Welcome to my blog

メリエンダのティータイム

CATEGORY PAGE: 講座・講演

多摩大学リレー講座 寺島実郎

5月25日今年は花数が少ない。枝を切りすぎたのかな?ユキノシタ:花は楚々としてかわいい。ドクダミと一緒。強いのも。でもすぐ抜けるからこちらのほうが扱いやすい。スイレン:雨だといまいち。メダカがだんだん見えなくなる。雨もよい。天気のいいのはもちろん好きだけど夏野菜の苗や花たちのことを考えると雨も好き。小雨が降っている間に車も雑巾がけ。雨が上がるとちょっときれいになってる気が。お隣に以前住んでいらした...

百歳過ぎても歩きたい!

5月11日ピエールドロンサール:なんて美しい!しかも丈夫で育てやすい。私にうってつけのバラ。百歳過ぎても歩きたい!まあ百歳まで生きる気?って言う疑問がまずあるけれどとにかく生きている限りは自分の足で歩きたいと自分で作って食べたいものを食べたいというのがのぞみではある。厚かましいタイトルは本日の講演会のタイトル。講師は健康運動指導士の黒田恵美子さん。ただ歩くだけじゃだめでケアウオーキングを提唱されて...

多摩大学リレー講座 寺島学長

4月20日寄せ植えも元気溌剌ストック、ナデシコ・ビオラ年を越して春を謳歌同じくビオラにストックに買い足したオステオスペルマムとラベンダーこちらもわさわさ。こうして見るとアフリカ系のオステオスペルマムとアフリカンアイズ、ディモールホセカなどよく似た花が好きなんですね。あとはアリッサムやペチュニア。みんな年を越してくれました。また、春の講座がスタート。また、資料集「寺島実郎の時代の認識と提言」春号も下さ...

狂言 小笠原匡さんのレクチャー

3月1日咲き始めめしべとおしべが活動初めてる実を結ぶとシンプルでガードが固いって感じまた調理室の申込みをしくじった。出遅れて希望の日が取れなくてショック。なんだか3月の出足が悪いと3月全部いや~な予感。もう一つの食器棚を整理する前にその前に置いてある空気清浄器の掃除をしました。多分恥ずかしながら1年くらいやってないはず。先日実家に戻った際、実家の空気清浄器も母が一人でしたとは思えずきっと私が以前や...

No image

沖縄について

文字色2月11日暮らして見た普天間―沖縄米軍基地問題を考えるの著者植村秀樹さん内容紹介私たちにとって、沖縄とは、基地とは、政治とは、安全保障とは…。安保専門家による普天間「見聞録」。基地問題を考える第一歩。「米軍基地のそばで暮らすとはどういうことなのか、身をもってそれを知り、そこから考えてみようと思った…」(本書より)「沖縄の基地問題に関しては、特に本土の国民のあいだに多くの誤解や疑問がある。それらを...

No image

林望さんと漱石の書簡&よしもと

1月14日林望さんのNPOの講演会。私もそれなりに夏目漱石大好きだけど林望さんもっとなんだと納得。彼のロンドンでの下宿生活を追体験されたかのような留学生活。書簡集を読みながら解説してくださったが書簡集は読んだことがなく漱石の生身が伝わって面白かった。胃弱体質の漱石が貧困・寒さ・暗さ・雨もよい・英語での会話の抵抗苦手な人付き合いなど環境・気候・異国生活になじめないストレス過多の日々でますます窮地に。...

No image

多摩大学リレー講座 寺島学長の「2017年、世界の構造変化と日本」

1月12日多摩大学リレー講座最終日。寺島学長の「2017年、世界の構造変化と日本」また新年度の資料集寺島実朗の「時代認識と堤言』を下さった。私などこの資料集を読むだけで1年を要するというのに多くの著作、全国での講演・大学での講義、そしてテレビ[寺島実朗の未来先見塾・サンデーモーニング・月刊寺島文庫。新聞の取材・雑誌の連載などなど、、、。この旺盛な知的活動には圧倒され摩訶不思議の世界。最新刊「シルバ...

No image

直虎は男?女?どっち

12月22日NPOの講演会講師は来年の大河ドラマ「女城主直虎」の時代考証を担当される静岡大学名誉教授小和田哲男さん。ところであまりにタイミングよく1週間前に井伊直虎は男だったという新資料が見つかったと井伊美術館から発表された。俄然ドラマも講演もおもしろくなる。このタイミングってNHKの番宣の感じもするけれど逆に命取りにも。もちろん講師の小和田先生は従来の次郎法師と名乗った一人娘が直虎説を強調。どっちに...

No image

多摩大学リレー講座 佐高信さん

タイトルは「自民党と創価学会」佐高さんの講演はあまり何がわかったというようなことにはならなくて雑談を聞いて帰ってきたというような風で。5月に同じタイトルの本を出版されたばかりだけれどあまりその切実さみたいなものは感じられない。まあ、次々と本を出されるので執着してばかりもいられないかも。でも前回の田中角栄さんにしても「未完の敗者田中角栄」を2014年に発表しておられさらに今年の8月加筆訂正して文庫化もされ...

No image

多摩大学リレー講座 寺島実朗学長

12月8日友人が入院してしまったので一人で。最近のリレー講座はますます学長色が濃くなって12回のうち4回も自ら担当してくださる。毎回伺いたい時事問題がひっきりなしの状態だけれど今回は先生がライフワークのように岩波の「世界」に連載されている「17世紀オランダからの視界について」の解説。もう連載も170回を超えていつまで続くのよという感じだけれどご自身がいちばん興に乗っておられる風でしばらくは終わりそうもない。...