7月4日
トルラからアイギストルテス 国立公園のあるエスポーに移動。
昼食のあと公園に。

moblog_4f7fb5cb.jpg
ジープでハイキングスタート地点に

moblog_cdf783a0.jpg

いくつかの滝を見ながらマウリシ湖までハイキング






iPhoneから送信
2018.07.04 / Top↑

人気ブログランキングへ

7月3 日
moblog_30b06556.jpg

moblog_97058e96.jpg
エーデルワイス

moblog_fd6400b9.jpg
オルデサ国立公園











iPhoneから送信
2018.07.03 / Top↑

人気ブログランキングへ






世界遺産大岩壁がヴァルニー大渓谷に


iPhoneから送信
2018.07.02 / Top↑

人気ブログランキングへ
6月29日
午前中は世界遺産カルカッソンヌの城壁内の観光。
モンサンミッシェルに次ぐフランスの人気観光地です。
日本人にはあまりなじみがないのですが
フランス人はカルカッソンヌを見ずして死ぬなというそうです。
まあそれほどでも・・・?

カルカッソンヌ6.29
昨日のオード門の反対側にあるナルボンヌ門から入りました。
あさイチなので比較的すいているということでした。
城壁内はしてと呼ばれるそうです。

カルカッソンヌ6.292
現地ガイドが日本語の上手な美しい女性で男性陣はご機嫌。
わたしだって嬉しいです。その反対の方よりずっと!

カルカッソンヌ6.293
この橋を渡ると12世紀に建設され歴代の伯爵家の居城となっていたコンタル城です。入場料(9€)で城壁にも上ることができカスカッソンヌの街を見渡すことができます。

カルカッソンヌ6.2910
城壁は2重になっていて 新市街も見下ろすことができます。

カルカッソンヌ6.296
持ち論シテ内も。サン ナザール大教会堂が見えています。

カルカッソンヌ6.294
城壁を下りてシテ内を歩きます。昨夜食べたレストラン。

カルカッソンヌ6.295
教会はなぜか閉まっていました。

カルカッソンヌ6.297
カルカッソンヌの5つ星ホテル。かつてマイケルが貸し切ったとか。

カルカッソンヌ6.29-12
街を歩くとカラフルでおしゃれなビーンズやキャンデーがいっぱいのお店

マルセイユ石鹸
マルセイユ石鹸のお店の女性がチャーミング。思わず買っちゃいました。

カルカッソンヌ6.29-15
観光地でオープンテラスのレストランでゆっくりくつろいでいるのっていいよね。

カルカッソンヌ6.29-13
夫はこの町の伝統工芸らしいコルクの帽子を買いました。
バッグも軽くて素敵でしたが最近はバッグを持つ機会も少ない私はパス。

ランチはここだけは旅行前に希望を聞いてくださってカルカッソンヌ名物カスレと豚の煮込みが選べました。
我々は一つずつチョイス
6.29ランチ
前菜のサラダ

6.29ランチ3
ブタの煮込み

6.29ランチ2
カスレ(フランス南西部の豆料理。豚肉ソーセージや羊肉、ガチョウ肉、アヒル肉等と白インゲンマメを、料理の名前の由来にもなったカソール(cassole)と呼ばれる深い土鍋に入れ、長時間煮込んで作る豆のシチューあるいはキャセロールである。 ウイキペディアより)

風邪で熱ぽかった私は残念ながら食欲がなくてあまり食べられませんでした。
食後しまっていた教会が開いているということでサン ナザール大教会堂へ。
見れてよかったという素晴らしいステンドグラスでした。
moblog_66e293bf.jpg

moblog_4a24e2a4.jpg

しかも我々に向けて聖楽隊の方が美しい讃美歌を歌ってくださり感激しました。
添乗員さんがランチ後に教会まで確認に行ってくださったことに感謝です。

午後はルルドに。
夕食後、ろうそく行列に参加。
6.29ルルド
世界各地からそれぞれ奉仕の衣装で参加しています

6.29ルルド2
奇跡の洞窟のマリア様

6.29ルルド3
その中にある奇跡の泉

6.29ルルド5
手に手にろうそくを掲げて歩きます。ろうそくよりカメラの日本人が、、、。

6.29ルルド6
数千人の巡礼者が掲げるろうそくとアベマリアと
合唱する歌声は敬虔な一体感に包まれました。

こんな大聖地と全然知らず夫婦して
恥じ入りました。
来て良かったです。







2018.06.29 / Top↑

人気ブログランキングへ
6月28日



世界で一番広くて24時間眠らない空港で3時から8時まで5時間待ち?

もともと西洋と東洋との交易都市は今や世界の人種のるつぼ。
中東アラブのイメージを払拭し、超近代的で無機質な巨大空間でした

ドバイ空港
エミレーツ航空の拠点です。
最近阪急交通公社のツアーはエミレーツが多いそうです。
我々は初めて。
20年以上前に来たときはシンガポールから入ったと記憶しています。
沸騰前のふつふつたぎり始めたころのドバイでした。

ドバイ空港3
砂漠の中に忽然と!!

眠らない空港の中にいては
落ち着いて眠れません!

ドバイ8時15分発の便でバルセロナに。
バルセロナに午後1時半ごろ。
バルセロナはなんと我々の新婚旅行で45年以上も前に初めて立ち寄りました。
パリからユーレイルパスでスペインの各都市を回りました。
夫はその後もう一度来ていますが私は2度目。
でも今回は
空港に到着後すぐさま
バスに乗り換えてカルカッソンヌに直行です。
カルカッソンヌには18時30分に。
ホテルでチェックイン後城塞の中のレストランに食事に。
カルカッソンヌ2
オード門入り口

カルカッソンヌ3
城塞の外の市街が見渡せます

カルカッソンヌ4
城塞内の街路

そのあと夕やみのなか
ライトアップされた城壁を散歩し、全景の見渡せる橋まにも出かけました。
カルカッソンヌ
このサークルが美的効果がある?

カルカッソンヌ5
ライトアップされた城塞の全景

世界遺産と思えない
黄色の輪の模様は黄色のビニールテープで描かれています。
世界遺産とも思えない大胆な落書きのようなサークルは
アート作品として自治体も許可したみたいですが
賛否両論で今年の9月には撤去されるそうです。
わたしも反対派です!!



2018.06.28 / Top↑

人気ブログランキングへ