカシユリがもう終わりの時期。オオデマリの陰に隠れて派手な色味でも目立たない。

久しぶりの多摩大学。
今期の目玉だった元文科省事務次官の前川喜平さんと生島ヒロシさんの講演を聞きそびれた。
参加できなかった回については図書館に行けばビデオを見ることができる配慮もされている。
なかなかそこまで出来なくて。
でも生島さんの講演はビデオ撮影禁止だったらしい。
今までの講演者で初めて。
以前一度聞いたことがあるけれどそこまでかなあと思う。
悪用されるような管理とは思えないし熱意ある熱心な学生のためなのに。

今日は大和ホールディング社長の
「新たな価値を生み出すクロネコヤマトの満足創造経営~地域との連携」
期待したほど踏み込んだ内容ではなくて
1931年(昭和6年)に制定されたヤマト運輸の「社訓」の紹介。
一、 ヤマトは我なり 
一、 運送行為は委託者の意思の延長と知るべし 
一、 思想を堅実に礼節を重んずべし

そして経営理念も。
社会的インフラとしての宅急便ネットワークの高度化、
より便利で快適な生活関連サービスの創造、
革新的な物流システムの開発を通じて、
豊かな社会の実現に貢献します。

パワーポイントで編集された企業情報のスライドを見るだけ。
せっかく社長自らおいでいただいたのに
きれいごとばかり並べられてもね。

数年前からのブラック企業呼ばわりされて
契約解除も辞さず値上げをして働き方改革断行したその経過や結果について伺いたかった。
実際、宅急便その他の運送費の相次ぐ値上げは
ものすごく庶民の暮らしには応えているんですけどね。

最後に見せられたヤマトの現場の運転手の感動体験はそれもあるでしょうが
もっとつらいこと・苦しいこと・耐え難いこと・嫌になることの方が多いはず。
子供だましみたいでしたよ。
あの佐川の運転手の怒りこそ現場の生の姿とお察ししています。
だって今は留守宅が多い、同じ品を何回も配達なんて嫌になるの当たり前。
ましてや個数を消化しないといけない上に時間制限もあって、、、。
高速道路を深夜走ると大和の車に多数で会います。
明日の配達のために頑張ってくれているんだと大変さがしのばれます。
世のため人のための掛け声もいいけれど社員のためもよろしく。

そして地域との連携の可能性はほんとヤマトならではですね。
郵便局や警察や行政よりももっともっと親密に日本国中津々浦々手渡しを実践している実績は
今後最大限生かされて活用されればすごいと思います。
値上げで流通が滞るかの心配も消化しつつ
新しい分野の開拓と新しい価値創造は着々。
日本だけでなくアジアにも。

なんだか昨今世界的企業と思っていた日本企業の沈没が相次いでいるので
世界に飛躍する大企業に成長してくださること期待します。
2018.06.14 / Top↑

人気ブログランキングへ
5月19日
5.19ニゲラ2

5.19ニゲラ
ニゲラ:こぼれだねと蒔いた種からの苗とであちこちに。
昔、ドライフラワーでよく使ったけれど、その花がこんなにいっぱい咲くなんて。
繊細で不思議な形に何時も見とれる


飛んでいきたいというテーマでもないのでしばし悩んだ。
でも全然知らないことだし、気にもなることだし
第一気にしないといけないことだとやっぱり出かけた。
講師は成蹊大学教授 武田真一朗さん。

気になっていたいい沖縄の住民投票にほとんど触れられなくて
メインはご本人がかかわった徳島県吉野川の第10堰のことだった。
落ちおrンこのことも知らなかったわけで・・・。
すでにある第10堰を新たに可動堰にするという計画を
住民投票の結果の反対多数で中止させたもの。
この時はその効果の試算について政府側より、民間側の測定値のほうが
正確だったことも大きな要因。(何しろ政府はずさんだからねえ・・・"(-""-)")
運動から中止におよそ20年の歳月を要しているので
その運動の難しさが思われる。
住民投票に持ち込むまでがかなり大変なこと。
しかもその結果に多数の民意が表明されても
計画や施工や試行が覆されるとは限らないというのに驚いた。

鳥取市の市庁舎建設は新築派9.4%に対して耐震改築歯は0.6%を占めたにもかかわらず
結果を踏まえて改築を表明した市長がその後新築に方針転換し
来年にも新庁舎が完成することに。

ところで沖縄タイムズからピックアップした記事によると
もっとひどい

基地問う沖縄県民投票から20年 今も変わらぬ重い負担
2016年9月8日

9秒でまるわかり!
基地の整理・縮小と地位協定見直しの賛否を問う県民投票から20年
89%が賛成したが、基地負担は続き、地位協定も改定されていない
政府は選挙による民意を無視、辺野古など基地建設を強行している
 米軍基地の整理・縮小と日米地位協定の見直しの賛否を問う沖縄の県民投票から8日で20年を迎える。賛成が約9割を占め、全国初の県民投票で県民は「基地ノー」の明確な民意を示した。だが、現在も国土面積の0・6%にすぎない沖縄に在日米軍専用施設面積の74・48%が集中。地位協定の改定は実現せず、米軍関係者による事件・事故が相次ぐなど、過重な基地負担が続いている。

 96年の県民投票では賛成票が48万2538票に上り、投票総数の89%を占めた。当時の有権者数は90万9832人だった。

 県民投票から20年が経過したが沖縄には今もなお重い基地負担がのしかかる。

さらに琉球新報によると
辺野古 県民投票が始動 「考える会」が沖縄県に手続き書提出
2018年5月2日

県民投票条例制定の請求代表者交付申請書と条例案を、県の担当者(右)に提出する元山仁士郎氏=1日、県庁
 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、埋め立ての賛否を問う県民投票を実施する条例制定を請求するため「辺野古県民投票を考える会」の元山仁士郎代表が1日、請求代表者交付申請書と条例案を沖縄県辺野古新基地建設問題対策課に提出した。請求代表者は県内在住の学生や有識者、企業人、沖縄戦体験者ら幅広い世代の34人が名を連ねた。


と新しい住民投票が始まっている。
理解度を少し上げて関心を持ってゆきたい。

ところで最後に講演の内容とは関係ないけれど
面白い質問が出ました。
安倍総理は成蹊大学出身ですが・・・?
そうだった!
皆さんこぞってサポート支援派?
そんなことはなくて冷静な批判派の教授グループもあるそうです。
先生はどちら派?までは突っ込まれませんでした('_')


2018.05.19 / Top↑

人気ブログランキングへ
5月17日
マロウブルー
ウスベニ葵が咲いたので フレッシュのままマロウブルーティーに。

マロウブルー2
最初のブルー

マロウブルー4
レモンを入れてピンクに

マロウブルー3
夜明けのハーブティと言われる美しい色の変化を講釈しながら夫にも。
さほど感動してなかった。
相手が悪かった"(-""-)"

紅茶茶碗は赤毛のアンのプリンスエドワード島のモンゴメリーの生家近くの骨董屋で買った思い出の2客。
一つはひびが入ってしまったけれど捨てずに飾っている。

多摩リレー大学4回目。
講師は多摩大学教授大森拓哉さん。
タイトルは「心理学的視点から見る社会・経済・経営学」
何時もの現代世界解析講座というより
心理学の講義を聞いている感じ。
はっきりしたトーンの声の聞こえが良くて聞きやすかったし、
内容も分かり易かった。
意思決定がその時の心理状態で主観的な価値が左右されかなり違ってくるということ。
これがしいては時代や経済や社会を動かしていることになるとすれば
経済も社会も結構あいまいで不確実なものということになる。
人間の心は合理的ではない。
確かに。
わたしも。
それにしても次元の違う
でも全く合理的でない韓国・アメリカ・北朝鮮・日本のトップリーダーに
左右されるアジア。
どうなるんだろう。
七変化はマロウ色?!
2018.05.17 / Top↑

人気ブログランキングへ
5月10日
5.10カルミヤ2
カルミヤ::いつも思うけれど不思議なつぼみの形

5.10カルミヤ
花が開きだすとまたこれも美しい幾何学模様のよう。 難しい折り紙みたい。

今日はNPOの講演会と多摩大学の講座が重なって
どちらに行こうかと一応考えたけれど
やはり、ことしの9月で修了するNPOのほうだと。
30年近く参加してきて理事でもあるんだし。
講師の海老名香葉子さんに気が進まないというだけ。

多摩大学は慶応大学教授の白井さゆりさん。
前回も聞きそびれている。

もともと海老名家はトラブルが多くて
一世を風靡した三平さんとそぐわない気がしていたけれど
最近の三遊亭好楽さんの弟子・三遊亭好の助さんの「林家九蔵」襲名に対して異議を唱えた事件。
内容やいきさつはよくわからないけれど
もう少し気持ちのいい納め方ってなかったのかって思う。
頼りない正蔵とそのゴッドマザーという構図が表に出て感じ悪かった。

講演はタイトルが「昭和を生きた私たち」ということで
そんな生臭い話ではなく
生い立ちから戦争中の体験談が中心。
今も平和運動をされているということなので
多分いろんな顔をお持ちなんでしょうね。
わたしは耳が悪いのでマイクのせいかお声が小さかったのか
いまいちよく聞き取れない箇所が。
最近とみに聴力が低下している。

菊池和子さんの本の中で
補聴器をつけても
耳が悪いと聞き取りの能力も落ちていて
補聴器が拾う音が雑音に聞こえてしまうというようなことが書いてあった。
思い当たる。
面倒で聞き取るのをやめてしまうときがある。
これってますます聴力の低下につながっているだろうなあとは思う。





2018.05.10 / Top↑

人気ブログランキングへ
4月26日
撫子4.26
撫子:寄せ植えの中でもずーっと植えっぱなしのなでしこ。今年もまたいっぱい咲きだした。
寄せ植えの鉢のどれもが一斉に元気になってごちゃごちゃてんこもり(^^♪

ティモールホセカ4.26
ティモールホセカ:これも3年目くらい。寄せ植えで年越しさせるのは結構咲かない時期や形が乱れるのがつらいけれど、また今年も咲いてくれたと嬉しさは何倍も。手前は昨年植えたフレンチラベンダー、そして先日買ったばかりのペチュニア。

バーベナ4.26
バーベナ:やっぱり宿根で咲き出した。お手入れ簡単。次から次に咲いてくれる。

おおでまり4.26
オオデマリ:待望の復活。新芽の葉が開いてきました。よそ様は今や花が零れ落ちそうに咲いているけれど
枯れずにいてくれただけで感謝、感謝<(_ _)>

第2回目のリレー講座
講師は天江 喜七郎さん。
日本の外交官。外務省中近東アフリカ局長、在ウクライナ特命全権大使、外務省参与、国立京都国際会館館長等を歴任。
タイトルは「ロシアの中東外交と同地域の将来」
今まで何度かお話をうかがっているけれど
今日が一番よく分かった(ような気がする)。
ソ連が崩壊して新生ロシアがなどという単純なものではなかったんだ。
強大なプーチンは以前の大国に戻すべく野望を抱いている(?)
わたしのように(?!)
みんなが衣食住がほどほどでそれなりに安全に楽しく暮らせるのが一番幸せなんて思わないんだね。
世界地図を囲い込む権力の奪回に躍起になるわけで、、、。
その結果1000万人超える難民が7年以上も路頭に迷ったり、
多くの市民や小さな子供が犠牲になっているというのに。
もちろんプーチンに対抗する勢力があるわけで。
その構図の先棒を担がされて戦地・戦場・戦士になる地域と人々。
う~~ん。

講座終了後寺島学長のテレビ組「未来先見塾」のビデオ放映も見た。
10人ばかりしか残らないのにわざわざ同じ講堂で放映してくださる。
寺島先生の熱意を感じる。
「技能五輪・日本の実力とものつくり国家の現状」
先週の講座でも触れておられたけれど
ものつくり大国や技能先進国日本などというのは過去の幻想になりつつあり
衰退著しいことを認識しなくては、、。
ほんとかつて技術を誇った大企業は
内部から腐食・腐敗してその無様な実態は目を覆う。
東芝・シャープ・神戸製鋼・三菱自動車・旭化成・・・出るわ出るわ・・・
安倍政権と一緒だよ!!!


内容はそんなことではなく
2017年の技能五輪で優勝した清水義晃さん。
オリンピックで優勝したのに顔も名前も知らなかったよ。
テレビも新聞もぜんぜんニュースにしなかったよね。
技術大国なら報道すべきニュースだったはずなのに!!!
すがすがしく地道に励んでいる若者と
それを育てるために多くの時間と投資を惜しまない企業があることにほっとした。
協和エクシオとさすがだけれどトヨタだね。
やっぱり寺島さんの視点は先見性があると私は思う。










2018.04.26 / Top↑

人気ブログランキングへ
4月19日
藤棚
大学へ行く途中の藤棚

藤棚2
新緑と藤と青空みんな五月の彩り


昨日雨が降ったので
久しぶりに公園の竹やぶにタケノコ堀に行った。
もうあちこちに剥いた皮が捨てられていて遅しの感が。
でも小さいのや大きいのや4,5本は見つかって
楽しかった。
山菜取りは食べるのもいいけれど見つけて採るのが楽しい。
やっぱりタケノコも例年より2週間くらいはやい気がする。

そのあとそのまま庭の草取り。
雨の後花も一気に咲きだしたり成長したりだけれど
雑草もすごい。
それからタケノコを湯がいた。
我が家の大鍋では2回分だった。
あまり日持ちしないのでせっせと食べなくちゃ。
早速たけのこご飯を炊いた。
いただいた方のタケノコでだけど・・・。

朝からバタバタして忘れていた。
午後は多摩大学リレー講座。
初回は寺島学長。
前回の秋期講座は参加しなかったので半年ぶり。
行ったから・行かなかったからといって間抜けな主婦の日常に
さしたる違いも変化もあるわけじゃないけれど、、、。

でも生意気にこんなんで本当に日本は大丈夫なのかと考える。
今日特に印象に残ったのは2点。
まず、IMFの経済見通し。

昨年度(2017年)は             今年2018年度(4月現在)
アメリカ              2.3    2.9     
ロシア               1.5    1.7
中国                6.9    6.6
インド                6.7    7.4
中国・インド以外のASEANS 5.3    5.3
ドイツ                2.5    2.5
それ以外のユーロー圏     2.3    2.4
イギリス              1.8    1.6
ブラジル              1.0    2.3

日本                1.7    1.2

各国が順調に上昇志向で推移しているのに
日本だけが低成長の上に下降している。
経済危機が言われたブラジルなど2016年度がマイナス3.5だったことを
考えると飛躍的な回復傾向にある。
あれだけのじゃぶじゃぶ緩和経済を実施してなおこの状況の日本経済。
大丈夫かなあ??
国民がまたその危機感を共有してないことも恐ろしい。

もう一つが技能大国日本の衰退。
その指標として技能五輪国際大会があるけれど
2年ごとに開催された大会で
日本はずっと、上位入賞で
1位2回、2位1回、3位4回、4位1回という実績を残してきた。
それが2017年は金メダル3個で9位に後退。
技能大国は一挙に見る影をなくしている。
しかもそのニュースについてメディアはほとんど取り上げていない。
スポーツ国際大会のオリンピックのお祭り騒ぎと報道を思えば
その格差は歴然。

そうだよねと私も愕然"(-""-)"
日本人てよき時代の過去の経済大国と技能大国の幻想を捨てきれずにいるというか
現状を認識できない一億総白痴化状態が今も継続しているのカモ"(-""-)"
2018.04.19 / Top↑

人気ブログランキングへ
4月15日
スイトピ
スイートピー;:今まで何度か種まきしたけれどなかなかうまく育たなかったのが
         昨年何とか育って、その種から今年は何か所かに植えるほど育ってくれた。
         道路側が一番咲き。

自治会総会。
新年度で自治会役員の交代も兼ねているけれど
だんだん高齢化が問題化しているみたい。
さほど自治会の仕事があるわけではないけれど
世帯主が80歳超え、一人世帯など、、、
重荷と感じる人が増えている。

そして久しぶりの日曜日の講演会のテーマが
季刊誌「エール」代表植松紀子さんの「もっと元気に今を生きる」
その学校新聞に私の投稿した巻頭文の題が「人生100年時代をどう生きる?」
そんな時
読んでいる本が菊池和子さんの「老いの作法」
迷惑をかけない生き方


なんだかね老いに追い詰められてきたなって感じ"(-""-)"
まだ悲壮感まではないけどね。
でも猶予はないと今年初めから手が付けられないでいた
姑の荷物の整理にようやくまた手を付け始めた。
断捨離には精神的な部分が大いに影響があると思うけど
まさにその辺がズキンズキンと実感できて身に染みる。
子供達にはこんな迷惑はかけないぞと今は思うのですが・・・。

2018.04.15 / Top↑

人気ブログランキングへ
2月10日
NPOの講演会
講師は外国語大学教授篠田英朗さん。

そうだよね。
改憲議論がいわれている割にはそれほど盛り上がっているとも思えない。
確かにまともにじゃあ今の憲法って知ってる?
「いえ、全然」
まあとりあえず高校時代六法全書の主なるところだけ目を通したくらいで
それからは皆目。
それでも何となく自衛隊の派遣を認めたりすればずるずる戦争に巻き込まれそうな気がして
憲法9条死守すべきなんてやっぱり思ったりして。

今日先着80名の方にこんな本をくださいました。
何せ珍しく潤沢な運営費に恵まれているNPOなもので。
お手伝い参加の私は最初にいただきました。


戦後日本を理念的に照らしつづけた“憲法”。それは「人類普遍の原理」「崇高な理想と目的」を掲げながら、一貫して最大の争点でもありつづけた。日本国憲法に、大日本帝国憲法、教育基本法、児童憲章、英訳日本国憲法、日米安全保障条約の全文を収録した新装版。我々はどこへ向かおうとしているのか。読んでから考えたい、語るために読みたい“憲法”。

本当にわかりやすく書いてあります。
これなら私でも読めます。
すご~くおすすめです。

もちろん私のように憲法無知の方にという意味で。

ところで講演は途中また居眠りしたこともあってすっきり・はっきり分かったとは言えません。
お恥ずかしい"(-""-)"
はい、本をじっくり読みたいと思います。
2018.02.10 / Top↑

人気ブログランキングへ
1月19日


NPOの講演会。
早めにお手伝いに出たら会場に行くエレベーターでご一緒に。
もっとも私は顔を知らなくてスタッフのお迎えでそれと知ったようなわけで。
言語学者として、芸人の米粒写経のコンビとして
ご活躍されているとか。
講師の選出はほとんど理事長一任状態なので
時によく知る人
時に全然知らない人色々です。
でも無知なうえに行動範囲が狭く、嗜好や関心の範囲も狭いので
こんな方がいらしたんだと驚くこともたびたび。
寄席の舞台に立ちながら一橋大学の教壇に立ち、広辞苑の編集にもかかわっておられる。
その経歴がすごくて面白い。
とまあ興味津々のはずですが
肝心の「ヘンな論文をひも解くと」という演題のお話の途中かなりい眠ってしまって、、、"(-""-)"
お笑いバージョンでなく教授バージョンの語り口だったせい?


お笑いも早稲田大学卒コンビのお笑いはかなり格調高くて
教養がないとついていけないかもらしい??
他人の論文を読み漁ったり、国語辞典を20冊以上読み比べたり
その徹底ぶりには驚愕。
それでいてアニメにも。
すべて楽しんでいる風情に見える余裕が魅力ですなあ。
幅広く奥深いことに浅く狭い私は感心しきり。
数多い著作に触れてその一端に触れてみないと、、、。

2018.01.19 / Top↑

人気ブログランキングへ
12月21日
今年のラスト講演会がNPOのメインイベントになった。
我々は1時半からの講演に10時半の招集。
会員さんだけでなく一般の方の250人以上参加で
450人以上の参加者で盛り上がった林真理子さんの講演会。
1時半開演なのに一番乗りは11時前に。
やっぱり人気炸裂ですなあこの東京近郊の小都市では。
男性スタッフは反応があった一般参加者が会員さんの年齢よりかなり若いと
何時もより張り切っていたと思われる。

来年の大河ドラマ「西郷どん」の話はご法度で
それ以外のテーマにとおっしゃったと聞いたが
かなりかなりご自分からその話に触れておられたので
かなり自信と余裕がおありのようで、、、。

この間読んだ「我らがパラダイス」にも触れられていた。
お母さまをなくされたころの介護の経験からの作品とか。
作家って悲喜こもごもの体験がすべて生かされるんですねえ。
ただでは起きんというか('_')
最近の紹介記事の写真は
ダイエット成功時の写真が出回っている節
めちゃ忙しくされた今年は書いては食べての毎日で
ダイエットはかなり苦労されている風。
まあそれもおもしろおかしくエッセイにされるわけで、、、。

やはり生お姿を拝見し、生声に接すると
小説やエッセイの温度感が上がります。
「白蓮れんれん」もエッセイも前より楽しく読める気がする。

さてそのあと家に帰って
着物に着替えて終了式に出ましたよ。
堅苦しいものではないけれど
ちゃんと証書もくださって
同期の方と講師の方とご一緒に8人で近くのレストランで食事会。
着物を着て出歩く機会を作ってくださるということで。

昨年も一応月1で習ったけれどさっぱり身につかなかった着付けが
今回は3か月8回の講座で何とか見に着いた気が。
すごくうれしい。
昨年からの抱負だったわけで
若いころ作った自分の着物は無理としても
姑の着物に袖を通すことは可能になった。
今日の着物も姑にいただいた着物の中では一番のお気に入りの大島。
着付け修了

息子が生まれたころ姑が着ていたもので
ちょっと派手目だけどようやく着れた。
着物は捨てるに忍びない価格だったというだけでなく
日本の伝統の粋が凝縮されたもの。
楽しめる境地で着れるようになったらうれしい。



2017.12.21 / Top↑

人気ブログランキングへ