国立歴史民俗博物館に


8月26日
うるし展

佐倉の国立歴史民俗博物館に。
朝6時45分に家を出で9時過ぎに京成の勝田台に。
夫のフルートのお仲間が同行くださった。
まえにも一度来館したことがあるけれど
はるばる遠い博物館。

でも小学校の同窓生には
毎月1回は必ず東京の美術展巡りのため
浜松から上京される方もおられるので
それに比べれば地の利ははるかにいいわけで文句は言えない。

今回は「URUSHIふしぎMAP」
舅が漆器を扱っていたので
今回実家整理をしながら漆器のことを何も知らないのがもどかしかった。
一人っ子の夫とすればなおさらで
地域の伝統産業の発展に精魂込めて貢献した父親の仕事を継ぐこともなく
廃業のまま在庫品は30年近く放置。
器や道具への関心も薄くて
漆器の知識・関心もゼロのまま今に至る不肖の一人っ子(&その妻)。
今更だけどこの展示会に足を運ぶ気になったよう。
私は体調のことを考えて遠出はパスしたかったけれど
少なからず関心はあるのでご一緒に。

さすがに国立の博物館。
思ったより充実していて、内容の濃いわかりやすい展示だった。
石川の輪島塗、福島の会津塗、そして舅がかかわった和歌山海南の黒江塗。
これが日本三大漆器産地。
なんか和歌山はあまり知られてない気がするけれど
他の高級漆器産地とは違う大衆路線の安価なものも多くて
生産数は日本一だったんだよ。
希少な材料である漆に信じがたい手間暇のかかる工程と技術。
そうして出来上がる美しく、堅牢な作品。
こんなに素晴らしい日本やアジアの伝統工芸品が
現代人に理解されず、
生活に生かされもせず
消滅の危機にあるかと思うとただただ心が痛む。
伝統工芸品の多くがすくなからず同じ状況なのはさらに悲しい。
よくここで取り上げてくださったと遠きをぼやきながらも感謝。

そのあとは印旛沼のウナギ屋さんで白焼きとかば焼きを仕入れ
お仲間のお宅で酒の肴にうな重のウナギ三昧。
まあもともと夫の主たる目的はこれだったわけで
相変わらず不肖の息子(&嫁)を許して下さいお舅さま。






ラファエル前派展に


4月6日
先日ひさしぶりにアンディ・ウオホール展に行って
同じ森美術館でやっているラファエル前派展もみたいなという気になって
今日が最終日なので娘と。
こんな一派がイギリスに起きていたことを知らなくてとっても新鮮。
動機はミレイのオフィーリアだったけど
イギリス大好きの娘がテート美術館も大好きというので
英国に行ったことがあってもそんな美術館の名前すら知らなかった私は
かなり遅れをとっている自覚。
オーディオガイドに沿ってゆっくり鑑賞。
最終日だったのでかなり混んでいたけれど
概要が俯瞰できる充実した内容。

ラファエル前派オフィーリア
ジョン・エヴァレット・ミレイの「オフィーリア」
ラファエル前派イザベル
ウイリアム・モリス『麗しのイズー」

HPより
英国を代表する絵画の殿堂、テート美術館が所蔵する名品72点を通し、ラファエル前派を紹介する展覧会を開催します。
1848年、ロンドン。ジョン・エヴァレット・ミレイ、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントを中心とする若い作家たちは、ラファエロを規範とする保守的なアカデミズムに反旗を翻し、それ以前の初期ルネサンス美術に立ち返るべく「ラファエル前派兄弟団」を結成しました。古典的な形式や慣例にとらわれない彼らの芸術運動は、英国のアート界にスキャンダルを巻き起こしました。
本展は、グループの結成から1890年代までのラファエル前派の歩みを歴史、宗教、近代生活、風景、詩的な絵画、美、象徴主義の7つのテーマに分けて紹介します。ロンドン、ワシントン、モスクワ、と各地で話題を集めた展覧会がいよいよ東京に巡回します。どうぞご期待ください。

「ラファエル前派兄弟団」と親派の活動と人間関係までもが詳細に解説されていて
描かれた人物が写生を超えて生身で迫ってきて面白かった。
中でも大好きなファブリックの創始者ウイリアム・モリスもその一員で彼の画家としての油彩唯一の作品と
彼の妻とロセッティの三角関係などまでもが紹介されていて興味深かった。
ミレイは評論家ラスキンの妻と結婚していたなんて
いまどきの芸能ニュースを超えていた。
高い志・才能と生身の愛憎関係とが交錯しながら芸術は生まれる、、、??

寒くてお天気が不安定ということで
まあ雨は降らなかったにしても凍える寒さ。
ランチはヒルズの中華で。
ついでに花見もついでにゆっくりお茶もカットでそうそうに帰宅。
やりかけの庭仕事もそのまま手を付けずに
ストーブをつけて部屋でテレビ。
寒さのせいにしてだらだら。

思いがけずお花見とそのあとの後のいっぱいと
ご機嫌で出かけたはずの夫もお帰りが思ったより早かった。






アンディ・ウオホール展に



4月2日
アンディ・ウオホール
久しぶりに都内に。
最近都心より山方向に向かいことが多くて何だか新鮮。
六本木のGILIORAでランチ。
高校の同窓生に教えてもらったけど
気軽においしいパスタが食べられてオススメ。
何と言っても交差点角の駅チカの立地が抜群。

それからヒルズの美術館に。
ポップアートの創始者・大家として
ウオホールはキャンベル缶やマリリンモンローのシリーズで有名だけど
随分多方面で活躍し、しかも多様な表現方法を試みていて面白い。
さりげないクロッキーのような線が的確で画家としての才はまがうことない。
けれど、尽きぬ興味と創作欲とがふつふつとしてとどまることなどなかった。
同じ気分で彼の業績を追いかけると彼の時代がよみがえる。

そのあとヒルズの展望台から見下ろした
青山墓地の桜並木のトンネルをくぐって散歩。
もう桜は散り始めていた。









ウイリアム・モリス展に

昨日の疲れが残っているので
今日は美術館に。
府中美術館のウイリアム・モリス展。

ウイリアム・モリス


京王デパートの北海道・東日本版 有名駅弁とうまいもの祭りに立ち寄って
稚内駅のかに飯弁当を購入。
東府中の府中の森は芸術館や聖苑に何度か。
夫は初めてなので駅前から公園まで歩きながら興味津々。
芸術ホールの建物には納得できなさそうだったけど
公園に入ってそののびやかな空間に痛く感激。
美術館はちょうど府中の森文化祭りの当日で無料観覧。
いかにも英国調のウイリアムモリスのステンドグラス・壁紙・テキスタイル が展示。
新築の時は無難なものですませたけれど
25年たった家の壁紙がそろそろ傷んでいるので替えるについては
思い切った図柄を選んでみたいと思っていたときにこの展示会。
実際に見られるいい機会で夫も誘ったら
さすがに建築科卒で名前だけは知っていた。

私のやることはほとんど反対しない方だけど
一応一緒に見てもらっておけば安心。
と言いながらいつ実現するやら。
触れるだけでやぶれる網戸・破れ穴もできてしまった障子だってそのままで数か月。
毎年障子を張り替えていた体力も気力も失せて久しい。
でも確かに気持ちだけは高揚する素晴らしい図柄。
美しいもの以外は部屋に置かないとまではとてもモリスのように言えはしないけれど
不必要なものを捨てながらできれば好きなものだけの家にしたい。
もう二人きりの生活で
もうさほど長く生きられないわけだから。

私はモリスの会場を何周もしてそれだけで精一杯だったけど
夫は常設展の牛島憲之展やワークショップものぞいて楽しかったそう。

さらに本当は神代植物園のバラフェスタにも立ち寄りたかったけれど
もう十分堪能したので今日はこれだけでいいよねと
デパートで買った駅弁を公園の木陰のベンチで。
かに飯弁当2
夫が選んだ「彩美牛かにちらし」
かに飯弁当
私は「食べ比べ四大かに飯」(タラバ・ズワイ・花咲・毛ガニ)
ともに1260円。価値ありの超豪華弁当。美味しかったです(*^。^*)

芸術の秋と食欲の秋を楽しみました。







クラークコレクションに

三菱1号館美術館の「奇跡のクラークコレクション展」に。
千代田線二重橋駅前から徒歩5分の行きやすさ。
そして美しいロケーション。
その広さもちょうどいい。
それにしても予想以上に充実した内容で奇蹟なんてオーバーな表現も
なるほどと納得。
ルノワールを中心にフランス印象派の作品群。
そのあと北大路帝劇店でランチ。
北大路
そして東京タワーの水族館にも。
いまどきの水族館と違って水の美しさや海や川を泳ぐ悠然とした魚群は全然見られず
狭くて暗くてしかもアマゾン系&深海系のグロテスクな魚が多い。
物好きなので1回は行こうと思っていたのでそれなり。
プリンスの緋寒桜が満開で美しかった。
まだどことなくうすら寒くはあるけれど
桜の季節はもうすぐそこって感じがあふれている。



サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」

大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美サントリー

大阪市立東洋陶磁美術館は、住友グループ21社から国宝2件、重要文化財12件を含む「安宅コレクション東洋陶磁」寄贈の申し出を受けて大阪市が建設したもので、1982年11月に開館しました。以来、中国・韓国の陶磁器を中心に、多くの個人コレクターからの寄贈作品が加わり、現在では収蔵品の質・量ともに国内随一を誇ります。本展では、2012年に開館30周年を迎える大阪市立東洋陶磁美術館の収蔵品約4,000件から、国宝2件、重要文化財13件のすべてを含む東洋陶磁の名品約140件を厳選してご紹介します。中国陶磁と韓国陶磁は、日本人になじみの深い海外古陶磁の代表格であり、長きにわたって日本陶磁が大きく影響を受けてきたことは言うまでもありません。日本の古陶磁愛好者は陶磁器の姿に時として人格や精神性をも見出すほど惚れ込んだのでした。誰もが知る名品から久々の公開となる逸品まで、東洋陶磁の美をあらためて発見することができるでしょう。

大阪に帰ってもなかなか行く機会がなかったので今回東京でゆっくり見ることができよかった。
陶磁器はわからないけれど音声ガイダンスを聞きながら
じっくり対峙してみるとその形・色・作者・時代・使う人など様々な視点が広がって
随分楽しいものだと思った。

ミッドタウンも久しぶり。
昼食は
3月下旬の暖かい日差しが差し込む庭園の中のイタリアンレストラン・カノビアーノカフェで。
カノビアーノカフェ カノビアーノカフェ2 カノビアーノカフェ3
カノビアーノカフェ4 カノビアーノカフェ5
おしゃれで明るいレストランで前菜もパスタもととてもおいしかったです。

午後は同じミッドタウンの富士フィルムスクエアーで花咲けニッポンのさくら写真展を。
日本全国の桜の写真がちょうど暖かい春の日差しにマッチングで
もう春満喫・さくら満開の浮き立つ気分。
ただ美しい東北のさくらには胸がきゅんとなりました。
この会場で桜ラインプロジェクトがあるのを知りました。
津波の到達地点を桜並木でつないで記憶にとどめようという陸前高田市の素晴らしいプロジェクトです。

桜ライン311ー被災地から未来へー
http://sakura-line311.org/
桜の国日本らしいアイデアで美しい桜並木が津波の後世への記憶とともに復興のシンボルになれば素敵です。
桜ライン






山種美術館

山種美術館
ザベストオブ山種コレクション展に。
娘と行くと言ったら
昨日は天気が悪そうだからと断った夫も行きたいということで。
恵比寿から徒歩で約10分。
傘をさすほどでも無くてめちゃめちゃ寒いというのでもなくて
久しぶりに都心へ出て私などうれしいくらいだけど
二人は[別に]でしょうね(^_^.)
日本にも素晴らしい画家がいたのだと思い起こせる
画家たちと作品群。
多くも少なくもなくて私にはちょうど良かった。
気に入った作品をお互いにいっては感想を言い合えるので
やはりたまには3人で行くのもいい。
帰りにネットで探しておいたタイ・レストランで食事。
山種美術館のある駒沢通り沿い渋谷川そば。
coci:渋谷区東3-16-10
ちょっと気になるおしゃれな外観。

coci4
coci3
coci coci1 coci2
前菜・クエティオ パッタイ(タイ式海老入り焼きビーフン)・鶏肉と茄子、筍のグリーンカレー&ジャスミンライス

二人とも気にいったようで落ち着いた雰囲気でゆっくり食事ができてよかった。
娘は帰りは別行動。
私もちょっとバーゲンをしているショップなどのぞきたいと渋谷駅で。
夫はそのまま帰宅。
お昼時ちょっと遠出で美術館とランチ。
なかなかいい日曜日だった。


【後期】戦前から戦後へ

日本画:川端龍子《鳴門》、奥村土牛《鳴門》、《醍醐》、福田平八郎《筍》、
速水御舟《炎舞》〔重要文化財〕、《翠苔緑芝》、小倉遊亀《涼》、
上村松篁《白孔雀》、東山魁夷《満ち来る潮》、《年暮る》
加山又造《満月光》、平山郁夫《バビロン王城》 ほか

洋画:小出楢重《子供立像》、佐伯祐三《レストラン(オ・レヴェイユ・マタン)》 ほか

帰りに鶏のがらを買って帰った。
「スープオペラ」の映画の話をしたら娘が昨夜ビデオを借りてきた。
一緒に見ていたら夫も加わって結局最後まで見てしまった。
やはり娘は鳥がらのスープを飲みたいとのたもうた。
娘が作った澄んだ上質のスープが夜のごちそうになった。


夜には『空也上人がいた』を読み終えた。
内容とは裏腹に小説自体はいたって読みやすかった。



根津美術館&山種美術館

今週末まで公開中の光琳のカキツバタ図を見に。
根津美術館

根津美術館を象徴する作品のひとつ、国宝「燕子花図屏風」。明るい金地を背景に、濃淡の青と緑のみによって描かれた花々が、計算しつくされた造形的韻律を奏でながら、しかし堂々と、はつらつとした息吹を放っています。18世紀の初頭に、尾形光琳(1658~1716)が生みだした、日本絵画史を代表する作品です。
「燕子花図屏風」は、一見、燕子花の群生を華麗に描きだした草花図と見えますが、その発想源は、平安時代の歌物語『伊勢物語』の第九段、東国に下る途中の主人公が、燕子花の名所である三河国の八橋で、都にのこしてきた妻を想って和歌を詠じる場面にあると考えられています。
このたびの展覧会では、「燕子花図屏風」を中心に、館蔵品の中から、和歌と密接に結びついた作品や古典文学を題材とした物語絵、江戸時代の草花図を厳選し、展観します。
絵画と文学、そして自然の交歓に、ひととき心を遊ばせていただけると幸いです。

東日本大震災で日本人の持つそこしれない忍耐強さみたいなものにひしひしと打たれたが
日本画にもまた。日本人の優れた感性や美意識が並はずれたものだと感じさせられる。
しかもこの絵は伊勢物語9段のカキツバタを題材に描かれたということも
また興味がそそられる。
伊勢物語の9段のカキツバタの歌はまた日本人の才知豊かな感性が
日異常的な暮らしに生き生きと満ちていたことが感じられる。

東国の方へ、友達としている人一人二人を誘って行った。三河の国八橋という所に行
ったとき、その川のほとりに、かきつばたの花が面白く咲いているのを見て、木蔭に
馬から下りていて、かきつばたという五文字を句のはじめにおいて、旅のこころを詠も
うとして詠んだ歌
                                             在原業平朝臣
唐衣(からころも)きつつなれにし妻しあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ(410)
               (『古今和歌集』〈日本の古典10〉 窪田空穂訳 河出書房新社)

『伊勢物語』9段の歌として有名なこの歌は、いわば暗号解読法の見本のようなものである。
まず歌の意味は、

唐衣を繰り返し着てよれよれになってしまった「褄(つま)」、そんな風に長年つれ添って親し
く思う「妻」があるので、その衣を永らく張っては着てまた張っては着るように、はるば
る遠く来てしまったこの旅をしみじみと思うことだ。
           (『古今和歌集』〈新日本古典文学大系5〉新井栄蔵ほか校注 岩波書店)

となるという。

おりしも庭には同じ色のカキツバタが見ごろ。
自然も人も時間も空間も日本人であることの誇らしさと喜びをつくづく感じさせてくれた。

続いて広尾の山種美術館に。
山種美術館


酒井抱一《菊小禽図》、鈴木其一《四季花鳥図》、田能村直入《百花》、荒木十畝《四季花鳥》、小林古径《白華小禽》、
《菖蒲》、奥村土牛《醍醐》、福田平八郎《牡丹》、《芥子花》、山口蓬春《梅雨晴》、速水御舟《椿ノ花》、
《牡丹花(墨牡丹)》、橋本明治《朝陽桜》
ほか約50点 
本展覧会では、近代日本画を中心に、酒井抱一をはじめとする江戸後期の画家から、上村松篁ら平成になってからも活躍した画家まで、約50点の作品を展示します。独特の淡く柔らかな色彩で桜を描く奥村土牛の《醍醐》、裏彩色を駆使し幽玄な世界を表出する福田平八郎の《牡丹》、琳派特有のたらし込みと装飾性が際立つ酒井抱一の《菊小禽図》、一枝の美しい瞬間を色と形に凝縮させた速水御舟の《椿ノ花》など、春夏秋冬それぞれの季節を彩る花々の競演とともに、時代を築いてきた画家たちの花に寄せるまなざし、創意工夫に満ちた表現の世界を存分に味わっていただきたいと考えています

ちょうど川端龍子の「八橋」も展示されていた。
八橋の構図も素晴らしいと記憶に残っていたが
改めて比較する光琳の大胆さやカキツバタの鮮やかさが印象に残った。
龍子の八橋の構図もより繊細なカキツバタもそれだけで見れば素晴らしいに違いはない。
日本画の有名どころの花の図が一堂にみられて楽しい企画だった。
やはり花は桜が一番で中でも土牛の醍醐。
美術館のはしごで久しぶりに日本画を堪能。
 




ビジェ・ルブラン展

昨日夫と行く予定にしていた美術館に。
昨日は寒くて雨の気乗りしない天気で一日中家に。
朝夫は急遽岩手に。
仕事で張り切っている分には
わたしのほうは何の不満もないのでどうぞどうぞ。
美術展はすでに一度見ていたそうだけど娘が付き合ってくれた。
三菱1号館の「ビジェ・ルブラン展」
丸の内界隈が再開発されてからこのあたりは初めて。
素敵な空間の出現にびっくり。
丸の内

美術展も切り口の新鮮さに感心。
マリーアントワネット時代ののきらびやかな宮廷美術に
女性たちも男性に劣らない力量で
多くの作品を手掛けていたのだ。
ビジェ・ルブラン展

絵筆を握る自画像の美しさと
着衣の仰々しさに大奥の女中たちが
版画の美人画を残していたらと想像するような
違和感があるけど
実際に大作をものにしていたわけで
その時代の宮廷の女性たちの生活感や生命感に触れた気がする。
日本同様当時やはり文化の担い手は男性たち。
差別され、評価もされずにいたものが
今こうして光が当てられている不思議。

美術館の前のイタリアンレストランでで遅めのランチ。
五月晴れを超えて夏を思わせる日差しの中
気分のいい空間と時間だった。





古代メキシコ・オルメカ文明展

池袋の古代オリエント博物館に。
サンシャインシティも行ったことがないのでうろうろ。
でもオルメカの展示物は4年前に行ったメキシコ国立人類博物館で見た懐かしいものも。
メキシコに在住経験のある友人と。
オルメカ文明はマヤやアステカ文明よりもさらにさかのぼる紀元前1500年代の文明。
素朴でおおらかな気質と高度な技術とが古代文明特有の力強さで迫る。
モンゴロイドの流れを汲む人々はどこか日本人にも似ていたり、
文化にもどこか共通のものがあるような気がして不思議。
オルメカ展1 オルメカ展2

池袋から築地の聖路加病院に。
友人の書道の作品展に。
そして聖路加タワー47階のレストランルークに。
お天気はさほどよくなかったけど47階からの視界はまずまずで
思いがけない展望に友人もとても喜んでくれた。
レストランルーク4
スカイツリーが毎日のびているって?!!
レストランルーク3
レストランルーク1
レストランルーク2
ランチもこのロケーションでと思うほどリーズナブル。
ランチ1200円(前菜(サラダ)・メイン(鴨肉)・パンコーヒー付き)・デザート(モンブラン500円)





カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ