FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

Top Page › Category - 美術館・美術展
2011-05-08 (Sun)

ビジェ・ルブラン展

ビジェ・ルブラン展

昨日夫と行く予定にしていた美術館に。昨日は寒くて雨の気乗りしない天気で一日中家に。朝夫は急遽岩手に。仕事で張り切っている分にはわたしのほうは何の不満もないのでどうぞどうぞ。美術展はすでに一度見ていたそうだけど娘が付き合ってくれた。三菱1号館の「ビジェ・ルブラン展」丸の内界隈が再開発されてからこのあたりは初めて。素敵な空間の出現にびっくり。美術展も切り口の新鮮さに感心。マリーアントワネット時代ののき...

… 続きを読む

昨日夫と行く予定にしていた美術館に。
昨日は寒くて雨の気乗りしない天気で一日中家に。
朝夫は急遽岩手に。
仕事で張り切っている分には
わたしのほうは何の不満もないのでどうぞどうぞ。
美術展はすでに一度見ていたそうだけど娘が付き合ってくれた。
三菱1号館の「ビジェ・ルブラン展」
丸の内界隈が再開発されてからこのあたりは初めて。
素敵な空間の出現にびっくり。
丸の内

美術展も切り口の新鮮さに感心。
マリーアントワネット時代ののきらびやかな宮廷美術に
女性たちも男性に劣らない力量で
多くの作品を手掛けていたのだ。
ビジェ・ルブラン展

絵筆を握る自画像の美しさと
着衣の仰々しさに大奥の女中たちが
版画の美人画を残していたらと想像するような
違和感があるけど
実際に大作をものにしていたわけで
その時代の宮廷の女性たちの生活感や生命感に触れた気がする。
日本同様当時やはり文化の担い手は男性たち。
差別され、評価もされずにいたものが
今こうして光が当てられている不思議。

美術館の前のイタリアンレストランでで遅めのランチ。
五月晴れを超えて夏を思わせる日差しの中
気分のいい空間と時間だった。


2010-10-22 (Fri)

古代メキシコ・オルメカ文明展

古代メキシコ・オルメカ文明展

池袋の古代オリエント博物館に。サンシャインシティも行ったことがないのでうろうろ。でもオルメカの展示物は4年前に行ったメキシコ国立人類博物館で見た懐かしいものも。メキシコに在住経験のある友人と。オルメカ文明はマヤやアステカ文明よりもさらにさかのぼる紀元前1500年代の文明。素朴でおおらかな気質と高度な技術とが古代文明特有の力強さで迫る。モンゴロイドの流れを汲む人々はどこか日本人にも似ていたり、文化にもど...

… 続きを読む

池袋の古代オリエント博物館に。
サンシャインシティも行ったことがないのでうろうろ。
でもオルメカの展示物は4年前に行ったメキシコ国立人類博物館で見た懐かしいものも。
メキシコに在住経験のある友人と。
オルメカ文明はマヤやアステカ文明よりもさらにさかのぼる紀元前1500年代の文明。
素朴でおおらかな気質と高度な技術とが古代文明特有の力強さで迫る。
モンゴロイドの流れを汲む人々はどこか日本人にも似ていたり、
文化にもどこか共通のものがあるような気がして不思議。
オルメカ展1 オルメカ展2

池袋から築地の聖路加病院に。
友人の書道の作品展に。
そして聖路加タワー47階のレストランルークに。
お天気はさほどよくなかったけど47階からの視界はまずまずで
思いがけない展望に友人もとても喜んでくれた。
レストランルーク4
スカイツリーが毎日のびているって?!!
レストランルーク3
レストランルーク1
レストランルーク2
ランチもこのロケーションでと思うほどリーズナブル。
ランチ1200円(前菜(サラダ)・メイン(鴨肉)・パンコーヒー付き)・デザート(モンブラン500円)


2009-03-01 (Sun)

加山又造展

加山又造展

国立新美術館に。地下鉄の駅に直結しとても行きやすくなった。日本画も素晴らしいとつくづく。宗達・光琳の世界を受け継ぎながらもさらにモダン。模倣を脱してオリジナルと自信ありげなのがカッコイイ。鮮やかな色彩と洗練されたデザインの雪・月・花に先ず圧倒されるが、冬やらくだも印象的。ゴローの介護で動物の哀しみみたいなものに惹かれてしまうのかな。水墨画の月光波濤が作品としては好き。代表作の千羽鶴が花扇屏風と入れ替...

… 続きを読む

国立新美術館に。地下鉄の駅に直結しとても行きやすくなった。
日本画も素晴らしいとつくづく。
宗達・光琳の世界を受け継ぎながらもさらにモダン。
模倣を脱してオリジナルと自信ありげなのがカッコイイ。
鮮やかな色彩と洗練されたデザインの雪・月・花に先ず圧倒されるが、
冬やらくだも印象的。
ゴローの介護で動物の哀しみみたいなものに惹かれてしまうのかな。
水墨画の月光波濤が作品としては好き。
月光波濤

代表作の千羽鶴が花扇屏風と入れ替わっていて見られなかったのが残念。
夫は春秋波濤がといっていたが確かに。
春秋波濤


ところでランチはこの美術館のレストラン『ブラッスリー・ポール・ボキューズ・ミュゼ」で。
ポール・ボキューズ ポトフ

ブリュレ コーヒー

  

加山展もレストラン(20分待ち?)も比較的空いていて両方楽しめて充実。