タカサゴユリとナガミヒナゲシは侵入生物ですぞ

8月21日
タカサゴユリ2
玄関先で。何年ものというくらい花数が多い。
タカサゴユリ
道路わきで

散歩すればそこここで見つかる

ずっと気になっている。タカサゴユリ。
それがあまりにすざまじくてもう駆逐が間に合わない気がする。
以前やはりオオキンケイギクが瞬く間に高速道路の法面や下流の河川敷から
かなり上流や野道や時には標高のある山道でも見かけるように。

オオキンケイギク(大金鶏菊、学名:Coreopsis lanceolata)はキク科の植物の一種で、黄色い花を咲かせる。北アメリカ原産の宿根草で、日本ではワイルドフラワーに利用されていたが、外来種として野外に定着して問題となり、現在は栽培が禁止されている。
大金鶏菊

もっと以前はセイタカアワダチソウ。
ヒメジオンなどもそう。
最近はナガミヒナゲシ。
ナガミヒナゲシ2

一見可愛くて栽培種の花に見劣りしない、
もともと栽培種として持ち込まれたということもあったりして
れっきとした庭で育てられることもあるくらい。
でも外敵のいない繁殖力の強い品種はあっという間にあちこちに。
今回高速道路ののり面や、通り過ぎる左右の風景の中に
群落・群生するタカサゴユリの多さにさすがにおそろしくなった。
数年前時々見かけると
鉄砲ユリのように楚々とした美しい花が
野生で勝手に咲いてくれてと
むしろうれしかったけれど
この増え方は危険。
見かけたら抜いたほうがいい。
以前は確かに高速道路ののり面にはヤマユリのゴージャスなユリも
ところどころに見かけたけれど急激に減ってない?
新種の外来種の繁栄の影で
日本固有の種やほぼ日本で長く定着している在来植物が消滅してしまう。
繊細で美しいささゆりなんてもう数を減らし続けているわけで。
しかもささゆりは発芽してから花をつけるまで7年ほどかかる。
絶対負けるよね。
実は我が家の庭にも最近はナガミヒナゲシもタカサゴユリも
何本か侵入してきている。
ヒアリも怖いけれど静かにひたひたと迫る美しい侵略者に要注意。





長雨の被害は我が家でも

8月20日
収穫8.20

久しぶりに庭に。
日照不足の影響をもろに受けてトマトの出来が悪い。
天候が良くても収穫が少ないのに
天候不順の影響だけは農家並みに受けるところが笑える。

でも野菜高騰の折りわずかでも糧にしないとね。

花たちもひょろひょろと勢いがない
紅葉葵
後ろむきに咲く紅葉葵。すねてるのかな~。

ブルー
雨に弱いはずだけどしっかり咲いていたアメリカンブルー。

野菜は相変わらずバッタの被害も受けていてナスの葉や空心菜の葉はレース状
ナスのは
ナスの葉



斑入りの苗木

7月27日
斑入り苗木
うつぎ、ヘンリーヅタ、ヒペリカム

和歌山の農協で桃を買ったけれど
ついでに苗木も買った。
桃も安いけれど、苗も安い気がしてつい。

それがすべて斑入りの葉のものばかり。
以前葉に斑入りのものや花が八重やフリルのものは
なんとなく不自然な気がして好きではなかった。
花が好きなので葉物だけ楽しむという感覚もなかった。

ガーデンブログやその関係の写真など見ていて
最近はその取り入れ方で庭がうんと映えることを知り、
まだ全然生かせていないけれど
買うことが増えてきた。

でも、どこにどう植えればよくなるのかわからなくて
放置したまま。
悩むところが進化のあかしかも(^^♪




零余子の親は

7月11日
山芋
バラの根元で生え出した山芋の芽はことごとく抜いているつもりだけれど
今頃になるとなぜだか生え抜きの何本かが2階のベランダまで這い上って
ことしは妙に元気がいい。
蔓というよりワイヤーだぜというほど頑丈そうな茎がとぐろを巻いている、
何度か切りつめてもまたすぐにジャングル化。
花もいっぱい咲いているので
ことしはどんだけ零余子(むかご)ができることやら。
それがまた来年の発芽につながるという堂々巡り。

収穫7.11
今日の収穫はささやか。インゲンとブラックベリーとやっとできたゴーヤ。

朝は同じく伸びまくっていたモッコウバラのシュートをカット。
花時は可愛いけれど咲き終わると
シュートがビンビン伸びて大変なことに。


午前中は明日のデザートのわらび餅と甘酒の牛乳寒天づくり。
甘酒ブームはすごいけれどまだうちでは波に乗っていなかった。
メンバーさんのリクエストで急遽。4種類も買ってきた。
いろいろな種類があって驚いた。

わらび餅はなんとなく夏の定番で。
今回は片栗粉でできるわらび餅。

午後明日の買い出しに出かけてから
タモリ流カレーの試作。
材料を全部そろえて作ったけれど
ちょっと我が家流とは味が違って夫の評価はいまいち。
明日がちょっと不安に。

カメラのバッテリーがあまり持たないので
アマゾンでスペアを買うことに。
もちろんお安い互換タイプ。
でもどちらがいいのか・・



よく似てるし値段もそんなに変わらない。
高評価か?
レビュー数か?
レビュー数を取ることにします。
するとこちらは2000円以上で送料無料。
それで母の補聴器の電池も頼むことに。

今月また帰るのでそのときに持参するつもり。
直接送ると大阪は送料が有料で
東京は送料無料といろいろややこしい。

ネットショッピングで時短と節約ができているつもりで
結構あれこれ時間がかかっている。
これで高く買っていてら目もあてられない"(-""-)"









今年の千日紅

>7月10日
千日紅2
千日紅
数年前までは種で育てていたけれど最近はもっぱら苗を購入。
ついいろんな色を買ってしまうけれど一番はこれってなんとなくその年のお気に入りが決まる

千日紅4

千日紅5

千日紅

朝からもあもあと熱気。
朝晩水をあげないとカラカラって感じ。
夏は毎年暑くなる気がする上に
雨だって観測史上初めてを繰りかえしている。
大丈夫かなあオリンピック。
夏開催なんて見に行く人いるのかなあ。
選手も観客も
熱中症だらけなんてことにならないのかなあ。
わたしはチケットもらっても見に行かない気がする。
家で涼しくして見てる方がよくない?
あれ!?
これってどこにも行きたくないと
がんと言い張る母のセリフだよ。
親子の絆❓年のせい❓

月曜日は次男のサイトの更新日。
校正で小遣いもらっているけれど
結構拘束力きつくて"(-""-)"
それ以外にも本日は妙に忙しくて
暑いさなかやむを得ず外に出ることに。
クワバラクワバラ。












種の収穫

7月8日
エキナセア2
先日買ったエキナセアとブルーデージー、それに違う場所に日日草も植えました。

日差しが強いので斜めから写真を撮ったらあらだけが見えてます"(-""-)"

あまりの好天に山行きの未練はたらたら。
あちこちの山を検討してみたけれど
残る百名山25座はすべて難度Aクラス
アプローチも1泊ないしは2泊バージョン。
今までのように思いついたら
朝駆け・夜駆けというわけにはいかない。
しかも最近の天候のめまぐるしさは
予定を立てるのも決行するのも至難の業。
あれこれ考えているうちに頭が。ガンガン

あきらめモードに入った途端、体が急によれよれシテ
庭仕事を終えたら朝寝&昼寝。

その合間に昨日に続き花の種の整理。

オルラヤの種
オルラヤの種
花の美しさと葉の繊細さからはほど遠いごつい種。
イガイガして触ると痛い。
昨年まではこぼれだね任せにしていたら
ことしは天候不順のせいか、発芽率が悪くて寂しかった。
来年はちゃんと種も蒔くつもり。

花の種
まあこんなに種があってもどこに蒔くんじゃって感じだけれど。








除草シートで除草対策


6月16日
ようやく裏庭の除草もすんで
家にいた夫に手伝ってもらって除草シートを敷いた。

IMG_0173.jpg

IMG_0174.jpg
幅1メートルなので50㎝幅のシートを重ねて、ガムテープを張った。
シート止めは百均で4個108円。
水栓やら下水栓があって結構難しい。
反対側もやるつもりだけど
こちらはミョウガやニラが植わっている。

途中で上に敷く砂利を買いに。
シートも足りなくなってさらに10m追加。

そのついでにまた花屋によって苗を買い、
そのまましゃぶ葉でランチ。
別に旦那様のお誕生日というわけではないけれど
ここはしゃぶしゃぶ以外に夫の大好きなソフトクリームや
私の大好きなかき氷があって恥ずかしながら子供のようにおやつ目当て。

かき氷に小豆に練乳に白玉にソフトクリームをのせるとウシシとなる。

午後からもひと頑張りして
暗くなるころようやく終わった。

裏庭

石は全然足りなくてまた追加で10袋。
裏庭4

結局30袋に残っていた8袋とで38袋。
でもまだまだシートが見えるくらいの薄さ。
どうせまたサイドもやらなければいけないので
シートも石もまだまだいりそう。
でも何とか形になってよかった。






久しぶりに草取り

6月11日
アナベル
アナベル:美しいアジサイと思っていたら
あっという間に人気品種であちこちで見られるように。
強くて挿し芽でもよくつくので株を増やすのも楽。
我が家でも3か所に。

梅雨入りしてから雨は降ったっけ?
今の間に草取りをしておかないと
雨が降ればあっという間にジャングル化しそう。
珍しく夫も手伝ってくれるというので裏庭に。
除草シートを敷くつもりですでに買ってきているので
その前に草取り。
ネットで調べたら除草シートの敷き方も本気でやるとやらないで
その効果は歴然。
庭仕事に本気を出す気のない夫の
仕事量を上げるのには一苦労。

まあやらないよりはまし程度と期待はしないけど。
とにかくドクダミ・カタバミ・スギナ・ヤブカラシは根こそぎ8抜いてねと。
「わかってると返事だけはいい」

ところでそれ以外にも雑草のようにはびこっているのがミント。
なんと植えるべきじゃない苗木のトップスリーにはいっていた。
確かに増えすぎ。カミツレも。i
とにかく狭い庭なので強い雑草や苗には遠慮してもらうしか。
抜きながらなんで君たちだけが嫌われるわけって
人間の理不尽さも思い、
それをはねのけるだけの強さをどんどん蓄える生命力に舌を巻き・・・。

→続きを読む




お花との出会いは七夕と同じ

6月5日
すかしゆり
明るすぎて写真が白ボケ。それでもスカシユリが存在感バッチり。

ミニバラ
ミニバラ:小さな苗の寄せ植えを分けて育てるとそれぞれが育って大きくなってきた

鉄線
クレマチスキャッツアイ:やっと咲いた。新枝を間違えてバッサリ切ってしまってからの再生。これからたくさんの花を咲かせてほしい。
強剪定品種といってもやり過ぎってもの"(-""-)"

3日間留守にしただけでもなんだか庭の様子が違う。
花を順番に追って写真を撮るけれど季節なのに全然咲かないものも多い。
バラはレオナルドダビンチ・インツーリーグ・それにエバンタイユドール、、。
これらは虫や病気で瀕死状態。
昨年切りすぎたのかハナミズキもヤマボウシもブルーのアジサイも。
日陰に植えたスイートピーも期待外れ。
クレマチスミセスブッシュも。
七夕じゃないけれど1年に一回会えるあかどうかなんだから結構気落ちしている。



フランネルフラワーがようやく

5月27日


フランネルフラワー:大好きで何度も買ったけれど何度も枯らしてきた。
酸性土壌がいいとわかってブルーベリーの土で育てたらようやく花をいっぱいつけた。
雨の当たらない玄関の軒下に。

そういえば夏用のクレマチスの苗も4種類ほど植えたのに
ようやく咲いたのはサニーサイドだけ。
一つ(ミセスブッシュ)は冬クレマチスに覆われてしまい
一つ(エミリアプラッター)はなにわいばらの中に紛れ込んでしまった。
あと一つのキャッツアイはあろうことか雑草といっしょに
新芽を折ってしまった。
なんだかなと思っていたら今日2階からなにわいばらのアーチの上で咲いている
エミリアプラッターを見つけた。
ウシシこんなところで咲いていたのか・・・。
エミリアプラッター

昨日の雨でしっかり雨水がしみこんだのはいいけれど
風でヤグルマギクやチドリ草がくたくた。
庭の様相が違ってくる。
今ごろになってトマトのこぼれだねがあちこちに。
一番いい条件の中で芽を出したはずなので
本当は自然界では今が適期と思うけれど
連休過ぎには苗が入荷しないといわれるとついつい買ってしまったからねえ。
と言って無視できない我が家産のトマトたち。
かくして毎年我が家の夏庭はジャングルと化す訳で"(-""-)"








カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ