FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

Top Page › Category - 自然・庭・花・野菜など
2020-03-15 (Sun)

こぼれ種からのクリスマスローズ

こぼれ種からのクリスマスローズ

3月15日一番最後に咲きだしたクリスマスローズ。シンプルな白の一重です。一昨年かった苗だけどあまり大きくならない日当たりが悪いのでもともと花たちは遅れ気味に咲くのですがわが家でももうそろそろクリスマスローズは全体としては盛りを過ぎた気配。もう花の中心には種が出来つつあります。クリスマスローズの種は堅くて、小さくて意図して蒔いたら発芽率や成長率は悪そうなんですがこぼれ種では結構強くていつの間にかあちこ...

… 続きを読む

3月15日
3.15クリスマスローズ
一番最後に咲きだしたクリスマスローズ。
シンプルな白の一重です。
一昨年かった苗だけどあまり大きくならない

日当たりが悪いのでもともと花たちは遅れ気味に咲くのですが
わが家でももうそろそろクリスマスローズは全体としては盛りを過ぎた気配。
もう花の中心には種が出来つつあります。

クリスマスローズの種は堅くて、小さくて
意図して蒔いたら発芽率や成長率は悪そうなんですが
こぼれ種では結構強くていつの間にかあちこちに株を増やしています。

でもすぐ咲くわけじゃなくて
特別に栽培をしないでほったらかしなので我が家では3年はかかる気がします。
ある程度成長した株を鉢に植え替えて庭の隅に置いたり
場所を変えて直接地植えし直したりします。
そんな株が今年は初めての花を咲かせました。

3.15クリスマスローズ4
大好きな白の八重が咲いたのでうれしかった

3.15クリスマスローズ5
鉢よせにしているところで2鉢に花がついた
横の小さな芽は松明草(モナルダ・ベルガモット)

3.15クリスマスローズ3
これは我が家で一番多いのでこぼれ種の確率も高い

3.15クリスマスローズ2
これも白みたいだけど、、、。

宿根の花やこぼれ種のお花がたくさん咲けば楽ちんだけど
それでいて手をかけて種から育てたり、
新しい苗が欲しくなるから厄介なんだよねこれが(^^♪

2020-03-14 (Sat)

みぞれにプルモナリア

みぞれにプルモナリア

3月14日寒い日になるといっていたけど午後には雨がみぞれやボタン雪に変わった。うそみたいに暖かだった春の陽気が一転。プルモナリアが美しいブルーの花を開いた。一昨年植えて昨年待ち焦がれてその苗と花を探したけどとうとう見つからなかった何とことし株を増やして復活してくれたすっかり暖かい春の陽気になれていたので格別に寒い。私はようやく息子の確定申告に手を付け始めた。苦手なので頭を完全に切り替えて集中しないと...

… 続きを読む

3月14日
3.14ボタン雪
寒い日になるといっていたけど
午後には雨がみぞれやボタン雪に変わった。
うそみたいに暖かだった春の陽気が一転。

3.14プルモナリア
プルモナリアが美しいブルーの花を開いた。

3.14プルモナリア3
一昨年植えて昨年待ち焦がれてその苗と花を探したけどとうとう見つからなかった

3.14プルモナリア4
何とことし株を増やして復活してくれた

すっかり暖かい春の陽気になれていたので格別に寒い。
私はようやく息子の確定申告に手を付け始めた。

苦手なので頭を完全に切り替えて集中しないとなかなかはかどらない。
大したことじゃないけど
気を散らすようなことが多くて
気分が乗らず延び延びに。
切羽詰まってもう気分のなんのと言ってられなくなってきた。
コロナ騒ぎが無ければ
もう締め切り日だった。

すべてが中止や延期や閉鎖など
誰にも責任の問えない事態はこれからどう展開するんでしょう。

甲子園の高校野球まで中止され、
東京オリンピックまで延期説や中止説が真実味を帯びてきた。
経済的な損失は計り知れないと思うし、
直接かかわってきたスタッフや
何よりその日だけを目指してひたすら練習に励んだ来た選手たちの心情を思うと
胸が痛む。
それでも
厳しすぎる英断が必要だと思える状況になっている気もする。

目に見えない敵に立ち向かいながら
無知で盲目的な手探り状態の現状を
人間の英知で果たして克服できるのかなあ。
戦争や武器や原子力や温暖化などによる人類の破滅を想定していたものが
ウイルスという敵にもろくも地球全体で世界中の人がおろおろする事態に。
まさに悪夢の中にいる心地。
一人一人が冷静に忍耐強く対処するしかない。

小さな庭で雑草を抜きながら草花と向き合う幸せ。
いつまでも続いてほしい。





2020-03-13 (Fri)

きぬさやと大根

きぬさやと大根

3月13日きぬさやの花が咲いて実も取れだしたいつまで待っても小さいままの大根抜いてみたら500㏄のペットボトルの大きさ。葉も食べるしかない。昨年珍しく大根を早めに植えたら出そろった葉を全部虫に食べられて全滅。もう一度種を蒔いてリベンジしたけどいつも通り時すでに遅し。成長が止まったようにいつまでたっても大きくならない。それで大根は下ろしにして葉は菜飯にすることに。母が食べにくいので超細かく刻んで塩をしシイ...

… 続きを読む

3月13日
Ⅲ.13きぬさや
きぬさやの花が咲いて実も取れだした

3.13大根
いつまで待っても小さいままの大根

3.13大根2
抜いてみたら500㏄のペットボトルの大きさ。葉も食べるしかない。

昨年珍しく大根を早めに植えたら出そろった葉を全部虫に食べられて全滅。
もう一度種を蒔いてリベンジしたけどいつも通り時すでに遅し。
成長が止まったようにいつまでたっても大きくならない。
それで大根は下ろしにして
葉は菜飯にすることに。
母が食べにくいので超細かく刻んで塩をし
シイタケの含め煮と錦糸卵も作って
ちらし寿司風にしたら色味も春っぽくて母も食べられてとってもおいしかった。
食べ終わるころ娘が急に帰ってきて
少ししか残ってなくてお気の毒だった。

娘も息子ももう少し早く連絡をくれるといいのに。
まあ母がいるので気を使ってきてくれるのかと思えば文句は言えないけれど。

その母は今日も診察に。
経過は順調なのかどうかとにかくさしたる問題はなさそう。
一度大阪に帰ってみたいということで診断書も書いてもらった。

わが家でいままでになく優遇されてそれに慣れて動かなくなっているのが心配。
動かないとてきめんに歩行能力が落ちて
一人で歩くとバランスが取れなくてふらふらしている。
出来る間は一人で頑張ると言い張って
その頑固さに辟易していた母と同じ人物とは思えない従順さ。
一方で体力維持の積極さが無くなっているのが気がかり。

大阪のマンションが修復工事中で一度帰らなければいけない事情も。
来週あたり一度大阪に帰ってみたいと思っている。








2020-03-09 (Mon)

今年のシクラメン

今年のシクラメン

3月9日今冬新しく買ったシクラメンはガーデンシクラメン1鉢だけ。去年かったガーデンシクラメンもようやく咲きだした。友人のシクラメンも次から次に咲いている。なぜかみんな同じ色そして外で冬越ししたシクラメン。葉ばかり元気だったけどようやく咲きだした。そうしてどう咲きたいんだかわけのわからない渋い色味の八重のシクラメンいまだに茎ばかり延びてつぼみのママなかなか開かないいい天気なので母を連れ出して郵便局まで...

… 続きを読む

3月9日
3.9シクラメン
今冬新しく買ったシクラメンはガーデンシクラメン1鉢だけ。

3.9シクラメン2
去年かったガーデンシクラメンもようやく咲きだした。

3.9シクラメン3
友人のシクラメンも次から次に咲いている。

なぜかみんな同じ色

そして外で冬越ししたシクラメン。葉ばかり元気だったけどようやく咲きだした。
3.9白シクラメン

そうしてどう咲きたいんだかわけのわからない渋い色味の八重のシクラメン
いまだに茎ばかり延びてつぼみのママなかなか開かない
3.9絞りのシクラメン

いい天気なので母を連れ出して郵便局まで往復。
途中2度も座り込んで休憩。
なんだか歩行能力が急激に落ちていて
大阪での一人暮らしが可能か心配。

郵便局には年賀状の当選はがきを持参。
母が確認してくれた。
3等が1枚当たって切手は夫が8枚、私が6枚。
例年より格段に当選率アップ。
150円にもならない切手で今年の運を使ってしまいたくはないけど
悪くはない(^^♪



2020-03-08 (Sun)

ゆずの収穫

ゆずの収穫

3月8日春の香りの沈丁花沈丁花も満開白のサクラソウも満開。少しピンクっぽいのもあって可愛い。(来年はもっと増やしたい)白つながりで水仙。今年はどの苗も花数が少なかった。ほったらかしすぎかも。昨日帰ってきた娘も母が手持無沙汰に見えるようで何かおばあちゃんが手伝える仕事ないのという。窓辺の花の柄を摘んだりしてもあっという間。この間甘夏ミカンのジャムを作ったしということで今日はゆずの収穫を終えてしまうこと...

… 続きを読む

3月8日
3.6沈丁花
春の香りの沈丁花

3.6沈丁花2
沈丁花も満開

3.6サクラソウ
白のサクラソウも満開。少しピンクっぽいのもあって可愛い。(来年はもっと増やしたい)

3.6水仙
白つながりで水仙。今年はどの苗も花数が少なかった。ほったらかしすぎかも。

昨日帰ってきた娘も母が手持無沙汰に見えるようで
何かおばあちゃんが手伝える仕事ないのという。

窓辺の花の柄を摘んだりしてもあっという間。

この間甘夏ミカンのジャムを作ったしということで
今日はゆずの収穫を終えてしまうことに。

もう終わりに近いゆずはヒヨドリの格好の餌になってしまっている。

ジャムはもういらないので
ゆずの皮を冷凍にすることに。
綺麗に洗ってかられ皮をむき
白い部分を取って
細い千切りにしてから
容器に入れて冷凍。
ゆずが使いたいときにそのまま出してすぐ使えて年中重宝する。
3.8ゆず

実は汁を絞ってつゆの素と1:1に混ぜてポン酢を作った。
3.8ゆずポン酢
鍋の露で薄めたら超高級なポン酢になって
保存を心配するまでもなく2,3日で使い切った。

そして種はお茶の煮だしパックに入れて焼酎に漬けた。
3.8ゆず種
精製水で薄めれば自家製化粧水。
とろみがついて保湿性が高いので
水仕事の後などに惜しげなく使える。
というわけで残っていた柚子の20個余りを全部処理できた。


2020-01-20 (Mon)

ラベンダー

ラベンダー

1月20日ラベンダーラベンダー初夏の花って思うけど実は冬にもよく咲く。台風でほぼ壊滅状態だったのがようやく姿かたちを整えて復活。もう30年に近いずいぶん老木だけれどその生命力はすごい。...

… 続きを読む

1月20日
2020.1.20ラベンダー
ラベンダー

ラベンダー初夏の花って思うけど
実は冬にもよく咲く。
台風でほぼ壊滅状態だったのが
ようやく姿かたちを整えて復活。
もう30年に近いずいぶん老木だけれど
その生命力はすごい。

2020-01-11 (Sat)

干し柿出来上がり

干し柿出来上がり

1月11日干していた干し柿をはずしました。ヒヨドリに狙われるようになってから竿から外して物干しのスタンドにかけ直し窓際に寄せてネットを絡めて大ぶろしきで覆っていた(-_-;)その干し柿をラップに包んで冷凍にしました。やっぱり自然の太陽や風に十分当てられなくて甘みが十分ではないままです。時に渋みが残っているのもあったりしてがっかりです。来年は鳥対策を考えて十分に干したいです。その干し柿を片づけながら録ってい...

… 続きを読む

1月11日
ほしがき2
干していた干し柿をはずしました。

ヒヨドリに狙われるようになってから
竿から外して
物干しのスタンドにかけ直し窓際に寄せてネットを絡めて大ぶろしきで覆っていた(-_-;)
1.11干し柿

その干し柿をラップに包んで冷凍にしました。
1.11干し柿3
やっぱり自然の太陽や風に十分当てられなくて
甘みが十分ではないままです。
時に渋みが残っているのもあったりしてがっかりです。

来年は鳥対策を考えて十分に干したいです。

その干し柿を片づけながら
録っていたビデオを見ました。
黒部の源流にある薬師見平探検。
黒部川の上流の沢登は
幌尻のヌカビラ川の渡渉を思い出して興味深々。
黒部源流の雲ノ平が最後の秘境と呼ばれている一方で
薬師見平は桃源郷と呼ばれているらしい。
ドローンが飛ぶことで
まだまだ秘境はこれからも見つかる気がする、、、。

そして西穂高から奥穂高に登るジャンダルムのコース。
テレビで見ているだけでハラハラドキドキで
確かに最難関のコース。
恐ろしすぎてとても行く気がしない。
もちろんとても行けないけれど、、、。

そして秋の栗駒山。
ここは神の絨毯と呼ばれる日本一の紅葉かつ高山植物の宝庫の花の百名山。
この山なら行けるかもと我々でも登れそうで素敵な山はまだまだあるなあと
嬉しくなってきた。

植えっぱなしにしていたしょうがを一株収穫しました。
1.11しょうが

あまり大きくはないけど
いる分だけ採れて助かります。
でも小さい上に込み入った形で土を取り除くのが大変でした。
農家の方はどうして洗っておられるのでしょうね。
もう少し大きく育てるのにはどうすれば、、、?
課題は残ります。




2020-01-10 (Fri)

芽吹く命

芽吹く命

1月10日アップしたばかりだけど彼女から託されたシクラメン。彼女の命の残り火のように思っていた。元気に今も燃え続けているよ。同じく彼女から託されたガジュマル。大きかったので思い切って剪定したらちゃんと新しい命が燃え出しているよ。ガジュマルは多幸の木だって。亡くなった友人への思いが脳裏から去らない。それでなくても友人が少ないのに大切な友人が逝って寂しすぎる。去年やはり思い切って選定したマダガスカルジャ...

… 続きを読む

1月10日
1.10シクラメン
アップしたばかりだけど
彼女から託されたシクラメン。
彼女の命の残り火のように思っていた。
元気に今も燃え続けているよ。

1.10幸福の木
同じく彼女から託されたガジュマル。
大きかったので思い切って剪定したら
ちゃんと新しい命が燃え出しているよ。
ガジュマルは多幸の木だって。

亡くなった友人への思いが脳裏から去らない。

それでなくても友人が少ないのに大切な友人が逝って
寂しすぎる。

去年やはり思い切って選定したマダガスカルジャスミンも新芽を出してきた。
1.10マダガスカルジャスミン

命のリレーは続いている。
彼女のよすがとなる花と木を大切に育てよう。
庭仕事も本気出そうと思う。



2019-12-29 (Sun)

ヒヨドリとの戦い

ヒヨドリとの戦い

12月29日やっぱり1日早く帰っててきてよかった。何かと用事はあるもので年末の1日は貴重。生協で頼んでいた年末用品を受け取り、正月用の花も買いに行けた。ところで思わぬ敵に時間を取られた。甘みの増した干し柿をヒヨドリが食べに来ている。・・・続きを何度も更新したのに保存されなくてこの忙しいさなかに時間のロス。ということで要約すれば敵もさるもの即興的ネットを二重に張り巡らしたくらいでは何の効果もなく何度も食べ...

… 続きを読む

12月29日
やっぱり1日早く帰っててきてよかった。
何かと用事はあるもので年末の1日は貴重。
生協で頼んでいた年末用品を受け取り、正月用の花も買いに行けた。

ところで思わぬ敵に時間を取られた。
甘みの増した干し柿をヒヨドリが食べに来ている。

・・・続きを何度も更新したのに保存されなくて
この忙しいさなかに時間のロス。

ということで要約すれば
敵もさるもの即興的ネットを二重に張り巡らしたくらいでは
何の効果もなく何度も食べにくる。
同じ鳥なのか違う鳥なのか、、、?
ネットでで見たらやはり鳥害はあちこちでひどいらしい。
来年は本格的な対策が必要かも。
今回は最終的にネットの上に大ぶろしきをかけておいた"(-""-)"

夜は娘も次男夫婦も来てくれて
いただいた近江牛で贅沢すき焼き。
母もこのお肉なら食べられると喜んでいた。




2019-12-26 (Thu)

冬は白いバラ

冬は白いバラ

12月26日冬の庭はそれでなくても寂しいけれど日当たりの悪い我が家の庭はさらに閑散。苗で買ってきた葉ボタンとパンジーがかろうじて色を添えているくらい。その中で数は少ないけれどアイスバーグと固有の名前のわからない白いバラが咲いている。冷たい空気と白いバラってとってもよく似合う。ところで生ごみを埋めるだけで何も植わってない黒土の畑に目立たない鳥がうずくまっていた。多分今年生まれたヒヨドリ?近づいても飛び立...

… 続きを読む

12月26日
冬の庭はそれでなくても寂しいけれど
日当たりの悪い我が家の庭はさらに閑散。
苗で買ってきた葉ボタンとパンジーがかろうじて色を添えているくらい。

その中で数は少ないけれどアイスバーグと固有の名前のわからない白いバラが咲いている。
12.26アイスバーグ

12.26バラ

12.26バラ2
冷たい空気と白いバラってとってもよく似合う。

ところで生ごみを埋めるだけで何も植わってない黒土の畑に
目立たない鳥がうずくまっていた。
多分今年生まれたヒヨドリ?
12.26ひよどり

近づいても飛び立たないので
よく見ると足を怪我している風。

え~!
明日から大阪に行くし
どうして助けてあげたらいいのかわからない。
ぴょんぴょんと場所を跳ねて飛び移るけれど飛び立たない。
夫に呼ばれて目を離したすきにいつの間にかお隣の敷地の方に行ってしまった。
この冬をうまく越せるのかしら、、、?